二次創作小説(映像)

逃走中3 in浅草
日時: 2017/04/16 06:47
名前: ランド



今回の逃走中の舞台は東京都・浅草


早朝の浅草を舞台に11人の逃走者が逃げ回る!
55分間逃げきれば66万円獲得!果たして、逃げきるものは現れるのか!?



逃走者
インデックス(3回目)
上条当麻(2回目)
川島瑞樹
キョン(2回目)
剛田武
さくらももこ(2回目)
涼宮ハルヒ
野比のび助
初音ミク
日向冬樹
本田未央


Page:1 2



Re: 逃走中3 in浅草 ( No.11 )
日時: 2017/04/19 21:31
名前: ランド



残り時間 49:00 72000円


プルルルル!


上条当麻「何だ?」



メールだ…………



本田未央「通達だって!」


初音ミク「通達1 エリア内にいた5挺の人力車が動き出した」


キョン「走っている人力車は止めることができ」

ジャイアン「掛かっている幕を取ると、中にいる姫が逃走に役立つアイテムを渡してくれる」


日向冬樹「ただし1挺の人力車は、幕を取った瞬間にハンターが出てきてしまう」



通達1 人力車起動


エリア内にいた5挺の人力車が動き出した。


人力車A「…………………」タッタッタッ



この人力車はエリアを走り回っていく


なお、中には姫が乗っており人力車を止めて幕を取ると、今後の逃走に役立つアイテムを渡してくれる


ハンターE「…………………」



ただし、1挺だけハンターが乗っており幕を取った瞬間、逃走者に襲いかかる



インデックス「アイテムってどういうの?」



アイテムは幕を取るまで分からない


キョン「5分の1でハズレ…………」


ジャイアン「アイテム欲しいな……」


5分の4でアイテム………5分の1でハンター………逃走者には選択を迫られる



スタッフ「やりますか?」


野比のび助「やらないよ!」


リスクがある事には手を出さない野比


野比のび助「幕取ってハンターがいたら最悪だよ」


川島瑞樹「さっきのじゃないかしら?」



下見中に人力車を見つけていた川島



川島瑞樹「待ってたら来るわよね」



人力車D「………………」タッタッタッ


5挺の人力車はエリア内を巡回する



日向冬樹「いた!」



人力車E「………………」タッタッタッ



近くで走っていた人力車を見つけた日向



日向冬樹「追いつけるかな………」タッタッタッ



人力車を追う………



人力車E「………………」タッタッタッ



人力車の速度はとても遅く、簡単に追いつける



日向冬樹「すいませーん」



人力車E「………………」スタッ



日向冬樹「えっ!?」



ブルークロウE「………………」


人力車の運転手はブルークロウ



日向冬樹「もしかして宇宙人!?(喜)」



ブルークロウE「…………………」



宇宙人ではない…………



日向冬樹「あの、幕を取っていいですか?」



ブルークロウE「………………」コクンッ



日向冬樹「ハンターがいるかも知れない………」


中にいるのは姫か………ハンターか………



日向冬樹「えいっ!」バサッ































姫E(御坂美琴)「………………」



中にいたのはお姫様だ



日向冬樹「おはようございます」



姫E「………………」



日向冬樹「喋らないんですね………」


中にいる姫は実在の人物をモデルとしたクローン。喋ってはくれない


姫E「………………」スッ



日向冬樹「ありがとうございます」



日向が貰ったアイテムは…………



日向冬樹「人力車チケット?」



日向冬樹 人力車チケットゲット!


日向冬樹「これを人力車を動かしているブルークロウに渡せば5分間だけ人力車乗せてくれる」


アイテム@ 人力車チケット


このチケットを人力車を動かしているブルークロウに渡せば、5分間だけ人力車に乗ることができる

人力車に乗っている間はハンターには追われることはない。


ただしチケットを使えるのは残り時間10:00まで


日向冬樹「ブルークロウってさっきの宇宙人さん?」


ブルークロウE「………………」


だから宇宙人ではない………


プルルルル!


