二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.384 )
日時: 2018/04/16 07:15
名前: フランソワーズ

ありがとう!みゆりはどういう感じで理緒たちとかに絡ませるといい?

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.385 )
日時: 2018/04/16 22:31
名前: ユウリ
参照: う〜ん…。道端で偶然会うか、ZARDの仲間になるために理緒の家に直接行くとかかな。

理緒side

減ってる…!?
羨ましい…。
私の体重をルイさんにプレゼントしたい…。

理緒「じゃあ、いちごムースとカップラーメンかな。飲み物は…紅茶とお茶っと。信也さんは何かいります?お腹空いてないのならいいんですが…。」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.386 )
日時: 2018/04/16 23:39
名前: ユウリ
参照: 覚醒時の千秋の瞳は黄色です。

千秋side

白銀の髪に、外は黒、中が白の羽。
羽の先には、小さな光の渦がある。
そして、体中から溢れてくる魔力。

千秋「覚醒……出来た…!」
珠麗彩『何だと…!?…ふん、まぁいいわ。どんな魔法も闇魔法の力には屈するのよ!薫、やってしまいなさい!』
薫「アァアアアアアアァァァ………アァァアァアアアアアァアァアアア!!」

薫は、今までより大きな魔法を使ってきた。

千秋「シャイニング!!」

私は、薫の魔法を魔法で打ち消した。

須藤「凄い……先ほどまでの魔法とは比べ物にならない…。」

千秋「シャイニー・エナジー!」

私は、薫に光の光線を浴びせる。
薫もすぐに反撃するが、僅差で私の魔法が勝り、薫に大きな攻撃を食らわせることができた。

薫「グハッ!」
珠麗彩『は、はぁ…?何で、何であんたなんかの光魔法で闇魔法に…!!こんなの、何かの間違いよ!』
千秋「珠麗彩さん、魔法なんかより、もっと強いものがあります。…それが何だかご存知ですか?」
珠麗彩『そんなものある訳ないでしょう!!!』
千秋「『想い』です。人に対する強い『想い』が、自分の強大な力となり、魔法も…それ以上のものも覆すのです。」
珠麗彩『は?そんな綺麗事が通用する訳ないでしょう!!所詮世の中では圧倒的な力や武力が無いと生きていけないのよ!!気持ちや感情が力になる?ハッ、ばっかばかしいわぁ!!』
千秋「…可愛そうな人ね。」
珠麗彩『はぁ!?このクソアマ…!』
千秋「今から見せてあげます。『想い』の力を。」

私は、全身に力を込めた。
昔、お母さんが使っていた極大魔法…。
思い出した今なら使えるはず。

千秋「…ホーリー・レイ!!」

私の周りから、無数の魔方陣が出てくる。
そこから、光と弾幕が薫に向かっていく。
薫は、私に対抗し、闇魔法をどんどんと出していく。
しかし、数も威力もこちらの方が上で、薫は押されていった。

珠麗彩『…チッ!この役立たずがぁ!!!魔力が足りないなら自分の寿命をもっと多く削って大きくすりゃいいだろうがぁ!!そんなんだからお前の周りには味方なんて1人もいねぇんだ!!さっさとこいつら殺してお前もさっさと死ねやカスが!!!ぼっちのてめぇには死の世界で私の玩具になるのがお似合いなんだよ!!』
薫「…!アアアアアアアァァァァアアアアアァァァアァアァァアァアアアアアアアアア!!!」

珠麗彩さんの罵倒を聞いた薫は、苦しみながら自身の魔法の力を大きくしていった。
薫の頭と目と鼻と耳と口からは血が流れでていた。

千秋「…なんてことを!!」
珠麗彩『なんとでも言え!!勝つ為なら手段なんか選ばない!使える『もの』を使っただけだ!!』

薫が今のようになったのにも納得がいく。
こんな人と一緒に暮らしていたなんて……苦しかっただろうに…。
それにしても、この状況をどうしよう…。
薫の力は圧倒的に強くなっている…私の魔法は残念だけど押されている。
どうすれば…。
その時、薫の足元から小さな竜巻が出てきた。
薫は、その竜巻に気をとられ、一瞬だけ魔法の力を緩めた。
私は、その一瞬の間に自分の力を最大限に引き出して薫に攻撃することに成功した。

