二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.237 )
日時: 2017/03/07 23:06
名前: ユウリ

理緒side


ふぅ…。
良かった、口に合うみたいで。
華世ちゃんは、クッキーを美味しそうに食べている。

春気「理緒ちゃーん、さっき音がしたけど何かあった?…あ、華世ちゃんこんにちは。」
華世「こんにちは。」
理緒「…まぁ、色々あってね。それよりさ、後で気晴らしにどっか出かけない?」
春気「理緒ちゃんからデートのお誘いだなんて、珍しいなぁ…。ニヤニヤ」
理緒「そ、そんなんじゃ…!…ないこともないけど…。//」

さてと…皆は何してるんだろう…?

音はしっかり ( No.238 )
日時: 2017/03/07 23:23
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA
参照: 推しにヘイト溜まって殴ろうと思ったら死んでて泣いた

ーーー瑞雲日向の場合ーーー
無理やり、病院から連れ出された。
鴇夜さんが運転する車に揺られ、見たことのない街へと出た。
ある所で止まると、信也が慌てた様子でインターホンを押す。
信也「結崎理緒っ!いますかっ!」
……どうしてだろう。
どうして、彼はこんなに必死なの?
鴇夜「またあの野郎がなんか吹き込みやがったか?」
夜華「あいつの言うことなんかほとんど嘘なのに」
神音「……嘘だといいんですがね」
三人の会話を、他所に聞く。
なんでも、『球磨川北香』を探してるって事だけど。
鴇夜「っ、ああくそっ……手首が痛くなってきやがった」
日向「無理するから……」
鴇夜「……無理しなきゃ、この仕事はやっていけねえんだよ」
……じゃあ、信也も無理してるのかな?
夜華「……まー、信也は嘘でもしんじざるを得ないんじゃない?」
神音「あの人と、唯一仲のいい人ですから……」
信也が病室を離れている間、誰と話していたんだろう。
その人に何か言われたのかな……

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.239 )
日時: 2017/03/07 23:23
名前: ユウリ

千秋side

風間「あぁ…感謝する。」
薫「俺に数で敵うとでも?」

薫の闇魔法の威力は、更に膨れ上がっていく。

須藤「風間!俺も…(風間「貴様は戦わないほうがいい。河野や緑川のような半羅刹ならまだしも、ただの人間じゃ、こいつの闇は手に負えない。」…。」

確かに…。
薫の闇魔法はじょじょに力を増していってる。
もともと、薫は雪風家の子供だったから、潜在魔力は当然高かった。
しかも、闇属性の魔法は強いから、薫の潜在魔力に闇の力が加わったら強力な力になる。
それは、同じく潜在魔力の高かった歩さんにも言える事だ。

千秋「風間さん。私も手伝います。…私の兄の問題ですし、須藤さんが危ない。それに、私だって雪風家の娘です。薫とは十分戦えると思います。」
風間「あぁ…。頼む。」
薫「おやおや、兄に刃を向けるとは、関心しないねぇ千秋。」

お互い様だけどね。

風間「ヴァン・ブレイズ。」
千秋「ホーリー・サークル!」

風間さんは炎、私は光魔法で薫に攻撃をする。

密告ももはや必要ない? ( No.240 )
日時: 2017/03/12 23:31
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA
参照: ロンパV3しんどすぎたぁ

ーーー王馬小吉の場合ーーー
潮梨「ひとつ聞いても良いですか?」
王馬「なぁに?」
潮梨「……さっき、七浜さんに電話してましたよね」
王馬「……内容が知りたいって?」
潮梨「はい」
どうも本心が読めないのがこの子。
悪いけど、嘘を言うわけにもいかない。
潮梨「……嫌な寒気がしてるんです」
王馬「うわ、明らかに内容を半分くらい見破られてる顔だよそれ!」
潮梨「言うなら早くしてください」
この子は、振り回されない。
俺の嘘に騙されることも少ない。


【電話の内容】
王馬「あっは、七浜ちゃん!随分長い電話だったね!それで最後のセリフはどこからパクった訳?」
信也「なんだ、君か。っていうか、盗聴してた?」
王馬「ま、盗聴についてはノーコメント。嘘ついたってバレるしさ」
信也「それが賢明だよ。ったく……」
王馬「そうため息つかないでよー、俺だって別に嘘つきたくて嘘ついてるわけじゃないんだし」
信也「はい、嘘だね。……ほんと、君は人間の手本って感じがするから嫌いになれない」
王馬「褒めてもなんにも出ないよー」
信也「で、何のよう?」
王馬「それがさ──君の所に、瑞雲ちゃんっているよね?」
信也「いるけど?」
王馬「その子さ、早くしないと死ぬよ?」
信也「……は?嘘でしょ?」
王馬「俺がこの場に及んで嘘をつくと思う?」
信也「……どういう事か教えてくれる」
王馬「君の大っ嫌いな、あの子のせいだって言ったら?」
信也「…………そっか」



潮梨「……それ、本当の事なんですか?」
王馬「さぁ、どうだと思う?」
潮梨「聞いた私が野暮でした」
そう言って、彼女は俺の近くにあったコーヒーを飲む。
王馬「よく飲めるよね、そんな苦いの」
潮梨「……あなたは、怖くないんですか?」
王馬「何が?」
潮梨「……死ぬことが」
王馬「怖くないわけ、ないじゃん」
俺だって怖いことくらいあるよ、と笑顔を見せる。
王馬「って言うかさ、綾瀬ちゃんは怖くないの?もしかしたら歩?とかそこら辺ここ来たりしたらさ」
潮梨「その時はあなたを見向きもせずに逃げます」
王馬「そんなことさせないよ?俺、好きな子は首を絞めてでも振り向かせるから」
潮梨「……と言うか、歩さんがここに来るわけない──」
王馬「俺の予定では来るよ?」
潮梨「……なんでですか?」
王馬「俺、悪の総統でもあれば情報屋だからさー。さっき、あの人に『結崎ちゃんの居場所を教えたんたよね。今日なら絶対にさらえるよっ!』ってさ。でも失敗したから文句でも言いに──」
潮梨「……理緒さんの居場所を、あなたが?歩さんに?」
表情をひとつ変えずにそう問う彼女に、俺は、いたずらめいた表情で。
王馬「本当だと思う?嘘だと思う?」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.241 )
日時: 2017/03/13 14:58
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM
参照: もうすぐ受験生やんけ……

フランソワーズ「っ……早く、南雲薫を殺さなければ。この世界の秩序を乱す者は、どんな手段を使ってでも消去するわ」
千秋「待ってください!薫を殺さないでください!」

千秋に止められて、フランソワーズはムッとする。

フランソワーズ「何故かしら?彼は貴方たちを殺そうとしたのよ?」
風間「貴様は本当にそれでいいのか!?」
フランソワーズ「……私の役目は世界の秩序を乱す者を消去することよ。彼はその秩序を乱す罪人よ」
千秋「じゃあそのためならどんな手段も使うんですか!?」

フランソワーズは間を置いて、こう豪語する。

フランソワーズ「……そうよ。私は手段を選ばない!」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。