二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.124 )
日時: 2016/11/21 00:37
名前: ユウリ

薫side

凛々「琴紙弦!」

凛々のその声を聞き、俺は急いで周りに結界をはる。
あいつの長い紙や針に、戦いを邪魔されたくないしな。
…そろそろ魔物が尽きた頃かな?

薫「流石、戦闘狂。この程度じゃ殺られないか。」

普通の人間なら、この人数だと殺られるだろうに。
やるじゃないか。
そして、この戦闘狂共に囲まれたら、大抵の奴は明らかに倒されることだろう。
ただね?
俺は東国の吸血鬼一族。
しかも、その次期頭領になるはずだった。
その俺の実力なら、あの戦闘狂共を返り討ちに出来るだろう。

薫「約束通り、相手してあげるよ。どっからでもかかってきな。」

刀が折れれば、首も折れる(半ギレ) ( No.125 )
日時: 2016/11/22 20:51
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

ーーー霧谷鴇夜の場合ーーー
鴇夜「よし、行け。神音と信也」
神音、信也「「え?」」
鴇夜「わりいが俺は遠距離専門だ。夜華もな」
夜華「夜 じゃなきゃ ダメ」
神音「なんですか姉さんそのカタコト!」
夜華「私 夜 好き 昼 無理 寝る」
信也「いいですよ神音さん、特攻しましょう」
よし、これでいい。
この間に俺はライフルで狙える距離まで離れればいい。
信也が日本刀を構えた時、後ろから声がする。
日向「信也、それ……折るなよ」
信也「折ったら何かあるんですか?」
日向「後に君の首の骨が折れる」
信也「あっハイ」
信也特攻封印……っつうことは!
神音「では薫さん、私が相手です」
けど、あいつ近距離の武器なんて……
神音「てれてれってレー……神音カタパルト、登場です」
……俺はつっこまないからな。

我に逆らう敵なし ( No.126 )
日時: 2016/11/22 22:02
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

ーーー御手杵の場合ーーー
鶴丸「ちっ……キリがねえな」
鶯丸「だが、まだこちらも消耗は少ない。慎重に……見極めるとしよう」
一瞬の、油断。
こいつが、命とりだった。
鶴丸「御手杵っ!」
後ろから。
おいおい、マジかよ。
避けきれて……たまるかよ。
鈍い音がしたのは、その直後だった。
その声は、聞こえた。
「……飛行甲板は、盾ではない。が……その気になれば盾にもできる」
御手杵「日向……?」
腕に付けた甲板を盾に、俺を庇うようにして立っている彼女を見る。
──どうやって追いついた?
日向の速度なら、庇うにしても甲板を盾にする暇はなかった筈だ。
でも、そんなことを考える前に。
日向の目付きがいつもより鋭いことに気づいた。
日向「……ようやく、一つわかった。私が、なんの為に戦っているか……それは」
その目は。
俺が見た事のない目だった。
日向「仲間を守るため、だ。……だからな」

日向「それを果たすために、殺させはしないよ」
俺は、上を見る。
ユウマに、言われたこと。
ユウマ《お前さー、相変わらず戦闘がワンパターンだよな》
御手杵《仕方ねえだろ、俺は刺すこと以外能がないからな》
ユウマ《じゃあさ、それを活かせばいいんじゃねえの?》
御手杵《活かす……?》
ユウマ《例えば》

──照明を落とすこと。
あの高さなら、届くかもしれねえ……!
大体、俺の身長で上手く槍を上にやれば4m近くだ。
やるしかねえ……!
躊躇わず、俺は照明の真下まで走る。
走る、走る。
そしてそのまま──
槍を上に向けて刺した。


ーーー日向の場合ーーー
日向「それを果たすために、殺させはしないよ」
いつもより、感情が高ぶっている。
怪我をすれば、ルイに怒られるだろう。
でも──気にしない。
日向「……私もな。戦闘はあまり好きじゃないんだ」
戦艦の頃の記憶が少し蘇る。
日向「だから、問おう」
笑う。
ただ、微笑む。
微笑んで──
日向「君は何のためにここにいて、何故戦っている?」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.127 )
日時: 2016/11/23 00:25
名前: ユウリ

凛々side

…!
しまった!
僕は、落ちてきた照明を紙で支える。
くそっ…!
甘く見たか…。

日向「君は何のためにここにいて、何故戦っている?」

微笑みながら彼女は問う。
僕が何故ここにいて、戦っているのか。
そんなの、たった1つしかない。

凛々「歩様に恩返しをする為。」

全ては僕を拾ってくれたあの日から。
あの日から、歩様に恩返しをしようと心に決めた。
だから僕は戦う。
少しでも、歩様の役に立つ為に。
でも、本当にこれでいいのか。
戦っている間もずっと考えていた。

ー本当は、それ以外に恩返しの仕方はあるんじゃないかー

そう、心の何処かでもう1人の…幼かった僕が呟いていた。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.128 )
日時: 2016/11/23 00:29
名前: ユウリ

薫side

薫「分かったよ。」

さぁ、ショータイムだ。

薫「ブラッドインパルス!」

俺は、神音?という女に黒い、闇の粒子弾をぶつける。
それと共に、彼女の目の前まで行き、刀で攻撃しようとする。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。