二次創作小説(旧・映像)

逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 決着!
日時: 2017/12/14 01:03
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

再び あの戦いが始まる!!




オーロラゲームの宿命の戦いが……





リベンジを誓う侵略者とその愉快な仲間たちか





それとも再び伝説の戦士たちが勝利するのか



今回も同時進行する2エリアでゲームが行われ 全滅すれば負け!



決戦の舞台の幕が切って落とされる!!



=イカ娘チーム=
イカ娘/相沢栄子/長月早苗/嵐山悟郎/斉藤渚
シンディー・キャンベル/常田鮎美/紗倉清美/磯崎辰雄/古川蛍子
磯貝悠馬/クロえもん/志村新八/マリオ

=プリキュアチーム=
黄瀬やよい/星空みゆき/日野あかね/緑川なお/青木れいか
春野はるか/海藤みなみ/天ノ川きらら/紅城トワ/七瀬ゆい
天ヶ瀬冬馬/城之内克也/比企谷八幡/矢部明雄


▽両軍に助っ人が参戦!?その正体は!
▽チームワークで突破せよ!ミッションも発動!
▽イカ娘、チャンピオン引退報道について語る!?
▽最終決戦を前に!本気のプリンセス達!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32



Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.156 )
日時: 2017/11/22 00:57
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg


ハンター
「……」





ハンターが 残る4人の誰かに忍び寄る!



果たして その矛先は…!?










磯貝
「………」




清美
「来ないで……おねがい……」



なお
「次来たら もう作戦無しだね!全力で…」



はるか
「うわわわわわ………」













はるか
「ハンターいた ハンターいたぁ……!」タッタッタッタッタ



ハンター
「……」


はるかだった…!





はるか
(見つからないように 見つからないように……!)





ハンターに気づかれないよう 裏道へ逃げ込む!






はるか
(気づかれて……ないのかな?)




ハンター
「……」

ハンターに気づかれることなく 逃げ込めたようだ!










ハンター
「……」






磯貝
「動きが無いな……」



なお
「長期戦になりそうかな?」



清美
(うう 我慢するのがしんどいよ………)




しかし ハンターが迫っていたのは はるかだけではなかった…!






















ハンター
「!!」


ダッ!!


































磯貝
「げっ!!」

見つかったのは 磯貝だ…!!




磯貝
「くそっ ヤバいか!!」

ダッダッダッダッダッダッダッダ…



ハンターをすでに何度も撒いている磯貝 体力は持つか!?






磯貝
「チームのために E組のプライドのために 負けてたまるか〜〜〜〜〜!!」


ハンター
「……」

LOCK ON!!
【 ISOGAI 】


ダッダッダッダッダッダッダ……



























ハンター
「……?」



磯貝
「はあ はあ……」



ハンターの視界から 外れた!



磯貝
「うっ……!」







ハンター
「!!」ダッダッダッダッダッダ…


しかし 別のハンターと 鉢合わせてしまった!



磯貝
「ああ………くそぉ…!」ポン!



磯貝悠馬 確保
イカ娘   残り1人
プリキュア 残り2人



磯貝
「俺が 俺が逃げ切って賞金持って帰りたかったぜ……!」はぁ はぁ

暗殺教室・E組委員長 ここで確保…!






清美
「あぁぁあぁぁ………え!?もうじゃあ私だけ!?」



はるか
「あ 磯貝君確保!?」


なお
「よし!いよいよ勝利は目前だよ!」




プリキュアチーム 王手!!


イカ娘チーム 残り1人
紗倉清美

プリキュアチーム 残り2人
緑川なお/春野はるか

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.157 )
日時: 2017/12/04 00:29
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

ハンター
「……」





清美
「もう 私1人しかいない……どうしよう…!?」



ついに イカ娘チーム最後の1人となってしまった 紗倉清美!





はるか
「やっとここまで来たよ……!」


なお
「ここのところ ハンターを見ずに来れてるね いけるかな…?」

プリキュアチームは 緑川なおと 春野はるかの2人を残す!







