二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



問う、病 ( No.159 )
日時: 2016/12/12 22:57
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

ーーー霧谷鴇夜の場合ーーー
ベッドの中、俺は傷を気にせず彼女に話した。
鴇夜「……えっと、確認するな。君が、瑞雲日向……で、いいのか?」
日向「……はい。えっと……父さんの、友人の……霧谷さんですよね」
鴇夜「正解だ。……もしかすると、俺がどういう人間かは知ってる口か?」
日向「……政府の人ですよね」
鴇夜「……ああ」
日向「……そんな人がここに居るってことは……なにか……」
……畜生。
やっぱり……こいつなのかよ。
信じたくねえけど……
『戦艦・日向』の艤装適正者は……
鴇夜「……あんたの友達。二葉瑠衣ってんだよな」
日向「瑠衣ちゃん……?あの……知り合い、なんですか?」
……繋がってきやがる。
くそ……意識さえ失わなければこんなこと話す必要……
日向「霧谷さん。……教えてください。瑠衣ちゃんは……一体、どんな仕事を──」
鴇夜「……どんな事実でも、受け入れるか?」
彼女は、一瞬口を閉じる。
しかし、すぐに。
何のためらいもなく──
日向「……はい」

俺は、話した。
ルイの仕事を。
あの7月22日から動き始めたあいつらの真実を。
そして、『戦艦・日向』のこと以外の……
艤装適正者について。
日向「……ありがとうございます」
鴇夜「……それで、俺が話に来たのは……艤装適正者についてだ」
日向「……」
鴇夜「あんたは……多分、艤装適正者の1人だ。望むなら、桜野で……ルイたちと同じ仕事ができるようになる」
日向「だったら……」
鴇夜「なあ日向。お前は……ルイが大事か?」
日向「もちろん、大事です。だから……」
鴇夜「……お前の選択が、ルイを傷つけるかもしれないぞ」
……沈黙。
わりい、ルイ。
お前の気持ちは知らねえ。
日向「……だったら……どうしたら、いいんですか?」
鴇夜「すぐに選ぶ必要はねえ。……ゆっくり考えて、友達を大事にしろ」
日向「はい。…………あの、ありがとうございます」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.160 )
日時: 2016/12/14 22:34
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: https://m.youtube.com/watch?v=8_x2tIUk8zQ

【番外/鎮守府ズで残響ノ鎮魂歌、キネマ106さん雑談】

※無駄に長いです

──12月2日夕方、メロンブックスにてキネマ106の6thシングル『残響ノ鎮魂歌』発表。ジャケットが響とВерныйのリバーシブル。この時点でВерный曲が収録確定。

Верный「……提督、この場合キネマ106曲のイメージはどうなるんだい?」
ユキエ「えっと、これВерныйちゃんが二巡目入るんだね?」
マヤ「真面目2つは初じゃね?うちとユキエみたいにネタ+真面目はあったけど」
日向「ルイは含まないのか」
ユウマ「いやウタウオトリはあくまで日向メインですしお寿司……いや、ネタ+真面目に入るのか?」
ルイ「イロトウアツといえイロトウアツと。あとレズビアンをネタとはなんだ」
一期「あの……これ、詳細がない以上羽黒殿の曲が入る可能性もあるのですよね?」
鶴丸「そうなるな……そしたらネタ+真面目2の可能性が高いよな」
鶯丸「すまん突っ込ませてもらってもいいか。なぜ真面目よりネタが先に来るんだ」
厚「……ドレミゴール」
!!
御手杵「おい厚……今なんつった」
厚「ドレミゴールは……どうなんだよ」
羽黒「厚さん……それは……」

ユウマ「待った待ったそんな展開じゃなかったはずだ、台本読み直せ」
ルイ「いやでもレズビアンはネタじゃないからレズだから」
ユウマ「哲学かな???」
マヤ「とりあえずこれでВерныйは二周確定だな」
ユキエ「うん……それはいいんだけどさ」
ユキエ「作者は深淵と火焔ノ水彩の替え歌予定どうなってるの!?」
鶴丸「なんかな、深淵は歩とかいい感じに合いそうなのあったしKiga-Aとか闇堕ちネタ使いたい言ってたけどレンドエンズと極彩ト花束が誰に合うかわからなくて詰まってる。あと作者は自キャラの替え歌しか作成できない」
鶯丸「なぜだ」
鶴丸「罪悪感。自分の解釈で自分の替え歌で良いのかという罪悪感」
一期「火焔ノ水彩は新キャラ殿を入れるのと水奏と狂イ咲ク桜が決まらないからと言っていましたな。あと自キャラの替え歌しか作成できません」
厚「うん……じゃあそうだ。自キャラのとこで決まってるやつだけ見せて」


銃爆→Верный
不滅の激情→御手杵
ナイトメアーパーティー→禊
蜻蛉羽→鴇夜
陽の光あびて揺らめき立つ陽炎のように→青葉
ほっぺぷにぷに→北香
まっくろな雨→憂香
銃爽→一期

御手杵「主人公を二曲目にする度胸」
一期「私を大トリにする度胸」
Верный「北香さんをほっぺぷにぷにと言う度胸」

深淵
そんなものはない!

