二次創作小説(旧・映像)

ポケモンストーリー ハートゴールド編
日時: 2016/10/23 17:00
名前: たくと七星

 また、お会いします。たくと七星です。これまでスマブラの小説を書いてきましたが、今回から、再びポケモンの小説を書いていこうと思います。今回は「ポケットモンスター 金銀」のリメイク版、「ハートゴールド、ソウルシルバー」を題材とした作品です。


<今作の概要>


・初の男の子主人公に挑戦
 前作、ブラック編、ダイヤモンド編と女の子を主人公として来ましたが、今回は初となる男の子の主人公に挑戦しようと思います。


・憎めないキャラにして行きたいと思います
 主人公の性格は昔の昭和のアニメの主人公をイメージして書いていこうと思っています。やんちゃでおバカでお調子者だけれども芯はしっかりしていて決めるときは決める、そんなキャラにしていこうと思います。


・ジムリーダーが旅のお供に
 今作ではジムリーダーを旅のお供として登場させます。これはアニメの設定でジムリーダーの一人を仲間にして出してみたいと思っていたので今作で書いてみたいと思っていました。もちろん、ただいるだけの存在にはさせず、先輩としてサポートしたり、アドバイスをしたりフォローをしてあげたり、共闘したりしていくのでそれらを見ていただけたらと思います。



・今作でのポケモンの新能力
 今作ではバトルにちょっとした工夫を入れてみました。登場するポケモンがちょっとした芸当を持っていたり変わった戦術をしてきたりするのでよろしく見ていただけたらと思っています。


・後半からオリジナル要素を展開
 前半、中盤は普通に原作沿いになりますが後半からは実際のゲームではなかった要素を追加していこうと思っています。それは何かはまだ伏せておきます。


 以上が本作の概要です。明るい主人公とジムリーダーの二人旅、色んな人たちとの出会い、脅威となるライバルの出現など、時にシリアス、時にはギャグも、そしてクスリとさせられたりするそんな話に出来ればと思いつつ連載していきますのでよろしくお願いします。


<主要人物紹介>


・ヒビキ
 本作の主人公、ワカバタウン出身の少年。デザインは原作「ハートゴールド、ソウルシルバー」と同じ。研究所に届いた自分あての差出人不明のタマゴからワニノコが孵ったことで冒険の旅にでる。おバカでお調子者だが、決して諦めない強い心を持った熱血漢。意外としっかりした所もあり、義理堅い一方、激昂したり感情が高ぶると江戸っ子口調になってしまうことがある。


・ツクシ
 ヒビキが出会うことになるむし使いの少年。偶然ヒビキと出会い、彼と仲良しになって一緒に行動することになる。しっかり者でヒビキのボケに鋭いツッコミを浴びせたり、先輩としてトレーナーとしてのあり方をサポートしたりする。研究家を目指しており、ウツギ博士には尊敬の念を抱いている。


・レイ
 ヒビキ達の前に現れた、赤髪に切れ長の目をした少年。冷徹な性格でポケモンは強ければいいと考えている。至るところでヒビキ達と出会うが弱者とみなして相手にしない態度をとることが多いが・・・本作でのヒビキの生涯の壁。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24



Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.116 )
日時: 2017/11/07 21:33
名前: たくと七星

