二次創作小説(旧・映像)

涼宮ハルヒの憂鬱〜謎の仮面ライダー出現〜
日時: 2017/07/27 19:50
名前: スカル

初めてですので、お手柔らかにお願いします。
今回登場する。仮面ライダー役の子は、
完全オリキャラです。
身長143cm
高校生です。
名前はまだ明かせません。
では、始めます。

夏の暑い日差しが、降り注ぐ暑い暑すぎる
くそこんなクソ暑い中、こんな長い坂を登らにゃならないんだ。
そう思い登り続ける。

〜教室〜

キョン「よーっす」
谷口「お!きたか!なんだよ朝から間抜けズラだな」
お前に言われたくないと思いながらぐっと抑えこう言う
キョン「毎晩暑くてななかなか寝付けねぇんだ
こんな間抜けヅラにもなるさ」
谷口「あ〜」
納得したんだかしてないんだかわからないやれやれだ
国木田「それよりも涼宮さんなんか騒いでたよ」
またかあいつの騒がしさわまるで、ゴジラなみだいやそれ以上か?
キョン「なんて騒いでたんだ?」
国木田「なんか仮面なんとかを見た!とか言ってたよ?」
キョン「仮面なんとか?」
やれやれ今度は一体何が起こると言うんだ。
そう思い席に着いた。

放課後

〜部室〜

俺は、いつも通り部室に着く一番かと思ったが違った。
キョン「一番!じゃないか、よっ長門」
長門「・・・」コクッ
一番早く着いていたのは長門だったこんな暑いのに汗をかいていない
宇宙人の技術というのはすごいものだと実感させられる。
そして続々と部室にやってくる。部員たち
三番目に朝比奈さん四番目に古泉そして最後は
ハルヒ「やっほー!」
ドアを壊さんといわんばりの勢いで入ってくる我が部の団長殿
やれやれよくこのドアも壊れないものだ
するといきなりハルヒは、こんなことを言い出した
ハルヒ「みんなよく聞いて!
私見たの昨日の夜」
朝から騒いでたアレのことかと俺は思いだした。
みくる「見たって何をですか?」
ハルヒ「よく聞いてくれたわねみくるちゃん!
実は、仮面ライダーを見たのよ!」
キョン「はぁ?!」
俺はつい声を漏らしてしまった。
まてまてそんなの現実的にありえんだろ?!
ハルヒ「何よキョン信じられないっていうの?!
じゃあこれをなさい!」バッ!
俺の目の前にハルヒのスマホのディスプレイが目の前に来る
それには、確かに写っていたその姿が、これは確か
今やってる仮面ライダーエグゼイドのゲンムとか言う
やつじゃなかったか?
古泉「コスプレじゃあなさそうですね」
ハルヒ「当たり前じゃない!コスプレだったらすぐにわかるわよ!
でもこれは違うちゃんと攻撃とかしてたし
ガシェット?て言うの?それを使ってたりしたんだからね
間違いなく本物よ!」
キョン「ん〜」
あくまでまだ信じられんがハルヒがそこまで言うのであれば間違い無いのだろう。

帰宅後俺は長門に呼び出された
長門の部屋に行くと古泉そして朝比奈さんもきていた
どうやらよほど重大なことらしい
と、俺が来るやいなや長門は、口を開く
長門「今日言っていた涼宮ハルヒの言葉は、間違いなく事実
仮面ライダーは、敵では無いだが私達の味方でも無い
中間にある存在」
キョン「だろうな」
と俺はため息交じりの相槌を打つ。
古泉「つまり用心しておいたほうがいいと言うことですね?」
長門「・・・」コクッ
みくる「ひぇぇこわいです〜」
キョン「大丈夫です何かあったら俺が守りますから」
なんとなくかっこよかったかな?
長門「問題は、涼宮ハルヒ」
キョン「え?」
長門「涼宮ハルヒに危害を加えるかもしれないそれだけは用心すべき」
古泉「確かにそれはそれで厄介ですからね」
みくる「私達が襲われる前に涼宮さんを襲うかもしれませんね」
キョン「・・・」
確かにその通りだ。
ハルヒが最初に狙われるかもしれないやれやれ困ったものだ。
俺たちはどうやらまたとんでもないことに巻き込まれるようだ
とそう思った。

