二次創作小説(旧・映像)

逃走中18 〜Black Prison〜
日時: 2018/10/16 16:17
名前: 箪笥の角 ◆TDc3WpPYpc

舞台は『夜の大学キャンパス』。前回のラストで天神ハジメによって乗っ取られてしまった逃走中。彼が逃走中をかき乱す中、生存していた時渡ソラヤがサブコントローラーを見つけハジメに立ち向かう・・・

拘束されたゲームマスター達の運命は!?そして、120分間を逃げる30人の逃走者の運命は・・・


(逃走者)
絢瀬絵里
今井リサ
宇田川あこ
クッパ
クッパJr.
小泉花陽
高坂穂乃果
剛田武
西園寺琴歌
シアン
ジャスダーク
白金燐子
涼宮星花
園田海未
東條希
ドラえもん
西木野真姫
ノコノコ
野比のび太
氷川紗夜
星空凛
骨川スネ夫
マゼンタ
水本ゆかり
湊友希那
南ことり
源静香
矢澤にこ
勇騎
雄介

※五十音順


(見どころ)
▽漆黒の逃走劇・・・スタート!
▽μ’s、Roseliaメンバーがフルで参戦!
▽襲いかかる試練の連続・・・果たして?
▽ミューズポリス再び
▽クッパ親子激走

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21



Re: 逃走中18 〜Black Prison〜 ( No.101 )
日時: 2018/11/25 21:18
名前: 洋輝

洋輝です!

海未が確保され、残るは友希那ただ一人となりましたか・・・

最後の結末、楽しみにしてます!

では!

Re: 逃走中18 〜Black Prison〜 ( No.102 )
日時: 2018/11/26 23:31
名前: 箪笥の角 ◆TDc3WpPYpc

to 洋輝さん

お待たせしました!ついに完結です・・・!




残り01:00 1428000円(ゲーム終了まで 1分)

にこ「あと1分よ!」

ジャスダーク「頑張れ!!」




友希那「あと1分・・・」


ゲーム終了まで、1分を切った。














ハンター「・・・・・・・。」

ハンター「・・・・・・・。」



エリアには、5体のハンター。捕まればゲームオーバー。






友希那「どんな状況でも油断せず全力で行く。それが私・・・いや私たちよ!!」


30人で始まった120分間のゲームも、残り時間わずかで残り1人。








ハンター「・・・・・・・。」

ハンター「・・・・・・・。」




徐々に近づく、ゲーム終了時間。













残り00:30 1434000円(ゲーム終了まで 30秒)

友希那「!!」

ハンター「・・・・・・!!」





友希那が、ハンターに見つかった!






