二次創作小説(映像)※倉庫ログ

スマブラ×プリパラ×アイカツな日常
日時: 2017/05/18 20:00
名前: αΝκ (ID: 96w0qmMc)

注意

・クロスオーバー物です

・幾度のキャラ崩壊

・日本語もおかしい

・更新ガノンおじさん並

・たまにCP〜♪(Prism Spiralのメロディー)


めが姉ぇ「以上のことが許せる方はこのまま閲覧してくださ〜い」


美月「うごメモの方とは別の時軸で進んでるわよ」


ゼルダ「スマメンの性格はほぼ主の捏造よ」

Page:1



Re: スマブラ×プリパラ×アイカツな日常 ( No.1 )
日時: 2017/05/19 16:29
名前: αΝκ (ID: 96w0qmMc)

『そふぃとルキナってなんか似てるよね』※ちょい百合

ーーーーーーーわんくーーーーーーーー

「ぷしゅ〜…」
ピンクのロングヘアの少女が青髪の少女に倒れこんだ

「そ、そふぃさん、大丈夫ですかっ!?」


「レ…レッドフラッシュ〜…」
そふぃと呼ばれた少女は蚊の鳴くような声で呟いてる

「梅干しですね?いま私持ち合わせてないんです…」


「あれ?二人ともどうしたの?」
青髪のショートヘアの青年と…

「あ、アイク〜…レッドフラッシュある〜?」


「これ食べかけだが…食うのか?」
アイクと呼ばれた青年は食べかけの梅おにぎりを差し出した

そふぃはほおばるように少しずつおにぎりを食べてく

「ひゃっ!」
突然そふぃが雷の如く光だし、ルキナはとっさにマルスに抱きつく

「まぶしっ」
どさくさに地下の太陽がいるのはツッコまないように。

「ふぅ…助かったわ、ありがとう小鳥ちゃん」
いつものクールモードになったそふぃはルキナの頭を撫でた

「ふゃっ!?///」
いきなり同性から撫でられ、彼女は顔を赤らめる

「あのー…ルキナ…そんなに抱かれても僕は何もしないよ?」
マルスは照れを含めた苦笑いで話しかける

「はわわっごめんなさいっ!///」


「……………………」
地下の太陽が三人を交互に見る

「ルキナ…アンタも大変ね…」


「???」


そんな昼下がりの日常。

Re: スマブラ×プリパラ×アイカツな日常 ( No.2 )
日時: 2017/05/19 13:17
名前: Pastel’s GM ◆TEj2Pj1qIE (ID: 6Nc9ZRhz)
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7/index.cgi?mode

αNkさんはじめまして、日本語のおかしいスマブラスキーの甘月です。そんな注意私には利きませんよ!

とりあえず料理対決希望&わんくが短すぎます

フェタリア(青ネス)「差し入れ、していいかな?」

Re: スマブラ×プリパラ×アイカツな日常 ( No.3 )
日時: 2017/05/19 16:30
名前: αΝκ (ID: 96w0qmMc)
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel4/index.cgi?mode=view&no=11500

>>2

おとめ「甘月たんコメントありがとうなのです〜!」


さくら「主様は基本>>1のような文体で書いております。ご指摘ありがとうございます♪」


αΝκ「料理対決のメンバー考えたぜ(ドヤァ」


しおん「差し入れありがとう」


追記:ガイド見返したらキス描写NGと書かれてたので差し替えました

Re: スマブラ×プリパラ×アイカツな日常 ( No.4 )
日時: 2017/05/20 13:58
名前: αΝκ (ID: 96w0qmMc)



『風雲美月城にスマメンとプリパラアイドルが乱入したらカオスになりそう』


    ――――――――――――わんく―――――――――――――――



ここは時空の扉。そこにはトップアイドルだった女性の周りには剣士や男の娘やアイドルなどと色々な人々が囲んでる


「ここに集まったという事はそれなりの覚悟はあるのね…?」

体重の三分の一を占めると思われる紫のポニーテールを靡かせた

「「はいっ!」」

大きな声で返事をしたのは神アイドルの真中らぁらと現スターライトクイーンの大空あかりのみ。

「はぁ〜?いきなり言われても困るんだけど〜」「それに俺らアイドルってイメージじゃねぇし…」「ピザポテト再販マダー?」

それ以外はやる気のないか、本業に集中したいものばかりだ

「とにかくっ!参加しないとマスターハンドから抹消され、アイドルの墓場行きになるわよ?」

顔は笑ってるが言ってることと矛盾してる

「「は、はいっ!!!!」」

ここにいる美月以外の全員が恐怖を覚え、返事をした

「それじゃあ明日ね♪」

美月はニコッと笑顔で告げ、スマ×プリ×アイの世界の扉を開け、帰った。


Re: スマブラ×プリパラ×アイカツな日常 ( No.5 )
日時: 2017/06/03 08:24
名前: αΝκ (ID: 96w0qmMc)

