二次創作小説(旧・映像)

ポケモンストーリー ハートゴールド編
日時: 2016/10/23 17:00
名前: たくと七星

 また、お会いします。たくと七星です。これまでスマブラの小説を書いてきましたが、今回から、再びポケモンの小説を書いていこうと思います。今回は「ポケットモンスター 金銀」のリメイク版、「ハートゴールド、ソウルシルバー」を題材とした作品です。


<今作の概要>


・初の男の子主人公に挑戦
 前作、ブラック編、ダイヤモンド編と女の子を主人公として来ましたが、今回は初となる男の子の主人公に挑戦しようと思います。


・憎めないキャラにして行きたいと思います
 主人公の性格は昔の昭和のアニメの主人公をイメージして書いていこうと思っています。やんちゃでおバカでお調子者だけれども芯はしっかりしていて決めるときは決める、そんなキャラにしていこうと思います。


・ジムリーダーが旅のお供に
 今作ではジムリーダーを旅のお供として登場させます。これはアニメの設定でジムリーダーの一人を仲間にして出してみたいと思っていたので今作で書いてみたいと思っていました。もちろん、ただいるだけの存在にはさせず、先輩としてサポートしたり、アドバイスをしたりフォローをしてあげたり、共闘したりしていくのでそれらを見ていただけたらと思います。



・今作でのポケモンの新能力
 今作ではバトルにちょっとした工夫を入れてみました。登場するポケモンがちょっとした芸当を持っていたり変わった戦術をしてきたりするのでよろしく見ていただけたらと思っています。


・後半からオリジナル要素を展開
 前半、中盤は普通に原作沿いになりますが後半からは実際のゲームではなかった要素を追加していこうと思っています。それは何かはまだ伏せておきます。


 以上が本作の概要です。明るい主人公とジムリーダーの二人旅、色んな人たちとの出会い、脅威となるライバルの出現など、時にシリアス、時にはギャグも、そしてクスリとさせられたりするそんな話に出来ればと思いつつ連載していきますのでよろしくお願いします。


<主要人物紹介>


・ヒビキ
 本作の主人公、ワカバタウン出身の少年。デザインは原作「ハートゴールド、ソウルシルバー」と同じ。研究所に届いた自分あての差出人不明のタマゴからワニノコが孵ったことで冒険の旅にでる。おバカでお調子者だが、決して諦めない強い心を持った熱血漢。意外としっかりした所もあり、義理堅い一方、激昂したり感情が高ぶると江戸っ子口調になってしまうことがある。


・ツクシ
 ヒビキが出会うことになるむし使いの少年。偶然ヒビキと出会い、彼と仲良しになって一緒に行動することになる。しっかり者でヒビキのボケに鋭いツッコミを浴びせたり、先輩としてトレーナーとしてのあり方をサポートしたりする。研究家を目指しており、ウツギ博士には尊敬の念を抱いている。


・レイ
 ヒビキ達の前に現れた、赤髪に切れ長の目をした少年。冷徹な性格でポケモンは強ければいいと考えている。至るところでヒビキ達と出会うが弱者とみなして相手にしない態度をとることが多いが・・・本作でのヒビキの生涯の壁。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21



Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.99 )
日時: 2017/09/12 20:42
名前: たくと七星

第19話「シャキーン!アサギジム、VSミカン!」パート3

ヒビキ現在の手持ち
アリゲイツ(戦闘中)、オオタチ、オニドリル、ウソッキー(ひんし)、コンパン、メタモン(戦闘中)