さくらももこ「通達1 途中経過」


上条当麻「日向冬樹が人力車に乗っていたお姫様から人力車チケットを貰った」



ジャイアン「残る人力車は4挺」



キョン「当たりを引いたってことか」



さくらももこ「いいな〜人力車チケット………」


野比のび助「やっぱりやってみた方がいいかな?」


心が揺らぐ野比…………



川島瑞樹「これでハズレの確率は25%ね」


本田未央「すごいね!日向くん」


日向冬樹「そんなことないですよ」


本田未央「それがチケットなの?」


日向冬樹「はい」


日向が持つ人力車チケットに興味が湧いている本田


ジャイアン「早く見つけないと………」



他の逃走者が当たりの人力車を引くと、ハズレの確率がどんどん高まってしまう



ゲーム残り時間 45:30 114000円 残り10人

Re: 逃走中3 in浅草 ( No.12 )
日時: 2017/04/20 19:40
名前: ランド


大人気ボーカロイドの初音ミク


初音ミク「いましたよ」



ハンターA「………………」


初音の視線の先にはハンター



スタッフ「ハンターはどういう印象ですか?」



初音ミク「ハンターって、すごく不気味じゃないですか」



ハンターA「………………」



初音ミク「もうちょっと笑ったりだとか………そうすればだいぶ優しい感じになると思うんですよ」


ハンターは逃走者を追うアンドロイド、笑ったりなどしない



ジャイアン「どこにいるんだ?」



人力車を探し続けるジャイアン



野比のび助「あそこに剛田くんがいる」



近くにはのび助…………



インデックス「………………」パクパクパク



まだチョコレートを食べているインデックス



本田未央「あっ!クスクスーーー!」



近くには本田未央



インデックス「クスクス!?」



本田未央「ん?どうかした?」



インデックス「クスクスって…………私のこと?」



本田未央「そうだよ!」



インデックス「初めてだよ、クスクスって呼ばれたの」



若干戸惑っているクスクス………



野比のび助「逃走者があそこにいるって事は大丈夫だよね」


ジャイアン「来ないな…………」



本田未央「そのチョコ美味しそうだね!」



インデックス「あ…あげないよ!?」



この2組に………



ハンターB 「………………」


ハンターC「………………」



ハンターが迫る!



野比のび助「ふぅ……………」


ひと息つく…………


ハンターB 「………………」



インデックス「絶対あげないよ!?」



ハンターC「………………」



ジャイアン「いたっ!」




ハンターB 「……………!」タッタッタッ




インデックス「うわっ!」



ハンターC「………………!」タッタッタッ



両組見つかった…………




野比のび助「逃げた!」タッタッタッ



ジャイアンの様子を見て逃げだす野比




ハンターの視界に入ったのは



ハンターB LOCK ON タッタッタッ
【GOUDA】



ジャイアン…………



本田未央「どうしよう!?」タッタッタッ


焦る本田…………



インデックス「分かれよう!」タッタッタッ



対照的に指示を出すインデックス………



ハンターの視界に入ったのは………



本田未央「うそでしょ!?」タッタッタッ



ハンターC LOCK ON ピーーッ
【HONDA】


本田未央…………



2ヶ所同時に逃走劇が始まった………



ジャイアン「………………」クルッ



ジャイアンは曲がり角を利用して逃げる……



本田未央「うわぁーーーーー!!」タッタッタッ



本田未央は一本道に出てきてしまった………



ハンターC LOCK ON タッタッタッ
【HONDA】


ハンターとの距離は徐々に縮まる



ジャイアン「はぁ、はぁ、はぁ」タッタッタッ



ハンターB 【NOT FOUND】 ピーーッ



ジャイアンを見失ったハンター…………




ハンターC LOCK ON タッタッタッ
【HONDA】




本田未央「きついよ…………」タッタッタッ



走り続けて、だんだん元気が無くなってきた本田


ハンターC「………………」ポンッ!




