二次創作小説(映像)※倉庫ログ

ポケモンストーリー ハートゴールド編
日時: 2016/10/23 17:00
名前: たくと七星

 また、お会いします。たくと七星です。これまでスマブラの小説を書いてきましたが、今回から、再びポケモンの小説を書いていこうと思います。今回は「ポケットモンスター 金銀」のリメイク版、「ハートゴールド、ソウルシルバー」を題材とした作品です。


<今作の概要>


・初の男の子主人公に挑戦
 前作、ブラック編、ダイヤモンド編と女の子を主人公として来ましたが、今回は初となる男の子の主人公に挑戦しようと思います。


・憎めないキャラにして行きたいと思います
 主人公の性格は昔の昭和のアニメの主人公をイメージして書いていこうと思っています。やんちゃでおバカでお調子者だけれども芯はしっかりしていて決めるときは決める、そんなキャラにしていこうと思います。


・ジムリーダーが旅のお供に
 今作ではジムリーダーを旅のお供として登場させます。これはアニメの設定でジムリーダーの一人を仲間にして出してみたいと思っていたので今作で書いてみたいと思っていました。もちろん、ただいるだけの存在にはさせず、先輩としてサポートしたり、アドバイスをしたりフォローをしてあげたり、共闘したりしていくのでそれらを見ていただけたらと思います。



・今作でのポケモンの新能力
 今作ではバトルにちょっとした工夫を入れてみました。登場するポケモンがちょっとした芸当を持っていたり変わった戦術をしてきたりするのでよろしく見ていただけたらと思っています。


・後半からオリジナル要素を展開
 前半、中盤は普通に原作沿いになりますが後半からは実際のゲームではなかった要素を追加していこうと思っています。それは何かはまだ伏せておきます。


 以上が本作の概要です。明るい主人公とジムリーダーの二人旅、色んな人たちとの出会い、脅威となるライバルの出現など、時にシリアス、時にはギャグも、そしてクスリとさせられたりするそんな話に出来ればと思いつつ連載していきますのでよろしくお願いします。


<主要人物紹介>


・ヒビキ
 本作の主人公、ワカバタウン出身の少年。デザインは原作「ハートゴールド、ソウルシルバー」と同じ。研究所に届いた自分あての差出人不明のタマゴからワニノコが孵ったことで冒険の旅にでる。おバカでお調子者だが、決して諦めない強い心を持った熱血漢。意外としっかりした所もあり、義理堅い一方、激昂したり感情が高ぶると江戸っ子口調になってしまうことがある。


・ツクシ
 ヒビキが出会うことになるむし使いの少年。偶然ヒビキと出会い、彼と仲良しになって一緒に行動することになる。しっかり者でヒビキのボケに鋭いツッコミを浴びせたり、先輩としてトレーナーとしてのあり方をサポートしたりする。研究家を目指しており、ウツギ博士には尊敬の念を抱いている。


・レイ
 ヒビキ達の前に現れた、赤髪に切れ長の目をした少年。冷徹な性格でポケモンは強ければいいと考えている。至るところでヒビキ達と出会うが弱者とみなして相手にしない態度をとることが多いが・・・本作でのヒビキの生涯の壁。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.213 )
日時: 2019/10/15 21:04
名前: たくと七星

第34話「届け、ジジーロンの思い イブキが掴むクリスタル」パート5

ヒビキ現在の手持ち
オーダイル(戦闘中)、アローラロコン、コンパン、ルージュラ、アクジキング、ホウオウ


「ジャラランガ、行け!」
 ジジーロンの励ましもあってイブキは強い心を持ったジムリーダーに成長していた。その実力を評価されてフスベシティのジムリーダーとなり、挑戦に来たトレーナー達を悉く返り討ちにしていった。
「素晴らしい!」
「さすがはイブキ様だ!」
 トレーナー達もイブキを認め、彼女を称える様になっていた。トレーナーとしての強さとプライドを手に入れたイブキだったが、それでも尚、越えられない壁があった。
「イブキ様は強くなられたが、やはりワタル様だよな」
「ああ、あの方こそが最強のドラゴン使いだ」
 ジムリーダーにはなっても、ワタルを称え称賛する声は止まなかった。彼の方が自分よりも人一倍強く、カントーの地方で四天王になり、遂にはチャンピオンになったのだ。彼がチャンピオンになってから、自分とワタルの間に大きな差が付いてしまった。
「私だって努力しているのに・・・」
 彼女の中で大きな焦りが見え始めていた。自分もその気になればワタルを超えるトレーナーになれる、イブキは更に修業を積んだが成果は中々でない。ワタルに勝負を挑んだ事もあったが、
「今の君では俺には勝てない」
 越えようと言う焦りが優先して思う様に戦えず、敗けてしまった。
「このままじゃ駄目よ・・・!」
 以来、イブキは強さを求める様になってしまった。誰とも交流を避け、強い相手とだけ戦い、慰めや労いを拒む様になっていき、いつしかジジーロンの慰めもつまらない気休めとしか映らなくなっていった。
「私はあの頃とは違うのよ!もう貴方の慰めなんか必要ない!」
 いつも自分に優しくしてくれたジジーロンから遠ざかり、距離を取る様になっていった。自分が弱く思われるのを嫌い、甘えと見られるのを避けて、ジジーロンから離れていった。


