二次創作小説(旧・映像)

逃走中3〈Desire of Monster Roulet〉
日時: 2018/12/10 20:57
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

骨眼鏡版カキコ逃走中第3回!

舞台は、夜の小さな村"ナイトタウン"・・・! 自然豊かでメルヘンチックな建物が多く人々が平穏に過しているが、夜になると不思議な出来事が起こる謎の村で逃走者たちが逃げまくる!

更に今回は新たに加わった運営陣により、欲と危険が混ざり合う仕掛けが登場!
これにより、逃走者たちの運命も左右する!!

今回集められたのは、平穏な日常を過ごす学生から異世界で戦う者など合計50人の逃走者たち!
果たして180分間逃げ切り賞金216万円を獲得する者は現れるのか!!


[逃走者]

アインズ・ウール・ゴウン (オーバーロード)
秋山優花里 (ガールズ&パンツァー)
アクア (この素晴らしい世界に祝福を!)
有田春雪 (アクセルワールド)
アルベド (オーバーロード)
五十鈴華 (ガールズ&パンツァー)
一之瀬花名 (スロウスタート)
猪名寺乱太郎 (忍たま乱太郎)
犬山あおい (ゆるキャン△)
ヴィクトーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ(幼女戦記)
ウスター (コロッケ!)
エミリア (Re:ゼロから始める異世界生活)
大垣千明 (ゆるキャン△)
織斑一夏 (インフィニット・ストラトス)
各務原なでしこ (ゆるキャン△)
影山茂夫 (モブサイコ100)
上条当麻 (とある魔術の禁書目録)
木下秀吉 (バカとテストと召喚獣)
霧切響子 (ダンガンロンパ)
黒雪姫 (アクセルワールド)
コロッケ (コロッケ!)
斉藤恵那 (ゆるキャン△)
坂本雄二 (バカとテストと召喚獣)
佐藤和真 (この素晴らしい世界に祝福を!)
島田美波 (バカとテストと召喚獣)
志摩リン (ゆるキャン△)
セシリア・オルコット (インフィニット・ストラトス)
摂津のきり丸 (忍たま乱太郎)
千石冠 (スロウスタート)
ターニャ・デグレチャフ (幼女戦記)
武部沙織 (ガールズ&パンツァー)
土屋康太 (バカとテストと召喚獣)
テムジン (作者枠)
十神白夜 (ダンガンロンパ)
十倉栄依子 (スロウスタート)
苗木誠 (ダンガンロンパ)
ナツキ・スバル (Re:ゼロから始める異世界生活)
西住みほ (ガールズ&パンツァー)
浜千鳥 (作者枠)
広尾 (作者枠)
凰鈴音 (インフィニット・ストラトス)
福富しんべヱ (忍たま乱太郎)
フリードリヒ (作者枠)
プリンプリン (コロッケ!)
御坂美琴 (とある科学の超電磁砲)
百地たまて (スロウスタート)
雄介 (作者枠)
吉井明久 (バカとテストと召喚獣)
霊幻新隆 (モブサイコ100)
冷泉麻子 (ガールズ&パンツァー)

(50音順)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10



Re: 逃走中3〈Desire of Monster Roulet〉 ( No.45 )
日時: 2019/03/13 23:41
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

ピリリリ ピリリリ



沙織
「もー何よも〜!」



メールだ・・・



苗木
「いい加減にしてよ・・・[Mission.4 アクアがモンスタールーレットを回しミッションが発動してしまった]」


アインズ
「[エリア内に3体の悪魔が現れた 残り70分までにこの悪魔の要望に応えると何かが起きる]」

美波
「[やるかやらないかは君たちの自由だ] 何よこれ・・・」




Mission.4
悪魔の要望

エリアに3体の悪魔が出現した
この悪魔には要望があるらしく、残り70分までに叶えると、何かが起こる・・・
要望は実際に悪魔に会ってみなければわからない・・・!




