二次創作小説(旧・映像)

ポケモンストーリー コロシアム編
日時: 2017/07/08 19:59
名前: たくと七星

 またお会いします、現在ポケモンストーリーを連載しているたくと七星ですが、今回もまた新しいポケモン小説を書いてみようと思います。今回は「ゲームキューブ版」の作品、ポケモンコロシアムのシナリオのストーリーです。



<概要>


・主人公は丸〜い性格?
 ポケモンコロシアムと言うとハードボイルドな感じがあって主人公も中々クールでワイルドな印象を与えているのですが、今作では見かけによらずに繊細で優しい性格の主人公にしていきたいと思います。そのギャップさを楽しんでいただけたらと思います。



・ヒロインも可愛く可憐に
 本作の特徴でヒロインがパートナーになって主人公と行動するのがあります。そのヒロインのデザインが中々可愛いので愛くるしさのある、守ってあげたくなるような存在として描いていけたらと思います。私の勝手な趣向で主人公との淡い感じもありますのでよろしくいただけたらと。



・ゲーム本編にはなかった要素を追加
 当時の原作にはなかった様々な要素を本作で描いていこうと思います。主にポケモンの次回作での新たな進化や連載作でも取り上げているz技などを追加していこうと思っています。


・ダークポケモンに新たな要素を
 原作の最大の特徴としてはダークポケモンが登場しますが、その能力の更なる強化や付加を追加していきたいと思います。どんなものになるかは本作を見ていただけたらと思っています。


・ダブルバトルに力を
 原作ではバトルはダブルバトルが通常となっているので二体のポケモンの協力プレイや連携に力を注げたらと思っています。


 以上が本作の概要です。本作はストーリー上、それほど長い物語にはならないと考えていますので現在連載している方よりも早めに終わると思いますが、楽しんでみていただけたらと思っています。



<主要人物紹介>


・ヌーン
 本作の主人公。エーフィ、ブラッキーをパートナーとしている青年。スナッチ団のアジトからスナッチマシーンを奪い取り、街外れのスタンドに来た所である運命的な出会いをする。キツイ外見とは正反対に自分の見た目を気にしたりするなど繊細で優しい性格の持ち主。ムンに一目惚れしてからは彼女のことは命懸けで守ろうとする勇敢さを持っている。


・ムン
 本作のヒロイン、謎の敵組織に袋詰めにされてさらわれていたところをヌーンに助けられる。明るく可憐な性格でヌーンのことを「王子様」と呼んで慕う愛らしさのある女の子。何かしらの不思議な力があるようで・・・。