日向「誰も自キャラじゃないのか、意外だな」

雪月花
ドレミゴール→厚
フライアウェイ→那珂
冒涜と賛美の輪舞曲→ユウマ
イロトウアツ→日向
夜の蜃気楼→鶯丸
クレイジーサイコレズビアン→ルイ
ながれぼし→羽黒

鶴丸「トリプルデートで俺だけハブられる」
ユウマ「俺は羽黒と離される」
ルイ「そして泣ける曲の間に挟まれるレズ」

四号文書
天蓋を刻め→マヤ
N・M・W→鶴丸
鋼鉄劇役者哀歌 -ろりこん-→鴇夜
鋼鉄劇役者哀歌 -ずいうん-→日向
鋼鉄病役者哀歌 -こううん-→憂香
鋼鉄病役者哀歌 -ひじきん-→ユキエ
鋼鉄欲役者哀歌 -さくせん-→恵美
鋼鉄欲役者哀歌 -はぐろん-→羽黒
鋼鉄劇役者哀歌 -まやさん-→マヤ
ドレミゴール -KUSOMETALver-→厚

ユキエ「マヤに挟まれた」
羽黒「これは、オセロ的には」
鶴丸「俺達はマヤになる」

火焔ノ水彩
烈花の翠緑→恵美
明日への境界線→ユキエ
ベリィレディ→(新キャラ)
カゾヱウタ→信也
遠し雨→神音

ユキエ「エッ、ヤダアタシダケ!?」
ルイ「マア、ワタシテキニハキニイッテタンデスケドネ。シュホーヲカンソーシマシター。ハイィー」
ユウマ「ホーラネ、ソコニイタデショ」
マヤ「やめろ脳が阿武隈になる」

Верный「ちなみに作者、艦あには考えているんだろうか」
鶴丸「一応脳内イメージは出来上がってるらしい」
Верный「ほう」
鶴丸「特にクレイジーサイコ(ryは」
ルイ「サビの演出かっこいいじゃん!」

クレイジーサイコレズビアンのサビとは
YoutubeなどのクレイジーサイコレズビアンMV(URL)を見ていただければ分かる通り、サビは天龍田や赤賀、とねちくを初めとするガチレズCPカタログとなっているのだがアニメーション担当の厨房ちゃうよ氏の技術も極まって『無駄にかっこいい』。しんじられるか?これ素人が作ったMVなんだぜ……?
基本的にはレズが動き、愛される側が後ろにカットインするという演出。
なおサビ以外は大井担当のルイに北上担当の日向が振り回されるだけの妄想。

一応脳内PVの配役は以下の通り(PV登場順に記載、基本的に男女CP、一部例外あり)。
1番
比叡、金剛→ユウマ、羽黒 (ねえ For 凛 Love Low 倫 heart)
龍田、天龍→禊、北香(溢れ出るの 「強引!!前へ!!」)
まるゆ、木曾→理緒、春気(二人いれば)
筑摩、利根→一期、Верный(もう何も怖くないわ!)
不知火、陽炎→厚、那珂(For 凛 Love Low 倫 heart)
鈴谷、熊野→華世、誠司(溢れ出るの「強引!!前へ!!」)
陸奥、長門→青葉、鴇夜(もう 誰も to my love!Let’s night!)
千代田、千歳→美亜、悠馬(止まらないわ!)

2番
山城、扶桑→海斗、蒼(ほら homing love 強引 ハート)
U-511(呂500)、伊58→凛々、凛(迸るの「強引!!前へ!!」)
プリンツ、ビスマルク→玻璃英、歩(いつもいつでも)
加賀、赤城→恵美、御手杵(もっとちょうだい!足りないの!)
三隈、最上→赤音、松本(homing love 強引 ハート)
夕張、五月雨→一、千秋(迸るの「強引!!前へ!!」)
葛城、瑞鶴→鶴丸、ルイ(もう 誰も to my love!Let’s night!)
阿武隈、北上→鶯丸、日向(止まらないわ!)