友希那「(タッタッタ!)」

ハンター「(ダッダッダ!!)」



建物の死角や影を利用し逃げる。









ゆうき「あと20秒です!」

希「もうちょいやでー!」





友希那「(負けない・・・!絶対に!!)」

ハンター「(ダッダッダ!!)」







紗夜「湊さん!」

あこ・燐子「「友希那さん!!」

リサ「友希那ーーーーーー!!」









牢獄『10!9!』





ハンター「・・・・・・・?」





友希那「8・・・7・・・」






牢獄『6!!5!!4!!』




ハンター「・・・・・・!!」

友希那「ッ!!」







牢獄『3!2!』




友希那「1・・・!!」

ハンター「(ダッダッダ!!)」


























牢獄・友希那『・・・0!!』

ハンター「・・・・・・・。」



湊友希那 逃走成功 賞金144万円獲得








友希那「終わったわね・・・」
















マゼンタ「お疲れ様。」

ドラえもん「おめでとう!!」

友希那「ええ。ありがとう。最後はヒヤっとしたけれど・・・」

リサ「うう・・・友希那ぁ・・・」

友希那「・・・どうしてリサが泣いてるのよ。」

のび太「換気回って、やつかな?」

絵里「それを言うなら感極まって、ってやつね。」

のび太「あれれ?」

牢獄『ハハハハハハ・・・』







友希那「144万円、獲ったわ!!」

牢獄『(パチパチパチパチ!!)』

_____________________________________________

一方・・・



ハジメ「あのアンドロイドは企画しただけの机上の空論。それが実際に制作されているだと・・・」


1体のアンドロイドについて、天神ハジメは錯乱していた。









ゲームマスター「本当にお前じゃないんだな?」

ハジメ「ああ。」

総帥「その企画書は、ちなみにどうしたんだ?」

ハジメ「確か部下に渡したっきりでその後中止になったとしか・・・まさか!!」




















部下『そのまさかですよ。』

全員『!!!!!』

ソラヤ「おい、アイツの横に立っているのって・・・」

ゲームマスター「どういうことだ・・・」
















ハジメ「フタバ・・・!」

Re: 逃走中18 〜Black Prison〜 ( No.103 )
日時: 2018/11/26 23:47
名前: 箪笥の角 ◆TDc3WpPYpc

部下「あのアンドロイド『天神フタバ製造計画』を指揮したのは私です。」

ハジメ「お、お前・・・」

部下「おや?私には『黒江ジョージ』という名前があるのですがね。」



天神ハジメのアンドロイド計画書をなんと部下の黒江ジョージが実行していた!!





ゲームマスター「それで、黒江ジョージ。お前の目的はなんだ。」

ジョージ「この高性能AIを搭載したアンドロイド『天神フタバ』を使うことまではお教えしましょう。ですがこの先は答えかねます・・・」

フタバ「・・・。」

ハジメ「・・・黒江。」

ジョージ「社長。あなたはもう用済みです。これからは、私の独断で私の計画を遂行させてもらいます。」

ゲンゾウ「・・・。」

フタバ「・・・マスター。そろそろ次のステップへ移行する時刻です。」

ジョージ「・・・そうか。分かった。では皆さんまた。」



シュン!!






ハジメ「待て!」

セイナ「通信が途切れたわ・・・」

ゲームマスター「この会社に目を付けたという事は、恐らく目的は逃走中。これはうかうかしていられないな。」

総帥「そうだな。・・・中森!」



中森『はい総帥。』

総帥「至急、アンドロイド『天神フタバ』について調べてくれ。」

中森『分かりました。』

ゲームマスター「時渡ファミリーは黒江ジョージの計画について探ってくれ。」

ソラヤ、ゲンゾウ、セイナ「了解!」















ハジメ「・・・ゲームマスター。いやカナタ!何か手伝えることは?」

全員「・・・!!!」

ゲームマスター「・・・フッ。中森と一緒に、アンドロイドの調査をして欲しい。上の階に中森がいるラボルームがあるからそこへ向かってくれ。」

ハジメ「分かった。情報が入り次第通信を入れる!!」










ゲームマスター「・・・逃走中には絶対手を出させん!」

ハジメ「黒江・・・どうやら地獄の如く熱いお灸をすえる必要がありそうだな。」




再び集ったかつての逃走中ゲームマスター。それぞれが使命のために戦いを始める・・・


fin.

Re: 逃走中18 〜Black Prison〜 ( No.104 )
日時: 2018/11/29 19:40
名前: HIRO
参照: BLT

始めまして!最近作者デビューをしました!HIROと申します。あなたの作品全て見させていただきましたがどれもバラエティーに凝っていてなおかつバランスが取れて
いるので素晴らしいです!さて本題に入りますが今回確保ペースが早かったので一瞬全滅するんじやないかとヒヤヒヤしました..。(^_^;) 見事1名逃げきったので嬉しいです。そしてドラマパートは新章突入ですね。今度は天神ハジメの部下黒江ジヨージとアンドロイド天神フタバが新たなる敵ですか...。ハジメは最初から部下に手の平で利用されていた感じでしたね..。今後どんな形で進んで行くのかハラハラします。それでは長文になりましたが今後も執筆頑張って下さい!よろしくお願いします!

バーイ
HIRO

Re: 逃走中18 〜Black Prison〜 ( No.105 )
日時: 2018/12/04 17:47
名前: 箪笥の角 ◆TDc3WpPYpc

to HIROさん

初めまして!コメントありがとうございます。
ドラマパートはオリジナルということで、内容がかなり不安定ではありますが、なんとか話を続けられそうです・・・

この後も話を盛り上げていく予定なので、応援の方よろしくお願いします!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。