二次創作小説(旧・映像)

戦闘中 〈TEAM SURVIVAL〉
日時: 2018/07/23 22:41
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

骨眼鏡式戦闘中カキコ版初陣!

今回はpixiv版とは違うステージ式によるチーム戦!

様々なジャンルから集められた4チームが賞金をかけて激突!

仲間と協力し、ステージを勝ち進み、賞金を獲得するのは、どのチームなのか!!


[プレイヤー]

〈ジャスティスヒーローズ〉

有田春雪 (アクセルワールド)
織斑一夏 (インフィニット・ストラトス)
上条当麻 (とある魔術の禁書目録)
桐ヶ谷和人 (ソードアート・オンライン)
司波達也 (魔法科高校の劣等生)
ナツキ・スバル (Re:ゼロから始める異世界生活)
納村不道 (武装少女マキャヴェリズム)
小鳥遊宗太 (WORKING!!)
津田タカトシ (生徒会役員共)
吉井明久 (バカとテストと召喚獣)


〈ファンタジアナイトソルジャーズ〉

一井透 (Aチャンネル)
櫟井唯 (ゆゆ式)
色井佐久 (うらら迷路帖)
恵飛須沢胡桃 (がっこうぐらし!)
各務原なでしこ (ゆるキャン△)
勝木翼 (こみっくがーるず)
久世橋朱里 (きんいろモザイク)
篠田はじめ (NEWGAME!)
ソーニャ (キルミーベイベー)
田井中律 (けいおん!)


〈カオス・ザ・ウィッチーズ〉

アクア (この素晴らしい世界に祝福を!)
イカ娘 (侵略!イカ娘)
クトリ・ノタ・セニオリス (終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?)
サーバル (けものフレンズ)
ターニャ・デグレチャフ (幼女戦記)
トール (小林さんちのメイドラゴン)
ニャル子 (這いよれ!ニャル子さん)
ネプテューヌ (超次元ゲイム ネプテューヌ)
ヘスティア (ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)
宮藤芳佳 (ストライクウィッチーズ)


〈ダークヒーロー&エネミーズ〉

アインズ・ウール・ゴウン (オーバーロード)
ヴァンプ将軍 (天体戦士サンレッド)
エリアス・エインズワース (魔法使いの嫁)
カラスミ (コロッケ!)
小泉鈍一郎 (秘密結社鷹の爪)
シェゾ・ウィグィィ (ぷよぷよ)
ばいきんまん (それいけ!アンパンマン)
稗田八方斎 (忍たま乱太郎)
鬼灯 (鬼灯の冷徹)
真奥貞夫 (はたらく魔王さま)

(五十音順)

Page:1 2 3



Re: 戦闘中 〈TEAM SURVIVAL〉 ( No.8 )
日時: 2018/09/10 23:30
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

早朝・・・

謎のエリアに集められた40人のプレイヤー達・・・


一夏「あれ?何か今回いつもと違うね」

ばいきんまん「確かにな、衣装も4種類しかないし」

芳佳「詳しいことは、教えてくれるんじゃないですか?」

ソーニャ「噂をすれば・・・」



シュン!


プレイヤー達の前にあったモニターに映像が映し出された!


骨眼鏡「プレイヤーの諸君、ようこそ戦闘中へ」

トオル「またこの登場か・・・」

骨眼鏡「またで悪かったな;」

きらら「一応、私もいまーす;」


モニターに映し出されたのは、骨眼鏡とサポーターのきららだ・・・!



