二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.277 )
日時: 2017/05/03 23:29
名前: ユウリ
参照: 鶴丸来たぁぁぁぁ!残るはいち兄だけ!いち兄はよ!

千秋side

うわぁ…。
豪邸だなぁ…。
雪風家もこんな感じだったのかなぁ…。
家を見つめていたら、男の人がこちらに向かってきた。

司「貴女が千秋さんですね。先ほど電話でお話した天野司です。後10分ほどで仕事が終わる筈ですので、中に入って、リビングのソファに座って待っていてください。」
千秋「はい…。」

私は、司さんに言われて、中に入る。
広いなぁ…。
家賃いくらかかるんだろ…。
私は、リビングに入り、赤いソファに腰掛ける。

――

10分後…。

風間「待たせたな。…で?どうしたんだ。」
千秋「フランソワーズさんが、風間さんと一緒に△△公園に来てと言ってて…。」
風間「ほう…。戦いにでも行くつもりなのか…?ならば、司も一緒に…。」
司「…俺は、殺し専門だから。千景は、殺しはしない主義だろ?」
風間「まぁ…な。…じゃあ、その△△公園とやらに行くか。千秋。」
千秋「えぇ。」

私たちは、魔法を使い、△△公園に移動する。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.278 )
日時: 2017/05/03 23:37
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM
参照: とうらぶハマったあああああぁ!!

フランソワーズ「……来たわね?」
誠司「……そろそろ、俺たちの目的について話さないとな。」

二人は話し始める

フランソワーズ「私たちはゼアス嬢の守護と世界の秩序を守ることをしなければならないのよ」
千秋「……!そのためにはどんな手段も使うんですか?」
誠司「……そうだ。俺たちは手段を選ばない」

千秋に問われ、静かに答える。

千秋「じゃあ私たちは、、わかり合えないんですか?」
誠司「そうだ……これから俺たちとお前たちは敵同士になる」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.279 )
日時: 2017/05/03 23:39
名前: ユウリ
参照: 鶴丸来たぁぁぁぁ!残るはいち兄だけ!いち兄はよ!

涼月

な…んだと…!?
ぐぬぬ……しかし諦めない!
玉鋼がやばいが…。


理緒side

春気「…理緒ちゃん。もうなってしまった事はしょうがない。過去に縛られてても何もならないよ。…ここは、気分切り替えて、お茶でも飲もう。」

…そう、だね。
いつまでも暗いままじゃいけない。
あの人の分まで、精一杯生きよう。

理緒「…ソーダあります?」
春気「御手杵さん、ソーダ分かるかな?僕は普通にお茶がいいな。」

No more war! ( No.280 )
日時: 2017/05/12 22:11
名前: 涼月@創作ロンパ、始めました ◆BWWGTZRmzA
参照: 返礼祭の1年生はまじヒーロー

ーーー御手杵の場合ーーー
御手杵「そーだ……あのしゅわしゅわするやつか。お前らはー?」
王馬「あ、俺プァンタ!」
御手杵「ぶどうのしゅわしゅわするやつか」
信也「僕はゼロのコーラで」
御手杵「黒いしゅわしゅわするやつか」
王馬「さすが御手杵ちゃん!殆ど見分けのつかない三段活用!」
御手杵「うるさいぞ、ガキには青汁だぞー。ほら、大人連中は?」
日向「日本酒」
マヤ「テキーラ」
ユウマ「バーボン」
ルイ「ウォッカ!」
ユキエ「ジンかなぁ」
鶴丸「ビール」
鶯丸「ワインだな」
羽黒「えっと……ブランデーで」
御手杵「頼むからお前らは昼間に子供の前で酒を飲むくせを直してくれ!」
ルイ「いいじゃーん!あたしら疲れてるの!昨日の今日でお疲れなの!いたわれこの野郎!」
……それにしても。
さっきのが嘘みたいだな。
ユウマなんか完全に思いつめた顔してたのに。
御手杵「ったく……鶴丸さんと鶯丸さんはせめて手伝ってくれよ」
鶴丸「わかったわかった」
地下の倉庫で、酒の棚を漁る。
ご丁寧にルイや日向の注文した物にはボトルキープがされている。
……そういや、ルイってなんで昨日泣いてたんだっけ。
ユウマって、なんであんなこと言ってたんだっけ……

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.281 )
日時: 2017/05/12 23:04
名前: ユウリ
参照: 何故こない…いち兄…蛍丸…。

千秋side

風間「…なるほど。新たな敵の登場、と言うわけか。」
千秋「そう…ですね。」

手段を選ばず…。
やっぱり、他の誰かもこんな事言っていたような…。
誰…だったっけ…?

『……様の命だ!必ず雪……秋…を捕……ろ!邪魔な者は…………だ!』

な、にこれ…

『手段を選ぶな!……様がそう……っていたぞ!』

聞いたことのない、誰かの声…。
でも、何故かとてつもなく恐怖が迫って…

風間「…風!雪風!」
千秋「…!」

風間さんの一言で、我に帰る。

風間「…どうした?体が震えていたが…。」

震え…?
何で…

千秋「…なんでもありません。」

もしかして……私の…自分で閉ざした過去の記憶…?
はっきりとは思い出せなかったけど…。

千秋「誠司君……これからは、敵としてよろしくね。」

誠司君とは、ZARDでの思い出が沢山ある。
だから、戦うのは少し躊躇うけど、仕方が無い。
彼は、彼でのやり方を見つけたのだから、それでいいと思う。
ただ、人殺しとかはやめてほしいけど。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。