二次創作小説(旧・映像)

ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜
日時: 2017/12/06 21:13
名前: スカル

※マサト時折暴走します。
(ジョーカー化等)

序章

〜教室〜

マサト「・・・」
善子「まさかここまで
早く戻って来るとはね」
マサト「ええ本当にそうですね」
ルビィ「でも、ルビィは、嬉しいな〜」
マサト「ありがとうこざいます」

ヤキモチ「誰あれ?」
レイケツ「さぁ?」
ワルグチ「彼女?」

花丸「マサトくん
この子達はなんずら?」
マサト「え、ああえーと」

ウソツキ「娘!」

三人「え」

マサト「こら!嘘つくん
じゃありません」

ウソツキ「てへ☆」

ルビィ「じゃあ、この子達は」
マサト「ええ、使い魔といったほうが
いいでしょうね」
善子「何ですって!
このヨハネを差し置いて、使い魔が
いるなんて!」
マサト「えぇ〜」
花丸「まぁ善子ちゃんは、気にしないで
ほしいずら」
善子「何ですって!」
マサト「はい」
善子「納得してるんじゃないわよ!」
ルビィ「あはは」
花丸「また面白くなって来たずら〜」

Page:1 2 3 4 5 6



Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.22 )
日時: 2018/12/16 09:37
名前: スカル

アナザーストーリー9
〜謎の心霊現象〜

美希「で?」
藍「またまただよ!」
優「本当に飽きないな」
藍「えーと今回はね〜……
ここ!」
優「職員室?」
美希「なんかあったけ?」
藍「あるんだよ!、というわけで
早速行くよ!」
グイッ!
美希「ちょっ!」
優「ちょっ!」


〜職員室〜

美希「で?、なんなの」
藍「あれ」
スッ(指差し
優「え?」

(人形

優「あそこの席さ
マサト先生じゃない?」
藍「そっあれが、時々動くんだって」
美希「そんなバカな」
優「あるわけないじゃん」
藍「でも見た人が、たくさんいるんだよ」
美希「へぇ〜」
優「まぁ動くなら
見てもいいけど」
藍「よしっ!」

・・・・・・・・・・・

美希「動かないじゃない」
藍「そっそんなぁ〜」
優「帰りたいんだけど」

(ガラッ
マサト「?、何やってるんですか、
皆さん」

3人「「「あ」」」

〜少女's説明中〜

マサト「あ〜、なるほど〜
ふふふっ」
3人「?」
マサト「動きますよ」
藍「ほら〜やっぱり〜」
優「ほんとに?」
マサト「まっ、みてて」
スッ
『プリーズ』

上海人形「シャンハーイ!」

優「うおっ!」
藍「うっ動いた〜」
(キラキラッ
美希「どうなってるのそれ」
マサト「魔法の力で動く
人形なんですよ」
美希「へぇ〜」
藍「誰からもらったんですか?」
マサト「ん〜、話長くなるけど
いいですか?」
優「いいよ、暇だし」
藍「是非聞きたい!」
美希「お願いします」
マサト「・・・ぼくが、まだ
小学生の頃にね…」

・・・・・・・・・・

マサト『遠足に行った際、迷子になったんですよ』
美希『へぇ〜』

マサト「迷っちゃいました」
トテトテトテッ

藍『あまり変わってないですね先生』
マサト『うるさい…です』
優『なんでためたし』

マサト「?、あれなんだろ」
トテトテトテッ

マサト『進んでいくと一軒家が
ポツーンとあったんですよね』
藍『ほうほう』

マサト「すみません」
コンコンッ

コツコツコツッ
ガチャッ
アリス「?、なにかしら」
マサト「道に迷ってしまいまして」
アリス「迷う?まぁ、こんな子供なら迷うでしょうね、入りなさい今紅茶でも入れるわ」
マサト「ありがとうございます」
トテトテッ
バダンッ

