二次創作小説(映像)※倉庫ログ

逃走中3−6〜ヘリオスモード〜(バッドエンド)
日時: 2016/10/09 17:50
名前: Tr01

本家逃走中を書き起こし

>>1-3


「逃走中3−6〜ヘリオスモード〜」

詳細 >>4
台詞 >>
予想ゲームなし
本編 >>7-

注意

@これはあくまで二次創作であり、本家の逃走中および実在人物の実際の出演とは一切関係ありません。

Page:1 2 3 4



Re: 逃走中3−6〜ヘリオスモード〜 ( No.26 )
日時: 2016/10/08 20:00
名前: Tr01

33:00


〜指令室〜

有明
「これで終わると思ったか?」


[ニセ逃走者起動]



停止していた2体のニセ逃走者が起動した!


ワカシャモA
「・・・・・・・・・・!!」


まつついA
「・・・・・・・・・・!!」




[増殖・通報開始]



ワカシャモA×11
「・・・・・・・・・・!!」

まつついA×11
「・・・・・・・・・・!!」



有明
「これを乗り切ってみろ、逃走者よ!」


[MISSION]


ニセ逃走者2体が増殖し22体となり、さらに通報を開始した!



プルルル

中岡
「ミッション4!」


「ニセ逃走者が再び動き出し、11体に増殖した。このうち本物の2体は逃走者を見つけ次第、位置情報をハンターに知らせる。駐車場にある22台のコンテナの中に1台ずつレバーがあり、それを使えばニセ逃走者のアンドロイドを1体づつ停止させることができる。ただし、本物が停止するとは限らない」


ダークユウミ
「は?」



MISSION 4

通報を停止せよ!


駐車場に1〜22の22台のトレーラーが出現した。
1〜11はワカシャモの、12〜22はまつついのアンドロイドを停止させるためのレバーが入っているが、通報を行う本物を停止させるレバーはそれぞれ1台づつ、計2台しかない。



吉村
「これって本物潰さなきゃいけないのか・・・」


ワカシャモ、まつついの本体のみ通報を行う。それ以外のアンドロイドは、逃走者を見つけても音を出さない。



果たして、本物のアンドロイドを停止させることはできるか!?


残り8人 ハンター4体 残り時間 28:00

葉月 霧風赤司 ダークユウミ 中岡創一 吉村崇 
いけだだ ズバット ルチアーノ

Re: 逃走中3−6〜ヘリオスモード〜 ( No.27 )
日時: 2016/10/08 23:00
名前: TX(Tr01)

以降はTXとして執筆します。

28:00

中岡
「通報されたら終わりや。隠れよう」


一方、コンテナのある駐車場にいたいけだだは・・・


いけだだ
「これ全部引けばいいんだっけ?まずここだ」


8番のコンテナに到着。


いけだだ
「引こう!」


ガシャン



偽ワカシャモA
「・・・・・・・・・・・・」



いけだだ
「違うか・・・」


そこへ・・・


偽まつついA
「・・・・・・・・・・・・」



偽物のまつついだ・・・



いけだだ
「あれ?音鳴らしてない!セーフ」






本体ではなかった・・・



更に、13番のコンテナには・・・


ダークユウミ
「早く止めるか」

ダークユウミだ・・・


しかし・・・


偽まつついA
「・・・・・・・・・・・・」



止まったのは偽物だった・・・


一方、本物のまつついは・・・



まつついA
「・・・・・・・・・・」



まつついA
「・・・・・・・・・・!!」



ピーーーーー!!





逃走者を発見!



見つかったのは・・・



中岡
「あかん!音鳴った!!」




ロッチ中岡だ・・・



ハンターVH
「・・・・・・・・・・!!」



ハンターTG
「・・・・・・・・・・!!」



通報の音を聞いたハンターが、中岡の確保に向かう!




ハンターTG
「・・・・・・・・・・!!」


中岡
「うわ、絶対あかんやつや!」





NAKAOKA




そして・・・

ハンターVH
「・・・・・・・・・・!!」


別のハンターにも見つかった!



中岡
「挟まれたあぁ!」


ポン!



ロッチ
中岡創一 確保
  残り7人
残り時間 27:11



プルルル

葉月
「『ロッチ中岡確保』本家吉村さんだけですなw」



その頃、霧風赤司は・・・


偽ワカシャモA
「・・・・・・・・・・・・」



偽まつついA
「・・・・・・・・・・・・」



霧風赤司
「うわ・・・アンドロイドだらけだ。」





この後・・・


いけだだ
「2番発見!」


しかし・・・


偽ワカシャモA
「・・・・・・・・・・・・」


偽物だった・・・


ダークユウミ
「16番か」


こちらも・・・


偽まつついA
「・・・・・・・・・・・・」



偽物だ・・・


本物を止められるか!?


