二次創作小説(旧・映像)

絶対に笑ってはいけないハッピーホームデザイナー24時!
日時: 2018/09/01 09:16
名前: いちごの魔女

新年明けましておめでとうございます。
いちごの魔女です。
いやあ、○野ビンタ波乱の展開でしたな〜。美女たちの大西ライオンはないわ(汗)

今回のテーマはどうぶつの森で有名なハッピーホームデザイナーです。
特撮キャラやアニメキャラが崩壊しまくりです。
荒らしと誹謗中傷はお断りいたします。


ではあらすじ!


感情が塞がれた深淵…

狂喜に巻き込まれたとしても…

いちごの魔女プレゼンツ『絶対に笑ってはいけない』シリーズ!

今回はハッピーホームデザイナーだ!!

あのキャラが、テレビで有名な人に!?

そして、まさかの展開まで!!

見逃したり飛ばしたら後悔するかもしれない一本勝負!!

絶対に笑ってはいけない
ハッピーホームデザイナー24時!!



オープニング >>1
いきなりお疲れ!? >>5-7
おそまつさまでした >>9-10
おすぎと化したそのっち >>11-12
ホイホイみそしる会社へ >>13 >>16-17
君引き出しネタをまだ知らない >>18 >>24-25 >>27 >>29 >>32-33
カラーFLLコンボ >>34
合同訓練アレスのアレ >>37-41
昼御飯対決をなめるなよ >>46-50
ダービー再び >>60
バスネタ再び☆ >>64 >>69-70
捕まってはいけない >>72-77
引き出しネタの恐ろしさを知りたいか >>78 >>80-83
発表会といふクソ >>84-85
報告会なんて無い >>86-89
迫りくる物理学者の受難 >>90-94
驚いてはいけない >>95-98
笑っていこうよ >>99-100






来て下さった方

迅宗様
スカル様
メリンダ様
もやし定食様
洋輝様

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20



Re: 絶対に笑ってはいけないハッピーホームデザイナー24時! ( No.96 )
日時: 2018/08/31 19:49
名前: いちごの魔女

その頃女性陣は…

いちか「今頃どうしてるのかな?」

さやか「うん」

いちか「てかさやかさん、息子のこと言われすぎじゃないですか?」

さやか「確かに…」










話は戻して…

光実「もう早く見つけたいよ…」

大我「ホットパンツ履いてるんだから仕方ねぇだろ」

戦兎「それ関係ある?」

しかし、またもや恐怖が襲いかかる!

『サプラーイズ!!』(松岡充風)

大我「うおっ!?」

確か大我は怖いものが嫌いだったはず。

戦兎「ちょ…サプラーイズってなんや!!」

しかし本当の恐怖はこれからだ。

戦兎「ん?入るべし?」

謎の部屋発見。

光実「入るしかないよね」

戦兎「だな」

大我「ま、待て…」

戦兎「どしたん?」

大我「まだ、心の準備出来てねぇ…」

戦兎「そんなこと言わない!行く!!」

と、無理矢理でも大我を連れ、部屋へ入った。

光実「大我さん、まだ怖いですか…?」

大我「ああ…」

戦兎「おっ!」

と、何か発見した戦兎。それは、キーらしきものだった!

戦兎「最高だ!」

光実「よし、いちかちゃんたちと…」

だがその時!

雑魚「イーッ!!」

雑魚たちが戦兎たちを捕らえ、どこかへ連れ去ってしまった!

大我「おいなんだ!やめろ!!」

戦兎「誰か助けてーー!!」







一方で…

さやか「何してるのかしら?」

ピチュン

燈護「女子の諸君、残念なお知らせだ。男子校たちが雑魚に捕らわれたよ。奴らを救うには別のキーをゲットしなければならない。精々救ってみるんだな!!」

ピチュン

いちか「あわわ…」

さやか「ったく面倒ね。やるしかねぇか」

いちか「そうですね…」

いよいよ彼女たちが驚いてはいけないに挑む!

Re: 絶対に笑ってはいけないハッピーホームデザイナー24時! ( No.97 )
日時: 2018/09/01 08:50
名前: いちごの魔女

いちか「暗いよ〜」

さやか「早く終わりたいんですけど」

キーは一階にあるようだ。

いちか「本当に一階にあるのかな…」

彼女らが待機していたのは三階だ。

さやか「えっと、この先かな?」

その時!

パトレン2号「待て怪盗〜〜!!!」

デカイエロー「待ちなさーい!!!」

ゴースト「ちょ、俺は怪盗じゃないよぉ!!」

仮面ライダーゴーストがパトレン2号とデカイエローに追いかけられていた。

しかし二人とも無表情。

さやか「…」

いちか「探しましょうか」







その頃…

戦兎「なんでこうなるのかね」

大我「知らん」

光実「キーってひとつじゃないの?」

大我「あたりめーだろ」




女性陣は…

さやか「ここしかないわね」

これまで部屋を探索したが、キーは見つからず。ここで最後だろう。

いちか「入りますよ…」

ガラガラ…

さやか「やっぱり暗いな…」

だが、そこにもトラップが!

