二次創作小説(旧・映像)

ナンバーズ
日時: 2018/04/28 17:05
名前: いくちゃん

初めましていくちゃんです
このニックネームで分かる同級生もいるかもしれないけど、
このお話は、漫画の世界あるあるを基本にしたお話です
少年・少女漫画とアニメになってるもの中心ですが、
漫画の描き方ではなく、キャラの特性についてを語ったお話です。
後、リアル御伽噺&昔話も入れています
さらに、自分の体験や気持ち、私情なども入っています
本心は、誰かこのお話を絵に描いてほしい、漫画に描いてほしい、
と考えています。
これを漫画にして描いてくれる方がいたらご連絡先をお願いします。

それではお話の始まり始まり






















このお話は私達11人+αの成長&恋愛物語
親友、そして仲間と書いてライバル、1人の想い人をかけて、私達11人の恋愛バトル!
そして、11人+αの一致団結!競い合い、助け合い、そんなかけがえのない時間、
これはそこにいくまでのお話
1出会い
ある学校

教師「今日、このクラスに転校生が来ました」

生徒達「えーーーー!!」

教師「さあ、入ってきて」

???「初めまして東京から来ました。松本一です」

別の教室
???「…二美です」
   「…三です」
   「…四輝です」
   「…五模です」、「妹の六海です」

これから俺たちの
         新生活が  
             今
              始まる!

※一→はじめ、二美→つぐみ、三→なお、四輝→ひろき
 五模→いずも、六海→むつみ、七斗→かずと、八姫→かずき


一・二美「「ただいま」」

母「お帰りなさい、どう新しい学校は?」

一「その前に、新しい家がどうなってるんだ!なんで、未だホテル暮らしなんだよ」

二美「何もかもお兄ちゃんのせいでしょう!」

一「はぁっ!あれは、いかれた校長のせいだよ!」

母「まあまあ二人とも落ち着いて、実はお母さんの遠い親戚が部屋を貸してくれるから、
  明日の朝、地図を渡すから帰りは地図の通りに帰ってきてね。」

次の日の帰り
一「よっ、二美一緒に帰ろうぜ」

二美「そっちはどうなの」

一「まあまあかな、あ、そういえば生徒会に入ろうかなって思ってる」

二美「えっ、私も!学年代表を立候補してる」

一「お前もか、俺も学年代表だよ!」

不良A「おい、お前松本一っていうヤロー知らねえか」

一「えっ、お、俺のことだけど、何っすか?」

不良B「俺らの弟分がてめーに世話になったようで、仕返しに来たんや!!」

二美「ちょっと、何でいきなり手を出すんですか?!」

不良C「てめ−らのほうから先に手出してきたんじゃないか!」

一「はっ、俺お前らの弟分なんて知らねーよ!」

二美「そうよ!私たちはここへ引っ越してきたばかりなのよ」

不良A「ごちゃごちゃ言ってんじゃねーよ!」

???「待ちなさい!」

不良A「なんだ?」

???「その二人を離しなさい!」

それが俺たちの出会いだった。
    

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41



Re: ナンバーズ ( No.205 )
日時: 2019/07/07 09:15
名前: いくちゃん

193・1・2の過去・・・9
二美「それで、二君って、上下、男女関係なく主張が強いんですね!」

一「うん!そうなのよ!あっ、二美ちゃん!」

鶴「修学旅行で揉めたもんね!」

二「お姉ちゃん・・・、ありがとう」

一「何?、二?もう1回」

二「ありがとう」

一「どういたしまして!それに、弟を守るのは姉として当然でしょう!」

楓花「まったく誰に似たんだか!まあ、それを真似する子もいるんだけどね!」

全員「?」

別の部屋
五「どんなことがあってもあたしは弟である六生を守るからね!あたしはお姉ちゃんだから!」

六生「うん!」

鶴「そういえば、私の前の理事長って誰だったんですか?」

楓花「社長の妹さんよ!」

全員「ええっ!」

楓花「いや、人間兄弟の一人や二人いるでしょう!そんな驚くこと?」

二「いや、なんとなく・・・」

楓花「それより二?もう大丈夫よね?」

二「今は、早ちゃんや鶴ちゃんがいるし、学校が嫌だとは思ってないよ!
  昔と比べて楽しい!」

楓花「そう、なら良かったわ!でもね、私があんた達の学校の先生をやってるのは、
   もう1つ理由があるの!」

一・二「何々!」

楓花「それは・・・」

一・二「それは?」

楓花「家族の時間を増やしたかったから!」

鶴「それはどういうことですか?」

楓花「芸能人時代、あんまりお母さんとの時間が少なかったでしょう!
   それで、一と二には下の子の面倒や家事など負担をかけすぎたり、
   一緒の時間が少なかったでしょう!」

