二次創作小説(旧・映像)

ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜
日時: 2017/12/06 21:13
名前: スカル

※マサト時折暴走します。
(ジョーカー化等)

序章

〜教室〜

マサト「・・・」
善子「まさかここまで
早く戻って来るとはね」
マサト「ええ本当にそうですね」
ルビィ「でも、ルビィは、嬉しいな〜」
マサト「ありがとうこざいます」

ヤキモチ「誰あれ?」
レイケツ「さぁ?」
ワルグチ「彼女?」

花丸「マサトくん
この子達はなんずら?」
マサト「え、ああえーと」

ウソツキ「娘!」

三人「え」

マサト「こら!嘘つくん
じゃありません」

ウソツキ「てへ☆」

ルビィ「じゃあ、この子達は」
マサト「ええ、使い魔といったほうが
いいでしょうね」
善子「何ですって!
このヨハネを差し置いて、使い魔が
いるなんて!」
マサト「えぇ〜」
花丸「まぁ善子ちゃんは、気にしないで
ほしいずら」
善子「何ですって!」
マサト「はい」
善子「納得してるんじゃないわよ!」
ルビィ「あはは」
花丸「また面白くなって来たずら〜」

Page:1 2 3 4



Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.12 )
日時: 2018/01/01 18:12
名前: いちごの魔女

あけましておめでとうございます

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.13 )
日時: 2018/01/02 10:23
名前: スカル

特別編

〜頬の手形の理由〜

マサト「えーとどこら変に
場所をとりますかね〜」

?「・・・!」
タッタッタッ

マサト「ここで、いいですかね」
スッ

?「あの〜」

マサト「?」

?「マサトさんですか?」

マサト「ええ、そうですが?
あなたは」

?「こころです」

マサト「え」

?「矢澤こころです!」

マサト「え!?、こころちゃん!
嘘ぉっ!こんなに大人びちゃったんですか!」

こころ「はい!、えーととなりは」
マサト「えっ、ああどうぞ」
こころ「失礼します」
スッ
マサト「え〜、本当にお久しぶり
ですね」
こころ「はい、にこお姉様がまだμ’s
にいた頃以来ですね」
マサト「ほんとですね、しかしなぜ
ラブライブの会場にこころちゃんが」
こころ「Aqoursのライブを生で見たくて
来たんですしかもアイドルをやる理由も
μ’sとそっくりですからひかれちゃいました」
マサト「なるほど」
こころ「マサトさんは?」
マサト「ぼくは、彼女達の護衛ですよ
浦の星の理事長直々の頼みでしてね」
こころ「なるほど、マサトさんは
相変わらず大変ですね」
マサト「ええ、ほんと苦労の多い
仕事ですよ」

?「!」
タッタッタッ

バシッ

マサト「みゃっ!」

?「こころ姉ちゃんに手を出さないで!」

マサト「はい?、え?」

こころ「ここあ!、何してるんですか!
マサトさんですよ!」

ここあ「・・・え」

マサト「ここあさん、いっいいビンタですね」
ヒリヒリッ(もはや何を言っていいのかわからない)

ここあ「ごっ、ごめんなさ〜い!」

・・・・・・・・・

ラブライブ終了後
〜出入り口付近〜

マサト「・・・まだ痛いです」

こころ「マサトさん!」
タッタッ
マサト「?」
こころ「この後お時間は?」
マサト「申し訳ございませんが、
Aqoursの皆さんの護衛に戻らないといけませんので、これで」
こころ「あ、そうですよねすいません」
マサト「いえ」
こころ「では、連絡先を」
マサト「ええ
スッスッ)
はい」
こころ「えーと
メールアドレスは…
はい、後でメール送っておきますので」
マサト「ええ、わかりました」

ここあ「こころ姉ちゃんいくよ〜」

こころ「わかりました!
では、また」
マサト「ええ、こちらこそ
また会いましょう」

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.14 )
日時: 2018/01/21 13:45
名前: スカル

