二次創作小説(旧・映像)

ディアラバで転生!?
日時: 2018/01/11 14:08
名前: ララ

はじめまして!ララです!!

今回はDIABOLIK LOVERSの転生ものをかきたいなーと思います♡

うまくかけないと思いますがあたたかくみまもってあげてください!!!




Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: ディアラバで転生!? ( No.30 )
日時: 2018/03/22 08:22
名前: ララ


ってちょちょちょっとまて!


仮にしょうがないから人間の血を吸ってたとしても狙われてるのはあたしだよ!?


なにいい人だったんだなんておもってるわけ!?

豚だって鳥だって食べられるとわかったらにげてくでしょ!

逃げなかったとしてもいい人だとはおもわないでしょ!

あたしの思考回路どーなっちゃってんのよ!?

アヤト「………。(ちょろ過ぎねぇかコイツ)」


あぁ!絶対チョロいと思われてるぅぅ!そんな顔されてるぅぅ!

Re: ディアラバで転生!? ( No.31 )
日時: 2018/03/22 17:39
名前: ララ


…でも案外話してみたら協力してくれるかもだよね…!

クソゴリは一番頭悪そうだし信じてくれるかも…?

「人がいたら言いずらいから…こっち来てください
!」

そして、キッチンに来た。



「あ、あのね、実はあたし…前世の記憶があるんです!」


「…は?」

「前世では16歳で死んでしまったから今世こそ生き延びたいの…!」

「それってお前まさか…」


あ、あれ?ほんとにちゃんと聞いてくれてる…?


ほんとにいい人なんじゃ…

「お前!ニンジャなのか!?!?!?」


は?

Re: ディアラバで転生!? ( No.32 )
日時: 2018/03/23 20:49
名前: ララ


に、に、ニンジャ…!?忍者!?


「か、か、仮にそうだったとしたら…協力してくれるわけ?」

あ、口調が丁寧じゃなくなってた!


アヤト「…おう!」


まじかよ!?

「………そ。そうだよ、あたし忍者なの…!みんなには内緒にしてくれる?」


アヤト「じゃあアレやれよ!ドロンってやつ!」


「ど、どろん………」


どうすればいい!?嘘だとバレたらやばいんじゃないだろうか。




キョロキョロとしてみると


-小麦粉-



「みつけた…!」





「ふふふ、じゃあアヤトくん、どろんするよ?」

アヤト「おう!」




あたしは小麦粉を力いっぱい投げる





ぶぉふぁー!!!




な、なげすぎた?


チャンス!今のうちに部屋へ!!!!




Re: ディアラバで転生!? ( No.33 )
日時: 2018/03/27 23:32
名前: ララ



高速ダッシュで自分の部屋に戻る。


するとキッチンの方から

アヤト「チチナシ!?ほんとにいねぇのか!?」

と声が聞こえる。


すると部屋のドアの前から


ライト「なにいってんのアヤトくん。ビッチちゃんならこの部屋の中にいるじゃん、んふ。」

アヤト「!てことはチチナシ…お前…!!!」


ナイスアシスト、変態さん!!!!


これで

小森ユイ=忍者

となったわけね!

よしよし作戦通りよ………ってこ、これからどうすればいいのよ!

また無茶ぶりされたらどうすれば……

Re: ディアラバで転生!? ( No.34 )
日時: 2018/04/05 16:50
名前: ララ




アヤト「お前まじでにん…むぐっ!」

「あ、アヤトくんー?」


内緒にしてって言わなかった?(^言^)


アヤト「あ、わかったよ、秘密だな!?」

あんたいいこね!


「うん、そういう事だから死ぬわけには行かないんです。協力してくれますか?」


アヤト「…あぁいいぜ。」

にやりと笑うクソゴリ。


「やった!ありがと!!」

アヤト「…敬語崩れてるけど?」


「あ。ありがとうございます。ではこ、これで!」


ビューーーン


と私は部屋に入り鍵をかける


Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。