一「た、確かに・・・」

二「俺は、家事は好きでやってんだよ!」

楓花「でも学校にお母さんがいることについてどう思う?」

一「遠い感じがしない!」

二「頼もしいかな」

楓花「でしょう!だから私はみんなが卒業するまでは先生をやるつもりよ!
   つまり八期が卒業するまで!」

一「うん!合ってるかどうかわからないけど、お願いします!」

楓花「はい、分かりました!それでいいですよね?鶴理事長!」

鶴「はい、もちろん!異論はありません!」

Re: ナンバーズ ( No.206 )
日時: 2019/07/14 11:16
名前: いくちゃん

194 ブラック校則まとめ(身なり編)
理事長室
鶴「さあ、今日は身なりについての校則をまとめて行くわよ!」

二「これには、どんなブラック校則があるんだい?」

鶴「例えば、冬は防寒具禁止とか」

二「嫌だよ!」

鶴「うちは登下校、雪が積もった休み時間は手袋のみOKよ!
  雪を素手では触れないし、雪合戦をしたい生徒もいるし」

二「それより俺らは何しに校則を変えているんだ?
  鶴ちゃんが来てから校則少しだけでも変わってマシになったんじゃないの?」

鶴「いまだ解決できない校則に決着をつけて、こういう方法もありますよって!
  教育委員会に報告するの!
  そして理由のない校則に関しては『こういうのは意味がないって!』
  今の時代はネットで何でも伝えれるからね、
  そうやって私たちが考えた校則をほかの学校に取り入れる!
  そして、そこにおかしなところがあれば改善する手を考える!
  こうやって、すべての学校からブラック校則をなくすのよ!」

一「そうだね!絶対なくそうブラック校則!」

鶴「あと靴下にも指定があるんだよね
  白だけとか、くるぶし禁止とか・・・」

二「そんなの自由でいいんじゃない?店に売ってるものだけで、
  そんなこと言ったら、失礼だけど貧しい子とか用意できないし・・・」

鶴「うちは一応そういう人のために、市販のもののみっていう感じで対応してるよ!
  指定物は全部撤廃!そもそもこの学校の生徒って私のように拾われた子とかも多いから・・・」