マサト「・・・」
クルックルッ

アリス「?、何か珍しいものでもある?」
マサト「あの人形」
スッ
アリス「?」

上海人形「・・・」
フワフワッ

マサト「どうやって動いてるんですか?」
アリス「ん〜、魔法ね」
マサト「魔法?……へぇ〜
すごいですね」
キラキラッ
アリス「ほしい?」
マサト「はい、欲しいです!」
アリス「なら、一つあげるわ
ちょっと待ってなさい」
スタッスタッ

マサト「?」

〜数分後〜

アリス「はい、あげるわ」
マサト「わぁ〜、ありがとうございます」
アリス「ここの道まっすぐ行けば
森から出られるから」
マサト「わかりました」
アリス「気をつけて帰りなさいよ」
マサト「はい、ありがとうございます
また来ます!」

・・・・・・・・・・・

マサト「あの後もう一度行こうとしたら
ありませんでした」
藍「なにそれ!、すごすぎるんですけど」
美希「ほんと先生っていろんな意味で
すごいんだね〜」
マサト「まぁ、そうですね」
優「というより時間大丈夫?」
マサト「え?」

ガラッ!
ダイヤ「下校時間ですわ!
早く帰りなさい!」

四人「はーい」

動く人形は、よくテレビで見るけど
目の前で見たのは初めてで
少し信じるようになった。

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.23 )
日時: 2019/01/01 00:03
名前: スカル

〜ダイヤさんの誕生日〜
(まだ学生時代です)

一月一日

マサト「〜♪」
(クーラーボックスを担いでいる

ザクッザクッザクッ
(雪が降る時の足音

マサト「?」

スコーピオン「・・・」
スッ

マサト「はぁ〜あ」

曜「あ、マサトくん」
千歌「てっ!、怪人が」
果南「まじかなん!」

マサト「これ持っててくれません?」
スッ
千歌「うん!」
曜「了解ヨーソロー!」
マサト「いきますよ」
スッ
『ボトルキーン!』
『グリスブリザード!』
『Are you ready?』
果南「うん」
スッ
『ボトルバーン!』
『クローズマグマ!』
『Are you ready?』

二人「変身!」
『激凍心火!』
『グリスブリザード!』
『ガキガキガキガキーンッ!』
『極熱筋肉!』
『クローズマグマ!』
『アーチャチャチャチャチャ チャチャチャチャアチャー!』

グリスブリザード「祭りの時間だ!」
クローズマグマ「燃やし尽くしてやる!」

スコーピオン「くっ」

グリスブリザード「ドリャァァアッ!!」
ガッ
スコーピオン「?!、はっ離せ」
グリスブリザード「オラァァアッ!!!」
ドゴッ!(頭突きをかます
スコーピオン「グァアッ!」
グリスブリザード「オリャアッ!」
ブンッ!(果南さんの方に投げる
クローズマグマ「ウォッ!
ハァッ!」
『ボルケニックナックル!』
『アチャー!!!』
ドォゴッ!
スコーピオン「ゴフッ」
ヨロッ

グリスブリザード「トドメ」
クローズマグマ「行くよ!」

『Ready go!
ボルケニックフィニッシュ!』
クローズマグマ「ハァァァアッ!!!」
ドゴドゴドゴドゴッ!!!
『アーチャチャチャチャチャ チャチャチャチャアチャー!』
スコーピオン「ゴフッ」
ヨロッ
『シングルアイス!ツインアイス!
グレイシャルフィニッシュ!』
グリスブリザード「デャァァアッ!!!」
『バキバキバキバキ! バキーン!』
ドォゴッ!!!
スコーピオン「ギャァァアッ!!!」
ドォォオンッ!!!


