二次創作小説(映像)

逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜
日時: 2016/08/24 00:36
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

再び あの戦いが始まる!!




オーロラゲームの宿命の戦いが……





リベンジを誓う侵略者とその愉快な仲間たちか





それとも再び伝説の戦士たちが勝利するのか



今回も同時進行する2エリアでゲームが行われ 全滅すれば負け!



決戦の舞台の幕が切って落とされる!!



=イカ娘チーム=
イカ娘/相沢栄子/長月早苗/嵐山悟郎/斉藤渚
シンディー・キャンベル/常田鮎美/紗倉清美/磯崎辰雄/古川蛍子
磯貝悠馬/クロえもん/志村新八/マリオ

=プリキュアチーム=
黄瀬やよい/星空みゆき/日野あかね/緑川なお/青木れいか
春野はるか/海藤みなみ/天ノ川きらら/紅城トワ/七瀬ゆい
天ヶ瀬冬馬/城之内克也/比企谷八幡/矢部明雄


▽両軍に助っ人が参戦!?その正体は!
▽チームワークで突破せよ!ミッションも発動!
▽イカ娘、チャンピオン引退報道について語る!?
▽最終決戦を前に!本気のプリンセス達!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10



Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.88 )
日時: 2016/10/31 00:44
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

磯貝
「ま、でも勝つためだからな!とにかく捕まらないように……」




磯貝に迫る ハンター……!







ハンター
「……」





【 ??? 】ピ――……










ハンター
「…?」


















磯貝
(あ、ヤバい いつの間にかあそこにいるぞ!)ダッ!

ここは先に気付いた磯貝 ピンチを回避した!

磯貝
「ふー 油断も隙もないな ホントに…」

「暗殺教室」3年E組委員長 隙を見せない…













イカ娘
「ハンターでゲソ!」

クロえもん
「ヤバい 皆避難だ!」


ハンター
「……」

だがしかし 今度はイカ娘がボールを転がす行く手に 1体…







早苗
「あの家の影に皆で隠れましょ!」




ダッダッダッダッダ……













ハンター
「……」






シンディー
「ひとまずOKね…」

クロえもん
「もうすぐ第3チェックポイントだ!」




近くに隠れる絶好の陰を見つけた大玉メンバー ここは しのいだ!















しかし プリキュアチームの大玉が…


みなみ
「行くわよ!息を合わせて!」

なお
「うん!」

やよい
「はあ はあ 結構重いなあ……」




ゴロ…ゴロ…



この隙に 得意のチームワークでイカ娘チームとの差を詰めていく!











栄子
「よし!急ぐぞ!!」

イカ娘
「ファイトでゲソ!!」


ゴロ…ゴロ…

イカ娘チームも 物陰から素早く戻り 大玉を第3チェックポイントへ転がしていく!








「あった!!」


そして 第3チェックポイントを先に見つけたのは…







イカ娘チーム 残り9人
イカ娘/相沢栄子/長月早苗/嵐山悟郎/シンディー・キャンベル
紗倉清美/磯崎辰雄/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り7人
黄瀬やよい/日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/比企谷八幡/矢部明雄

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.89 )
日時: 2016/11/03 18:32
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

第3チェックポイントを先に見つけたのは…
























クロえもん
「アレだ!」

イカ娘
「よし!置くでゲソ!後はゴールするだけでゲソよ」


イカ娘チームだ!!









はるか
「第3チェックポイントはまだですか〜?」

みなみ
「もう少しのはずよ…!」


一方 プリキュアチームの大玉には……











ハンター
「……」


ハンターが 接近…!




ハンター
「……」













ハンター
「…!」ダッ!



見つかった!!








なお
「!! ヤバい 来ちゃった!!こんな時に〜!!」

矢部
「隠れるでやんす!」

やよい
「でも もうそんな時間無いよ〜!」








やよい
「そうだ……!どうせ時間が無いんだから…」ダッ!

矢部
「やよいちゃん!?」



やよい
「後は任せたよ〜!!」ダッダッダッダッダッダ…

ハンター
「……」ダッダッダッダッダッダ…


やよい 大玉の進行方向とは逆に走り出し 囮になる!




