二次創作小説(旧・映像)

けものフレンズ〜ギター弾きの狐(?)〜
日時: 2018/02/04 01:18
名前: スカル

マサト・・・狐(?)種類不明のフレンズ
身長はどのフレンズよりも低い
いつも黒いソフト帽を被り、
ギター片手にジャパリパークを気ままに
歩いて周っている、時折歌ったりもする
特に湖畔や、森の中等で歌う。

序章

ジャングルの中にある川

サーバル「やっと着いた〜!」
かばん「ジャガーさんありがとうございます」
ジャガー「おうよ!」

〜♪(ギターの音色

かばん「?、なんの音でしょう」
ジャガー「マサトか?」
かばん「え?」

マサト「赤〜い〜夕日に〜燃え〜上〜
が〜る〜君と〜誓〜った地平線〜♪
…?」
(岩の上でギターを弾きながら歌っている
かばん「あ、!どうもはじめまして
かばんです!」
マサト「かばん?、君はなんのフレンズ
なのかな?」
かばん「まだわからないんで、この先の
図書館に行くつもりです!」
マサト「図書館ですか、なるほど
あのバスが使えれば
早いでしょうね」
かばん「バス?」
マサト「ボスの方が詳しいですから
では、また」
スタッスタッスタッ

サーバル「行っちゃった」
かばん「ですね〜」
ジャガー「まぁ〜不思議な奴だからな
あいつは」
カワウソ「うん、そうなんだようね〜」
かばん「不思議と言えば不思議ですね」

Page:1 2 3 4



Re: けものフレンズ〜ギター弾きの狐(?)〜 ( No.9 )
日時: 2018/01/25 21:57
名前: スカル

第7話〜マサトの再会〜

ただ今雪山で、カマクラを作り
その中にいるのですが

マサト「・・・止みませんね」
かばん「はい、止まないですね」

ズボッ
ギンギツネ「わっ!」

マサト「?!」

ギンギツネ「あら?、マサトじゃない
どこ行ってたのよ心配したんだから」
マサト「ギンギツネお姉ちゃん」

・・・・・・・・

〜温泉の機械のある場所〜

ギンギツネ「ふぅ〜やっと終わった
マサトがいると助かるわ」
マサト「そうですか・・・?」
かばん「どうかしたんですか」
マサト「な〜んか嫌な予感がします」

セルリアン「ギギギッ」

マサト「やっぱり」

セルリアン2「ギギッ」

サーバル「わわっ、まだいるの!」

セルリアン3「ギギギッ」

マサト「・・・お先に
行っていてください」

スッ
キュゥン

マサト「………超変身!」

キュィンキュィンキュィンッ!

クウガ・A「・・・ハァァッ!!!」
タッタッタッ

セルリアン3「?!」

クウガ・A「フンッ!」
ドッ

ギュィンッ
ドォンッ!!!

セルリアン1「!!!」
バッ

スッ
ボォッ!(超自然発火能力
セルリアン1「ギギギッ!!!!」
トサッ

クウガ・A「・・・」
クルッ

セルリアン2「!」
ススッ

クウガ・A「ハァッ!」
ドォゴッ!!!

ドォォンッ!!!

ギンギツネ「凄まじいわね〜」
かばん「そっそうですね」

・・・・・・・・・・

〜温泉〜

カピバラ「ふぅ〜」
かばん「あれ?、マサトさんは?」
ギンギツネ「青い暖簾の方に行ったよ
あいつなぜかあっちに行くんだよな〜」
サーバル「なんでだろうね〜」

〜男湯〜

マサト「……男だからですよ(ボソッ」
(丸聞こえしている)

