二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



首上 ( No.39 )
日時: 2016/09/01 22:21
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 待って漣んかあいい

ーーールイの場合ーーー
ルイ「うん、いいってー。じゃ、行こっか」



本日2度目の政府。
勿論、皆がいる部屋に戻ったら最初に……
ルイ「ただいま日向、ケッコンしよ!」
日向「君は話が唐突だな」
ルイ「ねえ、懐入ってもいい……?」
日向「君は憂香に用があるんじゃないか?」
ルイ「日向のケチー」
……
ユウマ「クサレズどっかいけ」
ルイ「あい」
憂香「あ、ルイちゃん。こっちよ」
ルイ「あっはーい」
彼女に呼ばれ、三年班の班室へ。
6人の生活感が垣間見えるその部屋。
憂香「まあ、私が保管してるのは首だけだからね」
ルイ「そのセリフだけで怖いんですけど」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.40 )
日時: 2016/09/02 23:57
名前: ユウリ

理緒side

ワクワクワクワク。
一体どんな首が出るのかなぁ…。
楽しみ!

憂香「理緒ちゃーん。これだよ。」

oh!
It's,namakubi!
ふーん…断面はこんな感じになってるんだ…。

※グロイのが苦手な方、申し訳ありません…。

理緒「憂香さん、ありがとうございます!見せてくれて!」



松本side

赤音「楽しかったねー!」
松本「お前はあんなにバクバク食って、よく太らないな…。」
赤音「へっへーん!いいでしょ?」

こいつ、大食い選手権とか出れそうだな…。

?「こんな所で何してるの?お2人さん。」
赤音「…!薫!」

南雲薫…。
確か、雪風の双子の兄だと言っていたな…。

松本「お前こそ、何をしている。」
薫「暇つぶしの相手を探しているんだ。…そうだなぁ。」

と言って、南雲は赤音を引っ張る。

赤音「ちょっ!離して!」
薫「良いこと思いついた。こいつ、連れて行くよ。」
松本「おい、待て!」

南雲は空間を開ける。

薫「…こいつを連れ戻したいんなら、着いてきても構わないよ。」

そう言って、南雲は赤音を連れて空間の中に入る。
…行くしかねぇだろ!
俺は、2人の後に続いて、その中に入る。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.41 )
日時: 2016/09/03 21:01
名前: フランソワーズ ◆XTyQit91CM
参照: ツイッター始めました

忍「な、なんという力……」


誠司・蒼・海斗「お願いします」

三人は何故か理緒の母の前で土下座していた

愛で動くのが僕だよ ( No.42 )
日時: 2016/09/03 22:15
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: 待って漣んかあいい

ーーー七浜信也の場合ーーー
さて、歩に会うにはどうすれば……
やはり凛々に聞いておくべきだったかな。
と、歩き続けると。
信也「……最悪だ」
禊「『おいおい。』『まだ一言も何も言ってないのにその反応は何だい?』」
信也「何の用ですか」
禊「『いや?』『ただ偶然君を見かけたからね』」
この人は、嫌いだ。
いや、人間的な意味でいえば好きだが。
禊「『まだやってるのかい?』『そんな“つまらないこと”』」
……この人には、悪意しか感じられないから。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.43 )
日時: 2016/09/03 23:30
名前: ユウリ

side無し

理緒母「ど、どうしたの?急に土下座して…。」

理緒の母は慌てている。

理緒母「ちょ、一旦まずは顔を上げてくれる?な、何があったの?私が何かしてしまった?」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。