二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.162 )
日時: 2016/12/18 22:52
名前: ユウリ

涼月

>>160凄いな…。色々と…。


理緒side

理緒「はい。また、こちらにも遊びに来てくださいね。」

そう言って、見送る。

恭介「兄ちゃん、これで少しは分かったのかな…。今のままじゃ、いけないんだって。」

…そうだね。
凛々…いや、幽人がこっち側についた事で、少しは分かってもらえるといいんだけど…。

恭介「この調子で、どんどん仲間をこっち側に…。ウヒヒヒヒ…。」
理緒「笑い方!なんか怖いよ!」
悠馬「やるぜ、敵の仲間殲滅!!」
理緒「もはや、こっちが悪役になってきてるんだけど!?」

これだから馬鹿2人は…。
…あ、そういえば。

理緒「ねぇ、春気。」
春気「何?デート?」
理緒「ちちち違うって!そうじゃなくて、尚人お兄ちゃん側に、春気の知り合いがいたんだけど…。」
春気「僕の知り合い?」
理緒「うん。深緑のフードコートを着てて、声はボイスチェンジャーで隠してた。女の人だった。…胸の方を見る限り。」
春気「そんな怪しげな人知らないよ…。顔は見てないの?」
理緒「フードで隠れてた。」
春気「ふーん…。今度、会ってみたいな…。」

あの人、また来ないかな…。

海上突入隊、抜錨 ( No.163 )
日時: 2016/12/19 19:09
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

ーーーユウマの場合ーーー
夜遅く。
眠れなかった俺は艤装に修復剤を流し込んでいた。
──そろそろ来るだろうな。
案の定、扉は叩かれた。
ユウマ「あい」
ユキエ「ユウマ、大丈夫?」
ユウマ「出撃か?」
ユキエ「よくお分かりで」
だろうな、と艤装を解除してしまう。
ユウマ「あれ、二人は寝てんのか?」
ルイ「だーれが寝るんじゃボケ」
マヤ「ユウマが最後だよ」
だろうな、と起き上がる。
ユウマ「で、もちろん艤装は?」
ルイ「こんなになるまでこき使いやがって」
ユキエ「カチッ」
マヤ「やったなっ!」



もう警察だとかもいない、海に出る。
波が静かに立つ。
そして、霧が広がる。
白く、白く。
さあ、帰ってこれるかな。




数時間前、政府にて

ーーー川内那珂の場合ーーー
那珂「たっだいまっ!3年班のアイドル、那珂ちゃんだっよーっ☆きゃはっ!」
恵美「ウザさ増し増し」
那珂「うっわーん、恵美ちゃんひっどいよぉっ」
禊「『那珂ちゃん可愛いからね、仕方ないね』」
那珂「ん?皆、なに資料見てるのー?」
北香「歩っちたちについてさぁ、なんかないかなっておもって資料室からファイルばっさー」
……それっていい事なの?那珂ちゃん分かんない。
青葉「あ、これおいひいへふね」
那珂「青葉ちゃん……食べ終わってから話して」
はぁ……那珂ちゃん、本当に苦労人っ☆

愛する者は救われる ( No.164 )
日時: 2016/12/21 23:01
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

ーーー七浜信也の場合ーーー
僕は、人間が好きだ。
それは何も今始まったことではない。
ずっと前から、うんと前から。
『恋』などには興味を示さず、
『愛』することだけに執着していた。
平等に、愛していた。
今日、これをまた認識したのだ。
戦う理由を聞き、微笑んで去ること。
自分の敵である者を庇うこと。
傷ついた敵を治療すること。
──嗚呼!人間はなんて面白いんだ。
そう、心から思えたんだ。
黒風歩はいった。
『金と欲と自己満の為にしか働かない差別が激しく愚かで野蛮でゲスな連中。それの何処が好きになれるのか、俺には全く分からない』
ああ、それならそれでいいんだ。
俺は別に、人間が嫌いな人間を嫌いになることはない。
嫌う人間だっている。
──それがどうした。
だったら、俺はそんな奴の何倍も、何十倍もの愛をもって。
人間を、愛そう。
そして、証明するんだ。
黒風歩の前で。
愛は、勝つんだって。
愛を信じれば、救われるんだって。
メガネを外す。
笑う。
嗤う。
ただ、呵う。
「愛する者は、救われるんですよ」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.165 )
日時: 2017/06/22 21:15
名前: ユウリ