骨眼鏡「単刀直入に言うわ、今回の戦闘中は、チーム戦です!!」

鬼灯「やはりですか・・・この衣装にも納得です」

佐久「ということは、同じ色の服がチームメイトってわけか」

骨眼鏡「そういうこと! それと、今回の戦闘中は、ステージ制で行います!」

サーバル「ステージ制???」


骨眼鏡「そう、今回は様々な戦闘中のステージがあり、チームで協力して攻略していくルールです!」

イカ娘「ふむ、まるで昔のゲームのようでゲソね」


骨眼鏡「ただし、ステージ内で撃破されれば即脱落となる!」

当麻「そこは、本来のゲームと同じと言う訳だな」


骨眼鏡「でもって、7ステージ終えた段階で残っているプレイヤーが最も少ないチームは脱落となり、上位3チームが8ステージに勝ち進めます!」

達也「如何にチームを減らさずに行くかが重要ということか」


骨眼鏡「そして、8ステージと9ステージを終えた段階で残っているプレイヤーが多い2組が最終ステージへ進出! そこで勝ったチームが勝者となり、賞金を獲得できます!」


シェゾ「簡単な道のりでは無いか・・・それで賞金ってのはいくらなんだ?」


骨眼鏡「今回の賞金は、1人50万円で合計500万円です!」

全員「「おぉーーー!!」」


骨眼鏡「ただし・・・撃破されたらその人の分の賞金減るので注意してください!!」


全員「「えぇーーーーー・・・」」


骨眼鏡「えーじゃない!! いいともかこれは!」

きらら「・・・もしかしたらソレ伝わらないネタかもしれないですよ;」


今回の戦闘中はステージ制による生き残りをかけたチーム戦!

これから、第1ステージから第7ステージまでの難関ステージをチームで攻略していく!
しかし、撃破された者は即脱落となる!
第7ステージを終えた時点で最もプレイヤーが多い3組のチームは更に難関な第8ステージへ進める!

そして、第9ステージを終えた時点でプレイヤーの多い上位2チームが最終ステージへと駒を進める!

最終ステージを制し、最後の1組となったチームが優勝となり、残りプレイヤー×50万円が山分けとなる!

そして、ここで初めてプレイヤー達は詳しいチームを知ることになる・・・


宗太「皆さん、頑張りましょう!」

スバル「そうだな、お手柔らかにな!」

キリト「でも、チームメイト見る限り行けそうな気がするな」

ハルユキ「そうですね! ・・・僕以外は」

タカトシ「そ、そんなことないって!」

納村「ま、気楽に行こうぜ」

"ジャスティスヒーローズ"
チームカラー:赤



はじめ「よーし!ジャンジャン倒してドンドンステージ突破しよー!」

くるみ「っシャー! やってやるぜー!」

なでしこ「わーい!行こう行こう!!」

久世橋「はじめさん、くるみさん、なでしこさん、少し落ち着いてください」

律「何で先生キャラが選ばれたんだろな・・・」

翼「メタ発言だけど、作者のお気に入りだからな」

唯「本当にメタだ;」

"ファンタジアナイトソルジャーズ"
チームカラー:緑



ネプテューヌ「ネプ!ゲームに勝利の女神様が降臨してるし、大丈夫だよね!」

アクア「女神ならここにいるじゃない!」

へスティア「君さ、駄女神だと言われてるよね? ボクこそ女神に相応しいと思うよ!」

ターニャ「神だと・・・? 貴様らさては存在Xか!!」

ニャル子「ちょ、ターニャさん!銃はアウトですって!!」

クトリ「収集がつかない・・・;」

トール「名前負けしないカオスぶりですね;」

"カオス・ザ・ウィッチーズ"
チームカラー:青



総統「ほぅ、お主も世界征服をですか」

真奥「まぁな! あんた達もそうなのか?」

ヴァンプ「えぇ、まさか同業者に会えるとは思いませんでした・・・」

アインズ「私も・・・といっても部下が深読みし過ぎて世界征服って形なんですけどね」

エリアス「何か、凄いチームに入っちゃったけど・・・浮いてないかな?」

八方斎「ワシに言われてもな・・・まぁ外観は合ってはいるな」

カラスミ「見た目はモンスターだからな」


"ダークヒーロー&エネミーズ"
チームカラー:紫


この4チームで勝利できるのは1チームのみだ!!


骨眼鏡「それで、早速第1ステージに行くが・・・その前に順番決めの為に各チーム代表者1名ずつ前に来て欲しい」


ステージを挑むチーム順番を決める為に代表者1人ずつくじを引く・・・


明久「じゃあ、僕はこれで!」

律「私はこれ!」

ニャル子「これでお願いします!」

ばいきんまん「俺様は残ったこれだな」


くじ引きの結果、ステージを行う順番はこうなった!