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: 涼宮ハルヒの憂鬱〜謎の仮面ライダー出現〜 ( No.29 )
日時: 2019/06/16 12:22
名前: スカル

〜男子五人組次はアニメの世界へ〜
クレヨンしんちゃん編(映画)・2

〜金矛の勇者編〜

ウィザード(キョン)「おいおい、
倒しても倒しても出てくるぞ」
ダァン!
白い魔法使い(古泉)「とにかく
倒すしかありません」
『エクスプロージョン・ナ〜ウ』
ドォォオン!
ビースト(谷口)「まずいな」
ザァン!
ソーサラー(マサト)「やれやれだね〜」
ザァアン!
メイジ(国木田)「くっ」
ドォン!

しんちゃん「なんか、音が聞こえるぞ」

〜超時空嵐を呼ぶオラの花嫁編〜

増蔵「お前達の未来なんてない
暗闇に包まれるだけだ!」

ゲイツ(谷口)「ふざけるな!」
ガタック(キョン)「そんなことお前が
決めることじゃねぇだろ!」

カブト(マサト)「俺はすでに
未来を掴んでいる
そしてこれからも掴み続ける!」
パシッ

ジオウ(国木田)「そうだね、よし」
ウォズ(古泉)「行きますか」

『hyper cast off』
カブトH「おばあちゃんが言っていた
暗闇に包まれた未来などない
いつでも太陽が明るく世界を
照らしていると」
ダッ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ONE』『TWO』『THREE』
カブトH「ハイパー……キック」
『rider…kick』
『ONE』『TWO』『THREE』
ガタック「ライダーキック!」
『rider…kick』
シュタッ
『ジオウ』『ゲイツ』『ウォズ』
『フィニッシュタイム
トリニティ・タイムブレーク
バースト・エクスプロージョン』
ジオウT「トォッ!……ハァァアッ!!!」

ドォォオ!
増蔵「ギャァァア!!!!」


〜ユメミーワールド編〜

夢彦「なぜだ!、なぜお前達はなんの影響
もないんだ!」

キバ(キョン)「さぁ?、なんでだろうな」
電王(谷口)「ただ、言えるのは」
ジオウ(国木田)「ぼくたちは夢がある」
ウィザード(古泉)「でもそれはこんな
ところで叶えるものではありません」
キバ(キョン)「夢っていうのは
現実で叶えるものだからこそ
叶え甲斐があるんだよ!
それすらお前はわかんねぇのか!」

夢彦「うっ」

ファイズ(マサト)「ある人が言っていた
『俺には夢がない。だが
夢を守ることはできる』ってね
だから守るさ、みんなの夢を」
キバ「キバって」
五人「「行くぜ!」」
ダッ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『Xceed charge』
『ウェイクアップ・2』
『チョーイイネ・キックストライク
サイコーーー!』
『フルチャージ』
『フィニッシュタイム・ターイムブレイク』
五人「ハッ!」
シュタッ

夢彦「な!?」

五人「デャァア!!!」
ドォォオン!!!

しんちゃん「?、誰だぞ?」

キバ「誰・・・か」
ジオウ「なんて言ったら」
電王「わからん」
ウィザード「難しいですね」
ファイズ「ぼくたちは別な次元
から来た存在ただそれだけ
………では失礼」

シュウン(どこかへ消える

〜元の世界〜

キョン「戻れたのか?」
マサト「みたいですね」
国木田「よかった〜」
谷口「はぁ〜あ疲れた〜」
古泉「そうですね〜」

ゴゴゴゴゴゴッ

五人「?」
(上を見上げる

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ
(小惑星が山の方に向かって落下している

マサト「・・・仮面ライダーギンガ(ボソ」
キョン「絶対ちげぇ!」

次回、隕石から現れた謎の女性
それはまさかの?!

