二次創作小説(旧・映像)

ポケモンストーリー コロシアム編
日時: 2017/07/08 19:59
名前: たくと七星

 またお会いします、現在ポケモンストーリーを連載しているたくと七星ですが、今回もまた新しいポケモン小説を書いてみようと思います。今回は「ゲームキューブ版」の作品、ポケモンコロシアムのシナリオのストーリーです。



<概要>


・主人公は丸〜い性格?
 ポケモンコロシアムと言うとハードボイルドな感じがあって主人公も中々クールでワイルドな印象を与えているのですが、今作では見かけによらずに繊細で優しい性格の主人公にしていきたいと思います。そのギャップさを楽しんでいただけたらと思います。



・ヒロインも可愛く可憐に
 本作の特徴でヒロインがパートナーになって主人公と行動するのがあります。そのヒロインのデザインが中々可愛いので愛くるしさのある、守ってあげたくなるような存在として描いていけたらと思います。私の勝手な趣向で主人公との淡い感じもありますのでよろしくいただけたらと。



・ゲーム本編にはなかった要素を追加
 当時の原作にはなかった様々な要素を本作で描いていこうと思います。主にポケモンの次回作での新たな進化や連載作でも取り上げているz技などを追加していこうと思っています。


・ダークポケモンに新たな要素を
 原作の最大の特徴としてはダークポケモンが登場しますが、その能力の更なる強化や付加を追加していきたいと思います。どんなものになるかは本作を見ていただけたらと思っています。


・ダブルバトルに力を
 原作ではバトルはダブルバトルが通常となっているので二体のポケモンの協力プレイや連携に力を注げたらと思っています。


 以上が本作の概要です。本作はストーリー上、それほど長い物語にはならないと考えていますので現在連載している方よりも早めに終わると思いますが、楽しんでみていただけたらと思っています。



<主要人物紹介>


・ヌーン
 本作の主人公。エーフィ、ブラッキーをパートナーとしている青年。スナッチ団のアジトからスナッチマシーンを奪い取り、街外れのスタンドに来た所である運命的な出会いをする。キツイ外見とは正反対に自分の見た目を気にしたりするなど繊細で優しい性格の持ち主。ムンに一目惚れしてからは彼女のことは命懸けで守ろうとする勇敢さを持っている。


・ムン
 本作のヒロイン、謎の敵組織に袋詰めにされてさらわれていたところをヌーンに助けられる。明るく可憐な性格でヌーンのことを「王子様」と呼んで慕う愛らしさのある女の子。何かしらの不思議な力があるようで・・・。

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: ポケモンストーリー コロシアム編 ( No.31 )
日時: 2018/01/25 21:00
名前: たくと七星