残り7人 ハンター4体 残り時間 26:30

葉月 霧風赤司 ダークユウミ 吉村崇 いけだだ ズバット ルチアーノ

Re: 逃走中3−6〜ヘリオスモード〜 ( No.28 )
日時: 2016/10/09 10:15
名前: TX(Tr01)

26:30

ここまで、逃走者たちが8,13,2,16番のコンテナのレバーを下したが、本物を停止させるには至らなかった。


いけだだ
「ここだ。1番か」

いけだだは、1番のコンテナを引くが・・・



ガシャン



偽ワカシャモA
「・・・・・・・・・・・・」




本物は停止せず。

その後、二人は3,4,5,10,11,12,18,19番のコンテナのレバーを引いたが、どれも偽アンドロイドを停止させるものだった。


霧風赤司
「ここ20番だ、引こう。」


ガシャン


まつついA
「・・・・・・・・・・・・」








本物 停止



ついに本物のまつついアンドロイドは停止し、残るは1体!


ルチアーノ
「せっかく復活しかけど、ミッションはやりたくないね」

イリアステル三皇帝・ルチアーノはミッションに参加しないようだ。



ズバット
「俺もやろう」


しかし、ズバットの近くに・・・



ワカシャモA
「・・・・・・・・・・・・」



本物のワカシャモアンドロイドだ・・・



ワカシャモA
「・・・・・・・・・・!!」


ピーーーーー!!





ハンターTT
「・・・・・・・・・・!!」



近くにいたハンターが、確保へ向かう!




ハンターTT
「・・・・・・・・・・・・」

タッタッタッタッタ






ZUBAT





ズバット
「ハンターだ!!」



ハンターTT
「・・・・・・・・・・・・」

タッタッタッタッタ







ZUBAT




ハンターTT
「・・・・・・・・・・・・」


ポン!


ズバット
「復活したのに・・・」



ズバット 確保
  残り6人
残り時間 20:57


プルルル


吉村
「『ズバット確保、残り6人』」



逃走者は6人となった!

通報を行う、あと1体の本物のアンドロイドを停止できるか!?


残り6人 ハンター4体 残り時間 20:20

葉月 霧風赤司 ダークユウミ 吉村崇 いけだだ ルチアーノ

Re: 逃走中3−6〜ヘリオスモード〜 ( No.29 )
日時: 2016/10/09 15:32
名前: TX(Tr01)

20:20

残るレバーは、6,7,9番のみ!

どれが本物を停止させるものなのか!?


いけだだ
「よし、7番来た!」



果たして・・・








ガシャン








偽ワカシャモA
「・・・・・・・・・・・・」



違った・・・




霧風赤司
「6番だ。」





果たして・・・



ガシャン





























ワカシャモA
「・・・・・・・・・・・・」




ワカシャモ 停止



MISSION CLEAR





プルルル


ダークユウミ
「『いけだだ、霧風赤司の活躍によりミッションクリア、ニセ逃走者の通報は停止した』」



残り時間は18分!逃げ切れるか!?




ハンターTT
「・・・・・・・・・・・・」


ハンターOF
「・・・・・・・・・・・・」


ハンターTG
「・・・・・・・・・・・・」


ハンターVH
「・・・・・・・・・・・・」





吉村
「あと15分か・・・本家じゃ一度も逃げ切ったことないからなぁ・・・」


時間が過ぎるのを待つ、平成ノブシコブシ吉村。



その近くに・・・



ハンターTG
「・・・・・・・・・・・・」



ハンター・・・




ハンターTG
「・・・・・・・・・・・・」



ピーーー




YOSHIMURA




ハンターTG
「・・・・・・・・・・!!」



見つかった・・・



吉村
「うわっ!ハンター!!」





ハンターTG
「・・・・・・・・・・・・」

タッタッタッタッタ



ハンターは、視界に捉えた逃走者を見失うまで追跡する!







YOSHIMURA






ハンターTG
「・・・・・・・・・・・・」

タッタッタッタッタ







YOSHIMURA







ハンターTG
「・・・・・・・・・・・・」



吉村
「ああああああ」


ポン!


吉村
「うわ・・・油断してた・・・」


平成ノブシコブシ
吉村崇 確保
 残り5人
残り時間 14:02


プルルル

霧風赤司
「『ノブコブ吉村確保、残り5人』」


逃走者は残り5人!逃げ切れば144万円を獲得できる!

残り5人 ハンター4体 残り時間 13:30

葉月 霧風赤司 ダークユウミ いけだだ ルチアーノ

Re: 逃走中3−6〜ヘリオスモード〜 ( No.30 )
日時: 2016/10/09 16:33
名前: TX(Tr01)

13:30


ハンターTT
「・・・・・・・・・・・・」



現在、ハンターは4体。エリア内をくまなく捜索する。


ハンターVH
「・・・・・・・・・・・・」




〜指令室〜

有明
「これで終わると思ったか?逃走者に不意打ちを仕掛けたぞ」


[ハンター転送]




ハンター×30
「・・・・・・・・・・・・」



突如、観覧車ビルの扉に、30体のハンターが設置された・・・




〜指令室〜


有明
「これがヘリオスモードだ!分かったな!ハハハハハ!」




7:00

6:59


葉月
「何これ?カウントダウンですえ」


30体のハンターが入った扉で、カウントダウンが始まっている!





