二次創作小説(旧・映像)

ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜
日時: 2017/12/06 21:13
名前: スカル

※マサト時折暴走します。
(ジョーカー化等)

序章

〜教室〜

マサト「・・・」
善子「まさかここまで
早く戻って来るとはね」
マサト「ええ本当にそうですね」
ルビィ「でも、ルビィは、嬉しいな〜」
マサト「ありがとうこざいます」

ヤキモチ「誰あれ?」
レイケツ「さぁ?」
ワルグチ「彼女?」

花丸「マサトくん
この子達はなんずら?」
マサト「え、ああえーと」

ウソツキ「娘!」

三人「え」

マサト「こら!嘘つくん
じゃありません」

ウソツキ「てへ☆」

ルビィ「じゃあ、この子達は」
マサト「ええ、使い魔といったほうが
いいでしょうね」
善子「何ですって!
このヨハネを差し置いて、使い魔が
いるなんて!」
マサト「えぇ〜」
花丸「まぁ善子ちゃんは、気にしないで
ほしいずら」
善子「何ですって!」
マサト「はい」
善子「納得してるんじゃないわよ!」
ルビィ「あはは」
花丸「また面白くなって来たずら〜」

Page:1 2 3 4



Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.16 )
日時: 2018/02/22 23:43
名前: スカル

アナザーストーリー3
〜先生の新事実!〜

〜自習〜

マサト「・・・」

藍「(くっ、サボれない)」
美希「(はぁ〜あ、暇だな〜)」
優「(音楽聴きたい)」

マサト「・・・〜♪」
(読書中

藍「(先生本読んでるし
スマホいじれる!)」
スッ

マサト「?」

藍「!
(サッ
くっ」

優「(このすきに)」
スッ(イヤホンを出している
マサト「優さ…」
優「なにもしてないです!!」
マサト「あっうん、はい」

美希「zzZ」

マサト「(美希さん寝てるけど
いつも大変そうですし・・・
どうしよう)」

ガラッ

鞠莉「Hey!マサト!
ルビィが来たね!」

マサト「え?」
ルビィ「マサトくん!、
忘れ物届けに来たよ」
マサト「・・・あ」

優「あれって」
藍「元Aqoursのルビィさんだね
ダイヤ校長の妹さん」
美希「なんで、マサト先生の
忘れ物届けにきてるんだろ?」
優「そう言えば」
藍「マサト先生!」

マサト「はい?」

藍「先生とルビィさんって
どういう関係なんですか?」

マサト「・・・えーと」
ルビィ「ぴぎぃっ!」

鞠莉「そろそろ結婚するなかネ〜」

クラスs「「・・・え?」」

マサト「まっ、鞠莉さん?!」
ルビィ「はわわわっ!///」
鞠莉「いつでしたかネ〜」

クラスs「「えええええええっ!!!」」

〜校長室〜

\\ええええっ!!!//

ダイヤ「?!、何事ですか?!」
ダッ

マサト「ちょっ!
そんな大声出したら」

ガラッ
ダイヤ「なんの騒ぎですの!!」

ルビィ「お姉ちゃん!」
マサト「あ〜あ」

その後、マサト先生と鞠莉理事長
は、ダイヤ校長にこっぴどく叱られました。

ダイヤ「いいですか!、だいたい…」

マサト「足の感覚がないです」
鞠莉「Give upしたいデスネ!」
(二人とも正座している

ダイヤ「聞いてるんですの?!」

二人「はい聞いています」

〜教室〜

ルビィ「マサトくん早く戻ってこないかな〜」
パタパタッ(教卓の椅子に座って足をばたつかせている

美希「なんか」
藍「うん」

クラスs「「(癒される)」」

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.17 )
日時: 2018/02/26 23:57
名前: スカル

アナザーストーリー4
〜謎の罰ゲーム〜

美希「先生おは…?」

ダンボール「どうかしましたか?」

美希「なんでダンボール
被ってるんですか?」
マサトinダンボール「そこに
ダンボールがあったからです」
美希「あなたはスネークですか」
マサトinダンボール「まぁね」
トコットコッ
美希「(前見えてるのあれ?)」
藍「とうちゃーく!!!」
ドコッ!

