二次創作小説(旧・映像)

ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜
日時: 2017/12/06 21:13
名前: スカル

※マサト時折暴走します。
(ジョーカー化等)

序章

〜教室〜

マサト「・・・」
善子「まさかここまで
早く戻って来るとはね」
マサト「ええ本当にそうですね」
ルビィ「でも、ルビィは、嬉しいな〜」
マサト「ありがとうこざいます」

ヤキモチ「誰あれ?」
レイケツ「さぁ?」
ワルグチ「彼女?」

花丸「マサトくん
この子達はなんずら?」
マサト「え、ああえーと」

ウソツキ「娘!」

三人「え」

マサト「こら!嘘つくん
じゃありません」

ウソツキ「てへ☆」

ルビィ「じゃあ、この子達は」
マサト「ええ、使い魔といったほうが
いいでしょうね」
善子「何ですって!
このヨハネを差し置いて、使い魔が
いるなんて!」
マサト「えぇ〜」
花丸「まぁ善子ちゃんは、気にしないで
ほしいずら」
善子「何ですって!」
マサト「はい」
善子「納得してるんじゃないわよ!」
ルビィ「あはは」
花丸「また面白くなって来たずら〜」

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.28 )
日時: 2019/04/01 20:52
名前: スカル

〜マサトの調査・2〜

〜さばくちほー〜

マサト「暑い、暑すぎる
うううっ」
ドサッ

スナネコ「?」

〜スナネコの家〜

マサト「あっありがとうございます」
スナネコ「はい」
マサト「?」
ツチノコ「飽きてんじゃねぇよ、
お前は」
マサト「?!」
スナネコ「あ、ツチノコ」
マサト「ツチノコォ!?」

〜こはんちほー付近〜

マサト「ありがとうございます
わざわざ案内までしてらって」
ツチノコ「いや、別に」
スナネコ「また遊びましょ?」
マサト「はい、では!
(タッタッタッタッタッタッ、クルッ
本当にありがとうございました!」
ペコッ
タッタッタッタッタッタッ

ツチノコ「律儀な奴だな」
スナネコ「?」

〜こはんちほー〜

プレーリー「〜〜〜!
プハッ!」
マサト「」
ビーバー「気絶してるっす!!!」
プレーリー「たっ大変であります!」

〜へいげんちほー〜

ガギィ!
アギト・T「ぐっ」
ヘラジカ「なかなかやるな!」

ライオン「あ〜あ、また始まった」
ヤマアラシ「あわわわ」
オーロックス「やべぇーよ、ヘラジカ
やべぇーよ」



〜あとがき〜

スカル「どうもスカルです
桜の季節になってまいりましたね
皆様は、お花見行かれますか?
ぼくは………いかないでしょうね」

博士「何独り言を言ってるのですか?
さっさと料理を作るのです」
助手「はらぺこなのです
早くするのです」

スカル「はい、ただいま
……ってなんでぼくがこんな目に
さて次回はとしょかんからマサト君の
冒険はスタートします
のでお楽しみに」
ヘラジカ「お?、強そうな気配してるな〜
わたしと勝負してみないか?」
(たまたまとしょかんまで来た
スカル「え?」

そう言えば新元号『令和』になりましたね
少し違和感がありますが
そのうち慣れるでしょう。
来月で平成も終わりなんか寂しくなります。

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.29 )
日時: 2019/04/04 21:36
名前: スカル

〜マサトの調査・3〜

〜としょかん〜

マサト「まさかここまで料理を作らされるとは」

コノハ「早く作るのです」
ミミちゃん「待ちきれないのです」

〜ライブ会場〜

マサト「はぁはぁ、
まだまだ行きますかね!」
イワビー「いいぜぇ!
いくぜぇぇええ!!!」
ダッ!

