二次創作小説(旧・映像)

艦隊これくしょん〜〜深海提督は子供で仮面ライダー?!〜〜
日時: 2017/08/08 19:50
名前: スカル

一に、この作品でのマサトくん
キャラ崩壊します。
ニに、オリジナルライダーが出る時があると思います。
及び、今作品で、出るライダーは、ダークライダー
がほとんどです。
三に、マサトくんのキャラ崩壊については、
暖かく見守ってあげてください。
以上、スカルからでした。

では、小説の方をお楽しみにしてくださいませ。

序章〜〜漆黒からの襲撃者〜〜

最近度々、聞くのが、謎の襲撃者である。
夜の度に現れて基地を襲撃者し、
水兵や、士官を惨殺するものがいるらしく
艦娘には、さほどの被害は確認されてはいない
確実に深海棲艦なのだが、ここまでする
連中などいるのだろうか?
そう思い私は、夜の海の
見回りをしているのだが・・・
なんかおかしい
前にいたはずのもう二隻の
連中の姿がない。
私は、急いで、二隻の捜索をしようとした時
一人が、何かを発見した。
士官「どうした?」
水兵「上官あれを」

そこには、
乗っていたのであろう
水兵達が、無惨にも、浮かんでいた。
・・・
敵は、近くにいる。
そう思った私は、すぐに引き返そうとした時だった。
突然船が、グラッと揺れたのだ。
まるで何かとぶつかった感覚だった見るとそこに
深海棲艦が、いた
やはりこいつらだったのかとそう思った時だった。
もう一人の影があった。

水兵「あれは人間ですか?」
士官「いや違うあれは」

そうあれは

士官「仮面・・ライダー?」

そうそこには、赤いライダーが立っていた。

セイヴァー「・・・」
士官「お前は、一体」
セイヴァー「お前達を死に誘いに来た者だ」

そういうなり、そいつは、私の隣にいた
水兵を斬りつけ
そして異変に気付いて出て来た
水兵を矢で撃ち抜いた。
早業だった。
そして気付いた時には私一人だった。

士官「たったのむ
こっ殺さないでくれ」
セイヴァー「無理だな」

刀で切り裂く音と
それと同時に出た悲鳴は、
静かな海に響き渡る。
その悲鳴を聞くものは、誰もいない。

Page:1 2 3 4 5



Re: 艦隊これくしょん〜〜深海提督は子供で仮面ライダー?!〜〜 ( No.18 )
日時: 2017/11/19 00:12
名前: いちごの魔女

スカルさんは本当に仮面ライダーが好きなんですね。
あ、平成ジェネレーションは見る予定ですか?

Re: 艦隊これくしょん〜〜深海提督は子供で仮面ライダー?!〜〜 ( No.19 )
日時: 2017/11/19 08:01
名前: スカル

いちごの魔女さん
ええ、見る予定ですよ。
せっかく、レジェンドライダーが参戦
するんですししかも一番驚かされたのは
あの福士蒼汰さんが、出ることと
なぜか復活しているアンク
どうやって復活したのか気になります。

Re: 艦隊これくしょん〜〜深海提督は子供で仮面ライダー?!〜〜 ( No.20 )
日時: 2017/11/23 07:27
名前: スカル

アナザーストーリー5
〜ひまな幼女と、ひまなな一航戦〜

〜中庭〜

ターニャ「ふわぁ〜あ、暇だな〜」
加賀「こんなところにいたんですか」
ターニャ「ん?、あ、加賀かい?
どうしたの?」
加賀「私も暇なので来たんです」
ターニャ「そう」
加賀「隣よろしいですか?」
ターニャ「どうぞ」
加賀「では、失礼します」
スッ

・・・・・・・・

加賀「時折思うことがあるのですが」
ターニャ「何かな?」
加賀「あなたが普通の人間じゃない
気がするんですよね」
ターニャ「どういうところが?」
加賀「死を恐れていないそして
あんな戦い方をする人間は
そこそこいませんしね
一人例外を除けば」
ターニャ「例外?」
加賀「ええ、前に深海棲艦を率いていた
マサトという人です」
ターニャ(マサト)「話は知っているよ
史上最悪な存在で、鎮守府を一度
壊滅させかけたとかでね」
加賀「ええ、それとなんとなく
似てるんですよね雰囲気が」
ターニャ「ほう〜」

