二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.232 )
日時: 2017/03/03 23:04
名前: ユウリ

理緒side

理緒「華世ちゃん…ありがとう…。」

助かった…。

歩「田口華世…そんな事、貴様に言われる筋合いはない。」

尚人お兄ちゃんは立ち上がる。

歩「貴様には分からないか?兄妹を傷つけまいとするこの気持ちが。」
理緒「お兄ちゃん、やめて!」

私は、尚人お兄ちゃんを玄関の外まで押す。

歩「理緒…。」
理緒「……帰って。そして、もう悪さはしないで。」

私は、ドアを閉める。

理緒「華世ちゃん、ありがとうね。何か用意してくる!」

私はそう言って、台所に向かう。

理緒「お母さん、何かお菓子とかない?後お茶!」
理緒母「はいはい、ちょっと待ってて…。これでいい?」

お母さんは、クッキーを出し、紅茶を注ぐ。

理緒「ん、OK!」

私は、華世ちゃんの所に持っていこうとした。
そのとき……

理緒母「……ねぇ、理緒。」
理緒「何?」
理緒母「さっき、はっきりとは聞こえなかったけど……尚人、来たの?」
理緒「……うん。げ、元気にしてるよ!相変わらず、優しいお兄ちゃんでさ!」

嘘。
もう、あの頃のお兄ちゃんはいなかった。
人間を平然とした顔で殺すようになってしまった。
しかも、何か良からぬ事を考えてるみたいだし……。
お母さんやお父さんには、現在の尚人お兄ちゃんの所業を知られたくない。
何も知らないままでいて欲しい。

理緒母「そう…なら良かった…。尚人に、1度会いたいって伝えておいてくれる?」
理緒「……うん、分かった。」

私は、再び華世ちゃんのいるリビングへと戻る。

理緒「お待たせ!これで良かった?」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.233 )
日時: 2017/03/03 23:15
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM
参照: 感染性胃腸炎にかかりました、、

華世「うん、ありがとう」


今日誕生日っす!

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.234 )
日時: 2017/03/03 23:33
名前: ユウリ
参照: おー!フラン、おめでとう!

千秋side

千秋「薫……。」
薫「久しぶりだね、千秋。」
千秋「どうしてここに?」
薫「…墓参りって言ったら笑うか?」

私は、首を横に振る。
薫も、お父さんとお母さん大好きだったもんね。

千秋「薫が、お父さんとお母さんのことちゃんと想ってくれてる証拠だよ。…笑ったりなんかしない。」
薫「そう……で、千秋はともかく、何で西の頭領様と人間2人までいるんだ?」
風間「雪風の女と、この2人には、現在の東の……雪風の里を見せたくてな。後に、この人間達も、吸血鬼の世界に関わる事になりうるだろうからな。」

確かに。
風間さんは、婚約者を捨ててまで美希ちゃんと結婚しようとしている。
2人の場合は、周囲に反対されると思うけど、もしうまくいったら、美希ちゃんは西の吸血鬼の頭領の妻。
そうなる為には、吸血鬼一族の事にも詳しくならないといけないだろう。
そして須藤さん。
私達の関係がうまくいったら、須藤さんは私の……だ、だ、旦那さまになる…はず…。
だから、彼も吸血鬼一族の事に関しては知っておくべきであろう。

薫「ふーん?まぁ、冥土の土産話にいいかもな。」
風間「……何がいいたい?」
薫「俺達は人間を殺すんだ。殺して、この世界に平和をもたらすんだ。……つまり。」

薫は、刀を持ち、美希ちゃんに向かって突進した。
それを、風間さんが刀で止める。

薫「今からそこの2人を殺すのさ。」
風間「貴様……っ!」
千秋「薫やめて!どうして人間を殺そうとするの!どうして……」
薫「…言っただろう?人間がいる限り、悪業は終わらないんだ。ならば絶滅させるしかないだろう?」

どうして……!
どうしてそんな考え方をするようになったの……!?

薫「どけよ。」
風間「どかない、と言ったら?」
薫「邪魔するお前も消してやるよ。」

薫は、白髪の吸血鬼姿となる。

風間「千秋、須藤、美希!下がれ!」

風間さんも、吸血鬼姿となって戦う。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.235 )
日時: 2017/03/03 23:45
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM
参照: ありがとう!

?「アースウェイク!!」

突然、激しい地震が風間たちを襲った。

フランソワーズ「風間千景……私にも協力させなさい」

なんだか青春が聞こえる気がしたんだ(遠い目) ( No.236 )
日時: 2017/03/03 23:52
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA
参照: なんで推しキャラすぐ死んでまうん………

フラン
おめでとうっっ!

ーーー加賀恵美の場合ーーー
恵美「ちょっとルイ、電話貸しなさいよ」
ルイ「充電切れです」
恵美「嘘つきなさいよ!」
ルイ「本当です、さっききっと青春が聞こえるシャンシャンしてたら切れましたもう少しでフルコンだったのに。っていうか私はそんな意味無い嘘つきませんよ?」
……あ、そっか。
あいつとちがうのか。
御手杵「おう、じゃあ俺の携帯使えよ」
恵美「あ、ありが…………え?」
……思わず二度見。
恵美「なんでアンタ生きてんのよぉぉぉ!?」
その声は反響した。
北香「落ち着いて恵美っち!こいつら死んでるわけじゃないよ!」
ルイ「主人公補正って存在するんだね」
御手杵「っつうか何でみんな昼寝してんの?昼寝日よりなの?」
……こいつ。

かくかくしかじかで事情を説明。
御手杵「なるほどな、わかった。理緒にかけてみる」
ルイ「穂乃果ちゃんの声真似しながら掛けてみて!」
御手杵「んあ、いいぜ」
ルイ「ちょちょちょちょちょ待てちょ」
あんたじゃないの、言ったのは。
御手杵「もしもし理緒?今からこっち来ない?あのね、頼みたいことあるんだけど千秋もいれば優秀だよ!ファイトだよ!やっぱ無理だわこれやめる!まあいなくても──」
あいつは、ちらりと向こう側を見て。
御手杵「すっげえ面白いことになりそうだぜ」



ーーーユウマの場合ーーー
ユウマ「……さて、知ってたか夜照」
哀奈「……は?」
針を、へし折る。
俺が、できた訳。
ユウマ「この世界はな、脚本家様の御厚意で成り立ってるんだ」
哀奈「なに……ソレ」
ユウマ「そんでな……裏側の人間はさ、いつでもさ。脚本家様の思いどおりに動かなきゃいけねえんだ」
油断の間に距離を詰める。
哀奈「ちょっと待って……」
ユウマ「謝んねえよ?……謝ったら、俺の生き方を否定することになる」
むしろさ、と刀を更に近づける。
ユウマ「謝れよ」
「俺に」「親友に」「嫁に」「仲間に」「相棒に」「先輩に」「後輩に」「弟に」
ユウマ「世界に、さぁ」
もう多分俺から笑顔は消えてる。
……これで、いいんだ。
今頃電話してる『主人公サイド』の人間の顔を浮かべる。
ユウマ「………俺だって、主人公だったら歪まなかったよ」
……何で、泣いてんだよ。
…………泣きたいのは……

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。