本田未央「あぁっ!」



本田未央 確保 残り9人
残り時間 43:45 135000円



本田未央「捕まっちゃったよーーーーー!(泣)」



悲しみの叫び………



プルルルル!



初音ミク「浅草寺病院前にて 本田未央 確保
残り9人」



川島瑞樹「未央ちゃん…………」



インデックス「久しぶりに追われたよ………」



野比のび助「はぁ…はぁ…はぁ…」



野比の体力が尽きたようだ………



先ほどハンターをまいたジャイアン



ジャイアン「あそこは安全だと思ったんだけどな〜」



ハンターA・B ・C・D「………………」



ハンターはエリア内をくまなく捜索。安全な場所などない…………


ゲーム残り時間 43:00 144000円 残り9人

Re: 逃走中3 in浅草 ( No.13 )
日時: 2017/04/21 19:13
名前: ランド



スタッフ「前回インデックスさんが逃げきりましたよね」


(参照:逃走中2 inお台場)



上条当麻「そうそう!でも、まさか逃げきるなんて思わなかったな………」


インデックスは上条の家に居候中………



スタッフ「賞金はもう使いました?」



上条当麻「あっという間になくなったよ………」



インデックス「………………」パクパクパク



スタッフ「今何が食べたいですか?」



インデックス「うーん…………お肉をお腹いっぱい食べたいなぁ…………」


上条当麻「まぁ、インデックスが一番喜んでた
からいいんだけどな」


残り時間 42:00 156000円


プルルルル!



川島瑞樹「けっこう頻繁に鳴るわね〜」



さくらももこ「メールが来たよ」



初音ミク「ミッション1」



日向冬樹「エリア内に6つのハンターボックスを設置した」



ジャイアン「残り30分になるとボックスの扉が開き、ハンターが放出されてしまう」


野比のび助「これを阻止するには、2人でハンターボックスについている凍結ボタンを押しハンターを凍結させなければならない」


ミッション1 ハンターを凍結せよ



浅草の街に出現した………



ハンターボックス×6「…………………」



6つのハンターボックス



残り30分になるとボックスの扉が開きハンターが放出され、その数は最大10体にまで増えてしまう



これを阻止するには、逃走者2人がハンターボックスについている凍結ボタンを同時に押し、ハンターを凍結させなければならない



初音ミク「ハンターボックスってどこにあるんですか?」



スタッフ「それは探してみないと分からないです」



ハンターボックスの場所は自力で探し出さなければならない



上条当麻「6体も出たら逃げきれないぞ!」



さくらももこ「いちおう電話の場所まで行こうかな」



前回、自首に成功したさくらももこ



スタッフ「ミッションはやらないんですか?」



さくらももこ「みんながやってくれるよ」



人任せなさくらももこ。その近くに………



ハンターA「…………………」



黒い影…………



さくらももこ「ここら辺のはずなんだけど……」



自首用電話まではおよそ60メートル



ハンターA「………………」



さくらももこ「あった!あった!」タッタッタッ



自首用電話を見つけ、駆け寄っていく……



ハンターA「……………………!」



しかし、その姿をハンターに捉えられた!



さくらももこ「うわぁ…………」タッタッタッ



さくらもハンターに気づく…………



さくらももこ「いたよ………」タッタッタッ



ハンターA「…………………!」タッタッタッ



自首用電話の前まで来たさくら



さくらももこ「もう自首する!」



なんとここで自首を決意した!




ハンターA 「…………………!」タッタッタッ




果たして自首成立なるか!



プルルルル!



さくらももこ「早く繋がって………」



ハンターA LOCK ON ピーーッ
【SAKURA】




ハンターとさくら。勝者は…………







































ハンターA「………………」ポンッ!