「これを、ずっと肌身放さず・・・」
 小さい頃にあげたキバをずっと大事に持っていてくれた事、自分がどれだけ辛く当たり、放れていても、これをずっと持ち歩いていた。思い出の品を放さなかった優しさに瞳が熱くなる。
「貴方の優しさが嬉しかった。慰めてくれて、側にいてくれて、そのお陰で強くなれた。けど、いつしか自分の事しか考えられなくなって、貴方の優しさも疎む様になってた。それでも、ずっとこれを・・・ごめん、ごめんね・・・!」
 傷付き、倒れているジジーロンの顔を抱いて涙を流す。ヒビキ達は神妙な面持ちで見ていた。優しさを取り戻したイブキにジジーロンが涙を流した。一滴の涙が光に変わってイブキの手にあるキバを包んで、形を大きく変えていった。
「は・・・!」
 キバは眩く光るクリスタルに変わっていた。ドラゴンタイプ、ジャラランガのためのクリスタルだ。
「そいつは待ってたんだ、あんたが優しさを取り戻してくれるのを!」
 ジャラランガZをイブキは強く握りしめた。
「感動タイムはオワリマシタカーっ、ソロソロスタートシチャイマスよーっ!」
 したっぱのクロバットがくろいきりで翼を大きく変えて来た。
「ジャラランガに、それを・・・」
「え、おう?」
 イブキの頼むでヒビキはモモンのみをジャラランガに与えてどくを治した。
「お願い、彼を守るために力を貸して・・・!」
「やっと素直になってくれたか、そのつもりさ!」
 ヒビキとイブキはクロバットに視線を向ける。クロバットが急降下して迫って来た・・・。


続く・・・。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.214 )
日時: 2019/10/22 20:45
名前: たくと七星

第34話「届け、ジジーロンの思い イブキが掴むクリスタル」パート6

ヒビキ現在の手持ち
オーダイル(戦闘中)、アローラロコン、コンパン、ルージュラ、ホウオウ、アクジキング


 オーダイルとジャラランガはクロバットに向かって走り出した。クロバットが口からベノムショックを吐くと、オーダイルは片手を突きだしてこれを防ぎながら進んでいく。クロバットの翼を掴むオーダイルとジャラランガ、かいりきを振るってクロバットを押し出していく。
「ワッツ?!」
 クロバットは押し出されていき、投げ飛ばされた。しかし肥大化した翼からシャドーボールを飛ばしたが、オーダイルはみずでっぽうを連射してクロバットの放ったシャドーボールを相殺していった。
「今だ!」
「ジャラランガ、ドラゴンクローよ!」
 イブキの指示でジャラランガはジャンプしてドラゴンクローをしてクロバット地面に叩き付けた。
「行くわよ!」
 腕に装着しているリングにジャラランガZを装着させてZ技を発動させた。
「全てを穿て、龍の咆哮よ!」
 全身の鱗を鳴らして振動エネルギーを溜めていく。空中に飛び上がると、衝撃波を剣を振るう様に飛ばした。ブレイジングソウルビートがクロバットを両断する様に命中、爆発が起こり、クロバットは遂に力尽きた。
「よし!」
「よっしゃ!」
「オーマイガーっ!!!」
 手持ちのクロバットが破れてしたっぱの男は絶叫した。
「へへん、あんたの悪事もここまでだな」
 ヒビキが指を差すとしたっぱの男はすぐに冷静になると高笑いをした。
「ハッハーっ、ミーは敗れても、ロケット団は不滅デース!何故ならコノ地方にはラジオのタワーがアリマース、イマゴロ復活宣言をサレテイルデショウ!」
「え、こいつ何言ってるんだ?」
 したっぱの言葉にヒビキ、ツクシ、アカネの三人はポカーンとしてしまう。このしたっぱはその組織がどうなったのか知っていないのだろうか?
「あのー・・・ちょっといいかな?」
「ワッツ?」
「ロケット団はもう解散して無くなったよ?」
「エ?」
「うち等がやっつけてもうたで?」
「ああ、俺と皆でな」
 ヒビキ達が自分達が倒して解散に追い込んだと話した。
「オ、オ、オーマイガー!!!ミーはコレカラドウナルノデスカーっ?!!」
 したっぱの男はクロバットを戻すとあたふたしながら去って行った。それをヒビキ達は笑い合った。
「まあ、何はともあれ、こいつも助かって良かったな」
「そうね・・・」
 目の前にいる優しいドラゴンポケモンを見上げる。
「ありがとう、貴方は教えてくれた。ただ強くなるだけじゃない、ポケモンの心に向き合い、寄り添って絆を深めていく、その大切さを思い出してくれた。それが解ったからこのクリスタルを手に入れる事が出来た・・・」
 大切な事に気付いてくれた事が嬉しかったのか、ジジーロンは穏やかな顔でイブキを見つめていたのだった。


「ジジーロンを救ってくれてありがとう、そして、イブキに大切な事を教えてくれた事も感謝する」
 フスベシティを去る時、ちょうろう達が来てヒビキに礼をした。イブキとジジーロンもいる。
「いやあ、それ程でもねえよ、何か偉くなったと思っちまうじゃねえか・・・」
「さて、ヒビキとやら、これでバッジが全て揃った。となれば挑むのかね?」
「ああ」
 ちょうろうが言うとヒビキは力強く頷いた。
「ポケモンリーグ、俺は挑戦に行くぜ」
「ほっほ、これは力強い、まあ、トレーナーとして大事な心構えを解っているお主ならきっと乗り越えられるじゃろう、カントーのポケモンリーグ、そこに待ち構えるチャンピオンがワタルじゃ」
「あの人か、確かにそう言ってたもんな、遂にワタルさんのいるリーグに行くか、何だかワクワクしてくらあ!」
 ポケモンリーグ、その頂点に立つワタルとの戦いが待っている、その事にヒビキは心躍らせていた。
「ようし、早速ポケモンリーグに出発だ!」
「待って!」
「うん?」
 イブキがヒビキに声を掛ける。歩み寄ると、ヒビキの手を握った。
「何だ?」
「ヒビキ、貴方にも大切な事を教えられた。相手を思いやる優しさ、それを思い出させてくれた事、感謝するわ」
「何だ、素直に礼が言えるじゃねえか」
「そうね、貴方と彼のお陰よ。ヒビキ、頑張って来なさい、貴方ならきっと彼を超えられる、そんな気がするの・・・」
「へへ、いい笑顔じゃん。あんたのその笑顔、最高にいいぜ」
「そ、そうかしら?」
「ああ、俺が言うんだから間違いはねえ」
 胸を張るヒビキにイブキは笑ってしまった。
「ヒビキ、気を付けていきなさい、貴方なら大丈夫よ」
「おう、じゃあ、行って来るぜ!」
 ヒビキ達を見送りながらイブキは思った。
(彼が、ジジーロンが私を変えてくれた。本当にありがとう。貴方はきっとどんな辛い事も乗り越えて行ける、頑張ってね、ヒビキ・・・)
 ヒビキ達の冒険も終幕を迎えようとしていた。挑むは、ポケモンリーグ・・・!

