二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.192 )
日時: 2017/01/13 20:53
名前: フランソワーズ@低浮上 ◆XTyQit91CM

ですな。皆ありがとう。


海斗「ねぇ春気ぃ。僕いる意味ある……?」

うるうるした目で上目遣い((

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.193 )
日時: 2017/06/22 21:21
名前: ユウリ

歩side

Rが戻ってきた。

R『ごめんなさい、無理だったわ。』
歩「そうか…。…R、もうあいつ等の前で魔法を使ってもいいんじゃないか?正体を現してもいいんじゃないか?お前が会いたがってた河野春気に会えたのだし…。」
R『…いいえ、まだよ。あの子が…春気が1人でも立派に戦えるって…1人前になったって分かってから、姿を見せようと思う。』
歩「そうか…。」

会いたがっていた人物に…好きな人物に攻撃されるのは辛いだろう…。
俺にもその気持ちは分かる…。

歩「無理するなよ、R。…嫌、○○。」
R『…ありがとう、歩。』

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.194 )
日時: 2017/01/13 21:08
名前: ユウリ

春気side

春気「うーん…今は特に無いかな…。僕たちが戦っている間に恭介達と話したりとかしたら?それか、疲れたならもう帰ってもいいし…。とりあえず、今日はありがとね、海斗君。」

僕は微笑を絶やしながら海斗君の頭を撫でる。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.195 )
日時: 2017/01/13 21:08
名前: フランソワーズ@低浮上 ◆XTyQit91CM

海斗「わかったぁ……♪」

そのまま恭介の所へ行き

不幸、低確 ( No.196 )
日時: 2017/01/13 22:54
名前: 涼月@明日トリップ変更します ◆BWWGTZRmzA
参照: アッアッ剛くんんんんん

ーーー加賀憂香の場合ーーー
憂香「あら、意外ね」
北香「へえ……それでいいんだねぇ?っていうか地味に禊っち救済用のルール作ったのにあっさり切り捨てられるこの精神ね」
禊「『この責任は北香ちゃんが帰った時に脱いでくれるという解釈でいいのかな』」
北香「帰ったら覚えときなよ」
さて……どうしましょうか。
憂香「阿武隈ちゃん。何か欲しい物ある?」
阿武隈「え……あの……それ、じゃあ……あの……チョコレートの……美味しい作り方……教えて欲しいです」
那珂「乙女!もうこの子の勝ちでいいよ!」
北香「そうねぇ……あたしは……あ、そうだね。……あたしの事、北香様と呼んで崇めて貰うことにしよう」
いつもそれやってるじゃない……って。
憂香「北香ちゃん、あなたまさか……実弾で行くつもり?」
北香「え、当たり前でしょ?班長こそ、そんな木の弓使ってる暇あったらその閉まってるバレッタ使えば?」
……なるほどね。
完全に、実戦を想定してるって事かしら。
憂香「……北香ちゃん。実戦と違うんだから、殺したらだめよ」
北香「あたしも、そこら辺のリミッターは掛けれるよ」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。