二次創作小説(旧・映像)

ナンバーズ
日時: 2018/04/28 17:05
名前: いくちゃん

初めましていくちゃんです
このニックネームで分かる同級生もいるかもしれないけど、
このお話は、漫画の世界あるあるを基本にしたお話です
少年・少女漫画とアニメになってるもの中心ですが、
漫画の描き方ではなく、キャラの特性についてを語ったお話です。
後、リアル御伽噺&昔話も入れています
さらに、自分の体験や気持ち、私情なども入っています
本心は、誰かこのお話を絵に描いてほしい、漫画に描いてほしい、
と考えています。
これを漫画にして描いてくれる方がいたらご連絡先をお願いします。

それではお話の始まり始まり






















このお話は私達11人+αの成長&恋愛物語
親友、そして仲間と書いてライバル、1人の想い人をかけて、私達11人の恋愛バトル!
そして、11人+αの一致団結!競い合い、助け合い、そんなかけがえのない時間、
これはそこにいくまでのお話
1出会い
ある学校

教師「今日、このクラスに転校生が来ました」

生徒達「えーーーー!!」

教師「さあ、入ってきて」

???「初めまして東京から来ました。松本一です」

別の教室
???「…二美です」
   「…三です」
   「…四輝です」
   「…五模です」、「妹の六海です」

これから俺たちの
         新生活が  
             今
              始まる!

※一→はじめ、二美→つぐみ、三→なお、四輝→ひろき
 五模→いずも、六海→むつみ、七斗→かずと、八姫→かずき


一・二美「「ただいま」」

母「お帰りなさい、どう新しい学校は?」

一「その前に、新しい家がどうなってるんだ!なんで、未だホテル暮らしなんだよ」

二美「何もかもお兄ちゃんのせいでしょう!」

一「はぁっ!あれは、いかれた校長のせいだよ!」

母「まあまあ二人とも落ち着いて、実はお母さんの遠い親戚が部屋を貸してくれるから、
  明日の朝、地図を渡すから帰りは地図の通りに帰ってきてね。」

次の日の帰り
一「よっ、二美一緒に帰ろうぜ」

二美「そっちはどうなの」

一「まあまあかな、あ、そういえば生徒会に入ろうかなって思ってる」

二美「えっ、私も!学年代表を立候補してる」

一「お前もか、俺も学年代表だよ!」

不良A「おい、お前松本一っていうヤロー知らねえか」

一「えっ、お、俺のことだけど、何っすか?」

不良B「俺らの弟分がてめーに世話になったようで、仕返しに来たんや!!」

二美「ちょっと、何でいきなり手を出すんですか?!」

不良C「てめ−らのほうから先に手出してきたんじゃないか!」

一「はっ、俺お前らの弟分なんて知らねーよ!」

二美「そうよ!私たちはここへ引っ越してきたばかりなのよ」

不良A「ごちゃごちゃ言ってんじゃねーよ!」

???「待ちなさい!」

不良A「なんだ?」

???「その二人を離しなさい!」

それが俺たちの出会いだった。
    

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



Re: ナンバーズ ( No.131 )
日時: 2018/06/22 17:40
名前: いくちゃん

123 全員一斉旅行(高学年・入浴編・前編)
夕方
一「もうすぐお風呂の時間ね!」

二「温泉か〜、俺嫌いなんだよなあ〜・・・」

日「男の子ってホント、不潔よね!」

早「そういう意味ではないですよ!」

日「え?」

二「いや、風呂自体は好きだよ!でも他の人と一緒の入るのはちょっと・・・」

日「そこが温泉の醍醐味でしょう!」

一「水着着用の混浴風呂だったら、良かったのにね?」

二「逆にそれは風呂かどうか疑問に思うわ!」

風呂場前
司「よし、全員配置できたか?」

山彦「ああ、誰も来てないぞ!」

男子A「ターゲットはまだです!」

司「とにかく、見張っとけ!」

2人「了解!」

二「じゃあ、俺先行ってくるわ!1人の方がいいし・・・」

女性陣「行ってらっしゃい!」

風呂場前
男子A「ターゲット来ました!」

司「よーし、辺りを確認して暖簾(のれん)を入れ変えろ!」

パッ!