=イカ娘牢獄=

磯貝
「ごめん!俺の力で何とか勝ちたかったんだけどさ…」

イカ娘
「お主はよくやったでゲソ…しかし まだ負けたわけではないでゲソよ!」

栄子
「ああ、そうだな」

早苗
「今回こそイカちゃんが勝たなくて いつ勝つのよ!」


=プリキュア牢獄=

あかね
「なお ウチがあれだけサポートしたんやからな 捕まったらあかんで…!」

みなみ
「はるかも 前回の借りを返して ここまでよく逃げ切ってるわね」

きらら
「絶対 どっちかは逃げ切るよ!」

みゆき
「そうだね 信じるしかないよ」










はるか
「うぅ〜 でもさっきの着信音 ハンターに聞かれちゃってない かなあ……?」






ハンター
「……?」


そう はるかがハンターの近くにいる時に磯貝が捕まったため
ハンターの耳に はるかの電話の着信音が届いている…!




はるか
「見つからないうちに 移動しなきゃ…!」








ハンター
「……」










なお
「うっ!ヤバい!」



ハンター
「……」


なおも ハンターを見つけ 一旦距離を取る!



なお
「はあ はあ………足ちょっと痛いかも……」
















清美
「ヤバい!来た!離れなきゃ……!」



清美にも ハンターが接近!



ハンター
「……」




清美
「気づかれないように 気づかれ……!」

そっと移動する 清美…













ハンター
「!!」


しかし 見つかった!!





清美
「うわあああっ!!」ダッダッダッダッダ…


清美も 見つかったことに気付き 走る!

捕まれば その瞬間 イカ娘チームの負けが決まる!!



果たして 逃げ切れるのか!?







イカ娘チーム 残り1人
紗倉清美

プリキュアチーム 残り2人
緑川なお/春野はるか

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.158 )
日時: 2017/12/10 18:17
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

清美
「うわあああっ!!」ダッダッダッダッダ…


ハンターに見つかった 紗倉清美!
捕まれば その瞬間 イカ娘チームの負けが決まる!!



果たして 逃げ切れるのか!?






ハンター
「……」

LOCK ON!!
【 KIYOMI 】ピ―――――…



清美
(ここで捕まるわけには… 絶対にいかないっ!!)




清美
「あっ!良かった!」



隠れるのに十分な 見通しの悪い道を見つけた!






ハンター
「……」









ハンター
「……?」


うまく 撒いたようだ!

清美
「はあ はあ はあ………ここで何とか持ちこたえなきゃ……」













なお
「さっきのハンター 見えなくはなったけど………」




なお
「うーん でもちょっとこの辺隠れる場所があんまり無い気がするなあ…」



見かけたハンターからは うまく逃げおおせたが 見通しの良い場所に出てしまった なお。



なお
「とにかくもう少し移動しなきゃ!」


見つからずに 移動できるか…










はるか
「ふぅ……さっきのハンター、もう大丈夫だよね??」



一方 移動し 一息つくはるか…












ハンター
「……」


しかし…





すぐそこに ハンターは まだいる……








はるか
「ちょっと 休……」













ハンター
「!!」ダッ!!




はるか
「!? うえええっ!!なんでぇ〜!?」



はるか 逃げきれるか!?











イカ娘チーム 残り1人
紗倉清美

プリキュアチーム 残り2人
緑川なお/春野はるか

逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.159 )
日時: 2017/12/14 01:03
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

はるか
「ちょっと 休……」




LOCK ON!!
【 HARUKA 】



ハンター
「!!」


はるか
「!? うえええっ!!なんでぇ〜!?」



この土壇場で ハンターに見つかったはるか!


ハンター
「……」











はるか
「はあ はあ はあ………」


ハンター
「……」ダッダッダッダッダッダッダ……









はるか
「うぅ 無理だよ……!」

ハンター
「……」


みるみるうちに はるかに迫る ハンター!













はるか
「もう ダメ…!」






















ハンター
「……」ピタリ

はるか
「はあ はあ………あれ?」


しかし……!

突如 停止する ハンター…





はるか
「止まっ……た?」




そして……



ハンター
「……」シュウウウウウウ……


はるか
「!! えっ!?消えていく…!」



ハンターが 消えていく…!








はるか
「一体 なんで…?」



















それは 何故か?



そう……









時を同じくして……












清美
「プリキュアチームは まだ2人もいる…ここで体力を回復させて粘れば まだ…!」

見通しの悪い道に隠れ チャンスを待つ清美…


ハンター
「……」


しかし 先程撒いたと思われたハンターは まだ近くに いたのだ…






ハンター
「……!」


清美
「ま……だ!!?」



ポン!