『ねんねするのはてめぇらだ!!あああああああああああ…!!!!』

ポプテピピックのどこかの音楽。おねんねコンちゃんのメロディの一部が流れた。しかもボリューム大。

いちか「耳が壊れる!!!」

さやか「止めて!!!」

すると、部屋からシンカリオンの月山シノブが現れた。

シノブ「ん?困ってんだ?」

いちか「困ってるって!!」

シノブ「じゃあオラに任せろ。ヘッドホンしてるから安心するだ」

カチッ

シノブがラジカセをオフにすると、大音量は無くなった。

シノブ「オラは用事があるから失礼する」

と、シノブは去っていった。

さやか「これでキーを探せるわね」

キーはシンクに置いてあった。

いちか「よし、キーゲット!」






そして…

カチャ…

戦兎「お…」

いちか「みんなー!」

さやか「無事のようね」

光実「てか、スカイくんはどこに?」

すると、モニターが映った。

燈護「よく頑張ったな。だが、この会社は滅びる。滅びたけ…滅びたくなければ外に来て止めてみな!!」

ピチュン

いちか「外に出ないとダメ…?」

戦兎「ま、そうやな」

大我「いくか」

5人は外に出ることにした。

Re: 絶対に笑ってはいけないハッピーホームデザイナー24時! ( No.98 )
日時: 2018/09/01 09:04
名前: いちごの魔女

外に出た5人は、あるものを光景する!

いちか「でかっ!!」

でかいオブジェがいきなり目に映る。

大我「無駄なことしやがって」

「ハハハハハハ!!!」

オブジェから燈護が顔を出した。

燈護「貴様らの好きにはさせん!!」

と、オブジェがこちらに前進してきた!

いちか「うわぁぁぁぁは!!?」

さやか「どうすんのよ!!」

絶体絶命のピンチ…だがその時、不思議なことが起こった!

「チェンジ・シンカリオン!!」

♪進化理論

戦兎「ガンガンズダンダンがなんで!?」

シンカリオンのはやぶさ、こまち、かがやきが姿を現した!!

光実「戦兎さん、ガンガンズダンダンじゃなくてシンカリオンでしょ?」

いちか「ガンガンズダンダン♪僕らしゃいむじ進化中♪」

大我「まともに歌えよ」

それはともかく、シンカリオンたちはオブジェに牙を向く。(※演技です)

ハヤト「みんな、大丈夫ですか?」

アキタ「話は読めている!俺たちに任せろ!」

ツラヌキ「俺の好きな四字熟語は仮面地黄だ!!」

さやか「仮面地黄知らないよ」

ハヤト「させないぞ!ポンコツ団!!」

すると、シンカリオンの周りに爆発音が鳴る。

いちか「に、逃げるんですよね!?」

戦兎「それしかないだろ!!」

さやか「もういやぁぁぁぁぁ!!」

大我「ったく面倒だな!!」

光実「なんでこんなことに…」










とにかく逃げることに成功した5人。

いちか「逃げきれた…」

光実「本当シンカリオン呼ぶ必要あるんですか?」

大我「仮面地黄ってなんだよ」

戦兎「それな。もう最悪だ…」

さやか「でも、スカイくんどこにいったのよ」

「おーい」

と、スカイが現れた。

スカイ「お前らよく頑張ったな」

戦兎「あれ?捕らわれたんじゃ…」

スカイ「シノブに助けられたんや」

さやか「そうなのね」

うさんくさい驚いてはいけないは終わった。

Re: 絶対に笑ってはいけないハッピーホームデザイナー24時! ( No.99 )
日時: 2018/09/01 09:13
名前: いちごの魔女

エピローグ『笑っていこうよ』


am2:00

ついにその時が。

戦兎「シンカリオンいらんやろ」

光実「きっと無理矢理呼ばれたんでしょ?シエルに」

いちか「シエルやりすぎだよ…」

さやか「でも終わるんじゃいかな?」

大我「そうだといいんだがな」

ガチャ

スカイ「お前ら、これでホームデザイナーの研修は終わりや」

いちか「やっと終わった…」

戦兎「もう笑いすぎて疲れた」








ホイホイみそしる会社を出た5人。

さやか「本当めちゃくちゃだったわね」

光実「兄さんにタイキック言われたのショックだった…」

「おーい!」

そこへ桃山みらいが登場。

みらい「みんなお疲れ様!楽しかった?」

大我「疲れたわ」

みらい「そっか。じゃあ、わたしから格言!!
『辛い時も死にたい時も笑って乗り越えればいいさ!』
以上!」

5人「ぷっ…w」

ででーん

『全員、OUT』

戦兎「格言上手いなw」

いちか「すごいね!」

スパーン!

大我「くっ…」

光実「あっ…!」

いちか「やっぱ痛い!!」

さやか「いってぇ…」

戦兎「うあっ!」

スカイ「お前ら出るで」

これでようやく笑ってはいけないは終わった。










はずだった。

Re: 絶対に笑ってはいけないハッピーホームデザイナー24時! ( No.100 )
日時: 2018/09/01 09:15
名前: いちごの魔女  (http://apronberry@gmail.com

「そろそろ平成も終わりだな」

「そうですわね。ですが、笑ってはいけないは終わりませんわ」

「さあて、最後のフェスティバルを開こうじゃないか…ククク…」





完!?





あ、今度の笑ってはいけないは総合でお送りします。ご期待下さい。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。