当麻
「何だってんだこのミッションは・・・重要なことが全然書いてないぞ・・・?」


雄介
「めっちゃ怪しいな・・・悪魔って時点でマイナスなイメージしかないんだけど・・・」


ウスター
「意味がわかんないな・・・でも要望に答えなくても何か起きそうだよな・・・」




超曖昧なミッションに戸惑う逃走者たち・・・!



スバル
「でも、悪魔ってワードだけかも知れないし、とりあえず行ってみるか!」


雄二
「悪魔の要望か・・・面白いな、やるか!」



「とりあえず話だけ聞いてみる」



そんな中、悪魔の元へ向かいだしたのはこの3人・・・!

どんな要望なのかは実際に行ってみなければわからない・・・!




カズマ
「悪魔ってどんなのだよ・・・でもまぁ俺は行ってみるけど、どうする?」

ヴィーシャ
「私は怪しいのでやめておきます」

カズマ
「そうか・・・」


共に行動していたヴィーシャとカズマ・・・
しかし、このミッションで意見が分かれ別行動することに・・・





ヴィーシャ
「罠かもしれませんので気を付けてくださいね!」


カズマ
「あぁ! ありがとな! ・・・でも、アクアお前は来い! いい加減ミッションやれよ!!」

アクア
「な、何でよ!!」

しかし、ミッションを発動させてしまったアクアはカズマに首根っこを捕まれた・・・






カズマ
「うるせぇよ! 口答えできる立場じゃねぇだろ!!」


アクア
「何よ!! ミッションくらいカズマが勝手に・・・?!」


カズマ
「あぁ!? なんだよ?」


アクア
(ん? ちょっと待てよ・・・カズマはルーレットでアイテム引き当てたって言っていたわよね? ってことは、カズマと一緒に居た方が有利じゃない!)






アクア
「し、仕方ないわね! 今回だけ特別に私もミッションやって上げるわよ!!」

カズマ
「な、何だよ急に態度変えやがって・・・でも、やるんだな?」

アクア
「と、当然よ!!」

カズマ
「じゃあ、さっさと悪魔探すぞ!!」



冒険仲間の2人が共に悪魔を狙う・・・!





アクア
(本当にカズマはバカねw )


カズマ
(こいつさては俺のアイテム狙ってるな・・・まぁ、別にいいけどな)



本心は別であるが・・・





霊幻
「このミッション良い意味でも悪い意味でも捉えられるよな・・・どういうこっちゃ・・・」


ミッションに行くか迷う霊幻新隆・・・




霊幻
「プラス要素なのかマイナス要素なのかってのがわからないのが怖いよな・・・この後情報来るかもしれないし、ちょっと様子見るか・・・」



ミッションに疑いを持ち、様子を伺う・・:








ハンター
「・・・・・」



しかし、霊幻の近くにハンター・・・!





霊幻
「何も表記されていないってことはどっちにしても凄いことではあるんだろうな・・・」





ハンター
「・・・・・」





霊幻
「でも、マイナスの方だった時が怖いよな・・・」





ハンター
「・・・・・!」 ダッ



霊幻
「うおっ!? ハンターか!?」



見つかった・・・!







ハンター
「・・・・・」 タッタッタッ




霊幻
「ヤベェ、やっぱり速い・・・!」




懸命に逃げる霊幻!!









霊幻
「っ!!あれは・・・!!」











麻子
「さてとそろそろ場所を変えるか・・・って、ハンターか!?」


隠れ場所から出てきた冷泉麻子も巻き添えだ・・・!