1 ダークヒーロー&エネミーズ
2 ジャスティスヒーローズ
3 カオス・ザ・ウィッチーズ
4 ファンタジアナイトソルジャーズ


果たして、この順番が後の鍵となるのか!
次回、第1ステージ!!

Re: 戦闘中 〈TEAM SURVIVAL〉 ( No.9 )
日時: 2018/09/12 23:00
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

〈第1ステージ〉
忍ZONEを脱出せよ!

チーム全員参加となるこのステージは、制限時間3分以内に直径50mの忍ZONEから脱出すれば、クリアとなる!

しかし、忍ZONEの出口には1体の忍が立ち塞がる!
忍は戦闘中用のアンドロイド! 盾装備されており攻守共に優れた強敵だ!

忍を撃破するには、忍ZONEに隠されたバトルボールを探さなければならない!

忍に撃破されたり、制限時間以内に脱出出来なかったプレイヤーは脱落となり、次のステージに進むことができなくなる!


忍「・・・・・」


その最初の関門に挑戦する、最初のチームは・・・



ばいきんまん「最初から忍登場とかマジかよ・・・!」

鬼灯「確かに強そうですね」

真奥「そんな序盤からやられたくはないな」


悪役や闇の力を持つ者たちによって結成された、"ダークヒーロー&エネミーズ"!


果たして、忍ZONEを攻略できるか!








START!


ヴァンプ「いきましょう!」

エリアス「まずはボールを探さないと・・・」


まずは肝心のバトルボールを探し出す!


忍ZONE内には宝箱や廃車やトレーラーや小さなプレハブ小屋など様々な障害物があり、バトルボールは全部で10個、チーム全員分隠されている



カラスミ「バトルボール何処だ・・・ここか? おっ、早速あったぞ」

バンカーのカラスミが宝箱からバトルボールを獲得



総統「こんな所にあるかのぉ・・・おぉ、あったぞ!」

秘密結社鷹の爪の総統の小泉鈍一郎もバトルボールを獲得



アインズ「もしかしたら、そんな難しい所には隠されてはいないのかもな・・・」

ナザリックを支配するアインズ・ウール・ゴウンもバスの中でバトルボール2個獲得!



シェゾ「今何個バトルボールあるんだ?」

カラスミ「4個だ、まだ攻めなくていいだろう」

八方斎「まだ大丈夫だろ」


バトルボールをある程度集めてから、突破する作戦のようだ!


忍「・・・・・」


しかし、時間内に脱出しなければ失格となってしまう・・・!



シェゾ「こんな小屋にあんのか・・・あったあった!! 真奥、ほらよ!」

真奥「お!あんがとよ!」


プレハブ小屋でバトルボールを2個獲得した、闇の魔導師のシェゾ・ウィグィィが、魔王サタンこと真奥貞夫に1個渡す



ばいきんまん「何処だ!? 全然無いぞ!?」

ヴァンプ「ばいきんまんさーん、ありましたよー!」

ばいきんまん「本当か! あ、樽の中にあった!」


ばいきんまんとヴァンプ将軍もバトルボール1個ずつ獲得!


アインズ「鬼灯さん、1個あげます」

鬼灯「これはどうも」

アインズも閻魔大王の補佐官である鬼灯にバトルボールを1個渡す・・・


エリアス「ボール、ボール・・・あ、でもあんな所に・・・」

八方斎「お!この宝箱にあったぞ! ん?エリアス殿、どうかしたのか?」

エリアス「いや、トレーラーの上にあって・・・」

八方斎「どれ・・・ほっと!」

ドクタケ忍者をまとめる稗田八方斎がトレーラーの上にあったバトルボールを持っていたバトルボールでぶつけ、落とす

それにより、魔法使いのエリアス・エインズワースにもボールが行き渡った!