さくらももこ「うわっ!(驚)」



ハンターだ………


さくらももこ 確保 残り8人
ゲーム時間 40:16 176800円



さくらももこ「もうちょっと待っててくれてもいいじゃん!」



自首ならず………………



プルルルル



日向冬樹「どんどんメールがくる………」



野比のび助「ウインズ浅草前にて さくらももこ 確保 残り8人」



上条当麻「確保のペースが早いな………」



ゲーム残り時間 40:00 180000円 残り8人

Re: 逃走中3 in浅草 ( No.14 )
日時: 2017/04/21 22:15
名前: ランド




野比のび助「疲れた…………」



ゲーム序盤だが疲れきった野比のび助



スタッフ「大丈夫ですか?」



野比のび助「ちょっと休ませて……」



しかし………



野比のび助「あっ!」



ハンターB 「…………………」キョロキョロ


近くに1体のハンター………



野比のび助「はぁ〜〜〜」タッタッタッ



休む暇がない男…………



野比のび助「……………!」



人力車B 「………………」タッタッタッ



野比のび助「じ……人力車………」



野比が逃げた先には人力車



スタッフ「人力車を止めますか?」



4分の1でハンター放出。野比の決断は…………



野比のび助「…………やるよ!」



リスクをかえりみず止まるようだ



野比のび助「お〜〜い!」



ブルークロウB 「………………!」スタッ



野比のび助「幕取ってもいい?」




ブルークロウB 「………………」コクンッ



野比のび助「よーし!」



ハンター放出か……アイテム獲得か………



野比のび助「アイテム来い!」バッ!



姫B (鬼塚一愛)「…………………」



当たりだ………



野比のび助「やった………」



姫B 「………………」スッ!



貰ったアイテムは…………



野比のび助「ミッションお助けチャンス?」



野比のび助 ミッションお助けチャンス獲得



野比のび助「何なのこれ?」



プルルルル!



野比のび助「また誰か捕まった?」



メールがきた………



野比のび助「通達α これはミッションお助けチャンスを獲得した君だけに送られている」


野比のび助「ミッションお助けチャンスとは、現在発動中のミッションの難易度を下げることができるチャンスだ」



アイテムA ミッションお助けチャンス


これを使うと現在発動中のミッションの難易度を下げることができる



そして詳しい内容は…………



野比のび助「君には今から与える選択肢の中でどれを発動するか決めてもらう!?」



アイテムA ミッションお助けチャンス

選択肢


@:ランダムでハンターボックスを1つ減らす


A:全員にハンターボックスの場所が書かれた地図のデータを配布


B:ミッションの終了時間を3分延長
(残り30分から残り27分になる)

C:ハンターボックスの凍結ボタンを1つ減らす
(ハンターボックスを凍結するのに必要な人数が2人から1人になる)


D:6つあるハンターボックスを1ヶ所に2つずつまとめる
(1ヶ所見つけると一気に2つハンターボックスを凍結することが出来る)


この中から選んで、メールで送信せよ


野比のび助「どうしよう………(悩)」


ミッションの成功に大きく関わる決断………


野比のび助「じゃあ………これにするよ」


野比が選んだ選択肢は…………


野比のび助「送信!」ピッ!

ゲーム残り時間 38:30 198000円 残り8人

Re: 逃走中3 in浅草 ( No.15 )
日時: 2017/04/22 20:48
名前: ランド



野比のび助「送信!」ピッ!



プルルルル!