Page:1 2 3 4 5



Re: ポケモンストーリー コロシアム編 ( No.20 )
日時: 2017/11/16 21:39
名前: たくと七星

episode3「アゲトビレッジ」パート3



 アゲトビレッジの綺麗な川の流れる先にある石室の遺跡がたたずむほこら、そこでシャドーの戦闘員達があるもの、不思議な力を漂わせている石板の前で立っていた。
「ふっふっふ、これを破壊すればあの伝説のポケモンが現れるだろう。それを捕えてダークポケモン計画の完全なる成功を果たすのだ!」
 先に細い角の付いたヘルメットを被ったリーダー格と思われる男が爆弾のスイッチを押そうとした。
「待てーーーーっ!」
「ぐ、何だ?!」
 そこへようやくローガン達が駆け付ける。
「貴様、このほこらを壊すつもりなのか!」
 ローガンが前に出ると、ピカチュウも頬袋を電気で鳴らして威嚇してくる。
「ああ、その通りよ!このほこらにいる伝説のポケモンはダークポケモンを浄化する力を持っていると聞く。そうされたら我等シャドーの計画が狂ってしまうからな」
「貴様達の思い通りにはさせん!このほこらはわしとこいつが命にかけても守るぞ!」
「ピカ!」
 ピカチュウがローガンの前に出て戦闘態勢に入った。
「ふん、老いぼれ如きが息まき追って。この俺、コワップ様がすぐに引導を渡してやるわ、行け!」
 コワップはボールを投げてイシツブテを繰り出してきた。いわだけでなくじめんタイプも含むイシツブテ、ピカチュウには不利な相手である。
「このイシツブテが相手ではそのピカチュウも勝てないのではないか?」
「老いたとは言えこいつとは苦楽を共にしてきた。不利だからと簡単には負けんぞ!」
 ローガンが手を上げるとピカチュウはイシツブテ目掛けて走り出した。
「ローガンさん、僕も・・」
「大丈夫よ、お祖父ちゃんは強いんだから、きっと勝ってくれるわ」
 ヌーン達はローガンの戦いを見守ることにした。イシツブテがロックブラストを連射するとピカチュウはでんこうせっかで素早く動いてこれをかわしていった。
「ふん、イシツブテ、あなをほれ!」
 コワップの指示でイシツブテは穴を掘って攻撃に出ようとした。
「ピカチュウ、お前もあなをほるのじゃ!」
 ピカチュウも穴を掘って地面を掘り進み、地中で体当たり攻撃をしあった。ドリルのように回転しながら激突して取っ組み合いになりながら地面から飛び出した。宙に浮かんだ状態になると二体のポケモンはスピードスターとロックブラストを飛ばしながら降下していく。
「ころがれ、イシツブテ!」
「イシ!」
 イシツブテはころがるをして来た。
「フラッシュじゃ!」
「ピカ!」
 ピカチュウはフラッシュをしてイシツブテを怯ませた。イシツブテがいわくだきに出るとピカチュウはかわらわりをしてフラッシュを浴びせて、両手に光を溜める光のチョップを振るって攻撃、アイアンテールで吹っ飛ばした。
「どうかね若造、老いぼれも捨てたものではなかろう」
「く、舐めるなよ!くらえ!」
 コワップはボールを二つ投げてソーナノとパールルを繰り出してきた。ピカチュウの周りを三匹のポケモンが包囲する。
「イシ!」
「パルーっ!」
 イシツブテとパールルがロックブラストとバブルこうせんを同時に飛ばして来た。
「ジャンプじゃ!」
 ピカチュウは前にジャンプしてこれをかわした。そして木を壁キックして反転して、スピードスターを連射してイシツブテ達を怯ませて、こうそくいどうで空中を動き回って10まんボルトとフラッシュを浴びせて攻撃した。
 イシツブテとパールルがパンチと挟み攻撃に出たがピカチュウはこれをかわしていく。
「くそう、すばしこい奴だ、おいソーナノ!お前も戦えよ!」
「ソーナノ?」
 イシツブテとパールルが戦っている中、ソーナノはただはねているだけだった。パールルがみずでっぽうを飛ばすとピカチュウはこれをかわしてパールルの上に乗った。イシツブテがいわおとしをするとピカチュウはすぐにこれをかわした。いわはパールルの貝殻に当たってひびが割れた。
 パールルが怒ってイシツブテにバブルこうせんを浴びせて同士討ちをしてしまった。
「よし、あの技を使うのじゃ!」
 ジャンプするとエネルギーを蓄えて球体を生み出してこれに入るとボルテッカーをして攻撃、パールルとソーナノを倒した。
「やったーっ、お祖父ちゃん強い!」
「凄い・・・」
 ローガンの強さにヌーンは驚いていた。
「ちい、このコワップ様が追いつめられるとは、だが、俺にはこいつがいるのだ!」
 コワップが最後のボールを投げて来た。それは三匹とは違う一回りも大きなポケモンだった。かくとうポケモンのカポエラーである。
「あ、あのポケモン・・・!」
「まさか?!」
 ムンはカポエラーがダークポケモンであることに気付いた。
「お祖父ちゃん、気を付けて!そのポケモンは・・・!」
「心配いらん、わしはそう簡単には負けん。さあ、参るぞ!」
 ピカチュウは走り出してカポエラーに向かっていった・・・。