麻子
「やばいやばい・・・!」







霊幻
「・・・くっ!!」


霊幻、走るのを止めた・・・










[REIGEN]



霊幻
「・・・」 ポン




88:28

霊幻新隆 確保
残り24人




麻子
「あれ? 何であの人立ち止まったんだ・・・!?」





霊幻
「ここで女子を追い抜いてまで生き残りたくはないよな・・・」


女子を庇い儚く散った・・・




ピリリリ ピリリリ


[牢獄]

みほ
「あ、確保情報! [霊幻新隆を確保]!!」

全員
「「あぁ〜・・・」」

モブ
「師匠・・・捕まってしまいましたか・・・」




花名
「さっき助けてもらったのに・・・恩返しできてないよ〜!」


麻子
「もしかして私を庇ったのか・・・? だとしたら申し訳ないな・・・」






雄二
「確かここら辺に居るはずなんだけどな・・・あ、居た悪魔だ!」




最初に悪魔の元へやって来たのは雄二・・・





雄二
「おい、お前が悪魔か?」



赤悪魔 [役:胡桃沢=サタニキア=マクドヴェル [ガヴリールドロップアウト]]
「いかにも!! この私こそが大悪魔様だ!!」


雄二
「あ、見たらわかる、駄目な奴だ・・・;」


赤悪魔
「ちょっと!!」



悪魔の要望とは・・・!?



87:40
残り24人

Re: 逃走中3〈Desire of Monster Roulet〉 ( No.46 )
日時: 2019/03/18 22:45
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

赤悪魔
「私が望む要望はだな・・・」



雄二
「何だよ」


赤い悪魔の元にやって来た雄二・・・
悪魔の要望とは・・・?











赤悪魔
「このカメラでさっきからこの場をうろうろしているハンターって奴の正面からのを撮影してきなさい!」


雄二
「ハンターの写真だと・・・!?」


赤悪魔
「そうしたら、私が良い物を差し上げよう!!」




赤い悪魔の要望はハンターの正面写真を撮ること・・・!
その写真が取れれば赤悪魔から何かが貰えるそうだ・・・!



雄二
「先に聞いておくが、本当に良い物なんだろうな?」


赤悪魔
「当然よ!!」


雄二
「チッ・・・わかったよ、やってやろうじゃねぇか・・・!」



雄二、悪魔の要望を飲んだ・・・!


しかし、ハンターの正面を写真に撮るのはかなり至難の技だ・・・!




雄二
「って、これポラロイドカメラじゃねえか! ズームできねぇし、現像に時間もかかるじゃん!」


渡されたカメラはポラロイドカメラのため、より近くに行かなければ写真は撮れない・・・!



雄二
「でもまぁ、これくらいのリスクは犯さなきゃ有利には進めないよな・・・?」



果たして、うまく撮影できるのか・・・?





アインズ
「こういう怪しいミッションってのは、当たるとかなり良いが、外れたり失敗した時の代償が怖いんだよな・・・」



悪魔の誘いには乗らないアインズ・・・





アインズ
「自分にプラスになることが確実であればやるが、そういう確証は無いから場合は危険すぎる・・・復活の無いゲームなら尚更だ」


元々はゲーム廃人のアインズ・・・
確かに逃走中は確保された瞬間、ゲームオーバーだ・・・!





アインズ
「ゲームでも現実でも同じだ、欲を出しすぎると痛い目を見るものだ」


こういうシチュエーションには慣れているようだ・・・








アクア
「ちょっと! どこまで行くのよ!!」


カズマ
「うるせぇよ! とっとと歩け!!」



危険を冒しても悪魔の所へ向かうアクアとカズマ・・・






カズマ
「確かこの辺にいるはずなんだが・・・」


アクア
「悪魔ね〜・・・あ、あれじゃない!?」


カズマ
「あれなのか・・・? いや、あれだ間違いない!!」




悪魔を見つけた・・・!






アクア
「ちょっとあんた! あんたが悪魔ね! 要望って何よ!!」








橙悪魔 [役:デミウルゴス [オーバーロード]]
「ほほう、この私が何かを望んでいることは知っているようですね?」



カズマ
「どっかで見たことあるような悪魔だな・・・;」


アクア
「で? 望んでいることって何よ?」




橙悪魔
「いいでしょう、私が望んでいることはただ一つ・・・」










橙悪魔
「他の誰かの確保の瞬間をこのカメラで写してきてください」



カズマ・アクア
「・・・は!?」



橙悪魔から課された要望は他の逃走者の確保の瞬間をカメラで捉えること・・・!