 アローラディグダがメタルクローを振るって攻撃すると、アリゲイツはこれをかわしていく。腕に力を込めるとドラゴンクローに出た。しかし、アローラディグダは素早く動いてこれをかわし、がんせきふうじを飛ばして来た。
「アリゲイツ、みずでっぽうだ!」
「ゲイ!」
 ヒビキの指示でみずでっぽうを連発して岩を落としていった。そしてねっとうを飛ばしたが、アローラディグダは穴を掘ってかわし、アリゲイツの目の前に出てきてずつきをして吹っ飛ばした。
「ネール!」
「ネルーっ!」
 ハガネールとへんしんしたメタモンは体を揺すってぶつかり合っていた。二匹ともほのおのキバで噛み付いて相打ちになり、ダメージを受けると、メタモンがりゅうのいぶきを飛ばした。
「ハガネール、かわすのよ!」
 ミカンの指示でハガネールはこれをかわして懐に入ってアイアンヘッドでハガネールを攻撃した。メタモンがアイアンテールに出るとまもるをしてガードしてしまう。
「ネール!」
「メタネール!」
 二匹は体を水平にすると回転し始めた。そのスピードで球体が出来て宙に浮き激しくぶつかりあった。ぶつかる度に弾かれてそして再び前に出て衝突する。その下ではアリゲイツがアローラディグダに乗っかりみだれひっかきをしていた。
 球体が解かれて二体のハガネールが着地した。そしてアローラディグダもアリゲイツを振りほどいてどろかけで牽制した。
「さて、ヒビキくん、ここから私も本気を出すわよ!」
 ミカンが指示を出すとハガネールはにほんばれに出た。ステージに陽の光が差し込んで熱気で包んでいく。アカネに抱かれていたアローラロコンも嫌そうだった。
「にほんばれ、ハガネールははがねタイプのはず・・・」
「あ、ハガネールが!」
 アカネが言うとハガネールの体から大量の熱が帯びていた。鉄のボディはあっと言う間にやけどどころでは済まないほどの熱気になり、体温を上昇させる。
「ネッシャアア!!!」
 ハガネールの体が熱で赤く染まり、咆哮を上げた。
「熱で赤くなりやがったか・・・!」
「そうよ、私のハガネールは熱を吸収する能力があるの!」
「それなら、水で冷やしてやるまでさ!」
 アリゲイツがハイドロポンプをハガネールに放った。しかし、受けた水はすぐに蒸発してしまいハガネールにはさしたるダメージにならなかった。
「言い忘れていたけど、この状態のこの子にはみずタイプの技は聞かないのよ!」
「げ、またかよ!」
「ハガネール、見せてあげて!」
 ミカンの指示でハガネールは体内の熱を放出してねっぷうを飛ばして来た。アリゲイツとハガネールはこれを直撃して大ダメージを受ける。ハガネールはもう一度ねっぷうを飛ばして来た。
「アクアリングだ!」
 ヒビキの指示で水のシールドを張ったが熱気の前に蒸発されてしまい、再びダメージを受けてしまう。
「ディグダちゃん、飛ばすのよ!」
 アローラディグダは頭に付いている毛をミサイルのように飛ばしてアリゲイツに突き刺した。するとアリゲイツは眠ってしまう。
「アリゲイツが眠った?!」
「状態異常にさせる力があるんだ!」
「何い?!アリゲイツ、受け取れ!」
 カゴのみを投げてアリゲイツの眠気を覚ますのだった。しかしアローラディグダは再び毛を飛ばしてどく状態にしてしまう。メタモンが援護に回ろうとしたがハガネールが割って入り、口からかえんほうしゃを放って大ダメージを与え、アイアンテールで後退させる。
「ヒビキくん、貴方の腕についているそれ・・・」
「ああ、Zリングって奴だけど・・・」
「言い忘れていたけれど、実は私も・・・・!」
 腕をかざすとアカネとツクシは驚いた。そう、ミカンの腕についているもの、それは紛れもなくヒビキと同じZリングだったのだ。
「私も持っているのよ、Zリングを!」
「へえ、あんたも持ってたのか!」
「ヒビキくん、感心している場合じゃないよ!」
「そうだった!てことはまさか・・・」
「そう、私のリングにはめているもの、はがねタイプの技を最大限に引き出す、ハガネZ!貴方はこの攻撃に耐えられる?」
 そう言うとミカンは腕をクロスさせてZリングを光らせた。
「受けてください!この私、ミカンのゼンリョクを!」
 肘を曲げて拳を作り、拳と肘を肩と同じ高さにすると、胸の前で拳を軽く二回ぶつけて肘を後方に向けるとパンチするように勢い良く腕を伸ばして前傾姿勢になる。
「シャキーン!!!これが、ちょうぜつらせんれんげき!」
 アローラディグダのボディが光りだし、はがねタイプのZ技をアリゲイツに向けて放った。ドリルのように回転して攻撃していき、そして上空から急降下してとどめの一撃を食らわせた。
「いかがかしら?」
 ちょうぜつらせんげきを食らいアリゲイツは体力も残りわずかになっていた。
「すごーい、これがミカンさんのZ技なんやね!」
「だから感心している場合じゃ・・、これだとヒビキくんの方が負ける・・・」
 ヒビキはどう打開するか、考えていた。頭をひねって空を見上げると、空は暖かい陽の光が覆っている。
「そうか、それならこっちも!メタモン、違う奴にへんしんするんだ!」
 ヒビキの指示でメタモンはハガネールからラッキーに姿を変えた。そしてお腹の袋にあるタマゴをアリゲイツに投げた。アリゲイツはこれを食べて体力とどく状態を回復させる。元気になると、鳴き声を上げ始めた。するとステージに雨雲が流れ込み陽の光を遮っていく。
「これは、まさか・・・?!」
「そう、太陽の光を雨雲で封じ込んだのさ!行くぜ!」