finalepisode「ラルガタワー」パート3



 X字に立った髪に片足を上げたファイティングポーズ、強靭な肉体になったバシャーモとより優雅ないでたちになったサーナイトがいた。
「これは・・・!」
「え、姿が変わった」
「ふはは、ダークポケモンのエネルギーによって作られたリングでこの二体をメガシンカさせたのだ。これにより私のバシャーモとサーナイトは強化されたぞ。貴様に一切のダメージを受けることなく叩きのめしてやる!」
 メガバシャーモは拳を地面に叩き付けた。すると円を描くように炎が浮き上がり、ヌーンとカポエラー、ブラッキーを逃げられないよう取り囲んだ。更にメガサーナイトが周囲をバリヤーで覆い完全にヌーン達を逃げられなくした。
「ヌーンさん!」
「プラ!」
 燃え盛る炎の中で対峙する四体のポケモン、そしてヌーンとジャキラ。
「行けえ!」
 メガバシャーモが走り出してカポエラーにほのおのパンチで攻撃に出た。カポエラーがガードに出ると、メガバシャーモはパンチからスカイアッパーに変更して宙に上げて、ジャンプしてかかとおとしでカポエラーを地面に叩き付けた。起き上がったカポエラーに爪の切り裂きを浴びせてかえんほうしゃを吐いてカポエラーを苦しめる。
「メガサーナイト、ムーンフォースだ!」
「サーナイト・・・!」
 メガサーナイトは月のエネルギーを溜めて巨大な球体のエネルギーを生み出し、ブラッキーに発射した。
「ブラッキー、シャドーボールだ!」
 ヌーンの指示でブラッキーはシャドーボールを連射したが、ムーンフォースは軌道を変えて上空に上がった。外されたシャドーボールはメガバシャーモが炎のバリヤーを張って塞がれてしまう。
「さあ、エネルギーを増幅させろ!」
 メガサーナイトがねんりきをしてムーンフォースの球体を五つ生み出した。五つの球体から光線が飛んでカポエラーとブラッキーにダメージを与えていく。
「カ、カポ・・・!」
「ブラ・・・!」
 ダメージは大きく二匹も限界にきてしまった。
「諦めるな!」
 ヌーンの叫び声が二匹に届いた。カポエラーとブラッキーはよろめきながらも必死で立ち上がった。
「ふん、くたばり損ないめ、すぐに楽にさせてやる!」
 メガバシャーモとメガサーナイトが動き出した。カポエラーは走ってメガバシャーモにグロウパンチに出た。メガバシャーモはフレアドライブをして攻撃し、急所に当てるが怯むことなくスカイアッパーをして宙にあげると足を掴んで振り回し、スイングをしてメガバシャーモを吹っ飛ばした。
「かみなりパンチだ!」
 拳に雷を溜めると、電気のエネルギーを飛ばしてメガバシャーモを落下させると炎のとびひざげりをして攻撃した。
「サーナイト・・・!」
 メガサーナイトが援護に出ようとするとブラッキーがかなしばりをしてメガサーナイトを硬直させる。
「行くぞ、これで鎮める!」
 腕に装着したZリングを起動させるとはめ込んであるアクZの力を解放させた。ブラッキーはZ技、ブラックホールイクリプスを発動、ブラックホールを生み出してメガサーナイトを飲み込みエネルギーを解き放って大ダメージを与えた。
「カポーっ!」
 カポエラーもきあいだまを放ってメガバシャーモに大ダメージを与えた。爆風が響き、ジャキラの二体のポケモンが崩れ落ちる。
「な、何い、この私が、メガシンカも出来ぬような奴等に・・・!」
 敗北したことにジャキラは狼狽してしまっている。やがてバリヤーは消えて炎も鎮火された。
「ヌーンさん!」
 ムンが目の前を見ると、そこには笑顔でサムズアップを送るヌーンとカポエラー、ブラッキーの姿があった・・・。

