二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.29 )
日時: 2016/08/27 22:19
名前: フランソワーズ ◆XTyQit91CM
参照: スランプ中につきpixiv活動休止中なう

忍「さあ、やりましょうか。……涙。」
涙「わかりました……やりますよ。」

そう言うと、二人は攻撃を繰り出す

忍「ナイト・オブ・グレッシャー!」
涙「クラウディ……サンダー!」

忍は大きく鋭い氷柱を降らせ、涙は風で雲を呼び寄せて歩に雷を落とす

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.30 )
日時: 2017/06/22 20:30
名前: ユウリ

歩side

歩「…そんなヘナチョコな攻撃、俺には効かない。」

俺は、2人の攻撃を闇魔法で打ち消す。
そして、闇の魔方陣を作り上げる。

歩「ダーク・サイレンス!!」

俺は、2人の周りに闇魔法で爆発を起こす。




玻璃英side

玻璃英「あ、R。お帰り。」
R『あ、ただいま。』
玻璃英「どうだった?」
R『外見は貴方そっくりだったから、正直とてもびっくりしたわ。』

…。

玻璃英「…私の体のオリジナルは、理緒なんだ。だから、私は理緒の偽者のような物だ。」
R『そうなの?…まぁ、気にしないでおいたら?理緒は理緒。貴女は貴女だから。』

…だとしても。
私が理緒の偽物である事には変わりは無い。

玻璃英「…あ、R。他に何かあったか?」
R『そうねぇ…。知人にあったわ。』
玻璃英「知人!?」
R『えぇ。…私の大切な、ね。』

Rはそう言って、城の何処かに消えて行った。
…Rの大切な知人って、誰なんだ?

情報提供あたしの仕事 ( No.31 )
日時: 2016/08/27 23:01
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc

ーーールイの場合ーーー
ルイ「んー……そっちは禊さん辺りの専門かなぁ。ルイちゃん そこまで 趣味 悪くない ホントウデス」
さて、さっきは少し意地悪いことしたからなぁ。
ルイ「正解は、『疑うことを知ってもらうため』」
二つ目は忠告。
これは手短に済ませて、少し多めの情報提供と行こう。
ルイ「まだね、君は若いんだから。疑うことを覚えたほうがいいよ。あたしみたいな適当な人間になる前にね。疑って、初めて信じることが出来る」
いや、もっと適当なのもいるんだけどね。
ルイ「優しそうな人間ほど、すげえ危険なこともあるんだから(逆パターンもあるけど)。さっきのあたしの演技みたいにね。結構いいかんじだったっしょ?」
さて、話してあげようか。
ルイ「第二問。あたし、一体何年前or後に生まれたでしょうか?」
だって、君には話していないもんね。
あたしのこと、ただの未来から来たサイコパスさんだと思ってるかな。
きっと、『0722』なんて数字知らないでしょ?

ーーー七浜信也の場合ーーー
さて。
彼女に大事なことを聞き忘れたようだ。
黒風歩はどこに……
やれやれ、だから彼女は嫌いなんだ。
役に立つ無駄な情報をぺらぺら話し、重要なことだけ教えてくれない。
信也「黒風歩に、逢わなければ」
そんな僕の思いなんて知らないんだ。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.32 )
日時: 2016/08/28 22:54
名前: ユウリ
参照: 24時間テレビ、超感動した…。

理緒side

…しまった。
春気と一緒に居るから、つい、そっち方面かと…。

ルイ「第二問。あたし、一体何年前or後に生まれたでしょうか?」

…これも、私の予想。
生徒達の間で話されていた噂だし、あまり信憑性は無い。
でも、ずっと疑問に思っていた。
どうして、『あの人』と同じ名前なのかを。

理緒「…それは私には分かりませんが、少なくとも、ルイさんは私よりも先に生まれています。」
ルイ「どうして、そう思うの?」
理緒「ルイさん、『0722事件』という物を知っていますか?」

きっと、ルイさんが『あの人』でなければ、訳の分からない話かもしれない。
その事件が何なのかと聞かれたら答えよう。
私は、先を続ける。

理緒「2009年に起きた、不可解な事件です。…詳細は後にして、そこで行方不明になっている生き残りが居たんです。その内の1人の名は、『二葉瑠衣』。間違っていたらすみませんが、ルイさんはこの『二葉瑠衣』さんと同一人物なのだと考えています。瑠衣さんはこの頃高校生だったので、ルイさんが同一人物なのであれば、私達より先に生まれている。そう考えました。…最も、その頃は何歳だったのかは知りませんので、何年前に生まれたのかは分かりませんがね。」

名前が同じだから、そうかもしれないと思った。
…ただ名前が同じだけで、もしかしたら別人なのかもしれないけど。

情報提供 ( No.33 )
日時: 2016/08/29 00:03
名前: 涼月 ◆eVf1G29mRc
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7/index.cgi?mode

ーーールイの場合ーーー
ルイ「……先手必勝パターンは初めてだよ。せーかい。ちなみに今23なのです」
心の中で何かが割れた。
くそ、なんでこんな質問振ったんだっっ!!
ルイ「まーね。詳細は省いて欲しいかな。……こっちの身としても、ね」
くるり、一回転。
ルイ「まー、君がいうように不可解な事件なんだけどね。……本当に不可解だったのはね」
指を掲げる。
ルイ「名字、一から四まで。偶然にしては不可解でしょ?……まあ、ね。今はこの話どうでもいいんだけど」
メモ用紙を取り出す。
ルイ「この世には、もっと不可解なことがあるんだよ」
能力を売り払って手に入れた情報の数々。
ルイ「首と胴体が切り離された遺体の話、知ってる?」
ニュースでも時々取り上げられたからね。知ってるかな。
ルイ「正確には首から上がない遺体。犯人は捕まってて、どっかに隠したみたいなんだけどね……どうやら、それ。あたしの先輩が持ってるみたいなんだよね」
ドヤ顔で情報提供。
ルイ「あの先輩なら聞いたら見せてくれそうだけどなぁ。ね?他になんか聞きたい情報、ある?」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。