玻璃英side

今日の歩様は、いつにもなく元気がない。
それに、凛々の姿も見かけないし…。

玻璃英「ねぇ、歩様どうしたの?」
薫「凛々が裏切ったからじゃないの?」
玻璃英「裏切ったって…?」
薫「ようは、ZARD側についたってこと。」

…!
ZARD側に…!?
あいつは人間だから、少しあいつ等に情が移ったとか?
私は、歩様の前に行く。

玻璃英「歩様、凛々を説得させて、連れ戻してきます!」
歩「いい。…あいつの決めたことだ。好きにやらせておけばいい。」
玻璃英「歩様…。」

歩様は本当に優しいお方。
そんな彼を裏切るなんて、どうかしてる。

歩「…R。」
R『なーに?』
歩「今回はお前が行け。」
R『了解。』
玻璃英「ならば私も…(歩「玻璃英、お前はいい。」しかし、歩様!」
歩「頼む。…今日は、俺の側に居てくれ。」
玻璃英「…わかりました。」

歩様は、私が凛々を懲らしめようとしているのに気付き、あえて庇っているのだろうか。
それとも、私を戦闘に出させたくないから…傷つけたくないから…?
…なーんて、歩様に限って、それはないだろう。
だって歩様は、私には興味が無いのだろうから。
私を見る時も、私では無く、恐らく理緒を見ているんだろう。
私の事なんて…見てくれてないんだろうから。

暁に踊れっ!/不運と踊る ( No.166 )
日時: 2016/12/24 15:10
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

ーーー川内夜華の場合ーーー
さてさて、大っ嫌いな朝がやって参りました。
ああ嫌だよぉ、と神音に引き摺られて海に行く。
既に自衛隊っぽい人が護衛艦を派遣したようだ。
──無駄なのになぁ。
神音「……大丈夫ですかね」
信也「大丈夫ですよ。……あの人達は、腐っても人間だ」
夜華「あんた人間に対する信頼おかしいよね」
信也「人間を愛するから、ですよ。例え愛妻家でも、レズでも、ひじきでも、マヤでも」
神音「マヤさんは人間じゃなくてマヤだと思います」
と、突然前の連中がざわつく。
なんだろう、と私は望遠鏡を取り出して海の方を見る。
夜華「……あっ!」
見えたのは、水上を滑る四つの影。
あいつらだ。
重そうな偽装を背負う、愛妻家。
笑顔でハイタッチする、レズとマヤ。
そして、落ち着いた表情でこちらを見据える、ひじき。
ユウマ「ご迷惑おかけしました、艦隊、ただいま帰投しました」
歓声が湧き上がる。
……たまげた、大成功か。

夜華「お疲れ。……なんかさ、ユキエとマヤ、顔変わった?」
ユキエ「……そうですか?」

話を聞くと、色々大変だったらしい。
ユキエの判断で、霧が出た時に出撃。
けど敵艦の奇襲。
それをマヤが庇ったけど潜水艦に捕らわれたり、なんだり。

ルイ「あの、えっと……日向ちゃん……大丈夫ですか?」
神音「今から私たちも行くところだったんです。一緒に行きましょうか」
しかし、この後私たちは予想外の展開に遭遇することとなる。

ーーールイの場合ーーー
病室をノックして、開ける。
ルイ「日向ー!来たよ!」
夜華「ロリコーン、メロン持ってきたよー」
ところが、そこに居たのは鴇夜さんだけ。
マヤ「ん?」
ユウマ「あ?」
ルイ「あれ?……鴇夜さん、日向は?」
鴇夜「……ああ、その……な……」
話を、された。
何を話されたかは覚えていない。
ただ、それを聞いた私は。
ルイ「……冗談、やめてくださいよ」
それだけ言って、外に出た。

……嘘だ、嘘だ。
あんなに元気だったのに。
笑ってたのに。
久々に会えたのに。
なんで、急に。
なんでこうなんのよ。
晴れた空を見上げて、自嘲気味に笑う。
ルイ「信じても救われない……こともあるんだねぇ」
朝の太陽は、やけにまぶしかった。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。