続く・・・。

Re: ポケモンストーリー コロシアム編 ( No.32 )
日時: 2018/01/30 20:45
名前: たくと七星

finalepisode「ラルガタワー」パート4



「ぐ、何と言うことだ、この私が敗れるとは・・・!」
 ヌーンに敗北したジャキラは満身創痍になっていた。
「そこまでだ、シャドー!」
 コロシアムにギンザルとシルバ、パイラタウンの警察達、そしてローガンとそのパートナーのピカチュウが駆け付けた。
「貴様等・・・?」
「シャドーよ、お前達の野望は崩れ去ったのじゃ・・・」
 彼等はジャキラを取り囲もうとした。
「ジャキラ、何と言う失態なのだ!」
「え・・・この声?」
 するとどこからか何者かの声が聞こえて来た。それを聞いてムンはどこかで聞いたことのある声だと思い出した。
 やがてエレベーターが出て来て、その声の主が現れた。
「え、貴方は・・・?!」
 その姿を見てムンは愕然とした。
「ジャキラ、我々シャドーの輝かしい歴史の第一歩に泥を塗り追って!」
「申し訳ありません、ボス。ですが私はボスのためにと・・・」
「ええい、言い訳など聞きたくもない!」
 ジャキラを叱責していた人物、それはヌーンもムンも面識のある人物だった丸っこいピエロのような体形にニッコリとした大らかな顔、そう、フェナスシティの市長、バックレーだったのだ。
「な、貴方は・・・・!」
「フェナスシティの市長が何故・・・!」
 ギンザルとローガンもバックレーがシャドーの側にいることに呆然としていた。
「市長さん、どうしてそいつに、何の関係があって・・・!」
 ムンの言葉にバックレーは振り向いて言った。
「いやいや、ここまで私達の邪魔をするとは思ってもみませんでしたよ。私は、ある時はフェナスシティの市長、そして・・・・!!!」
 クルンと一回転すると、バックレーの顔立ちが変わった。丸み帯びた髪はギザギザに逆立ち、目は見開かれて黒く赤い瞳が浮かび邪悪に満ちた表情になった。
「シャドーのボス、ワルダックとは私のことだ!!!」
 本性を現したバックレー、いや、ワルダックはヌーン達の前に立ちはだかった。
「その昔、私はとても冴えない男だった。だがある時に強大な力の源を手に入れたのだ。それがダークポケモンのエネルギーよ!その力を使い、私はシャドーのボスになり、このオーレ地方の全てのポケモンをダークポケモンにして我々が支配してやろうと思い立ったのだ!」
「それじゃああの時ジャキラが現れたのも・・・!」
 ジャキラに初めて会ったあの時のことをヌーンが言うとワルダックはカラカラと笑った。
「そうよ、このタワーを作る計画を立てていたのだ、そこへ貴様等が偶然やって来てな、スナッチ団を使って始末してやろうと思ったのだ!」
「それであの時・・・!」
 ムンがフェナスコロシアムでスナッチ団に襲撃されたことを思い出した。そう、あの時スナッチ団が襲ってきたのはワルダックの差し金だったのだ。
「だが貴様等がどう足掻こうが我等の計画は止められんぞ!この私、ワルダックの最強のポケモンで貴様等を完膚なくまで叩きのめしてくれるわ!」
 ワルダックはボールを手に取ると、勢いよく投げて、自分のポケモンを出現させた。ボールから出て来たそのポケモンは凄まじい地響きを立てて地面に着地した。
「・・・・・!」
 ヌーン達が身構える中、土煙が晴れてそのポケモンが出現した。大きく頑丈な鎧のような固いボディにガッシリした両足。鋭い爪が生えた両手、口には鋭い牙が生えた緑の色をした怪獣のようなポケモン、バンギラスが出現したのだ。
「そして、これでパワーアップじゃ!!!」
 ワルダックが腕に掲げてリングを光らせてバンギラスにエネルギーを浴びせ、その姿を変貌させた。体から無数の棘が生え、角が突き出たように頭の天辺が尖っていた。
「バンギラスが姿を変えた・・・・!」
 ローガンが驚くとワルダックが高笑いをした。
「さあ行け、バンギラス!お前の力を見せてやるのだ!」
 ワルダックがメガバンギラスに攻撃の指示を出した。
「グ、グルル・・!グガア!」
 メガバンギラスの体がバチバチと電気が鳴り出した。それは徐々に激しくなっていき、メガバンギラスは咆哮を上げて暴れ出した。
「な、これは一体・・・!!」
「バンギラス、どうしたのだ?!」
 驚くジャキラとワルダックにメガバンギラスはあくのはどうを二人に向けてはなって来た。
「うわああああ!!!」
 尻もちをするワルダック、やがてメガバンギラスはコロシアム内に無数のはかいこうせんを飛ばして来た。
「伏せろ!」
 ギンザルの言葉でヌーン達が地面に伏せる。光線が四方から飛ばされてステージを破壊していく。
「何故だ、ななな何故こんな、こんなはずでは・・・・!」
「恐らくダークポケモンとメガシンカの両方のエネルギーが混ざり合い制御できないほどの力に・・・!」
「ええい、ここは逃げるぞ!」
 ワルダックとジャキラはヘリコプターに乗って逃亡した。しかしメガバンギラスの放ったはかいこうせんがヘリに命中する。
「ああああああ?!」
「うわあああああ!!」
 ヘリは墜落して爆発してしまった。メガバンギラスは咆哮を上げてヌーンを睨み付けた。
「ヌーンさん・・・」
「大丈夫、僕に任せて。このオーレを、必ず守る・・・!」
 歩み出して、カポエラー、ブラッキーがメガバンギラスに目掛けて走り出した・・・。