マサト「ふぅ〜」

〜黒澤宅〜

ダイヤ「皆さん、こんな私のために
ありがとうございます」
(涙目
マサト「こちらは、僕からです」
スッ(クーラーボックスを差し出す
ダイヤ「なにが入ってますの?」
マサト「ハーゲンダッツの抹茶味です」
パカッ(敷き詰められたハーゲンダッツ
花丸「すごいずら〜」
ルビィ「わぁ〜」
千歌「これがみかんゼリー
だったら嬉しいな〜」
善子「ほえ〜」

曜「いくらかかったんだろ?」
梨子「そこは聞かない事にしましょ」
曜「そうだね」
(ボソッ



あけましておめでとうございます。
本年度もよろしくお願いします。

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.24 )
日時: 2019/01/13 10:06
名前: スカル

〜みんなが信じる希望〜

マサトが、とある場所に
出向中の際の事
(出向中の話は『マサト出向編』で書きます)

果南「はぁ〜あ」
鞠莉「カーナーンどうしたの?」
ダイヤ「朝から溜息なんて
何か悩み事ですか?」
果南「ん〜、いやさ
マサト今日から別なところに
行ったよね」
鞠莉「ええ、場所は言わなかったけど
wentしたね」
果南「そう、それでさ行き側に
『ぼくが戻るまで申し訳ございませんが
仮面ライダーとして戦って貰います。
ぼくの代わりが来るとは思うんですけど
来なかった場合よろしくお願いします』
って言われてね」
ダイヤ「それは大変ですわね」
鞠莉「ま〜果南
fight!ね!」
果南「うん、頑張るよ」
ダイヤ「応援してますわ」

〜昼休み〜

曜「果南ちゃん!
怪人だよ!」

果南「わかった」
ダッ!

ダイヤ「大丈夫でしょうか、果南さん」
鞠莉「Do not worry、心配いらないわよ
ダイヤ」


〜中庭〜

クローズ「デャァッ!!」
ドッ
マネー「ぐっ」
ヨロッ

クローズ「よし、トドメ」
『Ready go!
ドラゴニック!フィニッシュ!』
クローズ「ハァァッ!!!」
ドォゴッ!
マネー「ギャァァアッ!!!」
ドォォンッ!!!

クローズ「よし」


〜それから一週間後〜


クローズ「はぁ、はぁ」

ダイヤ「果南さん!」


アノマロカリス「おいおい、
どうしたんだよ?全然強くねぇーなぁ?」

クローズ「くっ」
フラッ

アノマロカリス「まだ立てるのかよまっ
トドメ刺してやるよ
(キュィィイン
ハッ!」

クローズ「(守らなきゃみんなを
私が守るんだ!)」
バッ

アノマロカリス「シネェェエ!!!」

『ガード・ベント』

ドォォンッ!!!
アノマロカリス「やったか?
…?!」

龍騎「ふぅ、なんとか間に合いましたね
大丈夫ですか、果南さん」
クローズ「マサト……たく
遅いよ」
龍騎「すいませんね、色々と……ね
さっ、いきますよ」
クローズ「うん」

アノマロカリス「たかが二人増え
『ストライク・ベント』
?!」
龍騎「オリャァッ!」
ドォン!
アノマロカリス「ゴフッ」
ヨロッ
『ヒッパレー・スマッシュヒット!』
クローズ「ハァッ!」
ザァン!!
アノマロカリス「かは」
ヨロッ

龍騎「トドメ行きますか」
スッ

クローズ「うん」
スッ

『ファイナル・ベント』
『Ready go!
ドラゴニックフィニッシュ!』


二人「「ハァァアッ!!!!」」
ドォゴォォオ!!!

