二次創作小説(映像)

逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜
日時: 2016/08/24 00:36
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

再び あの戦いが始まる!!




オーロラゲームの宿命の戦いが……





リベンジを誓う侵略者とその愉快な仲間たちか





それとも再び伝説の戦士たちが勝利するのか



今回も同時進行する2エリアでゲームが行われ 全滅すれば負け!



決戦の舞台の幕が切って落とされる!!



=イカ娘チーム=
イカ娘/相沢栄子/長月早苗/嵐山悟郎/斉藤渚
シンディー・キャンベル/常田鮎美/紗倉清美/磯崎辰雄/古川蛍子
磯貝悠馬/クロえもん/志村新八/マリオ

=プリキュアチーム=
黄瀬やよい/星空みゆき/日野あかね/緑川なお/青木れいか
春野はるか/海藤みなみ/天ノ川きらら/紅城トワ/七瀬ゆい
天ヶ瀬冬馬/城之内克也/比企谷八幡/矢部明雄


▽両軍に助っ人が参戦!?その正体は!
▽チームワークで突破せよ!ミッションも発動!
▽イカ娘、チャンピオン引退報道について語る!?
▽最終決戦を前に!本気のプリンセス達!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.95 )
日時: 2017/03/21 22:53
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

磯貝
「とにかくこのゲームは殺るか殺られるか…最後まで気を抜かずに行くぜ…」

磯貝の近くに ハンターが接近…!





ハンター
「……」

見つからずに 切り抜けられるか…?



















ハンター
「……?」




磯貝
「そうと決まれば もっと隠れやすいところを探すか」







ハンター
「!!」ダッ!


磯貝
「ってうわああああ!?」


見つかった!!



磯貝
「しまったあああ!」ダッダッダッダッダ……


一目散に逃げ出す E組委員長!





ハンター
「……」ダッダッダッダッダ……


LOCK ON!!
【 ISOGAI 】ピ―――――――…


しかし ハンターとの距離が狭まる!










磯貝
「はあ はあ……!ヤバい!」














栄子
「ん?ありゃあ……ハンター!!」


逃げた先に 栄子…



磯貝
「くうっ………!」ダッダッダッダッダ……


栄子
「あれは磯貝……貴重な戦力だし あのままじゃヤバイな……!」





栄子
「……仕方ない!」ダッ!


栄子 追われる磯貝の囮になることを決意!






栄子
「おい!ハンター!こっちだぜ!!」ダッダッダッダッダ……

磯貝
「えっ!栄子さん!?」ダッダッダッダッダ……

ハンター
「!!」



囮になろうとする栄子に ハンターが気づいた!


LOCK ON!!
【 EIKO 】ピピ!

栄子
「こっちだこっちだ!」ダッダッダッダッダ……


ハンター
「……」ダッダッダッダッダ……


栄子 このまま振り切れるか!?












栄子
「くっそ さすがにさっきまでの玉転がしが効いてるな……」ハア ハア……

ハンター
「……」

ダッダッダッダッダ……








ポン!

相沢栄子 確保
イカ娘   残り7人
プリキュア 残り6人


栄子
「はあ はあ……イカ娘の作戦のためには磯貝が残ってなきゃダメだからな…」

自己犠牲を払い 磯貝のピンチを救った!






早苗
「栄子確保……ああん これで差がとうとう1人じゃない…!」

イカ娘
「ううっ これはさっきのミッションを譲ったツケでゲソか…?」


とはいえ 人数差はこれで1人に…



八幡
「ほー いい展開だな」


みなみ
「ハンターを増やしたことが効いてるわね これで分からなくなってきたわ!」


プリキュアチーム 逆転が見えてきた!









―――――――――…


=オーロラゲーム社=


ポーラ
「うむ 接戦になってきたな…」

ホクト
「ゲームマスター、例の特殊ハンターの準備ができました」

ポーラ
「そうか 間に合ったようだな! ご苦労だった」

スズナ
「このハンターを使っての 最後のミッションですね」

ポーラ
「そうだ」



ポーラ
「このハンターの恐怖に耐え 勝利をつかみとれるかな?」

イカ娘vsプリキュア 2016
ラストミッションが 迫る!


