二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



裏表も分からないくらいに ( No.207 )
日時: 2017/02/04 10:19
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA
参照: 加州はいいぞ、最高だ!

ーーー阿武隈の場合ーーー
北香「……ありがとね、でもさ」
憂香「そういう甘さは」
北香、憂香「「仇になることが多いのよ」」
……速い!
嘘、さっきのふたりとは思えない……
那珂「あー、入っちゃったねー」
青葉「お二人共下がっててくださーい、少しやばいです」
長谷部「俺は主の命以外は聞かな……おいアホ、なぜ引きずる」
阿武隈「アホじゃ!ない!です!」

恵美「憂香姉や、あいつはね。此処に巻き込まれてから弱いのよ」
禊「『裏の人間ならまだ相手に出来るけど』『彼らみたいな表の人間とはどうやっても勝てないケースが多かった』」
恵美「でもね」
禊「『だから』」
恵美「2人は──あたしらは、それ以上強くなることをやめた」
禊「『このふざけた世界で、楽しむことだけを考えた』」
恵美「そうしているうちに、取り込まれた」
禊「『表の世界に居続ける勇気がなかった』」
恵美「そして──」

北香「あった」
さっき投げた、発射管。
北香「禊っち!いいから鍵貸しなさいよ!」
禊「『はーい』『ってごめん』『持ってくんの忘れちゃった』」
北香「役立たず……」
見向きもしない。
後で考えれば、それは自然な行為だった。
北香「……さてと」
気がつくと、彼女の手から南京錠がこぼれ落ちる。
那珂、青葉「「来たきたっっ!!」」
長谷部「……何が起こっている……?」
北香「憂香っち、左から」
憂香「分かったわ」
──勝てないよ。
私は、そう確信した。
この2人には、勝てない。
北香「頭には当てないから、安心してっ!」
彼女が、魚雷を放り投げる。
炸裂音、響く。
阿武隈「──すごい」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.208 )
日時: 2017/02/10 00:21
名前: ユウリ
参照: くそ…試しでやったつもりが、ハマっちまったぜ…(刀剣乱舞)

理緒side

私は、魚雷を避けた。
…つもりだった。

理緒「きゃっ!」
春気「理緒ちゃん!」

うー…当たっちゃった…。

春気「理緒ちゃん、大丈夫?」
理緒「へーきへーき!」

私は、立ち上がり、白髪の吸血鬼の姿となる。
…恭介お兄ちゃんみたいに、まだ真の力は目覚めてないけど、少しは攻撃力もあがるし、大丈夫かな。

春気「理緒ちゃん、先に行くね。」
理緒「OK!」

春気は、刀に雷を纏わせ、憂香さんの方へ斬りかかりに行く。

春気「よいしょっと!」

憂香さん目掛けて、刀を振り下ろした。
それと同時に、私も攻撃を開始した。

理緒「アイス・イーグル!」

私は、氷で出来た鳥を何体も作り上げ、北香さんにぶつける。

さてはさては ( No.209 )
日時: 2017/02/10 23:50
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA
参照: 加州はいいぞ、最高だ!

ーーー加賀恵美の場合ーーー
北香「っと、回避回避」
……さて、これ。
結構続いてるけどいつ終わんのかしら。
恵美「ねえ、そのうちあの2人殺す気になってきてない?」
禊「『止める?』」
恵美「面白いからもう少し放置しましょ」
禊「『だんだん君と僕の役割変わってきてるよね』」
──そう、話して話して。
北香「あっ」
……その声は死亡フラグよ北香って
北香「次に生まれる時は……重巡がいいなぁって待ってこの川流れ早すぎ憂香っちあとは頑張ってええええ」
憂香「北香ちゃあああああん!!そこの川は結構流れが速いから気を付けもう見えなくなったわ」
恵美「あー、言わんこっちゃない」
禊「『さすが憂香ちゃん!北香ちゃんを殺して1対2という絶望的な状況を自ら作るなんて!』『憂香ちゃんはドMなのかな!?』」
憂香「違うわよ……って、ええ!?」
憂香ねえが驚いた理由は、至って簡単だった。
北香が流れて行った方から──下流から、人が走ってくる。
水の上を、北香を抱えて、人間とは思えない速さで。
「ねえねえねえねえ先輩何やってるんですか私も混ぜてくださいじゃなくて助けてください」
恵美「る、ルイ!?死んだはずじゃ!?」
ルイ「勝手に殺さないでくださいよ、っていうか長谷部に阿武隈ちゃんまで何やってんのよ」
長谷部「主、これはこういう訳でして──」

ルイ「なるほどじゃあ中断して来てください」
北香「はー、ルイっち簡単に言うけどね、あたしらだって賭けをしてて──」
ルイ「馬鹿言わないでくださいよ!このままだったら──皆……死んじゃうかもしれないんです……」
…………は?
恵美「それ先に言いなさいよ!」
ルイ「……ごめんなさい」
阿武隈「長谷部さん、行きますよ!」
長谷部「……お前に言われるのは好かないが、緊急だ。行くぞ」
憂香「ごめんね、2人とも。……また今度、続きをやりましょ。……来るなら別だけど」
北香「那珂っちと青葉っちは残ってて。あたしら4人が着いてく」
──そう言って。
ルイ「……ユウマ、戻ってきててね」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.210 )
日時: 2017/02/11 00:09
名前: ユウリ

理緒side

私は、人間の姿に戻る。

理緒「分かりました。相手をしてくれてありがとうございました!」

私は、お辞儀をする。

恭介「ん?終わったのか?」
春気「うん。…さーて、これからどうするとしますかね?」
理緒「とりあえず、尚人お兄ちゃんが何かしてきた時の為に備えとこう。」

私達は、魔法で私の家の前に移動し、中に入る。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.211 )
日時: 2017/02/11 00:45
名前: ユウリ

千秋side

風間「久しぶりだな、雪風の女吸血鬼よ。」
千秋「貴方は、風間さん…。」

須藤さんと話していたら、偶然、風間さんと美希ちゃんに出会った。

須藤「何か用か?」
風間「突然だが……貴様、自分の故郷を見てみたいか?」

風間さんは、私を見て言う。

美希「千秋ちゃんの……って言うと、東国の吸血鬼の里?」
千秋「何処にあるか分かるんですか!?」

私は、当時幼かった故に自分の里が何処にあるか忘れてしまった。
…いや、『自分の意思でその記憶を封じた』が正しいのかな?
だってそこは、私の故郷であると同時に、両親が殺された場所でもあるから。

風間「雪風、今、自分の村がどうなってるか知りたいか?」
千秋「…知りたいです。」

滅びたのは知っている。
でも、あの綺麗だった村がどのように変わってしまったのかは知らない。
私は、東の吸血鬼をまとめる、雪風一族。
自分の目で確かめておきたい。

風間「…須藤も来るか?」
須藤「……あぁ。」

そうして、私達4人は、魔法で私の故郷へ行く。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。