続く・・・。

Re: ポケモンストーリー コロシアム編 ( No.21 )
日時: 2017/11/23 20:18
名前: たくと七星

episode3「アゲトビレッジ」パート4


「10まんボルトじゃ!」
「ピーカッチューっ!!!」
 ローガンの指示でピカチュウはカポエラー目掛けて10まんボルトを発射した。
「回転して防げ!」
 しかしカポエラーは逆立ちで回転して10まんボルトを弾いてしまった。
「カポエラー、お前の恐ろしさを見せてやれ!」
 回転するカポエラーは無数に分身を作り出した。
「何?!」
 驚くローガンだが、分身はすぐさまピカチュウを囲んでしまった。そして次々とたいあたりをしてピカチュウにダメージを与えていき、本体が陰から負のエネルギーを浮き上がらせてピカチュウにダメージを与えさせた。
「スピードスターじゃ!」
 スピードスターを飛ばすピカチュウだがカポエラーは回転しながら空中を浮遊してこれをかわし、空中からスピンを繰り返して攻撃する。左右に動き回るカポエラーの動きは早くまともに攻撃することも出来ないでいた。
 地面に着地すると両足に炎をまとって炎の連続蹴りを浴びせていく。蹴りを受け続けるピカチュウ、最後の一振りで盛大に吹っ飛ばされてしまった。
「やめてえええええええ!!!」
 ムンが泣き叫ぶが攻撃は終わらない。ハイパー状態になったカポエラーは両足にダークポケモンのいエネルギーを込めると逆様で回転して黒い竜巻をピカチュウに向けて飛ばした。
「ピカーーーーーっ!!!」
 竜巻に飲まれたピカチュウは体を切り裂かれるようなダメージを受けて地面に叩きつけられ、そのまま力尽きてしまった。
「そんな、わしの相棒が・・・」
 敗北したローガンがこの状況が信じられないと膝を屈した。
「いやああああああ!お祖父ちゃんのピカチュウが!」
 憧れだった祖父の敗北にムンは泣き崩れてしまう。それを見ていたヌーンは静かにボールを投げた。
「マク!」
 中からマクノシタが登場してコワップ目掛けてきあいパンチを振るった。
「な、うわわわわ?!」
 突然の不意打ちに慌てるコワップだが、カポエラーが前に出てマクノシタのパンチを防いでしまった。
「ふー、危ない、何しやがるんだ貴様!」
 コワップが目の前を見ると、鋭い眼光で静かに怒るヌーンがいた。
「覚悟は出来てるのかな?いや、こんな奴にそれは不要だね。あんたはローガンさんのピカチュウを傷つけムンを泣かせた。彼女を泣かす奴は僕が倒す!」
「へ、随分と格好つけたことを!すぐに地べたに這いつくばらせてやるぜ!カポエラー!」
「カポーっ!!!」
 ハイパー状態になっているカポエラーとヌーンのマクノシタが対峙する。
「ヌーンさん・・・」
 涙で濡らした目でムンがヌーンを見上げた。
「心配しないで、君のお祖父さんの仇は必ず取るよ」
「うん!」
 泣いているムンに優しく微笑むトレーナーの姿は彼女の心を晴らすように輝いていた。コワップを見据えるとヌーンはマクノシタに指示を出した。
「マクノシタ、グロウパンチだ!」
「マク!」
 マクノシタはグロウパンチで攻撃に出た。しかしカポエラーはフェイントで先制攻撃しようとした。
「ねこだましだ!」
 すぐさまねこだましをしてカポエラーを怯ませてつっぱりをして後退させる。
「舐めた真似を!トリプルキックだ!」
 トリプルキックに出るカポエラー、マクノシタは足を掴むとカポエラーをスイングで振り回して投げ飛ばした。地面に土を浸けられたカポエラーは足に炎をまとって炎の蹴りをしてくる。マクノシタも拳に炎を溜めて拳を振るった。
 カポエラーが蹴りを振るうとマクノシタもパンチを振るって蹴りを払う。打ち合いと蹴り合いの度に火の粉が飛び交い戦いの場を熱くしていく。カポエラーはジャンプして蹴りを振るい炎の衝撃波を飛ばして来た。マクノシタまもるをしてこれをガードした。マクノシタはほのおのパンチで炎のエネルギーを拳に溜めて火炎を飛ばした。しかしカポエラーは体を回転させて防いでしまった・・・。

