二次創作小説(旧・映像)

ラブライブ!〜μ's等の前に現れた仮面ライダーの正体〜
日時: 2017/07/30 17:22
名前: スカル

〜〜高坂穂乃果の場合〜〜

練習後の帰り道
今日は、ことりちゃんも海未ちゃんも
用事で一人で帰っている時だった。

ファン「あ!μ'sの穂乃果ちゃんですよね」
穂乃果「えっああはいそうですけど」
ファン2「やっぱりな」
ファン3「おいそろそろ」
ファン「わかってるって」
穂乃果「?」
ファン2「な〜穂乃果ちゃん俺たちと遊ばない?
これから」
穂乃果「いやそれはちょっと」
ファン3「いいじゃんべつに」
ファン2「穂乃果ちゃんごあんな〜い」
穂乃果「あっあの」

と無理やり連れて行かれる寸前だった
一人のファンの人が、倒れた。

ファン2「かはっ」
ドサッ
ファン3「おいどうした?」
ファン「しっかりしろ!
・・・ん?」

そこには、オレンジ色の仮面ライダーが立っていましたって

穂乃果「仮面ライダー?!?!」
ファン3「コスプレかなんかだろくらえ!!!」

一人のファンの人が、そのにあった木の棒でなぐりつけようとした時

鎧武「ハァ!」
ザシュッ
ファン3「グァッ」

斬撃をくらい木の棒ごとファンの人は斬られました。

ファン「ひっ!」
鎧武「・・・最後はお前だ」
ファン「やっ許してください申し訳ありません!」
鎧武「ダメだな」
カシャッ
オレンジ・スカッシュ!
鎧武「ハァァアッ!!!」
ドゴォッ!!!
ファン「グオッア」
ドガシャッ!!!!

ファンの人は、ライダーキックをくらい
知らない人の家の塀をぶち抜いていきました。
その瞬間そのオレンジ色の仮面ライダーは、
私の方を向き歩みやって来ました。
私は、怖くなりそのまま家まで振り返らず
走って帰って来ました。
帰った後
お母さんと雪穂に話したんですが、全く信じてもらえませんでした。
でも、お父さんは、信じてくれて、そっと私を抱きしめてくれました。
心配してくれたんだと思います。
明日学校で、海未ちゃんやことりちゃん達にも、話してみようと思います。



Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: ラブライブ!〜μ's等の前に現れた仮面ライダーの正体〜 ( No.27 )
日時: 2018/11/01 00:24
名前: スカル

〜星空凛の誕生日にて〜

11月1日

凛「〜♪」
(プレゼントを両手に持っている
花陽「凛ちゃん少し持つよ?」
凛「大丈夫にゃ〜
それよりも凛の誕生日を
みんなが祝ってくれて嬉しいにゃ〜」
花陽「そうだね〜」

ドダンッ!!!

二人「え?」

ウヴァ「ぐっ」
ヨロッ

ニューオメガ「フゥ、フゥ」
スッ
ダッ!
ガギッ!!!
ウヴァ「うぐっ」
ググッ
ニューオメガ「ハァァアッ!!!」
ザァンッ!!
ウヴァ「グァアアッ!!!」
ドサッ

ニューオメガ「トドメダァッ!」
(グッ
『アマゾン・パニッシュ!』
ニューオメガ「ハァァアッ!!!」
ザァンッ!
ザァァアンッ!!!
ウヴァ「ギャァァアアアッ!!!」
ガシャァンッ!!!

ニューオメガ「・・・
フゥ〜」

凛「かっこいいにゃ〜」
キラキラッ
花陽「ぴゃ〜」

スタッスタッスタッ
ニューオメガ「・・・」
スッ
凛「にゃ?
(受け取り
わぁ〜全店舗のラーメン無料券にゃ〜!!」
花陽「よかったね凛ちゃん」

ニューオメガ「それじゃ」
タッタッタッ
シュタッ!
(窓から飛び降りる

二人「」
ポカーン

なんだかすごい誕生日だったにゃ

Re: ラブライブ!〜μ's等の前に現れた仮面ライダーの正体〜 ( No.28 )
日時: 2019/01/02 11:55
名前: スカル

〜マサトの正月〜

マサト「今日はお手伝いもなく暇です
と言って家にこもるのもどうかと思い
初詣に行くことにしたのですが」

「「「わいわい」」」

マサト「案の定混んでいた
まぁ予想はしていたけど」
スタッスタッスタッ

〜神田明神〜

マサト「こんな時は、巫女さんたちも大変なんでしょうね〜……ん?」
こころ「うっひぐっ…うう」
マサト「おや?」
スタッスタッスタッ
こころ「お姉様〜……どこに〜」
マサト「こころちゃんですよね?」
こころ「え?・・・マサト…さん?」
マサト「はい、マサトです」
こころ「うううっ、うわぁーん!」
ダキッ
マサト「おっと、よしよし」
ナデナデ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マサト「落ち着きましたか?」
こころ「はい、すみませんでした」
マサト「じゃあ、にこさんを探しましょう」
こころ「はい、ありがとうございます」
ペコッ

