二次創作小説(旧・映像)

涼宮ハルヒの憂鬱〜謎の仮面ライダー出現〜
日時: 2017/07/27 19:50
名前: スカル

初めてですので、お手柔らかにお願いします。
今回登場する。仮面ライダー役の子は、
完全オリキャラです。
身長143cm
高校生です。
名前はまだ明かせません。
では、始めます。

夏の暑い日差しが、降り注ぐ暑い暑すぎる
くそこんなクソ暑い中、こんな長い坂を登らにゃならないんだ。
そう思い登り続ける。

〜教室〜

キョン「よーっす」
谷口「お!きたか!なんだよ朝から間抜けズラだな」
お前に言われたくないと思いながらぐっと抑えこう言う
キョン「毎晩暑くてななかなか寝付けねぇんだ
こんな間抜けヅラにもなるさ」
谷口「あ〜」
納得したんだかしてないんだかわからないやれやれだ
国木田「それよりも涼宮さんなんか騒いでたよ」
またかあいつの騒がしさわまるで、ゴジラなみだいやそれ以上か?
キョン「なんて騒いでたんだ?」
国木田「なんか仮面なんとかを見た!とか言ってたよ?」
キョン「仮面なんとか?」
やれやれ今度は一体何が起こると言うんだ。
そう思い席に着いた。

放課後

〜部室〜

俺は、いつも通り部室に着く一番かと思ったが違った。
キョン「一番!じゃないか、よっ長門」
長門「・・・」コクッ
一番早く着いていたのは長門だったこんな暑いのに汗をかいていない
宇宙人の技術というのはすごいものだと実感させられる。
そして続々と部室にやってくる。部員たち
三番目に朝比奈さん四番目に古泉そして最後は
ハルヒ「やっほー!」
ドアを壊さんといわんばりの勢いで入ってくる我が部の団長殿
やれやれよくこのドアも壊れないものだ
するといきなりハルヒは、こんなことを言い出した
ハルヒ「みんなよく聞いて!
私見たの昨日の夜」
朝から騒いでたアレのことかと俺は思いだした。
みくる「見たって何をですか?」
ハルヒ「よく聞いてくれたわねみくるちゃん!
実は、仮面ライダーを見たのよ!」
キョン「はぁ?!」
俺はつい声を漏らしてしまった。
まてまてそんなの現実的にありえんだろ?!
ハルヒ「何よキョン信じられないっていうの?!
じゃあこれをなさい!」バッ!
俺の目の前にハルヒのスマホのディスプレイが目の前に来る
それには、確かに写っていたその姿が、これは確か
今やってる仮面ライダーエグゼイドのゲンムとか言う
やつじゃなかったか?
古泉「コスプレじゃあなさそうですね」
ハルヒ「当たり前じゃない!コスプレだったらすぐにわかるわよ!
でもこれは違うちゃんと攻撃とかしてたし
ガシェット?て言うの?それを使ってたりしたんだからね
間違いなく本物よ!」
キョン「ん〜」
あくまでまだ信じられんがハルヒがそこまで言うのであれば間違い無いのだろう。

帰宅後俺は長門に呼び出された
長門の部屋に行くと古泉そして朝比奈さんもきていた
どうやらよほど重大なことらしい
と、俺が来るやいなや長門は、口を開く
長門「今日言っていた涼宮ハルヒの言葉は、間違いなく事実
仮面ライダーは、敵では無いだが私達の味方でも無い
中間にある存在」
キョン「だろうな」
と俺はため息交じりの相槌を打つ。
古泉「つまり用心しておいたほうがいいと言うことですね?」
長門「・・・」コクッ
みくる「ひぇぇこわいです〜」
キョン「大丈夫です何かあったら俺が守りますから」
なんとなくかっこよかったかな?
長門「問題は、涼宮ハルヒ」
キョン「え?」
長門「涼宮ハルヒに危害を加えるかもしれないそれだけは用心すべき」
古泉「確かにそれはそれで厄介ですからね」
みくる「私達が襲われる前に涼宮さんを襲うかもしれませんね」
キョン「・・・」
確かにその通りだ。
ハルヒが最初に狙われるかもしれないやれやれ困ったものだ。
俺たちはどうやらまたとんでもないことに巻き込まれるようだ
とそう思った。

Page:1 2 3 4 5 6



Re: 涼宮ハルヒの憂鬱〜謎の仮面ライダー出現〜 ( No.22 )
日時: 2018/07/08 11:47
名前: スカル

アナザーストーリー14
〜ポケットモンスターウルトラサン&
ムーン4〜

〜vsマツブサ・エーテルパラダイス〜

ライドプレイヤー「はぁ」
コキッコキッ

キョン「いけるのか?」

ライドプレイヤー「甘く見ないでください」
スッ
『ガチャコンブレード!』
ライドプレイヤー「ハッ!」
ザァンッ!