エリアス「ありがとう、八方斎さん。これで全員バトルボール持ったのかな?」

八方斎「どうやら、そのようだな・・・」


これでチーム全員がバトルボールを獲得した!



忍「・・・・・」


ばいきんまん「さて、こっからどうするべきか・・・」

シェゾ「忍をどう相手するかが鍵だな・・・」

アインズ「時間もないし、攻めないとな」


いよいよ、忍ZONEからの脱出へ向かう!


残り1分


真奥「あと1分か!!」

ヴァンプ「とりあえず全方向を囲むようにして行きましょう」

八方斎「あの忍、まるで隙がないな・・・ワシにはわかる」

鬼灯「みなさん、決して油断しないでください」


ジワジワと忍を囲って、忍の隙を狙う・・・!




忍「・・・・・」


カラスミ「来るか・・・!」

エリアス「いけるかな・・・」

総統「怖いのぉ・・・」



忍「・・・・・!!」 ヒュン!!




エリアス「わっ、危ない!!」


忍「・・・・・!!」 ヒュン!



エリアス「あっ!!」 バァン!




鬼灯「くっ・・・今です」 ダッ!


ばいきんまん「おらぁ!!」 ヒュン!


忍「・・・!!」 キーン!


エリアスがやられた隙に、他のみんなは出口へ!!



総統「喰らうんじゃ!!」 ヒュン!


バァン!

忍「・・・・・!?」 ガクッ!


その隙に総統が背後から忍を撃破し、みんな脱出した!!



真奥「よしっ、脱出!! あ、でも・・・」

ヴァンプ「エリアスさん、撃破されちゃいましたね・・・」


エリアス「ごめん、当たっちゃった・・・」


ダークヒーロー&エネミーズ

エリアス・エインズワース 撃破
残り9人


総統「1人戦力無くなってしまったのぉ・・・」


エリアス「こんな姿、チセには見せられないな・・・」


一際目立つエリアスが忍の標的となり、1回は回避したが、2回目は避けれず撃破・・・!
その隙に他のメンバーが忍ZONEを脱出し、丸腰になった忍を総統が至近距離で撃破した・・・!
強力な悪の力を持つチームでも無傷で突破はならなかった・・・



エリアス「ごめんね、僕の分までみんな頑張ってね」

アインズ「わかりました、エリアスさんの想いは受け取りましたよ」

八方斎「骨同士の会話って何か滑稽だな」

真奥「た、確かに・・・」

ばいきんまん「ホラーマンも連れてくれば良かったか?」

シェゾ「スケルトンTかおしゃれこうべでも呼ぶか?」

ヴァンプ「でしたら、私もヘルスカル君を・・・」

カラスミ「何でそんなに骨キャラの知人がいるんだ!?」

鬼灯「悪役だからでしょう」


しかし、ダークヒーロー&エネミーズは1人撃破で残り9人で第1ステージ突破という形となった・・・

他のチームは犠牲者を出さずに突破できるのか!


Next → ジャスティスヒーローズ

Re: 戦闘中 〈TEAM SURVIVAL〉 ( No.10 )
日時: 2018/09/14 23:00
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

続いて、第1ステージに挑戦するのは・・・


納村「そんじゃあ、サクッと突破しちゃいますか〜!」

スバル「あぁ! 誰一人欠けることなく行こうぜ!」

明久「でもみんな油断はしないでね」

一夏「そんなのわかってるって!」


熱血で正義感溢れる、ジャスティスヒーローズ!


忍「・・・・・」


達也「しかし、あれが忍か・・・確かに手強そうではあるな」

キリト「あぁ、只者じゃないな」

ハルユキ「倒せるかな・・・?」


ヒーロー達の実力は如何に!!











START!


当麻「よし、行くか!!」

宗太「みなさん、頑張りましょう!!」


3分間の戦いが始まった!!


タカトシ「まずはボール! バトルボール探そう!」

明久「何処にあるんだ・・・?」


まずは忍と戦うためのバトルボールを探さなければならない・・・



キリト「この中か? あった!!」

黒の剣士の二つ名を持つキリトこと、桐ヶ谷和人がまず1個獲得!


