二次創作小説(旧・映像)

ナンバーズ
日時: 2018/04/28 17:05
名前: いくちゃん

初めましていくちゃんです
このニックネームで分かる同級生もいるかもしれないけど、
このお話は、漫画の世界あるあるを基本にしたお話です
少年・少女漫画とアニメになってるもの中心ですが、
漫画の描き方ではなく、キャラの特性についてを語ったお話です。
後、リアル御伽噺&昔話も入れています
さらに、自分の体験や気持ち、私情なども入っています
本心は、誰かこのお話を絵に描いてほしい、漫画に描いてほしい、
と考えています。
これを漫画にして描いてくれる方がいたらご連絡先をお願いします。

それではお話の始まり始まり






















このお話は私達11人+αの成長&恋愛物語
親友、そして仲間と書いてライバル、1人の想い人をかけて、私達11人の恋愛バトル!
そして、11人+αの一致団結!競い合い、助け合い、そんなかけがえのない時間、
これはそこにいくまでのお話
1出会い
ある学校

教師「今日、このクラスに転校生が来ました」

生徒達「えーーーー!!」

教師「さあ、入ってきて」

???「初めまして東京から来ました。松本一です」

別の教室
???「…二美です」
   「…三です」
   「…四輝です」
   「…五模です」、「妹の六海です」

これから俺たちの
         新生活が  
             今
              始まる!

※一→はじめ、二美→つぐみ、三→なお、四輝→ひろき
 五模→いずも、六海→むつみ、七斗→かずと、八姫→かずき


一・二美「「ただいま」」

母「お帰りなさい、どう新しい学校は?」

一「その前に、新しい家がどうなってるんだ!なんで、未だホテル暮らしなんだよ」

二美「何もかもお兄ちゃんのせいでしょう!」

一「はぁっ!あれは、いかれた校長のせいだよ!」

母「まあまあ二人とも落ち着いて、実はお母さんの遠い親戚が部屋を貸してくれるから、
  明日の朝、地図を渡すから帰りは地図の通りに帰ってきてね。」

次の日の帰り
一「よっ、二美一緒に帰ろうぜ」

二美「そっちはどうなの」

一「まあまあかな、あ、そういえば生徒会に入ろうかなって思ってる」

二美「えっ、私も!学年代表を立候補してる」

一「お前もか、俺も学年代表だよ!」

不良A「おい、お前松本一っていうヤロー知らねえか」

一「えっ、お、俺のことだけど、何っすか?」

不良B「俺らの弟分がてめーに世話になったようで、仕返しに来たんや!!」

二美「ちょっと、何でいきなり手を出すんですか?!」

不良C「てめ−らのほうから先に手出してきたんじゃないか!」

一「はっ、俺お前らの弟分なんて知らねーよ!」

二美「そうよ!私たちはここへ引っ越してきたばかりなのよ」

不良A「ごちゃごちゃ言ってんじゃねーよ!」

???「待ちなさい!」

不良A「なんだ?」

???「その二人を離しなさい!」

それが俺たちの出会いだった。
    

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36



Re: ナンバーズ ( No.182 )
日時: 2018/08/26 10:48
名前: いくちゃん

171 運動会の内容競技編
二美「あっ、二君!」

二「あっ、二美ちゃんに先輩!来てたんですね!」

一「聞いたわよ一君、障害物は鳳じゃないって理由で選んだんだって?」

一兄「だって、普通の学校はそうだろう!」

理「あっ、鶴!今回から障害物で一部変更になったわよ!」

鶴「どこですか?」

理「あなたの出る3800mだけど今回から直線はダートコースになったわよ!」

鶴「ええ!そうなんですか」

理「後中山コースの5号障害は横振りの大縄になったわ!」

二「確か今まではマットでしたね!」

理「後今までのパン食いの高さが低くなったわ!あれじゃ危ないかつ難しいということで・・・」

二美「どんなパン食い?」

一「確か飛びながらぶら下がってるパンを手を使わず取る、
  いやくわえるかな?」

二「どっちでもいいよ!あれはアスリートでも難しいかったと思うし…
  しかも一発勝負だしな・・・」

一兄「(難しそうだな・・・)
   なあ、ゴールする順番でどれくらい点数変わるの?」

二「変わるどころか・・・」

一「うちは厳しいからね・・・」

一兄(どんなレースなんだ?)

