二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.224 )
日時: 2017/02/22 20:50
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM
参照: 感染性胃腸炎にかかりました、、

ありがとう!


華世「いい加減にしなさいよ……黒風歩」

いつの間にか現れており、ギロリと鋭い目付きで歩を見ている

終わりの始まりは全部お前のせい? ( No.225 )
日時: 2017/02/25 00:11
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA
参照: ネタバレを見ると欲しくなるダンガンロンパは罪。王馬可愛すぎか

ーーーユウマの場合ーーー
ユウマ「ああ、今日は最悪の日だよ。お前に会っちまったんだからなぁ。けど今日は最高の日だ。お前を殺せるんだからな」
大戦艦ユウマ様──じゃ、ねえ。
今回は、昔に戻った刀のスタイルだ。
ユウマ「なあ、とっとと死んでくんね?」
哀奈「やだよ。私だって……君にずっとずっとずっと会いたくて来たんだから。……ねえ、やめようよ?あなたが私のものになれば……ダレも傷つかなくて済むんだよ?ワタシを邪魔するのは……『人間が好きなバカバカしい弟気取りだけ』」
ユウマ「……殺す。前に、聞きてえことがある」
何年も前から気になってた事。
俺の中から本当は消し去りたかった記憶の中に──
一つだけ残っていた違和感。
ユウマ「……よく考えりゃ、おかしいんだ。0722──あれの生き残りが、俺ら4人のはずがねえ。……お前は、何でいるんだ?」
哀奈「あっは。そんなのカンタンな事じゃん。ワタシが仕組んだんだよ?ゼンブ」
……は?
哀奈「だって……ジャマだったんだもん。皆、皆。ま……一番邪魔な三人は残っちゃったけどね」
そう言って、安全地帯でコタツに入ってみかんを食っているあいつを見る目の前の奴。
俺は、思考が停止していた。
そんな俺に、こいつは。
哀奈「もう1個教えてあげよっか?」
更に
ユウマ「……なん、だよ」
哀奈「あのね、涼月ちゃんをね」
残酷な
ユウマ「……やめろ、やめろっっ!!」
哀奈「殺したのはね」
事実 現実 真実 真相 記憶 全貌 を
俺に
哀奈「センセーじゃなくて、ワタシなんだよ?」
ユウマ「……嘘だ」
哀奈「だーって、すっごいジャマだったから!コロしてもよかったかなって」
……んな理由で。
俺の好きな奴は。
死んで──
慕ってた先生は──?
…………ああ、そっか。
なんでこんな新鮮な感覚か分かった。
【俺、ここまで舞台進められなかったんだっけ】
それとも、
【最後にここまで進んだのが何公演も前だったんだっけ】
……それなら。
哀奈「ねえ、イマ大人しく私のモノになってくれれば皆助けてあげ……」
ユウマ「……夜照ぇ、てめえ……どこから斬られて死にたいか選べ」
哀奈「あっは、いいんだぁ、あの子達のこと」
ユウマ「──解毒薬なんか、てめえを殺せば見つかるだろ?」
そういう遠くで。
聞きなれたあいつの。
ルイ「うわぁ、出ちゃった。ユウマの『ヤバイやつ』」
酒に混じった声がした。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.226 )
日時: 2017/02/25 23:49
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA
参照: ネタバレを見ると欲しくなるダンガンロンパは罪。王馬可愛すぎか

>>220に出てる2人。出番あるけど絡まれない限り表に出ない人2人。

名前:綾瀬 潮梨(あやせ しおり)
性格:全てを諦めたような物言いをする、悲観的な少女。後ろ向きな言葉が多く、精神病患者のようだと思われるが、本人は「私はどこもおかしくないです。おかしいのはこの世界です」と否定する。嘘は好きではない。『全てを諦めている』という性格上、オセロやチェスもまともに相手はしない。
性別:女
年齢:21?
容姿:青みがかかった長い黒髪が特徴。アホ毛がくるんとなっている。服装は白地に紺色の半袖セーラー服。目にはほとんど光がともっておらず、無表情。
能力と属性:属性は無。能力は本人曰く「人を不幸にしてしまう」との事。
詳細:一人称は『私』、『潮梨』。二人称は『〜さん』。心を閉ざした原因は五年前の7月22日に起きた海難事故で親友3人を失ったこと。(うち1人は行方不明)その後強襲班の実習生となったがそこでできた友人も失う。それが原因で今の状態になってしまった。那珂と王馬にのみ心を開いている様子。
サンボイ:
「……綾瀬潮梨です。はい、あの海難事故の……親友を置いて生き残った最低な人間の」
「ほら、泣けないんです。笑えないんです。でも、私はおかしくない」
「嘘は嫌いだけど、あなたを信頼しているのは何もおかしくないですよね?」