イカ娘チーム 残り7人
イカ娘/長月早苗/嵐山悟郎/シンディー・キャンベル/紗倉清美/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り6人
日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/比企谷八幡/矢部明雄

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.96 )
日時: 2017/03/24 00:59
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

ゲームマスター・極光ポーラが ミッションを発動!



半透明ハンター
「……」


それぞれのエリアに転送されたのは 5体ずつの半透明なハンターだ!










磯貝
「栄子さんに助けてもらっちゃったな……絶対勝って報いなきゃな!」





プルルルルル……



磯貝
「うわ ミッションのメールかな…隠れたいのに……」



清美
「ミッション……エリアに5体ずつの」











あかね
「ゴーストハンター……が現れた!?」



なお
「ゴーストハンター!!?」
みなみ
「ゴーストハンター!!?」




クロえもん
「ゴーストハンターは半透明の体の霧状の体をしたハンターで」


八幡
「通常ハンターと同じように逃走者を発見次第追いかける…
マジかよ つまりハンターが5体無理矢理増やされたってことか」


はるか
「このハンターを封印するにはエリアの地図に示された場所にある5つのひょうたんを手に入れ」


早苗
「ゴーストハンターを吸い込まなければならない」


イカ娘
「ただしひょうたん1個に封印できるゴーストハンターは1体のみ
そして1人で持てるひょうたんは2個まで…でゲソ!」


シンディー
「ひょうたんの場所は……あった!ここね!」






両チームを襲う恐怖のゴーストハンター!
果たして 耐えきる逃走者は誰だ!?


イカ娘チーム 残り7人
イカ娘/長月早苗/嵐山悟郎/シンディー・キャンベル/紗倉清美/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り6人
日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/比企谷八幡/矢部明雄

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.97 )
日時: 2017/03/29 01:04
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

MISSION ゴーストハンターを封印せよ!


エリアに現れた5体のゴーストハンター!
彼らは霧状の体をした半透明のハンター。
霧状ではあるが通常のハンターと同じスピードで走り 逃走者の確保も可能!
確保されれば当然ゲームから失格となる。

彼らを封印するにはそれぞれエリアの決められた場所にあるひょうたん5個を使い
ゴーストハンターを吸い込むしかない!

ひょうたんは1人2個まで持ち運ぶことができるが
1個のひょうたんに封印できるゴーストハンターは1体のみ。
また 通常ハンターは当然吸い込むことはできない。



現在 エリアにいるハンターは互いに実質9体!
いち早くゴーストハンターを減らすことが勝利への鍵だ!




シンディー
「実質9体もいるのよね……早く誰か手に入れて封印してくれなきゃ…」






イカ娘
「ここがひょうたんのあるポイントでゲソね」

早苗
「1ヶ所に5個あるのね!行きましょうイカちゃん!」

ひょうたんのある場所は 事前に地図に表示されている。




イカ娘
「ま、このミッション 完全に私たちに有利でゲソ!なぜなら…」
















なお
「やだやだやだ!今日は絶対オバケに出会わずに済むはずだったのに〜……」ブルブル




みなみ
「ゴーストハンター……誰よ…!そんなハンター作った人は……!」ガタガタ


プリキュアチームには お化け嫌い2人が残っていた……











早苗
「でもイカちゃん 何か大事なこと忘れてないかしら……?」

イカ娘
「え??」










悟郎
「や やめろおおおお!ゴーストハンター……なんて恐ろしいんだ…!」

イカ娘チームにも 約1名……













あかね
「ひょうたんに敵を封印する…まるで孫悟空やな……」








クロえもん
「動かなきゃ捕まるなら オレは行くぜ!」






確保ラッシュもありうる緊急事態!
先に全滅してしまうのは どちらか!?


イカ娘チーム 残り7人
イカ娘/長月早苗/嵐山悟郎/シンディー・キャンベル/紗倉清美/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り6人
日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/比企谷八幡/矢部明雄

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.98 )
日時: 2017/04/15 01:36
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg


ヒュウウウウウウウ………ドロドロ…………



ゴーストハンター
「……」


お互いのエリアへと転送された5体ずつのゴーストハンター!