スクッ
加賀「では、私はこれで」

ターニャ「ん?もういくの?」

加賀「ええ、あ、最後に一つ
よろしいですか?」

ターニャ「?」

加賀「あなたの正体必ず暴きます」

ターニャ「・・・フフッ
へぇ〜頑張ってね」

加賀「では」
スタッスタッスタッ

Re: 艦隊これくしょん〜〜深海提督は子供で仮面ライダー?!〜〜 ( No.21 )
日時: 2017/11/24 12:41
名前: スカル

アナザーストーリー6
〜ターニャの正体そして鎮守府の出来た
理由〜

〜資料室〜

加賀「・・・」
ペラッペラッ

提督「ん?、調べ物か?」

加賀「ええ、少し」

提督「何調べてるんだ?」

加賀「いろいろと」

提督「・・・あ、これって
数年も前の研究のやつだろ?」

加賀「知ってるんですか?
意外です」

提督「それをいうなよ、
これって鎮守府が出来るキッカケの
研究だったらしいけどな」

加賀「そうなんですか・・・?」

提督「どうかしたのか?」

加賀「この人、あのマサトと
そっくりじゃないですか?」
スッ

提督「え?・・・ほんとだ
似てるな」

ターニャ「ほんとだね〜」

二人「うわっ!」

ターニャ「ん?、なに?」

加賀「いえ、なっなんでも」

ターニャ「そう?
それにしても懐かしい写真だね〜」

提督「え」

ターニャ「フフッ」

加賀「え、まさか本当に」

ターニャ「やれやれ気づくのが遅いな〜
君達は」

提督「馬鹿なお前は、あの時!」

ターニャ「もちろん死んだよ
自分の頭を撃ってねでもね〜
ぼくは死ねないんだよ」

加賀「何ですって!」

ターニャ「・・・まぁこんな体に
なりそして、この鎮守府と言うのが
できた理由はその研究にあるのには
変わりはないけど伝わってる内容は
違うな」

提督「え」

ターニャ「そうあれは」
スタッスタッスタッ
ヒュゥンッ

マサト「6年前だったね」

・・・・・・6年前

マサト「・・・」
カキカキッ(メモを取ってる

ゼロ「・・・」

マサト「・・・」

ゼロ「あの」

マサト「はい?」
カキカキッ

ゼロ「私はいつまでここにいれば」

マサト「もうしばらくですかね」

ゼロ「そうですか」

マサト「ええ」

マサト『あの時のぼくは、なにも知らずに彼女の相手をしていた』
加賀『彼女?』
マサト『君たち艦娘そして深海棲艦の
元となった存在だよ』
加賀「私達の元になった
親と呼ぶべきなのかしら?」
マサト『そうなるね、彼女の体細胞で
君達は、造られたんだからね』

マサト「ん?、こんなところに
注射の跡なんてありましたっけ?」
ゼロ「えっええ、なんか
検査とかで」
マサト「そうですかでは、ぼくは
失礼します」
ペコッ

ゼロ「はい、また」

スタッスタッスタッ
バタンッ

マサト「・・・なんの検査なのだろうか」
スタッスタッスタッ

マサト『最初は、こんな疑問しか
生まれなかった』
提督『まぁそうなぁ』
マサト『だがある会話を聞いた時
その疑問は確信になりました』
提督『え』

元帥「彼女は、実に使える
兵器開発にそして」
所長「ええ、不老不死の研究にも」
元帥「ああ」

ドア越し
マサト「・・・え」

加賀『彼女は、ただの実験体
だったのね』
マサト『自らの不老不死のためにね
まだ結局叶えられずに死んだけどね』
提督『お前がやったんだけどな』
マサト『まぁそれからは
なんか自分が、やってるのは
なんのためにやってるのか
わからなくなりましたね』

マサト「・・・」

ゼロ「?、大丈夫ですか?」

マサト「え?ああすみません少し
考え事してました」

ゼロ「そうでしたか」

マサト「はい」

マサト『それから数日後彼女は
それを知ってしまい暴走しました』
加賀『暴走?!』

ウーッウーッ(警報音

ゼロ「・・・」

所長「か・・は」
ドサッ

マサト「?!・・・ゼロさん!」

ゼロ「アナタモワタシノ事ヲ」

マサト「ちっちがいます」

ゼロ「・・・ソウデスカナラ」
ヒュッビシャッ(血液をかける

マサト「ぎゃっ!」
ドサッ

マサト『気がついたらいませんでしたね』
加賀『その後は?』
マサト『僕は研究所を責任を全て
押し付けられる辞めさせられました』
加賀『悲惨な運命ね』
マサト『そしてこれに関しては
前の元帥が、関わっていた
だからその証拠を隠滅するために
鎮守府が誕生した
ゼロを破壊するために』
提督『と言うことはつまり』
マサト『君達はただ前の元帥の、
いい犬だったんですよ』
提督『そう言うことか』