グラードン「グアッ!」
グッ
ライドプレイヤー「今だ!」
『ガシャット!
キメワザ!・ライダー!
クリティカルフィニッシュ!』
ライドプレイヤー「ハァァッ!!!」
ザァァンッ!
グラードン「」
ドサンッ!!

マツブサ「バッバカな」

谷口「なんであんな弱い形態の奴が
グラードンに勝てるんだよ」
国木田「マサトくんだからだよ」

〜vsゲーチス〜

ライドプレイヤー「オラァッ!」
ドゴォッ!!!

ゼクロム・レシラム「「!」」
ガクッ

ミヅキ「いまだ!
アシレーヌ!ムーンフォース!」

アシレーヌ「アシ!」
ズドォッ!

ライドプレイヤー「よし!」

ゲーチス「くっこうなれば」
リーリエ「ひっ」

『ガチャコン・マグナム!』
ライドプレイヤー「ハッ!」
ダァンッ!
ゲーチス「ゴフッ」
(肩部負傷
ガクッ
アクロマ「ハッ!」
バシュッ
ゲーチス「ギャァァッ!!!」
(次元の隙間に消えていく

リーリエ「危なかったです」

古泉「少し手強かったですね」
キョン「ああ、だな」

〜vsサカキ〜

ライドプレイヤー「はぁ、はぁ」

サカキ「ふんっそんなものか」

ミヅキ「まずいよ、このままだと」
キョン「マサト!」

サカキ「トドメだ!」

ミュウツーX「・・・」
キュィィンッ

ライドプレイヤー「メガ進化さえなければ
僕のバトルは完璧だった、メガ進化さえ
なければぁぁっ!!!」

サカキ「ふんっ、愚かな、やれ!、ミュウツー
シャドーボール」
ミュウツーX「フンッ!」
ドシュッ!

キョン「マサト!」
谷口「避けろ!」
国木田「なんで避けないの?」
古泉「!、まさか」
ミヅキ「え?、え?」
リーリエ「何をするんですか?」

ライドプレイヤー「(ニヤッ」
スッ(バグヴァイザーツヴァイをミュウツー
に向ける
ミュウツーX「?!」

サカキ「なっ何を!」

カチッ
『リィッセットォ』

チッチッチッチッチッチ

サカキ「?、はっ!
ミュウツー!シャドーボール!」

ミュウツーX「フンッ!」
ドシュッ!

ドォォンッ!!!

キョン「マサト!」

『バグル・アップ』

ミヅキ「え?」

『天を掴めライダー!
(Wooooo!)
刻めクロニクル!
今こそ時は極まれるり!
(Woooooo!)』

(スタッスタッスタッスタッ
クロノス「ここらは、
私がルールだ」

サカキ「バッバカな
ミュウツー!
サイコキネry」

『ポーズ』

クロノス「しっ、審判の時は
厳粛でなければならない」
スタッスタッスタッ
カチッ
『キメワザ・クリティカルクルセイド』
ドォゴッ!!!
ミュウツーX「」
グッ(吹き飛ぶ態勢にっている
『終焉の一撃』
クロノス「君のようなポケモンは、
絶版だ」

『リスタート』

ドォゴッ!!!
ミュウツーX「!!!」

サカキ「バッバカな一体何が、
何が起きたんだ?
ドッ(吹っ飛ばされたミュウツーが激突する
グハッ!…は?!」
(ゴゴゴゴゴゴッ
クロノス「・・・」
サカキ「はっ、あっあっ」
クロノス「・・・」
スッ(手を差し出す
サカキ「!」