みなみ
「今のうちよ!」

なお
「ごめん やよいちゃん!!」







やよい
「はあ はあ……やっぱり私の足じゃ…」


LOCK ON!!
【 YAYOI 】

ハンター
「……」







ポン!


やよい
「これが 精一杯だね…はぁ はぁ…」


黄瀬やよい 確保
イカ娘   残り9人
プリキュア 残り6人



やよい
「これで タイムロスは防げたはず……」


自ら犠牲になりタイムロスを防いだが 再び人数差は広がった…














栄子
「よいしょ……」ズシン!


イカ娘チーム 第3チェックポイントクリア!


クロえもん
「OK!一気にゴールを目指そう!」

イカ娘
「あと少しでゲソよ〜!」


プルルルル……


シンディー
「あ、更に確保情報よ!黄瀬やよい確保、これで向こうはあと6人ね!」

イカ娘
「う〜ん
いや、でもまだまだ強力なメンバーが残ってるでゲソ 油断は禁物でゲソよ!」


全員
「せーの……!」ゴロゴロ……







イカ娘チーム 一気にミッションクリアを目指す!







みなみ
「あれよ!見えてきたわ!」

しかし プリキュアチームにも 第3チェックポイントが見えてきた!
やよいの囮作戦により タイムロス少なく来れた事が 功を奏したか?










あかね
「おーい!ウチや!ウチ!!」

なお
「あかね やっと来たの〜?」

あかね
「しゃーないやろ こっちはハンター見かけてなかなか動けへんかったんやて!」

はるか
「と、とにかく一刻も早くあのチェックポイントへ!!」



このミッションも大詰め!先にゴールへたどり着くのは!?



イカ娘チーム 残り9人
イカ娘/相沢栄子/長月早苗/嵐山悟郎/シンディー・キャンベル
紗倉清美/磯崎辰雄/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り6人
日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/比企谷八幡/矢部明雄

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.90 )
日時: 2017/01/11 17:39
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

2ヶ月以上ぶりに更新!
とうとう2016も過ぎてしまいましたが どうかお許しを














栄子
「あと少しだ!行くぜ!」

イカ娘
「せーの!でゲソ!」



ゴトン ゴロゴロゴロ……




イカ娘チーム いよいよゴールへ向かいスタート!!







あかね
「ウチのパワーがあれば……!」

ゴロゴロゴロ……!


だが プリキュアチームもあかねが加わった勢いで追い上げる!












矢部
「置くでやんすよ!」

みなみ
「そーっとよ そーっと……」



ズシン!




プリキュアチーム 第3チェックポイントクリア!




はるか
「これで後は ゴールだけだね!」


これで両チーム ゴールを目指すのみ!







クロえもん
「ハンターは いないな!?」

早苗
「いないわよ!」

シンディー
「メールが無いってことは まだ相手はクリアしてないわよね?」

イカ娘
「相手はどこまで進んだかが分からないのが怖いところでゲソ」







なお
「こんな所でハンターに出会ったりしたら 一気に不利になるからね…」

あかね
「イカ娘たちは一体どこまで行っとるんや……?」











ハンター
「……」


ハンター
「……」



現在 イカ娘チームには3体 プリキュアチームには4体のハンター。
ミッションに負ければ 1体増えてしまう!







清美
「もうちょっとだよ!イカちゃん……!」




磯貝
「あと少しだな……」


味方チームの大玉の位置を モニターで確認できる両チーム!!


八幡
「頼むぜ……あんな子供向けのミュージカルなんてやりたくねぇぞ…」
















ハンター
「……」


磯崎
「む、ここでボールが止まったか…?おい!大丈夫かよ…!」




ハンター
「!!」ダッ!!


大玉の位置を確認する磯崎の背後に ハンターがいた!




磯崎
「……?やべっ!やべえっ!!」ダッ!!



ダッダッダッダッダッダッダッダ……









磯崎
「畜生おおおおお!!なんで見つかったんだああああ!?」


ハンター
「……」ダッダッダッダッダッダッダ……


距離が 足りない…!


ポン!