スタッスタッスタッ
マサト「?」
絵里「あら?マサトくんじゃない」
マサト「あけましておめでとうございます」
絵里「おめでとう」
亜里沙「おめでとうございます」
絵里「あら?こころちゃんも一緒?」
こころ「いえ、その」
マサト「ナンパしました」
こころ「え?!///」

二人「え」


絵里「なるほど迷子になったのでいっしょに
探してあげてるのね
偉いわねマサト」
亜里沙「ハラショー」

マサト「いえいえ」
こころ「はっはい」

スタッスタッスタッ
マサト「どこにいるんでしょうね」
こころ「お姉様〜」
絵里「ほんとどこにいるのかしら」
亜里沙「こんなに人が多いと大変です」

海未「おや?」
ことり「絵里ちゃんと亜里沙ちゃんと
マサトくんとこころちゃんだね」
穂乃果「にこちゃーん!
いたよ〜」
雪穂「よかった」
真姫「ほら、にこちゃんいたって
いつまでしょげてるのよ!」
にこ「ううっ、こころ〜」
ここあ「お姉ちゃん元気出して」
虎太郎「げんきだしてー」

こころ「お姉様〜!」
ダキッ
にこ「こころ〜!」
ギューッ

マサト「よかった」

凛「何があったのにゃ?」
花陽「さぁ、何があったんだろうね〜」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

希「はい、甘酒やん」
マサト「ありがとうございます」
ペコッ

マサト「ふぅ」
こころ「あ、マサトさん!」
マサト「おや、こころちゃん」
こころ「先程はすみませんでした
本当にご迷惑を」
マサト「いえいえ、当たり前の
ことをしたまでです
それよりも」
こころ「?」
マサト「こころちゃんも
あんな風になるんだな〜と思いましてね
ちょっと安心しました」
こころ「そうですか」
マサト「いつもあんなしっかりしてるんで
子供っぽさなんてもうないのかな〜と
思いましたしかし今日のを見たらね」
こころ「そんなにしっかりしてますかね」
マサト「してますよ
(ニコニコ
………?」

スペリオル「ハァァッ!」
ダッ!

こころ「ひっ」
マサト「やれやれ」
ピッピッピッ
『STANDING BY』
マサト「変身!」
『COMPLETE』
ファイズ「ハァッ!」
ザァンッ!
スペリオル「ガハァッ!
(ガッ
離せ」
ファイズ「いや、無理」
ドゴッ!
スペリオル「んぐっ」
ヨロッ
ファイズ「俺には、夢はないけど
夢を守ることはできる」
スッカチャッ
ファイズ「ハァッ!!!」
ザァンッ!
スペリオル「ぐっ」
ヨロッ
ガクッ

スッカチャッ
『REFORMATION
(ピッ
START UP』
ファイズ「ハァァアッ!!!」
ドッ!ドッ!ドッ!
スペリオル「はっ早い」
『THREE…TWO…ONE…
TIME OUT』

ファイズ「トドメ」
ピッ
『EXCEED CHARGE』
スペリオル「ヒッ!
(クルッ
(バシュッ
グオッ!」
ファイズ「ハァァアアアッ!!!!」
ドォゴォッ!
キュイン!
スペリオル「ギャァァアッ!!!」
ドォォンッ!!!

ピッ
ヒュウンッ
マサト「疲れた」
こころ「マサトさんありがとうございます」
ペコッ
マサト「当たり前のことをしたまでです」
こころ「あっあの!」
マサト「?」
こころ「そっその、私と!その」
マサト「・・・」
こころ「付き合ってください」
マサト「え」
こころ「わたしと付き合ってください!」
マサト「ぇええええ!!!!」

μ's「「「え?」」」
雪穂・亜里沙・ここあ「え?」
虎太郎「?」

マサト「・・・ぜひ」
こころ「!!!、やっヤタァーー!!!
やりました!お姉様!」

にこ「えっええ、そうね」

真姫「こころちゃん大胆ね」
絵里「すごいわね」

マサト「あわわ///、こころちゃん」
こころ「〜♪」
ギューッ

Re: ラブライブ!〜μ's等の前に現れた仮面ライダーの正体〜 ( No.29 )
日時: 2019/01/17 06:28
名前: スカル

〜小泉花陽の誕生日〜

1月17日

〜帰り道〜

花陽「今日は楽しかったね〜
みんなお祝いしてくれて」
凛「かよちんよかったにゃ〜」
真姫「でもおにぎり食べ過ぎね」
花陽「ゔっ…それは言わないで〜」

ザザッ
カッシスワーム「ギギギッ」


三人「「・・・え」」


カッシスワーム「ギィ!」
ダッ!