キョン「あいつ、まさか」
谷口「流石に…な」
国木田「ホッ」
古泉「見たい…ですね」
ミヅキ「優しいところもあるんだね」
ルザミーネ「ん、んん」
リーリエ「あ、お母様!」
ルザミーネ「リーリエ?…私は?」
ビッケ「代表、良かったです、ご無事で」

サカキ「くっ」
スッ
ガシッ
クロノス「・・・フッ」


キョン「!、マサト何をする気だ!」

サカキ「?!」
ドッ!(バグヴァイザーツヴァイの銃口部分を
サカキの胸部に打ち込む
サカキ「ングッ!」

古泉「まさか」

ギュゥゥッ(何かを吸い取っている
サカキ「かはっ」
ガクッ
クロノス「まったく、思い違いも甚だしい
まさかぼくがあなたを許すと思いですか?
まっあなたが隙を見せてくれたおかげで」
ドッ(足で蹴り倒す
サカキ「グッ」
ドサッ
クロノス「あなたのこの能力なかなか
面白いですね、まっいただきましたけど
フンッ!
ドッ(自分の胸に打ち込む
グッ、ハァァァアアッ!!!」

ミヅキ「わっ!」

クロノス「はぁ、はぁ、フフフフッ
やった、アハハハッ!!!」

サカキ「なっまさか」

クロノス「お前の次のセリフは」

サカキ・クロノス「「こんな事はありえない」」
クロノス「だ!」
サカキ「は!」
クロノス「ふんっ、君のような人間は
絶版だ!」
『キメワザ!・クリティカルクルセイド!』
ドォゴォッ!
サカキ「ギィャァァアアア!!!」
『終焉の一撃!』

クロノス「・・・・」
クルッ
スタッスタッスタッ

クロノス「?
(スーッ
時間ですか」
キョン「みたいだな」
古泉「おやおや」
谷口「まじかよ!」
国木田「なんか、あっという間だったね」
キョン「だな」

ミヅキ「え?、え?」
アクロマ「この人達は、ゲーチス達と同じように別な世界から来たのでしょう」
リーリエ「なるほど」
ルザミーネ「でも、いい経験になりましたわ」

キョン「それじゃあまた」
谷口「会えることを楽しみにしてるぜ!」
古泉「お世話になりました」
国木田「とても楽しかったです」
マサト「では」

シュゥンッ

ミヅキ「あ、消えちゃった」
リーリエ「はい」

〜外の世界〜

マサト「はぁ〜あ」
キョン「疲れたな」
国木田「ふぅ」
谷口「また同じパターンか」
古泉「のようですね」

〜帰宅後・マサト宅〜

マサト「・・・
(謎のフルボトルを見つめている
ふふふっ面白い力を持ったフルボトルですね
さて、どのぐらいの能力なのか
試させてもらいますよ」





Re: 涼宮ハルヒの憂鬱〜謎の仮面ライダー出現〜 ( No.23 )
日時: 2019/01/20 10:08
名前: スカル

〜またまたまたゲームの世界へ〜
〜ねんどろいどじぇねれ〜しょん・いち〜

マサト「どうやら、ぼくたちは
またゲームの世界に来たみたいですね」
キョン「と言うよりなんなんだこの森」
古泉「まるで迷路ですね」

ドォォンッ!!

谷口「なっなんだ?!」
国木田「あっちみたいだよ」
キョン「行くぞ!」
ダッ!

〜森の中間部〜

マサト「?!」
古泉「あれって」
キョン「まさか」

BRS「・・・」
セイバー「ふぅ」

マサト「感動的です!」
BRS「!、誰?」
マサト「迷子です」
キョン「迷子って」
セイバー「確かにこの森はひとつ間違えれば迷子になりますね」
BRS「じゃあ、出口まで案内する」

マサト「ありがとうございます」

谷口「……あいつなんでテンション
高いんだ」
国木田「さぁ」
古泉「なぜでしょう」
キョン「好きなんじゃないか?
BRS『ブラックロックシューター』
の事」

マサト「早く行きますよ〜」

一同「あっああ」


〜出口から学校へ〜


セイバー「なんか騒がしいですね」
BRS「何があったんだ?」

生徒「大変!なんか変なウサギが!
屋上で暴れてる!」

キョン「うっうさぎ?!」
谷口「あんまり怖くなさそうだな」
古泉「とにかく行ってみましょう」
タッタッタッ

〜屋上〜


バリゾガーン「オラァ!」
ドォン!