続く・・・。

Re: ポケモンストーリー コロシアム編 ( No.22 )
日時: 2017/11/30 21:40
名前: たくと七星

episode3「アゲトビレッジ」パート5



 カポエラーは回転して竜巻を飛ばして来た。竜巻に飲まれてマクノシタは地面に叩き付けられる。しかしそれでも立ち上がり、カポエラーと対峙する。
「ヌーンさん、マクノシタ、頑張ってーっ!」
 ムンの応援が聞こえて来る。腕を回して戦闘態勢に入った。その時、
「!」
「何だ?」
 突然空から眩い光が流れてヌーンとマクノシタを包んでいった。光に飲まれて視界を塞がれるヌーンとマクノシタ、そして、目を開けると、そこは一面が真っ白の空間だった。目の前を見ると、一回り小さなポケモンが自分達を見つめていた。
「君は・・・!」
 パイラタウンでシャドーの戦闘員が繰り出したヤンヤンマ、ダークポケモンのハイパー状態で強制進化されたメガヤンマとの戦いでハイパー状態を浄化させたあの緑の妖精のようなポケモンだった。
(探していたよ、君のことを・・・)
 ヌーンの脳内からそのポケモンと思われる声が流れて来た。
「僕を?」
(僕はセレビィ、このほこらを守って来た者。そしてポケモンにすくう悪の力を浄化するもの・・・。君にあるものを授けに来たんだ・・・)
「あるもの、それは一体・・・?」
(ポケモンの技を最大限に引き出す力を持つ石を君に託す。これで、闇に染められたポケモン達に立ち向かうんだ)
 両手をかざして光を送り、ヌーンの掌にあるものを実体化させた。
「これは?」
 それはクリスタルをはめ込む穴が開かれていたリングだった。
(そのZリングでポケモン達に更なる力を引き出すんだ)
 そのセレビィの声と共に背景が元に戻った。
「何ぼんやりしている、カポエラー、やれ!」
 カポエラーが回転しながら迫って来る。
「マクノシタ!」
 カポエラーのキックが顔面にぶつかる。しかしヌーンの声に合わせてマクノシタはカポエラーの足を掴んで上空へ投げ飛ばした。
「プラ!」
 ムンの近くにいたプラスルが持っていたクリスタルをヌーンに投げた。ヌーンはそれを手に取ると腕にはめているZリングに装着させた。それを見て何かに気付きマクノシタは拳を叩く。
「さあ、行くぞ!」


続く・・・。

Re: ポケモンストーリー コロシアム編 ( No.23 )
日時: 2017/12/07 21:25
名前: たくと七星

・。episode3「アゲトビレッジ」パート6



 両腕をクロスしてヌーンはZ技を発動させた。拳を前に出す正拳付きを連続して放ち最後の一振りを前に出した。
「立ちはだかるもの、全てを砕け!」
 マクノシタはオーラを纏うと走り出して、きあいパンチでカポエラーの腹部を殴り、怯んだ所で足払いをして転ばせると、持ち上げて上空へ投げ飛ばした。そこで狙いを定めると拳を突き出し、ぜんりょくむそうげきれつけんをカポエラーに振るった。
 打ち上げられたカポエラーにマクノシタの体術を駆使した連続攻撃が次々と命中していく。最後の一振りで大爆発が起きて黒焦げになったカポエラーが地面に叩き付けられて力尽きた。
「マク!」
 マクノシタがムンに振り向いてサムズアップをする。
「マクノシタ・・・、やったーーーっ!貴方って凄いわ、あんな凄い技を出しちゃうんだもの、ありがとう!」
「今のが、オーレ地方には無いとされている力か・・・」
 ローガンが新たな力に感慨深くなっている中、ムンがジャンプしてマクノシタの勝利を喜んだ。ヌーンはスナッチボールを投げてカポエラーを捕獲する。
「よし!」
「くそう、今日の所はこれで勘弁してやる、だが、俺達シャドーの戦いは終わりではないからな!今頃バトル山ではダキム様が・・・さあ行くぞ!」
 コワップは戦闘員達を連れてほこらから逃げ去って行った。
「ヌーンさん、お祖父ちゃんのこと、ありがとう・・・」
「ああ、ローガンさんの無念を晴らしてやりたかったからね」
 振り向くと、ローガンが負けたピカチュウを慰めていた。
「そう落ち込むな、お前はよく戦ってくれたさ。相手が強すぎたとしか言えぬ」
 励ました後、ローガンはヌーンにZリングとほこらについてを説明した。
「ヌーンくん、そのZリングはセレビィにしか作れないとされている伝説のアイテム、オーレではセレビィに認められた正しい心を持つものに与えられるとされているのじゃ。君はどうやらセレビィに選ばれたようだ」
「僕が?」
「うむ、そしてこのほこらは悪に染まったポケモンの心を浄化させる力が秘められている。奴等もそれを知ってここへ来たのであろう」
「じゃあ、ヌーンさん。マクノシタ達を元に戻せるかな?」
「ああ、やってみるよ」
 頷くと、ムウマ、ヤンヤンマ、カポエラーをボールから出してマクノシタと共にほこらの前に立たせた。するとほこらから緑色の不思議な光が流れて四匹を包んでいく。体内からダークポケモンのエネルギーが放出されて消滅した。
「やった!」
 ダークポケモンから解放された喜びからマクノシタ達が大喜びする。ムンもプラスルを抱えて跳ねていた。
「マク?」
「ヤンマ?」
 マクノシタ、ヤンヤンマの体が光り出してその姿を変え、ハリテヤマとメガヤンマに進化した。
「進化した?」
「ダークポケモンにされていた時は出来なかったのじゃろう、今までの戦いの経験が溜められそれがエネルギーに変わったのじゃ」
「あんなに小さかったのに、大きくなったわね!」
 ムンがハリテヤマのあついお腹に飛び込んでさすってあげた。ハリテヤマも嬉しそうでメガヤンマも気ままに飛び回っていた。
「そう言えば、奴等バトル山に行くと行っていたな・・・」
「はい、そこに何かあるんでしょうか?」
「ヌーンさん、行ってみよう、この子達を連れて」
 仲間達を浄化させるとヌーンとムンは急いでそのバトル山へと向かっていった・・