二、脱衣所へ向かう

司「よーし、暖簾を元に戻せ!」

パッ!

司「よーし、ずらかるぞ!」

女湯
二「ふ〜、誰もいないなあー!この至福の時が1番いいね!
  まあ、恥ずかしさもあるけど、後の着替えもめんどくさいからな!
  靴下もまた穿くから水び出しの時ほど穿きにくいんだよなあ〜
  だから、プールや海も嫌いなんだよ!楽しむのはいいが・・・
  家ではそんな悩みはないからなあ〜」

がらっ!

二「?」

滋「きゃああ!」

一「どうしたの滋ちゃん!」

滋「女湯に男の人がいる!」

二(えっ?何でみんなこんなとこに?俺間違ってないぞ!ちゃんと暖簾は確認したし・・・)

一「ここは女湯!男の人がいるわけないよ!」

鶴「そうよ!男の子は有くらいしかいないわよ!いたらもちろん重い罰が待ってるけどね」

日「まさか、覗きがいるんじゃないかしら!隅々まで探すわよ!」

二(やべ〜よ!こんなのばれたら早ちゃんに嫌われるどころじゃない!最悪牢屋行きか?)

飛巫「ロッカーを見る限り私たち以外で必ず一人はいるわよ!」

二(まあ、それで誰かいるのは分かっちまうがカギを閉めるロッカーで良かった!
  香川の婆ちゃんとこの旅館では鍵を閉めないのがあったしな・・・)

日「今見渡していないとなると、サウナか外風呂ね!」

一「ねえ、私たち以外にも観光できてる人もいると思うし、こんなことやめない?」

鶴「ここは、うちの学校の貸切だから必ず入ってるのはうちの生徒か先生よ!」

日「それに隠れてるってのもおかしいわ!こんなところに隠れるのは普通異性よ!
  同性なら他に人がいれば少し離れるか、すぐさま出ていくか、他の所につかるか移動するわ!」