上条当麻「またメール…………」



日向冬樹「通達@ 途中経過」



ジャイアン「野比のび助がアイテム ミッションお助けチャンスを獲得」


キョン「これにより、ミッション@のハンターボックスの場所が記された地図のデータが逃走者全員に配布されることとなった」


野比が選んだのはA番のハンターボックスの地図データ配布


野比のび助「場所が分かった方がやりやすいと思うんだ」



初音ミク「のび助さんありがとうございます!」


ジャイアン「のび太のパパやるな〜〜!!」


これでミッションの難易度がかなり下がった


川島瑞樹「わざわざボックスを探さなくてもよよくなったのね」


日向冬樹「地図のデータって………」


スタッフ「スマホに入ってますよ」


野比のび助「うそだろ!?」


野比が驚いた理由は………


野比のび助「近くにあるよ………」



ハンターボックスA「………………」



偶然にも近くにハンターボックスがあった


野比のび助「やるしかないよね………」


プルルルル


上条当麻「もしもし?」


野比のび助「もしもし?上条くん?野比ですけど」


上条当麻「何だ?」


野比のび助「あのさ、近くにハンターボックスがあるんだけど今、僕しか居ないから凍結できないんだよ」



上条当麻「どこにいるんだ?」



野比のび助「えぇ〜と……………」




電話中の2人。そのどちらかに………



ハンターC「………………!」タッタッタッ



後ろからハンター…………



野比のび助「ライオンズプラザって分かる?」



上条当麻「ライオンズプラザ…………?」



ハンターC「………………!」タッタッタッ



ハンターの接近に気づいていない………



上条当麻「あった!あった!」



野比のび助「分かった?」



上条当麻「じゃあ………ん?」



ハンターC LOCK ON タッタッタッ
【KAMIJO】


上条当麻「くそっ!」


見つかったのは上条当麻…………


野比のび助「何?」


ハンターC「………………」ポンッ!


上条当麻 確保 残り7人
残り時間 36:04 227200円


プツッ!


野比のび助「電話がきれたよ………」



上条当麻「何で気づかなかったんだろう………」



プルルルル!



野比のび助「上条くん捕まっちゃった!」



日向冬樹「アミューズミュージアム付近にて 上条当麻 確保 残り7人」


ミッション終了まで5分30秒。未だ凍結したハンターボックスはゼロ…………


ゲーム残り時間 35:30 234000円 残り7人

Re: 逃走中3 in浅草 ( No.16 )
日時: 2017/04/22 22:42
名前: ランド



野比のび助「あっ!おーーーい!」


初音ミク「のび助さんだ!」タッタッタッ


野比が近くにいた初音ミクを呼ぶ



野比のび助「近くにハンターボックスがあるんだ。だから2人で凍結しよう」


初音ミク「はい、分かりました!」



日向冬樹「あれだ!」


ハンターボックスC「…………………」


日向はハンターボックスを見つけた


日向冬樹「キョンさん!」


キョン「誰かいるぞ」タッタッタッ


そこにやって来たのはキョン…………


キョン「これだな………」


2人集まったためハンターを凍結できる!


日向冬樹「やりましょう!」


日向冬樹・キョン「せーの!」ポチッ


プシューー!


ハンターボックスC「………………」カチカチ


日向冬樹「うわぁっ!」


ハンターボックスC凍結 残り5つ


キョン「ちゃんと凍ってる…………」


野比のび助「着いた…………」


ハンターボックスA「……………………」


野比・初音ペアもハンターボックスにたどり着いた


野比・初音ミク「せーの!」ポチッ


プシューー!


ハンターボックスA「………………」カチカチ


野比のび助「冷たっ!」


ハンターボックスA凍結 残り4つ


日向・キョン 野比・初音がハンターボックスを凍結し残るは4つ


川島瑞樹「う〜ん」


ハンターボックスの地図を見て悩む川島…………



川島瑞樹「どれも遠いのよね〜」


川島から一番近いハンターボックスでもおよそ200メートル


スタッフ「どうしますか?」


川島瑞樹「でも……やらないと!」


リスクを冒してでも行くようだ


初音ミク「別のハンターボックスに行きましょうか」


野比のび助「は…はい……」


野比・初音は2つ目のハンターボックスへ向かう


野比のび助(心の声)「もう休みたいな……」


ただ乗り気でない者もいる………



プルルルル!