スバル「こういう車の中とかか? おっと、助手席にあったぞ!」

死に戻りの能力を持つナツキ・スバルも1個手に入れた!


明久「忍がこっちに来ることはないんだね、そこは救いだよ」

当麻「探してる最中に撃破とか勘弁だもんな・・・」


忍「・・・・・」


忍はゲートの門番のため、ゲート前から動くことはない・・・


ハルユキ「バス内は絶対あるよね・・・あ、あった!」

達也「ハルユキ、こっちにもあったぞ」


バス内では、シルバークロウこと有田春雪と最強の劣等生の司波達也がバトルボールを1個ずつ獲得!



タカトシ「何、この樽・・・? あ、やっぱりあった」

桜才学園副生徒会長の津田タカトシも樽からバトルボールを獲得!


キリト「今、何個あるんだ!?」

一夏「俺まだ持ってない!」

達也「まだ半分くらいか・・・」



まだ隠されてるボールは5個残っている・・・



タカトシ「あ、宝箱の中にあった!! 宗太!」

宗太「ありがとうございます!」

タカトシが宝箱から更にもう1個見つけ、ワグナリアの小鳥遊宗太に渡す!



明久「この小屋に・・・あー、あったあった!!」


プレハブ小屋から、観察処分者の吉井明久が2個獲得!



納村「おっ、トレーラーの上か・・・」


トレーラーに目を付けたのは、魔弾が得意技の納村不道・・・


納村「この位なら・・・よっと!」


何と、トレーラーをよじ登った!


納村「よーし、ゲットだ!」

一夏「納村凄いな・・・」

納村「おい一夏、そのタイヤの山の中にあるぞ」

一夏「本当? あ、本当だ! サンキュー!」


さらにトレーラーの上からボールを見つけ、一夏もバトルボールをゲット!



明久「当麻くん、ほら!」

当麻「あぁ、どうもどうも」

更に明久が1個ボールを幻想殺しの上条当麻に渡し、これで全てのバトルボールが行き渡った!



当麻「さて、こっからだな・・・」


忍「・・・・・」


忍ZONEから脱出するには、忍とのバトルは避けられない・・・!


スバル「簡単には通しちゃくんねぇよな・・・」

タカトシ「どうする? 左右に分かれるか?」

キリト「それでいくか」


忍を5対5で挟むように分かれる作戦に、打って出た・・・!


当麻「っしゃあ! かかってこい!!」

達也「あまり挑発しない方がいいぞ」

ハルユキ「うわ、いざ戦うと怖いな・・・」

キリト「でも、忍迷ってるのかな」

明久「向こうも気をつけて!!」


忍「・・・・・」


宗太「どっちに来る・・・!」

納村「こっちから仕掛けるか?」

タカトシ「まだ様子見といた方が・・・」

スバル「迂闊に動いて撃破は嫌だな・・・」

一夏「でも時間も時間だな・・・」


忍との睨み合いが続く・・・!



残り1分



忍「・・・・・!!」 ヒュン!


ハルユキ「うわぁ!!」 スカッ!


残り1分になったと同時に忍が仕掛けたが、ハルユキが避けた!!



ハルユキ「き、急にきた・・・」


忍「・・・・・!!」 ヒュン!


ハルユキ「うわ、また!?」 スカッ


再び攻撃されるが、またしても避けた!



スバル「今だ! 突撃だぁぁぁ!!!」

全員「「うおおおおおおおおお!!!」」


忍「!!!」


それと同時にチーム全員がバトルボールを投げながら突撃した!!



スカッ スカッ スカッ

忍「・・・・・!!」


忍には当たらなかったが・・・



当麻「よっしゃーーー!! 全員か!?」

タカトシ「誰も撃破されてないぞ!」


全員、忍ZONEを脱出した!!



5対5に分かれて忍を挟む作戦に出た、ジャスティスヒーローズ!

忍が攻撃を仕掛けたのは、ハルユキ・・・!

