二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.304 )
日時: 2017/06/10 23:11
名前: ユウリ
参照: やっといち兄来たぁぁぁあ!アイスロイヤルミルクティー全員揃ったぁぁぁぁあ!

理緒side

忍「……そうなのですか。……誠司様も、相当な決意をしましたからね、、」
理緒「そうだったんですか…。」

誠司君、何も起こらなければいいのだけれど…。

ルイ「ちょっと春気くん、あたしをヤンデレと一緒にしないでよ。あたしは自他ともに認めるクレイジーサイコレズではあるけど鶴たんも大好きだし一部を除いて世界のみんなを平等に愛してるんだよ!」

なぬっ!?

春気「そうなんですか…。さっきめっちゃヤンデレまがいな事してたんで、そうなのかと…。」

てか、ルイさん達と出会って初めてクレイジーサイコレズなんて言葉を知ったんだよね…。
本当に、世の中には色んな人がいるんだなぁ…。

理緒「あっ!」

私が止めたあのチェーンソー、よく見たらおもちゃだ!

理緒「も〜…ルイさんこんなおもちゃでびっくりさせないでくださいよ〜…。」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.305 )
日時: 2017/06/11 00:50
名前: ユウリ
参照: やっといち兄来たぁぁぁあ!アイスロイヤルミルクティー全員揃ったぁぁぁぁあ!

番外編(過去編) ラスト

幽人side

?「魔族になる薬。…当然、人間に戻ることは出来ないし、人間からは今までより忌み嫌われるかもしれない。これを飲んだら、お前も認めてやるが、どうする?」

これを飲めば、もう人間には…。
いや、何を躊躇っているんだ。
僕にはもう何も残っていないだろう。
家族も、帰る家も、お金も、…愛する幼馴染も。
ならば、もう…。

これを飲むしかない。
そう覚悟を決め、その薬を飲む。

幽人「…あぁっ!」

その直後、顔全体が焼けるように痛い。

?「……少しだけ、我慢してくれ。」

そう言われ、僕は痛みに頑張って耐える。
やがて、痛みがとれてくる。

?「もう、いいだろう。」

そう言って、銀髪の青年は、僕の顔の包帯を取る。

幽人「!何をするんですか!僕の顔には…!」

あの醜い火傷が…!

?「これを見てみろ。」

そう言って、青年は鏡を取り出す。
僕は、その中に映っている自分を見る。
そう、あのおぞましい火傷のある自分の顔を…
火傷のある………え?

幽人「火傷が……治っている?」

治らないと言われたあの火傷が、治った?
僕が魔族になったから?
いや、でもこの火傷以外には、僕の体には何の変化も訪れていない。

?「それは、どんな怪我でも治せる薬だ。…ほら、お前の火傷はもう無くなっただろう?」
幽人「え……じゃあ、魔族になるってのは……?」
?「あれは、お前を試す為の嘘だ。お前が、本気で俺に取り入ろうとするか、お前が、本当に身寄りも帰る場所も無いかを確かめさせてもらった。人間は、同族には嫌われたくないんだろう?」

確かにそうだ…。

?「よし、お前を認めよう。その生涯をもって、俺に協力しろ。…ただし、裏切ったらお前とは縁を切る。」
幽人「……はい!」
?「そうだ、まだ名乗ってはいなかったな。俺の名前は歩。黒風歩だ。お前の名は?」
幽人「藤宮幽人です。………いや。」

この人に一生をもって仕えるのならば…。
もう、『藤宮幽人』なんて名前はいらない。
『藤宮幽人』はもういらない。
僕を捨てた母から『幽霊みたいにおぞましい人』という理由で貰った名前なんて、もう必要ない。
村の皆を見捨て、好きだった幼馴染1人でさえ守れなかった役立たずの『僕』なんてもういらない。
…そうだ。
凛…彼女は生きているのかもそれない。
でも、死んでいる可能性のほうがもっと高い。
もし彼女が死んでいたとしたら。
彼女がこれから歩むはずだった人生が失われる事になる。
せめて…彼女の人生だけは。
失わせたくない。
どうしたら失わない?
どうしたら…。
……そうだ。
僕が、凛の代わりになればいいんだ。
僕が『凛』になればいいんだ。
僕が、『凛』として生きてあげよう。
彼女の人生を、僕が歩んであげよう。
それが、僕なりのせめてもの償いだ。
ならば名前は、凛からとって…

幽人「『凛々』と申します。これから、宜しくお願い致します。歩様。」
歩「あぁ、宜しくな、凛々。」

それから、僕は『凛々』として生きるようになった。
女装もし、彼女のように美しくなれるように頑張った。
そして、歩様と共に、人殺しをしていった。
新たな仲間とも出会った。
僕の『藤宮幽人』としての人生はもういらない。
凛への償いの為。
歩様への恩返しの為。
僕は『凛々』として、第2の人生を歩むことになった…。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.306 )
日時: 2017/06/22 19:38
名前: ユウリ
参照: 久々の更新!

