二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.267 )
日時: 2017/05/03 21:54
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM

フランソワーズ「……」

電話で千秋を呼び出す

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.268 )
日時: 2017/05/03 22:02
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM
参照: とうらぶハマったあああああぁ!!

ユウリ
あ、私とユウリで一対一の視点小説やらない?

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.269 )
日時: 2017/05/03 22:13
名前: ユウリ
参照: 鶴丸来たぁぁぁぁぁ!残るはいち兄だけ!いち兄はよ!

番外編(過去編)
幽人side

毎日毎日、罵声をあびせられる。
この、顔の火傷のせいで。
包帯で隠しているけど、それも無意味に過ぎない。
赤ん坊の頃、母の不手際で火傷をおった。
なのに、母は、火傷をおった僕に謝るどころか気味悪いとでも言うような目で見て、ついに姉と父を連れて、僕を置いていった。
醜い者は、嫌われる。
それを身に染みて分かった。
こんな人生に、うんざりしていたある日、美人な女の子が声をかけてきた。

凛「えっと……、君、大丈夫?」

初めてだった。
僕を心配してくれる人は。

幽人「……大丈夫。」
凛「そう?顔色悪そうだけど……。お腹、空いてるでしょ?」
幽人「別に…。」
凛「でも、さっきからお腹が……。」

彼女がそう言った後

グゥー……。

お腹が鳴った。
僕は、恥ずかしくて、顔を赤らめる。

凛「…ほら、お腹空いてるんでしょ。これ、あげる!」

そう言って差し出してくれたのは、1つのおにぎりだった。

幽人「……いいの?」
凛「いいよ。私、お腹空いてないし。」

僕は、言葉に甘えておにぎりを食べる。
何日かぶりの食事だった。

幽人「……おいしい。」
凛「そ?よかった…!……ねぇ、貴方、名前は?」
幽人「藤宮…幽人。」
凛「幽人ね…。私は凛!綾瀬凛!これから仲良くやっていこうね!」

僕は、うっかり泣いてしまいそうになった。
こんなにも優しくしてくれる人は、初めてだったから。
彼女に家を聞かれ、『ない』と答えたら、何故か彼女の家で住まうことになった。
ただ、彼女の家族は、僕を気味悪がっていたけど。
屋根部屋があいているから、僕はそこを使わせてもらう事となった。
それから、僕が虐められていたら、凛がほとんど助けに来てくれ、次第に虐めはなくなった。
僕に向ける目は、変わらないままだったけど。
凛と、どんどん友情が深まっていった。
どんどん…人生が少し、楽しいと感じるようになっていった。
凛に対して、疑惑を抱いていた。
『もしかしたら、自分を優しい女性だと皆にアピールする為に僕と一緒にいてくれるんじゃないか?』
そう思っていたが、見事に外れていた。
彼女の瞳からは、他の人達と違って嫌悪感を感じなかった。
ただ、純粋な気持ちだけが伝わった。
僕を、外見だけじゃなく、中身も見てくれていた。
それが、とても嬉しかった。
外見が醜くても、一緒にいてくれる人がいる。
そう、考えるようになった。
……次第に、凛に惹かれていった。
彼女に告白しようか迷っていたある日…
事件が起きた。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.270 )
日時: 2017/05/03 22:14
名前: ユウリ

フラン

いいよ!

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.271 )
日時: 2017/05/03 22:16
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM
参照: とうらぶハマったあああああぁ!!

ありがとう!スレはどっちが立てる?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。