二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.112 )
日時: 2016/11/13 19:47
名前: フランソワーズ ◆XTyQit91CM
参照: 私のおそ松熱は永久に冷めないのさ☆

奏子「こ、こんちは……」
華世「?こんちは……?」

奏子は突然蒼の口調で喋ってしまった。

奏子(マズい!バレる!つい癖が……!)←蒼の人格で

THE・自由艦隊 ( No.113 )
日時: 2016/11/13 22:39
名前: 涼月@秋イベレイテじゃないの!? ◆eVf1G29mRc
参照: どうして……どうして日向じゃないんだ……(絶望)

ーーー御手杵の場合ーーー
鶴丸「誰が呼んだか知らないが!」
鶯丸「敵いるところに我らあり!」
日向「瑞雲!」
御手杵「我らトリプルデート艦隊ー(棒)」
なんだこのメチャクチャ感。
艦隊じゃねえし。
日向「はは、先手必勝と言うやつだ!艤装装備!」
鶯丸「……?」
日向「ん?おかしいな……はっ!」
鶴丸「おい日向、お前まさか」
日向「……修理中だった」
御手杵「使えねえよ!本当お前使えねえ!」
日向「だが軍刀がある!それに修理ものこり2分位の筈だ!」
こいつもメチャクチャだしさぁ。
と、突然声が聞こえる。
「すみません、凛々さーん」
嘘だろ、この声……
信也「ワゴン車ってどこに止めたら良いですか?」
御手杵「信也っ!?なんでいるんだよ!」
信也「いや、あの……うちの3人が少し病気で……」
御手杵「どういう事だ」
同時に、足音。
夜華「早く夜戦やったぁ待ちに待った夜戦だぁさあ私と夜戦しよ絶対夜戦してよね約束よ何夜戦夜戦だよ夜戦早く夜戦やったぁ待ちに待った夜戦だぁさあ私と夜戦しよ絶対夜戦してよね約束よ何夜戦夜戦だよ夜戦早く夜戦やったぁ待ちに待った夜戦だぁさあ私と夜戦しよ絶対夜戦してよね約束よ何夜戦夜戦だよ夜戦早く夜戦やったぁ待ちに待った夜戦だぁさあ私と夜戦しよ絶対夜戦してよね約束よ何夜戦夜戦だよ夜戦早く夜戦」
神音「ジョインジョイントキィデデデデザタイムオブレトビューションバトーワンデッサイダデステニーナギッペシペシナギッペシペシハァーンナギッハァーンテンショーヒャクレツナギッカクゴォナギッナギッナギッフゥハァナギッゲキリュウニゲキリュウニミヲマカセドウカナギッカクゴーハァーテンショウヒャクレツケンナギッハアアアアキィーンホクトウジョウダンジンケンK.O. イノチハナゲステルモノ
バトートゥーデッサイダデステニー セッカッコーハアアアアキィーン テーレッテーホクトウジョーハガンケンハァーン
FATAL K.O. セメテイタミヲシラズニヤスラカニシヌガヨイ ウィーントキィ」
鴇夜「おっしゃ殺す控えめに言って殺す殺せれば誰でもよかったんだ殺すならここにマシンガンがあってだなよし殺そうおっしゃ殺す控えめに言って殺す殺せれば誰でもよかったんだ殺すならここにマシンガンがあってだなよし殺そうおっしゃ殺す控えめに言って殺す殺せれば誰でもよかったんだ殺すならここにマシンガンがあってだなよし殺そう」
鶴丸「うわぁ」
信也「とうとう僕以外の人間が日本語を喋れなくなりました」
御手杵「お互い大変だなぁ」

