二次創作小説(旧・映像)

ナンバーズ
日時: 2018/04/28 17:05
名前: いくちゃん

初めましていくちゃんです
このニックネームで分かる同級生もいるかもしれないけど、
このお話は、漫画の世界あるあるを基本にしたお話です
少年・少女漫画とアニメになってるもの中心ですが、
漫画の描き方ではなく、キャラの特性についてを語ったお話です。
後、リアル御伽噺&昔話も入れています
さらに、自分の体験や気持ち、私情なども入っています
本心は、誰かこのお話を絵に描いてほしい、漫画に描いてほしい、
と考えています。
これを漫画にして描いてくれる方がいたらご連絡先をお願いします。

それではお話の始まり始まり






















このお話は私達11人+αの成長&恋愛物語
親友、そして仲間と書いてライバル、1人の想い人をかけて、私達11人の恋愛バトル!
そして、11人+αの一致団結!競い合い、助け合い、そんなかけがえのない時間、
これはそこにいくまでのお話
1出会い
ある学校

教師「今日、このクラスに転校生が来ました」

生徒達「えーーーー!!」

教師「さあ、入ってきて」

???「初めまして東京から来ました。松本一です」

別の教室
???「…二美です」
   「…三です」
   「…四輝です」
   「…五模です」、「妹の六海です」

これから俺たちの
         新生活が  
             今
              始まる!

※一→はじめ、二美→つぐみ、三→なお、四輝→ひろき
 五模→いずも、六海→むつみ、七斗→かずと、八姫→かずき


一・二美「「ただいま」」

母「お帰りなさい、どう新しい学校は?」

一「その前に、新しい家がどうなってるんだ!なんで、未だホテル暮らしなんだよ」

二美「何もかもお兄ちゃんのせいでしょう!」

一「はぁっ!あれは、いかれた校長のせいだよ!」

母「まあまあ二人とも落ち着いて、実はお母さんの遠い親戚が部屋を貸してくれるから、
  明日の朝、地図を渡すから帰りは地図の通りに帰ってきてね。」

次の日の帰り
一「よっ、二美一緒に帰ろうぜ」

二美「そっちはどうなの」

一「まあまあかな、あ、そういえば生徒会に入ろうかなって思ってる」

二美「えっ、私も!学年代表を立候補してる」

一「お前もか、俺も学年代表だよ!」

不良A「おい、お前松本一っていうヤロー知らねえか」

一「えっ、お、俺のことだけど、何っすか?」

不良B「俺らの弟分がてめーに世話になったようで、仕返しに来たんや!!」

二美「ちょっと、何でいきなり手を出すんですか?!」

不良C「てめ−らのほうから先に手出してきたんじゃないか!」

一「はっ、俺お前らの弟分なんて知らねーよ!」

二美「そうよ!私たちはここへ引っ越してきたばかりなのよ」

不良A「ごちゃごちゃ言ってんじゃねーよ!」

???「待ちなさい!」

不良A「なんだ?」

???「その二人を離しなさい!」

それが俺たちの出会いだった。
    

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37



Re: ナンバーズ ( No.186 )
日時: 2018/09/17 12:11
名前: いくちゃん

175 玉入れ・前半戦
放送「只今より1年生によります玉入れを開始いたします!
   1年生入場!」

入場行進が終わり

放送「1回戦!女子による玉入れ!制限時間は30秒!よ〜い」

パン!

30秒後

パン!パン!

放送「みんなで玉を数えましょう!」

8チーム「1つ、2つ、3つ、4つ、・・・」

7チーム「21、・・・」

Cクラス(黄)「21!」

6チーム「24、・・・」

Gクラス(桃)「24!」

5チーム「27、・・・」

Fクラス(黒)「27!」

4チーム「28、・・・」

Dクラス(緑)「28!」

3チーム「30、・・・」

Eクラス(橙)「30!」

2チーム「31、・・・」

Hクラス(水)「31!」

Bクラス(白)「40!」

Aクラス(赤)「40,41!」

放送「1回戦は赤の勝ち!続いては2回戦!男子用意してください」

男子の用意完了

放送「2回戦!男子による玉入れ!制限時間は30秒!よーい!」

パン!