アノマロカリス「ギャァァァアアア!!!」
ドォォン!!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マサト「お疲れ様でした果南さん」

果南「ううん、なかなかいい経験だったよ」
マサト「そうですか」
ルビィ「マサトくんおかえりなさい」
マサト「ただいま戻りました」
ダイヤ「一体どこに行ってましたの?」
マサト「話すと長くなりますが」
鞠莉「聞かせてほしいデース」
千歌「私たちも」
曜「聞きたい!」
梨子「私も聞きたいわね」
花丸「ワクワクするずら!」
善子「このヨハネも聞いてあげるわ」

マサト「皆さん……そうですね〜まず
何から話しましょうかね〜」

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.25 )
日時: 2019/02/10 08:32
名前: スカル

〜松浦果南の誕生日〜

二月十日

マサト「・・・」
(あるボトルを持っている

ルビィ「あ、マサトくん!」
マサト「?、あ!ルビィさん」
ルビィ「どうしたの?」
マサト「いえ、なんでも
それじゃあ行ってみますか」
ルビィ「うん!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マサト「で結局こうなるんですよね」

ナイトローグ「ふっ」

グレートクローズ「ちょっとマサト
なにかないの?流石にきついんだけど」
マサト「・・・仕方ありません、
とっておきですよ」
シュ

パシッ
Gクローズ「これ、使ってみるよ」
「『Are yo ready?
銀河無敵の筋肉野郎
クローズエボル』」
『パネーイ!』「マジパネーイ!」

クローズエボル「もう……
負ける気がしない!」

マサト「よし!」
鞠莉「oh、凄いわね」
千歌「果南ちゃん!」
曜「頑張って!」

クローズエボル「ハァ!」
ドゴッ!
ナイトローグ「ガハ」
ヨロッ
ナイトローグ「ぐ」
スチャ

マサト「させるか!」
『イェーイ』「イェイ」
『イェーイ』「イェイ」
『Are you ready?』
『「完全無欠のボトルヤロー
ビルドジーニアス!」』
『スゲーイ!』
「モノスゲーイ!」
ビルド・G「勝利の法則は……
決まった!」
クローズエボル「いくよ、マサト!」
ビルド・G「はい!」
ダッ!
二人「「デャァア!!!」」
ドゴォ!

ナイトローグ「ングッ」

ビルド・G「トドメェ!」
『ワンサイド!』
「逆サイド!」
『「オールサイド
ジーニアスフィニッシュ!」』
クローズエボル「決めるよ!」
『「マッスルギャラクシーフィニッシュ」』
二人「「ハァァアアアッ!!!」」
ドォ!!
ナイトローグ「ギャァァア!!!」
ドォォンッ!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

果南「すごいねこれ!」
マサト「気に入ってもらえましたか」
果南「うん!」
ルビィ「果南さんかっこよかったです!」
果南「ふふっ、ありがとルビィそして
マサトも」
マサト「いえ」

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.26 )
日時: 2019/03/04 22:07
名前: スカル

〜ハッピーバースデー花丸〜

〜3月4日・午前4時〜
〜花丸の部屋の前〜

マサト「おはようございます(小声」
ルビィ「おはようございます(小声」
善子「眠いわね(小声」
(小声略します)
マサト「今ぼくたちがいる場所は
花丸さんの部屋の前です」
ルビィ「どうするのぉ?」
マサト「寝起きドッキリ+
誕生日サプライズです」
善子「こんなに早くなくても」
マサト「寝起きドッキリなんですから
早朝じゃなければ意味がありません」
善子「まぁそうだけど」
マサト「と言うわけでルビィさん
先頭で」
ルビィ「がんばルビィ!」
スススッ

花丸「?、あ!、
ルビィちゃん起きるの早いずらね」

ルビィ「あれ?」
マサト「起きてる」
善子「さすが早いわね」

花丸「?」

〜少女・少年(?)説明中〜

マサト「……と言うわけです」
花丸「そうだったの?、オラそんなことを
知らないでごめんずら」
善子「いや、ドッキリなんだし
知らないのが普通だから」
ルビィ「と言うわけで花丸ちゃん」

三人「ハッピーバースデー!」
花丸「嬉しいずら!」

善子「ちなみに寝起きドッキリって
言ってたけどどんなことする気だったの?」


マサト「こうですかね?」
クルッ(首を180度回転させる

三人「ギャァァア!!!!」

Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。