=プリキュアチーム牢獄=

ゆい
「あれがゴーストハンター!?」

きらら
「本当に霧状の体なんだね」

城之内
「ギャアアアアアア!!モ、モニターに映すんじゃねーよ!」

みゆき
「わ、私もお化けって苦手…妖怪なら大丈夫なんだけど…」







=イカ娘チーム牢獄=

栄子
「空中に浮いたまま歩いてるぜ…」

鮎美
「体も霧状で半透明……ですね」

新八
「あのまま走るんですかね…?シュールなんてもんじゃありませんよ」

磯崎
「なんとか俺もハンター減らしに参加したかったんだがなあ…」










早苗
「それにしてもハンターが実質9体とは厳しいわ……」

イカ娘
「今こそ温存してきた皆を解き放つでゲソ!」



イカ娘は ここで休憩させていた体力組をミッションに向かわせるようだ!


イカ娘
【悟郎 清美 磯貝 今こそ頼むでゲソよ!】





清美
「イカちゃんからのチャットだ!いよいよ私の出番だね!」


悟郎
「うぇえええ……やっぱり行くしかないよな……そりゃそうだよな…」


磯貝
「さっきハンターから逃げてきたばっかりなんだけど……行くしかないか!」









みなみ
「うぅ……まさかミッションで幽霊を相手にする時が来るなんて…」

一方 オバケが苦手なキュアマーメイド……



みなみ
「それでも 1体でも早く減らすしかないわよね……」


勇気を振り絞り チャットを全員に打つ…




【お願い 皆もひょうたんを手に入れて 早くゴーストハンターを封印してね】






矢部
「みなみちゃんから直々のお願いでやんす!オイラが封印してやるでやんすよー!」






あかね
「なおもみなみもお化け嫌いやのに…
ホンマこのミッション悪意あるなあ 悪意しか感じんわ…」









ゴーストハンター
「……」


あかねの近くに ゴーストハンター…





あかね
「ん?あれや!半透明で宙に浮いとるハンターや…」ダッ!

見つかる前に その場を離れた!









あかね
「あれには……あれには捕まりたくないで!」ハァ ハァ






いち早く ひょうたんを手に入れれば 先にゴーストハンターの数を減らせる!
果たして 誰が一番に手に入れるのか?




イカ娘チーム 残り7人
イカ娘/長月早苗/嵐山悟郎/シンディー・キャンベル/紗倉清美/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り6人
日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/比企谷八幡/矢部明雄

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.99 )
日時: 2017/04/15 01:48
名前: パステル社のGM ◆TEj2Pj1qIE
参照: https://novel.syosetu.org/117536/

To.オーロラ
宣伝はだめですか。
でも3のエキストラなのは確定だし・・・

そうだ、後で『予想中?』を送りますね

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.100 )
日時: 2017/04/16 09:06
名前: 迅宗

迅宗です。今日はキュアカスタード、ひまりさんのお誕生日!

ひまりさん、お誕生日おめでとうございます!!

そんな中、最後のミッションはゴーストハンター封印!

ひょうたんが必要なのに…なおさんとみなみさんがダメ(お化けがダメなのは知っています)とは…

…プリキュアチームの敗北が濃厚ですな。

イカ娘チームはこのミッションをクリアすることが出来るのでしょうか!?

逃走中VSで、次回私も出たくなりましたぞ‥(やめとけ

次の更新待ってます。

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.101 )
日時: 2017/04/17 23:09
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

>パステル社のGMさん

うん、悪いけどいらない。


>迅宗さん

ひまりんの誕生日ですよ!誕生日!

このあとはゆかり姐さん、あおい、あきらさん、そしていちかの順番ということになりますね。
忘れないようにしたいです。


さてゲームは
ゴーストハンターが5体出現し
突如ハンターが9体になるといういろんないみで恐怖のミッション!
誰かがひょうたんをゲットし、少しでも早くゴーストハンターを封印するしかありません。

なおとみなみがお化けに弱いプリキュアチームがかなり不利か。
イカ娘側にも悟郎がいるんですけどね。

まだ更新しなければならない作品が多いので、コレの次回作は考えていません。
ごめんなさいね。

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.102 )
日時: 2017/04/18 00:51
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

ハンター
「……」


ゴーストハンター
「……」ドロドロドロ……



お互いのエリアを動き回る ハンターとゴーストハンター!
ゴーストハンター5体を出来る限り早く封印しなければ
9体のハンターに追われ続けることとなる!



クロえもん
「このミッションは時間制限が無いんだったよな」

ミッションには時間制限が無いため ひょうたんさえ手に入れれば
いつでもゴーストハンターを封印できる!