インデックス「何?」


インデックスの電話の相手は………


川島瑞樹「インデックスちゃん?」


川島瑞樹…………


川島瑞樹「2人でB番のハンターボックスを凍結しに行かない?」


インデックス「B番………あっ、近いよ!」


川島瑞樹「ちょっと遠いから、時間がかかるけどいいかしら?」


インデックス「いいよ!」


交渉成立だ…………


川島瑞樹「じゃあハンターボックスの前で待ってて!」


インデックス「分かった!」


プツッ!


川島瑞樹「じゃあ、走るわよーー!」タッタッタッ


気合十分で待ち合わせ場所へ向かう


ミッション終了まで3分30秒!このままいくと4体のハンターが放出され、合計8体となる

ゲーム残り時間 33:30 258000円 残り7人





Re: 逃走中3 in浅草 ( No.17 )
日時: 2017/04/23 21:47
名前: ランド



ジャイアン「あっ!」



ジャイアンが見つけたのは………



人力車D「…………………」



お目当ての人力車………


ジャイアン「やっと見つけたぞ〜!」タッタッタッ


ミッションよりも人力車…………



ブルークロウD「…………………」クルッ



ジャイアン「これ取っていいか?」


ブルークロウD「………………」コクンッ


スタッフ「大丈夫ですか?」


ジャイアン「いくぞー!」


聞く耳を持たない…………


バサッ!


姫D(日向夏美)「………………」



ジャイアン「ハンターじゃないよな」



ハズレの人力車ではなかった…………


姫D「………………」スッ!


ジャイアン「おっ、ありがとな!」


姫から貰ったものは………


ジャイアン「………エリア拡大装置の地図?」


剛田武 エリア拡大装置の地図獲得!


アイテムB:エリア拡大装置の地図


装置のレバーを下ろせば浅草1丁目が逃走可能となるエリア拡大装置の場所が書いてある地図



人力車D「…………………」タッタッタッ


ジャイアン「ハンターを止めれる武器とか欲しかったな〜」


どんなアイテムがもらえるかは運次第だ


プルルルル!



キョン「通達@ 途中経過 剛田武がエリア拡大装置の地図を獲得した」



人力車A・C「…………………」


現在走っている人力車は2挺


ハンターE「………………」


どちらかにハンターが乗っている


初音ミク「でも今はエリア拡大どころじゃないですよ………」



インデックス「まだかなーー」


ハンターボックスB「…………………」


ハンターボックスの前で待つインデックス


川島瑞樹「いるわね…………」


ハンターD「………………」


一方川島は足止めをくらう………


キョン「あった!あった!」


ハンターボックスE「………………」


日向とキョンは2つ目のハンターボックスを見
つけた





日向・キョン「せーの!」



ポチッ!



プシューー!



ハンターボックスE「………………」カチカチ



キョン「よーし!」


ハンターボックスE 凍結 残り3つ


日向冬樹「次はどれ行きますか?」


早くも3つ目のハンターボックスを探す2人


キョン「もうあと2分ぐらいだぞ」


しかし……



ハンターB 「………………!」ピーーッ



日向冬樹「ハンターいますよ!」



恐怖は突然やってくる…………



キョン「やばい!」



ハンターB「……………!」タッタッタッ



日向冬樹「…………………」サッ



日向冬樹はハンターボックスの影に隠れる



キョン「はぁ、はぁ、はぁ」タッタッタッ




ハンターB 「………………!」タッタッタッ



キョン「………………」クルッ



キョンは曲がり角を使って逃げる



キョン「来てないよな………」



日向冬樹「………………」シーン



ハンターB「………………」キョロキョロ



2人はハンターの視界から外れた



キョン「冬樹大丈夫か?」



日向冬樹(心の声)「動けないよ……」



ハンターB「…………………」スタスタスタ


依然2人の近くにはハンター



日向冬樹「よかった………」



ハンターB「………………」スタスタスタ



ハンターは日向から離れ、来た道を戻る



キョン「やっぱり気をつけないと」



ハンターB「………………」スタスタスタ



キョン「あの角怖いな………」



ハンターB「………………」クルッ



キョン「………………」



ハンターB LOCK ON ピーーッ
【KYON】


キョン「まじかよ!」


望まざる再会だ…………


ハンターB「………………」ポンッ!