マサト「ぎゃぁぁっ!!!」

藍「?、なんかけった」
美希「ええ、蹴ったよ先生を」
藍「ええ!!」

マサト「びっくりしました〜」

藍「・・・先生その格好なに?」
マサト「ゲームに負けた罰ゲームです」
美希「ええ…」
優「大丈夫にあってますよ
フルルの格好」
マサト(フルル)「そうですか…まぁ
鞠莉さんがいた時点で気づくべきでした
すでに仕組まれたゲームだと」
三人「え?」
マサト(フルル)「昨日
鞠莉さんとダイヤさん
スマブラしてたんですよ
そしたら鞠莉さんが急に『Loseしたら
明日コスプレね!』
と言いだしあいつらなんか
服だして来ますし」
美希「あいつら?」
マサト(フルル)「あそこにいる
連中」
優「え?」

レイケツ「キャハハッ」
ネクラ「笑える」
ワルグチ「似合ってる」

マサト(フルル)「やかましいよ!」
美希「なんなの?アレは」
マサト(フルル)「まぁそのなんというか使い魔ですね」

藍「これは、超常現象の予感!」
優「でた!、藍のオカルトセンサー」
藍「ねね!、先生触ってみて
いいですか?」
マサト(フルル)「別にいいですけど」
藍「ほら〜おいでおいで〜
お菓子あるよ〜」
レイケツ「お菓子!」
ネクラ「お菓子だ!」
ヤキモチ「食べたい」
ワルグチ「美味しくねぇのだったら
張っ倒す!」

優「…お菓子が好きなんですか?」
マサト(フルル)「ええ、好きですよ
まっ、お菓子で済むのが楽なん
ですよね」

ヤキモチ「美味しかった」
藍「お菓子のお礼にナデナデさせてー」
ヤキモチ「別にいいけど」
スッ(頭を少し下に傾ける
藍「じゃあ遠慮なく」
ナデナデ
ヤキモチ「・・・」

レイケツ「マサト〜」
マサト(フルル)「?、なに」
レイケツ「暇」
マサト(フルル)「知らんわ!」

・・・・・・・・・・・・

レイケツ「・・・」
カチャッ
『ギアエンジン!
ファンキー!』
スッ
ヤキモチ「・・・」
カチャッ
『ギアリモコン!
ファンキー!』
二人「潤動」

『エンジンランニングギア!』
『リモートコントロールギア!』

カイザーE「いくよ」
カイザーR「わかってる」

マサト(フルル)「また、とんでもないのに変身してるよまったく」

スパイダー「二人掛かりか!」

カイザーE「フッ」
ダァンッ!

スパイダー「ぐっ」
カイザーR「ハッ!」
ザァンッ!
スパイダー「グオッ!」
ヨロッ

カイザーR「トドメは?」
カイザーE「あたしだね!」
カチャッ
『ファンキーブレイク!
ギアエンジン!』
キュィンッ
カイザーE「ハッ!」
ダァン

スパイダー「グオアッ!!」
ドォォンッ!!

カイザーE「よしっ!」
カイザーR「フッ」

スパイダー「くっこんな筈が」

『クロコダイル!
(カヂャン!
割れる!食われる!砕け散る!
クロコダイルインローグ!!
オーラァ!!!』

ローグ「・・・」
スタッスタッスタッ
『キャァァアッ!!』

カイザーR「マサトのお出ましだ」
カイザーE「オ〜マジか〜」

ローグ「まだまだ詰めが甘いな」

スパイダー「ウオラァ!」
シュッ

ガッ
スパイダー「!!」

ローグ「フンッ!」
ドッ
スパイダー「グハッ」
ローグ「ハッ!」
ドゴッ!
スパイダー「ギィヤァッ!」
ローグ「デャッ!」
ドッ!!
スパイダー「ングッ」
ザザザッ
ガクッ

ローグ「トドメだ」
カヂャンッ
『クラックアップフィニッシュ!!』
ローグ「ウォラァ!!」
ザァアンッ!!

