二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.139 )
日時: 2016/11/27 23:32
名前: ユウリ

薫side

薫「ねぇ…今の、俺に向けて投げてた?もしそうだったら…。」

俺は、あの男の首元に刀を突きつける。

薫「そこの携帯と同じようにしてやるよ。」

俺は微笑しながら言う。

軍人能力 ( No.140 )
日時: 2016/11/27 23:55
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 鶯丸は歌わないんですか!?!?

ーーー霧谷鴇夜の場合ーーー
鴇夜「ああ、そうかい」
ライフルを、後ろに投げる。
鴇夜「七浜、それ使え軍刀は折る前に日向に返せ」
信也「その前に携帯弁償してくださいよ、それ憂香さんから借りたヤツなんですから」
鴇夜「すまん、あいにく持ち合わせがねえからルイに頼む」
信也「分かりましたよ」
と、言っている間に。
鴇夜「んで、何が粉々になるって?」
刀を、思いっきり掴む。
血が流れ出るのも気にしない。
鴇夜「わりいけど、俺は武器なんぞ無くていい」
確かにライフルも大好きだ。
だけど。
鴇夜「『傭兵のミスト』、なめんじゃねえよ」
神音「でも今は、そんな事はどうでもいいんだ。重要な事じゃない」
鴇夜「そのミストじゃねえよっっ!!」
夜華「これじゃ、俺……地球を守りたくなくなっちまうよ……」
鴇夜「だからちげえよ」
信也「皐月ちゃんを拘束しておけば5月のままということになる」
鴇夜「ロリコンじゃねえっつうんだよっっ!!」
力任せに、相手の腕を捻りあげる。
昔から楽しんでたこれは、止めたくない。
鴇夜「わりいけどこっちは殺し専門じゃねえんだ……強いて言うなら轢き逃げ犯だ」
神音「鴇夜さん、憂香さんは轢き逃げのうちに入りませんからね!」
そうなのか。
日向の方をチラリと見る。
口だけをこちらに動かす。
『自分の戦う理由に恥じないようにやれ』か。
……それしかいえねえのかよ、トリデーの姫は。
御手杵「鴇夜さんっっ!ファイトですから、ね!(裏声)」
んんwwwまたアイツいじられてるし。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.141 )
日時: 2016/11/27 23:59
名前: ユウリ

凛side

凛「歩さん、少し…宜しいですか?」

歩さんは、こっちを向いていないから、聞いているのか分からないけど、一応言ってみよう。

凛「幽人を、悪に染めないでください。」
歩「…何故だ、あいつ自身がそれを望んでいる。」

あ、聞いてた。
良かった…。
私は、間を開けて言う。

凛「彼は、貴方への恩返しのつもりで自身を悪に染めています。でも、それで人殺しの片棒をかつがされるのもよくないですし、彼に善悪の区別がつかなくなり、もっと酷い事をしでかすかもしれません。そうならない為に、お願いします。」
歩「…無理だ。」

…!?

歩「いずれにせよ、あいつが望んだことの結果だ。こちらとしても、好都合だ。しかも、凛々は人間とはいえ、大事な仲間だ。そう簡単に、「はい、どうぞ。」と手放したりしない。…あいつが俺を裏切る気なら話は別だが。」

…やっぱり、この人はそう簡単に折れてくれないわよね…。
でも、あきらめない。

凛「お願いします!どうか…!」
莉子「凛ちゃん…。」
歩「……しつこい。」

そう言って、彼は私の胸倉を掴む。

歩「今、あいつは困惑している。心の中で苦しんでいる。そうしたのは誰だ?……綾瀬凛、お前だ!お前が、あいつに変な事を吹き込んだから!」

…確かにそうなのかも。
いきなり現れて、「生き方を変えろ。」なんて言われたら困惑するわよね…。
でも…

凛「苦しませるのは心苦しいですが、こうしないと、あの子は取り返しのつかない事をするかもしれない!だから…!」
歩「……黙れ。あいつの為に、そっとしておいてやれ。」
凛「嫌です!あの子の為だからこそ、言ってるんです!」
歩「黙れ…と、言ったはずだ。」