プリンセス「何やってるのあの二人」
コウテイ「さぁ、なんだろうな?」
ジェーン「なんか、すごいですね」
フルル「もぐもぐ…?」
マーゲイ「あんなに盛り上がってる
イワビーさんも最高ですぅぅうう!!!」

〜ゆきやまちほー〜

マサト「あったまる〜」

キタキツネ「なんであっちの暖簾の方に
行ったの?」
ギンギツネ「なんでかしらね?」
カピバラ「あったまるよよよ」

〜ろっじ〜

マサト「おもしろいですね、オオカミさん」
オオカミ「いや〜ありがたいね
君と同じような子もそんなこと
言っていたよ」
マサト「え?」
アミメキリン「あなた、ヤギね!」
マサト「全然違います」
アリツカゲラ「あはは…」

〜あとがき〜

スカル「えー高いんだけど
それになんか騒がしい……?」

ゴゴゴゴゴゴゴ(サンドスターロウが
漏れ出している

スカル「やば……怖、逃げよ(汗
(タッタッタッ!
次回は〜せるりあん〜
で会いましょ!」

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.30 )
日時: 2019/04/11 21:31
名前: スカル

マサトの調査・4
〜火山付近の森〜

かばん「…お元気で」

ドォン!

ヒグマ「かばん!」

かばん「んん、は!」

『スピードタイム!
リバイ・リバイ・リバイ
リバイ・リバイ・リバイ
リバイブ・疾風』
ゲイツリバイブ・疾風「ふぅ、
危なかったです」
『疾風!』
かばん「あなたは?」
ゲイツリバイブ・S「ただの
仮面ライダーです
『スピードクロー』
ハァァアッ!!!」

博士「我々も行くのです」
助手「さっさと野生解放するのです」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゲイツリバイブ・剛烈「ハァァアッ!!!」
『ジカンジャック・剛烈スーパーのこ切断』
ヒグマ「デャァァアア!!!」
ドォゴォォオ!!!

ゴゴゴゴゴゴゴ
ドォォォン

カバ「やったみたいですわね」
アリツカゲラ「やりました!」

(変身解除
マサト「・・・」

かばん「ありがとうございます」

マサト「………ゴフッ、!」
(血を噴き出す

一同「「「!?」」」

ミライ「やっやっと着きまry
マサトさん!?」

かばん「え?、ミライさん?」
ミライ「え?、はいそうですけどっ
てそれどころじゃありません!」

ドサッ
マサト「ゴフッ……カハッ!」
(さらに血を吐き出す
ミライ「しっかり、
しっかりしてください!」
カコ「一体どうしたんだ?……ん?
『リバイブウォッチ』
まさか、これを使ったのか?!」
マサト「えっええ、まさかここまで
ダメージが来るとは予想外でしたけど」
ガクッ
パラメディック「まずい輸血しないと
死ぬぞ!」
ミライ「だれか適合する人は
いないんですか!!」
カコ「無理だ!、マサトの
血液型と適合する隊員はいない」
ミライ「・・・フレンズの皆さん!
お願いします!マサトさんの為に
輸血の協力をお願いします!」

博士「わかったのです」
助手「この島を救おうとした
一人のヒトとして助けてやるのです」
かばん「ぼくも協力します!」
サーバル「わたしも!」
「あたしも!」「ぼくも!」
「おれっちも!」「わたくしも!」
博士「まず我々からなのです」
助手「長として」
博士「助手から先でいいのです」
助手「わかりました博士」
スッ
『・・・・一致しました』
一同「「「?!」」」
助手「・・・・は!」
ミライ「ミミズクさん!
お願いします!」
助手「はっ…はい!」
タッタッタッ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マサト「・・・・
oh、なんかすごい」

ガチャ
ミライ「マサトさん大丈夫でしたか?
って、ふっフレンズ化してる!?!?」
カコ「どうかしたのか?……な!?」

そう、マサトは、これにより
フレンズ化(ワシミミズク)
になりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜浦の星への帰還〜

マサト「おやおや、なんか騒がしい
ようですね」
ダッ!
スッ
マサト「変身!」

それでも変わりなく
マサトは今日も戦う。

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.31 )
日時: 2019/04/17 21:35
名前: スカル

