二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.152 )
日時: 2016/12/05 01:25
名前: ユウリ

凛々side

ここは…?
暗いところ…。

忍「……凛々……貴方は、正しい道を選んだのですね」

あいつは…。

凛々「ユーゼ・ブレイク・ガルシア?ここは何処だ?」
忍「ここは貴方の意識の中。」

僕の意識?
そういえば、さっき倒れたんだっけ…。

凛々「僕、ちゃんと歩様を導けるかな…?」

正直、不安だ。
今まで、助けられてばかりだったから、人を導けるか心配だ。
…でも、やると決めたからには全力でやろう!

忍「今の貴方なら出来ます。」
凛々「…ありがとう。そう言ってくれると助かるよ。」

ーー

千秋「あ、目が覚めましたか?傷はもう治らせたので大丈夫ですよ。」

あれ…?
ここ何処…?

理緒「ここは私の家。…それよりあの酷い傷どうしたの?」

…まずはこの人達に謝らないといけないな…。

凛々「ZARDの皆さん、今まですいませんでした。」

僕は、頭をさげる。

理緒「ど、どうしたの急に?とりあえず、顔を上げて。」
凛々「実は、カクカクシカジカで…。」
理緒「なるほど…つまり、もう敵対はしないのね。そして、お兄ちゃんを正しい道に導いてくれると…。」
凛々「はい。導けるかは分かりませんが、全力でやろうと思います。」
理緒「ふーん…。じゃあさ、ZARDに入りなよ!」

え!?

凛々「え、でもZARDの皆に色々と迷惑をかけたし…。」
理緒「もう敵対はしないし、見たところ反省してるみたいだし。それに、尚人お兄ちゃんを導くんだったら、こっちの方が手っ取り早いでしょ?…ただし、傷つけた人達にちゃんと償いをしてね。…皆はどう思う?」
悠馬「俺は別に。」
春気「戦力になるし、いいんじゃない?…スパイだったら話は別だけど。」

切れ端イズ何 ( No.153 )
日時: 2016/12/05 18:33
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 鶯丸は歌わないんですか!?!?

ーーー鶴丸国永の場合ーーー

御手杵「お、そっか。……あー、えっと一旦その包帯のような切れ端外すな。一応治ったとは言えちゃんとした包帯巻いた方いいだろうし。理緒、悪いけど包帯あるか?」
……おい、まさか。
俺はもうこの展開予想がついたぞ。
日向「縫うのは難しそうだな。もうどこにどのパーツを使ったのかわからない」
鶯丸「糊ならあるぞ、糊」
御手杵「お、いいな。じゃあ貼りつけよう」
恵美「待ちなさい、まず鶴丸はなんでそうなったの」
日向「包帯がなかったので切れ端をつかった」
鶴丸「脱がされた……なあ日向我侭言わないから服貸してくれよ、どうせ下に黒インナー着てんだろ?」
日向「なっ!?なっ、る、ルイ!こいつだ!」
御手杵「俺はルイじゃない」
恵美「鶴丸、アンタ最低ね」
禊「『そうだよ鶴丸さん』『そういうのは僕しかやっちゃいけないたたた恵美ちゃん骨折れる折れる折れるってば』」
恵美「死ね」
……なんで俺が悪いみたいな流れになってるんだ?
鶯丸「よし鶴丸、貼っていくぞ」
鶴丸「やめろ鶯丸!お前が笑顔でやること怖いからやめろ!」

鶴丸「なんだこれ」
御手杵「え、服だよ」
鶴丸「いや俺明らかにこんな服着てなかったよっつか鶯丸お前瞬間接着剤使うのやめろよこれ取りにくいやつじゃねえか」
日向「なんだ、羽織もきちんと作ってやっただろ」
鶴丸「こんなぎっとぎとの羽織があってたまるか、見ろよこれ袖のところ!変にやったらバラバラになっちまうわ!」
……ったくこいつらは。
恵美「……ってか、海色町?なんでまたそんな遠いところに……あそこって今ルイたちが行ってるところじゃない」
鶴丸「なあ恵美無視しないで俺このままじゃ一生こんな手作り感満載の服着て暮らさなきゃいけなくなるよ」
恵美「しらぬい」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.154 )
日時: 2016/12/09 23:43
名前: ユウリ
参照: 期末テスト終わったー!すっげー開放感…。

