二次創作小説(旧・映像)

T&K7U
日時: 2017/10/30 17:17
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

キャラクター
霊夢レッド(19)
魔理沙イエロー(18)
ソラブルー(16)
リクブラック(17)
カイリピンク(16)
セイシロウグリーン(17)
スリルホワイト(16)
クラファ
ハルキ?(28)
6代目閣下で愛車は、クラウン
トリゾウ(58)
初代閣下。ハルキ?の父。愛車は、アルファード
リュウノスケ
2代目閣下
サブタロウ
3代目閣下
エドガー
4代目閣下
コウジロウ
5代目閣下
カリゾウ(55)
トリゾウの弟、ハルキ?の叔父。愛車は、ヴェルファイア
TX軍団
TX(25)
TX軍団のリーダー。愛車は、エスティマ
上条当麻(20)
幸運青年
御坂美琴(18)
ビリビリ高校生
白井黒子(17)
唯一のお嬢様
インデックス(?)
ハラペコシスター
ハルキX(18)
T&K7作者。
ハンターYM(19)
唯一の女性ハンター。
エリー(17)
アメリカ人の少女
ライト(16)
アメリカ人の少年
ドクター・ミカミ
通称博士
ダークオブザ隊
カル・オブザ
カルー
ダークエル
キョンシー撲滅隊
ソールド
リット
カルラ
レイ
マナ
セイヨン
スリカ
葉月隊
葉月(28)
葉月隊隊長
勇羅(31)
葉月の兄
ラァン、レェン(どちらも19)
双子の2人でレェンが姉、ラァンが弟
アクト(27)
メーア(26)
どちらも嘗ては親衛隊長だった
ラゼル(22)
テレシア(22)
双子だがラァン、レェンとは、関わっていない。
阿部組
長山(23)
阿部組サブリーダー
阿部
阿部組リーダー
ナガ・ヤーマ
嘗てカルーに操られていた
アーベ
その他
太秦龍三(50)
太秦家の父
太秦裕子(28)
太秦家長女
太秦太一(25)
太秦家三男
太秦ひろし(28)
太秦家次男
太秦たかし(30)
太秦家長男
二面性子(18)
二面性の女
釣夫(18)
釣りのプロフェッショナル

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



Re: T&K7U ( No.59 )
日時: 2017/11/11 09:26
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

NEXT
彼らは、アリーナたちを混乱に陥れるためアリーナにガラスのくつを送った。その靴をアリーナが履いて数分後に脱ぐとき、呪われて脱げない。その15分後、アリーナが倒れた!
41章 ガラスのくつに要注意
楽しみに待てよ

Re: T&K7U ( No.60 )
日時: 2017/11/13 17:53
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

T&K7事務所 リビング
霊夢「次の作戦は、どうしましょうか。」
リク「さて。どうするか。」
ソラ「呪いのアイテムをオブザ邸のアリーナに送るのは、どうだ?」
魔理沙「これいいな。やりたい。」
霊夢「じゃ通販で、買いましょう。」
通販でガラスのくつを買った。
霊夢「明日には、ここに来るわね。」
翌日
ピンポーン
配達員「ガラスのくつを届けに来ました!」
リク「どうもありがとうございます!で3万円ですよね?では、丁度。」
配達員「ありがとうございました!」
リク「よし、届いたな。」
ソラ「では、早速。」
魔理沙「届けるとしよう。」
ソラは、タウンエースバンを借りた。
カイリ「オブザ邸があるのは、オブザ国だね。じゃ早速向かおう!」
41章 ガラスのくつに要注意
オブザ邸 カル・オブザの部屋
ピンポーン
カル・オブザ「宅急便ですね。どうぞ。」
オブザ邸 玄関
ソラ「サントハイム王からアリーナさんへの物です。」
カル・オブザ「わざわざありがとうございます。」
ソラ「いえいえ。それでは・・・」
バタン
カル・オブザ「さて。」
クリフト「サントハイム王から姫様への物ですね。私にお任せください。」
カル・オブザ「頼んだわよ。」
オブザ邸 アリーナの部屋
ティファ「なるほどね。あなたってこういうの好きなのね。それでね。私は・・・」
トントン
クリフト「姫様はいらっしゃいませんか?」
アリーナ「この声クリフトね、どうぞ。」
クリフト「失礼します。」
アリーナ「箱ね。さてさて箱の中身は・・・ガラスのくつね!丁度ほしかったわ!」
クリフト「ガラスのくつと一緒にお手紙もございますよ。」
アリーナ「えっと・・・・・」
手紙の文が長いため割愛
アリーナ「・・・サントハイム王。では、早速、ガラスのくつを履きましょう。」
ティファ「サイズがちょうどいいわ。」
数分後
アリーナ「脱ぎましょう。あら?脱げないわ。どうなってるの?」
ティファ「これってもしかして。」
クリフト「呪われてるのではないのでしょうか!」
アリーナ&ティファ「し、しまった!」
アリーナ「呪われていたとは・・・」
ティファ「思ってもいなかったわ。」
15分後
アリーナは、倒れてしまった。
NEXT
アリーナは、医務室に運ばれた。直後にアリーナが苦しみ始めた。その事を皮切りに他の女性にも異変が起こった。
ティファは、アリーナと同じく苦しんだ。
42章 連鎖反応
楽しみに待てよ