BRS「っ!」
セイバー「強いですね」
ぐま子「まずいくま!」

マサト「じゃあ、うさぎにはコレですかね」
スッスッ
『タンク!』
カチャッ
『タンク&タンク』
『マックスハザードオン!
ドンテンカン!ドンテンカン!
ガタガタゴットン!ズッタンズタン!
Are You Ready?』
マサト「変身!」
『オーバーフロー!
鋼鉄のブルーウォリアー!タンクタンク!
ヤベーイ!ツエーイ!』

ビルドT T「勝利の法則は…決まった!」
ダッ

バリゾガーン「?!」


BRS「あれって」
ぐま子「まさか」
セイバー「え」


ビルドT T「ハァッ!」
ザァン!
バリゾガーン「カハッ!」
ヨロ

凛「?!………嘘」

ビルドT T「トドメェ!」
『フルフルマッチでーす!』
バリゾガーン「ヒッ!」
ビルドT T「ハッ!」
『フルフルマッチブレイク!』
ドォォォン!!!
バリゾガーン「ギャァァアアア!!!」


マサト「ふぅ」
凛「あんた」
マサト「え?」
セイバー「仮面ライダーなんですか?」
マサト「え、ええ一応」
BRS「本当にいたとは」
マサト「え?え?」
キョン「マサト、まさかここって」
谷口「?」
国木田「そのまさかだよね」
古泉「ええ、ここには」
マサト「仮面ライダーが現実に
いない・・・テレビの中だけの
存在という事ですか」

Re: 涼宮ハルヒの憂鬱〜謎の仮面ライダー出現〜 ( No.24 )
日時: 2019/02/11 09:26
名前: スカル

〜またまたまたゲームの世界へ〜
〜ねんどろいどじぇねれ〜しょん・に〜
(ストーリー等うる覚えですので
申し訳ございませんが色々と
よろしくお願いします)

〜屋敷・エントランス〜

マサト「仮面ライダーが現実にいない世界
まぁそれが普通と言われてしまえば
そこまでですがね」
キョン「だが、そういう訳にも
いかないんだろ?」
マサト「ええ、彼女達だけに戦わせる
訳にもいきませんからね
さて、明日から忙しくなりますよ」


〜次の日〜


ルイズ「くぅ〜〜〜〜!!!」

マサト「ルイズさんまでいるんですね」
谷口「だな」
国木田「へぇ〜」

マサト「とにかく行きますかね〜
洞窟にね」
キョン「じゃあ、行ってみるか」

谷口「俺たちは待ってる」
古泉「ですね」

国木田「僕は行くけど」
キョン「頼む」
マサト「お願いします」


〜洞窟〜


キョン「何だこの気味の悪い銅像は」
マサト「確かに気味が悪い…ですね」
国木田「何体あるんだろう」
BRS「とりあえず壊して行く」
ルイズ「なんかうざったいわね!」
ミルヒオーレ「まぁまぁ」
国木田「奥にもあるみたいだよ」
BRS「行ってみよ」
スタッスタッスタッ


〜洞窟・奥〜


ビステリー「あらあら〜可愛い子もいるわね」

マサト「・・・ゔぅっ」
キョン「リバースしようと
してんじゃねぇよ!」
マサト「すみません
急に寒気と吐き気が」
BRS「大丈夫?」
マサト「はい、なんとか」

ビステリー「何よ!、私が
きもちわるいっていうのぉ?」

マサト「とっとと終わらせるか」

ビステリー「無視ぃ?!」

『ドライバーオン・プリーズ』
マサト「ルイズさんいけますか?」
ルイズ「いけるわよ」
マサト「では」
スッ
カチャッカチャッ
『シャバドゥビタッチヘンシン〜♪
シャバドゥビタッチヘンシン〜♪』
マサト「変身」
『フレイム・プリーズ
ヒーヒーヒーヒーヒー!』
ウィザードF「俺が最後の希望だ」
ルイズ「行くわよもうゼロのルイズなんて
言わせない!」
ダッ
ビステリー「ヒッ!」