スパイダー「ギャァァッ!!!」
ドォォォオンッ!!!

シュウンッ
マサト(フルル)「ふんっ!」

ワルグチ「コスプレしてても強え!」
美希「コスプレしてたらさらにつよくなるの
かしら?」
優「おもしろそうだね!」
藍「先生!、明日もその格好ね!」

マサト(フルル)「それは関係ない
それと絶対に嫌だ!」

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.18 )
日時: 2018/03/04 10:59
名前: スカル

アナザーストーリー5
〜復活した者・消滅させる者〜

マサト「・・・」

ラヴリカ「・・・」

ザザザッ(波の音

マサト「ハァァッ!!!」
シュッ!

・・・・・・・・・

〜3日前〜

〜学校・廊下〜

ダイヤ「マサトさん!、最近元気がないようですがどうかしましたか?」
マサト「え?、ああはい最近ルビィさんが
誰かと頻繁にコソコソと連絡を
取り合っていてそれが気になってて」
ダイヤ「ルビィが?」
マサト「ええ、不安で不安で」
ダイヤ「あのルビィが……ありえませんわね」
マサト「しかし本当なんです!」
ダイヤ「ん〜」

〜2日前〜

〜マサト宅〜

ルビィ「〜♪」
スッスッ
マサト「・・・(誰と連絡してるん
でしょうか)」
ルビィ「ちょっと出かけてくるね〜」
バタンッ
マサト「・・・?!」

〜1日前〜

マサト「・・・」
コソッ

ルビィ「・・・」

マサト「(誰と待ち合わせを)」

ラヴリカ「おまたせ!」

マサト「(あいつか!)」

〜現在〜

ドッ!
ラヴリカ「ふっ、効かないな」
マサト「くっ」
ラヴリカ「愛がない君にぼくは倒せないよ?」

ルビィ「・・・」

マサト「チッ」
ススッ
カチッ
『仮面ライダークロニクル!』
マサト「変身!」
『ガシャット・バグルアップ!
天を掴めライダー!・刻めクロニクル!
今こそ時を極まれり!』

クロノス「・・・」

『ポーズ』

ピタッ

スタッスタッスタッ
ルビィ「」
ポンッ
ギュウンッ

ルビィ「は!、私」
クロノス「ルビィ」
ルビィ「マサトくん」

カチッ
『リスタート』

ラヴリカ「ハッ!、?!」
クルッ

ルビィ「ごめん、ごめんね」
クロノス「大丈夫です、怪我とかがなくて
本当に良かったです」

ラヴリカ「このっ!」
シュッ

ドッ(裏拳をかます

ラヴリカ「グオッ」
ヨロッ

クロノス「もう一度貴様を絶版にする!!!」
ダッ
スッ『ガチャコンハンマー!』
『シャキーンッ!』
ザァンッ!
ラヴリカ「ングッ」

『ガチャコンマグナム!』

クロノス「ハッ!」
ダァン!
ラヴリカ「!」
ヨロッ

『ガチャコンブレード!』

クロノス「デャアッ!」
ザァンッ!

ラヴリカ「グッ」
ヨロッ

『ガチャコンスパロー!』

キュウィィン

クロノス「ハッ!」
ザァンッ!ザァンッ!

ラヴリカ「うぐっグハッ!」

クロノス「トドメだ」
カチッ
『クリティカル・クルセイド!』

ラヴリカ「ひっ!」

ドォォゴッ!!!

ラヴリカ「ギャァァァッ!!!」
ドォォォォンッ!!!!

