二次創作小説(映像)

【完結?】Dear顔無し先輩ピカチュウと品岡君の物語
日時: 2017/05/31 18:21
名前: 広村伊智子

こんにちは、
メモリーファントムプリキュア
のお返しにと、

ある日人間になった
ピカチュウ(ヒカル)
と、
ピカチュウに協力する、心優しい中3の
品岡(しなおか)君

物語です。


ちなみに、


品岡

しなおか

かおなし

顔無し



・・・・はい。


ーーーーーーーーーー

目次



>>2 >>5 >>6 >>7 >>8
>>11 >>12 >>13 >>14
>>15


>>16 >>20 >>23




ーーーーーーーーーー

Page:1 2 3



Re: Dear顔無し先輩     ピカチュウと品岡君の物語 ( No.18 )
日時: 2017/05/31 08:26
名前: 広村伊智子

因みに。

忍(しのぶ)

にん

ニンフィア

Re: Dear顔無し先輩     ピカチュウと品岡君の物語 ( No.19 )
日時: 2017/05/31 11:57
名前: 顔無し

まさかのフェイリア登場!ビックリしたw
中3なので書けたら書きますね。短くなると思うけどご了承ください。
ポケモンとトレーナーの共存ですか。いい題材ですね。ゲームだとペットと飼い主みたいですもんね。優しくなれるいい作品でした。品岡君、かっこよかったです。

Re: Dear顔無し先輩     ピカチュウと品岡君の物語 ( No.20 )
日時: 2017/05/31 13:13
名前: 顔無し

ここで時系列表作ります。

     →破界再世ルート
xy編→
     →サンムーンルート(品岡ルート)
 「ここは?・・・どこだ?」
そんな言葉がサトシの口から絞り出される。見渡す限り焼野原。ピカピ・・・と声を立てる相棒、ピカチュウを肩に乗せ、歩き出すサトシ。
「起きたの・・・」
後ろを振り向くサトシ。目に映ったのはうら若い少女。
「その声は・・・フェイリア!?・・・ウッ!?」
突然声を上げ、よろめくサトシ。その瞳の色が蒼に変わったのをフェイリアは見逃さなかった。少し、間を置き、ふぅ、とサトシ、いや、“その少年”は安堵をつく。
「やっぱりな。完全には消えなかったか。品岡、いや、僕の人格が残ってる。自我の主導権を握れた。」
「品岡君になった!?だめよ!あなたは世界改変の影響で人格が分裂して発生した、“もう一人のサトシ”・・・いいえ、“サトシの破片”。一つにならないといけない。」
「それでも、僕は、僕でいたい。」
強い口調で返答する、“品岡”。
「消えるんじゃないの、サトシと一つになるの。改変された世界は、改変した者が元に戻ることを望まなければ戻らない。なぜ改変したの?サトシ?出てきて!」
「それは・・・」
フェイリアに呼び掛けられ、自我を取り戻すサトシ。自身の記憶をたどる。この不思議な世界が発生する前・・・思い出せ。思い出すんだ。ジッと目を瞑るサトシ。・・・・・・・・・
「・・・・思い出した。あの時だ!!」

           ー回想ー

 「サトシ!!しつこいわよ!ここまで来たんだから診てもらいなさいよ。」
怒鳴り散らすマオ。二人がいるのは歯科医院。サトシが歯に痛みを感じるので、マオが強制的に連れてきたのだ。
「いやだ。絶対に嫌だ。痛いだろ歯医者!!」
駄々を捏ねるサトシ。右腕を引っ張られてなお抵抗する。
「なんでこの世には歯医者なんてあるんだ。こんな世界、消えちまえぇぇぇぇぇ!!」
「馬鹿なこと言わないの!早く診てもらって楽になりなさい!
突然、サトシたちの視界、いや、感覚そのものがぐにゃりと曲がる。
「な、何なんだぁ!!」
サトシはそのまま、感覚を飲み込まれていった。
 

           −回想終了ー


Re: Dear顔無し先輩     ピカチュウと品岡君の物語 ( No.21 )
日時: 2017/05/31 13:21
名前: 広村伊智子

うおお、ありがとうございます!