しかし、その忍の攻撃をハルユキはしゃがんで避ける!
再び繰り出された忍の追撃もハルユキは避け、それと同時に全員で押し込んだ!!



明久「ハルユキくん、避けるの上手いじゃん!」

一夏「あぁ、よくあの攻撃避けたな・・・」

ハルユキ「あれ実は先輩に教えて貰ったんです!」

キリト「先輩ってことは・・・黒雪か?」

ハルユキ「はい! 黒雪姫先輩が、体を低くすれば忍も大丈夫だって!」

達也「流石だな、ハルユキのこともちゃんと理解してる」

スバル「なるほどな、愛の勝利って奴か」

宗太「活躍して欲しかったんだね、ハルユキくんに」

ハルユキ「な、何を言ってるんですか!!」

納村「けど、たぶんこれ見てる黒雪姫は満更でもないと思うぞ」

当麻「うん、だろうな」



ハルユキのファインプレーもあり、ジャスティスヒーローズは無傷で突破!
ダークヒーロー&エネミーズより有利な状況となった!


Next → カオス・ザ・ウィッチーズ

Re: 戦闘中 〈TEAM SURVIVAL〉 ( No.11 )
日時: 2018/09/15 23:23
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

第1ステージに挑戦する3組目は・・・


サーバル「よーし! いくよー!」

イカ娘「このゲームは侵略してみせるゲソ!」


8割が人外、残りの2割も魔法を使う軍人という異色のチーム、カオス・ザ・ウィッチーズ!


クトリ「ターニャさん、どのような作戦でいきます?」

ターニャ「私が指揮とっていいのか?」

ニャル子「えぇ、実際に少佐ですし!」

ターニャ「だったら・・・1人が忍を引き連れてる間に残りの9人で倒しにいこう」

アクア「なるほどね! で、その囮は誰がやるの?」

9人「・・・」 無言でアクアを指さす

アクア「何でよ!?」


どうやら、アクアを囮にして残り9人で忍を倒す作戦のようだが、うまく行くのか・・・!










START!


芳佳「いきましょう!」

ネプテューヌ「いくよー! ボール探そー!」


まずはバトルボール探しから始まる・・・!



へスティア「まずはバトルボールから探さなきゃな〜・・・」


トール「これがバトルボールですね! 見つけました!」

最初に見つけたのは、ドラゴンでメイドのトール!


イカ娘「あった! あったゲソ!!」


イカ娘も車からバトルボールを獲得!



クトリ「このプレハブ小屋怪しいな・・・あ、これか!」

ネプテューヌ「あー!もう1個あったー!」

プレハブ小屋から見つけたのは、妖精兵器のクトリと女神のネプテューヌ! 1個ずつ獲得!



アクア「どこにあるのよ〜・・・ないじゃない!!」


囮を任されたアクアは、まだバトルボールを見つけられない・・・



ターニャ「これか・・・! これが唯一の武器なんだな・・・!」

ラインの悪魔の異名を持つターニャ・デグレチャフもバトルボールを見つけ・・・


芳佳「あ! これですね!!」

その横で501JFWの宮藤芳佳もバトルボールを獲得した!


サーバル「これがバトルボールだね! とったよ!」

ニャル子「どうもです〜」


サーバルもバスからバトルボールを2個持ち、ニャル子もサーバルから貰った!



へスティア「えー、みんなよく見つけられるな・・・」

アクア「あー、もう! どこにあるのよ!!」

女神のへスティアとアクアは未だに見つけられない・・・!


イカ娘「マズイゲソ・・・時間がないでゲソ・・・!」

トール「そうですね・・・もうバトルボール探してる時間ないですよ!」

しかし、2人の言う通り、タイムリミットは刻刻と迫っていた・・・!


ターニャ「8個か・・・仕方ない!これで行くぞ!!」

アクア「えぇ!? 私バトルボール無いわよ!?」



囮役のアクアはバトルボールが獲得できないという事態となった!