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.215 )
日時: 2019/10/29 21:16
名前: たくと七星

第35話「VS、四天王イツキ!」パート1

ヒビキ現在の手持ち
オーダイル、アローラロコン、コンパン、ルージュラ、ホウオウ、アクジキング


・今回の注目ポケモン
・ネイティオ
・ヤドラン
・ナッシー
・アローラライチュウ
・ハギギシリ

・今回の注目ポイント
・ポケモンリーグに到着したヒビキ
・アカネが一時離脱?
・ネイティオの能力
・ヤドランのシェルダーを使った戦い



「着いたぜ・・・」
 ワカバタウンへ戻り、なみのりとたきのぼりを使って草むらとチャンピオンロードを潜り抜けてヒビキ達は遂にポケモンリーグのあるセキエイこうげんに到着した。
「ここがセキエイこうげん、カントー地方にあるリーグか・・・」
 そびえ立つ荘厳な建物を見てツクシは呆気に取られていた。ジョウト出身でジムリーダーである彼にとってここにこられるなんて思ってもみなかったからだ。
「ツクシくん、遂にここまで来たんだぜ」
「そうだね、ヒビキくん、良く頑張ってたからね、けど今見ても凄いなあ・・・」
「ああ、これほどの物とは思わなかったぜ。いやあ、その努力が報われたと思うと・・・」
 ツクシやアカネを始めとするジムリーダー達との戦い、そしてロケット団やウルトラビーストとの戦い、そしてジョウトの運命を決する最終決戦、様々な出来事が彼の脳裏によぎっていた。途中で挫折する事があっても諦めずにここまでこれて良かったと思うと感激の涙が流れて来る。
「ヒビキくん、落ち着いて。喜ぶならチャンピオンになってからね」
「あ、ああ、そうだったな。ツクシくんにも約束したもんな」
 そう、ヒビキはずっと覚えていたのだ。ツクシと会ってジムに勝利した後、自分がチャンピオンになった姿を見て欲しいと言った。ツクシはその言葉を信じてここまで来てくれたのだ。
「ツクシくん、俺、必ずなるぜ」
「もちろん、絶対に見届けるよ」
 そう言って互いの手を交差する様に合わせた。
「あ、あかん!」
 アカネが突然、何かを思い出した。
「アカネちゃん、どうしたの?」
「ツクシくん、ヒビキさん、うち、大事な用事があったんや」
「用事だって、おいおい、これから挑戦だってえのに?」
「すまへんなあ、どうしても外せない用事なんや、二人には悪いねんけど、でも終わったらすぐに走って応援に来るから、な?」
 アカネが手を合わせて言う。
「解ったよ、それじゃあ仕方ねえな。出来るなら早めに終わらせてくれよ、アカネちゃんにだって見せてえんだからさ」
「もちろんや、じゃほな、行って来るで!」
 アカネは手を振って用事のある場所へと行った。
「アカネちゃん、一体どうしたんだろう?」
「まあ、色々あるんじゃねえの、となるとツクシくんが付いてくれるな」
「そうだね、ヒビキくん、頑張ってね。僕もアドバイスや応援は出来るから」
「ありがとな、ツクシくん、じゃあ・・・!」
 頬を叩いて門を見つめる。
「待ってろよ四天王にチャンピオン、この俺が今行くぜ!」
 喜び勇んで門の中へと入って行った。
「ヒビキくん、変わらないな。よし、僕も行かなきゃ・・・」
 ツクシもその後を追い掛けて行った・・・。


続く・・・。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.216 )
日時: 2019/11/05 21:25
名前: たくと七星

第35話「VS、四天王イツキ!」パート2

ヒビキ現在の手持ち
オーダイル、アローラロコン、コンパン、ルージュラ、ホウオウ、アクジキング


「いよいよだぜ・・・」
 目の前にある扉、その先に四天王が待っている。ヒビキは覚悟を決めて扉を開けた。
「たのもーっ!」
 ジムに入る度に叫んでいたお決まりの台詞、それを言った途端、扉が締められた。
「ヒビキくん、ここからは勝つか負けるまでは戻れない」
「ああ、元から覚悟はしてたさ、さあて最初はどいつだ、て言うかこの部屋暗いな・・・」
 見ると室内はとても暗く明かりがついていなかった。
「ようこそポケモンリーグへ!」
 誰かの掛け声とともに光が灯され部屋が明るくなった。目の前には黒の舞踏会に付けるマスクを付けた紫のスーツを纏った青年がヒビキにお辞儀をした。
「あんたか?」
「ほう、君が今回の挑戦者か、僕は四天王のイツキ、エスパータイプの使い手だ。それを極めるために修行を重ね、そして遂に四天王の一人となった」
「へえ、あんた努力家なんだな」
「その通り、君よりは努力をしていると自負しているよ」
 努力家と呼ばれるのを好んでいるのだろう、イツキは得意げに髪を撫でて誇らしげな顔をする。
「だが、その地位で満足している訳じゃないさ。僕は更に強くなって高みを目指す、そのためにも僕の鍛錬に付き合ってもらうよ!」
 ボールを構えるイツキ、バトルの合図だと察してヒビキもボールを構えた。
「俺もここで勝ってチャンピオンになる約束をしているんだ」
 そう言ってツクシの方を見る。ツクシも頑張ってとヒビキに微笑み、ガッツポーズをした。
「では始めようか、ネイティオ!」
 一番手としてイツキはネイティオを繰り出した。登場したネイティオは着地するなり翼を畳んで動かなくなった。
「俺はこいつだ、オーダイル!」
 ヒビキはオーダイルを出した。両者とも動かず睨み合いに出る。しばらく静寂の状態が続き・・・、
「クワーっ!」
 ネイティオはいなないて翼を広げた。そして翼からエネルギー状の無数の矢を飛ばして来た。オーダイルはハイドロポンプを飛ばしてこれを凌いだ。
「こうそくいどうだ!」
 ヒビキの指示でオーダイルはこうそくいどうでネイティオの前に立った。
「飛べ、ネイティオ!」
 イツキの指示でネイティオは羽ばたいて上空に上がった。
「何する気だ?!」
「ふふふ、ネイティオの能力を存分に味わいたまえ!」
 イツキが指を弾くとネイティオは体を真っ二つにした。
「何、体が割れた?!」
「驚くのはまだここから!」
 割れた体からブラックホールが出て来てオーダイルを引き摺り込もうとした。
「ヒビキくん、飲み込むつもりだ。放れるんだ!」
「オーダイル、ジャンプしてハイドロポンプだ!」
「オー、ダイル!」
 オーダイルはジャンプしてハイドロポンプをした。激流の勢いで後ろの方へと戻って行った。
「れいとうビームだ!」
 ヒビキの指示でオーダイルはれいとうビームを放ってネイティオに当てた。ビームを喰らってダメージを受けたネイティオだが、イツキは薄く笑っている。
「何だってんだ、あの余裕の顔・・・」
「ヒビキくん、見て!」
「何?!」
 ダメージを受けたネイティオはいなないて翼を広げた。すると二体の分身が出て来て三体になった。分身したネイティオ達がシャドーボールを連射して来た。
「避けろ、オーダイル!」
「オー、ダイル!」
 こうそくいどうをしてかわしたオーダイルはハイドロポンプを飛ばして一体に当てたがその一体から再び二体の分身が出て来た。
「さらに増えてる?!」
 ツクシが驚いているとイツキが説明した。
「どうかな、僕のネイティオは普通のネイティオとは違う、特殊攻撃を受ける度に分身を生み出す事が出来るんだ」
「じゃあ、俺の支持した技は・・・!」
「そう、全て特殊攻撃だ、それを使い続ければネイティオは更に数を増やしていく。さあ、どう対抗するのかな?」