そう言った後、歩さんは、胸倉を離し、手に魔力を集める。

歩「お前は、凛々にとって害となる存在…。消えてもらう。これ以上、凛々が苦しまない為にも。」
莉子「ちょ、貴方!やめなさい!」

歩さんは、闇魔法を発動しようとしている。
私に向けて。
避けたいけど、この紙のせいで避けるどころか、魔法も使えない。

歩「さらばだ。」

歩さんは、レーザー状の闇魔法を発動する。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.142 )
日時: 2016/11/28 00:14
名前: ユウリ

悠馬side

おいおい!
日向のやつ、大丈夫なのかよ…!?
あ、でも、こういう時は相手が攻撃してこないってフラグが…

凛々「言われなくとも、殺ってやるさ。」

へし折られたぞおい。
…万一の時は、俺が守ってやるしかないか!
おかま野郎…凛々は、両手に針を持ち、投げつけようとする。
その時…

歩「さらばだ。」

歩の声が聞こえた。
とてつも無い殺気…何があったんだ?

凛々「凛!」

歩は、闇魔法を発動させた。

レーザー状に発動させている…凛を殺す気か!
俺は、すぐ動こうとした。
だが…

ズサッ!

闇魔法は、命中し、貫通した。

















…凛々の、腹を。
あいつ、あのスピードを使ってあそこまで移動したみたいだ。
凛が倒れている。
でも、傷は無いから、多分凛々が押し倒したんだろう。
闇魔法が当たらないように。
あの一瞬でやるとか…すげぇな…。
って!それより、大丈夫かあいつ!?
俺は、すぐさまかけよる。
凛々は、腹を手で押さえている。
出血量が半端ない。
くそっ!こんな時に千秋がいれば…!

凛々「あゆ…さま。すい…ませ…。」
歩「凛々…。何故お前が…。」

止血のために脱がされる相棒 ( No.143 )
日時: 2016/11/28 17:06
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 鶯丸は歌わないんですか!?!?

ーーー鶯丸の場合ーーー
日向「……なっ!?」
やはり攻撃を受ける覚悟でいたか。
振り向いた彼女は肩を震わせこちらに来る。
日向「ちっ……読み違えたか。御手杵!確か君だよな!?救急セットを持ってるのは!」
御手杵「ああ……けど、包帯がねえ!っ、とりあえずてぃっしゅで止血はして見るけど……」
日向「わかった。とりあえず……私の上着を……」
御手杵「いいからいいから!お前が脱ぐ必要はねえからっっ!!」
日向「だが」
鶯丸「君は自分が何をしようとしているか分かっているのか!?」
日向「しかし」
御手杵「だからダメだっての!」
日向「着ているっ!着ているから!」
鶴丸「いやいや」
……ん?
日向「閃いたぞ。鶴丸、服を脱げ」
鶴丸「俺かよ!あとお前自分が何言ってるかわかって言ってるんだよな!?」
日向「下を脱げとは一言も言っていない。まずは上を脱げ。帰れば替えなどいくらでもあるんだろう?」
鶴丸「……しょうがねえな」
日向「……ふむ、羽織でこれか。では上を全部脱げ」
鶴丸「うそだろっっ!?ええぃ、持ってけ!」
鶯丸「で、これをどうするんだ?」
日向「ハサミがないので返してもらった軍刀で裁つ」
鶴丸「ああ俺の羽織いいいい!!」
日向「御手杵、これならどうだ」
御手杵「ああ、やるだけやって見る」
……にしても御手杵。
君応急処置とかできたんだな。
御手杵「なあなあ、傷縫ったらだめか?」
鶯丸「相変わらずで安心した」
御手杵「冗談だけどさ……ああ、くっそ出血がひどい。なあ鶴丸さん。今薬研って遠征だっけ」
鶴丸「ああ、遠征だった」
御手杵「ちっ……なんなら1回連れて帰った方いいかと思ったけどいねえか」



ーーー日向の場合ーーー
御手杵の作業を黙って見続ける。
日向「なあ御手杵、大丈夫そうか?」
御手杵「保障はない」
日向「そうか」
……凛々。
本当は、君の戦う理由は。
ここにいる意味は。
こういうことだったんじゃないかい?
思いつつ、また作業を見続けた。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。