一「あっ、これは二が食いつきそうな校則!」

二「何?」

一「ポニーテール禁止」

二「なんでだ!」←ポニーテール好き

一「理由はうなじが男子の欲求を誘うからだって」

二「うなじってどこだよ!わかんねーよ!」

鶴「特にブラック校則では男子の欲求を誘うから禁止っていう理不尽なものも多いの!」

二「めちゃくちゃだね」

一「じゃあ、ちなみに二は女の子のどこを見て好きになる?」

二「顔と性格、優しいお姉ちゃんみたいな人とかかな?」

一「ふ〜ん、私みたいなのがタイプね?」

二「いや、姉ちゃんとは言ってないし!」

一「いいのよ照れなくて、彼女できなくてもお姉ちゃんはいつだってあんたを待ってるから!」

二「うるせー!」

結局話は進まなかった

Re: ナンバーズ ( No.207 )
日時: 2019/07/21 07:56
名前: いくちゃん

195 色々なポーカーのルール

二「みんな!今日暇だしポーカーでもしない?」

一「はーい!私もやる!」

一兄「ポーカーか、俺得意だぜ!」

鶴「私も入れて!」

二「うん、いいよ!おーい早いもん勝ちだぞ!先着10人まで!
  後から来た奴はだれかと二人でやるか、観覧な!」

一「チップ持ってきたよ!」

準備が整い・・・
二「よし、じゃあ早速やるぞ!」

二美「待って!前回のようなことにならないように、ランクとかヌートとか・・・」

一兄「はあ?ポーカーはヌートは無視だろ?」

一「何を言ってるの!役→ランク→ヌートの順に調べるのが当り前よ!」

二美「フラッシュとノーペアは?」

司「そんなのランクを一つずつ見るものだろ!」

二「はあ?フラッシュはヌートのみの勝負だろ!ノーペア同士は全て引き分け!」

司「お前は馬鹿か!ポーカーのルールも知らないのか?」

二「バカはどっちだよ!フラッシュがヌート勝負じゃなきゃ何のためのフラッシュだよ!
  何のためのヌートだよ!」

一「そーなのよね〜、だからうちでは、フラッシュはヌートのみの勝負なのよ」

三氏「先掛け?それとも後付け?」

一兄「なんだそれ?」

一「先掛けは最初の人から持っているチップをかけていく方式、これは先攻有利、
  後付けは役によって、もらえるチップが決まってる状態、これは後攻有利ね」

二「ポーカーは基本気持的には後攻有利じゃないかな」

二美「うんうん、ヌートを見ないで役に関係ないカード見るときの対決なら、
   先攻のほうが有利かも、引っ掛けで相手に強い役を作ってるように見せれるから」

四美「話を聞くと、二美先輩の言った方式で先掛けだと先攻、
   二兄が言った方式で後付けだと後攻が有利ね!」

一兄「でもなんで後攻のほうが有利なんだ?どっちもどっちだと思うけど・・・」

二「カードの交換枚数によって相手の役を予想できるからですよ!
  1枚なら2ペアか4カード
  2枚なら1ペア
  3枚なら3カード
  4枚以上ならノーペアです!
  でも、それにフラッシュまたはストレートがあることを忘れると命とりです」

一「これが先攻だと、自分の敗戦濃厚だと分かっちゃうから複雑なのよね・・・、
  後攻はまだ交換チャンスがあるからいいけど・・・、
  まあ、これが先掛けだとチップを多めに掛けてプレッシャーをかけるだけど、
  普通に勝負をいかれて負けたら大損だし・・・」

二「まあ、将棋の有利不利と同じですよ!
  ポーカーは若干の差で後攻が有利なんですよ!」

Re: ナンバーズ ( No.208 )
日時: 2019/07/28 06:08
名前: いくちゃん

bP96 三VS8ワイルドポーカーのルール

現在やっているのは・・・

五模&六海

五&六生



鶴&零



三氏&四美



二美

一兄



※上から順番に

二「よし、じゃあ手札オープン!」

五模&六海「1ペア!」

五&六生「2ペア!」

司「3カード!」

鶴&零「ストレート!」

三「フラッシュ!」

三氏&四美「フルハウス!」

一「4カード!」

二美「見てみて!ストレートフラッシュ!」

一兄「お前そんなんで喜んでるのか?」

二美「何よいいじゃない!ストレートフラッシュなんてめったに出ないんだし・・・」

一兄「じゃあ、その鼻へし折ってやるぜ!見ろこれを!」

全員「すげ〜!(すごい!)」

三「兄貴スゲー!」

二「俺は初めて見た!」

一兄「これが、めったにお目にかかれない!ロイヤルストレートフラッシュだ!」

司「しかもスペードじゃねえか!」

一兄「これがポーカー最強の役!これで俺の勝ちだー!」

二「はははははは・・・・・・」

一兄「なんだよ二?」

二「それ本気で言ってるんですか?」

一兄「何だと喧嘩売ってんのか?」

司「そうだぞ!スペードのロイヤルストレートフラッシュより強い役なんて、
  ポーカーに存在しないんだよ!」

二「それは、これがノーマルポーカーだった場合の話です」

一兄「えっ?」

二「先輩?ポーカーのランクで1番弱い数字を知っていますか?」

一兄「そんなの2に決まってるだろ!」

司「常識だ!」

二「でもそんな2もすべてを集め、あるカードの助けで
  その先輩が出したロイヤルストレートフラッシュに勝てるんですよ!」

一兄「そんなのあるわけないだろ!4カードじゃ無理だし・・・」

二「ふん!これが最強の役5オブ・ア・カインド!俺の勝ちです!」

一「凄いじゃない二!」

三氏「5カードは一姉が出して以来だな!」

二「へっへ〜ん!」

三「待って!おかしいわよ!」

二「はっ?どこがだよ!」

一「うちがワイルドポーカーでやってることを言わなかったのは、
  こっちが悪かったけど、ルールは間違ってないわよ!」

三「いいえ、5カードはロイヤルストレートフラッシュより弱い役よ!」

一兄「本当か三?」

二「はあ?そんなわけないだろ?うちはジョーカーを1枚しか使ってないから、
  ロイヤルストレートフラッシュが24通り、5カードが13通りで、
  若干の差で5カードが強いんだよ!」

三「でも、私が調べたものでは兄貴のロイヤルストレートフラッシュはジョーカーがないでしょう!
  ジョーカーがあるロイヤルストレートフラッシュは普通のストレートフラッシュに格下げか、
  別扱いされる!だからジョーカーの入ってないロイヤルストレートフラッシュは4通り!
  つまり、5カードより強いの!これがワイルドポーカーのルールよ!」