じゅのん「超絶久しぶりの更新よ…」


ぴのん「作者がリアルで忙しいからトライアングルが代理ぴっぴ〜!」


かのん「ところで私たちの出番超遅すぎません?」


ぴのん「早く出すぴっぴ〜!」


じゅのん「次に出番があるといいわね…じゅっ」




風雲美月城回に出しますby主

Re: スマブラ×プリパラ×アイカツな日常 ( No.6 )
日時: 2017/06/11 08:43
名前: αΝκ (ID: 96w0qmMc)


『風雲美月城にスマメンとプリパラアイドルが乱入したらカオスになりそう』


    ――――――――――――わんく―――――――――――――――


翌日、呼ばれた者は全員来た

「なんでボクまで参加しないといけないわけ!?」

編み込みの入ったショートヘアの少女は怒号をとばしてる

「ドロシー、テンションリラックス〜」

レオナはドロシーをなんとかなだめてる

「しかしこれから何が始まるんだ…?」

シオンは近くにいた金髪の勇者と話しこんでる

「俺もよくわかんないや…」


『あなたたち、よく集まったわね』


拡声器を使ったような声の主は神崎美月だ。

「み、美月さんっ!?」

あかりは目を見開き、驚いてる

「私もいるよー!」

玉座の後ろから赤リボンの少女がヒョコッっと飛び出した

『それでは、今回のルールを説明いたしますね』

前スターライトクイーンのさくらが資料と拡声器をおとめに渡した

『今回は料理対決の選抜なのです〜♪』

おとめが独特の口調を交えて説明をし、蘭に資料と拡声器を手渡した

『このオーディションに見事残ったやつは料理対決の参加権利を得られる』

蘭は淡々とした口調で説明し、かえでに拡声器を渡した

『それじゃあ、Are you ready!?』

かえでは正確な発音で叫んでる

「はぁっ!?」「ドユコトー」「これ…アイカツか?」「チーム分けはよ」

『静粛に!チーム分けは次に書くわ。』

『黙らないと血を吸うわよ!』

Re: スマブラ×プリパラ×アイカツな日常 ( No.8 )
日時: 2017/06/11 14:12
名前: αΝκ (ID: 96w0qmMc)
参照: http://r18novels.com/novel/novel5/index.cgi

みかん「お知らせなのー!」

あろま「主がここで描いたら運営に祝われてしまうのである」

ブラピ「…つまり主が過激な方向に行くから、ニッチな小説板に引っ越すってことだ」

ピット「風雲美月城編はここで続けるって!」

ガァルル「ニッチなやつ ガァルルはいくなって言われたガァル…」

珠璃「つまりR15!小学生は閲覧禁止よっ!」

あろま「我らは2回小学生を繰り返しておるのだが…」

珠璃「No se preocupe perder!つまり気にしたら負け!」


PS,ひなき誕生日おめでとう

Re: スマブラ×プリパラ×アイカツな日常 ( No.9 )
日時: 2017/06/25 11:14
名前: αΝκ (ID: 96w0qmMc)

チーム分け

SL組
(ルミナス、バニラチリペッパー)

地方組そら
(ののリサ、あまふわ☆なでしこ、堂島 ニーナ、服部ユウ)

ドリアカwithM
(音城 セイラ、冴草 きい、風沢 そら、姫里 マリア、夏樹 みくる)


そらみドレッシング
(真中らぁら、南みれぃ、北条そふぃ、東堂シオン、ドロシー・ウェスト、レオナ・ウェスト)

なちゅ・ダ・ヴィンチ・マゲドン・響
(黒須あろま、白玉みかん、ガァルル、緑風ふわり、紫京院ひびき、黄木あじみ)

トライシュガー
※(じゅのん、かのん、ぴのん)、(真中のん、月川ちり、太陽ペッパー)

※トライアングルはのんとは別の意思で動くようになった

剣士組A
(リンク、トゥーンリンク、ピット、ブラックピット、シュルク、クラウド)

剣士組B
(マルス、ロイ、アイク、ルフレ♀、ルキナ、カムイ♂)

女子力(物理)
(ピーチ、ゼルダ、サムス、むらびと、WiiFitトレーナー、ロゼッタ、パルテナ、ベヨネッタ)

Page:1