第21話「アカネ大ピンチ、ヒビキとツクシの決意のZ技」パート4


ヒビキ現在の手持ち
アリゲイツ、オオタチ、オニドリル、イシツブテ、アローライシツブテ、ウソッキー



「ふう、随分と開けた所まで来たなあ・・・」
 薄暗い森の中を抜けて、ヒビキとツクシ広がった草原に辿り着いた。空は晴れ空で雲が流れていた。
「アカネちゃんはまだいないみたいだね・・・」
「ああ、まだ途中まで来た所だな、うん?」
 すると何かの気配にヒビキが気付いた。ボールを出して身構える。
「ヒビキくん?」
「来るぜ、何かが・・・」
 草むらから一斉に出現した。無数のアローラコラッタの群れが現れてヒビキ達の前に立ちはだかった。
「コラッタ、あの時の!」
「野郎、こいつらがアカネちゃんを!」
「待って!」
 ツクシが止めると、アローラコラッタ達は動き出した。それは何かを成形するように動き出してその姿を変えていった。
「ドッシャアア!!!」
「なんてこった・・・!」
 その姿にヒビキは口を開けて呆然として、ツクシは汗をかいて息を呑んだ。そこにいたのはアローラコラッタが組み合って成形された巨人だった。無数のコラッタ達が乗ったり支えたりと組んでいて、手足が長く、指までしっかり作られている姿だ。
「コラッタ達であんな大きな巨人に・・・!」
「けど、こいつを何とかしねえと先には進めねえ、行くぜ!」
 ヒビキとツクシはボールを投げてイシツブテとアローライシツブテ、そしてトランセル、コクーン、アリアドス、レディアンを出してこれに挑んだ。
「ドシャア!」
 コラッタ達が組んだ巨人が地面を叩いて衝撃波を飛ばして来た。トランセルとコクーン、アリアドスは糸をジェット噴射するように飛ばし、レディアンはイシツブテ達を抱えて空を飛び、衝撃波から身を守った。
「トランセル、コクーン、いとをはくんだ!」
「フーっ!」
「コク!」
 ツクシの指示でトランセルとコクーンがいとをはいたが巨人は両手を突き出した。
「何をする気だ?!」
「あれは!」
 すると腕を成形していたコラッタ達が動いて大きな円形の盾に変わり、トランセルとコクーンが吐いた糸をガードしてしまった。
「く、アリアドス、ミサイルばり!」
 続いてアリアドスがミサイルばりを飛ばしたがこれもガードされてしまう。
「野郎、だったら、イシツブテ、それからもう一匹、いわなだれだ!」
 レディアンに捕まっていたイシツブテとアローライシツブテがいわなだれをした。巨人の体が岩に埋まって大きな山になった。
「よっしゃあ!」
「いや、待って・・・」
 ツクシが見ると積もっていた岩がかすかに揺れ始めた、そして弾け飛んで巨人が出て来たのである。
「うへえ、中々倒れないもんだな!」
「感心してる場合じゃないよ!」
「解ってらあ、イシツブテ!の電気の奴、思い切り痺れさせてやれ!」
 アローライシツブテがほうでんを放って攻撃に出たが巨人は腕を回転させて払ってしまう。すると腕を変形させてコラッタが組んだ球体になってヒビキ達に飛ばして来た。
「コ、コラッタの爆弾か?!」
「打ち落とすんだ!」
 ツクシの指示でアリアドスとレディアンがどくばりとスピードスターを飛ばして球体を攻撃したが、コラッタ達が弾けるように手を放して群れになって襲いかかってきて、蹴りやかみつきをしてヒビキとツクシのポケモン達を攻撃した後、巨人の所に戻って腕の形に組んで、再び球体を飛ばして来た。
「レディアン、リフレクターだ!」
 リフレクターを張るレディアンだったがコラッタ達が一斉にかみつくをしてこれを壊してしまい、タコ殴りで攻撃をした。
「畜生、厄介な芸当をしてくれるじゃねえか・・・」
「それなら、これで!」
 ツクシの指示でトランセルとコクーン、アリアドスが空に向かって糸を吐いた、糸は大きなネットになって巨人を覆ってしまった。
「よし、これなら動けないはず!」
「さすがだなあ、ツクシくん、あれ?」
 ところが、体を組んでいたコラッタ達が牙で糸を噛み千切ってしまい、糸のネットがほどけてしまった。
「ああ、いい作戦だったのに・・・」
「何とかあいつ等を倒せる方法はねえのか・・・」
 どうしたら勝てるのか、ヒビキは必死で考える。そしてツクシのポケモン達、そして自分のイシツブテ達を見て何かを閃いた・・・。


続く・・・。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.117 )
日時: 2017/11/14 20:49
名前: たくと七星