Re: 涼宮ハルヒの憂鬱〜謎の仮面ライダー出現〜 ( No.30 )
日時: 2019/07/02 07:09
名前: スカル

〜謎の隕石〜

〜落下現場〜

ハルヒ「なに?なんなの?」
キラキラ
キョン「輝きすぎだ」
古泉「すごいことになってますね」
長門「・・・」
みくる「ひぇぇえ」
谷口「なんなんだよ」
国木田「あ〜」
マサト「嫌な予感が」

警官「立ち入らないでくださーい!」
自衛官「?、なんだ」

グググググ
ボゴン(金色の翼が二つ出る

自衛官2「?!」
機動隊「なっなんだ?」

キョン「おいおい離れた方がいいぞ」
ハルヒ「なんでよ!、もっと近くで
見たいのよ!」
キョン「危ないだろうが!」

マサト「・・・・まさか」
古泉「どうかしましたか?」
マサト「ギドラ……キングギドラ」
古泉「え?」

ピキピキピキッ
ボォォン!(隕石が爆発する

ギドラ「ふぅ〜、やっとついた」

マサト「逃げていい?」
キョン「何かしでかしたのか?」
マサト「・・・・なんでも」
キョン「なんで溜めた?」
マサト「なんでも」
キョン「おい、本当になにしたんだ!」
マサト「本当に……なんでも」

ギドラ「マサトって言う子
どこにいるの?」

警官「え?」

「だれだ?」「どこにいるんだ?」
「どこだ?」
ざわざわざわ

キョン「早くいけよ」
マサト「え〜」

ギドラ「早くしないと
地球の文明破滅させよ〜かな?」

古泉「脅しですね」
谷口「恐喝だな」
国木田「マサト行きなよ」
長門「地球の危機」
みくる「はわわわっ」
キョン「いけ!」

マサト「・・・はぁ」
スタッスタッスタッ

ギドラ「?、あら〜久しぶりね?」
マサト「ええ、本当にお久しぶりです」

ギドラ「本当……会いたかった
フフフフッ」
シュタ!
マサト「!、蒸血」
『ミストマッチ・コブラ…コ…コブラ
ファイヤー』
『ライフルモード』
ガギィ!
スターク「ぼくは、会いたくなかったよ」
バッ
スタッ

キョン「なんか嫌な予感しかしねぇぞ」

スターク「うおっ!?
勝つなんて無理だろ・・・
一旦引くry
ドォン!(電撃を受ける
ギャァァア!!!」
ヨロッヨロッ
ガクッ

ギドラ「さぁ、朽ち果てなさい」
(マフラーの様に巻いている
二本のギドラの首が電撃を溜めている

スターク「くっ…そ」
ドォォオ!!

ドササササ!
(強制変身解除
マサト「はぁはぁ
チャ……オ」
ドォォオン!!!

キョン「マサトォォオ!!!」

ギドラ「あはははっ♪
ほんと変わらな〜い、
弱くてフフフッ
さて…と、始めようかな〜
侵略ってやつ」
バサァ!
シュン!

キョン「なんてこった」
古泉「由々しき事態です」
長門「・・・・」
みくる「ふぇぇえ」

〜九曜宅〜

九曜「・・・」

キョン「……九曜」
橘「九曜さん」
佐々木「残念だけど」

九曜「ーーー心配ーーないーーー」

佐々木「?」
スッ(ドラゴンレーダーの様なものを見せる
キョン「これは?」
九曜「ーーーマサトがーーーー
渡したーー位置をーー
知るためのーーーもの」
橘「マサトさんが?」
キョン「移動してるぞ?」
長門「・・・・私たちのような
同型ではない」
朝倉「アップグレードした存在
ということね」
古泉「アップグレードした存在
・・・まさか」