続く・・・。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.100 )
日時: 2017/09/17 00:19
名前: キノピコ厨

ミカンさんかわいい…

更新お疲れ様です
合体コイルは正当派な強さでしたね。もう一匹いれば擬似レアコイルになれたのに。そしてコンパンがだんだんドラ○もんに見えてきました。というか頭燃えたら自分もまずいんじゃ…っていうツッコミはナンセンスですかね
ミカンさんの切り札は灼熱のハガネール……想像しただけでカッコいいです。また水タイプ殺しに遭ってアリゲイツも辟易してそう
ここではメタモンがかなり頑張ってくれてますね。目の前にいないポケモンにまで変身できるとはなかなか反則級です(笑)
今ひとつだったおかげか、それとも発動したのがディグダだったおかげか、何とかZ技を耐え切ったアリゲイツが、雨乞いからどんな反撃を見せるのか楽しみです。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.101 )
日時: 2017/09/17 19:19
名前: たくと七星

「返信御礼」


 ご投稿ありがとうございます。ミカンさんがかわいいと言う評価をいただき誠に感謝しています。彼女の台詞と言うと「HG・SS」で、ジム戦で「シャキーン!」と台詞を言うシーンがあったのであの台詞を何かに活かせないかと思い、ミカンさんにZ技を持たせてあの台詞を使わせました。照れながら真面目に振るう模写も可愛いさを出していたらと思います。
 合体コイルですが確かにもう一体いれば本当にレアコイルになっていたかもしれません・・・(^_^;)。元ネタは「ポケモン不思議のダンジョン赤・青の救助隊」でのある洞窟の磁力でくっついてしまったコイルがネタであれで合体してバトルしたらどうなるんだろうと思い取り入れてみました。
 そしてコンパンですが仰る通り完全にドラ○もんになってしまったかもしれません・・・。頭の毛の中から様々なものを取り出してそれをバトルに使って有利な展開にするのですからある意味で強いポケモンにしちゃったかもしれません。私の中では本作のコンパンは見た目に似合わず中々強いと言うイメージで描いているので、そうなっちゃったのかもしれません。
 そしてハガネールがカッコいいと言う言葉には大変嬉しく思っています。元ネタはゲンシグラードンのとくせいおわりのだいちのイメージでみずタイプが無効になるというのもそのとくせいから取りました。確かにここの所先のシジマさんの戦いもそうですがアリゲイツにとっては苦戦続きの連続かもしれませんね・・・。少し申し訳ないとは思っています。
 メタモンについては実際のゲームではないので結構自由にしてしまいました(笑)。話を盛り上げるためなのでご容赦いただけたらと思います。そしてディグダだったことと相性もあってか何とか持ち堪えたアリゲイツ、あまごいで天気を変えてどう反撃に出るか期待していただけたらと思います。ではまた、お会いしましょう。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.102 )
日時: 2017/09/19 20:33
名前: たくと七星

第19話「シャキーン!アサギジム、VSミカン!」パート4

ヒビキ現在の手持ち
アリゲイツ(戦闘中)、オオタチ、オニドリル、ウソッキー(ひんし)、コンパン、メタモン(戦闘中) 