磯崎辰雄 確保
イカ娘   残り8人
プリキュア 残り6人




磯崎
「はあ はあ……畜生……なんで……見つか………」

隠れていても 絶対に見つからないとは限らない。油断禁物だ…






悟郎
「うっ 磯崎確保か……」





八幡
「これ結構相手にはダメージっぽいな」








クロえもん
「磯崎さんがやられた!」

栄子
「なにっ!?」

イカ娘
「うう 計算が狂ったでゲソ……だが ゴールは目前でゲソ!」






なお
「前回相手チームで一番残った磯崎さんが捕まったよ!」

みなみ
「これは大きいわね」

はるか
「あとちょっとだよ!絶対勝たなきゃ!」



イカ娘チーム 温存していた戦力の磯崎が 手痛い確保!
果たして このミッションを制することができるのか!?



イカ娘チーム 残り8人
イカ娘/相沢栄子/長月早苗/嵐山悟郎
シンディー・キャンベル/紗倉清美/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り6人
日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/比企谷八幡/矢部明雄

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.91 )
日時: 2017/02/25 00:22
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

第2ミッション 決着が迫る!!



イカ娘
「最後の追い込みでゲソよ!」

栄子
「押せ押せー!!」





みなみ
「最後まで諦めちゃダメよ!」

はるか
「イチかバチか ハンターを気にせず突っ込みましょう!」




先にゴールまで大玉を押せば 相手エリアに1体ハンターを送り込むことができる!









あかね
「! 見えたで!あれがゴールや!」

なお
「よし!勝利はもらった!!」


ゴールが見えた プリキュアチーム!






クロえもん
「おい!あれだ!!」

シンディー
「ゴールのポイントがあったわよ!これで決まりね!」

イカ娘チームも ゴールが見えてきた!!


イカ娘
「全力で行けでゲソ!!」








イカ娘
「!! まずいでゲソ!!」








ハンター
「……」

しかし ハンターがいた……



イカ娘
「ボールの陰に隠れるでゲソ!」

栄子
「え?ダメだろ!今はミッションが先だって!」

早苗
「そうよ ここで止まったらその隙にゴールされちゃうわよ?」

イカ娘
「いや このままじゃ捕まるでゲソ!全員隠れるでゲソ!」





ハンター
「……」キョロキョロ



イカ娘
「……」


クロえもん
「くそっ あっちへ行けよ……!」
























ハンター
「……」

イカ娘
「よし!行き過ぎたでゲソ」

栄子
「今度こそゴールへ突っ込むぜ!」








一方 プリキュアチームは……




矢部
「ハンターいないでやんすよ!」

なお
「ホント!?」

みなみ
「あと少しよ!」

あかね
「メールはまだ来てへん!行けるんちゃうか!?」


全力で ゴールへの距離を詰める!












そして……














イカ娘
「ゲソおおおおお!」


プルルルルル……


クロえもん
「! メールだぞ!」





シンディー
「ああん……!プリキュアチーム ミッションクリアですって!!」

栄子
「いい!?マジかよー…」










矢部
「置くでやんすよ!」

全員
「せーのっ!!」




ゴロ……ゴロ…ゴロ……

ズシン……



プリキュアチーム ミッションクリア!!





あかね
「プリキュアチーム ミッションクリア!
イカ娘チームのエリアにハンターが1体放出された!」

なお
「やったね!これでハンターの数なら互角だよ」





八幡
「ほー やるな
これで勝ちが……恥ずかしい子供向けミュージカル回避が見えてきたな」



悟郎
「くそっ イカの奴 やっぱ俺たちにミッションやらせるべきだったんじゃないのか?」












ハンター
「……!!」ドロン! ダッダッダッダッダ……

イカ娘チームのエリアにも ハンターが1体放出され 数では互角となった……







イカ娘
「くっ……ま、まあ慌てることはないでゲソ!」

クロえもん
「本当か?さっきハンターにかまわず突っ込んでたら勝ちもあっただろ」

イカ娘
「ここで負けたところで ハンターが同じになるだけ まだ私たちが有利じゃなイカ!
危険を冒して1人無駄にならなかっただけ良しとするでゲソ」

早苗
「ポジティブなイカちゃん やっぱり素敵っ!」

栄子
「うーん まあ確かにそうだが……」






みなみ
「このミッションに勝ったのはいいけど もうだいぶ人数が減ってきてるわね…」

矢部
「ここから誰ひとり欠けないようにしなきゃいけないでやんす」

あかね
「前回の対戦の時もミッションは3つやったし 次はそろそろ最後のミッションか…?」

なお
「とりあえず やっぱり八幡さんが見つからないように隠れてて欲しいね」






八幡
「ああー 結構1ヶ所に隠れ続けるのも神経使うんだよな
TVじゃそのへんが伝わらないのがもどかしい……」









ハンターが互角となり ゲームは最終局面へと向かう…!


