二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.84 )
日時: 2016/10/05 22:50
名前: ユウリ

悠馬side

悠馬「おう!いいぜ、一緒に行こう!」
恭介「メンバー増えれば増えるほど楽しいしー!」
美亜「ハァ…これだから馬鹿2人は…。」
悠馬「これから、理緒って子の家に行くんだ!ちょっと電話するから静かにしててくれ。」
恭介「ちなみに俺の家でもある。」

俺は、理緒のスマホに電話をかけた。

プッ…

理緒『悠馬?どうしたの?』
悠馬「今から、奏子っていう子が来るんだけど、大丈夫か?」
理緒『うん、いいよ!』
悠馬「じゃあ、これから行くな!」

プッ。

恭介「あの…。あれは俺に承諾を貰ってもよかったのでは…。」
悠馬「理緒ん家が人居すぎて困ってたら駄目だろ?今、誰々居るかわかんねーし。」
恭介「そうだけどさぁ…。」
美亜「どうでもいいから行くよ。」
悠馬「おう!」

愛に逝く ( No.85 )
日時: 2016/10/09 23:05
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

ーーー七浜信也の場合ーーー
嗚呼、痛い。
何が痛いって、心が痛い。
そんな感覚を覚えたのは、いつぶりだろうか。
いや、もしかしたら覚えたこともなかったのかもしれない。
そんな夢から覚める。
信也「っ……あぁ」
さて、今日は寝れそうもないな。
しかし、起きてるのを見つかれば夜華さんに市中引きずり回し夜戦の旅だ。
じゃあ……
夜華さんがいないのを確認。
いつもの窓から外に出る。
さあ、探そう。
今夜こそ、見つけてみせる。
黒風歩──
彼を、見つけよう。
こうして、僕の狂った人間愛は目を覚ます。
紅く、紅く。
信也「……さあ、どこにいるだろう」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.86 )
日時: 2016/10/10 16:28
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

【番外/刀剣乱舞花丸、艦これアニメ談義!!なんてこった日向が息を引き取った!!】

【一話登場キャラ発表】
男士全員「…………(5人中1人も当てはまらず)」

【2話登場キャラ発表】
鶴丸「っっっっっ!!!!!」
ルイ「宴じゃア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!!」

【1話視聴前/鶴丸DVD予告】
鶯丸「やったぞ!」
ルイ、鶴丸「トリプルデートを讃えよ!!トリプルデートを讃えよ!!」

【3話あらすじ】
一期(これは厚登場フラグですな。そして次話ではもちろん私が……)

【OP視聴中】
御手杵(おいおいまてまさか俺ハブパターンかよおいおいお)
ユウマ「御手杵?顔色わりいぞ」

【OPに御手杵登場】
御手杵「!!!!(嬉しそうに一時停止)」
ユウマ「おめえが嬉しいならそれでいいんだ」

(結論:全員出演確定ですな!!OPの厚くん可愛すぎて禿げるわ)


その頃

Верный「刀剣乱舞がアニメ化されたそうだね」
羽黒「Верныйちゃん……!日向さんの前でアニメは!」
日向「……」
ユキエ「え、日向どうしたの?」
マヤ「あー……ユキエ。艦これアニメ。響と羽黒出てたじゃろ?」
ユキエ「あっ……いや!待って日向!!そんな絶望した目しないで!」
日向「大破着底するのは、呉軍港内と決めていたんだがな……まあ、いい」
マヤ「あ、あ!!先輩たちに艦娘モデルいるじゃん!なあ、日向!仲間探そうぜ!元気出そうぜ!!」
日向「……(希望に満ちた目)」
ユキエ「じゃあ、まず……北香様!」
マヤ「北上ならレズコプターしてただろ」
ユキエ「恵美さん!」
マヤ「瑞鶴もいただろ」
ユキエ「……憂香さん」
マヤ「翔鶴もいたぜ」
ユキエ「……川内三姉妹」
マヤ「諦めてねえか、いたぞ」
ユキエ「……あっ!勝った!!青葉さん!!」
マヤ「劇場版」
ユキエ「…………日向」
日向「あの世とやらを見てみるか……ルイ、鶴丸、鶯丸……死なばもろとも、お前らも一緒だ……」
ユキエ「助けてトリプルデートっっっっ!!」
※この後回収して説得してもらいました