鶴「一応、1位が200点、2位が100点、3位が90点、4位が81点、5位が80点
  6位が75点、7位が70点、8位が64点、9位が60点、10位が50点、
  11位が49点、12位が40点、13位が36点、14位が25点、15位が16点、
  16位が9点17位が4点、最下位は1点」

二美「すごい差だね・・・」

一兄「ますます競馬だ・・・」

鶴「でも途中棄権や転倒は0点だよ!
  あと制限時間内にゴール出来なかったり反則はマイナス点だよ!」

二美「厳しいね・・・、当たり前だけど・・・」

一「あっ、そういえば新記録を出せばボーナス1000点をもらえるよ!」

一兄・二美「1000点!」

二「もちろん、終わった後表彰されるけどな!」

鶴「まあ、ボーナスはそれ以外でも発生するけどね!」

一兄「どういうとき?」

二「平地なら走った距離の100分の1の点数、ただし1000m以上、
  障害は障害物によって点数が違います!」

一「ちなみに、大障害は難しい分得点は高いけど、
  最後の置き障害のほうがもっと高いわよ!」

一兄「なんで?」

二「そりゃ最後の最後まで油断しないようにですよ!それに大障害より珍しいといいますか・・・」

鶴「まあ、最後の最後まで逆転はどのチームにもあるってことね!
  ちなみにコース別対抗戦よ!」

一兄「よーし二!絶対負けねーからな!」

二「先輩こそ、Aクラス恒例の悪夢の大逆転にならないように」

一兄「なんだそれ?」

一「毎年のお約束なのよね、そもそもAクラスは平地が得意で、
  Bクラスは障害物が得意で・・・」

鶴「今までの戦歴はBクラスの7勝7敗の5分、紅白でいえば白の16勝9敗6分、
  以下Dクラス4勝、Hクラス3勝、Cクラス2勝、Gクラスは2勝、Eクラスは1勝よ」

一兄「あれFクラスは?」

鶴「勝ち数がBクラスの勝利数、負け数がAクラスの勝利数、引き分け数がFクラスの勝利数」

二美「ややこしい・・・」

二「まあ、この3チームはライバル関係だからな!」

Re: ナンバーズ ( No.183 )
日時: 2018/09/02 11:04
名前: いくちゃん

172 噂の理事長
五「コラ!危ないでしょう!やめなさい!」

男子A「誰も見てなきゃ、バレねーよ!」

六生「それはどうかな?」

男子B「どういうことだよ?」

五「あら、知らないの?この学校の理事長はどこかで生徒のことを見てるんだよ!  
  見つけたら、たとえどんな悪戯やいじめでも罰が与えられるのよ!」

男子A「はあ?そんなの嘘パチッだろ!」

男子B「なんかの間違いだろ!」

日「そうでもないわよ!」

五「先輩!」

日「私もその話聞いたことがあるわ!
  何しろある生徒をいじめた生徒が強制的に他の学校に強制転校、
  なぜか、宿題の数がほかの生徒より宿題が多かったり、
  ちょっとした悪戯書きがばれて、それを消させられたり、
  近所にピンポンダッシュなどの悪戯をした生徒が何日かしたら、
  その家に謝らせられるていうのを見た人もいるって・・・」

男子A「怖え〜・・・」

男子B「やめるか!」

男子A「ああ、そうだな・・・」

五「先輩ありがとうございます!」

日「いいてことよ!それにこれ本当にあったことだし、
  本当に理事長はどこで見てるか分からないわよ!」

理事長室
二「すごいなあ、いじめ一つで強制転校だなんて!」

鶴「ええ、本人に反省の色が見えなかった場合だけどね!」

一「そういえば、金太郎も元いじめっ子だったわよね、今は丸くなったけど・・・」

鶴「本当なら、強制転校にするつもりでしたが、一ちゃんの更生を見て、
  もういじめることはないと判断して、まああれだけの鍛錬をしたら
  罰を与えるのもかわいそうに思えてきて・・・」