第21話「アカネ大ピンチ、ヒビキとツクシの決意のZ技」パート5


ヒビキ現在の手持ち
アリゲイツ、オオタチ、オニドリル、イシツブテ(戦闘中)、アローライシツブテ(戦闘中)、ウソッキー


(注意、ここでのバトルで少しシュール過ぎる展開が待っているかもしれません、落ち着いて見ることをお勧めします)



「そうだ、ツクシくん!」
「何?」
「レディアンにイシツブテ達を投げるよう言ってくれ!」
「投げる?今ここで?」
「ああ、俺に考えがあるんだ」
 サムズアップするとツクシの耳元に自分の作戦を話した。
「そう言うことか、それなら、レディアン!イシツブテ達を上に投げるんだ!」
 ツクシの指示でレディアンがイシツブテとアローライシツブテを空高く放り投げた。
「よし、岩を集めるんだ!」
 ヒビキが合図を出すと、二体のイシツブテは体内にある磁力を出して、砂や岩を引き寄せ始めた。それらは二体の体に集積されて大きな岩石に変わっていく。
「そしてこれで補修だ!」
 ツクシの指示でトランセル、コクーン、アリアドスが糸を岩に向かって吐いて砂や岩を接着させていった。
「よーし、完成!」
 上空には大きな岩と糸で出来たボールが浮かんでいた。
「これを、落とすぜ!」
 両手を一気に振り下ろすと二つのボールがコラッタ達が組んでいる巨人目掛けて急降下した。開いた口が塞がらないほどパニック状態になるコラッタ達、そしてボールは巨人にぶつかり、崩れ落ちて組んでいたコラッタ達もばらけたのだった。ボールから二体のイシツブテが出てくるとアローラコラッタの群れは一目散に逃げていく。
「やりー、いい作戦だったぜ!」
 ヒビキとツクシがハイタッチする。
「あれ、お前等?」
 するとイシツブテとアローライシツブテ、トランセルとコクーンの体が光り出した。
「もしかして・・・!」
「そうか、来たんだな!」
 ヒビキ達の瞳が喜びで溢れる。姿を変えてゴローンとアローラゴローン、バタフリーとスピアーに進化した。
「トランセル、コクーン・・・」
 さなぎだった二体のポケモンが成虫になって羽ばたいている。ずっと苦楽を共にしていただけあって、嬉しさで一杯だった。
「おや、何か落ちてるぜ?」
 ヒビキが目の前に何かが落ちていることに気付いた。拾ってみるとそれは黄緑色のクリスタルだった。
「これって、Zクリスタルじゃないかな?」
「そうかもな、よし、ツクシくん、これ持ってけや」
「いいの?」
「いいって、まだ自分用のクリスタルを持ってないんだろ。俺は充分あるから、な」
「うん、ありがとう」
 クリスタル、ムシZを受け取るとツクシは腕にはめているZリングにムシZを装着させた。