〜夜の浜辺〜

マサト「・・・
これからどうしようかな〜
・・・ん?」

?「ジーッ」

マサト「なっなにかな?」

?「名前ハ?」

マサト「え?、マサトですけど」

?「見ツケタ連レテイク」

マサト「はい?、え?!」

ガッ

マサト『ぼくはそのまま連れて
いかれましたそしてたどり着いた先で
ぼくは驚くべきものを見ました』
加賀『驚くべきもの?』

マサト「ゼロ?
ゼロさん!」

ゼロ「アァ、ヨカッタキテクレテ」

マサト「この子は?」

ゼロ「コノ子ハ、ヲ級トイウノ
マダマダイルワヨ」

マサト「で、その〜ぼくを呼んだ理由は」
ゼロ「アナタニコノコタチノ
指揮ヲヤッテモライタイノ」
マサト「え」

マサト『それからぼくは
深海棲艦達を指揮するようになったんです』
提督『なるほどな』
加賀『で、その血液をかけられた
お陰で不老不死なわけね』
マサト『ええその通りです』

・・・・・・・現在

マサト「そして彼女は今も
生きている、深海の底で
そして君達人類に対する報復
の時を待っている」

提督「なんだと?!」

マサト「今も自己進化を遂げている
いつでも報復することができる
今の彼女にあるのは人類に対する
怨念が渦巻いている、もはや
止めることはできない」

加賀「そんな」

マサト「彼女は、もう
来ている近くまで」

提督「何!だがソナー等にはなにも」

マサト「彼女は、ソナーには映らない
彼女は、艦娘そして深海棲艦であり、
そしてまた別な生命体なのだよ
そうまさに『神』に等しい存在だ
機械でもなければ、生物でもない、
その中間にいる」

提督「『神』か対処法は」

マサト「ないねそんなものは
あるわけがない『神』に対する
対処法など・・・?」

提督「どうした」

マサト「呼んでいる彼女がぼくを
・・フフフッ
じゃあせいぜい足掻いてくださいね
では」
シュタッ

提督「な!」
加賀「まずいことになったわね」
提督「非常にまずい」

Re: 艦隊これくしょん〜〜深海提督は子供で仮面ライダー?!〜〜 ( No.22 )
日時: 2017/11/24 23:25
名前: スカル

アナザーストーリー7
〜神に挑む艦娘と深海棲艦〜

それから四日後

マサト「・・・」

ゼロ「時間だ」

マサト「はい」

ウーーーーーーッ(警報音

提督「来たぞーーっ!!!」

金剛「みんな行くデース!」
電「はい!」
加賀「ええ」
天龍「神だろうがなんだろうが
潰してやる!」
戦艦「フフフッシズメテアゲルワ」
レ級「テッテイテキニヤッテヤル!」
ヲ級「ヲ!」

〜目的の海域〜

加賀「あれね」
電「怖いのです」

ゼロ「ソウダモットオソレロ
ソシテ滅ビロ!」

金剛「絶対負けないデス!」
戦艦「ソウネ」

ゼロ「フッ」
キュィィィンッ

電「避けるのです!」

ビュゥゥゥンッ!!!

ドドドドドッ

天龍「嘘だろ」
龍田「海が割れたわ」
レ級「カテンノカヨ!」

ゼロ「クッフフフッ
アハハハハッ」

スターク「・・・」

電「え!」

加賀「マサト!」

戦艦「ウソ?!
アノトキシンダンジャ」

スターク「・・・悪いけど
死なないんでね」

ゼロ「サテコンドハ本気デアテル」
スッ
キュィィィンッ

電「まっまずいのです!」

スターク「・・・(そう死なないの
だから)」
スッ(ライフル状態の
トランスチームガンを向ける

天龍「?!」
レ級「マサトナニスルンダ!」

クルッ
ゼロ「?!」

ダァンッ!