キョン 確保 残り6人
残り時間 31:56 276800円


キョン「戻ってきてたのか…………」



ハンターの行動は簡単には読めない………



プルルルル!



ジャイアン「この音うるさいな〜!」


日向冬樹「キョンさん捕まりました!」


初音ミク「浅草七変化付近にて キョン 確保
残り6人」


野比のび助「もう一通来てる」


インデックス「ミッション@途中経過 残るハンターボックスは@番、B番、D番の3つ」


日向冬樹「まだ半分ありますね………」


野比のび助「今僕たちってC番に向かってるよね?」


野比と初音が向かうハンターボックスはすでにキョンと日向が凍結している


初音ミク「どうしましょうか?」


野比のび助「じゃあ…………D番行こう!」


まだ近くの方にあるD番のハンターボックスに目的地を変更した…………


川島瑞樹「これはまずいわね!」タッタッタッ


川島も急いでインデックスのもとへ向かう
ハンター放出まで残り1分!



ゲーム残り時間 31:00 288000円 残り6人

Re: 逃走中3 in浅草 ( No.18 )
日時: 2017/04/24 18:59
名前: ランド



ハンター放出まで残り1分!



野比のび助「間に合うかな?」タッタッタッ


野比と初音が向かうハンターボックスまで150メートル


初音ミク「きっと間に合いますよ」タッタッタッ



川島瑞樹「いたわ!」タッタッタッ


インデックス「あっ、来たよ!」


川島はようやくインデックスの元へたどり着いた


残り時間 30:30 ハンター放出まで30秒!


川島瑞樹・インデックス「せーの!」


ポチッ!


プシューー!


ハンターボックスB「………………」カチカチ



ハンターボックスB凍結 残り2つ


川島瑞樹「よかった、間に合って………」



野比・初音 ハンターボックスまで50メートル


スタッフ「あと20秒です」



初音ミク「20秒!?」タッタッタッ


野比のび助「もう無理だよ!」タッタッタッ


初音ミク「のび助さん頑張りましょう!」タッタッタッ


果たして間に合うのか!


ハンターボックスB「………………」



10



9



初音ミク「間に合った!」タッタッタッ



8





7



野比のび助「ちょっと待って………」タッタッタッ



6



初音ミク「野比さん!早く!」



5



4



野比のび助「よしっ…………」タッタッタッ



初音ミク「いきますよ!」



3



初音・野比「せーの!」



2




ポチッ!



プシューー!



ハンターボックスB「………………」カチカチ



1



ハンターボックスB凍結 残り1つ



残り時間 30:00 300000円



ガシャン!



ハンターF「………………!」タッタッタッ



ハンター放出! 合計5体



1体のハンターが解き放たれた………



プルルルル!