続く・・・。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.217 )
日時: 2019/11/12 21:10
名前: たくと七星

第35話「VS、四天王イツキ!」パート3

「クワーっ!」
 五体のネイティオが翼を広げてシャドーボールを飛ばして来た。オーダイルはこうそくいどうをしてこれをかわした。
「くそう、どうすりゃあいいんだ!」
「ヒビキくん、とくこうがダメなら物理でいけばいいんだ!」
「物理?なるほど、直接攻撃って奴か!」
「ふ、だがこの中のどれが本物なのか見分けられるかな?」
「それだったらオーダイル、こころのめだ!」
 オーダイルは精神を統一したネイティオを見定めた。そして中心にいる一体が本体だと見抜いてかみくだくで攻撃した。
「クワ!」
 ダメージを受けると分身が消滅した。
「何?!」
「ようし、かいりきだ!」
 かいりきを使ってネイティオを投げ飛ばすとジャンプしてこおりのキバで攻撃してネイティオを倒したのだった。
「やったぜ!」
「僕のアドバイス通りだね!」
「さすがだね、けど、次も同じ様に倒せるかな?」
 二番手としてナッシーを繰り出して来た。
「ようし、なら俺はこいつで!」
 オーダイルを戻してコンパンを出した。
「ナッシー、たまなげだ!」
 イツキの指示でナッシーがたまなげで弾を飛ばして来たがコンパンに当てておらず辺り一面に飛ばしていた。
「何だ?」
「一体何のつもりで・・・?」
 ヒビキ達が首をかしげていると、イツキが指を鳴らした。ナッシーがねんりきをすると弾がその姿を変えた。
「タマタマ!」
「タマタマ!」
 無数の弾がタマタマに姿を変えて群がって来た、タマタマ達のたいあたりをコンパンが避けていくとナッシーが動き出した。跳躍してコンパンの目の前に来るとふみつけに出た。
「避けろ!」
 すんでの所で避けたコンパンだが、タマタマ達がねんりきをして振り回したり投げ飛ばしたりして来た。吹っ飛ばされた所へタマタマ達がどく、まひ、ねむりのこなを飛ばして来た。コンパンは頭を掻きむしって、掃除機を取り出した、掃除機を背負うと電源を稼働させて粉を吸い込んでいった。
「ナッシーっ!!!」
 ナッシーがねんりきを出すとタマタマ達が集合して巨大な弾のタマタマに姿を変えた。突進して来る巨大な弾、コンパンは掃除機を使ってタマタマを捕まえた。
「ナッシー?」
 何をする気だといぶかしがるナッシーにコンパンは掃除機の吸引口で掴んだタマタマを飛ばしてナッシーに当てた。弾が当たったナッシーは転げ落ちて弾は元の小さな弾に戻った。
「コンパン!」
 下敷きを取り出すと頭を磨いて自分の頭に火を付けた。走り出すと、燃え盛る頭を振り回してナッシーを攻撃した。そしてずつきを振るってナッシーに火を付けて丸焦げにして倒したのだった。
「ほう、中々やるね。じゃあこれならどうかな!」
 ナッシーを戻すと次にヤドランを繰り出して来た。
「俺はこいつで行くぜ!」
 ヒビキはコンパンを戻してルージュラを繰り出した。
「ヤドラン!」
 イツキが指を鳴らすとヤドランの尻尾に噛み付いていたシェルダーが分離して宙に浮いた。
「シェルダーがヤドランから放れた?」
 シェルダーが分離した事にツクシが驚いていた。
「さて、お楽しみはこれからさ」

続く・・・。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.218 )
日時: 2019/12/10 21:26
名前: たくと七星