磯貝
「えーっと ひょうたんがあるのはあっちか!」

ひょうたん5個の置かれた場所は 両チーム教えられている。
果たして 誰が一番にたどり着くのか!











クロえもん
「人数は最初14人いたんだよな?今7人だから、まだ半分いる……ともとれるんだけどさ」









ハンター
「……」

クロえもん
「ここから一気に人数減りそうで怖……危ない!」




ハンター
「……」



クロえもん
「行ったな…危なかった……
油断をすればチームの足を引っ張る…野球と同じだぜ」

ゲームセットまで 気は抜けない…












なお
「うう〜〜……ホントは行きたくなんかないんだけどさ…」ビクビク

なおも ゴーストハンターに怯えながら ひょうたんを取りに向かう!
その足取りは 重い…













ゴーストハンター
「……」




――大丈夫ですか?

なお
「そりゃ怖いけど ゴーストハンター減らすにはやるしかないんでしょ?」











LOCK ON!!
【 NAO 】

ゴーストハンター
「!!」

なお
「ひいいいっ!!」ダッ!!

こちらは 見つかった……


なお
「いっやあああああああ!!」ダッダッダッダッダッダッダッダ……


ゴーストハンター
「……」ダッダッダッダッダッダ……

なお
「いやあっ!浮いたまま走ってるーーーー!!」ダッダッダッダッダッダッダッダ……











はるか
「あれ?今の声 なおさんかな……」









なお
「はあっ はあっ はあっ!」ダッダッダッダッダッダッダッダ……










ゴーストハンター
「……?」ピタリ

プリキュアを代表する快足のキュアマーチ。ここは撒くことに成功した!


なお
「もう ホントやめて……あ、そうだ!」

逃げてる途中で 何かを思いついたようだ











なお
【あたしは商店街の古い建物の所にいるから 誰かひょうたん持ってきて お願い】

なお
「こうすれば 誰か持ってきてくれるんじゃないかな」

チャットで お願いだ…








あかね
「そう来たか ま、しゃーないな…」


はるか
「やっぱりゴーストハンターだったんだ…」


矢部
「みなみちゃんだけじゃなく なおちゃんも助けねばならないでやんすか!」

1人で持つことができるひょうたんは2個まで。
誰かが持って行って渡すことは 可能だ。










悟郎
「うう〜〜〜ここだよなあ??」

一方 イカ娘チームのお化け嫌い 嵐山悟郎は…



悟郎
「よし!こいつさえ持ってけば…!」

いち早く ひょうたんのある場所にたどり着いていた!

悟郎
「ゴースト回避への執念ってやつだぜ ハハハハハ…」



悟郎
「そういや 1人で持てるひょうたんは2個までだったな よし」

まず悟郎が 2つのひょうたんを入手。







悟郎
【2個ひょうたん持ったぜ】


シンディー
「あら 手に入れたのね あのライフセイバー」


シンディー
【早くゴースト見つけて封印しなさいよ】

悟郎
【ああ わかってるよ】



悟郎
「見てろ…こいつで一網打尽だぜ ゴーストハンター…!」

封印の手段を手に入れ 強気だ…!










八幡
「幽霊ねえ………」

一方 隠れ続ける ぼっち…






八幡
「幽霊といやあ……千葉村での肝試し…だな」

――千葉村ですか?




八幡
「ああ 話せば長くなるんだが 平塚先生にだまされてな」




LOCK ON!!
【 HACHIMAN 】


ハンター
「!!」ダッ!!


八幡
「って待ておい!?」


ハンター
「……」ポン!




比企谷八幡 確保
イカ娘   残り7人
プリキュア 残り5人



八幡
「……人がせっかくテレビ向けにトークしてりゃ これかよ…」

ぼっちらしからぬ トークミスで 確保となった…








あかね
「八幡はん確保…ついにあの人も捕まってもうたか」



清美
「これでまた差は開いたね…でも悟郎さんに早くハンター封印してほしいな…」





悟郎
「ゴーストハンター…探すとなると出てこねえな…」キョロキョロ



八幡が捕まり 再び優位にゲームを進め始めた イカ娘チーム!
プリキュアチームの5人は 踏みとどまれるのか?



