二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.387 )
日時: 2018/04/17 07:10
名前: フランソワーズ

おけ!じゃあみゆりと春気絡ませてもらえるかな…?あと高校生なって忙しいからイン率下がるかも…!

一体どこの何ガメッシュ? ( No.388 )
日時: 2018/04/17 22:06
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA
参照: なんで推しキャラみんな死んでまうん

ーーー七浜信也の場合ーーー
信也「…………ええ、いいんじゃないでしょうか。あ、僕は要りません。携帯食で十分なので」
そういや二葉瑠衣ってお茶飲まないような──などと思った時。
“明らかに異質な音”が聞こえた。
信也「──は?」
敵襲か。
女性陣がいないというのに。
まさか。
急いで無線を取る。
いや、とろうとして。
あるひとつの可能性に気づいた。
信也「…………少し待っててください」

「ふふ…………ふははははは!!あーっはっはっは!!」
信也「…………お二人揃って何やってくれてるんだ」
優真「呼ばれて飛び出て」
瑠衣「じゃじゃじゃーんじゃっじゃっじゃっじゃーん」
信也「壁に穴空いてるんですけど。何やったんですか。宝具ですか。聖杯戦争始めるのか」
瑠衣「いやなんか優真が50連分の石を溶かしてるあいだにあたしはギル様を育ててたらなんか……できるようになっちゃった?」
信也「技の習得のスピードも尋常じゃないですね」
で、肝心の一城優真は。
優真「ぴょんぴょっこぴょーん。ゆっうまだぴょーん」
信也「…………」
瑠衣「…………」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.389 )
日時: 2018/04/17 23:38
名前: ユウリ
参照: 了解!

春気side


恭介「一おっせーなー…。何してんだろ?腹壊したか?」
春気「何でそう考えるの。そこは、何かあったんじゃないか心配するとこでしょ。」

今日は、理緒ちゃんが信也さんのところへ行って暇していたから、一君を理緒ちゃん家に連れてきて、恭介と一君と3人でババ抜きをしていた。
3戦中3連敗の恭介が駄々をこね、4回戦をやっていた途中に、一君が「買い忘れたものがあった」と言ってコンビニにいってから約1時間以上経ち、今に至る。
一君、どうしたんだろ。

ピーンポーン

突如、家のチャイムが鳴る。

恭介「一か!?」
春気「一君だったら、普通にドア開けて入ってくるでしょ。」

僕と恭介は、1階に降り、玄関のドアを開ける。

春気・恭介「「…誰?」」

ドアの前には、いかにもヤンキーっぽい金髪の女の子が立っていた。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.390 )
日時: 2018/04/17 23:44
名前: ユウリ
参照: 了解!

理緒side

理緒「分かりました。」

私は、いちごムースとカップラーメンを用意しようとした。
すると、普通の日常生活では聞かないような音が聞こえた。
私は、身構える。
しかし、信也さんが何かに気づいたみたいで、少し待っているとルイさんとユウマさんの姿が見えた。
どうやら、音の正体はルイさんが壁を破壊した時の音のようだ。
……ルイさん、凄いな。

理緒「ルイさん、ユウマさん、こんにちは!今から軽食を用意してくるので少し待っててください!」

私は、キッチンの方へ向かう。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.391 )
日時: 2018/04/18 00:15
名前: ユウリ
参照: 了解!

千秋side


珠麗彩『私の姿を見せるのはこれで初めてかしら?』
千秋「何で……薫…。」
珠麗彩『あ、お嬢ちゃん知らなかったかしらぁ?闇の覚醒した者の寿命が残り1分以下を切ってしまったら、元の姿に戻せたとしても寿命はそのままなのよ。』

そ、んな……。

珠麗彩『つぅまぁりぃ〜……最終的には私の勝利ってこと!!アッハハハッハハハハハハハッハハハハハハハハハハ!』
須藤「くっそ……!」

須藤さんは、地面に拳を叩きつける。

珠麗彩『これで薫も私と同じ地獄に落ちるはず……貴女のお兄ちゃんは私が楽しく遊ばせて貰うわね!フハハハハッ!』

薫を……助けられなかった…。

珠麗彩『でもね、次は貴女よお嬢ちゃん。兄妹まとめて私の玩具にしてあげるから、せいぜい早死にすることね。ハハハッハハハハハハハハハハ!!』

何で……もっと早ければ…!

珠麗彩『じゃあ、地獄でお兄ちゃんと一緒に待ってるわね、千秋ちゃん。』

珠麗彩は、高笑いをしながら消えていった。

須藤「千秋……。」
千秋「私が…もっと早く覚醒出来ていればこんな事には…!あ、そうだ!」

私には、死者を生き返らせる事の出来る魔法を持っていたはず。
前に、薫が撃たれて死んだ時も、この魔法を使って生き返らせた。
だったら…

千秋「リライフ!」

私は、全魔力を使って唱える。
しかし、リライフは効かなかった。

千秋「ど……うして…?」

私は、その場に座り込んだ。
…あ。
私は、魔法書に書かれていた事を思い出した。

『リライフは、1度その魔法によって生き返らせた者に繰り返し使うことは不可能である。』

薫に1度使ってしまったから効かないってこと…?
そんな…。
私の両目から、ポロポロと涙が零れ落ちた。

千秋「薫……!助けてあげられなくて…ごめんね…!」

私は、薫の遺体に縋り付いて泣いた。

須藤「……!千秋、これポケットから落としたぞ。」

須藤さんは、私にビー玉ぐらいの大きさの虹色に輝く玉を見せた。

千秋「…これ……!」
須藤「すまない、今言う事では無いのだが気になって…。」
千秋「いえ、須藤さんありがとうございます!むしろ助かりました!」

これは、部屋の木箱の中にあったお母さんから貰った大切な玉。
部屋に置いてきたはずだけど……何かの拍子にポケットの中に入っちゃったのかも。
思い出した今なら、お母さんがどういうときに使えって言ったのか分かる。
『自分の1番叶えたいことを叶えたい時』
お義父さんは推測で『大事な時』って言っていたけれど、あながち間違ってはいなかった。
この玉の中には、お母さんの膨大な魔力が蓄積されている。
私が今1番叶えたいことを……叶えてくれるかな…?
私は、その玉をギュッと握り締めた。

千秋「お母さんお願い!!私が代わりに死んだっていい!!だから……だから!薫を生き返らせて!!!」

私は、喉が壊れそうなくらい叫んだ。
すると、玉の光はだんだん明るくなっていき、その光は空へと上っていった。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。