二次創作小説(旧・映像)

けものフレンズ〜ギター弾きの狐(?)〜
日時: 2018/02/04 01:18
名前: スカル

マサト・・・狐(?)種類不明のフレンズ
身長はどのフレンズよりも低い
いつも黒いソフト帽を被り、
ギター片手にジャパリパークを気ままに
歩いて周っている、時折歌ったりもする
特に湖畔や、森の中等で歌う。

序章

ジャングルの中にある川

サーバル「やっと着いた〜!」
かばん「ジャガーさんありがとうございます」
ジャガー「おうよ!」

〜♪(ギターの音色

かばん「?、なんの音でしょう」
ジャガー「マサトか?」
かばん「え?」

マサト「赤〜い〜夕日に〜燃え〜上〜
が〜る〜君と〜誓〜った地平線〜♪
…?」
(岩の上でギターを弾きながら歌っている
かばん「あ、!どうもはじめまして
かばんです!」
マサト「かばん?、君はなんのフレンズ
なのかな?」
かばん「まだわからないんで、この先の
図書館に行くつもりです!」
マサト「図書館ですか、なるほど
あのバスが使えれば
早いでしょうね」
かばん「バス?」
マサト「ボスの方が詳しいですから
では、また」
スタッスタッスタッ

サーバル「行っちゃった」
かばん「ですね〜」
ジャガー「まぁ〜不思議な奴だからな
あいつは」
カワウソ「うん、そうなんだようね〜」
かばん「不思議と言えば不思議ですね」

Page:1 2 3 4



Re: けものフレンズ〜ギター弾きの狐(?)〜 ( No.12 )
日時: 2018/01/29 00:34
名前: スカル

第10話〜ヘラジカvsマサト〜

かばんが出発する
一週間前の出来事

〜ライオンの城の前〜

ヘラジカ「私に挑むとは、いい度胸だな
マサト」
マサト「はい、一度お手合わせ願いたい
と思っていたところですので」

ヤマアラシ「ルールは簡単ですぅ〜
先に頭の風船が割られた方が
負けですぅ〜」
ライオン「両者準備はいいな?」

マサト「いつでも」
ヘラジカ「わたしも大丈夫だ」

ヤマアラシ「それでは、
はじめ!ですぅ〜!」

ヘラジカ「ハァァッ!」
シュッ
スカッ
マサト「ハッ!」

ガッ

ヘラジカ「やるな」
マサト「そちらも」

かばん「すごい戦いだね」
サーバル「うん!どっちが
勝つんだろうね」
シロサイ「もちろんヘラジカですわ」
カメレオン「そうですね」
オーロック「いや、マサトも
強いからなわからない戦いなのは確かだ」
ライオン「ああ、そうだな」

ヘラジカ「テイッ!」
ブンッ

ガッ
マサト「くっ」
ヘラジカ「テイヤッ!」
シュッ
タンッ

サーバル「あ!」
かばん「マサトさんの
武器が」

マサト「・・・」
ヘラジカ「勝負あったな」
マサト「テヤッ!」
ドッ

タンッ
ヘラジカ「あ」

かばん「ヘラジカさんの武器も
飛ばされてしまいました」

シロサイ「ヘラジカさん!、これを!」
シュッ

パシッ
ヘラジカ「ああ」

マサト「・・・」

キタキツネ「マサトは
何を出すのかな?」

スッ
『ガチャコンハンマー
シャキーンッ!』
マサト「・・・」
ヘラジカ「・・・」
ジリッジリッ

ポタッ

サーバル「?、なに?」
かばん「雨だね」

ポタッポタッポタッ

『時〜を止め〜て
時を戻し何を知る?…』

オーロック「ん?、なんだ歌?」
かばん「なんで歌が急に」
ライオン「そう言えばマサトが
何かいじってたな」
オーロック「え?」

ザァァァァッ(雨音

ヘラジカ「・・・」
マサト「・・・」

『終わらない終わりがない
繰り返しのゲームの様に
祈りにも似た憎しみが
探し続けるものは…』

サーバル「雨がひどくなってきた!」
かばん「わわわっ!」

『誰にも消せやしないぃっ!』

ヘラジカ「・・・」
ダッ
マサト「!」
ダッ

『愛したそのno way
届かぬ思いone way』

ヘラジカ「フッ!」
シュッ!
マサト「ハッ!」
ガキッ!!
グググッ

バッ(後退する

『分かり合えない世界で』

ヘラジカ「・・・」
スッ

マサト「・・・!」
タッタッタッ

『戦いの道の先 心が写す影』

バッ(ヘラジカに近くで飛び上がる

『一人の叫びぃぃっ!』

マサト「デャァァッ!!!」
シュッ
ヘラジカ「ハァァァッ!!!」
シュッ

ザンッ!!!