アナザーストーリー
〜先生は仮面ライダー?!〜

〜教室〜

美希「先生おはよ〜」

「おはようございます、美希さん
今日も元気ですね〜」

美希「まぁね〜」
藍(あい)「おは〜チビ助先生」

「チビ助言わないでください!」

優(ゆう)「まぁまぁ、マサト先生
本当のことなんだからさ〜」

マサト「え〜、これでも・・・
伸びてないや」

美希「伸びてないのね」

マサト「ええ、心配になって
医者行って聞いてみたら
成長期が終わっていますと
言われましたからね」

藍「ぷっwww」

マサト「笑わないでください!」(クワッ

三人「(全然怖くない)」

授業中

『マサト先生〜
理事長室にcome on!』

ピーンポーンパンポーン

美希「先生理事長から呼ばれ」

マサト「聞かなかったことにします」

数分後

『マサト先生〜』

美希「先生さすがに〜」

マサト「・・・はぁ、
ちょっとすいませんが、行ってきます
それまで自習で、お願いします
静かに…では」
タッタッタッ

藍「マサト先生大変だね〜」
優「だな」

〜理事長室〜

鞠莉「Oh〜マサト急に呼んで
SORRY」

マサト「なぜ呼ばれたのでしょうか?」

鞠莉「・・・怒らないデスカ?」

マサト「場合によります」

鞠莉「暇なんデス!」

マサト「失礼しました」
ガチャッ
鞠莉「待ってくださーい!
ガシッ)
ダイヤも付き合ってくれなくて
暇なんデス!」
マサト「授業中ですので、
…あ、この時間なら善子さんが暇してますよきっとでは」
タッタッタッ

鞠莉「oh〜なるほど」キュピーン!

〜教室〜

美希「何言われてきたんですか?」
マサト「暇だから呼ばれました
さて、授業を再開します」

・・・・・・

次の日・昼休み
〜校門前〜

不良1「カハッ」
ドサッ

マサト「さてと、昼休みの時間
短いんで、まとめていきますか」

美希「先生強いね」
藍「身長関係なしににね」
優「そうね」

カチッ
『仮面ライダークロニクル』

マサト「変身」

『ガシャット
バグルアップ!
天を掴めライダー!
刻めクロニクル
今こそ時は極まれり!』

クロノス「お前達を
絶版する!」

不良「おっお前らやれry」

『ポーズ』

・・・・・・・・・

『リスタート』

ドッ!!!

不良s「「ギィヤァァアッ!!!」」
ドサッ

シュゥンッ
マサト「ふぅ、やれやれっと」

美希「先生って」
優「仮面ライダー?」
ダイヤ「そうですわ」
藍「あ、ダイヤ校長先生」
ダイヤ「わたくしたちがAqoursを結成する
頃よりも前から仮面ライダーなの
ですわ」
美希「へぇ〜すご」
マサト「?」

私は、マサト先生の意外な事実を
しり驚かされる日そして
少し尊敬しようと思った日でした(多分)

・・・・・・・

〜マサト宅〜

ルビィ「今日は、どうだったの〜?」
マサト「?、ん〜なかなか面白い
1日でしたよ」
ルビィ「そうだったんだ〜
なんだか先生って楽しそうだね〜」
マサト「まぁ、楽しい反面
難しいこともありますからね〜」
ルビィ「?」
(首を傾げ
マサト「ふふっ」

Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.15 )
日時: 2018/02/13 23:09
名前: スカル

アナザーストーリー2
〜浦の星の七不思議〜

美希「七不思議散策っていっても
本当に出るの?」
藍「もちのろん!
ちゃ〜んと調べたんだから!
出るにきまってるでしょ!」
優「まったく、こういう時には
頭が働かんだな」
藍「あ〜きこえな〜い!」
美希「まったく」
優「やれやれだな」
藍「さっ早くいこ!」
スタスタッ