ゼロ「グアッァア!」
ジュゥッ(顔が溶ける

スターク「・・・確かに神は殺さないし
破壊もできないならば傷はつけられる
だからこそせいぜい足掻くのさ」

加賀「せいぜい足掻く・・・
そういう事」

ゼロ「キッキサマ」

スターク「今の君を、
世に出すわけにはいかない
だから」

ゼロ「クッ」

スターク「封印させてもらいます!」

ゼロ「コノォォッ!!!」

キュィンッ

スターク「ハッ」
ドゴッ!

ゼロ「クッ、ダガマダ」

金剛「ハァッ!」
ボォンッ!

ドォォンッ!

ゼロ「グアッ!、クッ!」
スッ
キュィンッ!

ドッ!

スターク「グアッ!」

シュウンッ

マサト「くっ」
ヨロッ

北方「ポッ!」
ガッ

マサト「ありがと北方、霧島さん
まだですかね」

電「え?」

霧島「おまたせ!
それっ!」
ヒュッ

パシッ
マサト「ありがとうございます」

電「それは!」

マサト「ぼくにも神の血が流れている
それを利用させてもらっただけです」
カチッ
『ゴッドマキシマムマイティ
アクションX!』

マサト「変・・・身!」

『マキシマムガシャット!
ガッチャーンッ!
不ーー滅ーーー!!!
最上級の神の才能
クロトダーン!
クロトダーン!
カチッ)
ゴッドマキシマーーームX!!!』

ゲンム・G「目には目、歯には、歯、
神には神だ!!!」

ゼロ「フッハァァッ!!!」

ガッ!
ググッ

ゲンム・G「デャァァッ!」

加賀「援護する」

バシュッ!

ヲ級「ヲ!」

ヒュッ!

ドドドドドッ!!!

ゼロ「グッ」

ゲンム・G「ハァッ!」

ドゴッ!

ゼロ「ングッ!」

電「くらうのです!」
ボォンッ!ボォンッ!

駆逐「シズメ!」
ボォンッ!ボォンッ!

ドォンッ!

ゼロ「コレシキノ攻撃!」

金剛「まだまだいきマース!」
ボォォンッ!

戦艦「フックライナサイ」
ボォォンッ!

ドォォォンッ!!!

ゼロ「ギャァァッ!、
クックソコンナトコロデ
コンナトコロデ沈ムワケニハ」

天龍「デャァァッ!」
ザシュッ!

龍田「ハァァッ!」
ザシュッ!

ゼロ「ギャァアッ!」

ゲンム・G「トドメだ!」

『ガッチャーンッ!
ガッチャーンッ!!
ゴッドマキシマムクリティカル
ブラッシング!
・・・神の一撃!』

ゲンム・G「ハァァッ!」
ドォゴッ!

ゼロ「カ・・ハ」
ズズズッ(海に沈んで行く

ゼロ「ヒッ一人デハ、イカナイ
オマエモツレテイク!」
ガシッ

ゲンム・G「お断りです!」
ヒュッ!(本体だけ飛び出る

ゼロ「ナッ!」

ゲンム・G「一人で沈んでいけぇ!!!」

ズズズズズズッ

ヒュゥンッ

スタッ

マサト「ふぅっ」

電「かっ勝ったのです!」
天龍「よっしゃぁぁっ!」
龍田「ふふっやったわね」

戦艦「フゥッ」
北方「ヤッタ!」
港湾「エエ、ソウネ」
ナデナデッ

〜江ノ島基地〜

提督「まっ無事勝って良かったな〜」
愛宕「そうですね〜」

マサト「・・・」
(窓際で海を眺めている

電「あの」

マサト「ん?」

電「その、本日はありがとうございました!」
ペコッ

マサト「礼を言われる事はしていません
自分が、正しいと思ったことをしただけ
ですから」

電「それでもいっしょに戦ってくれましたこれからもお願いします!」
ペコッ

マサト「・・・ふふっ
わかりましたよ、また明日から
ビシバシいきますからね」
電「はい!」

戦艦「マサトノビシバシハ、
トンデモナイカラキヲツケナサイ」
レ級「トテツモナクツライゼ〜」

電「はっはい!」

こうして戦いは、終わりました。
しかしまたゼロが、復活してくるか
わかりません
とりあえずぼくたちは、今いっときの
平和を楽しみたいと思います。





Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。