 しばらく走って行った先、サファリゾーンの外れの道から遥かに遠くに来てしまっていた。そこは目の前に崖がそびえたっている場所だった。
「遠くまで来ちまったな、アカネちゃんはどこだ・・・」
「ヒビキくん、あそこ!」
 指を差した先に探していた友達が見つかった。岩場の上でアカネが仰向けで目を閉じて倒れていた。
「アカネちゃん、やっと見つけたぜ!」
「さあ、早く起こしてここを、あ!」
 何かに気付いて歩を止めた。二人が見上げると崖に二体のポケモンが立っていた。それは降り立って、アカネを渡すまいとヒビキとツクシの前に立ちはだかった。
「こいつらは?!」
 現れたのは、一回りも大きいアローララッタとゴースだった。
「ゴースゴス!」
「ヌッシャシャア!」
「畜生、こいつらを何とかしねえとな」
「うん、行くよヒビキくん!」
 ヒビキとツクシはボールを投げてオオタチとストライクを出した。
「俺はあの煙野郎と戦う、デカいのは頼むぜ!」
「任せて!」
 ストライクが走り出してアローララッタに向かっていった。アローララッタが尻尾を振るうとジャンプして避けてエアカッターを発射する。
「クッチャル!」
 所がアローララッタは口を開けてエアカッターをバリバリと音を立てて食べてしまった。
「ラ、ララライク・・・?!」
「うそ、食べちゃった・・・!」
 信じられない光景にツクシとストライクは呆然とした。アローララッタは頬袋を叩いて音波を飛ばして来た。ストライクはこれをかわしてきりさくをしてアローララッタを攻撃、土に着けた。
「おーし、行くぜオオタチ!」
 オオタチは拳を鳴らしてゴースに向かった。だが、ゴースは薄笑いを浮かべている。
「ゴース!!!」
 体から黒い気を生み出すと塊にして前に出して何かを念じさせた。
「な、何だ?!」
 仰天するヒビキ、オオタチも警戒態勢になった。そしてそれは形になって出て来た。
「へ、な、何だこれ?」
 ゴースが生み出した目の前で立ちはだかるもの、それは本当に相手になるものなのか、いや、そもそもポケモンですら無かった。
「これ、消火器じゃねえか!」
 指を差して仰天する。そう、ヒビキ達の前にいるのは正真正銘の消火器だったからだ。オオタチも目を天にして唖然としていた。反面、ゴースは楽しく笑っていたのだが。
「と、ともかく相手にしねえと行けねえな」
 戦うことになり、オオタチも腕を回して走り出した。ほのおのパンチで消火器を吹っ飛ばしたが、
その消火器は反動で帰って来てオオタチに体当たりする。威力が高かったのかオオタチが吹っ飛んで地面に転がされた。
「何?!」
 起き上がると、ノズルが振り回されて直撃する。ダメージを受けるも再び走り出してれんぞくぱんちで攻撃に出る。
「チ〜」
 しかし消火器が余程硬いのか痛そうに腕を振るった。するとジェット機のように体当たりしてオオタチを吹っ飛ばして縦横無尽に動き、消火剤を飛ばして来た。
「あの消火器、強すぎじゃねえか・・・」
 粉まみれになったオオタチは走り出して消火器と激闘を展開する。ほのおのパンチを振るい後退させると、消火器もノズルを飛ばしてダメージを与える。オオタチがだいもんじを飛ばすと消火剤で消してしまった。
「炎がだめならこいつだ、オオタチ!」
「オオタチ!」
 ジャンプすると、あまごいで雨雲を作らせてかみなりを発射した。かみなりは消火器に直撃してこれを黒焦げにさせた。
「やりー!」
 悔しそうな顔をしたゴースは黒焦げになった消火器を消して苦い顔をした・・・。


続く・・・。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.118 )
日時: 2017/11/14 21:12
名前: たくと七星

第21話「アカネ大ピンチ、ヒビキとツクシの決意のZ技」パート6

ヒビキ現在の手持ち
アリゲイツ、オオタチ、オニドリル、ゴローン、アローラゴローン、ウソッキー


「ゴース・・・!」
 薄笑いを浮かべて黒い煙を生み出すとそれを形に変えて出現させた。
「デシャシャ!」
 煙はデカグースに姿を変えて襲いかかって来た。
「それならこいつでどうだ!」
 ヒビキはオオタチを戻してウソッキーを出現させた。ボールから出てダッシュしてデカグースに戦いを挑んだ。互いの手を掴むと取っ組み合いになる。デカグースがかみつくに出るとウソッキーは左右に体を反らしてこれをかわし、後ろへ反った所でずつきをデカグースに当てた。怯んだ所で背負い投げをしたが、デカグースは地面に当たる寸前で体を丸くして転がり始めた。弾ませて、宙に浮かせると、たいあたりをしてウソッキーを攻撃、更に球体の状態のまま突進して連続攻撃を浴びせていく。
「ヌシャシャ!」
 一方、アローララッタは尻尾をスプリングのバネにして弾ませて大ジャンプをして急降下攻撃に出た。
「避けろ、ストライク!」
 ツクシの指示でストライクはこうそくいどうでかわしたが、アローララッタは大ジャンプして追撃を緩めないでいた。
「ストライク、地面にエアカッターを飛ばすんだ!」
「スト!」
 ツクシの指示を受け、地面にエアカッターを放つと、地面に潜り込んでいった。アローララッタが急降下して襲いかかって来る。そして地面に間近まで来たその時、
「今だ!」
 ツクシが合図を出した。それを見てストライクが鎌を頭上高くに上げた。すると地面から無数のエアカッターが飛び出してアローララッタを切り裂いていき、土を浸けさせた。
「エアスラッシュだ!」
 追撃でエアスラッシュを飛ばすが、アローララッタは素早く起き上がると、これを口でキャッチして音を立てて噛み砕いて食べてしまった。
「ストライク!」
 ストライクはジャンプするとむしのさざめきを飛ばしてアローララッタにダメージを与えていった。
「デシャシャーーーっ!」
 デカグースが飛びかかって来るとウソッキーは巴投げをして投げ飛ばした。怯んだデカグースを持ち上げると投げ飛ばしていわなだれで追撃させた。
「ウソ!」
 手についている緑の球体を分離させると導火線をくっ付けて火を付け、それをデカグースに当てて爆発を起こさせた。
「一気に決めるぜ!」
「ウソッキ!」
 ヒビキの合図で体を回転させると空中に向かってトルネードしてデカグースを連続攻撃して吹っ飛ばした。ウソッキーが見事に着地するとデカグースが煙に包まれて消滅するのだった・・・。