イカ娘チーム 残り7人
イカ娘/長月早苗/嵐山悟郎/シンディー・キャンベル/紗倉清美/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り5人
日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/矢部明雄

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.103 )
日時: 2017/05/09 01:58
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

ひょうたんを手に入れ 5体ずつ増えたゴーストハンターを封印せよ!




現在 まだ両チームともゴーストハンターを封印できていない。





悟郎
「…………どこにいる?」


先に悟郎がひょうたんを2つ手に入れた一方……















あかね
「よっしゃよっしゃ あれがそうやな」

プリキュアチームも あかねがひょうたん5個が置かれた場所を発見!



あかね
「2つ持って……1つはなおにあげなあかんな!」

1人が1度に持てるひょうたんは2つまで。
味方同士の受け渡しは可能だ。





そこへ










矢部
「やんす!」

矢部も たどり着いた!



あかね
「あ!矢部君!」

矢部
「あかねちゃん!なおちゃんにひょうたん1個持っていくでやんすか?」

あかね
「ん?ああ そうや」

矢部
「それならしょうがないでやんすね!オイラはみなみちゃんへ持ってくでやんすよ!」

あかね
「そっか!助かるで!あの2人が戦力にならな 100%負けやからな…」


お化けが苦手な2人を 助けられるか…?








矢部
【オイラとあかねちゃんで 2個ずつ持ってるでやんす
なおちゃんとみなみちゃんへ届けるでやんすよ!】




みなみ
「本当?助かるわ!私の場所も教えておかなきゃ……」



なお
「うう〜〜……あかねか矢部君……助けに来てよぉ……」







矢部
「本当はなおちゃんも オイラが助けたかったでやんすが」








清美
「あった!」

イカ娘チーム・清美も ひょうたんへ到着!


清美
「でも 私が2個も持ってていいのかな……他の人に多く持ってもらった方がいいかも」



清美
「よし!じゃあ1個にしよう!」

人の良い清美 遠慮がちに1個だけ持っていった……








これで 両チームのひょうたんの内訳は以下の通り。


イカ娘チーム
悟郎2個 清美1個  残り2個

プリキュアチーム
あかね2個 矢部2個 残り1個






そして


クロえもん
「清美ちゃんから連絡だ」



イカ娘
「清美が1個持ってったでゲソ
うーん 2個持ってていいんでゲソが…」

早苗
「残り2個は 私とイカちゃんで持ちましょ〜♪」




磯貝
「うわっ ハンターいるぞ……近づきたいのに…」

ハンター
「……」



イカ娘チームは この4人…






はるか
「最後の1個は 私が持ってていいんだよね…?」

プリキュアチームは はるか1人が残りのひょうたんを取りに向かっている……
















そしてその頃…






悟郎
「おっ……!いたいた!」

















ゴーストハンター
「……」ドロドロドロ……


ついに嵐山悟郎が ゴーストハンターを発見!



悟郎
「うう……ホントに幽霊みてえじゃねえか……」










ゴーストハンター
「……」



悟郎
「えーっと……封印するには…このフタの栓を抜いて
ひょうたんの口をハンターの近くで向ければいいんだな!」



悟郎 ここはチームのメンバーを ゴーストハンターの危険から守れるか!?











ゴーストハンター
「……」






悟郎
「行くぜ!」ダッ!



悟郎 覚悟を決めて囮になる!





ゴーストハンター
「!!」ダッ!!






悟郎
「そら こっちに来るんだ!」





ポン!




ヒュウウウウウウウウ!!






ゴーストハンター
「!!」




悟郎
「ひ ひいっ…!こいつの中で おとなしくしてろ!」


スウウウウウウウウ………



ゴーストハンターの体が霧状となり ひょうたんの中へと吸い込まれていく!





悟郎
「ひい ひい……や やったぜ……!」



悟郎 見事1体のゴーストハンターを封印した!




シュン……!!



悟郎
「あれ?ひょうたんが消えた…」

役目を終えたひょうたんは ゲームから消滅する…










これで ゴーストハンターは イカ娘チーム4体 プリキュアチーム5体。
1体早く減らしたイカ娘チームが 優位に立った!





イカ娘チーム 残り7人
イカ娘/長月早苗/嵐山悟郎/シンディー・キャンベル/紗倉清美/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り5人
日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/矢部明雄

Re: 逃走中〜イカ娘vsプリキュア 2016〜 ( No.104 )
日時: 2017/05/12 01:44
名前: オーロラ ◆k.JUpmA3kg

イカ娘チームが先に 1体ゴーストハンターを封印した!








