二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.127 )
日時: 2016/11/23 00:25
名前: ユウリ

凛々side

…!
しまった!
僕は、落ちてきた照明を紙で支える。
くそっ…!
甘く見たか…。

日向「君は何のためにここにいて、何故戦っている?」

微笑みながら彼女は問う。
僕が何故ここにいて、戦っているのか。
そんなの、たった1つしかない。

凛々「歩様に恩返しをする為。」

全ては僕を拾ってくれたあの日から。
あの日から、歩様に恩返しをしようと心に決めた。
だから僕は戦う。
少しでも、歩様の役に立つ為に。
でも、本当にこれでいいのか。
戦っている間もずっと考えていた。

ー本当は、それ以外に恩返しの仕方はあるんじゃないかー

そう、心の何処かでもう1人の…幼かった僕が呟いていた。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.128 )
日時: 2016/11/23 00:29
名前: ユウリ

薫side

薫「分かったよ。」

さぁ、ショータイムだ。

薫「ブラッドインパルス!」

俺は、神音?という女に黒い、闇の粒子弾をぶつける。
それと共に、彼女の目の前まで行き、刀で攻撃しようとする。

錯覚の夜 ( No.129 )
日時: 2016/11/23 10:23
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

ーーー川内神音の場合ーーー
神音「……なるほど。残念ですが私は囮です……けど」
剣を握った感触は、久々だった。
その剣は毎日のように握っている。
でも、この感触は。
神音「懐かしいですね……何年ぶりでしょう。えっと……夕張ちゃんに誘われる前だから……まあ、いいですけどね」
突如、声。
夜華「……あれ?明かり消え……夜!?夜戦!?」
あっ……そっか。
御手杵さんが照明落としたから……
でも……なんで勘違いするんでしょうね。
と言うことは。
神音「姉さん」
夜華「っふふ……ふふふふふふふふふふ……あっはははは」
神音「姉さん?」
夜華「いいいいいやったあああああ!!待ちに待った!夜戦!だぁぁぁぁぁぁ!!」
神音「……頑張ってください」
姉さんが構えたのは、魚雷のようなもの。
クナイか何かに見立てたつもりなんだろうけど……
夜華「さぁ、私と楽しい楽しい……“夜戦”しよ?」
言葉と同時に、巻かれたそれは、爆発四散する。
鴇夜「……こええ」
彼は、遠く、更に遠くへと。
狙える距離まで。

平和主義(ただし戦艦) ( No.130 )
日時: 2016/11/23 18:17
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

ーーー鶴丸国永の場合ーーー
日向「……そうか。なるほど、な」
……日向の野郎、何考えてんだ?
と、思えば。
日向「だったら、私は君を殺せない。……艤装解除」
鶴丸「えっ、おい!?」
日向「鶴丸。君たちも刀を降ろせ」
鶴丸「えっ、お前!本当に何考えて……」
日向「なに。もしもの時は私が庇ってやるさ。あぁ……もし死んだ時は呉の海に沈めて置いてくれ。ははっ」
鶯丸「……日向、聞いても無駄だと思うが……正気なんだな?」
日向「私が正気じゃないのは酒が入っている時くらいだ。どうにせよ、私はあいつを攻撃できない。心理戦として……そこの凛を斬ろうとしたが、私にはそういう賭けをする勇気もない。まあ、盾になる度胸ならあるがな」
……相変わらず、あいつの言うことは訳が分からない。
ただ、不思議と信用できる。
日向「さあ、凛々……だったか?殺すなら本気でかかってこい。それが……君の、ここにいる理由の答えになるならな」
だけどあいつ……最初の方に言っていた『戦闘は好きじゃない』ってあれ……嘘だろ。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.131 )
日時: 2016/11/23 21:39
名前: フランソワーズ ◆XTyQit91CM
参照: 私のおそ松熱は永久に冷めないのさ☆

奏子「そ、そうよ!単なる人違いじゃない?」
誠奈「世界には似ている奴は二、三人いるというじゃないか。」
美海「だからきっと違うよー!!あっ、美海達用事あるから帰るねー!!」

三人は駆け出して行った。

華世「そうやって都合が悪くなると逃げ出すとこどっかの誰かさんに似てるよねぇ(はぁと)」ゴオオオ

華世は殺意満々の闇オーラを発して行った。
すると奏子が突然周りを真っ暗にした。
……その隙に逃げようとした……が。集中力が足りず能力がすぐ切れ、次の瞬間煙が出て奏子達の姿が元の蒼達の姿になっていた。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。