キュィィン
ルイズ「ハァッ!」
ビュン!
ドォン!
BRS「ハッ!」
ダァン!
ガイコツ「ギギッ」

ミルヒオーレ「すっ凄いですね」
キョン「武器がハンドガンてのは」
国木田「僕は薙刀ってはじめて持つけど
大丈夫かな」
キョン「多分な」

『コネクト・プリーズ』
ウィザードF「ハァァッ!」
ザァン!
ビステリー「うぐっ」
ルイズ「はっ!」
ドン!
ビステリー「ぎゃあ!」
ウィザードF「さ、フィナーレだ」
カチャッカチャッ
『ルパッチ マジック タッチ ゴー!
(スッ
チョーイイネ
キックストライク・サイコー!』
ダッ!

ルイズ「止めてやる!」
スッ


ビステリー「うっ、うごかな」


キョン「早く決めてくれ
結構きつい」
国木田「うん……そうだね」
ミルヒオーレ「だっ大丈夫ですか?!」

ウィザードF「ハァァアッ!!!」
ドォゴッ!!!

ビステリー「ギャァァ!!!」
ドォォン!

ヒュゥン
マサト「よし!」

ビステリー「今日のところはひとまず」
ザァン!
ビステリー「ぎゃあ!」
BGS「なんだこんなものか」
BRS「ゴールドソウ」
BGS「ん?、なんだお前達もいたのか
……?」
マサト「疲れましたね」
キョン「だな」
国木田「でもマサトくんの気持ちが
なんとなくわかった気がする
いつも戦ってる時の気持ちが
ね、キョン」
キョン「そうだな」

マサト「そうですか…ん?」

BRS「ん?、どうしたのゴールドソウ」
BGS「えっああ、あの
背の低いあの子は?」
BRS「マサトのこと?
仮面ライダーになれるんだって
最初見たときは驚いたが
それがどうかしたの?」
BGS「いや、なんかその
・・・カワイイ」
BRS「え・・・あー」
BGS「マサトか・・・」


その頃屋敷

谷口「なかなか強いな古泉」
古泉「いえ、谷口さんもなかなか」
ぐま子「なかなかレベルが高いくま!」
なのは「そうだね」
フェイト「いい勝負になりそうだね」

オセロをしていました。






Re: 涼宮ハルヒの憂鬱〜謎の仮面ライダー出現〜 ( No.25 )
日時: 2019/02/22 08:04
名前: スカル

〜またまたまたゲームの世界へ〜
〜ねんどろいどじぇねれ〜しょん・よん〜

〜神殿〜

マサト「・・・変身」
スッ
『ドライブタイプスピード』

コクレイ「?」

ドライブ「・・・」
ダッ

コクレイ「くっ」
スッ
ダァン!

『スピスピスピード!』
ドライブ「ハァ!」
ドッ!
ガッ!
コクレイ「くっ」
ドライブ「チッ!」
ググッ
コクレイ「くっ強い」
ドライブ「負けるわけには」

BRS「!、マサト!」
キョン「?!」

ドス
ドライブ「が……は」
ガク
ネガクライ「・・・」
コクレイ「ネッネガクライ様」
ネガクライ「こんな奴に手こずって
何をしている」
コクレイ「もっ申し訳ございません」

セイバー「マサトをどうする気ですか!」

ネガクライ「こいつは我々の
良き部下として利用させてもらう」

古泉「なんですって!」
国木田「まずいよ」
谷口「そんな勝手させるか!」

ネガクライ「ふんっせいぜい
喚くがいい
アハハハハッ」
シュン!


なのは「くっ」
霊夢「最悪ね」
レミリア「チッ」


〜ネガクライ城〜

キョン「?」

ネガクライ「?、来たか」
コクレイ「チッ、どいつもこいつ
ネガクライ様の邪魔許さん!」
バリゾガーン「恨みを晴らしてやる」
ビステリー「容赦しないわよ!」
パプキーナ「ふふ〜んやっちゃうもんね」
イセコッツ「俺の力を受けてみな!」

BRS「くっ」
国木田「マサトはどこに?」
セイバー「!、あそこだ!」

マサト「・・・」

ネガクライ「ふっ今までこいつに
頼ってきたお前達に
倒せるのか?
行け」

スッ
マサト「………変身」
『カメンライド・ディケィド』
ディケィド「・・・」
(マゼンタver以降M
スタッスタッスタッ
ダッ!