二「そんなことない!5カードが強いんだ!」

一兄「よっしゃ!三、ありがとうな!」

八期「じゃあ、聞くけどジョーカーの入っているロイヤルストレートフラッシュは
   5カードと勝負できるの?」

全員「?」

三「そ、そんなのできる・・・」

八期「できるわけないよ!ジョーカーは1枚しかないんだよ!
   5カードはジョーカーがないとできないんだから!」

三「・・・」

一「確かにそうね」

八期「じゃあもし仮に誰かがジョーカー入りのロイヤルストレートフラッシュを作っていて、
   それをロイヤルストレートフラッシュと言わずになんて言うの?」

三「それはもちろん、ストレートフラッシュよ!」

八期「5カードとも戦わないのに?」

三「だから、ワイルドポーカーではジョーカーが入ってるロイヤルストレートフラッシュは
  ストレートフラッシュに格下げされるって・・・、
  そもそも、ジョーカーのないロイヤルストレートフラッシュが強くないと、
  誰もロイヤルストレートフラッシュやストレートフラッシュを作らないじゃない!」

一兄「まあ、そうだな」

八期「でも、5カードとも戦わない役を格下げにする意味ある?ないよ!
   そう考えれば、ロイヤルストレートフラッシュの組み合わせは24通りで、
   5カードは13通り!5カードのほうが全然出にくいじゃん!」

三「ああ、もうなんでわからないのかな?」

八期「わかってないのはそっちだよね!頭おかしんじゃないの?」

三「なんですって!」

鶴「コラ!喧嘩はやめなさい!」

一兄「で、結局どっちが強いんだ?」

三氏「俺調べてみましたが、一般的には5カードの方が強いですね!
   本とかでは、ジョーカーを使うものと使わないもので分かれます」

八期「ほら、僕の言ったとおりジャン!」

三「ムキー!」

一「やめなさい!」

その後この二人の仲は不仲となった
そして互いに自分のルールの方が正しいと思っている

Re: ナンバーズ ( No.209 )
日時: 2019/07/28 06:34
名前: いくちゃん

bP97 英語の並び替え
理事長室
鶴「うわ〜、二君英語の並び替えものすごく苦手ね!」

二「ああ、そうだよ!苦手だよ!」

一「この間の小テストなんか、25問中5問白紙で、残りの20問の中で正解したのたったの1問!」

日「まさに下手な鉄砲も数撃っちゃ当たるですね」

二美「並びかえって、そんな難しいかな?むしろチャンス問題じゃない?」

一「まあ、英語を覚えてる人にとっちゃ、チャンス問題ね!」

二「ああ、もう!並び替えって意味わかんない!」

二美「私が教えてあげるよ!」

滋「日先輩!私にも教えてください!」

日「わかったわ!」

数分後
二美「だから、ここはこういう意味になるからこういう文章で・・・」

二「?」

日「この文はこういう文型で・・・」

滋「?」

二・滋「全然わかんない!」

日「全く、とにかく並び替えは慣れが大事よ!同じ文章になれればきっとできるようになるわ!」

滋「それができたら苦労しませんよ!」

二「まず、慣れが意味わかんないし・・・」

日「もう、だらしないわね・・・」

一「これは、二人の教え方に問題があるわ!」

二美・日「え?」

一「実は私も二に並び替えは慣れよ!って言ったことがあるんだけど、
  それが仇となって、余計ひどくなってるわ!」

二美「慣れが仇となってるんですか!?」

日「そんなの予習・復習をしないからよ!それをしていれば十分にできるわ!」

一「まあ、全員が全員出来ればいいけど、人間とは弱い生き物だからね
  で、私は二の英語の並び替えを教えるときにあることに気づいて、
  教え方を変えたの!」

二美「どういう方法ですか?」

一「じゃあ、まず私がやってみるね!
  二、滋ちゃん、来なさい」

しばらくして・・・
一「だから、この文だと、こういういみになるから・・・、
  そうなると問題の文章に当てはまらないし、こうしないとこういう風に似捉えられないでしょ」

日「どういう教え方をしてるんですか?」

一「英語の並び替えが苦手な人には、まず間違えた人が、
  どうしてそんな文章にしたのかを聞かないとだめなの!」

日「なんでそんなことを?」

一「だって、間違えた人はその文章が自分の中で正解だって思ってるもの!
  だから、こうでないとと別の文章になるとか、根本的に間違ってるのとか、
  そうしないと分かってくれないもの!」

鶴「なるほど!そういう方法があったのね!」

日「私もここに来てよかったです!今度並び替えが苦手な人がいたらそう教えます!
  滋から頼まれてここに来たけど、いい場所ですね!
  自分の勉強もはかどりますし、人に教えるときのヒントも見つかるし!」

理事長室で勉強はどうやらまだまだメンバーが増えそうだ!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。