二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.247 )
日時: 2017/03/19 23:29
名前: ユウリ

理緒side

なるほど…
千秋ちゃんの魔法は光・治癒魔法。
千秋ちゃんの治癒魔法には、解毒もある。
そして、信也さんのお姉さんの魔法は毒。
誰かは分からないけど、電話で毒がなんたら……って言ってたから、多分毒魔法なんだろう。
それに、20歳未満なら千秋ちゃんの魔法で生き返る事も可能。
だから、千秋ちゃんを探しているのは、解毒や、治癒、いざと言う時の生き返りを目的としているのではないかな?
……そういえば日向(ひなた)さん、日向(ひゅうが)さんに凄い似てるけど…。
と考えていると、日向さんの様子がおかしくなる。

信也「すみません、結崎理緒。中で休ませてもらえますか?……どうやら、嘘じゃない可能性の方が高くなってきたので」
理緒「はい、どうぞ!」

私は、空き部屋に案内し、日向さんを寝かせる。
……さて、千秋ちゃんを…
と思い、スマホで千秋ちゃんに電話をかける。
しかし、繋がらない。
千秋ちゃん何してるの!?
……まぁ、千秋ちゃんにも色々事情があるんだろう。
仕方ない。
じゃあ……

理緒「あの…いる薬あります?うちのお母さん、一応薬剤師やってますんで、作って貰うことが出来るんですけど…。」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.248 )
日時: 2017/03/19 23:54
名前: ユウリ

千秋side

風間「……?何だこの姿は…?それに魔力も…。」

あ、やっと風間さん気づいたのね。
……もしかして、あれが例の吸血鬼の真の姿?

薫「どうして…どうやったらそんな力が……!」
風間「お前には分からないだろう。愛する者を守りたいと、強く願うこの気持ちを。」

あ、そうか。
確か、『守る』って想いが極限まで強くなったら、あの力が目覚めるって書いてたし。
ただ、闇の力でも目覚めるらしいけど……。
闇の力では、何の想いが強くなればなれるんだろう……?
今の薫には、目覚めて欲しくない。

薫「俺だって……守りたかったよ!」

そう言って、風間さんに刀で攻撃しだす。

薫「分かるか!?とても守りたかった者を、守れなかった……目の前で失ったあの辛さが!分かるか!?俺がどれだけ苦しんだか!…俺達、雪風家の屈辱が……分かるか…!?」
風間「南雲……!」
薫「人間とうまくやってきた温室育ちの西国の頭領様には分からないだろうなぁ!俺達が……俺が受けてきた痛みを、辛さを、悲しみを、苦しみを!」
千秋「薫!」

私が一喝すると、薫は、風間さんから離れる。

薫「だって……千秋にだって分からないんだから…。」

そう言って、薫は消えていく。
あの声から、寂しさを感じたのは気のせいなのかな……?

風間「……分かるさ。俺だって、沢山傷ついてきたからな…。」

そう、風間さんは遠い目をしながら呟く。

千秋「フランソワーズさん、ご協力ありがとうございました。…殺す以外にも方法がある事、覚えといてください。」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.249 )
日時: 2017/03/20 08:26
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM
参照: もうすぐ受験生やんけ……

フランソワーズ「……何を言っているの、殺す以外に方法はないわ。一つだけ言っておく。『これから私と貴方たちは敵同士になるわ』」

嘘吐き対面 ( No.250 )
日時: 2017/03/20 15:35
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA
参照: ロンパV3しんどすぎたぁ

ーーー七浜信也の場合ーーー
日向「あ、えっと、大丈夫です。一応薬は──って。信也、持ってるよね?」
信也「僕が持ってきたのはあなたがやけに大事にしている刀だけです」
日向「ああもう病院に忘れてきたし……まあいっか」
と、彼女はため息をつく。
日向「人間って、なんなんだろうね」
信也「一人では生きられず、気まぐれで自分勝手で理性に頼れず、世界を構成する一つの要素であり──」
彼女が『しまった、聞くんじゃなかった』という顔をしたのも気にせず、僕は話し続ける。
……その音がなければ。
突如けたたましく鳴り響くインターホンの音。
何度も何度も同じ音がする。
日向「うるさい……」
全く、誰だ……?
こんな人間らしいというか子供らしいというか……ん?
信也「……すいません理緒さん。僕が出てきます」
こんな押し方で訪ねてくるのは、『あの子』しかいない。
玄関まで戻り、戸を開ける。
信也「……やっぱりかぁ」
「あれ?七浜ちゃん?なんでいんの?」
信也「……ここにいるってわかっといてそれ?」
「うわ、速攻で嘘がバレた!」
悪びれる様子もない、子供のような笑顔。
信也「訪ねられない限りは来ないんじゃなかったの?『王馬くん』」
王馬「あ、あれも嘘だよ?そこはバレてなくて安心したよ!」
全く、と彼を上げる。
信也「すいません結崎理緒、予想外にめんどいのが来ました」
日向「……小吉くんだ。久しぶり」
王馬「ちょっと七浜ちゃん!さりげなくめんどいのとか言わないでよ!」
彼のことは無視しつつ、椅子に腰掛ける。
王馬「ま、俺結崎ちゃんと会うのも初めてじゃないんだけどね!」
日向「小吉くん、見え見えの嘘つくのはやめようよ」
王馬「2人ともさー、もう少しくらい俺の嘘に協力してくれたってよくない?」
本当に冷たいなぁ、などという彼の声は気にしない。
信也「……面倒だったら殴ってもいいですから」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.251 )
日時: 2017/03/24 23:10
名前: ユウリ
参照: やっと長曽根きたぁぁぁぁぁぁ!

理緒side

なんか、すごい人が来たなぁ…。

理緒「えーっと…小吉さん?でしたっけ。結崎理緒です、よろしくお願いします!」
春気「嘘つきさんねぇ…こりゃ、確かに少々面倒くさいのが来たね。」
理緒「こら春気!そーいう事言っちゃ駄目でしょ!」
信也「いや、いいです。本当の事なんで。」
王馬「ちょ、マジで酷くない!?」



千秋side

…。
とても気になる。
フランソワーズさんのあの言葉も、薫の寂しそうだった声も。

風間「はぁ…。やっかいなのが1人増えたな…。」
須藤「フランソワーズか…。あいつは『敵同士になる』と言っていたが、歩たちとも馴れ合うつもりはないらしいからな…。」
美希「…千景、さっきはありがとう。」
風間「フッ…。愛する者を守るのは、当然の事だろう?」

……。
吸血鬼の真の力。
あれを私が手に入れる事が出来たら、もしかしたら薫を…。

風間「南雲薫、危ないな。」
須藤「…?何故だ?」
風間「あいつもいずれ、あの力を手に入れてしまうかもしれない。」
須藤「吸血鬼の…真の力か。」
風間「今のあいつがそれを手に入れたら…俺たちも、あいつ自身も危うい事になる。」

…そう。
『守る』では無く…おそらく、何かの負の感情が極限に達し、力を得て、使う代わりに…。
寿命が縮んでいくらしい。
それは、使う魔法の威力の大きさによって違うらしい。
…極限に達さないといけない『感情』が何かが分からない限り、薫を注意深く見ないと…。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。