〜渡辺曜さんの誕生日〜
4月17日

曜「おはヨーソロー!」
千歌「おはよう曜ちゃん」
梨子「おはよう」
ダイヤ「今日の練習は、少し厳しく
いきますわよ!」


マサト「暑い………海にでも入りたい気分
あっちの日陰にでも行きますか」
フワフワ〜(飛んでる

善子「なんか羨ましい」
花丸「なんか飛んでると涼しいそうずら〜」
果南「あたしは海に入ってる方が
いいかな?」
ルビィ「ルビィは、泳げないから
日陰にいた方がいいかな〜」
鞠莉「飛ぶのもいいわね!」

ダイヤ「ほら!、早く練習しますわよ!
マサトさんも!」

マサト「?!、ぼくも???
なんでですか!」
果南「まぁ、トレーニングの一環だと
思えば」
マサト「思えませんよ!」

〜時は過ぎ〜

マサト「ふぅ」

曜「汗かいてないよマサトくん」
千歌「嘘?!」
梨子「マサトあんな程度じゃ
へばらないわよ」
花丸「すっすごいずら」

マサト「?」
クルッ(180度回転させて中庭の方を見る

善子「うっ、あれにはなれないわね」
鞠莉「oh、まぁそうね」
果南「そう?、あたしはなれたけど」
ルビィ「ルビィもなれました」
ダイヤ「そうですわね」
二人「え〜」

マサト「よっと」
フワッ
スーーーーッ

9人「?」

〜中庭〜

スタッグ「デャァァア!
(ガギィ!
?!」
むつ「ひっ……?」
マサト「やらせないよ………
変身」

アギトF「ハァ!」
ザァン!(フレイムセイバーで斬りつける
スタッグ「ぐっ」
アギトF/S「ハァァアッ!!!」
ザァン!ザァン!
スタッグ「ゴフッ」
ヨロッ
アギトF/S「トドメ!」
スッ……ス
ダッ!
スタッグ「ヒッ!」
アギトF/S「ハァァアッ!!!」
ドォゴ!
スタッグ「ギャァァア!!!!」
ドォォン!!!

(変身解除
マサト「ふぅ」
スタッスタッスタッ

〜渡辺宅〜

マサト「あ、曜さん」
曜「あれ?、マサトくんどうしたの?」
(両手にはAqoursのみんなから
貰った誕生日プレゼントを持っている
マサト「ぼくからも誕生日プレゼント
があるのでお受け取りください」
曜「え?、マサトくんからも?」
マサト「はい!」
スッ(手軽なトレーニングマシーンを渡す
曜「あー!!!、これ欲しかった
やつだ!ありがとうマサトくん!」
マサト「いえいえ…では
また明日」
スタッスタッスタッスタッスタッ
曜「・・・・相変わらずクールだな〜」

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.32 )
日時: 2019/06/13 21:19
名前: スカル

〜小原鞠莉の誕生日〜
六月十三日

エボル「やれやれ、いやだねぇ」

サジタリウス「くっ」


鞠莉「Wow!なんか
騒がしいと思ったら」
果南「なんかやばいんじゃない?」
ダイヤ「なんでそんな冷静なんですの!」

バシュ!
スカッ
エボル「ハズレだ!
オラァ!」
ドォゴ!
サジタリウス「ゴフッ」
フラッ
エボル「ふぅ、さてと」
サジタリウス「ぐっ」
ヨロッヨロッ
『ready go!
エボルティックフィニッシュ!』
ドォゴォ!
サジタリウス「が…あ……あ」
ドォォオン!

エボル・鞠莉「チャ〜オ」

(変身解除
マサト「こちら、誕生日プレゼント
のコーヒーセットです」
鞠莉「Wow!マリーに?
thank youマサト〜♪」
マサト「いえいえ」

果南「さすがだね〜」
ダイヤ「そうですわね
ルビィが選んだ、だけありますわね」
果南「それ、関係ある?」

Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。