Re: T&K7U ( No.61 )
日時: 2017/11/16 17:58
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

オブザ邸 医務室
アリーナ「・・・・・」
クリフト「何かの呪いにかかったんでしょうか?」
突然アリーナが苦しみ始めた!
ティファ「アリーナ動いちゃダメ!」
クリフト「ダメです!姫様に近づいては、行けません!」
42章 連鎖反応
ティファ「じゃあ一体・・・体が・・・誰か・・・・・」バタン
ティファも倒れてしまった。
ティファ「・・・・・」
アリーナが苦しみ始めたことを皮切りにティファも苦しみ始めた!
クリフト「ティファさんまで苦しみ始めました!どうすれば・・・」
クラウド「ティファ!無事か?」
クリフト「何故か姫様とティファさんが苦しみ始めたんです。」
クラウド「何だと。一体誰がこんなことを・・・」
クリフト「姫様がお履きになったガラスのくつだと思うんですがね。」
ライトニング「退屈だな。3人といただきストリートをやって時間を潰すか・・・」
ライトニングは、硬直した。
テリー「ライトニング。こんなところで立ってどうした?」
ライトニング「・・・・・」
テリー「返事がない。硬直しているな。」
スコール「どうしたテリー。」
テリー「ライトニングが硬直した。」
セラ「そこ通して・・・」
セラも硬直した。
ノエル「セラ。そこに止まってどうしたんだ?」
セラ「・・・・・」
ノエル「返事がない。」
更に
ベロニカ「確かこの辺りに・・・頭に痛みが・・・・」
セーニャ「お姉様どうなさいました?・・・私も同じく、頭に痛みが来るんです。」
リッカ「2人ともどうしました?具合が悪いんですか・・・私も具合が・・・痛みが、頭に・・・」
アンルシア「どうしたの?ん?頭が痛いの・・・私も・・・」
更に
ミレーユ「テリーは、4人と仲良く生活してるのかしら?」
バーバラ「あのときは、テリーにお世話になったわ。早速テリーの所へ・・・・・」
ミレーユ「バーバラどうしたの・・・・・」
ハッサン「いつもの如く運動しねぇとな。ミレーユとバーバラ!どうした?」
ミレーユ&バーバラ「・・・・・」
ハッサン「返事がねぇな。どうしたんだ?」
更に
ゼシカ「それでね。次は、何をするの?・・・」
ビアンカ「やっぱり・・・」
女性が大変なことになった!
ノクティス「どうなってんだこれは?!」
シルビア「ベロニカちゃんとセーニャちゃんどうしたの?!」
数日間混乱してしまった!
NEXT
女性異変事件から数日後、ダークオブザ隊がT&K7を追う!彼らは、追われる身となって逃げる!
43章 追われるT&K7
楽しみに待てよ

Re: T&K7U ( No.62 )
日時: 2017/11/27 19:16
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