かばん「あっああ」
サーバル「すっすごいね」

ライオン「いまのは」
シロサイ「はい」

ヤマアラシ「勝者は………
ヘラジカ様ですぅ〜」

ヘラジカ「・・・ふぅ」
マサト「・・・
結構自信があったんですが
負けましたか」
ヘラジカ「だが、なかなかつよかったぞ
マサト」
マサト「いえ、まだまだです」

サーバル「わ〜すごかったね〜」
かばん「うん、迫力がありすぎてすこし
怖かったですけど」
キタキツネ「うん、でも
マサトなんだか楽しんでるみたいで
良かった」




Re: けものフレンズ〜ギター弾きの狐(?)〜 ( No.13 )
日時: 2018/01/31 22:21
名前: スカル

第11話〜ぶいあーる〜

マサトが、倉庫を整理していると
中からあるものを発見する

マサト「なんでしょうかね〜これ?」
キタキツネ「新しいゲーム?」
ギンギツネ「目につけるのかしら?」

かばん「どうも〜」
サーバル「温泉に入りに来たよ!」

ギンギツネ「あらいらっしゃい」
サーバル「みゃみゃ?、ねぇそれなぁ〜に?」
マサト「さぁ〜それがわからなくて
困ってるんですよ」

ラッキー『それは、VRだよ』

マサト「ぶいあーる?」

ラッキー『目に取り付けて
バーチャル世界を楽しむゲームだね』

かばん「目に取り付けるんですね」
スチャッ

サーバル「どんな感じなのかな〜?」
かばん「真っ暗で何も見えないけど」

ラッキー『ゲーム本体に繋いでないからね』

マサト「これにつなげばいいのかな?」
カチャッ

かばん「わわっ!!」

キタキツネ「ゲームの画面が一人称になった」
ギンギツネ「へぇ〜ちょっとやってみてもいいわね」

かばん「わっ!、何かこっちに向かって来ますどっどうすればいいんですか〜!」
ラッキー『近くにあるコントローラーを
もって戦えばいいんだよ』
かばん「なっなるほど、えーとこれですね」
スッ(コントローラーを前に出す

マサト「・・・あ、そういえばもう一つありましたね」
スタスタッ
キタキツネ「ほんと!!」
ガサゴソッ
マサト「ほらっ」
スッ
キタキツネ「わぁ〜」
スチャッ
カチャッ