秋の向日葵はそれはとても美しくって ( No.114 )
日時: 2016/11/13 23:10
名前: 涼月@よしテストは諦めよう ◆eVf1G29mRc

ーーールイの場合ーーー
ルイ「えっと、改めて紹介するね。この子があたしの大親友の『瑞雲 日向』」
日向「宜しくお願いします」
ユウマ「おう」
ルイ「で、日向。この3人があたしの今の友達。ユウマ、ひじき、マヤ」
日向「……ひじき?」
ユキエ「ユキエです」
日向「……本当に面白い人達なんだね。ルイと仲良くなれる理由もわかるかも」
ルイ「ねえ日向それ遠回しにあたしが友達出来ないって言ってない?」
日向「何のことだろうね」
……そうだ。気になってたこと、聞かなきゃ。
ルイ「ねえ日向、病気は……どうなの?」
日向「……うん。隠してもダメだし、正直に言うよ。『いつ死んでもおかしくない』ってさ」
ルイ「……そうなんだ」
日向「でも。私はこうしてルイに会えただけでも嬉しいな」
……ひなちゃん。
信じたくない。
でも、もしあたしの予想が正しければ。
この子は……日向ってことになる。
ルイ「……あたしも」
と、突然鳴り響くサイレン。
マヤ「なんだ?」
ルイ「なんかあったのかなぁ」
『避難警告、避難警告。現在海色町付近の海域にて、海上に人型の物体を発見、輸送船が沈められ、現在は海色町に向かってきています。近隣住民は避難を──』
ユウマ「……嘘だろ」
日向「……どうかした?」
ルイ「ごめんね、日向。あたしらちょっと仕事だわ」
日向「……仕事?」
ルイ「うん。安心して。すぐ戻ってくるから。……あ、そう。これお土産」
中身は、通信機と瑞雲。あと駆逐艦秋月のプラモデル。
あたしらは、病室を出る。
病院を出る。
港にでる。
「おい、そこの君たち!何をやって──」
ユキエ「あの物体、私たちの専門なんで。止めないでください」
マヤ「じゃ、行くか」
せーの、と息を合わせる。
《艤装装備》
ユウマ「戦艦ユウマ 改二丁」
ルイ「航空巡洋艦ルイ 改二」
ユキエ「甲標的運用母艦ユキエ 改二丙」
マヤ「防空巡洋艦マヤ 改二乙」
海に、出る。
潮風、消えないでね!

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.115 )
日時: 2016/11/15 00:28
名前: ユウリ
参照: 明日、新しいパソコンが届く!wktk

理緒side

こんちは…?
どっかで聞いたことのあるような…。

春気「聞いたことのある口調だね。やっぱ、君もどっかであったことあるよね?」
美亜「あ、春気もやっぱりそう思う?」

な、何々?
2人共、何に気づいたというの!?



凛side

来た…!
…って、ちょっと正常じゃない人も紛れてる気がするけど大丈夫かな…?

?「車ならそこら辺にでも置いとけば?」

とある少年の声が聞こえる。

悠馬「薫!」
薫「やれやれ…何の騒ぎかと思えば。何?この城取り壊しにでも来たの?」

…あの子、誰?

薫「あ、君が例の幼なじみか。初めまして。俺の名は南雲薫。そっち側でいうとこの敵側ってやつ。」

あの子も…?
そういえば、千秋ちゃんに似てるような…。

薫「えーと?誰だそこの眼鏡。」
歩「あいつは七浜信也というらしい。」
薫「ふーん…で、その七浜と、七浜が連れてきた愉快な3人組は俺が相手してあげるよ。」

そして、薫と名乗った少年は指を鳴らす。
すると、どこからともなく魔物がうじゃうじゃと出てきた。

教習、始めましょう ( No.116 )
日時: 2016/11/15 21:07
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

ーーー七浜信也の場合ーーー
信也「……僕は黙って立ってればいいんですよね」
後ろに敵の気配を感じたけど、抵抗はしない。
だって今僕武器持ってないし。
それに──
鴇夜「殺す!」
夜華「夜戦!」
戦闘狂ズがいるから。
鴇夜「おっしゃァ夜華!どっちが何体殺せるかやろうじゃねえか」
夜華「いいよいいよ!ま……夜の世界で私に勝てるわけないけどね」
神音「姉さん、今夜じゃありません定期」
と、突然。
信也「わぁ」
飛んでくる軍刀。
こんな頭おかしい飛ばし方するのは1人だけだな。
信也「日向さん、なんですかこれ」
日向「使え。この場で犬死されても困る」
信也「あれ?日向さんそしたらあと1分武器ないじゃないですか」
日向「いい。私は持ち前の回避力があるからな」
おっと、フラグ立たせすぎですよ。
信也「じゃ、貸してもらいます」
鶴丸「なあ日向……」
日向「……あの話をした後じゃな。私も笑うのを堪えているんだ」
鶯丸「無表情なせいでさっぱりわからないがな」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。