谷口「うぉ!」
ガギィ!
セイバー「くっ」
ディケィド・M「・・・・」
ググッ


パプキーナ「やっちゃえやっちゃえ!」
イセコッツ「お前達が頼って来た奴に
ぶちのめされちまえ!」


ガッ
古泉「マサトさん!」
谷口「マサトォ!」
国木田「くっマサト!!!」
キョン「マサトテメェいい加減に
しろぉぉ!!!」
バギッ!(殴打

ディケィド・M「!」
ガクッ


ネガクライ「チッ、使えないか」
コクレイ「そのようですね」
ネガクライ「まぁいいお前達は自分達の力で
我々を倒すことができるか?」

バリゾガーン「俺たちを!
破壊なんてお前達にできるのかぁ?」
シュタ!
ガギィ
バリゾガーン「?!」
ディケィド「できるさ
俺は……『破壊者』だからな」

キョン「マサト」
ディケィド・M「ふっ、デャァ!」
ザァン!
バリゾガーン「ぐっ」

ディケィド・M「皆さんも変身しては?」

キョン「まじでか?!」
古泉「いってみましょう!」
国木田「うん!」
谷口「よし!、やってやるか!」

キョン「変身!」
『喜べ絶滅タイムだ!
ガブリ!』
ダークキバ「覚悟しろ」
古泉「変身!」
『タドルクエスト!
ガシャット・ガッチャーン
レベルアップ!
タドル・メグル・タドル・メグル
タドルクエスト!』
ブレイブ「悪は斬り裂きます」
谷口「変身!」
『アルタイルフォーム』
ゼロノス「おぉ〜!!!」
国木田「変身!」
『ネクロム
テンガンネクロム
メガウルオード
クラッシュ・ザ・インベーダー!』
ネクロム「すっ凄い!」

ディケィド・M「いきますよ、みなさん」

皆「「おぉ!!!」」

ネガクライ「くっ、お前たち
やれ!」
コクレイ「おぉ!」
四天王「ぉおお!!!」

Re: 涼宮ハルヒの憂鬱〜謎の仮面ライダー出現〜 ( No.26 )
日時: 2019/03/05 21:05
名前: スカル

〜またまたまたゲームの世界へ〜
〜ねんどろいどじぇねれ〜しょん・ご〜

最終決戦!

BRS「キリがない」
なのは「どっからこんなに」
霊夢「最悪ね」
セイバー「くっこのままだと」
ディケィド・M「あの装置を
破壊しないと永遠に雑魚どもが
湧き出して来ますよ」
ダークキバ「なんてこった」

ネガクライ「そうだ絶望しろ!
それがこの装置のエネルギーと
なる!」

ゼロノス「なんだと?!」
ブレイブ「由々しき事態です」
ネクロム「なんとかならないのかな」
ディケィド・M「無茶振りですね」


ネガクライ「ふっ、お前たちはここで
朽ち果てるんだ」
イセコッツ「滅びちまえ!」
パプキーナ「キャハハハハッ!」

なのは「ここまでなの」

『絶望を希望に変える』

ネクロム「?、誰?」

ネガクライ「装置が変だ何が起こっている」
コクレイ「わっわかりません!
突然おかしくなってしまいました!」
ネガクライ「なにぃ?!」

『さあ、ショータイムだ!』

『変身!』
『フレイムプリーズ
ヒーヒーヒーヒーヒー!』
ウィザード「俺が最後の希望だ」

BRS「え?」
ぐま子「えええ!!!」

ネクロム「どうなってるの?」
ブレイブ「わかりませんが、
どうやらこちら側に運が向いたようですね」
ディケィド・M「あの装置は
『絶望』で敵を生み出していた
もしかしたらぼくたちの強い思いが
あの装置のプログラムを変え
今度は『希望』でみんなの憧れていた
仮面ライダーを生み出しているんだ」