〜休憩所〜

かばん「ふぅ〜…?」

カチャカチャッ(ゲームの台を
いじっている

かばん「あ、マサトさんも上がられたんで…すか?」

マサト「?」
(帽子を外している

ギンギツネ「!、また帽子かぶってたの?!」
キタキツネ「何やってるの?」

マサト「新しいゲームを設定してたんだよ」
キタキツネ「わぁ〜ありがと」
マサト「ふふっ」

かばん「マサトさんしっ尻尾が
きゅっ9本あります!」

ギンギツネ「あ〜マサトは、九尾なのよ
色々とできるみたいなのよ
たま〜にこうやってキタキツネのやる
ゲームの内容を変えたりしてるのよ」

キタキツネ「次はどんなの?」
キラキラッ
マサト「ちょっとホラー系で、名前は
『ゾンビクロニクル』って言うんです」
キタキツネ「どんなの?」
マサト「ゾンビという怪物を
倒しながら進んで行くんですよ〜」
キタキツネ「はやくやってみたい!」
マサト「もっ、もうすこしまってて
下さい(アセッ」
キタキツネ「うん!、ボク待つ」
ジーッ
マサト「・・・(やりにくい)」
カチャカチャッ

〜数十分後〜

マサト「はい、できましたよ〜」
キタキツネ「わぁ〜、ありがとう〜」
ぎゅーっ
マサト「もう〜ゲームも、
ほどほどにって聞いてませんか」

キタキツネ「〜♪」

ギンギツネ「また、しばらく
ゲーム漬けね」
マサト「・・・まぁ楽しんでるんだから
いいんじゃないですかね〜」
かばん「でも、マサトさんすごいですね
あんなこともできちゃうなんて」
マサト「いえいえ、褒められるほどのことでは」
サーバル「私もやりたーい!」
キタキツネ「ダメ、ボクが今やってるから」
ギンギツネ「順番は守りなさいサーバル」
サーバル「はーい」
かばん「その次はぼくもやりたいです」

マサト「なんだか、嬉しいですね〜
(ニコニコッ」




Re: けものフレンズ〜ギター弾きの狐(?)〜 ( No.10 )
日時: 2018/01/27 22:12
名前: スカル

第8話〜黒いせるりあん〜

ぼくは、一応温泉の手伝いのため
残っていたのですが、
なぜか胸騒ぎがしぼくは
とある場所へ向かいました。

そこには………

マサト「なっなんですかあれは」

ヒグマ「マサト!、かばんが」
マサト「!」
ダッ

マサト「かばんさん!!!」

ドォンッ!

マサト「!!……
貴様ァァアッ!!!」
シャカシャカッ
カチャッ
『ラビット!』
カチャッ
『タンク!』
『ベストマッチ!
カチャカチャッ)
Areyou ready?』

マサト「変身!!!」
ダッ

『鋼のムーンサルト!
ラビットタンク!
イェーイ!』

ビルドR・T「ハァッ!」
ドッ!

黒セルリアン「・・・」

ビルドR・T「!、そんな」

ヒグマ「効いてないのか?」

ビルドR・T「くっ」

カチャッ
『タカ!』
カチャッ
『ガトリング!』
『ベストマッチ!
カチャカチャッ)
Areyou ready?
天空の暴れん坊!
ホークガトリング!
イェーイ!』

ビルドT・G「ハァッ!!!」
ドドドドドドッ!!!

キンキンキンキンッ
黒セルリアン「・・・」

ビルドT・G「そんな、ありえません」

黒セルリアン「・・・」
ブゥン!

ヒグマ「マサト!、避けろ!」

ビルドT・G「!」
ドッ!!!

ビルドT・G「ギャァァアッ!!!」

ドサンッ

リカオン「あっちの方に落ちました!」
ダッ
ヒグマ「くっ、助けにいくぞ!」
ダッ
キンシコウ「わかりました!」
ダッ

・・・・・・・・・・

マサト「・・・・
くっ」
ダァンッ!

リカオン「マサト」
ヒグマ「そっとしておいてやれ」

マサト「・・・
スッ)
力があれば…助けれました」
サーバル「…んん」
ヒグマ「サーバル!」

次回、マサトがついに
あのフォームに変身!!!
フレンズ達と協力し
黒いセルリアンを倒すことが
できるのか?

