二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.307 )
日時: 2017/06/22 21:07
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM
参照: あの言い方はちょっとムッとする。あ、キツい言い方になるかもです。関係者以外の返信は不要です

?「待て」

突然、聞き覚えのある声がした。
そこにいたのは、蒼だった。

理緒「蒼君!?」
誠司「俺もいるぞ」

その後から、誠司、フランソワーズも現れた。

誠司「……サンダー・ドラゴン!」
蒼「フレイム・バスター!」
フランソワーズ「……アースウェイク!!」

三人同時にRを攻撃する

嘘物語 ( No.308 )
日時: 2017/06/22 23:30
名前: 涼月@流星隊P ◆BWWGTZRmzA
参照: 忍の!!太股が!!翠こない!

ーーー王馬小吉の場合ーーー
王馬「さって……じゃ、俺もそろそろ帰ろっかなー」
信也「あれ、王馬くんが珍しく大人しく帰るなんて珍しい」
王馬「にっしし、まあ楽しかったよー。ばいばい結崎ちゃん、次会うときは『舞台裏』でね」
俺はそう言って、『飲みかけのプァンタを持って』鎮守府を出る。
現代に戻って待っていたのはもちろん。
潮梨「遅かったですね」
王馬「綾瀬ちゃんのストーカーっ!」
潮梨「……どうなんですか?進行は」
王馬「順調、でもないかなぁ。ユウマちゃんは勇気出したけど……問題は信ちゃんだよ」
あの子が、自分の過去と夜照ちゃんのことも含めて話せるかどうかだね。
ただ。
王馬「ま、結崎ちゃんたちは面白いことに巻き込まれるよ。きっとね」
潮梨「……根拠は?」
王馬「ないに決まってるじゃんっ!」
潮梨「……まあ、そうですよね。期待した私が馬鹿でした」
王馬「ま、せいぜい信ちゃんはナイトのコマだよ……それじゃあ綾瀬ちゃん、語ろうか」
潮梨「飽きない人ですね……いいですよ」
それじゃあ、始めよう。

王馬「誰も嘘か本当かわからない物語を」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.309 )
日時: 2017/06/23 23:14
名前: ユウリ

理緒side

R『あらあら、貴方達までいたなんてねぇ…。』

そう言いながら、Rさんはジャンプし、避けていく。
だけど、やっぱりおかしいのだ。
あの3つの攻撃を同時に上手く避けるとしても必ず傷は負う筈。
なのに、彼女は肌どころか、ローブにまで掠ってやしない。
前も感じていた。
彼女は、当たる筈の攻撃が当たっていない。

R『さてと…悪いんだけど、私は貴方達と戦おうとはしてないのよね。でもそれなら此処に来た意味は無い。なら…。』

そういい、Rさんは空中に魔方陣を描く。
その魔方陣は光りだし、魔物がうじゃうじゃ出てきた。

R『これなら貴方達も退屈はしないでしょ?…さぁ、思う存分やって頂戴。』
魔物達「「「「「御意。」」」」」

魔物達は、3人に襲い掛かる。
彼らに任せてばかりではいけない。
私も援護しよう!

理緒「アイス・ソード!」

私は、魔物に氷の刃を当てていく。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.310 )
日時: 2017/06/23 23:33
名前: ユウリ

春気side

R『…さてと、春気。やりましょう。』
春気「…あぁ。」

先に、Rが攻撃してくる。
僕は、それをかわす。
こいつ……刀の扱いになれているな…。
Rは、どんどん攻撃してくる。
僕は、それをかわし続けるが、このままじゃ埒があかない。
相手に隙が出来るのは、攻撃の前か後。
彼女の場合は、後の方が攻撃が当たりやすいはずだ。

春気「…はぁっ!」

僕は、刀に雷を纏わせ、Rが攻撃した後に出来た隙に、攻撃する。
しかし…

R『フフッそれじゃあ私は倒せないわよ。』

そう言って、Rは僕を攻撃する。
刀を持っていた腕から、1筋の赤い血が流れ落ちる。
おかしい。
さっきの攻撃は当たった筈なのに、彼女は全くダメージを受けていない。
それどころか、ローブすら破れていない。
何故だ?
彼女は何かしらの魔法でも使っているのか?

R『何を悩んでいるのかしら?隙が出来ているわよ。』

そう言われ、僕は後ろを振り返るが、既に遅かった。
腕から、もう1筋の血が流れる。

R『勝負あり、ね。…剣筋は中々いいけど、それだけじゃ私は倒せない。もちろん、歩だって。それと、戦う最中に剣の腕を休ませない。相手の攻撃は、次々と繰り返されるんだから。』

彼女は、僕に近づくと、小瓶を取り出し、中身を僕の傷口にかける。
すると、多少の痛みはあったが、傷は跡形も無く消えた。

R『ふ〜ん…。歩から貰ってたこの小瓶、以外に効き目いいのね。…さてと、傷は治したし。今日は戦ってくれてありがとう。じゃあね。』

そう言って、彼女は魔物だけ置いて去る。
…あいつは一体、何者なんだ?

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.311 )
日時: 2017/06/24 11:26
名前: ユウリ

千秋side

私と風間さんは、風間邸に着く。
しかし、千棘さんと司さんは仕事で何処かに行っているらしく、風間さんが千棘さんの電話に留守電を残し、しばらく待った。

――

司「千秋さん、千景、お待たせいたしました。」

千棘さんと司さんが戻ってきたようだ。

千棘「…あぁ!雪風の生き残りって言うから、どっちのほうが来るのかと思ってたけど、千秋ちゃんか!千秋ちゃん、俺の事覚えてる?」
千秋「え……と…。すいません、覚えていません…。」

本当に覚えていない。
会ったのも初めてのような気がする。

風間「雪風は、故郷での事をあまり覚えていないらしい。…あの時のショックでな。」
千棘「…あぁ、『東の里壊滅事件』か。そうか…両親、千耶(かずや)と琴乃(ことの)が死んだ事件だからな…。まぁ、無理も無いか…。」
千秋「千棘さんは、両親の事をご存知なのですか?」
千棘「あぁ。何せ、幼い頃からの友人だからな。北の頭領の結崎秋人(あきと)や、その妻の千生(いつき)、それから南の頭領の汐見真清(しおみ まきよ)や司と一緒に馬鹿やったり戦ったりしたんだ。それで、ちょくちょく東やら北やら南やらを訪問したりしていたんだ。千秋ちゃんとは、君が5歳ぐらいの時に会ったんだ。」
千秋「そうだったんですか…。」

駄目だ。
全然思い出せない。
千棘さん…容姿は金髪赤眼で、風貌は風間さんと似ているけど、性格はなんというか……逆だなぁ…。
風間さんは、常に冷静だけど、千棘さんは明るい。

千棘「…あ、そうだ!薫くんは今どうしてるの?」
千秋「薫……ですか…。」

私は、薫の事について、千棘さんに教えた。

千棘「…なるほど。墜ちたのか…。それで、薫くんを救う為に俺達に魔術と剣術を習いに来たと…。」
千秋「はい。」
千棘「ふ〜ん…。…よし!そういうことなら、教えるっきゃないな!ビシバシいくから、覚悟してな!」
司「上手く教えてあげてくださいね?…では、俺からはまず基礎をお教え致しましょう。」
千秋「は、はい!宜しくお願いします!」

こうして、私の稽古は始まることとなった。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。