二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



2人でレッツゴー、なお相性は最悪 ( No.149 )
日時: 2016/12/03 20:58
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 鶯丸は歌わないんですか!?!?

ーーー加賀恵美の場合ーーー
恵美「禊さん、やっぱりおかしいわよ」
禊「『だからクレーンキャッチャーの難易度設定は知らないって』」
恵美「いや違うわよ。ほら、いつも政府前に止まってる頭おかしいワゴン車がないじゃない?」
禊「『わあほんとだ』」
恵美「……さて、残業よ禊さん」
禊「『え、僕も?』」
恵美「あたしの隣にいるやつは残業確定」

恵美「あのね」
禊「『なにさ』」
恵美「なんでここ?」
来たのは理緒ちゃんの家。
絶対来たかっただけでしょ。
禊「『いや、ものは試しって言うじゃん?』『鴇夜くんならロリコンだしいてもおかしくないんじゃない?』」
恵美「あー、それはある」
禊「『押すよ?』」
ピンポン、という音。
恵美「すみません、加賀恵美ですけど。うちのロリコン来てませんか?」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.150 )
日時: 2016/12/05 00:35
名前: ユウリ

薫side

あの馬鹿!
人間の女庇った上にZARD側につくだと?
何が正しい道だ、ふざけんな!
綺麗事ばかり並べて…。

鴇夜「ああ、わりいけど……あっちも終わってきてるみたいだし、1度降参……してもいいよな」
神音「……と、申していますが薫さん」
薫「…勝手にしろ。」

苛立ちさえする。
凛々…後で後悔しても、俺は知らないよ。
絶望を、味わえばいい。
俺は、部屋に戻る。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.151 )
日時: 2016/12/05 00:54
名前: ユウリ

理緒side

ピンポン

ん?誰だろ。
私は、1階に降りて玄関のドアを開ける。

恵美「すみません、加賀恵美ですけど。うちのロリコン来てませんか?」

…ロリコン?
誰だ。

春気「あ、もしかして鴇夜さんの事じゃない?」
理緒「は、春気!?いつの間に!?」
春気「気になって降りてきた。あっちは、華世ちゃんと恭介に任せてるから大丈夫。…あ、それより、鴇夜さんは来てませんよ。」

急にどうしたんだろ、恵美さん。
もしや、行方不明とか?
そう思った矢先。

悠馬「ただいま!」
日向「お邪魔します。」
理緒「どうぞ。って悠馬、ボロボロじゃん!?日向さんも、凛々おぶってるし、鶴丸さんに至っては半裸…!?一体何があったの?」
悠馬「それは後で!とりあえず、千秋呼べ!」
理緒「う、うん…。」

私は、千秋ちゃんに電話をかける。

理緒「もしもし千秋ちゃん?大至急でここに来てくれない?今、一大事らしいの。」
千秋『うん、わかった。』

そう言って、電話は切れる。

千秋「どうしたの?」

うわ、早っ!
…まぁ、瞬間移動魔法使ったんだろうからだと思うけど。

悠馬「千秋、こいつに回復魔法をかけてやってくれ!日向、そこのイスに凛々を座らせといてくれ!」
日向「わかった。」

日向さんは、イスに凛々を座らせる。
見てなかったからわからなかったけど、酷い傷…。
一体だれが…。

千秋「分かりました。私の力で頑張ってみます!」

そう言って、千秋ちゃんは回復魔法をかける。

恵美「あ、君、うちのロリコン見てませんか?」
悠馬「鴇夜なら、さっきぶっ倒れてワゴンに乗せられてた。確か、海色町がどーのこーのって…。」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.152 )
日時: 2016/12/05 01:25
名前: ユウリ

凛々side

ここは…?
暗いところ…。

忍「……凛々……貴方は、正しい道を選んだのですね」

あいつは…。

凛々「ユーゼ・ブレイク・ガルシア?ここは何処だ?」
忍「ここは貴方の意識の中。」

僕の意識?
そういえば、さっき倒れたんだっけ…。

凛々「僕、ちゃんと歩様を導けるかな…?」

正直、不安だ。
今まで、助けられてばかりだったから、人を導けるか心配だ。
…でも、やると決めたからには全力でやろう!

