二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



不運と踊れ、変態は氏ね ( No.204 )
日時: 2017/01/30 22:27
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA
参照: 遅れたけど日向、進水日おめでとう。大好きだよ

ユウリ
始めただと!?初期刀は!?

ーーー球磨川北香の場合ーーー
北香「待ってましたよっ、っと!」
少し、敢えて斬られて。
北香「これが、あたしの詫び寂びってもんよ」
発砲、直後。
憂香っちが回避、弾薬を詰めたのにきづいて。
魚雷発射管に手を伸ばす──
北香「ま、あたしは基本これだから……って、あ、れ?」
発射できない。
……ロックかけられて、って。
こんな悪趣味なことすんのは……!
禊「『あれ、北香ちゃん?』」
北香「……禊っち、怒るよ」
禊「『君が負けたら脱いでもらう契約だからね』」
北香「……悪趣味よねぇ」
じゃあ、意味ないやと発射管を後ろに投げる。
憂香「いたっ」
北香「あ、ごめん憂香っち。そこ落とし穴あるから気をつけな」
憂香「えっ……きゃあああああっっ!!」
あー、言わんこっちゃない。
恵美「あー、あの4人がこの間やってた」
阿武隈「あの4人って」
恵美「サプライズじじいと鶴丸一筋(レズ)と瑞雲厨とカテキン中毒」
阿武隈「あー……」
さて、とりあえずなんとかしなきゃなぁ。

愛恋姉弟 ( No.205 )
日時: 2017/02/01 23:16
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA
参照: 遅れたけど日向、進水日おめでとう。大好きだよ

ーーー瑞雲日向の場合ーーー
あれから、色々なことを聞かせてもらった。
主には政府の人達の話。
色々、能力というか特異点と言うかを持つ人がいるらしい。
……『無かったことにできる能力』か。
それって、私の病気も……
いや、やめよう。
鴇夜「まあ、明日会ってもそいつには絶対近づくな、絶対だぞ」
日向「……そんなに危険か?」
鴇夜「……日向?」
日向「あ、いえ。……少し、口調変えてみようかなって。やっぱ変ですよね」
夜華「いいじゃん、かっこいー」
……ルイちゃんに会うとき、記憶が無いとはいえこうやって会えたらカッコイイだろうなぁ。
神音「日向ちゃん、顔赤いですよ?」
鴇夜「恋だな、ルイに」
日向「だからっ!違いますっ!」
……そうだ。
日向「あの、皆さんはどういう感じの能力を?特に信也」
信也「……っ」
夜華「あー、それは信也の過去から話す必要があってだね」
信也「夜華さん、“ウザい”ので“黙って”もらえますか」
夜華「ちょ信也そういうのやめてよ待って痛い痛い」
……何もされてないのに、痛い?
神音「やっぱり……お姉さんに似てますね」
信也「勘違いしないでください。僕は姉さんが嫌いだ。生きているなら……今すぐにでも殺してやりたいくらい。……あんなの、愛でもなんでもない」
鴇夜「はい、ストップだ。信也、明日になったらそういうのはやれ」
信也「……はい」
日向「……そのお姉さんってどういう人?」
鴇夜「日向ぁぁぁぁ、お前無垢だろそういうのだったからほんとなぁ」
信也「僕もう人間嫌いになっていいですか誰も信じられない、こうなったらとことん自由になってやる」
神音「落ち着いてください信也くんそんなことしたらあなたのキャラが行方不明になります」
……私悪いこと言ったかな?
信也「……姉さんは、一途な人だ。一人の人間を好きになり、それを愛だと言う。………そんなの、愛じゃない。ただの恋だ」
……信也、やっぱり。
信也「僕は、狂ってます。自覚はあります。でも──自分の恋のためなら人の命も平気で奪う姉さんは、もっと狂ってる」
……え?
信也「……それだけです」
そう言うと、彼は病室を出ていく。
鴇夜「ちっ……また重要なところだけ言わずににげやがった」
日向「信也って、昔からああなんですか?」
神音「私たちも、よく知らなくて……だけど、頼りにはしてるのよ、あの子」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.206 )
日時: 2017/02/03 23:49
名前: ユウリ
参照: テストオワタ\(^o^)/

