二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.142 )
日時: 2016/11/28 00:14
名前: ユウリ

悠馬side

おいおい!
日向のやつ、大丈夫なのかよ…!?
あ、でも、こういう時は相手が攻撃してこないってフラグが…

凛々「言われなくとも、殺ってやるさ。」

へし折られたぞおい。
…万一の時は、俺が守ってやるしかないか!
おかま野郎…凛々は、両手に針を持ち、投げつけようとする。
その時…

歩「さらばだ。」

歩の声が聞こえた。
とてつも無い殺気…何があったんだ?

凛々「凛!」

歩は、闇魔法を発動させた。

レーザー状に発動させている…凛を殺す気か!
俺は、すぐ動こうとした。
だが…

ズサッ!

闇魔法は、命中し、貫通した。

















…凛々の、腹を。
あいつ、あのスピードを使ってあそこまで移動したみたいだ。
凛が倒れている。
でも、傷は無いから、多分凛々が押し倒したんだろう。
闇魔法が当たらないように。
あの一瞬でやるとか…すげぇな…。
って!それより、大丈夫かあいつ!?
俺は、すぐさまかけよる。
凛々は、腹を手で押さえている。
出血量が半端ない。
くそっ!こんな時に千秋がいれば…!

凛々「あゆ…さま。すい…ませ…。」
歩「凛々…。何故お前が…。」

止血のために脱がされる相棒 ( No.143 )
日時: 2016/11/28 17:06
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 鶯丸は歌わないんですか!?!?

ーーー鶯丸の場合ーーー
日向「……なっ!?」
やはり攻撃を受ける覚悟でいたか。
振り向いた彼女は肩を震わせこちらに来る。
日向「ちっ……読み違えたか。御手杵!確か君だよな!?救急セットを持ってるのは!」
御手杵「ああ……けど、包帯がねえ!っ、とりあえずてぃっしゅで止血はして見るけど……」
日向「わかった。とりあえず……私の上着を……」
御手杵「いいからいいから!お前が脱ぐ必要はねえからっっ!!」
日向「だが」
鶯丸「君は自分が何をしようとしているか分かっているのか!?」
日向「しかし」
御手杵「だからダメだっての!」
日向「着ているっ!着ているから!」
鶴丸「いやいや」
……ん?
日向「閃いたぞ。鶴丸、服を脱げ」
鶴丸「俺かよ!あとお前自分が何言ってるかわかって言ってるんだよな!?」
日向「下を脱げとは一言も言っていない。まずは上を脱げ。帰れば替えなどいくらでもあるんだろう?」
鶴丸「……しょうがねえな」
日向「……ふむ、羽織でこれか。では上を全部脱げ」
鶴丸「うそだろっっ!?ええぃ、持ってけ!」
鶯丸「で、これをどうするんだ?」
日向「ハサミがないので返してもらった軍刀で裁つ」
鶴丸「ああ俺の羽織いいいい!!」
日向「御手杵、これならどうだ」
御手杵「ああ、やるだけやって見る」
……にしても御手杵。
君応急処置とかできたんだな。
御手杵「なあなあ、傷縫ったらだめか?」
鶯丸「相変わらずで安心した」
御手杵「冗談だけどさ……ああ、くっそ出血がひどい。なあ鶴丸さん。今薬研って遠征だっけ」
鶴丸「ああ、遠征だった」
御手杵「ちっ……なんなら1回連れて帰った方いいかと思ったけどいねえか」



ーーー日向の場合ーーー
御手杵の作業を黙って見続ける。
日向「なあ御手杵、大丈夫そうか?」
御手杵「保障はない」
日向「そうか」
……凛々。
本当は、君の戦う理由は。
ここにいる意味は。
こういうことだったんじゃないかい?
思いつつ、また作業を見続けた。

ゲーセン乱舞 ( No.144 )
日時: 2016/12/01 23:51
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 鶯丸は歌わないんですか!?!?