続く・・・。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.119 )
日時: 2017/11/20 10:33
名前: たくと七星

第21話「アカネ大ピンチ、ヒビキとツクシの決意のZ技」パート7

ヒビキ現在の手持ち
アリゲイツ、オオタチ、オニドリル、ゴローン、アローラゴローン、ウソッキー(戦闘中)



「ゴースゴス、ゴースゴス・・・!」
 召喚したデカグースを倒されるも、ゴースは不敵な笑みを浮かべていた。ニヤリと笑うと黒煙を飛ばして、二体のポケモンを召喚させた。
「こいつは!」
「カメックスとフシギバナ?!」
 出て来たポケモンはカントー御三家の二体が最終進化したフシギバナとカメックスだった。この二体を相手にするのか、とヒビキとツクシが首をかしげたが、想定外の事態が起こった。
「ゴース!」
 ゴースは口を開けると二体を吸いこんでその姿を変えたのだ。煙が晴れると姿が見えた。ドシンと足音がしてそのポケモンが現れた。
「な、なななな?!」
「これって、一体?!」
 ヒビキとツクシは息を呑んだ。目の前にいたのはカメックスとフシギバナが合体した姿、体系はカメックスだが、フシギバナの模様と蔓が付いた合体ポケモンと言っていい。
「フシギバナとカメックスを合体させたのか?!」
「さしずめ、フシギックスってことか?」
「てヒビキくん、呑気なことを言ってる場合じゃないよ!」
「そうだったぜ、この合体野郎は俺が倒す!」
 ヒビキはウソッキーを戻すとアリゲイツとオニドリルを出した。
「カメーバナ!」
 フシギックスが地響きを立てて走り出した。
「行くぜアリゲイツ、オニドリル!」
「ゲイ!」
「イーっ!」
 フシギックスがれいとうパンチを出して来ると、アリゲイツはこれをかわしてきりさくで攻撃した。続けてたいあたりをするがフシギックスにはさしたるダメージにはならない。フシギックスが地面を叩いて水の衝撃波を飛ばして来た。
「ゲイ!」
 アリゲイツはジャンプしてこれをかわすとみずのはどうを飛ばしたがフシギックスはハイドロポンプを飛ばして打ち消してしまった。
「オニドリル、ドリルくちばしだ!」
「イーっ!」
 オニドリルが旋回してドリルくちばしに出た。フシギックスの中心にぶつけて地面に引き摺るがフシギックスは両腕をクロスしてこれを防いでしまう。
「カメーバナ!」
 宙返りするオニドリルにフシギックスが甲羅の砲台からフシギバナの蔓を飛ばしてオニドリルに巻き付けて地面に叩き付けた。
「何だって?!」
 驚きはそれだけではなかった。砲台から連続してたねばくだんを連射して来た。アリゲイツとオニドリルはこれを必死でかわしていく。更に頭のフシギバナの花からソーラービームを飛ばして来た。
「ストライク!」
「スト!」
 シザークロスでアローララッタを吹っ飛ばすとストライクは鎌を盾にしてフシギックスが飛ばしたソーラービームを跳ね返した。フシギックスはこれを直撃してダメージを受ける。
「ありがとツクシくん!」
「気を付けて!こいつ、くさタイプの技も使えるみたいだ!」
 起き上がったフシギックスは砲台からどくのこのとねむりごなを放出してきた。オニドリルとストライクは羽根を羽ばたかせてこれを吹き飛ばした。
「なるほどなあ、厄介なもんだぜ!」
「二体のポケモンの力を宿しているんだ、一筋縄では行かないよ」
「けど、アカネちゃんの身がかかってるんだ!退くわけには行かねえぜ!」
 拳を叩くとヒビキはアリゲイツとオニドリルを向かわせた・・・。