理緒side

理緒「…じゃあ、用はもう済んだので、私たちはこれで。」
春気「また会いましょう。…行こ、理緒ちゃん。」
理緒「うん!」

私たちは、皆に背を向け、帰る。
私にとっての『正義』とは、一体何なのか。
改めて考える必要があるな…。

――

春気「ふぅ…今日はとんだ一日だったな…。…理緒ちゃん、さっきから随分真剣に悩んでるみたいだけど、どうかした?」
理緒「…なんでもないよ。」

これは、私自身での悩みだ。
彼をむやみに巻き込んでも何もならない。
悪人を殺してみんなを守るのが正義なのか?
悪人も善人もまとめて守るのが義なのか?
私は…

?『そんなに真剣な顔して、何もないわけないでしょ?』

…!
あのボイスチェンジャーで変えている独特な声は…。

理緒「R…さん。」
R『どーも。覚えてくれて嬉しいわ。』
理緒「今日は何の用で?」
R『…あらあら、理緒ちゃんはそんなに身構えなくてもいいわよ。今日、用があるのは春気だけ。』
春気「僕に…?」

そう言い、Rさんは転送魔法で場所を変える。

理緒「あの時の…。」

そこは、あの時に戦った、何もない所だった。

R『春気、私と勝負しましょう。』
春気「…はぁ?」
R『先に2回、傷をつけたほうが勝ちよ。どう?簡単でしょう?』
春気「…こんな事して、あんたに何のメリットがあんの?」
R『別に。ただ、貴方の今の実力を見たいだけ。…それに、貴方が私に勝てば、私の正体を教えてやってもいいわ。』

Rさんの…正体を…。

R『別に私からは、何も奪うものは無いわ。…理緒は、また別の機会につれていくわ。…さぁ、この勝負。乗るか乗らないか。』
春気「……乗るよ。丁度、あんたの正体も知りたかったとこだし。」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.307 )
日時: 2017/06/22 21:07
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM
参照: あの言い方はちょっとムッとする。あ、キツい言い方になるかもです。関係者以外の返信は不要です

?「待て」

突然、聞き覚えのある声がした。
そこにいたのは、蒼だった。

理緒「蒼君!?」
誠司「俺もいるぞ」

その後から、誠司、フランソワーズも現れた。

誠司「……サンダー・ドラゴン!」
蒼「フレイム・バスター!」
フランソワーズ「……アースウェイク!!」

三人同時にRを攻撃する

嘘物語 ( No.308 )
日時: 2017/06/22 23:30
名前: 涼月@流星隊P ◆BWWGTZRmzA
参照: 忍の!!太股が!!翠こない!

ーーー王馬小吉の場合ーーー
王馬「さって……じゃ、俺もそろそろ帰ろっかなー」
信也「あれ、王馬くんが珍しく大人しく帰るなんて珍しい」
王馬「にっしし、まあ楽しかったよー。ばいばい結崎ちゃん、次会うときは『舞台裏』でね」
俺はそう言って、『飲みかけのプァンタを持って』鎮守府を出る。
現代に戻って待っていたのはもちろん。
潮梨「遅かったですね」
王馬「綾瀬ちゃんのストーカーっ!」
潮梨「……どうなんですか?進行は」
王馬「順調、でもないかなぁ。ユウマちゃんは勇気出したけど……問題は信ちゃんだよ」
あの子が、自分の過去と夜照ちゃんのことも含めて話せるかどうかだね。
ただ。
王馬「ま、結崎ちゃんたちは面白いことに巻き込まれるよ。きっとね」
潮梨「……根拠は?」
王馬「ないに決まってるじゃんっ!」
潮梨「……まあ、そうですよね。期待した私が馬鹿でした」
王馬「ま、せいぜい信ちゃんはナイトのコマだよ……それじゃあ綾瀬ちゃん、語ろうか」
潮梨「飽きない人ですね……いいですよ」
それじゃあ、始めよう。

王馬「誰も嘘か本当かわからない物語を」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。