忍「今の貴方なら出来ます。」
凛々「…ありがとう。そう言ってくれると助かるよ。」

ーー

千秋「あ、目が覚めましたか?傷はもう治らせたので大丈夫ですよ。」

あれ…?
ここ何処…?

理緒「ここは私の家。…それよりあの酷い傷どうしたの?」

…まずはこの人達に謝らないといけないな…。

凛々「ZARDの皆さん、今まですいませんでした。」

僕は、頭をさげる。

理緒「ど、どうしたの急に?とりあえず、顔を上げて。」
凛々「実は、カクカクシカジカで…。」
理緒「なるほど…つまり、もう敵対はしないのね。そして、お兄ちゃんを正しい道に導いてくれると…。」
凛々「はい。導けるかは分かりませんが、全力でやろうと思います。」
理緒「ふーん…。じゃあさ、ZARDに入りなよ!」

え!?

凛々「え、でもZARDの皆に色々と迷惑をかけたし…。」
理緒「もう敵対はしないし、見たところ反省してるみたいだし。それに、尚人お兄ちゃんを導くんだったら、こっちの方が手っ取り早いでしょ?…ただし、傷つけた人達にちゃんと償いをしてね。…皆はどう思う?」
悠馬「俺は別に。」
春気「戦力になるし、いいんじゃない?…スパイだったら話は別だけど。」

切れ端イズ何 ( No.153 )
日時: 2016/12/05 18:33
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 鶯丸は歌わないんですか!?!?

ーーー鶴丸国永の場合ーーー

御手杵「お、そっか。……あー、えっと一旦その包帯のような切れ端外すな。一応治ったとは言えちゃんとした包帯巻いた方いいだろうし。理緒、悪いけど包帯あるか?」
……おい、まさか。
俺はもうこの展開予想がついたぞ。
日向「縫うのは難しそうだな。もうどこにどのパーツを使ったのかわからない」
鶯丸「糊ならあるぞ、糊」
御手杵「お、いいな。じゃあ貼りつけよう」
恵美「待ちなさい、まず鶴丸はなんでそうなったの」
日向「包帯がなかったので切れ端をつかった」
鶴丸「脱がされた……なあ日向我侭言わないから服貸してくれよ、どうせ下に黒インナー着てんだろ?」
日向「なっ!?なっ、る、ルイ!こいつだ!」
御手杵「俺はルイじゃない」
恵美「鶴丸、アンタ最低ね」
禊「『そうだよ鶴丸さん』『そういうのは僕しかやっちゃいけないたたた恵美ちゃん骨折れる折れる折れるってば』」
恵美「死ね」
……なんで俺が悪いみたいな流れになってるんだ?
鶯丸「よし鶴丸、貼っていくぞ」
鶴丸「やめろ鶯丸!お前が笑顔でやること怖いからやめろ!」

鶴丸「なんだこれ」
御手杵「え、服だよ」
鶴丸「いや俺明らかにこんな服着てなかったよっつか鶯丸お前瞬間接着剤使うのやめろよこれ取りにくいやつじゃねえか」
日向「なんだ、羽織もきちんと作ってやっただろ」
鶴丸「こんなぎっとぎとの羽織があってたまるか、見ろよこれ袖のところ!変にやったらバラバラになっちまうわ!」
……ったくこいつらは。
恵美「……ってか、海色町?なんでまたそんな遠いところに……あそこって今ルイたちが行ってるところじゃない」
鶴丸「なあ恵美無視しないで俺このままじゃ一生こんな手作り感満載の服着て暮らさなきゃいけなくなるよ」
恵美「しらぬい」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。