清美
「あぁ………!そんな…!」


紗倉清美 確保!








なお
「メールだ… ……………!!
 紗倉清美確保 よってイカ娘チーム全滅! えっ!?それじゃあ!!」





はるか
「プリキュアチーム 勝利! あ……危なかった…
 でも やったよー!」








=プリキュアチーム牢獄=

やよい
「今回も 勝ったあああああーーー!」

全員
「やったああああああああ!!」





=イカ娘チーム牢獄=

全員
「ああああ………!」ガックリ


イカ娘
「くううううううっ!!……こんなの…ないでゲソよ……!」

早苗
「イカちゃんの 花道を皆で飾りたかったのに……」




こうして 思わぬ形で 決着はついた――――――…

悲喜交々の 両チーム

イカ娘チームには 罰ゲームの「ミュージカル出演」が 待っている…

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 決着! ( No.160 )
日時: 2018/01/07 02:59
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

なお
「やったよ!みんな!」

はるか
「もう 捕まる寸前までいってたよ〜……!」


あかね
「おつかれさん!ようやった!やっぱなおに任せて正解やったな」

みなみ
「はるかは 前回の分まで 借りを返すことができてよかったわね」

八幡
「よくぞやってくれた これでめんどくせえ劇に出なくて済んだぜ」

城之内
「最後までそれかよ ま、これでオレ達に15万円が入るわけだな!オレにとっちゃ初めての賞金だぜ!」

みゆき
「何より マナちゃんの生歌を回避できたのは一番ハッピーだよね…」

きらら
「そうだね 本人の前では絶対に言えないけどさ あははは」

矢部
「女の子たちといっぱい絡めたし、勝負には勝てたし、大満足でやんす!ちょっとレアなガンダーグッズを買うでやんすよ!」

冬馬
「いいよなお前は 俺は多分黒井のおっさんに怒られるだろうが まあいいぜ。
 勝負に勝って、例の芝居はやらずに済んだからな…」

トワ
「この国のお金の価値は勉強致しましたわ!でも今回のお金は 国のために使いたいですわ」

やよい
「ホープキングダムのために使うには ちょっと少なすぎるような…」

ゆい
「とにかく 終わりよければ全てよし!だよね?」

れいか
「それにしても イカ娘さんたちの劇も一体どのような劇なのか 少しだけ気になります」








磯貝
「……オレの食費……手に入らなかったか……」

栄子
「途中までリードしてたんだけどなぁ」

クロえもん
「敢えて敗因を言うなら プリキュアチームに効率よくゴーストハンターを減らされたことかな…」

清美
「ごめんね……本当にごめんね イカちゃん…」

イカ娘
「お主を誰も責めることはできんでゲソ 全てはリーダーである私の責任でゲソよ……」

磯崎
「そうか じゃあ罰ゲームの劇も1人でできるな?」

イカ娘
「ま 待つでゲソ!それとこれとは話が別じゃなイカ!」



ポーラ
「イカ娘チーム 残念だが 罰ゲーム「ポーラーワールドでのミュージカル出演」決定だぞ 心の準備はいいかな?」

悟郎
「出来てない って言ってもやらされるんだろ?」

ポーラ
「…とにかく!この罰ゲームのためのスペシャルゲストを 君たちのもとへ転送させるぞ!カモン!相田マナちゃん!」



シュン!!


マナ
「はーい!みんなー!ミュージカルの主演を務める 相田マナだよ!よろしくね!」

古川
「は はじめまして…(中学生とは思えないほど堂々とした子…)」

マナ
「早速だけど これが台本だよ!みんな自分の名前が書かれたのを取ってね!」

マリオ
「厚さはそれぞれ違うんだな」

早苗
「やっぱり 役柄によってセリフの量も違うってことね!」

鮎美
「私は あまり喋らない役が………」

新八
「僕 メガネ掛け器の役とかじゃないでしょうね」

シンディー
「今はある意味 それが一番ベストかもしれないわね」


「それにプリキュアたちがものすごく恐れていたマナさんの歌が一体どの程度なのかが…」ボソボソ

マナ
「え?何か言った??」


「い いえ 何でもないです!」



かくて イカ娘チームの面々は 時間がない中それぞれの台詞を覚え 罰ゲームに臨むのであった…

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。