イカ娘チーム 残り8人
イカ娘/相沢栄子/長月早苗/嵐山悟郎
シンディー・キャンベル/紗倉清美/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り6人
日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/比企谷八幡/矢部明雄

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.92 )
日時: 2017/03/02 00:46
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

=イカ娘チーム牢獄=

古川
「ぶるぶる… 牢獄のすきま風が寒いですね」

マリオ
「ふぇっくしゅん!」


「きゃあ!どうしたんですか?風邪ですか?」

マリオ
「ああ どうもそうみたいだな……」ズルル…

鮎美
「お鼻が立派ですから 大変ですね……」

磯崎
「くっそー 今回は早かったな……」

新八
「まあまあ 後はみなさんに任せましょう」





=プリキュアチーム牢獄=

冬馬
「くう……暇だな せめて子供向けミュージカルの罰ゲームだけは避けて通りたいとこだが」

城之内
「そうだな 天ノ川よお… お化け屋敷よりはマシだけどな」

冬馬
「だーかーら 天ヶ瀬冬馬!!名前間違えんな!」

きらら
「っていうか天ノ川はあたし!!」

冬馬
「はあ……なんとかこの俺のクールなイメージだけは壊したくねえ…」

トワ
「大丈夫かと思いますわ 前回は私たちが勝利しています。今回もきっと勝ちますわよ!」

冬馬
「おっ、そうか?」

トワ
「ええ 由比ガ浜浩一……でしたわよね?」

冬馬
「お前はワザとやってるだろ!」

きらら
(こういうキャラな時点で クールなイメージも何も絶対無いよね…)

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.93 )
日時: 2017/03/03 00:05
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

大玉がなくなり それぞれ別れて行動する両チーム…




クロえもん
「とにかくさっきのミッションで結構移動したからなあ…隠れようかな」




早苗
「ハンターの数は同じになったけど とにかく私たちだけでも隠れ切れば勝ちよ!
そうでしょ?イカちゃん!」

イカ娘
「ドサクサに紛れてついてくるなでゲソ!」






はるか
「前回はあっさり捕まっちゃったけど 今回は良い所まで来れてるよ!私」


矢部
「ふっふっふ……我ながらここまで大活躍でやんす!
きっとプリキュアの子たちもオイラに惚れ直している頃でやんすねえ」






ハンター
「……」



ハンター
「……」



エリアには 4体ずつのハンター…

ハンター
「……」


ハンター
「……」



彼らに捕まれば ゲームから脱落!
先にどちらかが全滅するまでゲームは続く!




悟郎
「ま、イカの作戦のおかげでだいぶ体力は回復したな…」


清美
「次のミッションになったら 全力でイカちゃんを勝たせにいかなきゃね!」


磯貝
「15万円さえ手に入れば1年は持つよなあ……」




イカ娘
「とにかく これからのために体力組を温存しておいたんでゲソ!
ミッションよ いつでもかかってくるでゲソ!」


万全の態勢のイカ娘チーム。この展開もまだまだ想定の範囲内だ!

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.94 )
日時: 2017/03/21 08:47
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

クロえもん
「そういえば 今WBCの日本代表が頑張ってるんだってな」


世界一奪還へ燃える侍ジャパン。
いよいよ 準決勝の戦いを控えている…


クロえもん
「しかも今度の相手はアメリカ代表だろ?
オレたちはWABC(ワールドアマチュアベースボールクラシック)の決勝で
残念ながらアメリカ代表に負けちゃったからな…
オレたちの分まで頑張ってほしいぜ」

果たして…!?