Re: Dear顔無し先輩     ピカチュウと品岡君の物語 ( No.22 )
日時: 2017/05/31 13:24
名前: 広村伊智子

サトシ、
何気に怖いこと言ってるぅぅ(汗)

Re: Dear顔無し先輩     ピカチュウと品岡君の物語 ( No.23 )
日時: 2017/05/31 14:03
名前: 顔無し

「そ、そんな理由で改変を望んだの?まぁ、“あいつら”ならそんな理由でも命令どうり改変するだろうけど。」
「あいつら?」
「い、いえ、こっちの話。」
少しキョドつくフェイリア。
「とりあえず、ポケモンタワーに登って、クリスタルキーを差し込み、改変を戻したいと強く念じて!」
「でも、そんなタワー、何処に・・・」
たじろぐサトシ。品岡の声が心中で響く。
(ここは君の望みどうりに変わる世界なんだろう?なら出てこいと望んでみればいいんじゃないか?)
「念じるのか?」
突然に目の前に広がるタワー。カロス地方ののプリズムタワーを髣髴させる形状。淡い水色と桃色の燐光が、全体から放たれている。ニッとフェイリアは笑う。
「では登りましょう。飛ぶと念じてください。」
2人の身体が、いや、3人と一匹は空に浮かんだ。スーッと上昇し、一気に頂上に登る。キーの差し込み口だろうか。床に鍵型の凹みがある。
「ゴメンな、品岡。オレ、やっぱり元に戻すべきだと思うんだ。」
(もういいよ。一つになってピカチュウと旅するよ。ここにいてもなにもないしね。)
返答する品岡。キーは静かに埋め込まれた。
(僕は君の心と、記憶の中で生きるよ。)
品岡の、その言の葉は、サトシに向けたものなのか、自分に向けたものなのか。それは品岡自身にも分からなかった。

          ー完ー

ーおまけー
「はぁ、大変だった。プレジャーファントムの奴ら、今度は改変なんてしちゃって。こっちの身にもなってよ。姿を知られないよう他の世界の女子のカッコまでしないといけないんだからね!」
プルルルル・・・
「電話?誰から?」
言うが早いか電話に出るフェイリア。
「ああ、誉?こっちは終わったよ。今から戻るところ。」
ピッと、電話を切る音が、荒野に僅かに響いた。




おまけの意味、分かっていただけましたか?はい、あの二人ですねw
ところで広村さん、今日は学校はお休みですか?実はぼくは体調悪くて早退しましたw(いやマジで・・・)
作品の感想お願いします。

Re: Dear顔無し先輩     ピカチュウと品岡君の物語 ( No.24 )
日時: 2017/05/31 18:15
名前: 広村伊智子

学校休みです!

土曜日の、オープンスクールの
振替です。

ーーーーーーーーーー

凄いです!!

面白いです!!!!


薫&誉 参上(笑)



読んでいてとってもワクワクしました!

Re: 【完結?】Dear顔無し先輩ピカチュウと品岡君の物語 ( No.25 )
日時: 2017/05/31 18:28
名前: 広村伊智子

面白すぎて、
ウルトラハッピー☆
です!

((すげぇよ、中3の文章能力・・・・
  ↑
 心の声

ーーーーーーーーーー

ところで、


品岡俊貞=サトシ


だということに、
どこらへんで気付きましたか?

Re: 【完結?】Dear顔無し先輩ピカチュウと品岡君の物語 ( No.26 )
日時: 2017/05/31 18:56
名前: 顔無し

あ、これで完結です。
○○になっていたりして・・・ の部分でなんかサプライズあるなと思って、なかなかサトシが見つからないからなんか関係あるかなと思いました。そこらへんでちょっと気づいたかな?
ところでオープンスクールって何ですか?付属小の小6が来るとかそんなんですか?気になりますw
・・・ああ、最近、夏バテでだるいです〜

薫&誉が出るまでの過程

   世界改変とかそんな話か、へぇ・・・
        ↓
   あれ、そんな能力のオリキャラがいたような・・・
        ↓
   メモリーファントムプリキュア登場!!

・・・ってな過程ですw

Re: 【完結?】Dear顔無し先輩ピカチュウと品岡君の物語 ( No.27 )
日時: 2017/05/31 19:47
名前: 広村伊智子

あぁ、
やっぱりそこで気づいたんですね(笑)


オープンスクールとは、
本校に将来受験を希望する
小学生、並びにその保護者が来る
イベントです!



ウチも、毎日バテてます。
貧血と軽い熱中症?の毎日(笑)



なるほど、そういう過程で
メモリーファントムプリキュアを!

ありがとうございます!!

Page:1 2 3



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存