Re: けものフレンズ〜ギター弾きの狐(?)〜 ( No.11 )
日時: 2018/01/28 12:10
名前: スカル

第9話〜マサトの禁じ手〜

サーバル「かばんちゃんは?」

ヒグマ「・・・すまない」
サーバル「え」
マサト「・・・」
バサッ
ヒグマ「ハカセ」
ハカセ「マサトから聞いたのです」
助手「そしてフレンズ達を集めたのです」
ジャガー「かばんのために」
トキ「ええ、私のファンのために戦うわ」
ヘラジカ「戦いなら任せろ!」

サーバル「みんな!」

アライ「そうなのだ!」
フェネック「あいよー」

ハカセ「フレンズの力を結集する時
なのです」

フレンズ「「オーーーッ!!!」」

サーバル「みんな」
マサト「かばんさんは皆さんから
好かれてたんですね・・・
ぼくも禁じ手を使いますか」
ギンギツネ「マサト、まさかそれ
まだ持ってたの!?」
マサト「ええ、ぼくなりの
ある意味での禁じ手です」
ギンギツネ「でもあんたじゃあ
使いこなせないって」
マサト「・・・もうぼくは、
使いこなせる段階に来ています
それに」
ギンギツネ「それに?」
マサト「今使わずにいつ使うと
言うんですか」
ギンギツネ「…そう、わかったわ」
マサト「はい!」

・・・・・・・・・・・

ハカセ・助手「「さぁ、行くのです!!!」」

サーバル「みゃみゃみゃー!!!」
ヒグマ「ハァァッ!!!」
ライオン「デャァァッ!!!」
ヘラジカ「テャァァッ!!!」

〜少し高台の所〜

キタキツネ「・・・マサト」
マサト「はい」
シャカシャカッ
『ラビット!・タンク!
ベストマッチ!
(カチャッカチャッ
Are youReady ?』
マサト「変身!」
『鋼のムーンサルト
ラビットタンク!
イェーイ!』

ビルドR・T「タァッ!!!」
シュタッ

ギンギツネ「マサト」
アルパカ「大丈夫だよぉ」
トキ「ええ、マサト強いもの」
アライ「マサトをしんじるのだ!」
フェネック「アライさんの言う通りだよ〜」
ギンギツネ「そうね、私が信じなきゃね
姉として」
キタキツネ「ボクも信じる」

ビルドR・T「ハァッ」
ドッ

黒セルリアン「ギギギッ」

サーバル「みゃみゃー」
ザァンッ!
ライオン「ハァッ!」
ドゴッ!
シロサイ「ティッ!」
ザンッ!

黒セルリアン「ギギッ」
ヨロッ

ヘラジカ「あのまま溝へ追い込め!」
オーロック「あいよ!ハァッ!」
ドゴッ!

黒セルリアン「ギッ」
ザザッ

ビルドR・T「デャァァッ!!!」
ドッ!

黒セルリアン「ギッ」
ガッ

ヒグマ「よしもう一撃だァッ!」

7人「ハァァッ!!!」
ザァンッ!!!

黒セルリアン「!」
ズザァァッ
ドォンッ!

・・・・・・・・・・・

かばん救出後

ギンギツネ「マサト!、今よ!」
ハカセ「さっさと決めるのです!」

ビルドR・T「はい!」
カチッ
『ハザードオン!アンコトロール
スイッチ!
ブラックハザード!
ヤベーイ!
カチャッ)
ラビット!タンク!
スーパーベストマッチ!
ドン!デン!ガン!
ガタガタゴットン!
ズッタンズタン!』
ビルドR・T H「これで、決める!
タァッ!」
シュタッ!

カチッ
『オーバーフロー!』

ビルドR・T H「ハァァァッ!!!」
ドォゴッ!!!

黒セルリアン「!!!」
ドォォォンッ!!!!!

シュゥンッ
マサト「はぁはぁ、やっやりましたか?」

ザザザザッ

ゴゴゴッ
黒セルリアン「」

マサト「なに?!」
サーバル「そんなまだ動くの!」

マサト「なんなんですかね〜!!!」
タッタッタッ

かばん「んっんん」
サーバル「かばんちゃん!」
かばん「サーバルちゃん?
あれ?、あの黒いセルリアンは?」
サーバル「それが」

〜港〜

マサト「逃げる気ですか」
トキ「ねぇ、あれは」
かばん「らっラッキーさん!」
マサト「まずい」

ラッキー「・・・」

ゴゴゴッ

かばん「船を動かしてるもしかして
ラッキーさん自分を囮にして」

グググッ(船に重みがかかる

マサト「まずいですあれ以上
船に重みを加えたら」
ヘラジカ「何が起こるんだ」
ジャガー「全然わからん」
マサト「船が爆発してしまいます!」
かばん「え!、そんな!」
サーバル「ボスゥッ!」

ドォォォンッ!!!