矢部
「野球といえば オイラもクロえもんもまだ残ってるでやんすか」

チームを分かつことになった 助っ人男子組の野球コンビ。


矢部
「こうなったら クロえもんとどっちが長く残るかの勝負にもなりそうでやんすね」

相手を意識する 矢部…










はるか
「どちらかが全滅しなきゃ終わらないなんて 本当に長い戦いだなあ…」

制限時間がないゲームに メンタル面の疲れもかさむ…






清美
「この前より人数も多いし 長期戦は免れないね」

前回最終盤まで残った清美も 終わりの見えない戦いに疲れが見えるようだ…









悟郎
「とにかくハンターが同じになっちまったからな…ここからが本番と考えた方がいいだろう」







ハンター
「……」




悟郎
「おっと さっそくいたぜ!」ダッ!


ハンターに素早く気づいた 悟郎!




悟郎
「温存された俺が捕まるわけにはいかねえからな…」

作戦を遂行するためにも 簡単には捕まっていられない!


















ハンター
「……」

だがしかし…


別の誰かに 増えたハンターが迫っていた!














磯貝
「次のミッションはなんだろうな……」


磯貝だ…!


磯貝
「E組の委員長として 恥ずかしくない戦いができてるかな〜」





ハンター
「……」



磯貝
「とにかくこのゲームは殺るか殺られるか…最後まで気を抜かずに行くぜ…」



果たして 磯貝の運命は…!



イカ娘チーム 残り8人
イカ娘/相沢栄子/長月早苗/嵐山悟郎
シンディー・キャンベル/紗倉清美/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り6人
日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/比企谷八幡/矢部明雄

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.95 )
日時: 2017/03/21 22:53
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

磯貝
「とにかくこのゲームは殺るか殺られるか…最後まで気を抜かずに行くぜ…」

磯貝の近くに ハンターが接近…!





ハンター
「……」

見つからずに 切り抜けられるか…?



















ハンター
「……?」




磯貝
「そうと決まれば もっと隠れやすいところを探すか」







ハンター
「!!」ダッ!


磯貝
「ってうわああああ!?」


見つかった!!



磯貝
「しまったあああ!」ダッダッダッダッダ……


一目散に逃げ出す E組委員長!





ハンター
「……」ダッダッダッダッダ……


LOCK ON!!
【 ISOGAI 】ピ―――――――…


しかし ハンターとの距離が狭まる!










磯貝
「はあ はあ……!ヤバい!」














栄子
「ん?ありゃあ……ハンター!!」


逃げた先に 栄子…



磯貝
「くうっ………!」ダッダッダッダッダ……


栄子
「あれは磯貝……貴重な戦力だし あのままじゃヤバイな……!」





栄子
「……仕方ない!」ダッ!


栄子 追われる磯貝の囮になることを決意!






栄子
「おい!ハンター!こっちだぜ!!」ダッダッダッダッダ……

磯貝
「えっ!栄子さん!?」ダッダッダッダッダ……

ハンター
「!!」



囮になろうとする栄子に ハンターが気づいた!


LOCK ON!!
【 EIKO 】ピピ!

栄子
「こっちだこっちだ!」ダッダッダッダッダ……


ハンター
「……」ダッダッダッダッダ……


栄子 このまま振り切れるか!?












栄子
「くっそ さすがにさっきまでの玉転がしが効いてるな……」ハア ハア……

ハンター
「……」

ダッダッダッダッダ……








ポン!

相沢栄子 確保
イカ娘   残り7人
プリキュア 残り6人


栄子
「はあ はあ……イカ娘の作戦のためには磯貝が残ってなきゃダメだからな…」

自己犠牲を払い 磯貝のピンチを救った!






早苗
「栄子確保……ああん これで差がとうとう1人じゃない…!」

イカ娘
「ううっ これはさっきのミッションを譲ったツケでゲソか…?」


とはいえ 人数差はこれで1人に…



八幡
「ほー いい展開だな」


みなみ
「ハンターを増やしたことが効いてるわね これで分からなくなってきたわ!」


プリキュアチーム 逆転が見えてきた!