続く・・・。

Re: ポケモンストーリー ハートゴールド編 ( No.120 )
日時: 2017/11/21 21:29
名前: たくと七星

第21話「アカネ大ピンチ、ヒビキとツクシの決意のZ技」パート8

ヒビキ現在の手持ち
アリゲイツ(戦闘中)、オオタチ、オニドリル(戦闘中)、ゴローン、アローラゴローン、ウソッキー



 フシギックスが砲台から不規則にれいとうビームを無数に飛ばして来た。アリゲイツとオニドリルは縦横に動いてかわしていった。だが砲台からヘドロばくだんが連射された。二体はこれを必死に動いてかわしていく。
「カメー、バナ!」
 フシギックスがじしんをして二体を怯ませた。からにこもるとこうそくスピンをしてアリゲイツとオニドリルを攻撃、更に回転した状態でれいとうビームとエナジーボールを発射してダメージを与えていく。
 そして怯んだ所で体を出してヘドロばくだんを連射した。ヘドロの爆弾がアリゲイツとオニドリルを直撃してダメージを与えていく。
「どくタイプの技も使いやがるのか?!」
「フシギバナはどく複合だからね」
 一方、ストライクはアローララッタにシザークロスに出たがアローララッタはこれを避けて鎌に噛み付いた。ストライクは膝蹴りをして後退させるとエアスラッシュをして怯ませた。
「ツクシくんも頑張ってるんだ、俺だって!」
 ヒビキの指示でアリゲイツはハイドロポンプを発射した。
「カメー、バナーーーっ!」
 しかしフシギックスは前かがみになって頭にあるフシギバナの花を突き出して花弁でこれを吸収してしまった。そしてハイドロポンプのエネルギーでソーラービームを発射して来た。
「アリゲイツ、アクアリングだ!」
 アクアリングのシールドを張ってガードをしたがソーラービームの威力は高くリングのシールドは破壊されて直撃を受けて大ダメージを受けてしまった。何とか起き上がるアリゲイツだったが体力は多くは残されていない状態だった。
「ぐぐぐ・・・・」
 ヒビキの脳裏にデンジュモクに敗北した時のことが浮かんだ。
「畜生、負けてたまるか!ここでまたやられたら俺のために戦ってるこいつらに面目が立たねえぜ!」
 ボールを一つ手に取るとオオタチをバトルに出した。
「ヒビキくん。ストライク、僕達も全力を出すよ!」
 ツクシも奮起してストライクに指示を出した。一方、フシギックスはタネばくだんを砲台から飛ばして来た。
「オオタチ、掴め!」
「タチ!」
 オオタチはジャンプしてタネばくだんを掴むとそれを砲台に投げ飛ばした。タネは砲台に入って詰まらせてしまった。
「アリゲイツ、もう片方を頼む!」
「ゲイッツ!」
 アリゲイツは腕に力を込めると水のカッターを砲台目掛けて投げ飛ばした。カッターは砲台を切り裂いて使えなくした。
「よし、これでもう飛ばすことは出来ないぜ!」
 フシギックスは頭の花の花弁からソーラービームを飛ばして来た・・・。

続く・・・。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。