二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.274 )
日時: 2017/05/03 23:29
名前: ユウリ
参照: 鶴丸来たぁぁぁぁ!残るはいち兄だけ!いち兄はよ!

フラン

OK!



千秋side

フランソワーズさん…?
何でだろう?

千秋「はい、分かりました。」

そう言って、私は通話を終了する。
その後、私は風間さんに電話をかけた。

???『はい、もしもし。どちら様でしょうか?』

…?
誰だろ?

千秋「えっと…。風間千景さんの知り合いの、雪風千秋と申しますが…。」
???『…雪風!?…なるほど、貴女があの雪風家の生き残りですか…。申し送れました。私は、千景の父、風間千棘の側近をしている、天野司と申します。千景ならば、現在仕事中で、もう少しで終わりそうなのですが…。』
千秋「えっと…。ちょっと、千景さんと行かなければならない所がありまして…。今からそちらに迎えにいってもいいでしょうか?」
司『えぇ。大丈夫です。』
千秋「分かりました。では。」

私は、通話を終了する。
そして、風間家へ魔法を使って行った。

僕と私の ( No.275 )
日時: 2017/05/03 23:10
名前: 涼月@創作ロンパ、始めました ◆BWWGTZRmzA
参照: あんスタだけは……ハマらない……って……流星隊尊いよぉっ!

ユウリ
鶴たんおめでとうううっ!
いちにいは長いよ(体験談)

ーーー御手杵の場合ーーー
ユウマ「……正義、か。俺にはもうわかんねえや」
……沈黙。
それを破るのは、いつものあの声だった。
ユウマ「あのさ──」
鶴丸「よおお前らっ!待たせたな!」
ユウマ「あのなぁっっ!!」
ユキエ「おー、ツッコミ速度0.2秒。新記録じゃない?」
日向「心配をかけてすまないな、鶯丸含めもう大丈夫だ」
……鶴丸さんと、日向に鶯丸さん。
と。
羽黒「司令官さん!」
ユウマ「もうお前がいるからこの世界が大好き!!羽黒!!譲らない君の瞳が大好き!愛してるばんざーい!ここでよかった!私たちの今がここにある!」
ルイ「息をするような惚気っっ!」



御手杵「……あー、そうだ。理緒たち。折角ここまで来たんだ。なんか飲むか?」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.276 )
日時: 2017/05/03 23:18
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM
参照: とうらぶハマったあああああぁ!!

フランソワーズ「……」

誠司と共に公園で待っている

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.277 )
日時: 2017/05/03 23:29
名前: ユウリ
参照: 鶴丸来たぁぁぁぁ!残るはいち兄だけ!いち兄はよ!

千秋side

うわぁ…。
豪邸だなぁ…。
雪風家もこんな感じだったのかなぁ…。
家を見つめていたら、男の人がこちらに向かってきた。

司「貴女が千秋さんですね。先ほど電話でお話した天野司です。後10分ほどで仕事が終わる筈ですので、中に入って、リビングのソファに座って待っていてください。」
千秋「はい…。」

私は、司さんに言われて、中に入る。
広いなぁ…。
家賃いくらかかるんだろ…。
私は、リビングに入り、赤いソファに腰掛ける。

――

10分後…。

風間「待たせたな。…で?どうしたんだ。」
千秋「フランソワーズさんが、風間さんと一緒に△△公園に来てと言ってて…。」
風間「ほう…。戦いにでも行くつもりなのか…?ならば、司も一緒に…。」
司「…俺は、殺し専門だから。千景は、殺しはしない主義だろ?」
風間「まぁ…な。…じゃあ、その△△公園とやらに行くか。千秋。」
千秋「えぇ。」

私たちは、魔法を使い、△△公園に移動する。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.278 )
日時: 2017/05/03 23:37
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM
参照: とうらぶハマったあああああぁ!!

フランソワーズ「……来たわね?」
誠司「……そろそろ、俺たちの目的について話さないとな。」

二人は話し始める

フランソワーズ「私たちはゼアス嬢の守護と世界の秩序を守ることをしなければならないのよ」
千秋「……!そのためにはどんな手段も使うんですか?」
誠司「……そうだ。俺たちは手段を選ばない」

千秋に問われ、静かに答える。

千秋「じゃあ私たちは、、わかり合えないんですか?」
誠司「そうだ……これから俺たちとお前たちは敵同士になる」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。