Re: ポケモンストーリー コロシアム編 ( No.24 )
日時: 2017/12/14 11:42
名前: たくと七星

episode4「バトル山」パート1



 コワップの言っていたバトル山でのことは何なのか、ヌーンとムンは急いでオーレ地方の中心にあるバトル山に到着した。バトル山は、トレーナー達の修業の場としてもしられていて、その頂上には強大にして崇高なポケモンがいるとされている地である。
「着いたよ、ムン」
「うん」
 到着すると、施設の外ではトレーナー達が慌てていた。
「何があったの!」
 ムンが走り回っているアスリートに聞いた。
「大変なんだ、怪しい奴等が、白い衣を着た大柄の男がこの山に入ってセネティさんを!」
「セネティさん?」
「バトル山の施設を管理している人で優秀なトレーナーなんだ、その人が何とか戦っているんだけど・・・」
 アスリートがセネティと言うトレーナーが食い止めていることを説明した。話を聞くと苦戦していて追いつめられているようである。
「何かが起きているのかもしれない!」
「ヌーンさん、行こう!」
「ああ!」
 ヌーンとムンは急いで施設に入った。バトル山に入ると、そこはプロペラで浮遊していたパネルが幾つも連結して連なる場所だった。
「やはり・・・」
 予想していた通り、足場にはシャドーの戦闘員と彼等と通じる悪のトレーナー達が待ち構えていた。
「ヌーンさん・・・」
 プラスルとエネコを抱きかかえているムンが不安になる。しかしヌーンは振り向いて静かに微笑んだ。大丈夫だと無言で伝えると、エーフィ、ブラッキー、ハリテヤマ、メガヤンマ、カポエラー、ムウマを出して走り出した。ヌーンのポケモン達が並み居るポケモン達を蹴散らしていく。だが一匹のポケモンの攻撃がムンを巻き込んだ。ムンはエネコとプラスルを放して避難させたが、バランスを崩して足場から落ちてしまう。
「きゃああああああ!」
「危ない!」
 しかし間一髪でヌーンがムンの手を掴み、彼女を救出した。
「お怪我はないですか。僕のお姫様」
「ヌーンさん、貴方は本当に、私の王子様だわ・・・」
「さあ、僕から放れないで」
「うん!」
 そして遂にエリアの奥に到着した。
「!」
 目にしたのはシャドーの幹部と思われる大男に胸倉を掴まれているセネティだった。足元にはドゴームとマッスグマが倒れていて、既に敗北しているのが解った。
「おい、この山に伝わる伝説のポケモンとセレビィの笛を渡してもらおうか!」
 シャドーの幹部、ダキムがセネティに渡せと迫る。
「く、断る。お前達のような奴等に、決して渡さない!」
 ダキムはセネティを突き飛ばして無表情な顔をしているヌマクローに指示を出した。
「ヌマクロー、言うことを聞かないこいつを痛めつけてやれ!」
「・・・・・・・」
 顔色一つも変えず、無言で頷くとヌマクローはどろばくだんをセネティに投げようとする。
「待て!」
 そこへエーフィのサイケこうせんが飛んでどろばくだんを粉砕した。
「何い、誰だ!!!」
「シャドーの幹部は礼儀を弁えない人がいるのかな?」
「き、君達は?」
 セネティが振り向くとヌーンとその仲間達が自分を助けようとしているのが解った。
「貴様だな、俺の可愛い部下共を叩きのめしているのは、俺はダキム!シャドーの幹部だ。俺達の野望のためにここに伝わるポケモンを奪おうとしたいるのだ、その邪魔はさせん!」
 もう一つのボールを投げてゴローニャを繰り出してヌマクローとタッグを組ませた。ヌーンもハリテヤマとカポエラーを前に出してこれに立ち向かう。
「行けえ!お前達!」
 ダキムの指示でヌマクローとゴローニャがロックブラストよマッドショットを飛ばして来た・・・。


続く・・・。

Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。