ハンターOF
「・・・・・・・・・・・・」




ルチアーノ
「何もせず逃げ切りたいね」

ルチアーノはハンターの接近に気付いていない・・・




ハンターOF
「・・・・・・・・・・・・」



ピーーー




LUCIANO



ハンターOF
「・・・・・・・・・・!!」


ルチアーノ
「え?来てたの?」

ポン!


ハンターは神出鬼没。一瞬の油断もできない。


ルチアーノ 確保
   残り4人
残り時間 10:10


プルルル

いけだだ
「『ルチアーノ確保、残り4人』あと復活組俺だけ!」


これで、残る逃走者は4人!



そして、扉の前のカウントダウンの内容が示された!


「ハンター放出まで」
 
4:30


葉月
「ここを出なきゃいけないですね」



残り5分になると扉から30体のハンターが放出されてしまう!



全滅か!?


残り4人 ハンター4体 残り時間 09:00

葉月 霧風赤司 ダークユウミ いけだだ

Re: 逃走中3−6〜ヘリオスモード〜 ( No.31 )
日時: 2016/10/09 17:05
名前: TX(Tr01)

09:00

葉月
「ちょっと、(チャットで)知らせないと」

[葉月:残り5分にハンター30体が観覧車ビルから出てきます]


ダークユウミ
「は?」

いけだだ
「全滅だろ?」

霧風赤司
「今までなかったな。」


葉月
「今すぐ逃げろ〜」



そして・・・



05:03


05:02


05:01



05:00
1,380,000円


ハンター×30
「・・・・・・・・・・!!」



ハンター30体放出





プルルル

〜牢獄〜

doradora
「『通達、30体のハンターがエリアに解き放たれた』」

全員
「え?無条件で?」




ハンター×34
「・・・・・・・・・・・・」



エリアには34体のハンター!逃げ場はない!



逃走者たちの運命は!?


残り4人 ハンター34体 残り時間 04:40

葉月 霧風赤司 ダークユウミ いけだだ



Re: 逃走中3−6〜ヘリオスモード〜 ( No.32 )
日時: 2016/10/09 17:50
名前: TX(Tr01)

04:40

ハンター×34
「・・・・・・・・・・・・」


34体のハンターがエリアに解き放たれた!どうなる!?




葉月
「ハンターだらけ・・・動けない・・・」


霧風赤司
「もう絶望的だ・・・」




その時・・・


ハンター
「・・・・・・・・・・!!」



いけだだ
「うわ!ハンター来た!」



いけだだと・・・


ハンター
「・・・・・・・・・・!!」


葉月
「ハンター来たっ」



葉月と・・・


ハンター
「・・・・・・・・・・!!」



ダークユウミ
「来たな。」



ダークユウミが見つかった・・・




ハンター
「・・・・・・・・・・・・」

タッタッタッタッタ




IKEDADA




いけだだ
「うわわあぁぁ」

ポン!



ハンター
「・・・・・・・・・・・・」

葉月
「うわぁ、無理でしょ」


ポン!


ハンター
「・・・・・・・・・・!!」


ダークユウミ
「挟まれたな。」


ハンター
「・・・・・・・・・・・・」


ポン!


3人同時に、撃沈・・・



いけだだ 確保  葉月 確保

     残り1人


    ダークユウミ 確保


    残り時間 04:00


残るは、霧風赤司ただ一人!


霧風赤司
「ハンター多すぎだ。」


ハンター×34
「・・・・・・・・・・・・」




ハンター×7
「・・・・・・・・・・!!」




霧風赤司
「うわああぁ」




更に・・・



ハンター×5
「・・・・・・・・・・!!」


前方からもハンター・・・




霧風赤司
「あんまりだああああああぁぁぁぁぁぁ」










































ポン!



     霧風赤司 確保
    残り時間 03:21



































       GAME OVER




〜指令室〜

有明
「ハハハハハ!これがヘリオスモードだ!分かったか逃走者共!!」




[データ保存]


[YES]





Results

逃走成功者・自首成立者なし

みっちゃん 参加ボーナス10万円



THE END

Re: 逃走中3−6〜ヘリオスモード〜(バッドエンド) ( No.33 )
日時: 2016/10/09 17:57
名前: ハルキ

茶逃走成功率90%でも絶対逃げ切れるわけでは、ないんですね。
茶番
ダークユウミ「オブザ様。申し訳ございません。」
カル・オブザ「頑張ったわね。今回は、ハードモードだったわね。次は、頑張りなさい。3ー8では、誰を出そうかしら?」

Re: 逃走中3−6〜ヘリオスモード〜(バッドエンド) ( No.34 )
日時: 2016/10/09 18:07
名前: TX(Tr01)

>>ハルキさん

逃走成功率じゃなくて、逃走成功指数90ならわかりますが・・・

Re: 逃走中3−6〜ヘリオスモード〜(バッドエンド) ( No.35 )
日時: 2016/10/09 21:23
名前: ハルキ

指数90としましょう。次回以降は、

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。