かばん「そっそんな、
ラッキーさぁぁんっ!!!」

・・・・・・・・

助手「見つからないのです」
トキ「あっちの方かしら」

マサト「・・・こっちかな?」
フワフワッ

かばん「・・・」
サーバル「?」

ラッキー「はじめまして
ラッキービーストです」

かばん「このラッキーさんでもない」

ザザンッ

かばん「?」
サーバル「?、なにこれ」
ラッキー『かばん』

サーバル「わぁっ!」

ポチャンッ

かばん「あれ、ぼく達のラッキーさんだよ!」
サーバル「ええっ!」

・・・・・・・・・・・

マサト「・・・」
ズズズッ(紅茶を飲んでいる
アルパカ「こんな多くの人に
紅茶を飲んでもらえて嬉しいねぇ」
マサト「・・・(ハザードトリガーも
改良の余地がありますね)」
コトッ
ヒグマ「はぁ〜料理も楽じゃないな」
マサト「まっ、セルリアンが殲滅
したんですしセルリアン狩りより
ましなのでは?」
ヒグマ「まっそうだな」

ツチノコ「ふんっ」

マサト「あなたはいつも
物陰にいますね」
ツチノコ「ここが好きなんだよぉっ!!」

・・・・・・・・・・

〜かばん出発の日〜

かばん「それでは皆さん」

ハカセ「新しい料理を覚えて
戻ってくるのですよ」
ヘラジカ「あたしたちはいつでも待ってるからな」
サーバル「・・・またね、かばんちゃん」
かばん「うん!、また必ず帰ってくるからね」

マサト「まぁっ、ギターの練習怠らずに
また一緒に歌いましょ」

かばん「はい!もっと上手くなれるように
頑張ります!」

こうしてかばんさんは、旅立った。
その次の日からサーバルさんの姿が見えませんでしたいったいどこへいったのでしょう?


Re: けものフレンズ〜ギター弾きの狐(?)〜 ( No.12 )
日時: 2018/01/29 00:34
名前: スカル

第10話〜ヘラジカvsマサト〜

かばんが出発する
一週間前の出来事

〜ライオンの城の前〜

ヘラジカ「私に挑むとは、いい度胸だな
マサト」
マサト「はい、一度お手合わせ願いたい
と思っていたところですので」

ヤマアラシ「ルールは簡単ですぅ〜
先に頭の風船が割られた方が
負けですぅ〜」
ライオン「両者準備はいいな?」

マサト「いつでも」
ヘラジカ「わたしも大丈夫だ」

ヤマアラシ「それでは、
はじめ!ですぅ〜!」

ヘラジカ「ハァァッ!」
シュッ
スカッ
マサト「ハッ!」

ガッ

ヘラジカ「やるな」
マサト「そちらも」

かばん「すごい戦いだね」
サーバル「うん!どっちが
勝つんだろうね」
シロサイ「もちろんヘラジカですわ」
カメレオン「そうですね」
オーロック「いや、マサトも
強いからなわからない戦いなのは確かだ」
ライオン「ああ、そうだな」