クロノス「・・・」
キュゥン

マサト「ふぅ」
クルッ
ギュッ
マサト「!」
ルビィ「マサトくん!ありがとう!
そしてごめんね」
マサト「大丈夫です、元に戻ってくれた
だけで満足です」
ニコッ

(物陰
ダイヤ「良かったですわ」
鞠莉「本当ネ!ダイヤ」

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.19 )
日時: 2018/04/08 21:29
名前: スカル

アナザーストーリー6
〜速さ・力の戦士〜

マサト・ルビィ「「ふぅ」」
(お茶を飲んでる
果南「あれ?、こんなところで
何してんの?」
マサト「少し休憩を」
ルビィ「二人で散歩してるんだ〜」
果南「へぇ〜…本当に?」
マサト「・・・果南さんには
敵いませんね、実はあれから
どうなのかなと思いまして」
果南「あれから…あ、クローズのこと?」
マサト「ええ、卒業してから
一ヶ月後ぐらいには、
『スクラッシュドライバー』を
差し上げました、それからどうなのかなと」
果南「ああ、あれねいつも持ってるよ
そして、戦ってるから、心配しないで」
マサト「そうですか…わかりました
ありがとうございます」
ルビィ「果南ちゃん、頑張ってるんだね」
果南「うん、ルビィも相変わらずだね」
わしゃわしゃ
ルビィ「わわっ!」
マサト「ふふっ」

「わぁぁぁ!!!」

果南・マサト「「!」」
ダッ
ルビィ「え?、え?」

花丸「はわわわっ」

ウルティマ「フッ」

ルビィ「花丸ちゃん!」
果南「全く」
マサト「いきますよ、果南さん」
(スッ
『爆走バイク!』
果南「ええ」
(スッカチャッ
『ドラゴンゼリー!』

マサト「ゼロ速!」
果南「変身!」

『爆走!激走!独走!
暴走!爆走バイク!』
『潰れる!流れる!溢れ出る!
ドラゴンインクローズチャージ!
ブラァッ!』

レーザー0「さていきますか」
グローズT「負ける気がしない」

ウルティマ「チッ」
ダダッ!
レーザー0「よっと、ハッ!」
ドゴッ!
ウルティマ「グアッ!」
フラッ
グローズT「オリャァッ!」
バギッ!
ウルティマ「グホッ」
ヨロッ


『シャカリキスポーツ!』
ガシャット!
ガッチャーンッ!
爆走バイク!
アガッチャ!
シャカリキ!メチャコギ!
ホット!ホット!
シャカ!シャカ!コギ!コギ!
シャカリキスポーツ!』

レーザー0S「オリャァッ!」
ブンッ!(車輪を投げる

ウルティマ「うおっと!、
下手く」
グローズT「オラァッ!」
ドォゴッ!
ウルティマ「ゴフッ!」

シュゥゥッゴッ
ウルティマ「ギャァ!」
ガクッ

グローズT「トドメだ」
レーザー0S「了解」

『ガシャット!
カチッ)
シャカリキクリティカルストライク!』
『グッ)
スクラップブレイク!』

キュィィンッ
レーザー0S「オラァッ!」
シュッ

ドォッガガガガガッ!!
ウルティマ「グアアアッ!」

グローズT「ハァァッ!!!」
ドォォッ!!
ドォゴッ!!
ウルティマ「ギャァァッ!!!」
ドォォォンッ!!

シュゥンッ
マサト「よしっ」
果南「ふぅ」
ルビィ「花丸ちゃん大丈夫?」
花丸「だっ大丈夫ずら
マルは、平気ずら!」
ルビィ「マサトくんも果南ちゃんも大丈夫?」
マサト「ご心配なく大丈夫です」
果南「大丈夫じゃっまた」
マサト「あ、一つお渡ししておきたいものが」
果南「?」
マサト「こちらです」
スッ
果南「?、なにこれ」
マサト「『ボルケニックナックル』です
新たなクローズの強化アイテムです
それとこれも新しいフルボトル
『ドラゴンマグマフルボトル』です
果南さんならきっと使いこなせるはずです!」
ルビィ「果南ちゃんがんばルビィ!」
果南「うん!、ありがと
大切に使わせてもらうよ」
スタッスタッスタッ

マサト「ええ、きっと使いこなせるはずです
果南さんなら」

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.20 )
日時: 2018/06/03 20:47
名前: スカル