〜女子トイレ〜

藍「まずは、トイレの花子さんね!」

美希「案外ありきたりね」
優「ええ、そうね」

藍「まぁまぁさっ!
いくよ〜
コンコンッ)
は〜なこさん!
あ〜そ〜ぼ!」

美希「・・・
反応なしね」
優「まぁ、当然だろうな」

藍「くぅ〜っ!!」

〜プール〜

藍「放課後誰もいない、プール
で泳ぐ音が聞こえるんだって〜」

美希「そんなわけがな」

バシャバシャッ(なにかが泳いでる音

優「いまのなに?」
藍「ついにきた!?」
美希「そんな馬鹿な」
コソッスーッ(こっそり覗いている

曜「きもちぃ〜っ!」
バシャバシャッ

優「あれってさ」
藍「うん、元Aqoursの曜さんだね
ヨーソロー!でおなじみの」
美希「プールで泳いでるんだ」
藍「またまた、はずれ〜」

〜理科室〜

藍「次は動く人体模型!」

美希「絶対ありえないから」(ビシッ
優「現実的に無理があるな」(ビシッ

藍「そんなバカな〜」

その後も探したが、
特になにも起こらずに
最後の七不思議に

藍「音楽室から
不穏な音楽が聞こえてくるんだって!
これは、間違いない!」
美希「そんなわけ」

〜♪〜♪(映画ITの音楽

美希「え」
優「これ、『iT』って映画の
音楽じゃん」
藍「そっと開けるよ」
スッ

マサト「・・・」
〜♪〜♪

美希「マサト先生」
優「ピアノ弾いてた」

マサト「・・・?、
なにやってるんですか」

・・・・・・・・・・・

〜校門前〜

マサト「そういえば、
ぼくも聞いたことがありますね」

藍「どんな?」

マサト「誰もいないはずの
職員室から音が聞こえてきたり
なんてのは聞きましたね」

美希「へぇ〜っていうか
先生ピアノ弾けたんですね」
マサト「まぁ、少しだけね
さっ、気をつけて帰ってください」

三人「「はーい!」」

〜職員室〜

ダイヤ「誰もいなくて
助かりますわさて、
これで静かにアイスを食べれますわ」
フンスッ
鞠莉「ダイヤ」(ポターンッ



Re: ラブライブサンシャイン〜梨子のいとこ〜 ( No.16 )
日時: 2018/02/22 23:43
名前: スカル

アナザーストーリー3
〜先生の新事実!〜

〜自習〜

マサト「・・・」

藍「(くっ、サボれない)」
美希「(はぁ〜あ、暇だな〜)」
優「(音楽聴きたい)」

マサト「・・・〜♪」
(読書中

藍「(先生本読んでるし
スマホいじれる!)」
スッ

マサト「?」

藍「!
(サッ
くっ」

優「(このすきに)」
スッ(イヤホンを出している
マサト「優さ…」
優「なにもしてないです!!」
マサト「あっうん、はい」

美希「zzZ」

マサト「(美希さん寝てるけど
いつも大変そうですし・・・
どうしよう)」

ガラッ

鞠莉「Hey!マサト!
ルビィが来たね!」

マサト「え?」
ルビィ「マサトくん!、
忘れ物届けに来たよ」
マサト「・・・あ」

優「あれって」
藍「元Aqoursのルビィさんだね
ダイヤ校長の妹さん」
美希「なんで、マサト先生の
忘れ物届けにきてるんだろ?」
優「そう言えば」
藍「マサト先生!」

マサト「はい?」

藍「先生とルビィさんって
どういう関係なんですか?」

マサト「・・・えーと」
ルビィ「ぴぎぃっ!」

鞠莉「そろそろ結婚するなかネ〜」

クラスs「「・・・え?」」

マサト「まっ、鞠莉さん?!」
ルビィ「はわわわっ!///」
鞠莉「いつでしたかネ〜」

クラスs「「えええええええっ!!!」」

〜校長室〜

\\ええええっ!!!//

ダイヤ「?!、何事ですか?!」
ダッ

マサト「ちょっ!
そんな大声出したら」

ガラッ
ダイヤ「なんの騒ぎですの!!」

ルビィ「お姉ちゃん!」
マサト「あ〜あ」

その後、マサト先生と鞠莉理事長
は、ダイヤ校長にこっぴどく叱られました。

ダイヤ「いいですか!、だいたい…」

マサト「足の感覚がないです」
鞠莉「Give upしたいデスネ!」
(二人とも正座している

ダイヤ「聞いてるんですの?!」

二人「はい聞いています」

〜教室〜

ルビィ「マサトくん早く戻ってこないかな〜」
パタパタッ(教卓の椅子に座って足をばたつかせている

美希「なんか」
藍「うん」

クラスs「「(癒される)」」

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。