二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



レズバカ、嘘つきバカ、人愛バカ ( No.259 )
日時: 2017/04/08 15:42
名前: 涼月@創作ロンパ、始めました ◆BWWGTZRmzA

ーーールイの場合ーーー
……あったあった。
うえ、血まみれスケッチやんけ。
さーてまずは。
ルイ「総統おはよう!早速だけどこの間日向になにやったんだよ」
王馬「うわっ、ルイちゃんその汚い手で俺に触らないでよ!」
ルイ「わしわししたろか?」
王馬「唯一俺に優しい結崎ちゃんか七浜ちゃん助けてっ!」
信也「今日は焼肉だなぁ」
王馬「見てみて北香ちゃん七浜ちゃんのこの顔!俺こんな幸せそうな顔みたことない!」
御手杵「なールイそのガキなんとかしてくんね?」
ルイ「手洗ってくる」

手洗って、王馬君を黙らせて、解毒薬飲ませて。
ユウマ「俺復活なんですけど!」
ルイ「おーいストーカーをやることで社会に貢献したバカが何か言ってるよ」
ユウマ「なあルイなんか俺に辛辣すぎねえか」
ルイ「……あたしはそうでもないよ。ただ、理緒ちゃん辺りには事情のひとつやふたつ説明した方いいんじゃないの」
信也「でも姉さんという存在が消えることにより瑞雲日向という存在が救われました」
ルイ「何も言うなユウマ、よくやった。よくやった」
ユウマ「手のひらっっ!!」
ルイ「で、話って何よ」

ユウマ「…………お前ら、『舞台理論』って知ってるか?」
北香「舞台理論」
王馬「なにそれ!?俺はそんなの知らないよ!」
ルイ「舞台理論とは、世界そのものを演劇のような舞台と捉えた考え方のこと。ループ世界ともいい、脚本家役の思い通りの結末になるまで続く平行世界的ななんとやらって王馬君から借りた本に書いてた」
恵美「知ってんのかよこの嘘つきっ!」
ユウマ「よし、じゃあ教えてやろう」

ユウマ「俺、まあこの世界で諸々ある全ての元凶──黒幕なんですわ」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.260 )
日時: 2017/04/14 22:50
名前: ユウリ

理緒side

理緒「…はい!?」

く…ろ、まく…!?
黒幕って、あの黒幕よね!?
kuromakuよね!?

理緒「ど、どういうことですか!?」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.261 )
日時: 2017/04/15 00:30
名前: ユウリ
参照: クリスタルの物語2の、961コメの未来編を修正しました!前と内容が少し変わってます!

千秋side

私たちは、町に戻った。
そして、私はある人と会う。

千秋「こんにちは、りn…幽人さん。」
幽人「どっちでもいいよ。…それで、何か用?」

私は、東の吸血鬼の里近辺で起こった事を話した。

千秋「薫を、何とかして苦しみから解放してあげられないでしょうか?」

もしかしたら、『苦しみ』で覚醒するのかもしれない…。
なら、それを解放してあげるのが得策だ。
薫と共にいた彼なら、何か知ってると思うけど…。

幽人「…そうだねぇ。あいつ、僕が人間だからか、思い出すのが嫌なのか知らないけど、あんまり過去のことは語ってくれなかったからなぁ…。」
千秋「そうですか…。」
幽人「でもまぁ、予想はつくけどね。…たとえば、薫の中の『闇』をどうにかして抑えるとか。あいつの『闇』の正体がなんなのかは知らないけど、あれが薫が過去に縛られている原因ってのは確かだね。」
千秋「『闇』…。」

彼の中の『闇』の存在は、前から感じていた。
あれを、私の光の魔法でなんとかすれば…!

幽人「…ただ。」
千秋「?」
幽人「もしかしたら、『闇』は、特殊な方法でしか抑えられないのかもしれない。」
千秋「え?」
幽人「…前、歩様が言っていたんだ。」

――

歩『…『アレ』を、『本当の意味で』抑えられたら、薫は楽になるだろうにな…。』

――

本当の…意味で…?

幽人「…詳しくは僕にも分からない。…とりあえず、思い当たる節を見つけて、薫にぶつけてみればいいんじゃないかな?」
千秋「なるほど…ありがとうございます。」
幽人「お礼なんて別に…。…皆を、歩むべき道へ、戻してあげないと…。」

頼むから俺の話を聞け ( No.262 )
日時: 2017/04/17 22:24
名前: 涼月@創作ロンパ、始めました ◆BWWGTZRmzA

ーーーユウマの場合ーーー

ユウマ「そのままの意味だよ」
……これでいい。
ユウマ「見ただろ?俺、どうせ人殺しなんだ」
これで、嫌われればいい話なんだ。
これで嫌われれ……
ルイ「……じゃあ、どうしろって言うの?」
ユウマ「あ?」
ユキエ「だから何だって言うんだろうって話なんだよね」
マヤ「ていうかユウマって人殺しても全く違和感ないんだよね」
ユウマ「ちょ、待てマヤそれは酷いし酷い」
……おかしくないか?
マヤ「ってのは3分の1くらい冗談だよ、ユウマが何を言いたいのかなんて分かってる」
ユキエ「『全部俺のせいだ、俺を消せば全部終わる』って言うね」
ルイ「分かるんだよあたし、12年一緒だったんだから」
……あーそうか。
こいつらには何言っても無駄だったな。
ユウマ「頼むからお前ら、同時に喋んな」
王馬「あ、でもさー。君らはユウマちゃんのそんな気持ちを知りつつなんでユウマちゃんの気持ちに答えてあげないの?」
恵美「まーたこの家賃滞納野郎はすぐ首突っ込む……」
北香「恵美っちほどうざくないけどね」
恵美「ちょっと」
信也「あの、喧嘩するなら瑞雲日向の様子を見に帰ってください、あと禊さんと加賀憂香も邪魔です」
憂香「……信也くん、あとで覚えてなさいよ」
……で、3人はどう返すか。
ルイ「そんなこと、“あの子”が望むと思う?」
ユキエ「そりゃあ、私たちにだって出来ないけど……ユウマは、“あの子”に会ってきたような顔だよね」
マヤ「“あいつ”は何て言ってた?」
…………
『私と優真くんをいつもからかってた三人、付喪神として存在する刀剣男士。大切なお嫁さんや艦の記憶を持つ艦娘たち。政府っていう奇妙な組織で働く先輩達、理緒ちゃんたちみたいな可愛い後輩たち。……あなたが、黒幕が。守るんだよ』
ユウマ「王馬以外は俺が守る」
王馬「え」
ユウマ「……っつうか、王馬は知ってただろ?俺の役柄くらい。てめえも“こっち側なんだしさ”」
王馬「俺が“そっち側”かって言うのは黙秘するよ!俺には大好きな女の子がいるからね!」
ユウマ「俺にも大好きな奴はいるよ」
……ったく、調子狂うなぁ。
ルイ「ま、理緒ちゃんたちがこのクレイジーサイコ愛妻家を殺すって言うならあたしらは敵対するよ。……こいつには、まだやることがあるからね。ねっ!真姫ちゃん!」
ユウマ「ラブライブる話はやめろってんだよ手前っっ!!」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.263 )
日時: 2017/04/17 23:46
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM
参照: ちょっと余裕ができたから続けます。すみませんでした

あ、どう入ればいい?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。