一期「待ちなさい……待ちなさい。えっと、この山城殿と扶桑殿の配役はどういうことですかな?」
ルイ「認めたくないけどCPやろ?しゃーないやろ?」
Верный「一期は完全にあの演出で決めただろ」
マヤ「ちくま大明神」
ユウマ「誰だいまの」
ユキエ「っていうか玻璃英ちゃんはナツくんじゃないの?」
鶴丸「いやこれポジ的には歩らしいぜ」
厚「俺不知火ポジか、意外だ」
Верный「подождите、厚……キミ。残響ノ鎮魂歌と同時発売の艦あにの収録曲は──」
厚「……お前みたいな察しのいい駆逐艦は嫌いだよ」
このあとメチャクチャ乱闘した

──キネマ106 6thCD『残響ノ鎮魂歌』、『艦あに vol.5 ドレミゴール』コミケ91にて販売予定!(メロンブックスでも予約受付中だよ)
『銃』『深淵』『雪月花』『四号文書(艦あに vol.3 クレイジーサイコレズビアン同梱)』『火炎ノ水彩』、『艦あに vol.1〜vol.4』はメロンブックスに委託中!

ナンセンス ( No.161 )
日時: 2016/12/15 23:02
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

ーーー鶴丸国永の場合ーーー
鶴丸「じゃ、俺達も帰ったらルイたちがいない分の雑務やんなきゃいけねえから帰るな」
日向「……ふむ。しかし鶴丸、邪魔した詫びにこのTシャツを……」
鶴丸「いや、え?」
おい真面目かよ日向。
なんでこんなダサいデザインのTシャツ詫びにやんなきゃなんないんだよ!
いらねえから!
鶴丸「あー、わかった。今度な?な?」
日向「……そうだな。ふふ、じゃあまた炭をすらなければな」
頼むから日向、明日には忘れてくれ。
俺もいらねえよこんなダサいデザイン。
鶯丸「またいつでも遊びに来い、茶ならいれてやる」
御手杵「俺もなんか縫い物してやっからな!」
……女子力の塊かよお前ら。
鶴丸「じゃあな。今日は結構楽しかったぜ」
さて、後は……
ルイたちの帰りを待つだけだ。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.162 )
日時: 2016/12/18 22:52
名前: ユウリ

涼月

>>160凄いな…。色々と…。


理緒side

理緒「はい。また、こちらにも遊びに来てくださいね。」

そう言って、見送る。

恭介「兄ちゃん、これで少しは分かったのかな…。今のままじゃ、いけないんだって。」

…そうだね。
凛々…いや、幽人がこっち側についた事で、少しは分かってもらえるといいんだけど…。

恭介「この調子で、どんどん仲間をこっち側に…。ウヒヒヒヒ…。」
理緒「笑い方!なんか怖いよ!」
悠馬「やるぜ、敵の仲間殲滅!!」
理緒「もはや、こっちが悪役になってきてるんだけど!?」

これだから馬鹿2人は…。
…あ、そういえば。

理緒「ねぇ、春気。」
春気「何?デート?」
理緒「ちちち違うって!そうじゃなくて、尚人お兄ちゃん側に、春気の知り合いがいたんだけど…。」
春気「僕の知り合い?」
理緒「うん。深緑のフードコートを着てて、声はボイスチェンジャーで隠してた。女の人だった。…胸の方を見る限り。」
春気「そんな怪しげな人知らないよ…。顔は見てないの?」
理緒「フードで隠れてた。」
春気「ふーん…。今度、会ってみたいな…。」

あの人、また来ないかな…。

海上突入隊、抜錨 ( No.163 )
日時: 2016/12/19 19:09
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

ーーーユウマの場合ーーー
夜遅く。
眠れなかった俺は艤装に修復剤を流し込んでいた。
──そろそろ来るだろうな。
案の定、扉は叩かれた。
ユウマ「あい」
ユキエ「ユウマ、大丈夫?」
ユウマ「出撃か?」
ユキエ「よくお分かりで」
だろうな、と艤装を解除してしまう。
ユウマ「あれ、二人は寝てんのか?」
ルイ「だーれが寝るんじゃボケ」
マヤ「ユウマが最後だよ」
だろうな、と起き上がる。
ユウマ「で、もちろん艤装は?」
ルイ「こんなになるまでこき使いやがって」
ユキエ「カチッ」
マヤ「やったなっ!」



もう警察だとかもいない、海に出る。
波が静かに立つ。
そして、霧が広がる。
白く、白く。
さあ、帰ってこれるかな。




数時間前、政府にて

ーーー川内那珂の場合ーーー
那珂「たっだいまっ!3年班のアイドル、那珂ちゃんだっよーっ☆きゃはっ!」
恵美「ウザさ増し増し」
那珂「うっわーん、恵美ちゃんひっどいよぉっ」
禊「『那珂ちゃん可愛いからね、仕方ないね』」
那珂「ん?皆、なに資料見てるのー?」
北香「歩っちたちについてさぁ、なんかないかなっておもって資料室からファイルばっさー」
……それっていい事なの?那珂ちゃん分かんない。
青葉「あ、これおいひいへふね」
那珂「青葉ちゃん……食べ終わってから話して」
はぁ……那珂ちゃん、本当に苦労人っ☆

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。