第35話「VS、四天王イツキ!」パート4

ヒビキ現在の手持ち
オーダイル、アローラロコン、コンパン、ルージュラ(戦闘中)、ホウオウ、アクジキング


「ヤ〜ド〜っ!」
 ヤドランがシェルダーにねんりきを送った。
「シャシャ!」
 シェルダーはジャンプして横向きにすると回転してルージュラ目掛けて突進して来た。
「回転攻撃だ!」
「ルージュラ、避けろ!」
 ヒビキの指示でルージュラが避けるがシェルダーは反転してルージュラを攻撃した。更に棘から針を連射して来てルージュラを追撃する。
「ルージュラ、叩き落とすんだ!」
「ジュラ!」
 ルージュラは拳に冷気を溜めるとハンマーのように腕を振るってシェルダーを叩き落とした。
「シャシャ!」
 シェルダーは口から舌を伸ばして巻き付けに出たがルージュラはこれを掴んで投げ飛ばした。今度はハイドロポンプを飛ばして来る。腕をクロスしてガードし、ハイドロポンプを防いだ。するとシェルダーは回転して穴を掘って地中に潜った。
「今度は地面に!」
「畜生、思ったよりも芸達者じゃねえか!」
 どこに現れるのか、ルージュラが辺りを見渡した。すると背後からシェルダーが地面から出て来て体当たりをして攻撃した。
「ジュラ!」
 ルージュラが振り向くがすぐに地面に潜ってしまう、そして再び背後から現れて攻撃する。再び現れた時は両手で掴んだが口から冷気を吐きかけられて怯んでしまい手を離してしまった。
「どうだい、シェルダーに手も足も出ないだろう?」
「野郎・・・」
「ヒビキくん、地面に直に接すればどこから出て来るか解るはずだよ!」
「ツクシくん、そうか!ルージュラ、床に耳を当てろ!」
「ジュラ!」
 ヒビキに言われてルージュラは地面に耳を当てた。床下ではシェルダーが地面を掘っている。どこから出て来るか五感で感じ取る。
 床から一歩離れた時、シェルダーが床から出て来た。そこへルージュラはれいとうパンチをして吹っ飛ばした。しかしシェルダーは回転して向かって来る。
「サイコ〜っ!」
 ルージュラはサイコキネシスをして動きを止めさせた。そしてシェルダーを掴むとヤドランに投げ返した。
「ヤ、ヤド?!」
 シェルダーがヤドランの頭に噛み付いてぶつかり倒れ込んだ、そこへルージュラがサイコキネシスをして宙に浮かせるとサイコショックを放ってヤドランを見事に倒した。
「何?!」
「よっしゃ!」
「やるね、ではこのポケモンで!」
 四番手としてイツキはアローラライチュウを繰り出して来た。
「アロライ!」
「へえ、尻尾で浮いてるなんて珍しい奴だな」
「アローラ地方のライチュウはエスパータイプだ、さあ、どう出る?」
「ルージュラ、やれるか?」
「ジュラ」
 ヒビキの言葉にルージュラは強く頷いた。戦闘に入るとアローラライチュウが滑走して迫って来る。ルージュラはアローラライチュウを掴んで投げ飛ばした。ライチュウがでんげきはを飛ばすとひかりのかべを使ってこれを防いだ。するとアローラライチュウが尻尾を振るって空を切るように振るった。
「何してるんだ?」
 すると裂け目が出て来てその空間から電気が飛んで来た。
「あのライチュウ、空間を作って遠距離攻撃をするつもりだ!」
 電気が次々と飛んで来る。ルージュラは回避してかわしていった。見ると空間が四角形を象るようにある、するとひびが割れて大きな空間が出てルージュラとアローラライチュウを吸い込んだ。
「ジュラ?!」
 気が付くと電流が流れる不思議な空間に来ていた。そこにいるのはルージュラとアローラライチュウのみ。ライチュウを倒さない限り脱出は不可能、ルージュラはアローラライチュウと激突した。
 アイアンテールを振るうライチュウの尻尾をかわしていくとれいとうパンチを振るって攻撃した。アローラライチュウが三日月状の電気を飛ばして来るとルージュラは胸を張ってこれを防いだ。ルージュラがこおりのつぶてを飛ばすと尻尾を振るって叩き落とした。
 そしてエレキボールを三発飛ばして来るとルージュラはれいとうビームで凍らせて投げ返したがアローラライチュウは10まんボルトを飛ばして消滅させた。きあいだまを放って来る。ルージュラはこれを掴んで圧縮して消し去ると、ふぶきを放ってアローラライチュウを氷漬けにさせた。すると空間が消えて元のステージに戻った。
「ルージュラ・・・」
 ヒビキはルージュラが無事だった事にホッとする。アローラライチュウは力尽きていた。
「さすがはやるね、この僕が追い詰められるのはいつ以来だろう、さあ、僕一番の切り札を見せたやろう!」
 アローラライチュウを戻すと鋭い牙を生やした魚のポケモン、ハギギシリを繰り出した・・・。


続く・・・。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.219 )
日時: 2019/12/17 21:10
名前: たくと七星  (takuto141.memoryey@docomo.ne.jp

第35話「vs、四天王イツキ!」パート5

ヒビキ現在の手持ち
オーダイル、アローラロコン、コンパン、ルージュラ(戦闘中)、ホウオウ、アクジキング


「ハギギ!」
 登場したハギギシリは歯をガチガチと鳴らしてハイドロポンプを飛ばした。
「ジュラ!」
 ルージュラはバリヤーを張ってハギギシリの攻撃をしのぎながら前進した。間近まで来るとハギギシリはハイドロポンプを打ち止めして上空に上がりアクアジェットをして突進して来た。ルージュラはハギギシリを掴んで投げ飛ばした。
「ハギャーっ!」
 ハギギシリは反転して牙をむき出しにしてかみくだくに出ようとした。ルージュラはかわらわりをして叩き落そうとしたがハギギシリはねんりきで分身を作ってルージュラを囲み次から次へとかみつくをしてルージュラを連続攻撃した。
「分身たあやるじゃねえか・・・!」
「ヒビキくん、来るよ!」
 ハギギシリは口に溜めた水を変換させて炎に変えてかえんほうしゃを飛ばして来た。ルージュラは素早く回避してこれをかわしていった。
「ハギギギギ!」
 ハギギシリは今度は電気に変えて口から電撃を飛ばして来た。
「ジュラ!」
 ルージュラは胸を突き出してこれを防ぎ、片手でこれを弾いた。
「ほう、電撃を生身で防ぐとは中々やる、だがこれならどうかな?」
 イツキは腕に装着したzリングを起動させてz技を発動させた。
「修行の成果、今ここに見せる!」
 ハギギシリはマキシマムサイブレイカーを使ってルージュラを何度も光の壁にぶつけて最後に地面に叩き付けた。
「どうかな、さすがにこれでは、何?!」
 イツキが見ると、土煙の中から埃を払ってルージュラが出て来た。ダメージは負っているがまだ余裕を見せている。
「あんたはやる、さすがさ。けど、俺のルージュラはもっと上を行くぜ!」
 ヒビキがz技、レイジングジオフリーズを発動、氷の柱の上に乗るとルージュラは極限の冷気を放ってハギギシリを攻撃、氷漬けになった後、氷が砕けてハギギシリは力尽きた。
「よっしゃあ、ておーい、待てって!」
 勝利して束の間ルージュラが抱き着いてきてヒビキにキスをせがんで来た。ツクシが何とか引き離そうとしている。
「ま、参ったよ・・・」
 イツキはハギギシリボールにを戻して敗北を認めた。
「さすがと言った所だよ、敗けたのは修業が足りなかったためだ。けど、用心するんだね、ここから先には僕よりも強い四天王達がいる」
「おう、望む所さ、さあ行こうぜ!」
「うん、ヒビキくん!」
 イツキを倒してヒビキ達は先へと進んでいった。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.220 )
日時: 2020/01/07 19:48
名前: たくと七星  (takuto141.memoryey@docomo.ne.jp