〜3日後〜

ギドラ「もろいわ、全然満足できない」
(戦車や戦闘ヘリの残骸が周りに
転がっている

朝倉「長門さん」
長門「非常に危険」
キョン「九曜、反応は」
九曜「ーーーあれーーからーー
してるーーー」
橘「じゃあマサトさんは」
古泉「細胞レベルまでになり
彼女の身体に潜んでいるの
かもしれませんね」
みくる「でも生きているなら」
キョン「まだ希望はある…か」

ギドラ「?、ほら来なさいよ
そこにいる連中さん
くっくっくっ」

キョン「くっ」
長門「?」
朝倉「どうしたの?長門さん」
九曜「ーーーあーーれーー」
朝倉「あなたは長門さんじゃないでしょ?」

ギドラ「?、なんだ」
バジャバジャ

古泉「なんでしょうかあれは」
みくる「ふぇ?」

バジャン!
マサト「久しぶり〜でもないかオラァ!」
ドォゴ!
ギドラ「ゴフッ」
ヨロッ

6人「マサト!」

マサト「やれやれ…ですね」
『ジオウ』

チッチッチッチッチッチ

〜???〜

?「フフフッ、さぁ、おいで
新たな魔王」

次回〜そして王になる〜


Re: 涼宮ハルヒの憂鬱〜謎の仮面ライダー出現〜 ( No.31 )
日時: 2019/08/04 11:53
名前: スカル

〜そして王になる〜

ジオウ「ハァ!」
ガギィ!
ギドラ「やるじゃん、でも本当に
勝てるの?」
ジオウ「勝てるかだって?
そんなことわからないさ
だけどそれを決めるために
今、ぼくは戦っている!」
バッ!
ギドラ「なら言い渡すわ、
あなたは今度こそ死ぬ、ただそれだけ」
ジオウ「そうとは…限らない!」
スッ
『グランドジオウ』

ギドラ「なに?!」
ジオウ「これが………ぼくの
切り札だ!」
『ライダータイム
仮面ライダージオウ
グランドタイム!
クウガ・アギト・龍騎・ファイズ・剣・
響鬼・カブト・電王・キバ・ディケイド・
W・オーズ・フォーゼ・
ウィザード・鎧武・ドライブ・
ゴースト・エグゼイド・ビルド
祝え!!!』

ギドラ「な?!……あぁ」

『仮面ライダーグランドジオウ』

グランドジオウ「・・・・」
スッ
『ジカンギレード』
『サイキョウギレード』

ギドラ「ただ金色になった
だけじゃない!」
グランドジオウ「どうだろうな」
『鎧武』
鎧武「セイハァ!」
ザァン!
ギドラ「な?!」

キョン「ライダーを召喚したぞ」
長門「あれが、王の力」

『クウガ』
『龍騎』

クウガ「ハァァア!!!」
龍騎「ハァァアッ!!!」
ドォゴ!

ギドラ「うぐっ」
ヨロッヨロッ
グランドジオウ「ハァァアッ!!」
ザァン
ザァン
ギドラ「ぐあっあ」
ヨロッ
ガッ(ギドラの首元を掴む
ギドラ「はっ離せ!」
バッ(上空に放り投げる
グランドジオウ「これで終わりだ
ギドラァア!」
『フィニッシュタイム・グランドジオウ
オールトゥエンティ・タイムブレーク』
グランドジオウ「ハァァアッ!!!!」
ドォゴォオ!!!(空に向けてキックを放つ