シンディー
「メールだわ!嵐山悟郎によりゴーストハンター1体封印……よしよし いいわよ!」





クロえもん
「封印情報はメールで伝えられるんだな」



ゴーストハンターの封印は 味方チーム全員にメールで伝えられる。






イカ娘
「これでひとまず危険が減ったでゲソね」

早苗
「でもまだ安心はできないわよ」






悟郎
「よし この勢いでもう1体封印してやるぜ!」


まだ1個ひょうたんを持っている 悟郎。











ハンター
「……」


しかし そこへ 通常ハンター……







悟郎
「こいつさえあれば ゴーストハンターも平気だぜ!」

再びゴーストハンターを探しに向かう 悟郎…





ハンター
「……」




LOCK ON!!
【 GORO 】



悟郎
「!! ってうわあ!しまったぁ!!」ダッ!!



ハンター
「!!」ダッダッダッダッダッダ…!


角からの出会い頭を 襲われた!!








悟郎
「ちくしょう!ちくしょう!!通常ハンターにはこいつは効かねえ!!」



ダッダッダッダッダッダ…!




ポン!


悟郎
「だぁぁ……ちくしょう……」

更なるゴースト退治とは ならなかった…




嵐山悟郎 確保
イカ娘   残り6人
プリキュア 残り5人





イカ娘
「えぇぇ!?悟郎確保でゲソ!?」

早苗
「さっき封印したばっかりなのに何やってるのよ…」





磯貝
「うーん まだまだ勝負の行方は分からないな」





悟郎が持っていた空のひょうたんは 確保された場所に置かれる…









みなみ
「悟郎さん確保!……差は縮まったけど…」







ゴーストハンター
「……」ドロドロドロ…




みなみ
「いやぁ!」スッ



ゴーストハンター
「……?」



みなみ
(バレてないわね……)




みなみ
「もう………早くゴーストハンターがいなくなって欲しいわ…」

相手の確保を喜ぶ余裕は ないようだ…











シンディー
「ゴーストハンター……どんな技術で作られてるか気になるけど ここは捕まりたくないわね…」

1人 ひょうたんを取りに行かないシンディー。

シンディー
「私1人くらいは 隠れて安全にやりすごす人がいていいと思うの」











磯貝
「悟郎さんが捕まった場所 近いな…」

ひょうたんを取りに向かっていた 磯貝…



磯貝
「確か ひょうたんを持ったまま捕まった場合はその場に残るんですよね?」

――はい

磯貝
「よし!それなら拾いに行こう!」

悟郎が持っていた1個のひょうたんを 入手に向かう。














あかね
「なお〜 どこや〜」

ひょうたん2個を持ち なおを探すあかね。





ゴーストハンター
「……」ドロドロドロ……






あかね
「おっと……あいつやな!?」

なおにひょうたんを届けに向かっていたあかねが ゴーストハンターを発見!

あかね
「なおに渡す分さえ残したらええやろ」

ここは ひょうたん1個を使うようだ!






あかね
「よっしゃ!」ダッ!!


ゴーストハンターに向かって 走る!
うまく封印できるか!?




ダッダッダッダッダッダ……




ゴーストハンター
「!!」



あかね
「覚悟!」



ポン!




ヒュウウウウウウウウ!!






ゴーストハンター
「!!」







スウウウウウウウウ………






あかね
「ふう……封印完了や…ホンマ西遊記みたいやな…」


ゴーストハンター1体 封印!








なお
「日野あかねにより ゴーストハンター1体封印…やった!ありがとう あかね!」






はるか
「わ 私も負けてられない…あった!」



プリキュアチームのひょうたん置き場に はるかが到着!
最後の1個を手にした!



はるか
「1個じゃ不安だなあ……1体封印したらすぐに隠れなきゃ」





イカ娘チーム 残り6人
イカ娘/長月早苗/シンディー・キャンベル/紗倉清美/磯貝悠馬/クロえもん

プリキュアチーム 残り5人
日野あかね/緑川なお/春野はるか/海藤みなみ/矢部明雄


ゴーストハンター
イカ娘チーム   残り4体
プリキュアチーム 残り4体

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。