第36話「vs、四天王キョウ!」パート1

ヒビキ現在の手持ち
オーダイル、アローラロコン、コンパン、ルージュラ、ホウオウ、アクジキング


・今回の注目ポケモン
・ホウオウ
・アクジキング
・ルージュラ
・モルフォン
・アローラベトベトン


・今回の注目ポイント
・ホウオウとアクジキングが活躍
・モルフォンとアローラベトベトンの技



「ようし、次の部屋が二人目の四天王だな」
 四天王、イツキに勝利してヒビキはツクシと一緒に歩いていた。
「そうだね、でも、あの人よりも強い人達みたいだから気を付けた方がいいかもしれないよ」
「なあに、俺の手にかかりゃ、どうって事ねえさ」
「ヒビキ君、その自信、どこから湧いてくるの?」
「うん、何となくさ。けど、絶対に勝つ!」
「迷いがないね、それを見てるとホッとして来たよ」
「おし、扉が見えて来たぜ」
 扉を開けるとそこは木々や岩が並ぶ緑の溢れた部屋だった。
「ふぁふぁふぁ、よくぞ参った」
 中央のフィールドで忍びの衣装を纏った中年の男が立っていた。
「拙者は四天王のキョウ、元はカントーのジムリーダーであったが、才を買われ今は四天王を務めておる」
「へえ、おっさん、ジムリーダーだったのか?」
「無論、今は娘のアンズが務めている。それはさておき、拙者の戦いは毒を与えてじわじわと弱らせていく戦術を得意としている。果たしてお主は拙者の術を潜り抜けられるか?」
「おう、バトルで色んな戦いを経験したんだ。敗けはしねえぜ!」
「ほう、相当自信があるようだ。では見せてみるがよい!」
 バトルが始まった。キョウは一番手にフォレトスを繰り出してきた。
「フォレトス、こうそくスピンだ!」
 キョウの指示でフォレトスはこうそくスピンをした。回転すると竜巻が出てホウオウに向かって飛んで来た。
「ホウオウ、避けるんだ!」
 ヒビキの指示でホウオウは羽ばたいてかわした。
「ふぁふぁふぁ、まだまだ出るぞ!」
 フォレトスは更に回転して竜巻を立て続けに飛ばして来た。ホウオウは高速で羽ばたいて向かって来る竜巻をかわしていく。
「どうだ!」
「まだまだ、仕掛けはあるのよ!」
 キョウが指をはじくとフォレトスは二つの突起から鎖を飛ばしてホウオウを拘束させた。
「あの鎖、まきびし?!」
 ツクシが拘束として使われているのがまきびしだと気付いた。
「ふぁふぁふぁ、まきびしを鎖として生成させていたのだ!」
「ヒビキ君、まきびしは鉄で出来てるはず!」
「ああ、だったら熱で!」
 ホウオウは体内から熱気を出してまきびしの鎖を溶かした。
「何と!」
「だいもんじだ!」
 だいもんじを飛ばしてフォレトスを撃破した。
「やった!」
「やりーっ!」
「さすが、ではこちらはどうかな?」
 二番手としてクロバットを繰り出してきた。クロバットは十字の毒の衝撃波を飛ばして来た。ホウオウは旋回してこれを弾く。
「では、はがねのつばさだ!」
 キョウの指示でクロバットがはがねのつばさを空中に浮かばせた。
「毒を仕込め!」
 鉄の翼に毒を仕込んで、ホウオウ目掛けて飛ばして来た。
「あれを食らったら、どく状態に成りかねないよ!」
「心配すんな、方法はある!せいなるほのおだ!」
 ホウオウはせいなるほのおを纏った。鉄の翼は溶けて無くなり毒も炎の前に消え去った。
「じんつうりきだ!」
 ホウオウはじんつうりきをしてクロバットを地面に叩き付けてげんしのちからを飛ばしてこれを倒したのだった。
「ふむ、さすがはイツキを倒しただけの事はある、では今度はとっておきの奴を見せてやろう!」
 キョウはクロバットを戻してモルフォンを繰り出してきた。
「ホウオウを温存しておくか。戻れ!」
 ヒビキはホウオウを戻してアローラロコンを出した。
「モルフォン、飛ばせ!」
 モルフォンは先端の角から細い毒の光線を一直線に飛ばして来た。
「避けろ!」
「コン!」
 ロコンはモルフォンの飛ばす糸のように細い光線をかわしていった。
「へへーんだ、どこ狙ってんだ!」
「ふふふ、気付いておらぬようだな」
「え?」
「足元を見るがよい」
「ヒビキ君、何かが描かれてる!」
 ロコンが足元を見ると自分を囲むように星形の円で囲った陣が描かれていた。毒の光線が書いていたのである。
「さあ、毒の波導を食らうがよい!」
 キョウが片手を高く上げると、陣から毒の波導が勢いよく出てロコンにダメージを与えた。更に翼から毒を飛ばして網を作りロコンを囲んでしまった。毒の網にかかってロコンは苦しんだ。
「こいつはきついぜ。戻れ、ロコン!」
 ヒビキはロコンを戻してオーダイルを出した。
「もう一度、食らわせてやろう!」
 モルフォンが光線を飛ばして来た。オーダイルは片手で払って前進していく。モルフォンのサイケ線を胸の筋肉で弾くとモルフォンにれいとうパンチを三発放って吹っ飛ばした。するとモルフォンは角の先にエネルギーを集中させる。何をするつもりかとヒビキとオーダイルがいぶかしがっていると、角からドリル状の衝撃波が飛んで来た。オーダイルはかわそうとしたが足元が掠ってしまい、毒を浴びてしまった。
「ドリルだなんて?!」
 意外な攻撃にツクシは驚いた。
「ふぁふぁふぁ、二の矢、三の矢と用意しておくのもトレーナーよ」
「やるじゃんあんた、けど、俺も敗けちゃいないぜ!」
 ヒビキはオーダイルを戻すとルージュラを繰り出した。モルフォンがベノムショックを繰り出して来ると胸を突き出してこれを防いだ。するとモルフォンが毒の光線で魔方陣を作って毒の衝撃波を浴びせにかかった。
「ルージュラが!」
「どうかな?」
 見るとルージュラが氷の中にいた。
「これは?!」
「自分から氷になって毒から守らせたのさ!」
 氷が砕けてルージュラが出て来た。サイコキネシスをしてモルフォンを撃破した。
「見事、拙者の手持ちもあと一体、だが、同じように倒せるかな?」
 最後に一体であるアローラベトベトンを繰り出してきた。
「ふぁふぁふぁ、何故こいつを最後に残したか解るか。初めからこいつを頼りにしていたからだ!さあ、かかってくるがよい!」
「ようし、戻れ、ルージュラ!」
 ヒビキはルージュラを戻してアクジキングを出した・・・。