30秒後

パン!パン!

放送「みんなで一緒に数えましょう!」

8チーム「1つ、2つ、3つ、4つ、・・・」

7チーム「29、・・・」

Eクラス「29!」

6チーム「30、・・・」

Dクラス「30!」

5チーム「35、・・・」

Cクラス「35!」

4チーム「39、・・・」

Hクラス「39!」

3チーム「40、・・・」

Gクラス「40!」

Bクラス「50!」

Aクラス「50,51!」

Fクラス「50,51,52,53,54,55!」

放送「2回戦は黒の勝ち!続きまして3回戦!全員!」

用意完了

放送「3回戦全員!制限時間は30秒!よ〜い!」

パン!

30秒後

パン!パン!

放送「みんなで玉を数えましょう!」

8チーム「1つ、2つ、3つ、4つ、・・・」

7チーム「30、・・・」

Dクラス「30!」

6チーム「40、・・・」

Fクラス「40!」

5チーム「45、・・・」

Cクラス「45!」

4チーム「50、・・・」

Eクラス「50!」

3チーム「55、・・・」

Gクラス「55!」

2チーム「56、・・・」

Bクラス「56!」

Aクラス「60!」

Hクラス「60,61,62,63,64,65,66!」

放送「3回戦水色の勝ち!」

二美「これで終りね」

二「いやまだ、終わりじゃないよ!」

二美「?」

放送「続きまして1年生のお爺ちゃんお婆ちゃんたちの入場です!」

二美「えっ?どういうこと!」

Re: ナンバーズ ( No.187 )
日時: 2018/10/07 12:57
名前: いくちゃん

176 玉入れ後半戦

1年生のお爺ちゃんとお婆ちゃんの入場が終わり、沢山の先生も集まった

放送「それでは、お爺ちゃんお婆ちゃんによる4回戦!制限時間1分!よーい!」

パン!

生徒達「がんばれー!」

1分後

パン!パン!

放送「投げるのをやめてください!投げるのをやめてください!
   みんなで玉を数えましょう!」

8チーム「1つ、2つ、3つ、4つ・・・」

7チーム「71、・・・」

Aチーム「71!」

6チーム「72、・・・」

Fチーム「72!」

5チーム「75、・・・」

Hチーム「75!」

4チーム「77、・・・」

Eチーム「77!」

3チーム「80、・・・」

Bチーム「80!」

2チーム「81、・・・」

Gチーム「81!」

Cチーム「82!」

Dチーム「82,83,84!」

放送「というわけで4回戦は緑の勝ち!」

Dチーム「イェーイ!」

放送「最後は皆で!」

用意完了

放送「最終5回戦!制限時間1分!よーい!」

パン!

1分後

パン!パン!