理緒side

理緒「あ、はい!あります!」

私は、お母さんの部屋から救急箱を持ってくる。

理緒「どうぞ!」

私は、救急箱から包帯を取り出し、御手杵さんに渡す。
御手杵さんは、凛々のお腹に包帯を巻きつけていく。

凛々「ありがと、御手杵さん?だっけ。」
凛「幽人…。もう、大丈夫なの?」
凛々「うん。傷はバッチリ癒えたよ。」
凛「よかった…。ありがとう、さっきは庇ってくれて。」
凛々「いいよ、お礼なんて。…ただ、体が勝手に動いただけだよ。」

こうやって聞いてみると、凛々ってやっぱり男なんだな…って思う。
声は、姿に合わせてか、女声のままだけど、口調は男の子そのものだ。

御手杵「よし、これで終わりっと。」

御手杵さんは、包帯を巻き終える。

凛々「あの…理緒さん。」
理緒「はい?」
凛々「ZARDの件なんですが…。」

…あ。

理緒「入るの?」

と聞くと、凛々は頷いた。

理緒「そう…。」

春気や悠馬もokしてくれたし。
グループラインで他のZARDメンバーも言いって言ってくれたし。

理緒「これから宜しくね、凛々!あ、それと、タメ口でいいよ。凛々の方が年上なんだし。」
凛々「…うん。宜しく、理緒!」

私達は、互いに握手をする。

凛々「あ、理緒。洗面所を貸してもらってもいい?後、ゴミ袋も。」
理緒「うん、いいよ。」

何をするんだろ…。
凛々を洗面所まで案内し、ゴミ袋を渡して、リビングに戻る。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.155 )
日時: 2016/12/10 00:12
名前: ユウリ
参照: 期末テスト終わったー!すっげー開放感…。

凛々side

凛々「さてと…。」

僕は、つけまつげをとる。
そして、お父さんが昔、来ていた男物の服に着替え、さっきまで来ていた服をゴミ袋に入れる。
その後、ハサミを持ち、鏡を見ながら…。

ジョキッ

髪を切り、切った髪をゴミ袋に入れる。(髪型は、巻き髪からショートヘアに変わる。).
もう、偽りの姿は止める。
過去の自分からは逃げずに、ちゃんと向き合う。
そう、決心をした。
そして、もう美しさなんかにはこだわらない。
だって…気づいたから。
例え、容姿が綺麗じゃなかったとしても、一生懸命努力し、頑張っている人々達の幸せな笑顔。
それが、本当に美しいんだって。
…心を入れ替えよう。
これからは、『ZARDのメンバー』として。
そして、『藤宮幽人』として生きる。
『凛々』として生きていた時の罪を償いながら。
そう心に刻み、リビングに戻る。

理緒「あ、凛々…って誰ですか!?」
幽人「凛々であってるよ。これからは、本当の僕。藤宮幽人として生きなおすって決めたんだ。」

女声では無く、男声で話す。

理緒「じゃあ、これからは『幽人』って呼ばないとね。」
凛「幽人…。」
幽人「凛、この姿で会うのは何年ぶりかな…?改めて……ただいま。」
凛「…おかえり。」

見えない明日 ( No.156 )
日時: 2016/12/10 09:46
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 鶯丸は歌わないんですか!?!?

ーーーユウマの場合ーーー
ユウマ「どうする」
ルイ「こうする」
ユキエ「ああする」
マヤ「どうする」
だめだこいつら。
ユウマ「とりあえずルイの艤装修復終わったし今すぐにでも行くか?」
ユキエ「いや多分今行っても人に見つかって終わりだよ」
どうするか、と悩む。
「風呂気持ちよかったっっ!さあ神音夜戦しよ!」
「落ち着いてください姉さん」
……?
ユキエ「夜華先輩、神音先輩」
夜華「ん?あー、そっか。ユキエたちいるんだもんね!」
ルイ「なんでここに?」
神音「鴇夜さんが大怪我してしまい強襲班全体で桜野の病院に搬送しようとしたところ車線をうっかり間違えてしまい来ました。鴇夜さんは今病院です」
夜華「鴇夜ね……すぐ目覚まして大変だったのよ。しかも傷もほとんどふさがって来てるって」
ふーん……って、え?
強襲班?
信也「一城優真」
ユウマ「うおおおいっっ!?っつかその名前で呼ぶな!」
信也「……随分疲労してますけどなにかありましたか」
ユウマ「あー……それがな」

夜華「……なるほどね。じゃあルイは」
ルイ「……はい。これ終わるまではひなちゃんに顔を合わせられません」
神音「……無理はしないようにしてください」
ユウマ「はい、ありがとうございます」
礼をする。
3人は、先ほどのテンションで戻っていく。
さて……どうする諸君。
ルイ「あ、御手杵からメールだー」
…………この画像、鶴丸……って……あ
ルイ「……『剥がしなさい』」
ユウマ「なんでこいつこうなってんだ」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。