続く・・・。

Re: ポケモンストーリー コロシアム編 ( No.33 )
日時: 2018/02/01 20:43
名前: たくと七星

finalepisode「ラルガタワー」パート5



「バババーーーーーン!!!」
 メガバンギラスが角からかみなりを飛ばして来た。カポエラーとブラッキーは素早く動いてかわしていく。次にはかいこうせんが飛んで来た。
「ブラッキー、ひかりのかべだ!」
 ヌーンの指示でブラッキーはひかりのかべを張ってはかいこうせんを跳ね返す、しかしメガバンギラスは埃を取るように肩を払って何ともない顔をする。
「ブラッキーっ!」
 ブラッキーがあくのはどうを飛ばしたが、メガバンギラスは胸の強靭な皮膚を突き出してガードし、振り払ってしまった。
「カポ!」
 カポエラーが走り出してジャンプした。上空で炎のとびひざげりをしてメガバンギラスに炎のダメージを与えるが、すぐに鎮火されてしまう。
「カポ?!」
 驚くカポエラーにメガバンギラスが角からかみなりを飛ばして来た。カポエラーは緊急回避をしてこれをかわすと蹴りを振るっての衝撃波を飛ばしたが、すべて叩き落とされてしまった。続けてブラッキーがあくのはどうを飛ばしたが、メガバンギラスは口を開いて飲み込んでしまった。
「カポエラー、きあいだまだ!」
「カポ!」
 ヌーンの指示でカポエラーは口を開けてきあいだまを発射した。するとメガバンギラスも口を開けてはかいこうせんを発射、きあいだまを打ち消してカポエラーに大ダメージを与えた、カポエラーは吹っ飛ばされて地面に衝突してしまう。
「ヌーンさん、カポエラー!」
 ムンが心配になるがヌーンは怯まなかった。
「まだだ、まだ戦える、決して諦めないぞ!」
 ヌーンのよびかけでカポエラーは起き上がって走り出した。メガバンギラスの飛ばすかみなりをみきりで防いでいき、接近するときあいパンチを振るって後ろに引き摺らせた。とびひざげりをして転ばせると、持ち上げて投げ飛ばし、尻尾を掴んで回転するように投げ飛ばした。そこへブラッキーがシャドーボールを飛ばして攻撃し、メガバンギラスを墜落させた。
「ヌーンくん、君から感じるぞ、秘められた崇高の念、確かに伝わってくる・・・!」
 ヌーンと彼のポケモン達の勇姿をローガンが見て、彼等の中にある確かな強い思いが感じていた。
「グルル、バババーーーーーン!」
 だがメガバンギラスから禍々しいエネルギーが流れてハイパー状態になった。体中に生えている角から邪悪なエネルギーが漂っていて、それをミサイルのように飛ばして来た。やがてそれはポケモンの形を作っていった。
「ギャシャーーーオオオオウ!」
「ガガガーーーっ!」
「ベベベ・・・!」
 イベルタル、メガゲンガー二体、コノハナ、オーベム五体が出現してヌーン達の前に立ちはだかった。
「何、角からポケモン達が?!」
 メガバンギラスのハイパー状態の力にギンザル達は愕然とする。強大なメガバンギラスに更に軍団が増えて絶体絶命か。
「ピーヒョローウ!!!」
 すると、どこからかけたたましくも神々しい神秘的な鳴き声が聞こえて来た。
「見て!」
 ムンが指を差すと、空から巨大な火の玉が降りて来て、ヌーンの前で止まり、一体のポケモンが現れた。
「これは・・・!」
 ヌーンの目の前にいるもの、それは深紅な翼を羽ばたかせる金色の鶏冠に鷹のような嘴、伝説の生き物をシンプルに表した体系、ホウオウが現れたのだ。
「あれが、バトル山にいるとされている・・・・!」
 ローガン、ギンザル達は息を呑む。バトル山にいるとされる伝説の存在がヌーンの目の前に現れたからだ。
「ヒョロローーーっ!」
 ホウオウがムンの近くにいたエネコとムウマに光を浴びせた。
「え、何?」
 光を浴びた二体はその姿を変えて、エネコロロとムウマージに進化した。
「わあ、ありがとう!」
 ムンが喜び、ヌーンは全てのポケモンをボールに出した。それを見るとホウオウはねっぷうをメガバンギラス達に放って邪気を払い弱体化させた。
「さあ、行くぞ!!!」
 ヌーンの指示の元にカポエラー、ブラッキー、ハリテヤマ、エーフィ、メガヤンマ、エンテイ、ムウマージ、エネコロロ、ホウオウが向かって行く・・・。