ヘラジカ「テイッ!」
ブンッ

ガッ
マサト「くっ」
ヘラジカ「テイヤッ!」
シュッ
タンッ

サーバル「あ!」
かばん「マサトさんの
武器が」

マサト「・・・」
ヘラジカ「勝負あったな」
マサト「テヤッ!」
ドッ

タンッ
ヘラジカ「あ」

かばん「ヘラジカさんの武器も
飛ばされてしまいました」

シロサイ「ヘラジカさん!、これを!」
シュッ

パシッ
ヘラジカ「ああ」

マサト「・・・」

キタキツネ「マサトは
何を出すのかな?」

スッ
『ガチャコンハンマー
シャキーンッ!』
マサト「・・・」
ヘラジカ「・・・」
ジリッジリッ

ポタッ

サーバル「?、なに?」
かばん「雨だね」

ポタッポタッポタッ

『時〜を止め〜て
時を戻し何を知る?…』

オーロック「ん?、なんだ歌?」
かばん「なんで歌が急に」
ライオン「そう言えばマサトが
何かいじってたな」
オーロック「え?」

ザァァァァッ(雨音

ヘラジカ「・・・」
マサト「・・・」

『終わらない終わりがない
繰り返しのゲームの様に
祈りにも似た憎しみが
探し続けるものは…』

サーバル「雨がひどくなってきた!」
かばん「わわわっ!」

『誰にも消せやしないぃっ!』

ヘラジカ「・・・」
ダッ
マサト「!」
ダッ

『愛したそのno way
届かぬ思いone way』

ヘラジカ「フッ!」
シュッ!
マサト「ハッ!」
ガキッ!!
グググッ

バッ(後退する

『分かり合えない世界で』

ヘラジカ「・・・」
スッ

マサト「・・・!」
タッタッタッ

『戦いの道の先 心が写す影』

バッ(ヘラジカに近くで飛び上がる

『一人の叫びぃぃっ!』

マサト「デャァァッ!!!」
シュッ
ヘラジカ「ハァァァッ!!!」
シュッ

ザンッ!!!

かばん「あっああ」
サーバル「すっすごいね」

ライオン「いまのは」
シロサイ「はい」

ヤマアラシ「勝者は………
ヘラジカ様ですぅ〜」

ヘラジカ「・・・ふぅ」
マサト「・・・
結構自信があったんですが
負けましたか」
ヘラジカ「だが、なかなかつよかったぞ
マサト」
マサト「いえ、まだまだです」

サーバル「わ〜すごかったね〜」
かばん「うん、迫力がありすぎてすこし
怖かったですけど」
キタキツネ「うん、でも
マサトなんだか楽しんでるみたいで
良かった」




Re: けものフレンズ〜ギター弾きの狐(?)〜 ( No.13 )
日時: 2018/01/31 22:21
名前: スカル

第11話〜ぶいあーる〜

マサトが、倉庫を整理していると
中からあるものを発見する

マサト「なんでしょうかね〜これ?」
キタキツネ「新しいゲーム?」
ギンギツネ「目につけるのかしら?」

かばん「どうも〜」
サーバル「温泉に入りに来たよ!」

ギンギツネ「あらいらっしゃい」
サーバル「みゃみゃ?、ねぇそれなぁ〜に?」
マサト「さぁ〜それがわからなくて
困ってるんですよ」

ラッキー『それは、VRだよ』

マサト「ぶいあーる?」

ラッキー『目に取り付けて
バーチャル世界を楽しむゲームだね』

かばん「目に取り付けるんですね」
スチャッ

サーバル「どんな感じなのかな〜?」
かばん「真っ暗で何も見えないけど」

ラッキー『ゲーム本体に繋いでないからね』

マサト「これにつなげばいいのかな?」
カチャッ

かばん「わわっ!!」

キタキツネ「ゲームの画面が一人称になった」
ギンギツネ「へぇ〜ちょっとやってみてもいいわね」

かばん「わっ!、何かこっちに向かって来ますどっどうすればいいんですか〜!」
ラッキー『近くにあるコントローラーを
もって戦えばいいんだよ』
かばん「なっなるほど、えーとこれですね」
スッ(コントローラーを前に出す

マサト「・・・あ、そういえばもう一つありましたね」
スタスタッ
キタキツネ「ほんと!!」
ガサゴソッ
マサト「ほらっ」
スッ
キタキツネ「わぁ〜」
スチャッ
カチャッ

マサト「?」
サーバル「画面が半分になったよ!!」
ギンギツネ「なんかあまり
ついていけないわねこういうの」

キタキツネ「わぁ〜すご〜い!」
サーバル「私もやりた〜い!!
かばんちゃんかわって〜」
かばん「うん、どうぞ」
サーバル「わぁーい!」

マサト「・・・これは流行りますね」
ギンギツネ「そうね」

その後すぐ、キタキツネは、
飽きるのでした。

キタキツネ「やっぱりゲームは、これ」
クックッ
ギンギツネ「でしょうね」
マサト「〜♪」
スッスッ(VRで遊んでる
カチッ
『マイティクリエターVRX!』

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。