マサト「?」
サーバル「画面が半分になったよ!!」
ギンギツネ「なんかあまり
ついていけないわねこういうの」

キタキツネ「わぁ〜すご〜い!」
サーバル「私もやりた〜い!!
かばんちゃんかわって〜」
かばん「うん、どうぞ」
サーバル「わぁーい!」

マサト「・・・これは流行りますね」
ギンギツネ「そうね」

その後すぐ、キタキツネは、
飽きるのでした。

キタキツネ「やっぱりゲームは、これ」
クックッ
ギンギツネ「でしょうね」
マサト「〜♪」
スッスッ(VRで遊んでる
カチッ
『マイティクリエターVRX!』

Re: けものフレンズ〜ギター弾きの狐(?)〜 ( No.14 )
日時: 2018/02/04 01:11
名前: スカル

第12話〜フルルの拾ったもの〜

フルル「きれ〜い」
(光を当てて模様を見ている

コウテイ「?、フルルのやつは
なにやってるんだ?」
イワビー「なんか光に照らすと
模様が浮き出て綺麗だから
持って来たんだってさ」

マサト「あの〜すいません」

プリンセス「ん?、マサトどうかしたの?」

マサト「フルルさんの持ってるそれ
ぼくのなんですがその〜
返していただけませんか?」

ジェーン「そうだったんですか!、
フルルさんはやくお返しになった方が」
フルル「やだ〜」
イワビー「ちょっ!、フルル!」

マサト「え!」

コウテイ「はやく返すんだ!」
フルル「ん〜じゃあ〜」

・・・・・・・・・・・

フルルさんが言うに
これより綺麗なものを
見つけたら交換してくれるそうなので
フルルさんと共に遺跡に来ています。

マサト「まさか本当に
来ることになるとは」
フルル「はやく〜」
スタスタッ
マサト「ああっ待って」
タッタッタッ

〜遺跡内部〜

フルル「〜♪」
カチッ
『デンジャラスゾンビ!』
フルル「わ〜光った〜
それに音も出た〜」
マサト「そ〜ですね〜(何かないものか)」

サーバル「あれ?、マサトくんと
フルルだよ」
かばん「ほんとだね行ってみよう」
スタスタッ

マサト「ん〜これも違いますね〜」
フルル「〜♪」
カチッ
『デンジャラスゾンビ!』
サーバル「マサトく〜ん、フルル〜
なにやってるの〜」
マサト「あ、サーバルさんなかばんさん
実は…………と言うことなんです」
かばん「大変ですね、マサトさん」
マサト「ええ、ほんと何かぼく
悪いことしたんでしょうか」
フルル「これ音が出たり、光ったり
するんだよ〜」
サーバル「わ〜すご〜い!」

・・・・・・・・・・・

マサト「見つかりません」
かばん「一体どう言うのが
いいんでしょうかね」

ツチノコ「オイィッ!
こんなところでなにやってんダヨォッ!」

かばん「わっ!、ツチノコさん!」
マサト「すみません、ちょっと探し物を
していましてね」

ツチノコ「探し物?」

マサト「ええ、ちょっとした」

ラッキー『かばん、何かあるよ』
かばん「え?」

キラーンッ

マサト「?、なんでしょうこの
輪っかのやつは」
ヒョイッ

ラッキー『それは指輪って言うんだよ』
かばん「ゆびわ?ですか」

マサト「・・・・フルルさん
これならいかがですか?」
フルル「ん〜いいよ〜
は〜い」
マサト「ありがとうございます
良かった〜」
フルル「これ、どう使うのかな〜」
マサト「指にはまりそうですね
貸してください」
フルル「うん」
スッ
マサト「え〜と」

ラッキー『薬指にはめるんだよ』

マサト「ああっ、ここですか」
スッ
フルル「わ〜はまった〜」

ラッキー『それは、ヒトが結婚するときに
つけるんだよ』
かばん「え?」
サーバル「けっこん?」
ツチノコ「なんだそりゃ?」
ラッキー『結婚と言うのはね
好きな人と一緒になることなんだよ』
サーバル「つまり、私とかばんちゃん
みたいに仲良しな人ができるの?」
かばん「そうなんですか?」
ラッキー『そうだよ
そしてその二人は永遠に結ばれるんだよ』