千秋「…須藤さん、ありがとうございます!」

竜巻を出したのは、須藤さんだった。

須藤「礼には及ばない。」
珠麗彩『ガキが余計な事を……!!!』

薫は、体力的に限界が近づいてそうだった。
今ならいけるかもしれない。
私は、もう1度自分の全身に力を込めた。

珠麗彩『何してんだ薫ぅぅぅ!!!さっさと攻撃しろやぁぁぁぁぁああ!!!』

そう言われ、薫の体はピクッと動き、薫は立ち上がった。
須藤さんは、薫が攻撃を開始する前に攻撃をしようとした。
しかし…

珠麗彩『…何してんだテメェェェ!!!』

薫は、大きく手を広げていた。
まるで、『攻撃してこい』と言わんばかりに。

薫「は…………やく……!!」
珠麗彩『っざけんなボケがぁぁぁぁぁぁああ!!!さっさとあいつらを殺れやぁあぁぁぁぁぁあぁ!!!』

薫の正気が戻ったみたい。
…薫、ありがとう。

千秋「ピュア・フィーリング!!!!」

私がそう唱えると、薫の周りを浄化魔法の優しい光が覆った。
すると、薫の顔のタトゥーは消え、元の薫の姿へと戻っていく。

珠麗彩『あぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁあああああああああ!!あづいいぃぃぃいいいいいいいいいいぃぃぃいいいいいいい!!!』

珠麗彩さんの苦しそうな声が消えていくと共に、魔法は消え、薫はその場に倒れた。

千秋「薫、薫!大丈夫!?」

私と須藤さんは、薫にかけよった。

薫「ち………あき…。」
千秋「薫!」
薫「つよく……なったな…。」

薫は、私に微笑む。












































そして次の瞬間、薫は動かなくなった。

千秋「…え?」

薫は、息をしていなかった。

千秋「かお…る……?」

どうして……寿命が途切れる前に助けたら寿命は元に戻るんじゃ…。

珠麗彩『っあはははははははははははははははははははははははははは!!!!』

薫の頭部の傍に立っている、黒い女性の人影……いや、霊として薫の体から出てきた珠麗彩さんが高笑いをしていた。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.387 )
日時: 2018/04/17 07:10
名前: フランソワーズ

おけ!じゃあみゆりと春気絡ませてもらえるかな…?あと高校生なって忙しいからイン率下がるかも…!

一体どこの何ガメッシュ? ( No.388 )
日時: 2018/04/17 22:06
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA
参照: なんで推しキャラみんな死んでまうん

ーーー七浜信也の場合ーーー
信也「…………ええ、いいんじゃないでしょうか。あ、僕は要りません。携帯食で十分なので」
そういや二葉瑠衣ってお茶飲まないような──などと思った時。
“明らかに異質な音”が聞こえた。
信也「──は?」
敵襲か。
女性陣がいないというのに。
まさか。
急いで無線を取る。
いや、とろうとして。
あるひとつの可能性に気づいた。
信也「…………少し待っててください」

「ふふ…………ふははははは!!あーっはっはっは!!」
信也「…………お二人揃って何やってくれてるんだ」
優真「呼ばれて飛び出て」
瑠衣「じゃじゃじゃーんじゃっじゃっじゃっじゃーん」
信也「壁に穴空いてるんですけど。何やったんですか。宝具ですか。聖杯戦争始めるのか」
瑠衣「いやなんか優真が50連分の石を溶かしてるあいだにあたしはギル様を育ててたらなんか……できるようになっちゃった?」
信也「技の習得のスピードも尋常じゃないですね」
で、肝心の一城優真は。
優真「ぴょんぴょっこぴょーん。ゆっうまだぴょーん」
信也「…………」
瑠衣「…………」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。