二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.49 )
日時: 2016/09/04 23:28
名前: ユウリ

side無し

理緒母「んーと…そうねぇ。大体1時間ぐらいかしら?また欲しいなら、言ってね。予備あるから。」

…理緒母は、30分の間で一体何個作ったのだろう…。



歩side

歩「…どうする?まだ続けるか?今の内になら降参しても遅くは無いが…?」

そう言いながらも、俺は次の攻撃の準備をしている。



赤音side

…ここ、何処?
崖…?かな。

赤音「薫!離してよ!」

薫は、私の腕を離す。
それと同時に、政宗が薫の後ろから私の方へやってくる。

政宗「…南雲、一体どういうつもりだ?」
薫「そうだねぇ…。ちょっと、人の『心』って奴を試したくなって。」

そう言うと、薫は私を崖から突き飛ばす。

政宗「赤音!」

政宗は、自分から崖を飛び降りて、私を抱きしめる。
その後から、一本の細い紐が垂らされた。
政宗と私は、それにつかまる。

赤音「…何をするつもりなの?」
薫「言ったでしょ?人の『心』を試したいって。人間がどれほど醜いかをこの目でもう一度確かめたいんだ。」

そう言うと、薫は紐を指さす。

薫「その紐、細いでしょ?当然、2人分の重さには耐えられないわけ。…つまり、どっちかが落ちてくれないと、もう1人は助からないの。…でもね?落ちたら…。」

私は、下を見る。
そこには、炎の海があった。

赤音「死ぬって事ね。」

…でも、そんなの関係ない。
私は吸血鬼。
こんなの、すぐに飛んで行っちゃうんだから!

赤音「…あれ?」

どうして?
羽が…出ない。
それどころか、魔力も…。

薫「あ、そうそう。お前等の魔力と力はこっちに封じ込めといたから。」

そう言って、薫は水晶玉を指さす。

薫「つまり、赤音が飛んで脱出する事も出来ないし、松本も風魔法を使って上に上がることは出来ない。」

…くっ!
もう、薫がこんな時アホだったら凄い助かるのに!
…どうしよう…。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.50 )
日時: 2016/09/05 21:21
名前: フランソワーズ ◆XTyQit91CM
参照: ツイッター始めました

蒼「じゃあ何本かくれないか?」

女声のまま

愛の行き先誰として知らず ( No.51 )
日時: 2016/09/05 23:16
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 待って漣んかあいい

ーーー七浜信也の場合ーーー
信也「で……禊さんはなぜ散歩を?」
禊「『いやさ。』『歩くんについて詳しそうなのを見つけたからね』」
……詳しそう?
禊「『一城優真って知ってる?』」
信也「現在一番隊の?」
禊「『そう。』『……いやぁ、会えるかどうかは知らないよ?』」
信也「ありがとうございます禊さんそこら辺の川に落ちて死んでください」
いや、僕は。
どこかから、歩の所へ行く方法を見つける。
さあ、知っていそうなのは……

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.52 )
日時: 2016/09/05 23:33
名前: ユウリ

side無し

理緒母「クスッいいわよ。この中から好きなだけ持っていって。」

理緒母は、箱を取り出す。
その中には、何十個も瓶があった。



玻璃英side

今日もナツ君に会いに行かないと!
私は、川の方まで走る。
…すると。

禊「『まだやってるのかい?』『そんな“つまらないこと”』」

眼鏡の男(信也)と、以前誰かが『裸エプロンの人』と言っていた者(禊)が話をしていた。
…眼鏡はともかく、裸エプロンは私の事を知っているのかも…。
ナツ君と会っている事は、なるべく秘密にしておかなければいけないのだが…。
…まぁいいや。
行き先を知らなければ別にバレないだろう。
私はそう思って、裸エプロンの後ろを通っていく。



赤音side

私がそう思っている間…。

ギリギリギリ…

紐が少しずつ切れていく音がする。
早くしないと、政宗と私が…!

