二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



仕方ないね、クサレズだから ( No.62 )
日時: 2016/09/11 22:55
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 待って漣んかあいい

ーーー御手杵の場合ーーー
恵美「用がないなら帰りなさいよ」
バッサリ恵美。
御手杵「おいおい恵美、話くらい聞いてやろうぜ」
ルイ「そうですよー、可愛そうですよー」
おいルイ、言ってることが180度変わってないか。
ルイ「あのねぎね、気づいたんだ。この子はあたしの恋を邪魔する人間じゃないってね」
御手杵「おう……おう?」
ルイ「まあ鶴たんと日向に手出すなら殺せばいいんじゃないかな。ただしうぐ以外」
御手杵「だめだいつものルイだった!」
ユウマ「お前……独占欲酷いよなぁ」
お前もそこまで変わんねえぞ。
ルイ「例えばユウマ。羽黒ちゃんにナンパしている男がいます」
ユウマ「そいつは自殺すればいいんじゃないかな」
ルイ「その程度の違いだよ」
御手杵「なるほど?」
そんな会話を続けていると。
ユウマ「ところでルイ……気になることがあんだが」
ルイ「ん、何?」
ユウマ「……あー、やっぱいい。なんでもねえ」
気のせいか……?
今北香の方を見た気がするんだが……
あれ、そういや。那珂がいねえな。

あの子は、あの娘は。 ( No.63 )
日時: 2016/09/11 23:23
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 待って漣んかあいい

ーーールイの場合ーーー
ユウマが、何を言いたいかはわかった。
政府の人間が、似すぎている。
うちの、艦娘たちと。
男子勢は兎も角として。
北香様、恵美さん、憂香さん、青葉さん、夜華さん、神音さん、那珂さん。
北上、瑞鶴、翔鶴、青葉、川内、神通、那珂。
まさか、とは思いたい。
信じたく、ない。
でも、さっき憂香さんの。
政府の部屋で、見ちゃったんだ。
那珂さんの机に置かれていた写真。
あれが、きっと。
那珂さんが話したくなかった過去。
だって、あの写真に写ってた子。
見たことある。
それも。
艤装のテストの時。
『この子は?』
『この子は、正式な艦娘となる子だ。……艤装の適正化を受ければ、死んだこの子も艦娘になる』
『……それって』
『正式な艦娘になる時は、記憶が消える。……この世に絶望して死んだ子が、記憶を持ったままだと、ね……』
でも、この事実が本当だったら。
きっと、日向に似た子もこの世界にいる。
だから、そんなの有り得ない……
そう考えたところで、1つ。
思い当たる節が出てしまった。
声が、鮮明に蘇る。
『絶対に、また戻ってきてね。ルイちゃん』



ーーーとある街のとある病棟のとある少女の場合ーーー
白い、部屋の白いベッドの上。
いつものように、私はそこで眠る。
いつになったら、ここから出られるんだろう。
と、ある瞬間に。
何年も前にこの街を出た少女の声が蘇った。
『うん、ずっと友達だよ。ひなちゃん』

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.64 )
日時: 2016/09/12 23:15
名前: ユウリ

凛々side

よし、今日の晩飯作らないと!
僕は、晩飯の準備を始める。
今日は…ステーキでいいか!
事前に買っておいた牛肉を取り出して、調理を始める。

――

よし、後は玻璃英のだけだな!
僕は、もう1つの肉を焼いていた。
すると…。

使い魔『腹減ったー…。』

ん?何か腹減ったって聞こえたような…。
気のせいか。

使い魔『何処かに美味しそうなもの…。…ハッ!あんな所にステーキが!』

…チッ
気のせいじゃなかったか。
僕は、針を1本投げつける。

使い魔『いてぇぇぇぇぇぇぇぇええええええ!』
凛々「それは私達の分ですん。後であんた等のも作っておいてあげるから。」
使い魔『おぉ、凛々様!失礼しました!…でも、よく見ると凛々様の髪の毛がローストビーフに…。』

マズイ。
幻覚が見えているらしい。

使い魔『いっそ食おうか…。』
凛々「紅蓮華!」

僕は、無数の針で使い魔を攻撃する。

使い魔『いてぇぇぇぇえええええ!マジでいてぇえぇぇぇぇえええ!』

使い魔は、床に転がる。
そして、机に当たり、机が激しくゆれる。
揺れたせいか、一皿が落ちてしまう。
出来立てほやほやのステーキが、使い魔の顔にくっつく。

使い魔『あっつぅぅぅぅぅぅぅ!!』

ん?あれ、よく見ると…。
歩様のやつ!
あいつ……!

凛々「何やってんだてめぇ!(男声)」

僕は、使い魔の胸倉をつく。

凛々「お前、その肉いくらしたと思ってんだよ…。歩様のは特別に最高級の肉を使ってるんだよ…。お前みたいな超低級の使い魔野朗がこの肉弁償出来るのか!?あぁ!?(男声)」
使い魔『すすすすすす、すいません!つい、当たっちゃって…。』
凛々「『つい』もクソもねぇんだよ!だからお前はいつまでも低級使い魔のままなんだよ!大体、料理の邪魔するな!やかましい…。後もうちょっとで晩飯の時間なのに、お前のせいでいつもより遅れたじゃねぇか!もしこれで歩様のだけ用意出来なかったら、どうなるか分かってるだろうな?『こいつが邪魔した』と僕が一言いやぁお前なんて一瞬で終わりだぞ?(男声)」
使い魔『はわわわ…お許しを…。』
凛々「今回だけは晩飯抜きで許してやるよ。次やったら……分かってるな?(男声)」
使い魔『はははははい!』
凛々「分かったら肉調達して来い!僕が弁償してやる。それと、歩様達に声かけろ!(男声)」
使い魔『はいぃぃぃぃ!』

…ふぅ。
全く、何やってんだあいつは…。
さて、もう一度フライパンに火をつけて…。
僕は、玻璃英の分のステーキを焼く。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.65 )
日時: 2016/09/12 23:24
名前: フランソワーズ ◆XTyQit91CM
参照: ツイッター始めました

美海「えっとね〜銀髪で緑の瞳の子と黒髪で水色の瞳の子を探してるの〜」


聖奈「ああ、私はな、君達と友達になりたくて来たんだ」


奏子「そ、そうね……」
  (マズイ、バレる所だった……)

秋の紅葉デート? ( No.66 )
日時: 2016/09/15 22:36
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 待って漣んかあいい

ーーー御手杵の場合ーーー
日向「あ、おいルイ。そろそろ帰るぞ。約束の時間が近い」
ルイ「あ、そうだね」
約束の時間……?
北香「どっか行くの?」
ルイ「うん、まあねー。ちょっと、軽いデート?」
で……!?
日向「おいルイ。誤解されるだろ。トリプルデートだよ」
何も解決してないぜ日向。
ルイ「って理由でいくね。おじゃましましたー」
ユウマ「おう。俺はもうちょっといるわ。羽黒と御手杵はどうする?」
羽黒「私も、まだいます」
御手杵「俺も」
そう言いつつ、去る二人の会話に耳を傾ける。
日向「秋が好きなのは君だったか」
ルイ「それは鶴たん。あたしが好きなのは冬よ」
日向「そうか。……今夜は、月も綺麗だろうに」
ルイ「それは夜になってから言ってよ、もう……好き」
ああ、そうか。
もう十五夜か……

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。