続く・・・。

Re: ポケモンストーリー コロシアム編 ( No.34 )
日時: 2018/02/06 20:56
名前: たくと七星

finalepisode「ラルガタワー」パート6



「ギャシャーオオオウ!」
「ピーヒョロロウ!」
 イベルタルとホウオウが羽ばたいてコロシアムの上空を飛び立った。イベルタルが後方からバークアウトを飛ばして来る。ホウオウは旋回しながらこれをかわしていった。イベルタルが鉤爪を開いて掴みにかかるが、ホウオウは宙返りをしてこれをかわし、だいもんじを飛ばして攻撃した。
「ギャシャーーーーーーっ!!!」
 怒り狂ったイベルタルが羽根を広げてデスウィングを放って来た。
「ヒョロローーーーっ!」
 ホウオウが鶏冠からせいなるほのおを飛ばして競り合いになるがホウオウが雄々しい声を上げてデスウィングを押しのけてイベルタルを攻撃してこれを墜落させた。
「ゲンガー!」
「ンガガ!」
 二体のメガゲンガーのシャドーボールをエーフィとブラッキーがかわすとジャンプと同時に、あくのはどうとサイケこうせんを飛ばして二体にダメージを与えた。
「グルル・・・!」
 コノハナがエネコロロに接近してつじぎりに出たがエネコロロはこれをかわすとすなかけをして怯ませた。
「エニャーっ!」
 体を翻してしっぽによるめざましビンタでコノハナを吹っ飛ばした。
「ベベベ・・・!」
 一体のオーベムがハリテヤマにサイケこうせんを飛ばしたが、ハリテヤマは腹を突き出してこれをガード、きつけを振るい、あてみなげで攻撃する。メガヤンマは二体目の飛ばすチャージビームをこうそくいどうでかわしていき、むしのさざめきを飛ばしてダメージを与えた。エンテイもだいもんじを飛ばして三体目を攻撃する。ムウマージは四体目と五体目の飛ばすサイケこうせんを吸収してマジカルフレイムで攻撃した。
「カポ!」
 カポエラーもグロウパンチを振るってメガバンギラスを後退させとびひざげりをして転ばせて、メガバンギラスとその軍団を追い詰めていった。
「行くぞ皆!」
 ヌーンの掛け声に応じてホウオウがねっぷう、エーフィがサイコキネシス、ブラッキーがあくのはどう、エネコロロは10まんボルト、ハリテヤマはめざめるパワー、メガヤンマはエアスラッシュ、エンテイはふんえん、ムウマージはシャドーボールを一斉に放った。攻撃はイベルタル、二体のメガゲンガー、コノハナ、五体のオーベムに命中して消滅させていく。
「バ、バン?」
 軍団がいなくなったことにメガバンギラスは動揺していた。
「カポエラー、今だ!」
「カポ!」
 ヌーンの意を受けてカポエラーは走り出した。回転してかわらわりを振るい、かみなりパンチを腹にぶつけて怯ませると、懐に入り込んで掴みあげてこれを投げ飛ばした。
「バババーーーーン!!!」
 メガバンギラスがアイアンテールに出ると、そのしっぽを掴んでスイングで上空へと投げ飛ばした。飛び上がると、飛ばされているメガバンギラスにグロウパンチを連発して攻撃し、かみくだくをかわしてかかとおとしをして地面に叩き付けた。
「バ、バババ・・・・!」
 グロッキー状態になっているメガバンギラスにヌーンがZリングを光らせた。
「これが、最後の一撃だ!」
