二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.109 )
日時: 2016/11/13 00:28
名前: ユウリ
参照: パソコンが反抗期に入ったので、スマホから

悠馬side

やっべー…。
何かすげぇ雰囲気になってきやがった…。

ピロンッ

ん?
誰だ、この雰囲気の中メール送ってくる奴は。
…とおもったら、ルイからだった。

『今昔の友達に会いに行ってまーす。お土産買っとくから期待して待っててよ。あとなんかあったら今日中には無理そうだから鶴たんとか北香様辺りにでも頼んどいて』

ふーん…。
まぁ、こいつ相手だったら、1人でいけるかな!
お土産楽しみに待っとこう!

悠馬「凛とお嬢様は下がってな!此処は俺1人で戦う!」

俺は、羅刹姿になる。

凛々「…ちょっと魔力削るから使いたくなかったけど、使うしかないか…。」

何の事だ?
そう思った次の瞬間

ヒュン!

な、何だ!?
あいつの姿が見えない!?
消えた?
嫌、そうじゃない!
あいつのスピードが速すぎて見えないだけなんだ!

凛々「紅蓮華!」
悠馬「うわっ!」

俺は、背後から針を刺される。

悠馬「いってぇ…。」

やっべー…。
まさか、こんな隠し玉持ってたなんてな…。
これはマズイかもしれない。

悠馬「凛!」

シュッ

凛「わっ!」

俺は、凛にスマホを投げる。

悠馬「連絡先に鶴丸って奴の電話番号があるから、そこにかけてくれ!」
凛「…わかった!」

よし、後は助けが来るまで待つしかないな!




凛「…あ、繋がった。あの、鶴丸さんでしょうか?今、悠馬君がピンチなので助けてください!場所は、敵のアジト…というか、敵の城です!」

驚天動地のお気楽道中 ( No.110 )
日時: 2016/11/13 09:37
名前: 涼月@秋イベレイテじゃないの!? ◆eVf1G29mRc
参照: どうして……どうして日向じゃないんだ……(絶望)

ーーー鶴丸国永の場合ーーー
日向「実際南雲薫の南雲ってなんなんだ?」
鶴丸「いや名字だろ。本当に君のいうことは訳が分からない」
日向「それはわかる。南雲ってなんだ?随分かっこいいな。南雲機動部隊か?空母なのか?」
鶴丸「いや多分ちげえからな!?」
日向「そもそも鶴丸国永と一期一振は分かるとして鶯丸はなぜ二文字なんだ?」
鶴丸「知らねえよ!」
鶯丸「日向、頼むからもうやめてくれ。御手杵が笑いすぎておかしくなった」
そんな会話を続けていると、電話が鳴る。
鶴丸「もしもし」
「…あ、繋がった。あの、鶴丸さんでしょうか?今、悠馬君がピンチなので助けてください!場所は、敵のアジト…というか、敵の城です!」
鶴丸「……ん、わかった。すぐ行く」

御手杵「簡単に了承しすぎだ!!」
鶴丸「いや御手杵、君はルイの代打なんだからもう少しルイっぽく」
御手杵「クレイジーサイコレズビアンっぽくなんて到底無理だわ!」
という訳で今回は俺、鶯丸、御手杵(ルイの代打)、日向の4人。
鶯丸「おい、そろそろ行くぞ」
日向「……いいんだな?存分に撃ち合っても」
鶯丸「ああ」
鶯丸は、賽を振る。
御手杵「じゃ、向かうかっ!」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.111 )
日時: 2016/11/13 14:26
名前: ユウリ
参照: パソコンが反抗期に入ったので、スマホから

