二次創作小説(映像)

T&K7U
日時: 2017/08/14 14:33
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

キャラクター
霊夢レッド(19)
魔理沙イエロー(18)
ソラブルー(16)
リクブラック(17)
カイリピンク(16)
セイシロウグリーン(17)
スリルホワイト(16)
クラファ
ハルキ?(28)
6代目閣下で愛車は、クラウン
トリゾウ(58)
初代閣下。ハルキ?の父。愛車は、センチュリー
リュウノスケ
2代目閣下
サブタロウ
3代目閣下
エドガー
4代目閣下
コウジロウ
5代目閣下
TX軍団
TX(25)
TX軍団のリーダー。愛車は、エスティマ
上条当麻(20)
幸運青年
御坂美琴(18)
ビリビリ高校生
白井黒子(17)
唯一のお嬢様
インデックス(?)
ハラペコシスター
ハルキX(18)
T&K7作者。
ハンターYM(19)
唯一の女性ハンター。
エリー(17)
アメリカ人の少女
ライト(16)
アメリカ人の少年
ドクター・ミカミ
通称博士
ダークオブザ隊
カル・オブザ
カルー
キョンシー撲滅隊
ソールド
リット
カルラ
レイ
マナ
セイヨン
スリカ
葉月隊
葉月(28)
葉月隊隊長
勇羅(31)
葉月の兄
ラァン、レェン(どちらも19)
双子の2人でレェンが姉、ラァンが弟
アクト(27)
メーア(26)
どちらも嘗ては親衛隊長だった
ラゼル(22)
テレシア(22)
双子だがラァン、レェンとは、関わっていない。
阿部組
長山(23)
阿部組サブリーダー
阿部
阿部組リーダー
ナガ・ヤーマ
嘗てカルーに操られていた
アーベ

Page:1 2 3



Re: T&K7U ( No.8 )
日時: 2017/08/15 16:38
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

前回のあらすじ
ソラ、魔理沙、ライト、ハルキXは、ラァンに言われてウイングベイ小樽に来た。そして映画も観た。
5章 小樽の海は、広いよな 中編
走行中
ニュースキャスター「次のニュースです。先ほど小樽市内で自動車盗難被害が多発しています。車から降りる際は、十分ご注意ください。犯人は、逃走中との事です。」
ハルキX「盗難被害だと!」
ラァン「マジで!」
小樽駅前
カル・オブザ「この車を本拠地に持ち帰るわ。」
ファンファンファンファン
警官A「前の車止まりなさい!」
カル・オブザ「ベロベロバー。」
ガソリン
E        F
・・・・・・・・・・

まもなくガス欠。
カル・オブザは、車を乗り換えた。
ソラ「さて。」
ファンファンファンファン
警官A「止まれ!」
ソラ「あの車を追跡するぞ!」
魔理沙「ん?あの車。車内にカル・オブザが見えるな。」
ソラ「あいつか。少し加速するぞ。」
そして
バリケード
キー!
警官A「カル・オブザ!殺人と自動車窃盗容疑で逮捕するぞ!」
カル・オブザ「諦めないわ!」
ソラ「カル・オブザ。よくも葉月たちを操ったな。」
魔理沙「死刑だ死刑。」
次回予告
彼らは、カル・オブザと戦う。この戦いでどうなるのか?
6章 小樽の海は、広いよな 後編
楽しみに待てよ

Re: T&K7U ( No.9 )
日時: 2017/08/15 19:17
名前: 長山 ◆fb7o0kUIGk

カル・オブザを俺のNew逃走中に出していいですか?

Re: T&K7U ( No.10 )
日時: 2017/08/15 19:41
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

長山さん。
出さないでください。

Re: T&K7U ( No.11 )
日時: 2017/08/16 13:39
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