『あんたなんか、生まれてこなきゃ良かった。』

…!
私は、あの言葉を思い出した。
そう、私は…皆にとって
『いらない子』だった。
今だって、ZARDのメンバーに迷惑をかけているかもしれない。
誰かが私を『いらない子』だって思っているかもしれない。
…それに比べて、政宗はなんだかんだ皆から慕われている。
面倒見もいいし、頭だっていい。
だったら…。

赤音「…政宗。本当に、今まで私の面倒を見てくれて、ありがとね。」
政宗「…?何だ、急に?」
赤音「…………大好き、だよ。」

そして、私は紐から手を放し、炎の海に向かって落ちる。
『いらない子』は、此処で消えていくのがいいのかもしれない。
ありがとう、皆。
……本当に、大好き。

























ドボンッ!

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.53 )
日時: 2016/09/05 23:35
名前: ユウリ

政宗side

赤音「…………大好き、だよ。」

赤音は紐から手を放す。

松本「赤音っ!」



















ドボンッ!










赤音「…あれ?何で、私…。」
松本「ハァ…何してんだ!」

俺は、紐の1番下に飛び降りてつかまり、赤音の手をつかんでいた。


※ちなみに『ドボンッ!』という効果音は、石が落ちた音です。

赤音「だって、私…。『いらない子』だから…。」
松本「…いいか、赤音。よく聞いておけ。確かに、赤音は家族や里の皆から邪険に扱われていたかもしれねぇ。でも、俺達は違う。赤音の事、本当に仲間だと思っている。…それに、お前が生まれて生きているという事は、『誰かから必要とされている命』って事なんだ。『いらない子・いらない命』なんて言って、自分の命を簡単に消すんじゃねぇ!」

赤音は周りが敵だらけの場所で生きてきた。
だから、『いらない子』なんて言っても不思議じゃないと思う。
だからこそ、自分の命がどれだけ大事なのかを、俺達が教えてやらねぇといけない。

赤音「でも、それじゃあ政宗が!」
松本「何とかなる!…はず。崖の近くに木があったらそれにつかまって、無かったら崖の岩で上まで頑張って登る。自分の命を犠牲にしなくたって、諦めなければきっとなんとかなるんだ。だから…希望を捨てるな。」

あ、言い忘れてた。

松本「それと…家に帰ったら思いっきり泣けよ。…我慢してんじゃねぇよ。」

さっきから、赤音が泣きそうなことに気が付いていた。
でも、赤音は涙を流さない。
強がっているのかもしれない。
でも、ずっと自分の気持ちを押さえ込むのも、いけないと俺は思う。

赤音「…うん、ありがとう。」

ギリギリギリギリ…

まずい!
あともうちょっとで紐が!

ギリギリギリギリ…
…プチンッ

紐は途切れる。

俺と赤音は、間一髪で近くにあった小さい木の枝につかまることが出来た。
…でも、あの紐より丈夫そうな気がしない。
すぐに折れそうだった。


赤音side

このままじゃ、本当に落ちる!
あの崖を登るなんて、無理よ!
…でも、落ちたら政宗が…。

バキッ

松本「うわっ!」

私と政宗は、落ちる。
…私はどうなったっていい。
でも、政宗が必要としてくれたから私は今此処で命を繋ぎ止める事が出来てる。
じゃあ、今度は私の番。
私が、政宗を守って見せる!
救って見せる!
何がどうなったっていいから!
絶対に…!絶対…!

その時、私の下に魔法陣が出てくる。

赤音「な、何…?」

私は、黒い雲に覆われる。
…そして、その雲が壊れた時、私の姿は変わっていた。
魔力は無いけれど、何故か吸血鬼の姿になっていて、その上いつもとは違う白銀の髪に、羽のてっぺんに角が生えている。
…何か分からないけど、羽があれば飛べる!
私は、政宗の所に行き、抱える。
そして、薫がいる地上まで飛ぶ。

薫「…!何でだ!何で、吸血鬼の姿に!?」
赤音「さぁ、この借り、しっかりとお返ししないとね!」

そう言って、私は薫が持っていた水晶玉を放り投げて壊し、自分と政宗の魔力を取り戻した。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。