『戦わなければ生き残れない』
『変身!』
龍騎「みんなを守るためにライダーになったんだ
ライダーだって守ったっていい!」

『俺たちは / 僕たちは、二人で一人の仮面ライダーさ』
『変身!』
『サイクロン・ジョーカー!』
ダブル「さぁ、お前の罪を数えろ!」

『運命の切札をつかみ取れ!』
『変身!』
『ターン・アップ』
ブレイド「俺は運命と戦うそして
勝ってみせる!」

『青春スイッチオン』
『3・2・1』
『変身!』
フォーゼ「宇宙キターーー!!!」

『時を超えて 俺、参上!』
『変身!』
『ソードフォーム』
電王「俺!、参上!」

『ライダー戦国時代』
『変身!』
『オレンジアームズ花道オンステージ!』
鎧武「ここからが俺たちのステージだ!」

『目覚めろ、その魂!』
『変身!』
アギト「俺は戦う!人間のために!アギトのために!」

『この男、刑事で仮面ライダー!!』
『変身!』
『ドライブターイプスピード!』
ドライブ「ひとっ走り付き合えよ!」

『ぼくたちには、ヒーローがいる』
『変身!』
響鬼「待たせたな!」

『俺が変身する!!!』
『変身!』
『タカ・トラ・バッタ
タ・ト・バタトバタ・ト・バ』
オーズ「手が届くのに手を伸ばさなかったら、死ぬほど後悔する。それがいやだから手を伸ばすんだ!」

『天の道を往き、総てを司る!』
『変身!』
『Change Beetle』
「おばあちゃんが言っていた。
俺は世界の中心。
ならば世界は俺が救ってやる。」

『命、燃やすぜ!』
『変身!』
『開眼!オレ!レッツゴー覚悟
ゴゴゴゴースト』
ゴースト「命……燃やすぜ!」

『覚醒(ウェイクアップ)! 運命(さだめ)の鎖を解き放て!!』
『変身!』
『ガブリ!』
キバ「いくよ!、キバット!」

『2つのボトルでベストマッチ!』
『変身!』
『鋼のムーンサルト・ラビットタンク!
イェーイ』
ビルド「勝利の法則は決まった!」

『疾走する本能』
『STANDING BY』
『変身!』
『COMPLETE』
ファイズ「俺には夢はない。だが
夢を守ることは出来る」

『ノーコンティニューで運命を変えろ!!』
『変身!』
『レベルアップ!マイティジャンプ!
マイティキック!
マイティマイティアクションX』
エグゼイド「ノーコンティニューで
クリアしてやるぜ!」

『全てを破壊し、全てを繋げ!』
『変身!』
『カメンライドディケィド』
ディケィド「通りすがりの仮面ライダーだ
……覚えておけ!」

『俺は仮面ライダーの王となる!』
『変身!』
『ライダータイム・カメンライダージオウ』
ジオウ「なんか行ける気がする!」

『A New Hero. A New Legend.
(新しい英雄、新しい伝説。)』
『変身!』
クルッ(マサト達の方に振り向く
クウガ「大丈夫!」
(グッド

ディケィド・M「平成オールライダー
集合ですね」
桜「でもどうしてです?、仮面ライダーは
現実に存在しないはず」

オーズ「だって悪に苦しめられている
人がいたら助けるそれが仮面ライダー
でしょ?」
龍騎「それに俺達はこうやって現実にいる」
鎧武「みんなを苦しめる奴等は
ゆるせねぇからな」
フォーゼ「ダチの危機は見逃せねぇしな」

BGS「すごいな」
フェイト「奇跡…だね」
なのは「うん!」
デッドマスター「ますますやる気が
出るわね」
BRS「……ええ!」

電王「さっ、行こうぜ!
全員ぶっ飛ばしてやるぜ!」
ダークキバ「テレビ見てでも思ったけど
テンションすごいな」
電王「へっ!、俺は最初から
クライマックスなんだよ!」


ビステリー「なんて事」
ネガクライ「くっ、お前たちやれぇ!」


ディケィド・M「これが最後の戦いです
……いくぞ!」
皆「「「おお!!!」」」
ダッ!