警官A「殺人と自動車窃盗容疑で逮捕するぞ!」
カル・オブザ「諦めないわ!」
ソラ「カル・オブザよくも葉月たちを操ったな。」
魔理沙「死刑だ死刑。」
6章 小樽の海は、広いよな 後編
ハルキX「あ!カル・オブザが逃げ出すぞ!」
カル・オブザ「やれるものならやってみなさい!」
ハルキX「俺が運転する!」
そしてカーチェイスが始まる。
ハルキX「カル・オブザ!逃がさないぞ!」
どちらも時速100キロを越えるようだ。
カル・オブザ「前方にパトカー!」
ハルキX「ここだ!それ!」
カル・オブザ「車が燃える。ドアが開かないわ!一体どうすれば・・・そうか!あれを使えば!」
ワープ!
ハルキX「逃がしたか!」
ウイングベイ小樽前
ラァン「今日は、集合してくれてありがとうな。」
ソラ「今日は、楽しかったな。」
魔理沙「また会おうな。」
ハルキX「待てよ。何かを・・・・・あ!駐車料金!」
ラァン「しまった!」
ライト「まずい!」
3人「急げー!」
ウイングベイ小樽 1番街 1F
ハルキX「じゃあな!ラァンとライト君!」
ラァン「また会おうな!」
ライト「さようなら!」
ウイングベイ小樽 緑 7F
ハルキX「早く家に帰ろう。」
ガソリン
E        F
・・・・・・・・・・
 ↑
ハルキX「ガソリンあまりないぞ。」
エージェントを呼び出します
エージェント「こんにちは。ご用件をどうぞ。」
ハルキX「ガソリンスタンド探して。」
エージェント「近い順から読み上げます。」
30秒後
ハルキX「シートベルトよし!エコランプよし!道具よし!これで出発だ!」
アナウンス「駐車券を入れてください。料金は、700円です。」
そして帰宅した。
次回予告
彼らは、夜、キョンシー撲滅隊からの救難信号を聞く。そして車に乗って捜すのだった。
7章 キョンシー 前編
楽しみに待てよ

Re: T&K7U ( No.12 )
日時: 2017/08/19 17:15
名前: ハルキX ◆HCAx4e.S7w

ナショナルビル最上階 T&K7事務所
ソラ&魔理沙「ただいま。」
霊夢「おかえり。」
リク「どうだったか?」
ソラ「カル・オブザと遭遇したが逃がしてしまった。」
魔理沙「でも土産を貰った。」
カイリ「疲れたでしょ。休んだら。」
ソラ「言われてみたらちょっと疲れたな。」
魔理沙「休むか。」
1時間45分後
プルルルルルルプルルルルルル
霊夢「こんばんは。こちらT&K7です。」
レイ「キョンシー撲滅隊のレイよ!たった今総合県全域にキョンシーが現れたわ!救援を!お願い!クラファタワーへ行って!」
霊夢「キョンシー撲滅隊から救難信号!すぐにクラファタワーへ出動よ!」
7章 キョンシー 前編
Aパート
クラファタワー周辺
リク「こんな夜中にウロチョロするなんて迷惑だ。」
レイ「誰か!助けて!」
ソラ「キョンシー撲滅隊のレイだ!」
魔理沙「助けに来た!」
ソールド「助かるよ!キョンシー撲滅を手伝ってくれ!」
3分後
マナ「怪しい。なかなか減らないな。」
5分後
リット「かえって増えるだけだ。」
霊夢「みんなにメールを送らないと。」
名前 霊夢
宛先 TX、YM、葉月、ハルキX、ハルキ?、勇羅、ラァン、レェン
題名 緊急事態発生!
本文
緊急事態発生!ただいま総合県全域にキョンシー発生!私たちも加戦してるけど無理みたい。
みんなクラファタワーに集まって!
それを見たみんなは
TX「こんな真夜中に緊急事態!YM!行きましょう!」
ハンターYM「・・・・!(行くに決まってる!)」
勇羅「キョンシーか!行くぞ!葉月!」
葉月「うん!行かないとダメだよね!」
ラァン「またカルーの仕業だな!」
レェン「行くよラァン!」
ハルキ?「ニセモノ。プリウス来たんだな。」
ハルキX「来たよ。閣下。しかも燃費が・・・」
ハルキ?「ん?メール?」
ハルキX「霊夢からか。『緊急事態』だと!」
ハルキ?「すぐにクラファタワーへ急行だ!」
ハルキX「放っておくわけには、いかん!」
霊夢「お願い。みんな来て。」
一方、別の所では
阿部「さて。このまま帰ろうか。長山。」
長山「そうですね。阿部さん。」
♪〜
緊急ニュース「緊急ニュースです!総合県でキョンシーが現れました!繰り返します!
総合県でキョンシーが現れました!キョンシーは、凶暴です!
キョンシーに影を踏まれたらあなた方は、動けなくなります!
ただしキョンシーにお札を貼ると、キョンシーは、停止します!
皆さんお手元のお札をご確認ください!キョンシーにご注意を!」
阿部&長山「キョンシー!」
その7分後
カルー「よくもキョンシーを減らしたわね!もうお仕置きよ!変・・・」
ちょっと待った!
Bパートへ続く

Page:1 2 3



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存