続く・・・。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.221 )
日時: 2020/01/14 20:03
名前: たくと七星  (takuto141.memoryey@docomo.ne.jp

第36話「vs、四天王キョウ!」パート2

ヒビキ現在の手持ち
オーダイル、コンパン、アローラロコン、ルージュラ、ホウオウ、アクジキング(戦闘中)



「行けい!」
 キョウの指示でアローラベトベトンは手を地面に入れて来た。
「何に出るんだ?」
 どんな手を使うつもりだ、とツクシが考える。するとアクジキングの目の前の地面からヘドロの毒が浮かんで来た。
「まさか!」
「ふぁふぁふぁ、左様!」
 ヘドロから巨大な柱が浮かんで来た。いや、柱ではなく、肥大化したベトベトンの両腕だった。
「地面から伸縮自在に腕を飛び出す事が出来るのよ!」
 アローラベトベトンが腕を使ってアクジキングをパンチして攻撃した。更にもう片方の手でアッパーをして攻撃する。よろめきながらも体勢を整えるアクジキングに、アローラベトベトンは腕を沈めると、フィールドにある岩や木を掴んで持ち上げた。
「やれい!」
 岩や木を投げ飛ばすアローラベトベトン。
「落とせ!」
 ヒビキの指示でアクジキングは触手を伸ばして腕に巻き付けた。電流を流して岩を手から離した。腕を戻したアローラベトベトンは体を溶かして液状になった。するとヘドロの中から生成された緑色のズバット達が現れてヘドロを飛ばして来た。
「アクジキング、はかいこうせんだ!」
 アクジキングははかいこうせんを放ってズバット達を相殺させた。
「ふむ、この手が通じぬとなれば、秘伝の技を使うとしよう!」
「ヒビキ君、あの人、zリングを持ってる!」
 キョウの腕にはzリングが装着されていた。
「ふぁふぁふぁ、毒の沼に沈むがよい!」
 z技、アシッドポイズンデリートを発動させた。足元に毒の沼が浮かんでアクジキングを沈めて来た。するとアクジキングは触手でアローラベトベトンを巻き付けて引きずり込んだ。
「何い?!」
「何をするつもりなんだ!」
 毒の沼の中で二体のポケモンが殴り合いを展開している。そしてアクジキングが口から吐いた光線が決め手となった。
 どうなったのか、固唾を飲んで見守るヒビキとキョウ。やがて二体が沼から出て来た。アクジキングがアローラベトベトンを持ち上げており、投げ飛ばして、アームハンマーで攻撃した。
「ベ、ベ〜ト・・・!」
 アローラベトベトンはグロッキー状態になっている。
「ようし、ここから一気に決めるぜ!」
 ヒビキはzリングにドラゴンzを装着させた。ドラゴンが牙を剥くように腕を動かしてドラゴンzを発動、アクジキングは口から竜の形をした炎、アルティメットドラゴンバーンを放った。炎は生き物のように方向を上げてベトベトンにぶつかった。凄まじい爆風が響いてアローラベトベトンは力尽きた。
「やったぜ!」
「ヒビキ君が勝った!」
「見事、敗北はした小気味いい勝負であった」
 敗れたキョウであったが、その表情は敗北を素直に認めた清々しい男そのものだった。
「そなた達なら更に先へと進めよう。さあ、行くがよい」
「おう、行こうぜ、ツクシ君!」
 ヒビキはツクシの手を繋いで先へと進んでいった・・・。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.222 )
日時: 2020/01/21 20:16
名前: たくと七星  (takuto141.memoryey@docomo.ne.jp