ギドラ「ギャァァア!!!!」
グランドジオウ「宇宙に送り返して
ヤルラァァア!!!」

・・・・・・・・・・・・・

キョン「すごかったな」
九曜「ーーーなにかーーくるーーー」
橘「え?」
マサト「まさか」

スタッスタッスタッ
?「おめでとう、新たな王よ
フハハハハッ」

古泉「何者何ですか?」
みくる「なっ何かこわいです」

マサト「神の反対とは?」

朝倉「神の反対?」
長門「悪魔」
キョン「まさか、悪魔か?」
マサト「普通の悪魔よりももっとヤバイ
やつです」

ルシファー「我が名はルシファー
魔界の王である」

キョン「男のイメージがあったが
女なんだな(ボソッ」
古泉「ですね」

ルシファー「ふっふっふっ、
さぁ、我と来るか?新たな王よ」

マサト「・・・・え?」

ルシファー「どうかしたのか?」

マサト「少し考えさせてください」

ルシファー「わかった……3秒やる」

マサト「はい?!」

ルシファー「3」

マサト「え、えーと」

ルシファー「2」

マサト「その、えーと」

ルシファー「1」

マサト「わっわかりました、でも」

ルシファー「?、なんだ」

マサト「まだ、ぼくはみなさんと
一緒にいたい!」

ルシファー「・・・ふふふっそうか
いいだろうだが、フン!」
シュッ、ドッ!
マサト「!?……カハッ」
ヨロッ
(胸のところに刻印が刻まれる
ルシファー「この刻印がある限り
お前はわたしの手の中にいる
こっちにくるのを楽しみにしているぞ」


マサト「・・・」
キョン「マサト」
マサト「いずれね」

Re: 涼宮ハルヒの憂鬱〜謎の仮面ライダー出現〜 ( No.32 )
日時: 2019/08/12 11:30
名前: スカル

〜マサトの秘密〜

ネオアルファ「ァァア!!!」
ヴォォォオン(チェーンソー音
電気眼魔「ギィャァアアア!!!!」
ネオアルファ「トドメダァオラァ!」
ガチャ(ミニガトリングを向ける
電気眼魔「ヒッ!」
ドドドドドドドォ!!!

(変身解除
マサト「こんなもんか」


キョン「・・・・いつも思うのだが」
古泉「はい?」
キョン「あいつは、いつからあんな風に
冷酷になってしまったんだろうな」
古泉「・・・たしかにそうですね」

〜部室〜

みくる「えと」
キョン「見て見たいんですけど」
みくる「できないことはなんですけど」
古泉「けど?」
みくる「過去に干渉は、しないでください
それだけは守ってください」
キョン「わかりました約束します」
長門「・・・・」
キョン「長門はどうする?」
長門「・・・行く」

〜四年前〜

キョン「ここか」
みくる「はい………みたいです」
古泉「どこかの路地裏ですかね?」
長門「・・・!」
キョン「どうした?、長門」
長門「隠れて」

そう言われ、俺たちは物陰に隠れる
するとそこに

ハート「どうした?、そんなものか?
正義の味方が一人の少女も守れないのか?」
マッハ「はぁ……はぁ………うう」
少女「うっぐ………ああ」
ハート「これで、終わらせる」
シュッ
マッハ「はっ……!
(ドォォオ!!!
ゴフッ………あ…あ」
ドォォオン!

ハート「ふっ………死んだか?
じゃあこいつにも用はないな」
少女「ヒッ」
ゴォ!
ハート「ふっ」
スタッスタッスタッスタッスタッ

みくる「あ……あ」
古泉「見ない方がよろしいですよ」
キョン「負けたぞ……あいつ」
長門「まって」

マサト「…………ぐっ、あ……
まだ………」
ズズッズズズズズ
ヨロッヨロッヨロッ

古泉「すごい執念ですね」
みくる「はぃ」

〜とある橋の下〜

ハート「ん?………!!!」

マサト「・・・・」
ズズッズズズズズ
(ロイミュードの残骸を引きずって
歩いている
ハート「貴様ァア!」
ダッ!