アナザーストーリー7

〜浦の星の七不思議・2〜

美希「で、またやるの?」
藍「もちだよ!、新しいのが
増えたんだから!」
優「飽きないもんだな」
藍「よーし、行くよー!」
タッタッタッ
優「おいまて!」

ダイヤ「何を、騒いでるんですの!」

〜説教後(約20分間)〜

藍「説教長かった」
優「なんであたしたちまで」
美希「んで?、どうすry」
藍「よし行くよ!」
美希「はや」

〜階段にある鏡〜

藍「ここは、16時丁度になって
鏡の前に立つと鏡の中に
吸い込まれるんだって」

優「ほう」
美希「へぇ〜」
ササッ

藍「?、なんで二人とも下がってるの」

美希「連れていかれたくないから」
優「同じく」

藍「ちょっ!、まるで私が
生贄みたいじゃん!」

優「ほら、もう16時だぞ」

藍「ひぃっ!」
ササッ
美希「あんたも下がったら意味ないじゃない」

結局何も起こらなかった。

優「なんか無駄な時間だった」

〜血塗られた仮面〜

藍「次は美術室の血塗られた仮面
の噂」
美希「あ〜あれね、確か
美術部の子が絵の具がはねちゃって
血が滴り落ちる状態になったそうだよ」
藍「そんな」

〜動く人形〜

藍「ここにある人形なんだけどね、
さてどう動くのかね〜」
優「それなんだけど、マサト先生が
お札貼ってたぞ」
藍「え?、なにそれめっちゃ気になる!」
美希「やめたほうがいいと思うけど」
藍「いや!、やる!」
サッ(お札を取る

〜屋上から聞こえる呪文〜

美希「ひどい目にあった」
優「なんであんなに動くんだよ」
藍「マジで動くとは思わなかった」
優「まぁ、お札はったから大丈夫だろ、
んで最後はなんだ?」
藍「最後はね、『屋上から聞こえる
呪文』だよ」
美希「なにそれ?」
藍「よくは、わからないんだけど
放課後になると聞こえて来るそうだよ」
優「へぇ〜」

〜屋上付近〜

藍「ここら辺で聞こえて来るはず」
優「んなわけ」

「・・トラー…」

美希「え?」
優「なっなんだ?」
藍「行ってみよう」
タッタッタッ

〜屋上・ドア前〜

三人「?」
チラッ

マサト「べントラー!・べントラー!」

優「なっなんなんだあれは」
美希「怖いんだけど」
藍「あれは!」
優「なに?知ってるの?」
藍「UFOを呼ぶ儀式だよ、だいぶ前に
流行ったやつ」
優「ほう(先生何歳なんだよ)」

マサト「・・・まっ、来ないよね」

美希「先生!」

マサト「え?、まさか見てました?」
藍「はいバッチリと」
優「まったくびっくりした?」
マサト「すみません、
この前、UFO番組をやってましてね
それで自分でも出来るかな〜と何度かやってましてね」
美希「それでそんな噂が」
マサト「噂?」

〜少女達説明中〜

マサト「なるほど、あははっすみません
まっ、来ないことがわかったので
もうしませんよ」
藍「え!、しないんですか?!」
マサト「うん、さっ帰りますよ?
もう学校閉まっちゃいますから」
スタッスタッスタッ

〜帰り道〜

マサト「え!、人形の
お札とっちゃったんですか!」
美希「まっまぁ」
藍「そのあとちゃんと元のように
貼りましたよ」
マサト「なら、いいんですけど
まったく…?」
三人「?」

キャンサー「フッ」

スッ
マサト「・・・変身」

美希「いきなり!」

Black「仮面ライダーブラァック!」

キャンサー「おやおや…仮面ライダーの
お出まry」
Black「ライダー!パァンチ!!」
ドォゴッ!
キャンサー「ゴフッ」
ヨロッ
Black「さっさと帰りたいんだよぉっ!
邪魔をするなぁっ!!!」
ドォゴッ!ドォゴッ!ドォゴッ!
キャンサー「ちょっ勘べ…」
Black「ライダァァァッキィィック!!!」
ゴォォッ!!!
キャンサー「ギャァァァッ!!!」
ドォォォンッ!

ヒュゥンッ
マサト「さっ帰りますか」
藍「あっはい」
優「帰ったらなにするかな」
マサト「宿題してください」
優「はい」
美希「あははっ」

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。