二「なんだっけ、2日不眠の稽古だったけ?」

一「なにこれ?ピンポンダッシュや壁の落書き!」

鶴「近隣の人から苦情があったので、うちの生徒ではないという疑いを晴らそうと思って
  張り込んでいたら・・・」

二「うちの生徒だったんだな・・・」

鶴「現行犯で捕まえて、ちょうど理さんもいたので一緒に謝りました」

二「それでどうなったの?」

鶴「私が逆に褒められて・・・」

一「まあ、何もしていないのに一緒に謝った生徒ってことならなおさらね」

鶴「まあ、色々陰で捜査してるうちに、理事長はどこかで見てる!
  って噂がたっちゃったんですけどね・・・」

二「俺は別に悪くないと思うけど・・・」

鶴「いや、思わず理事長が自分だってことがばれそうになるし・・・」

一・二「ああ・・・」

生徒兼理事長は精神的に辛いそう思う二人であった。

Re: ナンバーズ ( No.184 )
日時: 2018/09/09 11:19
名前: いくちゃん

173 運動会開会式
楓花「ただいまより第32回運動会を開始します!一同礼!」

その後得点などの報告や校長先生の話を挟み、
いよいよ紅白分け!
紅白分けとは、紅組・Aコース、白組・BコースにC・D・G・Hのコースが代表の先生によって
旗のくじ引きをして、どっちの組になるのかを決める儀式!

ちなみにEとFは体育会系のコースなので黒組という別の組を結成している。

開会式が終わり・・・

二「今年はCとGが味方か・・・」

楓花「妹達の子とも一緒で良かったじゃない!」

一「風浦ちゃん!」

風浦「一ちゃん!今年は一緒の組だね!」

鶴「二君!同じチームだね!」

二「いやそもそも同じクラスだろ!」

飛巫「二!私と同じチームになれたことを光栄に思いなさい!」

二「いや、そもそもBコースは必ず白組だし、それならセリフ逆じゃねえ?」

飛巫「まあ、いいわ!それより私の走る姿を必ず見ておくのよ!」

二「ああ、見れたらな!何レース目だ?」

飛巫「5年生女子、最後のレースよ!」

二「へえ〜、あっ!そういえば俺も男子では1番最後だ!」

飛巫「そうなのですか?」

鶴「あっ、実は私も一番最後だよ!」

二「分かった、絶対応援するよ!」

鶴「お願いね」

飛巫「ちょっと、私は?」

紅組side
赤穂「日!」

日「赤穂!どうしたの?」

赤穂「今週だけは敵チームだけど、話すくらいいいじゃん」

日「まあそうだけど・・・」

赤穂「なんかごめんね、私は二と一緒のチームで・・・」

日「赤穂が謝ることじゃないし、そもそもAクラスは必ず紅組だし・・・」

赤穂「それもそっか!」


一兄「ああ、一ちゃんと一緒のチームがよかったな・・・」

三「そりゃ、向こうは必ず白、こっちは必ず紅!コース変えないと無理だよ!」

二美(ああ、二君と同じチームがよかったな・・・)

四輝(何考えてんのかすぐわかる!っていうかこの二人似てるな・・・、
   っていうか絶対無理だし!)

白組side
希「一ちゃん!絶対負けないからね!」

一「もちろん!かけっこでは負けても総合得点では負けないよ!」

瑞穂「あの・・・、二先輩!」

二「ん?瑞穂ちゃん、どうしたの?」

瑞穂「敵にはなりますが、私が出てるレースでは応援してください!」

二「分かった、でも俺が出てるレースを瑞穂ちゃんが応援してくれたらうれしいんだけどな・・・」

瑞穂「もちろん応援します!」

希「瑞穂、鳳はやらないでね!」

瑞穂「ええっ!」

二「心の中でも大丈夫だよ!」

瑞穂「はい!」

次回競技開始!





Re: ナンバーズ ( No.185 )
日時: 2018/09/16 13:01
名前: いくちゃん

174・競技1日目

応援団の応援合戦が終わりと全クラスの徒競走が始まった!
低学年は100m
中学年は200m
高学年は400m
ちなみにすべて直線で行う。
さらに、中学年には先生が一人、高学年は男子に50代の大人、女子は40代の大人が二人付く
ちなみに、先生に勝った生徒の点数は2倍となる!
そして負けた先生は、一人に負けるごとに給料が100円ずつカットされる
大人が取った得点は、人数の少ないE・Fクラスの点数となる!
もちろんその中には、Eクラス、Fクラスの保護者も混じっている

そして、1日目の最後の競技1年生の団体競技が始まろうとしていた
これはその始まるまでの話

二「いや〜、凄かったね鶴ちゃん!」

鶴「(`・∀・´)エッヘン!!これが理事長の意地というものよ!」

零「お姉ちゃん早かった!」

有「うんうん」

鶴「二人の応援があったからだよ!」

二(おそらくこっちが正解だな・・・)