一「ねえ?もしかしたら覗きとかじゃなく、間違っては入っちゃたってことはない?」

赤穂「どうしてそう思うんですか?」

一「旅館によっては男女を入れ替えるところもあるから、暖簾のかけ間違いとか・・・」

鶴「それもないわ!そういう下見は理さんが全部やってくれてるもの!」

一「でも、誰かさんのいたずらでいれられたとか?」

日「そんなことあるんですか?」

一「あるかもしれないじゃない!そういう時は理解してあげないといけないんじゃないかな?」

鶴「確かに、それはそうだよね!自分の意思じゃないんだし!許してあげよう!」

一「だそうよ!鶴ちゃんからお許しが出たわよ二!そこにいるんでしょう!」

全員「えっ?二?」

Re: ナンバーズ ( No.132 )
日時: 2018/06/22 18:39
名前: いくちゃん

124 全員一斉旅行(高学年・入浴編・後編)
一「そこにいるんでしょう二!怒らないから出てきなさい!」

二「な、なんで分かったの?」

日・滋「きゃああーーーー!!!!」

一「二、前!」

二「あっ、ごめん!」

鶴「2人共!静かに!理さんに気付かれるわ!」

日「何で、女湯にいるのよ!?」

二「それは俺が聞きたい!」

一「どうせ、誰かさんが暖簾を入れ替え当たんでしょう!」

赤穂「そうとは限らないんじゃ・・・」

一「まず、覗きが堂々とこんなところで待ち伏せはしないし、
  第一,二は日ちゃんと並ぶくらい超生真面目な子よ!こんな犯罪じみたこと普通しないわ!」

早「そうね、私も思う!二は少しムッツリなとこはあっても、
  覗きなどの犯罪は起こさないわ!それに公共のお風呂が嫌いな人ならとっくに出てるもの…」

鶴「凄い、信頼だね!」

一「はい二!これ着なさい」

二「何これ?」

一「あんたの学校の水着よ!」

二「何であんだよ!」

一「こういうことがあると予想して、あんた結構反感かわれてるから・・・」

着替えが終わり
二「着替え終わったぞ!って、そっちも何か着たら?」

一「皆タオルで十分よね?」

早「私は小さい頃一緒に入ってたし、気にしないわよ!」

二「それ、1年生の時の話!」

日「そこのところ詳しく!」

早「保育園時の親子遠足の時よ!私のお母さんも一緒だったけどね」

一「ああ、もしかして二ったら、興奮しちゃってる?」

二「言い方がキモいよ!」

一「でも、反応してるわよ!」

二(えっ!)キョロキョロ、じーーーー!←飛巫の胸を見る

飛巫(まさか、とうとう胸の魅力に気づいたのね二!)

日「ちょっと、二君!誰のどこ見てるのよ!」

二美「二君も大きい胸の人がいいんだ!」

一「いいえ、違うわよ!」

早「ええ、本気で胸は興味ないしね・・・」

全員「?」

飛巫、二のあそこを見る

飛巫「コラ――――!何見てんだ!」

赤穂「ちょっと、飛巫!どうしたの?あんた胸見て欲しかったんじゃないの?」

飛巫「こいつ、私の胸見て興奮抑えてんだよ!それがどれだけ屈辱なことか・・・」

零「お姉ちゃん、胸って大きい方がいいの?」

鶴「それは人によるわ!」

二美「本当に興味がないんだね・・・」

日「なんだか、複雑な気持ちね・・・」

滋「これに悩んでる自分たちがバカみたいっていう感情ですか?」

日「うんうん、って何言わしてるのよ!」

零「そういえばムッツリって何?」

鶴「零は知らなくていいわ!」

二「そういえばどういうこと?」

一「お姉ちゃんは知ってるんだからね!」

早「まあ、二君も男の子だし、私は全然気にしてないわよ!」

二「いや、する気ないから!」

一・早「何が?」

二「なんでもありません」

鶴「はいはい、みんな!後がつっかえてるんだから早く入るわよ!」

湯船
有「きゃはははは・・・・」

零「お姉ちゃん、零も!」

鶴「零には小さすぎるし、足着くでしょう!」

零「でも、ここは・・・」

鶴「じゃあ、あの端まで泳いで見て!」

零「分かった!」

鶴「端まで行ったら戻ってくるのよ!」

零「はーい!」

一「普通、お風呂では泳いだらダメよ!」

サウナ
二(皆、まだ出ないようだな・・・、あの目標タイムを超えるまでいようかな・・・)

早(沈黙の中のサウナバトルの始まりね!)

飛巫(きー!さっきはひどい目に遭いましたが、これで見返してやりますわ!)

二美(みんな、出ないなあ〜、でも先に出るのも・・・)

赤穂(言いだしっぺが先に出るのわ・・・)

滋(サウナバトルで先に出るのは敗北者って、お姉ちゃんが言ってたし・・・)

日(とにかく、最後まで残る!)