花陽「ピャァァァアッ!」

凛「かよちん!」

花陽「ダレカタスケテーー!!!」

真姫「くっ」

ドゴッ!
カッシスワーム「ゴフッ」
ドサ

『Hyper Clock Over』

スッ
カブトH「・・・」


花陽「あれって」
真姫「嘘」
凛「来てくれたにゃー!」


カッシスワーム「おっお前は」

カブトH「ハッ!」
ドッ!
カッシスワーム「カハ」
ヨロッ

スッ
カブトH「・・・」
『KABUTO・THBEE・DR AKE・SASWORD
POWER・All Zector Combine』

カッシスワーム「は?!」

スチャ
カブトH「マキシマムハイパーサイクロン」
『MAXIMUMHYPERCYCLONE』
グッ

ドォォン!

カッシスワーム「!!!……
ギャァァアアア!!!」
ドォォンッ!!!

カブトH「・・・ふっ」


花陽「ぴゃぁ〜」
凛「かよちん大丈夫かにゃ?!」
真姫「混乱してるみたいね」
カブトH「これを」
スッ
ドン
凛「にゃ?!」
真姫「何これ?」

ピキーン!
花陽「これは!、新潟県産コシヒカリ!」

クル
スタッスタッスタッスタッ
カブトH「誕生日……おめでと」
スッ
『Hyper Clock Up』
シュン

真姫「はや」

花陽「わぁ〜♪
早速家に帰ったら食べよう〜♪」
真姫「まだ食べるの?!」
凛「こんなかよちんも好きだにゃ〜」
真姫「ヴェェ」

Re: ラブライブ!〜μ's等の前に現れた仮面ライダーの正体〜 ( No.30 )
日時: 2019/01/20 10:18
名前: スカル

〜小泉花陽の誕生日〜

1月17日

〜帰り道〜

花陽「今日は楽しかったね〜
みんなお祝いしてくれて」
凛「かよちんよかったにゃ〜」
真姫「でもおにぎり食べ過ぎね」
花陽「ゔっ…それは言わないで〜」

ザザッ
カッシスワーム「ギギギッ」


三人「「・・・え」」


カッシスワーム「ギィ!」
ダッ!


花陽「ピャァァァアッ!」

凛「かよちん!」

花陽「ダレカタスケテーー!!!」

真姫「くっ」

ドゴッ!
カッシスワーム「ゴフッ」
ドサ

『Hyper Clock Over』

スッ
カブトH「・・・」


花陽「あれって」
真姫「嘘」
凛「来てくれたにゃー!」


カッシスワーム「おっお前は」

カブトH「ハッ!」
ドッ!
カッシスワーム「カハ」
ヨロッ

スッ
カブトH「・・・」
『KABUTO・THBEE・DR AKE・SASWORD
POWER・All Zector Combine』

カッシスワーム「は?!」

スチャ
カブトH「マキシマムハイパーサイクロン」
『MAXIMUMHYPERCYCLONE』
グッ

ドォォン!

カッシスワーム「!!!……
ギャァァアアア!!!」
ドォォンッ!!!

カブトH「・・・ふっ」


花陽「ぴゃぁ〜」
凛「かよちん大丈夫かにゃ?!」
真姫「混乱してるみたいね」
カブトH「これを」
スッ
ドン
凛「にゃ?!」
真姫「何これ?」

ピキーン!
花陽「これは!、新潟県産コシヒカリ!」

クル
スタッスタッスタッスタッ
カブトH「誕生日……おめでと」
スッ
『Hyper Clock Up』
シュン

真姫「はや」

花陽「わぁ〜♪
早速家に帰ったら食べよう〜♪」
真姫「まだ食べるの?!」
凛「こんなかよちんも好きだにゃ〜」
真姫「ヴェェ」


3日遅れになりました
すいません

Re: ラブライブ!〜μ's等の前に現れた仮面ライダーの正体〜 ( No.31 )
日時: 2019/03/16 00:02
名前: スカル

〜海未さんの誕生日〜

海未「どうして、
こんなことになったんでしたっけ?」
ことり「どっどどどうしよう
海未ちゃん」
海未「ことり落ち着いてください」

トリガー「さてどちらから撃つかな」

ことり「海未ちゃん!」
海未「ことりは、私が守ります!」

トリガー「ふっ」
スッ

ザシュ!
トリガー「ぐお、あ」

カリス「・・・」
スッ

海未「あれは?」
ことり「え?」

カリス「ハァ!!」
ドス!
トリガー「ゴフ」
ヨロッ

カリス「・・・」
スッ
『エヴォリーション』
カリス・W「・・・」
カチャカチャ
カチャン

トリガー「させるか」
スチャッ

カリス・W「・・・」
スッ
『WILD』
トリガー「ハッ!」
カリス・W「・・・」

バシュ!
ダァン!

・・・・・

トリガー「カハッ」
ドォォォン!!!!

カリス・W「・・・」
クルッ
スタッスタッスタッ
スッ
海未「え?」
カリス・W「誕生日」
海未「あ」
カリス・W「・・・・」
スタッスタッスタッスタッ


ことり「なっなんだったのかな?」
海未「さっさぁ?」
(袋の中身はほむまんでした)

Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。