放送「投げるのをやめてください!投げるのをやめてください!
   みんなで玉を数えましょう!」

8チーム「1つ、2つ、3つ、4つ、・・・」

7チーム「91、・・・」

Gチーム「91!」

6チーム「92、・・・」

Cチーム「92!」

5チーム「94、・・・」

Eチーム「94!」

4チーム「96、・・・」

Fチーム「96!」

Dチーム「97!」

Hチーム「97、98!」

Aチーム「97、98、99!」

Bチーム「97,98,99,100!」

全員「おおっ!」

放送「といわけで5回戦は白の勝ち!」

Bチーム「イェーイ!」

放送「総合成績を発表します!
   紅・1位(100点)→2位(80点)→2位→8位(10点)→2位に
     玉入れボーナス222点を加えて572点
   
   白・2位→3位(70点)→3位→4位(50点)→1位に
     玉入れボーナス326点を加えて696点

   黄・8位→6位(30点)→6位→2位→7位(20点)に
     玉入れボーナスを275点加えて445点
   
   緑・5位(40点)→7位→8位→1位→4位に
     玉入れボーナス270点を加えて490点

   橙・4位→8位→5位→5位→6位に
     玉入れボーナス280点を加えて450点

   黒・6位→1位→7位→7位→5位に
     玉入れボーナス290点を加えて500点

   桃・7位→4位→4位→3位→8位に
     玉入れボーナス291点を加えて491点

   水・3位→5位→1位→6位→3位に
     玉入れボーナス309点を加えて619点です!」

これで玉入れが終わった。

Re: ナンバーズ ( No.188 )
日時: 2018/12/16 09:45
名前: いくちゃん

177 大玉転がし 

放送「続いての協議は2年生によります大玉転がしです」

五「よ〜し、がんばろうね六生」

六生「ああ、もちろんだよ五姉」

二美「この学校の大玉転がしってどうなってるの?」

二「まずコース別で分かれていて、内側から
  1・E・橙
  2・F・黒
  3・G・桃
  4・C・黄
  5・H・水
  6・D・緑
  7・A・赤  
  8・B・青
  9・E・朱
  10・F・紫
  11・G・菫
  12・C・茶
  13・H・藍
  14・D・灰
  15・A・紅
  16・B・白
  になってて、1クラス40人だから、2チームに分かれて二人で玉を転がすから、
  全部で11周した合計点数で決まるよ」

二美「どういうこと?」

二「1周してバトンタッチが早い順にポイントが付くんだ、そのポイントは
  徒競走と変わらないよ」

兄妹組「へ〜」

一兄「じゃあ、最後はどうなるんだ?」

二「最後は、倍掛けです!ゴール得点が今までの合計得点にかけられるんです!」

二美「すごい!」

一兄「じゃあ、最後の奴は責任重大だな・・・、ものすごいプレッシャーかかってんぞ」

二「ああ、そこは大丈夫です」

一兄・二美「?」

二「アンカーはクラスの担任・副担任ですから」

一兄・二美「ええっ!先生もやるの!」

レースは割愛

レース後・・・

五「良かった1位で」

六生「うん、俺ら頑張ったもんな!」

二「確かに、ごぼう抜きだっもんな!」

五模「畜生、二位だなんて・・・」

六海「まだまだ試合は終わってないよ、総合で勝てばいいんだから」

Re: ナンバーズ ( No.189 )
日時: 2019/01/27 17:22
名前: いくちゃん

178 綱引きと棒引きダイジェストバージョン

次の日

四美「今日は私の綱引きと・・・」

三氏「俺の棒引きだな!」

二美「ルールは?」

二「予選はAブロック、A・C・E・G、BブロックB・D・F・Hに分かれて総当たり戦!  
  内2チームが決勝トーナメント進出、
  綱引きは総当たりは交互に行って、最下位決定戦は一発勝負、決勝は助っ人綱引きになる」