ーーー加賀恵美の場合ーーー
恵美「実際クレーンキャッチャーの難易度設定ってどうなってるのかしらね」
禊「『僕に聞かれても』」
恵美「全然取れないじゃない」
禊「『策略だよ策略』」
恵美「本当それよ」
ゲーセン内、普通の会話。
しかし、傍から見ればおかしいかもしれない。
学ランを着た背の高いこいつと小さい私の会話だから。
恵美「鴇夜さんたち、どうしてるのかしらね」
禊「『案外トラブルにでもあって相手の腕捻りあげてたりして』」
恵美「いやいやそれは……あるかも」
……無事に帰ってきなさいよ。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.145 )
日時: 2016/12/03 00:17
名前: ユウリ
参照: 今日は一個しか更新できません!>_<

凛々side

凛々「ありが…と…。」

敵の手当てをするなんて、優しいな…。

歩「凛々、何故お前が…。」
凛々「もうし…わけ…あり…せん。ただ……凛が傷つけ…られるのは…見たくなかったから…。それに…。」

もう、答えは出た。
戦っている間、ずっと考えてた。
『恩返し』を。

凛々「歩様。…ようやく…見つけた…んです。本当に…歩様の…ためになる…こと。」

僕は、間をおいて言う。

凛々「僕……ZARD側に…つき…ます。」
歩「は?」

新しい、恩返しの第一歩。
ZARD側につかないと出来ない。
…まぁ、ZARD側につくのは、恩返し以外にもあるんだけどね。

凛々「このまま…歩様の手伝いを…して…も、貴方の為に…ならない。」

僕が今の歩様のお手伝いをしたらするほど、歩様は闇に深く入り込み、取り返しのつかないことをいくらでもしだすかもしれない。
そうすると、歩様はどんどん壊れていく。

凛々「だから…ZARDの味方……となり、貴方を…正しい道へと……導いて…やりたいのです。」

そう、これが、僕の出した答え。
歩様が壊れてしまわないように、闇に溺れて行ってしまわないように。
僕が正しい道に歩様を導いてやるんだ。
闇を照らす、光を道標として。

歩「…なんだ、それ。つまりは俺を裏切るということか。」
凛々「そう…なりますね…。荷物は適当に……処分して…ください。」

歩様から憎まれる事になったとしても、構わない。
ただ、貴方が誰かを傷つけるのはもう見たくない。
そして、傷つく誰かをもう見たくないから。
どちらも救う存在になりたい。

歩「…やはり、人間の子だな。裏切ることはお得意の。凛々、次に会ったら我々は敵同士。情けはかけない。わかったか。」
凛々「はい…。承知の……上です。…さよなら。」

この選択が、例え100%綺麗じゃなかったとしても。
もう悔いは無い。
凛、ありがとう。
気づかせてくれて。

僕は、意識が遠くなり、倒れる。

主人公に許された特権 ( No.146 )
日時: 2016/12/03 16:50
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 鶯丸は歌わないんですか!?!?

ーーー御手杵の場合ーーー
敵なんか関係ねえよ。
日向は、きっと。
自分が正しいと思ったことをやってるだけだから。
御手杵「日向、凛々は頼んだ」
日向「承知した……よっと」
俺に出来ることはこれだけだ。
御手杵「はい鶴丸さん余り」
鶴丸「……なあ、これなんだっけ」
御手杵「服」
鶴丸「……」
突如、電話は鳴る。
御手杵「……なんだ、ルイか。びっくりした……はい」
ルイ『……ぎね?』
御手杵「ん、そうだよ。どうした?」
ルイ『……ねえ、ぎね。……ちょっとばかしアホなレズの話を聞いてくれよ』
御手杵「おう」
ルイ『認めるかぁ。辛いなぁ、すげえ辛いなぁ。でもいいや事実だし。……あのね』
立ったまま、ルイの話を聞き続けた。
友人に会いに行ったこと。
そいつが日向に似ていたこと。
海に出撃したこと。
帰ってきて、非難を浴びたこと。
ルイ『わかってるんだ。ユキエの判断は正しかったって。でもね……なんか、さ。あたしさ、もうひなちゃんにも……日向と、鶴たんにも合わせる顔ないや。どうしよう』
……しかし、なんで俺を選択したか。
御手杵「……俺は、詳しいことは言えねえよ。刺すこと以外能がないからな?でもさ」
空を、見上げ。
御手杵「まだ時間はあるんじゃねえの?」
ルイ『…………っはは。あんたに相談して正解だった。アホだねあんた』
御手杵「……」
ルイ『おっとそこで通話終了を押すと後悔する。分かったよ、ほんじゃ』

『明日の夕方には帰るって言っといて』
御手杵「……は、そんなにかか」
ルイ『じゃーねー』
ああっ、切りやがった!
鶴丸「ん?今誰から来てた?」
御手杵「ルイから伝言。『明日の夕方には帰る』ってさ」
鶴丸「えっ?」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。