インデックス「メール………」



川島瑞樹「ミッション@ 結果 」



初音ミク「ミッション失敗 野比・初音・インデックス・川島・キョン・日向の活躍により5つのハンターボックスが凍結されたが」



日向冬樹「1つのハンターボックスが凍結されす、1体のハンターが放出。合計5体となった」



ジャイアン「ハンター増えたのかよ!?」



逃走者はミッションの結果を受け入れなければいけない


野比のび助「危なかった〜」


時間ぎりぎりでハンターボックスを凍結できた野比のび助と初音ミク


初音ミク「でも間近で見ると怖いです………」



ハンターボックスB「………………」カチカチ



野比のび助「すごい迫力だ………」



川島瑞樹「このハンターって本当に凍っているの?」


インデックス「大丈夫?出てこないよね?」


凍結されたハンターが出てくることはない……


残り時間は30分をきり、賞金は30万円を超えた!生き残っている逃走者は6人



ハンターA・B・C・D・E「………………」



対するハンターは5体………




ゲーム残り時間 29:00 312000円 残り6人

Re: 逃走中3 in浅草 ( No.19 )
日時: 2017/04/25 19:43
名前: ランド



牢獄DEトーク01


ここはハンターに確保された逃走者が入る牢獄


涼宮ハルヒ「………なんかいつもと違わない?」


人力車牢獄「………………」



今回の牢獄は人力車仕様



ビッグブルークロウA・B「………………」



そして今回の運転手のビッグブルークロウ(2体)



涼宮ハルヒ「ねぇ!あなたもしかして宇宙人!?」



ビッグブルークロウA・B「……………………」



涼宮ハルヒ「喋らないわね………まぁいいわ!SOS団に連れてっていいかしら?」


スタッフ「だめですよ!」



ビッグブルークロウA・B「……………(困)」



涼宮ハルヒ「ちょっとぐらいいいでしょ!」



スタッフ「この後も仕事があるんで………」


ビッグブルークロウA・B
「…………………」コクンコクン


涼宮ハルヒ「面白そうなのに…………」



スタッフ「まぁとりあえず乗ってください」


ガチャッ!


涼宮ハルヒ「これ動くの?」


スタッフ「はい」


牢獄は浅草の街を動き回る


人力車牢獄「………………」タッタッタッ


涼宮ハルヒ「手紙があるわ」


中には1通の手紙………



涼宮ハルヒ「ゲームマスターから………」



差し出し人はゲームマスター


手紙「確保された逃走者の皆さん、おはようございます」


涼宮ハルヒ「まだ私しかいないけどね」



手紙「今回、特別に人力車を牢獄にして街中を観光できるようにしました。ぜひゲーム終了まで浅草の街を楽しんでください」



涼宮ハルヒ「ふーん………まぁ、とりあえずゆっくりしようかしら」



牢獄DEトーク02へ続く

Re: 逃走中3 in浅草 ( No.20 )
日時: 2017/04/26 20:03
名前: ランド



牢獄DEトーク02


残り40分頃……………



本田未央「あっ!」



人力車牢獄「………………」タッタッタッ



涼宮ハルヒ「着いた〜?」



人力車牢獄は確保者の元まで迎えにいく



本田未央「でかいな〜〜」


ガチャッ!


本田未央「おっはようございま〜す!」



涼宮ハルヒ「テンションが高いわね………」


本田未央「クロウさん!おはよう!」


ビッグブルークロウA・B
「……………………」コクンッ



人力車牢獄「……………………」タッタッタッ



牢獄は浅草の街を走行中…………



涼宮ハルヒ「あなたアイドルなのよね?」



本田未央「うん!」



涼宮ハルヒ「アイドルって何をしてるの?」



本田未央「う〜んとね…………歌ったりとか、バラエティ番組に出たりとか、本当にいろんなことをしてるかな」


涼宮ハルヒ「あっ!そうだ!」


本田未央「どうしたの?」



涼宮ハルヒ「宇宙人のアイドルとかいないかしら!?」



本田未央「私は見たことないかな………」



涼宮ハルヒ「そういう感じの人がいたらすぐに教えるのよ!」


本田未央「うん…………(困)」


ビッグブルークロウA・B
「………………………」タッタッタッ



涼宮ハルヒ「ちょっと暑くない?」


スタッフ「じゃあこれを」


うちわ「」


本田未央「うちわ?」


涼宮ハルヒ「そこそこ懐かしいわね」パタパタ


本田未央「これって未来のうちわ?」パタパタ


スタッフ「いえ、昨日買って来ました」


涼宮ハルヒ「せっかくなら未来のうちわも見たかったわ〜」パタパタ



牢獄DEトーク03へ続く

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。