 カクトウZを使いゼンリョクのポーズを取ってカポエラーに技の力を解放させる。カポエラーはメガバンギラスの前に走り出し、最後の一撃、ぜんりょくむそうげきれつけんを叩き込んだ。
「カポ!!!」
 とどめの一振りが当たった時激しい爆風がコロシアムを包んでいった。そしてすべてが晴れた時、メガバンギラスは力尽き、カポエラーが無事に立っているのが見えた。
「・・・・・」
 ヌーンはボールを投げて、メガシンカが解けたバンギラスをボールに収め、これをスナッチするのだった。
「ヌーンさん・・・・!」
 ムンが駆け寄ると、ヌーンは静かに頷いた。それを見てムンも静かに笑顔になる。カポエラーの方を見て、彼もスナッチを見届けて頷いた。
「よし、誰も見ていないぞ・・・・」
「ボス、早くこちらへ・・・」
 その頃、ヘリから出たワルダックとジャキラが気付かれないよう逃げ出そうとしていたが、
「そこまでだ!」
「観念しろ、お前達はもう終わりだ!」
 パイラタウンの警察がこれを取り囲んだ。ローガンのピカチュウも腕を組んで仁王立ちをしている。
「ぐぐ、じぐじょおおおおお!私の野望がーーーーーーっ!」
 ワルダックは駄々をこねて悔し涙を流し、ジャキラは膝を付いて絶望した表情をするのだった。
「ヌーンさん、皆のためにありがとう。最高に素敵でカッコ良かったよ!」
 コロシアムの晴れ渡る天気で眩しい笑顔でムンがヌーンの勝利を称え、ローガンとギンザル達もヌーンの勝利を祝福した。
「ヌーンくん、よくやってくれた、オーレの全てのトレーナーに代わって礼を言おう」
「君達のお陰でポケモン達が救われたのだ」
「いえ、僕のちからだけじゃない、ムンと、彼等がいてくれたからこそ、勝つことが出来た・・・」
 空を見上げると、ホウオウが金色に光って羽ばたいていた。ヌーン達の勝利をもたらしたことを喜んでいるかのように飛び回ると、ヌーンを見下ろして何かを伝えるとオーレ地方の空を飛び立っていった。
「ヌーンさん?」
「何?」
「ホウオウ、何て言ってたのかな?」
「また会おう、そう聞こえた気がする・・・」
「そっか・・・、うん、また会える気がする。あのポケモンと・・・・」
「ああ・・・・、でも、全てのポケモンが救われたわけじゃない、まだダークポケモンにされているポケモンがいるはずだ。彼等を助けるまで、まだ終わりじゃない」
「うん、でもヌーンさんや皆がいれば、きっと大丈夫だよね」
「ああ、ムン、一緒に来てくれるかい?」
「もちろん、私の王子様」
 ムンがヌーンの唇に口付けをする。ラルガタワーの天辺の空は海のように美し青く澄み渡っていた・・・。


「ポケモンストーリー コロシアム編」 <完>

Re: ポケモンストーリー コロシアム編 ( No.35 )
日時: 2018/02/06 21:03
名前: たくと七星


 ポケモンストーリー コロシアム編はこれにて終了です。その後の作品の追加要素や最新作のZ技を取り込んだりとしてきましたが、少しでも楽しんでいただけたらと思うと嬉しく思います。まだ連載中もハートゴールド編がありますのでそちらも楽しんでいただけたらと思います。それでは、また。

Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。