サウナの外
鶴「まあ、零凄いじゃない!ちゃんと泳げてる!」

零「ホント?」

風浦「あれ、みんなは?」

一「あっ、さっきサウナへ入ってったわ!」

零「ねえ、お姉ちゃん!私も行きたい!」

鶴「ええ、サウナってとっても暑いんだよ!」

零「どれくらい?」

鶴「お湯の温度くらい」

零「ええ、暑そう・・・」

鶴「じゃあ、一瞬だけ入ってみる?」

零「うん」

鶴「一ちゃん!ごめんなんだけど、有の面倒見ててくれる?私達はサウナに入るから」

一「分かったわ!」

サウナ
バンッ

鶴「さあ、ここがサウナの中よ!」

零「うわあ〜、物凄く暑いね!」

鶴「そりゃそうよ、サウナなんだから・・・」

零「みんなすごいなあ〜、こんな暑い中でも何分もいて・・・」

鶴「そうね、凄いわね!じゃあ、1分だけよ!」

零「うん!」

1分後
零「やっぱり暑いよ!」

鶴「お姉ちゃんはまだ5分くらいは余裕かな?」

一「あっ、もう出たの?」

鶴「あんまり入ってるとのぼせるしね!」

一「で、みんなは?」

鶴・零「え?」

サウナ
一「ちょっと、皆!意識ある?」

二「おう、お姉ちゃん!あともう少しで30分だ!」

一「あんた達!入り過ぎよ!すぐサウナから出なさい!」

その後俺のみ外風呂を楽しんでから出た
他のメンバーは理さんの力もあってようやくサウナから出された。というか、俺も手伝わされた!
それで、女湯に入ってるのがばれたが、監視カメラに暖簾を変える男子生徒の姿があったため、
故意ではないと証明され、無罪放免!というか監視カメラを指摘したのは鶴ちゃんである。

Re: ナンバーズ ( No.133 )
日時: 2018/06/23 09:35
名前: いくちゃん

125 全員一斉旅行(高学年・食事)
鶴「では、皆さん食事の時間になりました!今日の夕食はしゃぶしゃぶです!
  旅館の人達が私達の為に心を込めて用意してくれた料理です!
  残さず、しっかり食べましょう!
  では全員手を合わせてください!」

ぱん!

