二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



せっかくなんだから、ね? ( No.189 )
日時: 2017/01/10 23:04
名前: 涼月@明日トリップ変更します ◆eVf1G29mRc
参照: アッアッ剛くんんんんん

ーーー川内那珂の場合ーーー
禊「『なんだ。』『あの子もきっと美人だろうし』『裸エプロンとか考えてたんだけどなぁ』」
北香「Do you want to die?」
禊「『なんでもないってば』」
じゃあ、帰れるのかな……って思ったら。
北香「あ、そうだ。ねえ理緒っちたち。せっかくこんなにいい所があるんだし……」

北香「演習がてら、あたし達と戦ってみない?」
恵美「なっ、あんた何言って!?」
北香「ルールは簡単。タッグマッチ……2対2って行こうじゃないの。あたしらの中から2人、指名していいの。2人とも戦闘不能になった時点で勝負あり。あ、もちろん指名先は阿武隈っちとへっしー入れていいからね」
長谷部「へっしーって……貴様、そんな条件こいつらが飲むと思うか?」
北香「あ、じゃあ……負けた方は勝った方の言う事なんでも聞くって入れる?」
……それってもしかして。
禊「『素晴らしい!』『素晴らしいよ北香ちゃん!』『胸はないのに!』」
北香「Do you want to die?」
青葉「北香さんさっきからそればっかり言ってますよ」
……ええ。
那珂「えっと……理緒ちゃんたち。むりしてやらなくてもいいからね。最近みんな仕事なくて体が鈍ってるだけだし」
阿武隈「あたし的にはOKですよ」
長谷部「……下らんが、訓練でも容赦はしないぞ」
ええ鎮守府2人やる気満々なんだけど!
那珂「憂香さんもなんとか……」
憂香「ふふ、楽しそうね。私も入れてもらおうかしら」
ええええ……………
北香「さ、理緒っちどうする?」

演習場じゃない怖さ ( No.190 )
日時: 2017/01/12 22:40
名前: 涼月@明日トリップ変更します ◆eVf1G29mRc
参照: アッアッ剛くんんんんん

ーーー球磨川北香の場合ーーー
……さて。
あたしが怖いのは、2つ。
一つ目は、ここが演習場じゃない事だ。
演習場だったら、手加減無しでやれる。
開発部が作ったあの部屋は、戦闘終了後に傷は回復する。
だから、手加減しなくていい。
でも、ここは普通の場所だ。
あたしとか禊っちは手加減しないとうっかりやっちゃいそうな感じがする。
頑張んなきゃな……
次に、鎮守府2人。
へっしーは明らかに単細胞生物っぽいから大丈夫だけど……
阿武隈っちが問題だ。
まず無知。
まさか裸エプロン知らないとは思わなかったんだ……
でも、目は明らかに歴戦の勇者だ。
……実力が分からない。
それが怖い。
ま、あたしが負けるのはへっしーみたいな単細胞生物だけどね。
さて……あの子達はどうでる?

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.191 )
日時: 2017/01/13 20:45
名前: ユウリ

理緒side

理緒「わぁっ!いいですね!やりましょう!」
春気「勝った方の言うことは何でも聞く…ねぇ…。ニヤニヤ」

あ、やばい。
春気のS心が見え隠れしてる…。

春気「あ、でももしそっちが勝ったとしても、裸エプロンはやめてくださいね。うちの理緒ちゃんにそんな事させたらいくらルールでも怒りますよ。」

…まぁ、それに今、寒いしね。
裸エプロンなんかになったら死ぬ。
…あ、氷の吸血鬼だから私は大丈夫か!

理緒「じゃあ、北香さんと憂香さんでお願いします!」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.192 )
日時: 2017/01/13 20:53
名前: フランソワーズ@低浮上 ◆XTyQit91CM

ですな。皆ありがとう。


海斗「ねぇ春気ぃ。僕いる意味ある……?」

うるうるした目で上目遣い((

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.193 )
日時: 2017/06/22 21:21
名前: ユウリ

歩side

Rが戻ってきた。

R『ごめんなさい、無理だったわ。』
歩「そうか…。…R、もうあいつ等の前で魔法を使ってもいいんじゃないか?正体を現してもいいんじゃないか?お前が会いたがってた河野春気に会えたのだし…。」
R『…いいえ、まだよ。あの子が…春気が1人でも立派に戦えるって…1人前になったって分かってから、姿を見せようと思う。』
歩「そうか…。」

会いたがっていた人物に…好きな人物に攻撃されるのは辛いだろう…。
俺にもその気持ちは分かる…。

歩「無理するなよ、R。…嫌、○○。」
R『…ありがとう、歩。』

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。