涼月

もちろん加州くんさ!(`・ω・´)キリッ



理緒side

……何か、色々大変な事になってる。

理緒「とりあえず、先に憂香さんを助けなきゃ!春気、手伝って!」
春気「…はいはい。君ってば、本当にお人好しなんだから。実戦で敵にこんな事しないでよ?返り討ちに合うかもだから。」
理緒「うん。」

憂香さんを助けなきゃ、お互いフェアに模擬戦闘が出来ないからね。
実戦では、フェアに攻撃する事なんて、あんまないと思うけど。
私達は、落とし穴から憂香さんを救出する。

春気「…さて、助けたし、再開しますか。次は、そっちからどうぞ。」

裏表も分からないくらいに ( No.207 )
日時: 2017/02/04 10:19
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA
参照: 加州はいいぞ、最高だ!

ーーー阿武隈の場合ーーー
北香「……ありがとね、でもさ」
憂香「そういう甘さは」
北香、憂香「「仇になることが多いのよ」」
……速い!
嘘、さっきのふたりとは思えない……
那珂「あー、入っちゃったねー」
青葉「お二人共下がっててくださーい、少しやばいです」
長谷部「俺は主の命以外は聞かな……おいアホ、なぜ引きずる」
阿武隈「アホじゃ!ない!です!」

恵美「憂香姉や、あいつはね。此処に巻き込まれてから弱いのよ」
禊「『裏の人間ならまだ相手に出来るけど』『彼らみたいな表の人間とはどうやっても勝てないケースが多かった』」
恵美「でもね」
禊「『だから』」
恵美「2人は──あたしらは、それ以上強くなることをやめた」
禊「『このふざけた世界で、楽しむことだけを考えた』」
恵美「そうしているうちに、取り込まれた」
禊「『表の世界に居続ける勇気がなかった』」
恵美「そして──」

北香「あった」
さっき投げた、発射管。
北香「禊っち!いいから鍵貸しなさいよ!」
禊「『はーい』『ってごめん』『持ってくんの忘れちゃった』」
北香「役立たず……」
見向きもしない。
後で考えれば、それは自然な行為だった。
北香「……さてと」
気がつくと、彼女の手から南京錠がこぼれ落ちる。
那珂、青葉「「来たきたっっ!!」」
長谷部「……何が起こっている……?」
北香「憂香っち、左から」
憂香「分かったわ」
──勝てないよ。
私は、そう確信した。
この2人には、勝てない。
北香「頭には当てないから、安心してっ!」
彼女が、魚雷を放り投げる。
炸裂音、響く。
阿武隈「──すごい」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.208 )
日時: 2017/02/10 00:21
名前: ユウリ
参照: くそ…試しでやったつもりが、ハマっちまったぜ…(刀剣乱舞)

理緒side

私は、魚雷を避けた。
…つもりだった。

理緒「きゃっ!」
春気「理緒ちゃん!」

うー…当たっちゃった…。

春気「理緒ちゃん、大丈夫?」
理緒「へーきへーき!」

私は、立ち上がり、白髪の吸血鬼の姿となる。
…恭介お兄ちゃんみたいに、まだ真の力は目覚めてないけど、少しは攻撃力もあがるし、大丈夫かな。

春気「理緒ちゃん、先に行くね。」
理緒「OK!」

春気は、刀に雷を纏わせ、憂香さんの方へ斬りかかりに行く。

春気「よいしょっと!」

憂香さん目掛けて、刀を振り下ろした。
それと同時に、私も攻撃を開始した。

理緒「アイス・イーグル!」

私は、氷で出来た鳥を何体も作り上げ、北香さんにぶつける。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。