鶴「いただきます!」

全員「いただきます!」

二「班だけで食べるって、この雰囲気がいいよなあ!」

一「それは私も同意見!特に普段ない組み合わせだし!」

日「でも、他の班と違って少しだけ量が多くありませんか?」

滋「きっと、零ちゃんを数に入れたからだよ!」

鶴「ちょっと、私を忘れないでね!後食べ終わった班から出ってていいって!」

赤穂「そうなんだ、そういえば有君は?」

鶴「理さんに見てもらってるわ!」

二「さあ、肉をしゃぶしゃぶするか!」

零「お姉ちゃん零も!」

鶴「はいはい、あわてない、あわてない、順番、順番・・・」

飛巫「それよりも、今日は散々な1日だったわ!」

二「ああ、そうだったな!いきなり波乱が起きたしなあ〜・・・」

飛巫「大半があんたのせいなんだけど!」

二「?」

日「ねえ、私達を介抱するとき、もしかして見ちゃった?」

二「えっ、何を?」

滋「見てないならいいよ!」

一「大丈夫よ!ちゃんと上に下着穿かしてから運んだから、
  穿かすまでは二には外出てってもらったよ!」

赤穂「ああ、そうなんだ下着穿かしてから運んだんだ・・・」

赤穂・日・滋・二美「ええっーーーー!!!!!」

鶴「皆、声が大きい!食事中よ!」

二美「せめて、上も着さして下さいよ!」

一「それじゃ、みんな暑いでしょう!理さんが脱衣所まで運ぶにはこれが最善だって言ってたし…」

二美「二君、その記憶今すぐ消して!」

一「そこは大丈夫!二が運んだのは早ちゃんだけだから!
  他の子はさすがに、気持ちとしてね…」

日「それを早く言って下さいよ!」

零「お姉ちゃん美味しいね!」

鶴「そうね!」

二「和むなあ〜」

一「和むね〜」

飛巫「ちょっと、そこ―!2人だけの世界に入るなあ!」

鶴「そういえば、この班の食事係は誰だっけ?」

赤穂「あっ、私です!」

鶴「あなただけ帰りが少し遅くなるわよ、部屋に」

赤穂「確か、食器を重ねるんでしたよね?」

鶴「遅い班ほど、他の班の食器も積むことになるわよ!」

日「大丈夫よ!みんなできるだけ赤穂の負担がかからないように食器を積んでおきましょう!」

一「そうね、日ちゃんの言う通りよ!」

二「でも、その前にこれらを早く口の中に片付けないとな!」

早「上手いね!」

二「あっ、鶴ちゃん!ごはんよそってくれる?おかわり!」

鶴「はい!」

一「じゃあ、私も!」

零「零も!」

数十分後

一「もう、無理!食べきれない!」

二「俺も、限界だ!」

早「2人共、おかずより白ご飯の食べ過ぎよ!」

零「零ももう食べられないよ!」

鶴「ホント、お腹パンパンね!」

飛巫「2人のせいで、結局私達が一番最後じゃない!」

日「文句を言う前に食べなさいよ!」

二美「私はまだ少し余裕です!」

早「二美ちゃん、がんばって!」

二「部屋帰ったら何する?」

一「王様ゲームしない?」

零「王様ゲームって何?」

一「まずはこれを食べきらないと!」

その後何とか食べきった

Re: ナンバーズ ( No.134 )
日時: 2018/06/23 19:04
名前: いくちゃん

126 全員一斉旅行(高学年・ヒロインあるある王様ゲーム前編)
部屋に戻った俺達は就寝時間まで王様ゲームをすることにした!

一「はーい、割りばしの用意が出来たよ!」

二「のりのりだな」

早「相当やりたかったのね」

一「王様ゲームは、王と書いてる割り箸を引いた人が、数字を言って自由に命令をするんだよ!
  その命令は、絶対聞かないといけないの!」

零「怖〜い・・・」

一「じゃあ、最初は零ちゃん抜きでシュミレーションでやろうか!
  よーし、みんな準備はいい?」

全員「OK!いっせーのーで!」

一「最初の王様だ〜れだ?」

二美「あっ、私です!」

一「じゃあ、二美ちゃん自由に命令して!」

二美「えー、(過激なのはダメだよね、よ〜しここは簡単に!)
   2番と6番がハグ!」

一「2番と6番だ〜れだ?」

二「あっ、2番俺だ!」

女性陣「ええ!(私何番だっけ?)」

早「あっ、6番私だ!」

二「早ちゃん良い?」

早「王様の命令だもん、仕方ないよ・・・」

二美(ああ〜、なんでこうなるの・・・)

飛巫(何やってるの?二美さんは!)

一(正ヒロイン、どこまでもすれ違うわね・・・)

鶴「零、ルール分った?」

零「うん」

一「じゃあ、今度からは零ちゃんも参加よ!」

2回戦
一「王様だ〜れだ?」

日「あっ、私だわ!」

赤穂(日、チャンスだよ!少しくらい大胆な命令にして・・・)

日「(えっと、さっきのハグの様な命令をしたいけど・・・、運もあるしなあ・・・、よし)
  じゃあ、9番が王様に・・・、か、か、・・・」

零以外の女性陣(壁ドンとかかな?)

日「か、肩叩き!」

全員・ズコー!

二「あっ、俺だ!何回?」

日「10回くらいで・・・」

トントン・・・・

二「どうだった?」

日「ありがとう・・・(壁ドンにしたらよかった…)」

赤穂(色気もヘッタくれもないよ!)

一(人気ヒロインはチャンスを潰す・・・)

3回戦
一「王様だ〜れだ?」

飛巫「やったー!私よ!」

二美「うわ〜、きつそうなの来そうだね・・・」

全員「うんうん!」

飛巫「何よ〜、あっ!あれは流れ星じゃない?」

全員「えっ、どこどこ?」

飛巫(よ〜し、二の割り箸は3番ね!)

鶴「ちょっと、何にもないじゃない!」

二「流れ星って早く消えるから、見逃したんじゃないの!」

二美「もしくは飛巫ちゃんの見間違いよ!」

日「それより早く命令してよ!」

飛巫「分かったわ!3番が王様に命令をした場所にキスよ!(さあ、二来なさい!)」

二「あっ、俺じゃねえな!」

飛巫(えっ?うそでしょう!)