名前:王馬 小吉(おうま こきち)
性格:嘘つきを自称するほどの、嘘を連発する生粋の嘘吐き。
思いつきで適当なことを言ったり、泣き真似をしてみたりと、かなり捉えどころの無い人物。 人の感情を逆撫でするようなことばかりを面白がって言い、本人は「悪の総統だから」と悪びれる様子もない。
性別:男
年齢:16
容姿:紫がかった黒い髪の毛に同じ様な色の瞳をしている。服装は拘束衣を題材とした白色の服を着用し、首に市松模様のスカーフを巻いている。こちらも考えの読めない笑顔でいることが多く、もうこの2人が黒幕でいいんじゃないかな状態と俗に言う。なおユウマ
能力と属性:能力も属性も特になし。
詳細:一人称は『俺』、二人称は男女ともに『名字にちゃん付け』が基本。原作的な時系列と言う話からすると多分コロシアイも何もなかった人。『悪の総統』を自称しているが嘘か本当かわからない。政府の面々とは一応知り合い。恵美や北香、鴇夜には「絶対に禊に近づけるな」と言われる。今回は加賀家の一室で世界を語る。信也には『人間らしい人間』として唯一敬語を使われていない。
サンボイ:
「俺、王馬小吉。……この事件の全ての元凶だよ。なーんって、嘘だよー」
「綾瀬ちゃんは、炭酸飲料買って来てくれるから好きだよ。……嘘、大好き!」
「さ、嘘か本当かわからない舞台を語ろうか」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.227 )
日時: 2017/02/26 14:21
名前: ユウリ
参照: くっ!何で来ないんだ蛍丸!(´;ω;`)

涼月

2人共( ・∀・)b OK!



理緒side

歩「…だそうだ。聞こえたか?」

お兄ちゃんは、電話をスピーカーモードに切り替えていた為、話は聞けた。

理緒「うん…。」

良かった…。
信也さんが歩お兄ちゃんに頼まなくて…。
…『仲間を守る為に殺す』か…。
私は、出来れば殺さずに、何とか和解できる方法を探したいなぁ……。
甘い考えかもしれないけど。

理緒「さ、お兄ちゃん。帰ってくれる?」

お兄ちゃんを睨みながら言う。

歩「その前に、1つだけ。」

ガシッ

尚人お兄ちゃんは、私の腕を掴む。

歩「理緒を貰っていくよ。」
理緒「何でよ!ってゆーか、こんな事しても無駄だからね!」

瞬間移動使えば1発で……
……あれ?

歩「瞬間移動魔法でも使うつもりだろ。残念ながら、さっきつけた魔法拘束具で魔法は使えないようにした。」

…さっき?
って本当だ!
まさか、さっき腕を掴んだ時に……!

理緒「離してよ!大体、何でこんな事を……!」
歩「理緒を人間から守る為、そして……理緒にはある事をして貰わなければいけないからな…。」
理緒「ある事…?何よ、それ!私は絶対にやらないから!」

私は、必死にもがくが、尚人お兄ちゃんは男で、しかも大人。
力の差が激しくて、振り解けない。

歩「さぁ、行こうか。」
理緒「やめて…!」

その時

華世「いい加減にしなさいよ……黒風歩。」

どこからともなく、華世ちゃんが現れた。

歩「いい加減にしろ…?何をだ?」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.228 )
日時: 2017/02/26 14:52
名前: フランソワーズ・マツノ ◆XTyQit91CM
参照: 感染性胃腸炎にかかりました、、

華世「あんた、しつこいわね。理緒ちゃんに執着して。二度と私たちの前に現れないで」
歩「何だと……?」

華世は歩に歩み寄りながら冷たい声で言う。

華世「これ以上、勝手なお遊びで、私たちを振り回すのは許せないわ」

そう言うと、サタンの姿になって強力な闇の衝撃波を歩の腹に思いきり当て、歩を吹き飛ばす。

ゼアス(華世)「大丈夫?理緒ちゃん」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。