クトリ「アクアさん! 近づいて!!」

ニャル子「もっと忍の気を惹かせてください!」

アクア「いやいや、無理よ!! だってボールないもん! 貸してよ!」


忍「・・・・・」



残り1分


トール「時間ないですって!」

ターニャ「おい! 早くしろって!」


アクア「そんなこと言われても・・・!」


忍「・・・・・!」 ヒュン!



アクア「うわあああ!!」 スカッ!


忍、アクアに攻撃をしかけた!!



ニャル子「チャンス! とりぁ!」 ヒュン!

イカ娘「ゲソ!」 ヒュン!

サーバル「うみゃー!!」 ヒュン!


忍「!!」 キーン! スカッ!


それと同時にバトルボールを投げるが、忍には全く当たらない!!



アクア「あ! 今だ!!」 ダッ!

9人「「は!?」」


が! ここでアクアがまさかの一抜けで忍ZONEを突破した!!


アクア「やったー! 突破よ!!」


忍「!?」

へスティア「何あの人勝手に脱出してんの!?」

ターニャ「あの野郎!! 邪魔だ!!」 ヒュン!


忍「!!!!」 バァン!


それに気を取られた忍をターニャが撃破!


ネプテューヌ「よーし!脱出だー!」

サーバル「すごーい!クリアしたー!」


それにより、全員が脱出に成功した!



囮役だがバトルボールを獲得できなかったアクアだが、忍の第1球をうまく避けた!
それと同時にニャル子たちが攻撃を仕掛けるが、忍の鉄壁の防御に阻まれる!

しかし、その苦戦中にアクアが隙を付きまさかの脱出!
それに動揺した忍を、ターニャが怒りの一撃!

ドタバタだったが、全員で忍ZONEを脱出した・・・


芳佳「あ、危なかった・・・」

ネプテューヌ「ターニャが撃破してなければヤバかったね・・・」

アクア「よく忍を突破したわね! この囮を完璧にこなした私を崇めなさい!」

イカ娘「お主はバカなのでゲソか!? 何上から目線で語ってるゲソか!!」

トール「誰が崇めますか!! 何勝手に脱出してんですか!!」

ニャル子「そうですよ! 裏切らないでくださいよ!! ワルキューレさえ裏切らない時代なんですよ!!」

ターニャ「やっぱり、神なぞろくなもん居ないな・・・!」

アクア「な、何よ!! 誰も撃破されなかったんだから良かったじゃない!!」

サーバル「すごーい、君は自分勝手なフレンズなんだね!」

クトリ「凄く的を得てますね、サーバルちゃん・・・」

へスティア「simejiで打つと駄女神と予測が出るだけあるね」

アクア「何でよーーー!!」


だが、何だかんだで連携が上手くいったのか、ノー撃破で第1ステージをクリアとなった・・・

Next → ファンタジアナイトソルジャーズ

Re: 戦闘中 〈TEAM SURVIVAL〉 ( No.12 )
日時: 2018/09/17 23:15
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

最後の挑戦するチームは・・・!


くるみ「っしゃー! どっからでもかかってこい!!」

はじめ「華麗に倒して突破しちゃおう!」


きららの世界から身体能力の高い戦士とナイトにより結成された、ファンタジアナイトソルジャーズ!


ソーニャ「問題はあの忍だけど、どうするか・・・」

佐久「3・3・4で分かれて行くのはどうだ?」

律「それいいじゃん! それで行こう!」


うまく連携して、第1ステージもクエストと同じようにクリアなるか!








START!


唯「よーし、行くか!」


忍ZONEからの脱出が始まった・・・!



翼「まずはこれか! これで戦えるわけだな・・・!」

最初にバトルボールを獲得したのは、少年漫画家のウイング・Vこと勝木翼!


なでしこ「ボール、ボール・・・あ!あった!あったよー!!」

野外サークルで無尽蔵の体力と胃袋を持つ各務原なでしこもバトルボールを獲得!



久世橋「これね! このバトルボールが重要視されるわけね!」

律「よっしゃー! 見つけたー!あったぞー!」

元陸上部の教師の久世橋朱里と放課後ティータイムのドラムの田井中律もバトルボールをゲット!
快調にバトルボールを獲得していく・・・!