カブト「ハァ!」
ドゴ!
骸骨「!」
シューン
ゼロノス「オラァ!」
ザァン!
サイクロプス「!!」
シューン
ネクロム「ハァ!」
ド!
骸骨「!?」
ヨロッ
アギト「ハァア!」
ド!
骸骨「!!!」
シューン

ビステリー「ひっ!」
ゴースト「行くよ」
ネクロム「うん!」
霊夢「ええ」
『ダイカイガンオレ!
オメガドライブ!』
『デストロイ!ダイテンガン
ネクロムオメガウルオード!』
シュタッ!
二人「「ハァァアアアッ!!!」」
ドォゴォッ!!!
霊夢「スペルカード発動
夢想……天生
ハァ!」
ドォォンッ!!!
ビステリー「ギャァァア!!!」

ダークキバ「オラァ!」
ビステリー「ギャア!」
ディケィド・M「ハァア!」
ザァン!
ビステリー「かは」
ヨロッ
バリゾガーン「なっバカな」

ジオウ「今がチャンスだ!」
クウガ「一気に決める!」

イセコッツ「くっ」

『アブゾーブクイーン
エヴォリーションキング』
『辿る歴史目覚める騎士
タドルレガシー』

ブレイブ・T「いきますよ」
『キメワザ!』
ブレイド・K「ああ」
『スペードテン・ジャック・クイーン
キング・エース』
セイバー「いきます」
スッ

イセコッツ「ヒッ!」

ブレイブ・T「ハァァア!!!」
ブレイド・K「ウェェエエイ!」
『タドルクリティカルフィニッシュ!』
『ロイヤルストレートフラッシュ!』
セイバー「エクスカリバー!!!」
ザァァアン!!!
イセコッツ「ギャァァア!!!」

コクレイ「な」

ゼロノス・0「行くぞ」
電王・G「いいよー!」
『『フルチャージ』』
BRS「・・・」
スチャ!
キュィィイン

三人「「ハァァアッ!!!」」
ドォォォン!!!
コクレイ「ギャァァア!!!」

ネガクライ「ばっばかな」

ディケィド・M「決めますよ……
ラスト」
ジオウ「うん!」
『ジオウU!』
『ジオウ……
ライダータイム
仮面ライダー!ライダー!
ジオウ!ジオウ!ジオウU!』
ジオウU「よし」
ディケィド「・・・」
スッ
『クウガ・アギト・龍騎・ファイズ・
ブレイド・響鬼・カブト・電王・
キバ……
ファイナルカメンライドディケィド!』
ディケィド・C「フッ」
キバ・E「・・・」
ダークキバ「・・・」
スッ
クウガ・A「・・・」
スッ
ダッ!
シュタッ

『ライダーフィニッシュタイム』
『『ファイナルアタックライド』』
ディケィド・C「ハァァアッ!!!」
ディケィド・M「ハァァアッ!!!」
ジオウU「ハォァアッ!!!」
『トゥワイズタイムブレーク』
『『ディディディディケィド!』』
ドォゴッ!
ネガクライ「ぐ」
『ウェイクアップ2』
『ウェイクアップフィーバー』
二人「ハァァア!!!」
ドォゴッ!
ネガクライ「ぐっくっそ」
ヨロッ
クウガ・A「ハァァアアア!!!」
ドォゴ!
ネガクライ「ギャァァア!!!」
ドォォンッ!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マサト「・・・」

クウガ「君達がいれば
この世界は安心だね」
アギト「ああ」
ファイズ「そうだな」
ディケィド「ほら、行くぞ
…………おい」
マサト「?」
ディケィド「やるな、お前」
マサト「いえ、本物には勝てませんよ」
ディケィド「ふっ、気に入った
じゃあな」
スタッスタッスタッ
オーズ「また危なくなったら
駆けつけます!」
響鬼「がんばれよ」
ビルド「またな」
ジオウ「じゃ!」
ヒュゥン

マサト「ふぅ」

ネガクライ「・・・ふっ悪くないな
こういうのも」
コクレイ「ネガクライ様」

スタッスタッスタッ
マサト「?」
ネガクライ「気に入った」
ポン
マサト「わっ!」
ネガクライ「ふふふっ」

谷口「あいつよく気に入られるよな」
キョン「やれやれ」
国木田「だね」
古泉「ふふっ」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

キョン「で戻ってこれたってわけだが」
マサト「このフードやっぱりいいですね」
キョン「なんでお前はBRSの
上着、着てるんだ?」
マサト「え?……もらいました」
キョン「まじか」

Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。