あれから数日後
ナショナルシティ
ソラ「さて、次は、どうするか・・・」
魔理沙「やっぱり・・・」
?「おまえ!よくもやったな!」
ソラ「この声は・・・」
魔理沙「ライトニングか!」
ライトニング「よくも私たちを混乱させたな!」
アリーナ「許せないわ!」
ティファ「一発ガツンと当ててやるわ!」
テリー「俺は、最強の戦士だからな。ここでビビるとケガをするぜ!」
スコール「絶対に許さないぞ!」
クラウド「皆!捕まえろ!」
ソラ「まずい!」
魔理沙「こうなったら・・・」
ソラ&魔理沙「逃げるしかない!」
43章 追われるT&K7
Aパート
ソラ「車に乗るしかない!」
魔理沙「急げ!」
リク「ソラと魔理沙だな。」
霊夢「リク後ろ!」
リク「奴等に追われているのか!」
ソラ「出発してくれ!」
魔理沙「奴等から距離を空けるんだ!」
クラウド「車を使って逃げる気だな!絶対に逃がすな!」
ライトニング「私が追跡する!オーディン!」
セイシロウ「後ろからライトニングが!」
スリル「飛ばして!」
リク「任せろ!」
ライトニング「加速するつもりか!間に合うのか?」
カイリ「悪いけど先に失礼!」
ここからカーチェイスが始まった!
クラウド「さっさと終わらせないと、大変なことになるぞ!やつらを追跡しろ!」
クラウドは、バイク、スコールとテリーは、魔法のベッド、アリーナとティファは、オープンカーを運転する!
適当に走り回り、クラファシティに向かう!」
ハルキ?「さて、2人共参ったな。」
トリゾウ「誰かが追われているぞ!」
カリゾウ「兄貴の息子!奴等を追ってくれ!」
ハルキ?「放っては、おけないな!」
適当に走り回り、今度は、札幌に向かう!
Bパート
札幌
霊夢「また追われてる。」
リク「こうなったら適当に走るしかない!」
それを誰かが見ていた。
ハルキX「誰かが追われてるな。」
エル「追いましょう!」
ハルキ?「ニセモノか?」
更に
高速道路を走る
お兄さんA「さて。加速するか。」
お兄さんAは、右ウィンカーを出して合図をする。
お兄さんA「車が来てる!バイクにベッドが高速道路に!」
数十分後
新千歳空港A駐車場
リク「前の車が停止している!」
霊夢「これじゃすぐに追いついてしまうわ!」
通行人は
お姉さんA「何このベッドは?」
お兄さんA「さっきのベッドとバイクか?」
また夜は、
東京
TX「ベッドとバイクだ。ん?この服装は・・・まさか!追うしかない!」
当麻「さて。今日は、久しぶりの外食だ!大丸へいこう!」
インデックス「最近、外食がなかったもんね!」
美琴「外食は、かなり久しぶりだわ。」
黒子「お姉様と同じものを・・・・・」
当麻「このエスティマ、TXの車だ。」
インデックス「更にばいくやベッドまで見えたよ!」
美琴「追われていた車って・・・」
黒子「T&K7のお車だと思いますわ!」
当麻「追うぞ!」
深夜
ハヅキシティ
FFDQキャラクターたち「待てーい!逃がすもんか!」
小さい路地にはいる!
出口で優羅の車と葉月の車が足止めした!
葉月「T&K7の皆大丈夫?!」
ソラ「問題ない。」
魔理沙「後ろの奴等に追われていたよ。」
TX「どうなってるんですか?」
ハルキX「T&K7の皆がFFDQキャラたちに追われていたんですよ。」
葉月「よくもT&K7をしつこく追ったな!迷惑量払え!」
クラウド「に、逃げろぉー!」
葉月「逃がすか!」
ハルキ?「こりゃ葉月を怒らせて追われるFFDQキャラクターだな。」
トリゾウ「ああ。そろそろ帰ろう。」
カリゾウ「もう時間だし帰るとするか。」
ハルキX&TX「では、お先失礼しますね。」
NEXT
彼らは、博士に呼ばれて研究所へ行った。ハルキXも同じく、呼ばれた。プリウスの運転だとか何かだ。
44章 PRIUS
楽しみに待てよ

Re: T&K7U ( No.63 )
日時: 2017/11/24 21:53
名前: テムジン

テムジンです

次回も楽しみににしています

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。