マサト「…………変身」

ゴォ!
ハート「俺の仲間の恨みをはらさせてもらう!」
二号「もう一度ぼくを殺すことができるか?ハートォォオ!!!」

グググググ

二号「オラァァ!!!」
ゴォオ!
ハート「が………あ
(ガッ
ングゥ!」
二号「取ったぞお前のコア(心臓)を」
ハート「ぐぅぅう」
二号「さっきの仕返しだ、
俺の分とあの少女のなぁ!」
グググ(コアを強く握りしめる
ハート「ぐっ……うう、
お前は……なぜ?…………そこまで」
二号「なぜだと?簡単だ
テメェらみてぇな奴等がぼくは、
嫌いだ、そしてお前はぼくの目の前で
幼い命を奪った………だから!」
ガッ
ハート「ぐっ」
二号「お前の大切なモノも、奪う
そして」
ググググ(拳を握る
ハート「?!、ま……待て」
二号「お前の命もだぁああ!
(シュッ
ライダァァアパァアンチィイ!!!」
ドォゴォオ!!!
ハート「がっ……は」
ドォォオン!!!

(変身解除
マサト「もう容赦は、しない
誰であろうと
(スタッスタッスタッスタッ
必ず………殺す」


キョン「そう言うことか」
古泉「ですね」
長門「・・・」
みくる「はわわわ」

Re: 涼宮ハルヒの憂鬱〜謎の仮面ライダー出現〜 ( No.33 )
日時: 2019/08/14 23:40
名前: スカル

〜裏と表〜

ハルヒ「みくるちゃん、お茶は
あたしが入れるから座ってて」
みくる「え?、はっはい」

キョン「なんか、最近ハルヒ
の様子変じゃないか?」
古泉「ええ、確かに」
長門「・・・」
パタン

ハルヒ「あら?、時間ね
じゃっ帰りましょ!」

キョン「あっああ」

〜ハルヒ宅〜

ハルヒ「・・・・
(鏡の前に立っている
フフッ」

〜公園〜

キョン「で、どう思うんだ?」
マサト「いいんじゃないですか?
それはそれで」
みくる「でも、なんか変な感じがして」
古泉「確かに、涼宮さんが
涼宮さんじゃないみたいで」
マサト「まったく、わかりました
多分………ミラーワールド
じゃないですかね?」
古泉「ミラーワールド?」
キョン「龍騎か?」
マサト「ええ、稀に現れるみたいですよ?
多分、ある意味奇跡ですよ
まぁ、なんとかしますよ
少し時間が掛かりますが」

〜ハルヒ宅〜

『出して!、ここから出しなさいよ!』
ハルヒ「いやよ、わたしは………
貴方になるんだから」

〜昼休み〜

ハルヒ「〜♪」

キョン「やはり、不気味だ」
古泉「ええ、確かに」
長門「・・・・くる」
みくる「ふぇ?」

ハルヒ「やっとでられた」

ハルヒ?「なっなんで?」

マサト「ミラーワールドなら
ぼくならいつでもいけるからね
だからこそ助けることができた
それだけだよ」
(カードデッキを見せる
ハルヒ?「くっ」
スッ『リュウガ』
マサト「変身!」

龍騎「シャア!」

アナザーリュウガ「あたしが本物に、
本物になるのよ!」
ダッ!

『ソードベント』
ガギィ!
アナザーリュウガ「くっ」
龍騎「チィッ!」

バッ!

『ストライクベント』
龍騎「ハァ!」

ドォン!
アナザーリュウガ「ングッ」
ヨロッ

龍騎「今だ!」
『ファイナルベント』
シュタッ!

アナザーリュウガ「くっ、はっ?!」

龍騎「ハァァァアアア!」
ドォオ!
アナザーリュウガ「ギャァァア!!!」
ドォォオオオン!

カシャ

ハルヒ?「く………そ」
ふらっふらっ
ハルヒ「なんなのよあんた」
ハルヒ?「あたしは………あんたよ」
ハルヒ「え?」
ハルヒ?「あんたは、あたし………
あんたの裏の存在あんたにないものを
あたしは持っている」
ハルヒ「え?、え」
ハルヒ?「あたしは、ただ
あんたに……なりた………かった」
(消滅する

ハルヒ「・・・・」

(変身解除
マサト「・・・・(今気づいたが、
涼宮ハルヒの
神の力が少し弱まって来たな
神の力が誰かに移っている
佐々木さんでもない一体誰なんだ?
このメンバーじゃない誰だ?)」

Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。