 雨雲を生み出すことで陽の光を遮断させた。これである程度ハガネールのボディの温度を下げられるがそれでも微々たる差でしかない。更なる決定打を作るべくヒビキはアリゲイツに指示を出した。
「アクアリングだ!飛びっきりのデカイやつを作るんだ!」
「ゲイッツ!ググググググ・・・!」
 体内にエネルギーを溜めてアクアリングを生み出した。先程よりも一回りも巨大なサイズのリングが上空に浮いている。
「このリングは、一体?」
「ハイドロポンプだ!」
 上空のリングにハイドロポンプを発射した水を勢いよく飛ばして水流を溜めていく。
「は、まさか・・・!」
「そう、そのまさかった奴さ!」
 ヒビキが合図を出すと、リングが光って溜まっていた水が流れだした。円を書くように水が覆われてハガネールを濡らしていく。水が止まってリングが消えると、ハガネールは元の体色に戻ってしまっていた。
「陽の光を遮ったのは熱を下げるため・・・、そしてあのリングは・・・」
「ああ、最後のひと押しって言う奴さ、こっから俺のゼンリョクで行くぜ、アリゲイツ!」
 Zリングを付けた腕をクロスしてあくタイプのアクZをアリゲイツに発動させた。両腕の肘を曲げて力こぶを作り、拳を軽く握り、状態を前方にかがめて両腕の力を抜いてだらりと上げていき、左、右と肩を上げて状態を起こして後方へ反らし、両手を挙げて指先を前方に向けて獲物に襲いかかるようなポーズを取った。
「真っ暗闇で噛み砕いてやるぜ!」
 アリゲイツはアクZのZ技ブラックホールイクリプスを発動した。
「ゲルルルルル・・・!!!」
 頭痛がしたように頭を両手で抑えて、すぐに手を放すと腕から赤黒いイカヅチを纏わせて、上空に飛ばした。すると、巨大なブラックホールが出現、ハガネールを吸い込んでしまった。アリゲイツもその中へと入っていく。
 そして、ブラックホールの中でハガネールは動けずにいるとアリゲイツが水中遊泳するように動いて牙を向いてかみつくを連続していく。そして、顎を大きく開けて急所に噛み付き、大ダメージを与えるのだった。
 やがてブラックホールが晴れて、ハガネールが地面に崩れ落ちるように倒れ込んだ。そしてアリゲイツも着地する。一方、メタモンもラッキーからアローラディグダに変身してアイアンヘッドでミカンのアローラディグダを倒すのだった。
「よし!」
「私、負けたみたいね・・・」
 ミカンに遂に勝利した。応援していたツクシとアカネが歓声を上げる。
「おっしゃあ、ツクシくん、アカネちゃん、勝ったぜ!」
 ヒビキが二人にグーサインを送った。
「よく頑張ったわ、後でリフレしてあげるわね」
 ミカンは倒れているハガネールを撫でて戦いの疲れを労いアローラディグダの毛についた泥を拭いてあげてボールに戻すのだった。
「とても素晴らしい勝負でした。ツクシくんとアカネちゃんが貴方に興味を抱くのも解ったような気がする・・・。では私に勝った証としてこれを渡すわね」
 アサギジム公認のスチールバッジがヒビキに手渡された。
「そしてこれも」
 もう一つ、茶色のクリスタルが渡された。
「これは・・・?」
「それはイワZ、いわタイプのZ技が使えるようになるわ。私がまだいわタイプの使い手だった頃に使っていたけれど貴方なら使いこなせるようになるわ、受け取って」
「おう、ありがたくもらっていくぜ」
 受け取り、ヒビキは嬉々としてアリゲイツ達にミカンからもらったイワZを見せて自慢した。ミカンが微笑ましく見ている。
「あの、ヒビキくん」
「何だ、ミカンさん?」
「貴方は、これからもジムに挑戦をしてポケモンリーグに挑むの?」
「もちろんさ、チャンピオンになった俺の姿を見て欲しいってツクシくん達に約束してるからな」
「そうなんだ、あの、うまく言えないけど・・・」
「うん?」
「頑張ってね・・・」
 そっとヒビキの頬にキスをするミカン。ツクシはびっくりして、アカネは恨めしそうに見ていた・・・。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.103 )
日時: 2017/09/19 20:46
名前: たくと七星

第19話ミニコーナー「ヒビキとツクシのポケモン解説」第15弾



ヒビキ「ミカンさんのキス、よかったなあ、それは置いて今日も紹介だ!まずはこいつ!」



『ネール!!!』



ツクシ「ジョウト図鑑63、てつへびポケモンのハガネール、ミカンさんの切り札だね。にほんばれの技で自分のボディを熱くしちゃう灼熱のハガネールだったね」



ヒビキ「ああ、熱でほのおタイプの技を飛ばしたことにゃあ、びっくりしたぜ。ここいらみずタイプの苦戦が続いてたけど、何とか勝てたぜ!」



ツクシ「それだけ君も段々進歩してるってことだよ、さて、次はこのポケモン!」



『ディグ』



ツクシ「今回はディグダ、だけど普通のディグダとは違う毛の生えたディグダだね。このディグダにははがねタイプが付加されていて、はがね技も使えるんだ」




ヒビキ「実際にはがねタイプのZ技も使えたもんな。三本毛の生えた笑える奴だと思ったら意外と強い奴だったな」



ツクシ「ちなみに頭に生えている毛、あれはどうもヒゲらしいよ」




ヒビキ「え、ヒゲ?」



ツクシ「そう、ヒゲ」



ヒビキ「よ、よせやいツクシくん。頭にヒゲなんかが生えるかってんだい!」



ツクシ「いや、実際にヒゲらしいよ。どうもそうらしくてね」


ヒビキ「べらんめえ、ヒゲは口に生えるもんだ!俺は信じねえぞ!」


ツクシ「だから本当に・・・」



ヒビキ「てやんでえ、ヒゲはそういうもんでい!てなわけで次回もよろしくよーーーっ!!!」



 続く・・・。


 ミカンさんに勝利したヒビキくんですが、次回、とんでもないことが起きるかもしれません。また、アローラロコンが少しこの話に絡んでくるかもしれませんので気長にお待ちいただけたらと思います。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。