第37話「vs、四天王シバ!」パート1

ヒビキ現在の手持ち
オーダイル、コンパン、アローラロコン、ルージュラ、ホウオウ、アクジキング


・今回の注目ポケモン
・オーダイル
・ルージュラ
・コンパン
・サワムラー
・エビワラー
・カイリキー


・今回の注目ポイント
・三色パンチの活用方
・四天王戦のトリプルバトル



「頼もーっ!」
 四天王キョウを破ったヒビキはツクシと共に次の部屋へと入った。
「お、ここは」
「まるで道場みたいだね」
 床が木の板で出来た左右に格言を書いた掛け軸が掛けられてある部屋。その奥に筋骨隆々の半裸の男が背中を向けて座っていた。
「来たか・・・」
 ヒビキ達に気付いた男は静かに起き上がってヒビキ達の方を向いた。
「よくぞ来た。イツキやキョウを退けるとは、お前、只物ではないな」
「おう、そうさ。最終的にはチャンピオンに挑むんだからさ!」
「ふ、中々の心意気だ。トレーナーたるもの、それくらいの覇気がなくてはな。だが、この俺はそうはいかんぞ。俺の鍛え抜かれたポケモン達がお前のポケモンを全て打ち砕いてやろう!」
 男はボールを三つ投げて、カイリキー、サワムラー、エビワラーの三体を繰り出した。
「かくとうポケモンだ、ヒビキ君。という事は・・・?」
「改めて自己紹介だ。俺は四天王のシバ。かくとう使いだ。バトルはトリプルバトルで行くぞ。どちらか三体を全滅させた者が勝者だ!」
「マツバさん以来か、よっしゃあ、燃えて来た!」
 ヒビキはオーダイル、ルージュラ、コンパンを出した。
「では始めるぞ、うーーーーーーーっ、はーーーーーーーっ!!!」
 シバの快心の叫びを合図にサワムラーとエビワラーが走った。オーダイルはエビワラーに、ルージュラ、コンパンはサワムラーと戦った。
「エビ、エビビ!」
 エビワラーがれんぞくパンチに出るとオーダイルはこれをかわしていった。
「オーダイル、きりさくだ!」
「オーダイル!」
 ヒビキの指示でオーダイルは水を溜めたきりさくに出たがエビワラーは素早く動いてかわしフェイントをして攻撃した。
「エビ!」
「ダイ!」
 エビワラーがほのおのパンチを、オーダイルがれいとうパンチを振るった。拳がぶつかって、炎と冷気が合わさって水蒸気を放った。
 一方、サワムラーの回し蹴りをルージュラはかわしていた。サワムラーがローキックに出るとルージュラがその足を掴んでスイングして投げ飛ばした。コンパンがサイケ光線を飛ばすと、サワムラーは回転蹴りをして光線を弾き、回転しながら接近してルージュラとコンパンを吹っ飛ばした。
「おかしい、何でカイリキーは動かないんだ?」
 ツクシはカイリキーが微動だにしない事に何かあるのかと考えた。見てみると体内にオーラを纏ってエネルギーを溜めているのが解る。
「まさか、ヒビキ君、カイリキーに気を付けて!」
「何い?!」
「はっはっは、その通り、カイリキー、ありったけのエネルギーを飛ばすのだ。
「リキーっ!」
 カイリキーが拳から無数のきあいだまを飛ばして来た。飛んだ玉は爆風を起こしてオーダイル達を怯ませた。そこへエビワラーがオーダイルにかみなりパンチを叩き込み、サワムラーがメガトンキックでルージュラを吹っ飛ばした。オーダイルがハイドロポンプを飛ばしたが、カイリキーがきあいだまを飛ばして相殺させてしまった。
「遠距離で来ようが俺のカイリキーのきあいだまで消し去ってやろう!」
「二体を接近にして一体を遠距離か、考えたもんだぜ」
 サワムラーとエビワラーが近接でのバトルを行い、カイリキーが遠距離から攻撃するファイトスタイルを取っている事を知った。
「ヒビキ君、こっちも遠距離攻撃出来る相手を選ぼう!」
「だったら、コンパン、頼むぜ!」
「コンパン!」
 ヒビキの指示でコンパンが背後に回った。取っ手の長い虫取り網を取り出すと、カイリキーの飛ばす気合球を絡め取り、地面に叩き付けて衝撃波を発生させてサワムラーとエビワラーの二体を吹っ飛ばした。
「今だ!」
 オーダイルはクロス状の水の衝撃波を飛ばしてエビワラーを攻撃し、ルージュラはサイコキネシスでサワムラーを攻撃した。
「ほう、中々やる、ではこれはどうだ!」
 シバが指示を出すと、エビワラーは拳に炎を溜めた、その炎をサワムラーに投げて足に火を灯させた。
「何をするんだ?」
「ほのおのパンチからの炎か?」
「そうよ、だが只の攻撃ではない!」
 シバが指示を出すと、エビワラーは両手の拳に炎を灯して腕を高く掲げ、サワムラーは足を反らした。
「サイ!」
「エビ!」
 足と腕を突き出して炎を飛ばすと、炎の塊が朱雀の顔になってオーダイル達に迫って来た。
「でけえ鳥の顔だな!」
「ヒビキ君、かなりのパワーだ。バリヤーとかで何とかガードするんだ!」
「オーダイル、アクアリングだ!」
「オーダイル!」
 オーダイルは水のリングを張って炎を防いだ。しかし、二体のポケモンは今度は雷を纏って電気の塊を飛ばして来た。虎の顔をした電気の塊を今度は防げず直撃してしまった。
「すっげえ、今度は虎か!」
「まだまだよ!」
 次は青龍の顔をした冷気を飛ばしてオーダイル達を吹っ飛ばした。
「器用なもんだなあ、色んな顔を飛ばして来るたあやるぜ」
「ヒビキ君、感心している場合じゃないよ!」
 サワムラーとエビワラーが床を叩いてバウンドしながら向かって来る炎を飛ばして来た。オーダイルとルージュラはかわしながら前進したが、
「リキーっ!」
 カイリキーが拳に炎、雷、冷気を蓄えて来た。
「まさか・・・!」 
 ツクシが思った通りにカイリキーは三色のエネルギーの球を次から次へと投げ飛ばしていった。遠距離攻撃に緊急回避をするオーダイルとルージュラだがサワムラーとエビワラーが電気の光線を飛ばして吹っ飛ばされる。
「畜生、やるじゃねえか、おういコンパン、あれ?」
 ヒビキが後ろを見るとコンパンはある物を持っていた・・・。

続く・・・。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。