滋「えっ・・・!」←手を上げる

飛巫(嘘でしょう!二の割り箸は・・・、8番?!)

滋「で、飛巫ちゃん!私はどこにキスすればいいの?」

飛巫「もう分ったわよ!あんたなら手でいいわよ!って言うか指よ!」

滋「分かった!(良かった、頬や口じゃなくて・・・)」

一(ずるをした結果があだになった対抗ヒロイン、そしてそれに巻き込まれた昇格ヒロイン)

4回戦
一「王様だ〜れだ?」

早「あっ、私だ!」

一(ついにラスボスが来たわね!いったいどんな命令をするのかしら?)

Re: ナンバーズ ( No.135 )
日時: 2018/06/24 09:40
名前: いくちゃん

127 全員一斉旅行(高学年編・ヒロインあるある王様ゲーム・中編)
一(さあ、早ちゃんはどんな命令をするの?)

早「じゃあ、9番と10番が好きな異性を皆に告白!」

全員(ええっ!私(俺)何番だったけ?)

風浦「あっ、9番は私だ!と言っても私に好きな異性はいないよ!」

飛巫「なんかつまんないわね・・・」

日「じゃあ、10番は誰?」

二「俺じゃねえよ!」

一「あっ、私だ!」

二美「お姉さんの好きな異性は気になりますね!」

赤穂「ええ、で誰なの?」

一「じゃあ、発表するわね!早ちゃんのお兄ちゃん賢君が好きなの!」

二「あっ、賢先輩か!」

早「2人共、私達以上に仲良いですからね!」

飛巫「せめて、少しくらいは恥らってくださいよ!全然面白くないじゃないですか!」

日「そういうのは人に寄るの!」

一(裏ヒロイン、本音を言わず・・・)

5回戦の前
赤穂「風浦さん!ちょっと、協力してくれませんか?」ぼそっ

風浦「何?」ぼそっ

赤穂「私か風浦さんが王様だった時、・・・・・」ぼそっ

風浦「分かったわ!」

この時赤穂は日の隣、風浦は二の隣に座った

5回戦
一「王様だ〜れだ?」

風浦「あっ、私だ!」

赤穂(よ〜し、日!私があなたにいい思い出を与えてあげる!日は4番ね!)
指で4と風浦にサインを送る赤穂

風浦(OK!で赤穂ちゃんの番号は?)

赤穂(えっ?1番だけど・・・)←指で1を表す

風浦「では行きます!9番が1番に後ろから1分間抱き付く!」

赤穂(えっ、ええ!)

二「あっ、9番俺だ!ごめんね赤穂ちゃん!」

赤穂「うんうん、別に気にしてないよ!(ちょっと、風浦ちゃん!)」

1分後

赤穂(はあ、気持ち良かったけど・・・)

日「いいなあ、赤穂!」ぼそっ

赤穂(胸が痛い・・・)

一(分析ヒロインはいいとこどり)

6回戦
一「王様だ〜れだ?」

零「あっ、零だ!」

一「じゃあ、零ちゃんお願いね!」

零「5番と8番がメイド服に着替える!」

鶴「誰よ〜!零に変なこと吹き込んだのわ〜!」←5番

滋「まず、メイド服なんて有るんですか?」←8番

飛巫「ああ、確か私が1着買った!」

二美「私も!」

一「私も!」

赤穂「私も買ったよ!」

二・日・鶴・滋「なんで?」

着用後
二「おお、似合ってるね!」

鶴「お世辞なんていいわよ!」

一「二は思ったことしか言わないよ!」

滋「恥ずかしい・・・」

一(謎ヒロインはメイド服を着せられ、可愛いと言われてもお世辞にしか聞こえない、
  昇格ヒロイン、またもや巻き込まれる)

まだまだ続く王様ゲーム!次の被害者は誰だ?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。