マサト「え?」
フルル「わ〜い、きれ〜い」

サーバル「じゃあ、マサトくんとフルルは
結婚するの?」
かばん「ええっ!」
ツチノコ「まじかよォッ!」

マサト「えっえっちょっ」
フルル「ん〜?」

・・・・・・・・・・・

コウテイ「・・・(気絶」
ジェーン「はわわわっ」
イワビー「まじかよ」
プリンセス「すごいことになったわね」

マサト「・・・しかし
フルルさんにあげたゆびわは
けっこんと言う意味ではなく
交換という意味であげたものですから
誤解しないようにしてください」

コウテイ「そうだ、そうだよな」
プリンセス「まぁ確かにフルルも
そんなの気にしてないみたいだしね」

フルル「〜♪」

マサト「では、ぼくはこれで失礼いたします」

イワビー「おっ?、もう行くのか?」

マサト「ええっ、練習のお邪魔を
してしまうかもしれませんし
では、失礼します」

クイッ
フルル「・・・」
マサト「?」

ジェーン「フルルさん?」
イワビー「まさかフルル、マサトに」

フルル「それなにに使うの?」
マサト「えっええこれはですね」
プリンセス「でしょうね」
イワビー「まぁ〜フルルに限ってないよな」

マサト「・・・外に出ましょう
中ですとやりにくいです」
スタッスタッスタッ

〜ライブステージ〜

マーゲイ「あれ、あなた達もいたの?」
かばん「はい!」
サーバル「わぁ〜楽しみ〜」

マサト「・・・」
ガチャッ
♪〜(変身待機音
カチッ
『デンジャラスゾンビ!』

マサト「変身」

『ガシャット!
バグルアップ!
デンジャー!デンジャー!
デス・ザ・クライシス!
デンジャラスゾンビ!
(Woo!)』

ゲンムX「ハァッ!」

イワビー「お〜かっこいいな」
フルル「わ〜すご〜い」
パチパチッ
かばん「かっこいいですよ、マサトさん」

ゲンムX「ありがとうございます」

フルル「へぇ〜」
ツンツンッ
ゲンムX「?」
フルル「かた〜い、それに〜」
サーバル「?」

ギュッ
フルル「つめた〜い」
ゲンムX「わわっ!」
プリンセス「おわっ!、ふっフルル!」
イワビー「おっおい!
いきなり何やってるんだ!」
フルル「だって気持ちいいんだよ〜
冷たくて〜」
スリスリッ
ゲンムX「わっ!、フルルさん
はっ恥ずかしいです」
フルル「ん〜」

コウテイ「・・・(気絶」
マーゲイ「コウテイさんが気絶してる」

Re: けものフレンズ〜ギター弾きの狐(?)〜 ( No.15 )
日時: 2018/02/15 22:01
名前: スカル

第13話〜ばれんたいん〜
(一日遅れですが)

〜ライブ会場〜

マサト「ばれんたいんいべんとまぁ
チョコをもらえるなんていいですね〜」
ギンギツネ「はい、私から」
キタキツネ「ぼくからも」
スッ
マサト「ありがとうございます
ギンギツネお姉ちゃん、
キタキツネお姉ちゃん
じゃあぼくからも」
スッ
ギンギツネ「いつのまに、
作ってたの?」
キタキツネ「わーい!」
マサト「ええ、昨日の夜
お二人が寝静まった時に」
ギンギツネ「ふーん、ハート形ね」

オリックス「大将!」
オーロックス「俺たちからの
気持ちです!」
ライオン「ありがと〜」

シロサイ「あたしたちからも」
カメレオン「どうぞでござる!」
ヘラジカ「お〜、大事に
食べさせてもらうぞ!」

アライグマ「フェネックからチョコもらったのだ〜!」
フェネック「アライさーん
はしゃぎすぎだよ〜」

博士「大成功なのです」
助手「はい大成功なのです」
博士「助手、私からもチョコなのです」
助手「博士、私からもなのです」

プリンセス「みんな〜!、
ペパプのバレンタインライブ
始まるよ〜!」
ジェーン「是非聞いて行ってくださ〜い」
イワビー「待ってるぜ〜!」
マーゲイ「待ってまーす!」

かばん「ペパプの皆さんのライブ
をやるみたいだね」
サーバル「かばんちゃん、観に行こう!」
かばん「うん!(サーバルちゃんの
チョコどんな味するのかな〜楽しみ〜)」
サーバル「〜♪(かばんちゃんの
作ったチョコどんな味なのかな〜)」

・・・・・・・・・・・

プリンセス「みんなありがと〜!」
フリフリッ
フルル「マサトは、歌わないの〜?」
マサト「え?」
コウテイ「確かに、歌上手いんだからな」
マサト「・・・わかりました
かばんさ〜ん!」
かばん「はーい!」
タッタッタッ(ギターを持って出てくる)