―――――――――…


=オーロラゲーム社=


ポーラ
「うむ 接戦になってきたな…」

ホクト
「ゲームマスター、例の特殊ハンターの準備ができました」

ポーラ
「そうか 間に合ったようだな! ご苦労だった」

スズナ
「このハンターを使っての 最後のミッションですね」

ポーラ
「そうだ」



ポーラ
「このハンターの恐怖に耐え 勝利をつかみとれるかな?」

イカ娘vsプリキュア 2016
ラストミッションが 迫る!


イカ娘チーム 残り7人
イカ娘/長月早苗/嵐山悟郎/シンディー・キャンベル/紗倉清美/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り6人
日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/比企谷八幡/矢部明雄

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.96 )
日時: 2017/03/24 00:59
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

ゲームマスター・極光ポーラが ミッションを発動!



半透明ハンター
「……」


それぞれのエリアに転送されたのは 5体ずつの半透明なハンターだ!










磯貝
「栄子さんに助けてもらっちゃったな……絶対勝って報いなきゃな!」





プルルルルル……



磯貝
「うわ ミッションのメールかな…隠れたいのに……」



清美
「ミッション……エリアに5体ずつの」











あかね
「ゴーストハンター……が現れた!?」



なお
「ゴーストハンター!!?」
みなみ
「ゴーストハンター!!?」




クロえもん
「ゴーストハンターは半透明の体の霧状の体をしたハンターで」


八幡
「通常ハンターと同じように逃走者を発見次第追いかける…
マジかよ つまりハンターが5体無理矢理増やされたってことか」


はるか
「このハンターを封印するにはエリアの地図に示された場所にある5つのひょうたんを手に入れ」


早苗
「ゴーストハンターを吸い込まなければならない」


イカ娘
「ただしひょうたん1個に封印できるゴーストハンターは1体のみ
そして1人で持てるひょうたんは2個まで…でゲソ!」


シンディー
「ひょうたんの場所は……あった!ここね!」






両チームを襲う恐怖のゴーストハンター!
果たして 耐えきる逃走者は誰だ!?


イカ娘チーム 残り7人
イカ娘/長月早苗/嵐山悟郎/シンディー・キャンベル/紗倉清美/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り6人
日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/比企谷八幡/矢部明雄

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.97 )
日時: 2017/03/29 01:04
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

MISSION ゴーストハンターを封印せよ!


エリアに現れた5体のゴーストハンター!
彼らは霧状の体をした半透明のハンター。
霧状ではあるが通常のハンターと同じスピードで走り 逃走者の確保も可能!
確保されれば当然ゲームから失格となる。

彼らを封印するにはそれぞれエリアの決められた場所にあるひょうたん5個を使い
ゴーストハンターを吸い込むしかない!

ひょうたんは1人2個まで持ち運ぶことができるが
1個のひょうたんに封印できるゴーストハンターは1体のみ。
また 通常ハンターは当然吸い込むことはできない。



現在 エリアにいるハンターは互いに実質9体!
いち早くゴーストハンターを減らすことが勝利への鍵だ!




シンディー
「実質9体もいるのよね……早く誰か手に入れて封印してくれなきゃ…」






イカ娘
「ここがひょうたんのあるポイントでゲソね」

早苗
「1ヶ所に5個あるのね!行きましょうイカちゃん!」

ひょうたんのある場所は 事前に地図に表示されている。




イカ娘
「ま、このミッション 完全に私たちに有利でゲソ!なぜなら…」
















なお
「やだやだやだ!今日は絶対オバケに出会わずに済むはずだったのに〜……」ブルブル




みなみ
「ゴーストハンター……誰よ…!そんなハンター作った人は……!」ガタガタ


プリキュアチームには お化け嫌い2人が残っていた……











早苗
「でもイカちゃん 何か大事なこと忘れてないかしら……?」

イカ娘
「え??」










悟郎
「や やめろおおおお!ゴーストハンター……なんて恐ろしいんだ…!」

イカ娘チームにも 約1名……













あかね
「ひょうたんに敵を封印する…まるで孫悟空やな……」








クロえもん
「動かなきゃ捕まるなら オレは行くぜ!」






確保ラッシュもありうる緊急事態!
先に全滅してしまうのは どちらか!?


イカ娘チーム 残り7人
イカ娘/長月早苗/嵐山悟郎/シンディー・キャンベル/紗倉清美/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り6人
日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/比企谷八幡/矢部明雄

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。