一兄「それなんだ?」

二「最初に普通に綱引きをするんですけど、そのあとから助っ人がどんどん来る綱引きです」

二美「へえ〜すごいね」

二「棒引きは予選は5本で、2回行って勝利数の多いほうが勝ち1勝1敗の場合、
  決定打となる棒が先に引っ張られていた方の勝ち、
  決勝は7本で3本勝負だよ」

結果

四輝「Bクラスすごいなあ〜、他は先頭がじゃんけんで買ったとき先攻選ぶのに、
   Bだけ後攻選んで勝つなんて・・・」

三「しかも残りも圧勝だったじゃない!ついでに棒引きも」

三氏「まあね、団体競技は得意だからね」

四美「それに引換えEとFは・・・」

どちらも予選敗退だった。

Re: ナンバーズ ( No.190 )
日時: 2019/02/10 15:04
名前: いくちゃん

番外編・八期の考えた新しいゲーム

その日の夕方

二「ただいまー」

健「皆、お帰り!」

リビングから

八期「六六!」

零「36!」

八期「はい、零ちゃんアウト」

零「ああ〜、負けた・・・」

鶴「何やってるの?六六36でしょう」

零「あっ、お姉ちゃん達お帰りなさい、今八期君が考えたゲームをやってたの」

二「どんなゲームだ?」

八期「とんち掛け算ゲームって言って、リズムに乗って九九を答えていくゲームだよ!」

楓花「それで九九を覚えてるのね!」

一「何それ?」

一兄「そんなの簡単だぜ!」

七子「でも九九にはたまに名詞の単語があるじゃん?」

四美「ああ〜、確かにあるね!」

三氏「肉とか葉っぱとかな!」

八期「その単語が出てきたときは、九九の答えと一緒に単位も一緒に答えないといけないんだ!」

二「ほ〜、面白そうだな」

鶴「じゃあ、さっきのは単位を答えなかったから間違いなの?」

零「うん」

八期「辞書で調べたら、碌々っていう単語があったんだ!意味は十分でない様子ということから
   単位は36場面と答えるのが正解」

一「他には?」

八期「陰惨(1×3)、蚕糸・蚕紙(3×4)、四緑(4×6)、互市(5×4)、糸竹(7×9)に
   供御(9×5)など、全部で30語あるよ!」

一兄「意外と多いんだな・・・」

八期「前の人がお題を言って、次の人がそのお題の答えをいい、正解したらまた次のお題を言う、
   お題は被ってもいいし、何度同じものを言ってもいいよ!」

二「めちゃイケみたいなルールだな」

八期「これを永遠に続けて、お題を間違ったり・言えなかったり、単位を間違えたり、
   リズムに乗れなかったり、九九を間違えたりしたらアウト!」

一「よ〜し私も入れて!」

二「俺もやる!」

二美「私も!」

一兄「俺も!」

八期「じゃあ、僕から行くよ!」

たったった!

八期「一一が」

たった

零「1!」

たった

零「一五が」

たった

鶴「5語」

たった

鶴「三四」

たった

二「12本」

たった

二「九九」

たった

一兄「81!」

八期「アウト!」

一兄「なんでだよ?」

八期「九九も一応単語だよ!今何やってるの?」

一兄「そりゃ掛け算の九九・・・、って単位なんだよ!」

一「九九は1の段、2の段・・・って数えるから正解は81の段ね!ていうかこれ常識よ!」

一兄「普通数えね〜よ!」

二美「お兄ちゃんゲームだから!」

八期「再開は間違った人から!」

一兄「よ〜し、いきなりひっかけてやるからな!」

たったった

一兄「三三!」

二美「9」

一兄「よっしゃー!ひっかかったー!」

二美「どういう意味?」

一兄「サザンはサザンオールスターズの略だから9チームだぜ!」

二美「ああ(しまった〜)」

八期「うん確かにそうだけど、一先輩がアウトですよ!」

一兄「なんでだよ?!」

八期「知らないんですか?九九は答えが1桁になるときは『が』がつくんですよ!
   だから『三三が』と言わないとアウトです!」

一兄「そんなの言ってなかったじゃないか!」

八期「これは僕が考えたんじゃなく、九九自体がそうなってるからのルールですよ!」

鶴「確かに、九九では答えが1桁の答えの時は『が』はつくけど、2桁になると付かないわね」

零「それに実際やると、リズムがおかしくなるよ」

一兄「畜生!」

楓花「皆、ご飯ができたよ!」

一「続きはまた今度ね!」

一兄「次は負けねえからな!」

八期「慣れてきたら、『白くなった人』とか『黒くなった人』見たいなどこかに九九がある
   というレベルアップしたものもやろうね!」

二「それ考えるだけでも大変だな・・・」

補足
単語 意味   単位
陰惨・むごい  3背景

因子      4個

隠語      5語

インク     9色

西       8方向 ※方角、つまり方向を表すため

肉       18切れ(人前)

サザン     9チーム

蚕紙      12枚      
蚕糸      12本

珊瑚      15匹 ※あくまで海の生き物のため『本』はNG

Thankyou    27回

資産      12円

獅子      16頭

死語      20語 ※1 死後は殺伐したもののため『日目』はNG
私語      20言 ※2 言葉を発してる為

四緑・9星の一つ 24方向 ※方位を表すため

皺(しわ)   32本

市句      36画
詩句      36作品

誤算      15回

互市・貿易   20回

午後      25時

語録      30語

碌々・十分でない様子・36場面 

ロック     54曲

糸竹・楽器   63器

発散      24回

葉っぱ     64枚

白駒・白い馬 ・72頭

国       18か国

串       36本

供御      45食

九九      81の段  

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。