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.87 )
日時: 2016/10/10 23:57
名前: ユウリ

玻璃英side

玻璃英「ねぇねぇ歩様ー!一緒に水浴び行きません?」
歩「…あまり人間界には降りたくはないのだが…。」
玻璃英「いいじゃないですか!たまには気晴らしも大事ですよ!」

歩様は戦いで疲れていらっしゃる。
…そして、理緒のことでも心が痛んでいる。
理緒め………歩様にどれだけ愛されてるか分からない癖に…!
お前の偽者である私とは違って。
…と、それは置いといて…。
だからこそ、少しでも心を休ませようと、外に出させたいのだけど…。
歩様は人間を嫌っていて、人間界には行きたくないらしい。

玻璃英「歩様、お願いします!」
歩「…分かった。お前がそこまで言うのならば、一緒に行ってやろう。」
玻璃英「本当ですか!?やったぁー!」
歩「フッ…落ち着け。」

今日はナツ君が用事があるから来れないって言ってたし、いいよね。
あの川に行っても。


――

玻璃英「歩様、どうですか?」
歩「冷たくて、気持ちいいな。」
玻璃英「でしょう?」
歩「…最近は寒いから、ちょっと冷たすぎるがな。」


そうか、もう10月か…。
歩様の足元をこれ以上冷たくさせる訳にはいかない!

※歩は、足だけ水に浸かっています。

玻璃英「歩様、タオルを!あったかいですよ!」
歩「ありがとう。」
玻璃英「あ、お腹空いてませんか?ここら辺にはキノコもいっぱいあるんですよ!」

私は、摘み取ってきたキノコを見せる。

歩「それ、毒キノコなのだが…。俺を体調不良にでもさせるつもりなのか…?」
玻璃英「い、いえいえいえ!違います!」

しまった…!
つい、毒キノコを持ってきてしまった…!

歩「そんなに気を遣わなくてもいい。お前も休め。」
玻璃英「は、はい!」

私は、歩様の近くに座る。

歩「此処の景色は、綺麗だな…。」

歩様は、辺りを見わたす。
少し穏やかな表情になっている。
やっぱり、此処に連れてきてよかった…。

信也「…あれ、此処何処だ…?こんな所があっt……黒風歩!?」

に、人間!?

信也「此処に迷い込んできてよかった…。何という幸運…!」
玻璃英「何だお前。すぐに此処から立ち去れ!」
信也「結崎理緒…?…に似ている者か。君には用は無い。それより…」

眼鏡の人間は歩様を見る。

歩「玻璃英、下がれ。……俺に何の用だ、人間。」

愛っていいね!! ( No.88 )
日時: 2016/10/11 21:02
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

ーーー七浜信也の場合ーーー
歩「玻璃英、下がれ。……俺に何の用だ、人間。」
信也「……いやぁ、予想通りの態度でなによりですよ。これで倉庫に仕舞われた何年経ったか分からないカロリーメイトしか食べられない生活を終えられると思うと……ですね」
じゃないよ。
僕は何のためにきたんだ。
信也「まあ、あなたを探し続けたんですよ。……僕と、180度違った人間への考えを持つあなたを。まあ、ここまで言えば分かる通り」
メガネを、くい。
数少ないメガネキャラに許された特権。
信也「『人ラブ、俺は人間が好きだ。愛してる』。……いつの小説のキャラだったかなぁ……。小学校入る前に初めて読んだから……10年以上前か」
独り言、独り言。
信也「と、言うわけであなたの人間に対する感情を聞きに来ました。ああ、大丈夫ですよ。そんな別に殺す気はありませんから。そちらには先日話し相手になってくれた方がいるので。それに、僕が殺すのは──」
つい二か月前に殺した、親の顔を思い出す。
……一瞬で忘れるけど。
信也「本当につまらない人間だけですから」
笑顔で言えば、少し考える。
あ、逆に殺されたらどうしよう。
まあ、その時はその時ということで。
夜から探し回っていたけど、眠気はなし。
さあ、どう返ってくるかな。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。