四美「お母さん早すぎ!」

楓花「まだまだあんた達子供に負けるつもりはないわよ!」

三氏「大人げないというか、ぶっちぎりだったよね?」

楓花「そりゃあ、昔陸上部だったもの!」

一「ああ、希ちゃんに負けた!」

希「へっへ〜ん!この新幹線希様に勝つなど100年早いのよ!」

瑞穂「私も何とか1位だったよ!」

二「あれはすごかったな!希先輩と勘違いしちゃったよ!」

瑞穂「先輩応援してくれたんですね!」

二「ああ、約束したしな!」

飛巫「私の時は?😠」

二「あ、あれは、同じチームである鶴ちゃん応援したくなるじゃん!」

妃「ねえ?」

一「あっ、妃じゃない!どうしたの?」

妃「そろそろ1年生の団体競技だから!」

一「あっ、分かった!見て欲しいんだね」

二「もちろん、どの競技も見るつもりだぞ」

玉入れの準備が始まり・・・

二美「ねえ?あのかご何?」

一「えっ?普通だけど・・・」

二美「あの上についてるやつ!」

二「ああ、40%オフかごっていうんだよ!」

一兄「絶対入れにくいだろ!誰だよあんなの考えたの?」

一「あれは、入れにくくするためじゃなくて、出しにくくするためにつけたのよ!」

一兄・二美「えっ?」

二「いや、たくさん玉が入ると倒すときに何個か落ちますよね?
  それで何個落ちたのかとか、
  落ちた数が分からなくて実際の数と変わらないようにするための工夫ですよ!」

一兄「成程!」

次回・いよいよ玉入れスタート!

Re: ナンバーズ ( No.186 )
日時: 2018/09/17 12:11
名前: いくちゃん

175 玉入れ・前半戦
放送「只今より1年生によります玉入れを開始いたします!
   1年生入場!」

入場行進が終わり

放送「1回戦!女子による玉入れ!制限時間は30秒!よ〜い」

パン!

30秒後

パン!パン!

放送「みんなで玉を数えましょう!」

8チーム「1つ、2つ、3つ、4つ、・・・」

7チーム「21、・・・」

Cクラス(黄)「21!」

6チーム「24、・・・」

Gクラス(桃)「24!」

5チーム「27、・・・」

Fクラス(黒)「27!」

4チーム「28、・・・」

Dクラス(緑)「28!」

3チーム「30、・・・」

Eクラス(橙)「30!」

2チーム「31、・・・」

Hクラス(水)「31!」

Bクラス(白)「40!」

Aクラス(赤)「40,41!」

放送「1回戦は赤の勝ち!続いては2回戦!男子用意してください」

男子の用意完了

放送「2回戦!男子による玉入れ!制限時間は30秒!よーい!」

パン!

30秒後

パン!パン!

放送「みんなで一緒に数えましょう!」

8チーム「1つ、2つ、3つ、4つ、・・・」

7チーム「29、・・・」

Eクラス「29!」

6チーム「30、・・・」

Dクラス「30!」

5チーム「35、・・・」

Cクラス「35!」

4チーム「39、・・・」

Hクラス「39!」

3チーム「40、・・・」

Gクラス「40!」

Bクラス「50!」

Aクラス「50,51!」

Fクラス「50,51,52,53,54,55!」

放送「2回戦は黒の勝ち!続きまして3回戦!全員!」

用意完了

放送「3回戦全員!制限時間は30秒!よ〜い!」

パン!

30秒後

パン!パン!

放送「みんなで玉を数えましょう!」

8チーム「1つ、2つ、3つ、4つ、・・・」

7チーム「30、・・・」

Dクラス「30!」

6チーム「40、・・・」

Fクラス「40!」

5チーム「45、・・・」

Cクラス「45!」

4チーム「50、・・・」

Eクラス「50!」

3チーム「55、・・・」

Gクラス「55!」

2チーム「56、・・・」

Bクラス「56!」

Aクラス「60!」

Hクラス「60,61,62,63,64,65,66!」

放送「3回戦水色の勝ち!」

二美「これで終りね」

二「いやまだ、終わりじゃないよ!」

二美「?」

放送「続きまして1年生のお爺ちゃんお婆ちゃんたちの入場です!」

二美「えっ?どういうこと!」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。