サーバル「ええ!かばんちゃん?!」
アルパカ「なんの歌なんだろうねぇ」
トキ「楽しみね」

マサト「じゃあ行きますよ」
かばん「はい」
トントンッ

〜♪(『前前前世』

マサト「やっと眼を覚ましたかいそれなのになぜ眼も合わせやしないんだい?」
かばん「「遅いよ」と怒る君 これでもやれるだけ飛ばしてきたんだよ」

サーバル「かばんちゃんうまーい」
アライグマ「かばんさんすごいのだー!」

二人「「君の前前前世から僕は 君を探しはじめたよ
そのぶきっちょな笑い方をめがけて やってきたんだよ」」

マサト「君が全然全部なくなって チリヂリになったって
もう迷わない また1から探しはじめるさ
むしろ0から また宇宙をはじめてみようか」

かばん「どっから話すかな 君が眠っていた間のストーリー」
マサト「何億 何光年分の物語を語りにきたんだよ けどいざその姿この眼に映すと」

博士「一生懸命練習したのですね」
助手「そのようですね」
プリンセス「かっこいいわね」
コウテイ「ああ」

二人「「前前前世から僕は 君を探しはじめたよ
そのぶきっちょな笑い方をめがけて やってきたんだよ」」
かばん「君が全然全部なくなって チリヂリになったって」
マサト「もう迷わない また1から探しはじめるさ」
二人「「何光年でも この歌を口ずさみながら」」

イワビー「すげぇ!」
ヘラジカ「いいな!、あれ」
ライオン「そうだね〜」

・・・・・・・・

マサト「疲れました」
フルル「お疲れ様〜」
マサト「あ、フルルさん」
フルル「これ」
スッ
マサト「?、あチョコですか
ありがとうございます」
フルル「うん!
いっしょうけんめいつくったからね〜」
マサト「ええ、大切に
食べさせてもらいます
それとぼくからも」
スッ
フルル「わ〜ありがと〜」
マサト「ふふっ」

Re: けものフレンズ〜ギター弾きの狐(?)〜 ( No.16 )
日時: 2018/03/24 22:10
名前: スカル

特別編〜NG集〜

〜1話〜

サーバル「うみゃみゃー!!」
タッタッタッ
かばん「わぁ〜」
ズルッ
ドサンッ!
サーバル「わっ!」
ガッ!
ドサンッ!(かばんちゃんの上に転ぶ
かばん「ぎゃっ!」
サーバル「ごっごめんねかばんちゃん」

〜2話〜

マサト「・・・」
スタッスタッスタッ
ズルッ
マサト「!!」
ザバァンッ!!!

ジャガー「!、マサト大丈夫か!!」

マサト「たった助けて〜!」

〜3話〜

マサト「よっと」

かばん「マサトさん!」
トキ「あ」

マサト「え?」

ドゴッ
マサト「みぎゃぁぁあっ!!!」
ゴロゴロッ

アルパカ「どっどうしたのぉ?!」
ラッキー『アワワワッ!』

〜4話〜

ツチノコ「まったく」
スタッスタッスタッ

ゴチンッ!

ツチノコ「ギャァァッ!!!
いてぇぇぇえええ!!!!」
スナネコ「大丈夫ですか?
まぁ、騒ぐほどでもないか」
ツチノコ「なんでだよぉぉっ!!!」

〜5話〜

プレーリー「ぷはぁっ!」

ドサッ

かばん「?、!
マサトさん、息してません!」
サーバル「ええ!」
ビーバー「ええ!!しっかりするッス!」
マサト「」

〜6話〜

シロサイ「」

マサト「・・・般若のお面は
やりすぎましたか」
クルッ
オーロックス「」
マサト「・・・オーロックスさん?」

〜7話〜

かばん「えーと、これを
あ〜これを」
アタフタ

助手「大丈夫なのでしょうか
博士」
博士「心配なのです助手」

・・・・・・・・・・・・

博士「なんなのですか?
これは」
かばん「えーと…」

(焦げた鍋

サーバル「何がどうなったのか
わっかんないや!」
助手「見事に真っ黒焦げなのです」

〜8話〜

〜ライブのステージ上〜

プリンセス「あれ?、フルルは?」
イワビー「え?」
コウテイ「知らないが?」
ジェーン「あれ?、プリンセスさん
が呼んだんじゃ?」
プリンセス「私じゃないわよ?、
コウテイかと」
コウテイ「え?、イワビー
じゃないのか?」
イワビー「え?」

四人「「え?」」

〜練習する場所〜

フルル「〜♪(じゃぱりまんを
食べている」

マサト「・・・あれ?」

〜9話〜

マサト「」
かばん「」
サーバル「」
(三人全員疲労で倒れている
キタキツネ「〜♪」

ギンギツネ「いったい何時間、
ゲームしてるのよ!!」







Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。