トオル「タイヤの中にあった・・・!」

唯「こっちにもあった!」

同じ、"いちい"である、トオルと唯もそれぞれ獲得!


はじめ「如何にもって宝箱だけど・・・あったー!」

モーション班でスポーツ万能の篠田はじめも宝箱からバトルボールを獲得!


佐久「この中にあるか・・・? あったぞ!!」

警ら隊隊長の色井佐久もバスからバトルボールを獲得!


くるみ「佐久さん、こっち貰っていいですか?」

佐久「大丈夫、私ももう持ったから!」


遅れて、シャベル使いの恵飛須沢胡桃もバスからバトルボールを獲得!



ソーニャ「ここにもないか・・・ん? あそこの上にある奴そうか!」


残るバトルボールは、大きなトレーラーの上にある1個だけだが・・・


ソーニャ「とりゃあ!!」


チームで1番の身体能力ある殺し屋のソーニャは、高いジャンプ力でよじ登った!



ソーニャ「よし、これでゲットだ!」


何と、1分弱で全てのバトルボールを回収した!!



佐久「よし、これで全部か!」

ソーニャ「あとは、あの忍だな・・・言ってた通り3つに分かれるぞ」

翼「わかった、じゃあ私は左に行く」

くるみ「私は正面から行くぜ!」


忍「・・・・・」


作戦通り、忍を3方向に分かれて撃破することは出来るか・・・!


忍「・・・・・」


翼「忍、確かにかっこいいな・・・」

なでしこ「でも、怖いよ〜・・・」

律「隙見せるなよ! 見せたらやられるぞ!」


忍「・・・・・」 ピク!


トオル「! こっちも狙ってるね・・・」

久世橋「みんな、気をつけて!!」

くるみ「どうした! かかってこい!」

佐久「あの盾がやっかいだな・・・!」


忍「・・・・・」


唯「うまく撃破できないかな・・・」

ソーニャ「下手に攻撃するとカウンター喰らうから気をつけろ」

はじめ「格ゲーと一緒か〜・・・」


忍とチームが睨み合う・・・!



忍「・・・・・!!」 ヒュン!


緊迫の中、忍が動いた!!



バァン!

唯「えっ!?」

はじめ「嘘でしょ、早っ!!」

忍の先制攻撃が唯に直撃してしまった!!


翼「くっ! 私に続け!!」 ヒュン!

なでしこ「お、おーーー!!」 ヒュン!

律「喰らえぇぇぇ!!」 ヒュン!



忍「!!」 バァン!


ガラ空きの背後を左サイドにいた3人が撃破した!


トオル「忍倒れた! 行こう!」

くるみ「チッ・・・!」


そして、残るメンバーは忍ZONEを脱出した・・・



3つに分かれて忍を囲む作戦で緊迫した空気を作り出したが、その空気を破るように放った忍の一撃が唯に命中!!
その背後を、逆サイドにいた翼・なでしこ・律が突撃し、忍を撃破した・・・



唯「うわ、最悪だ・・・自分で賞金削ってしまった・・・!!」


ファンタジアナイトソルジャーズ
櫟井唯 撃破
残り9人


はじめ「あんなに忍の球が早いなんて思わなかったよ・・・」

くるみ「下手したらもっとやられてたかもしれないな・・・!」

なでしこ「でも、唯ちゃんの分まで頑張るね!」

唯「私の50万が減った〜・・・最悪だ・・・何で避けれなかったんだ〜・・・」

律「ダメだ、聞いてない;」

トオル「何かやられたことより賞金減ったことを嘆いてない?」

ソーニャ「ほっとけ;」


第1ステージが終了し、4チームの内、ファンタジアナイトソルジャーズとダークヒーロー&エネルギーズが1人撃破という形となった!
最もの人数が少ないチームは第8ステージには進めないルールのため、不利な状況となった!
今後のステージで巻き返せるか・・・!

しかし、次のステージはそんな状況も打破できるかもしれないチャンスが訪れる・・・!!

Next → 第2ステージ

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。