凛side

さて、一応援護は呼べたけど…。
悠馬君大丈夫かな…。

凛「里香さん、こうなったら私達も!」
莉子「えぇ。元からそのつもりだったしね。」

私達は、魔法を出そうとした。
しかし…

凛々「琴紙弦!」

幽人がそう言ったその瞬間

シュルッ

紙が私と里香さんを捕らえる。

凛々「2人はそこで大人しくしてて。」
凛「幽人…。」

身動きをとるどころか、魔法を使うことさえままならない。
どうしてこんな事を…?
悠馬君と戦うことに集中したいから…?
そう思っていたとき

タタタタッ

4つの足音が向こうから聞こえてきた。

莉子「…来た。」

意外に早かったな。
まぁ、そっちの方がいいんだけど

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.112 )
日時: 2016/11/13 19:47
名前: フランソワーズ ◆XTyQit91CM
参照: 私のおそ松熱は永久に冷めないのさ☆

奏子「こ、こんちは……」
華世「?こんちは……?」

奏子は突然蒼の口調で喋ってしまった。

奏子(マズい!バレる!つい癖が……!)←蒼の人格で

THE・自由艦隊 ( No.113 )
日時: 2016/11/13 22:39
名前: 涼月@秋イベレイテじゃないの!? ◆eVf1G29mRc
参照: どうして……どうして日向じゃないんだ……(絶望)

ーーー御手杵の場合ーーー
鶴丸「誰が呼んだか知らないが!」
鶯丸「敵いるところに我らあり!」
日向「瑞雲!」
御手杵「我らトリプルデート艦隊ー(棒)」
なんだこのメチャクチャ感。
艦隊じゃねえし。
日向「はは、先手必勝と言うやつだ!艤装装備!」
鶯丸「……?」
日向「ん?おかしいな……はっ!」
鶴丸「おい日向、お前まさか」
日向「……修理中だった」
御手杵「使えねえよ!本当お前使えねえ!」
日向「だが軍刀がある!それに修理ものこり2分位の筈だ!」
こいつもメチャクチャだしさぁ。
と、突然声が聞こえる。
「すみません、凛々さーん」
嘘だろ、この声……
信也「ワゴン車ってどこに止めたら良いですか?」
御手杵「信也っ!?なんでいるんだよ!」
信也「いや、あの……うちの3人が少し病気で……」
御手杵「どういう事だ」
同時に、足音。
夜華「早く夜戦やったぁ待ちに待った夜戦だぁさあ私と夜戦しよ絶対夜戦してよね約束よ何夜戦夜戦だよ夜戦早く夜戦やったぁ待ちに待った夜戦だぁさあ私と夜戦しよ絶対夜戦してよね約束よ何夜戦夜戦だよ夜戦早く夜戦やったぁ待ちに待った夜戦だぁさあ私と夜戦しよ絶対夜戦してよね約束よ何夜戦夜戦だよ夜戦早く夜戦やったぁ待ちに待った夜戦だぁさあ私と夜戦しよ絶対夜戦してよね約束よ何夜戦夜戦だよ夜戦早く夜戦」
神音「ジョインジョイントキィデデデデザタイムオブレトビューションバトーワンデッサイダデステニーナギッペシペシナギッペシペシハァーンナギッハァーンテンショーヒャクレツナギッカクゴォナギッナギッナギッフゥハァナギッゲキリュウニゲキリュウニミヲマカセドウカナギッカクゴーハァーテンショウヒャクレツケンナギッハアアアアキィーンホクトウジョウダンジンケンK.O. イノチハナゲステルモノ
バトートゥーデッサイダデステニー セッカッコーハアアアアキィーン テーレッテーホクトウジョーハガンケンハァーン
FATAL K.O. セメテイタミヲシラズニヤスラカニシヌガヨイ ウィーントキィ」
鴇夜「おっしゃ殺す控えめに言って殺す殺せれば誰でもよかったんだ殺すならここにマシンガンがあってだなよし殺そうおっしゃ殺す控えめに言って殺す殺せれば誰でもよかったんだ殺すならここにマシンガンがあってだなよし殺そうおっしゃ殺す控えめに言って殺す殺せれば誰でもよかったんだ殺すならここにマシンガンがあってだなよし殺そう」
鶴丸「うわぁ」
信也「とうとう僕以外の人間が日本語を喋れなくなりました」
御手杵「お互い大変だなぁ」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。