カズマ
「それって、下手したら自分も巻き添えになる可能性があるってことだよな・・・」


橙悪魔
「もちろん、私のこの要望を叶えてくれた場合は報酬はもちろん差し上げます」


アクア
「報酬ですって! だったらやるわよ!」


カズマ
「ま、いいぜ! その要望は叶えてやるぞ!」


橙悪魔
「それはそれは、期待してますよ」





カズマ
「このカメラで撮るのか・・・これまだあるんだな・・・」


アクア
(報酬は私のものよ! このミッション発動して良かったわ!!)


危険な要望ではあるが果たしてうまくいくのか・・・?




一夏
「悪魔の要望ってどんなの何だ・・・? 興味はあるけど、やりたくはねぇな・・・」


ミッションに向かわない一夏・・・





一夏
「悪魔って言うくらいだからそんな簡単な事では無いってことだろ? 臆病者と言われても仕方ないかもしれないが、危険な事はしない方がいいしな・・・」



危ない橋は渡らない、こういう判断も大事なことである



花名
「悪魔ってワードだけでも怖いよ・・・きっと恐ろしい事やらされるんだよ・・・」


同じくミッション不参加中の花名・・・




花名
「まだ何も出来てないけど、こういう物はやりたくないよ〜・・・」


恐怖で隠れ場所から動けない・・・







ハンター
「・・・・・」



しかし、2人の近くにハンター・・・!





一夏
「これがやらなきゃハンター放出とかだったら別件だけど、そうじゃないからな・・・」



花名
「このミッションは危険だよ・・・」






ハンター
「・・・・・」


一夏と花名の運命は!!


85:15
残り24人

Re: 逃走中3〈Desire of Monster Roulet〉 ( No.47 )
日時: 2019/03/20 23:30
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

一夏
「行く人いるのかなこれ・・・」



花名
「きっと恐ろしい要望だよ・・・」



ハンター
「・・・・・」



一夏と花名にハンターが接近・・・





一夏
「けど、俺今のところ何もしてないよな・・・」




花名
「どんなことされるんだろう・・・」




ハンター
「・・・・・」










花名
「は、ハンターだ・・・!」



ハンターが迫っていたのは花名だ・・・!



ハンター
「・・・・・」



花名
「か、亀さんになれ亀さんになれ・・・」


亀のように体を小さくし、身を隠す・・・






ハンター
「・・・・・」




気付かれなかったようだ・・・






花名
「ここ危ないかも・・・場所を変えよう」



ハンターが行き過ぎたのを確認し、花名はその場から移動した・・・







花名
「あ、あれ? 誰か居る? もしかして、悪魔・・・?」


青悪魔 [役:月乃瀬=ヴィネット=エイプリル [ガウリールドロップアウト]]
「あ、そこの君! ちょっといいかしら?」


移動した先に偶然にも青い悪魔・・・!




花名
「わ、私ですか・・・?」


青悪魔
「そう君! ちょっとお願い聞いて貰ってもいいかしら?」


花名
「え、えっと・・・なんでしょう」


青悪魔
「実はちょっと案内して欲しい所があるんだけど道に迷っちゃってね・・・」


花名
「あ、私ここの周辺の地図ありますよ! どこですか?」


青悪魔
「えっと・・・あ、ここのお店ね!」


花名
「あれ? ここ牢獄の隣だ・・・? だとしたら案内できます!」


青悪魔
「本当! ありがとう! 到着したらお礼するわね!」



青悪魔の要望は道案内・・・!
しかし、大幅の移動はハンターに見つかるリスクが高い・・・!




雄二
「ハンターの写真か・・・今思うと結構な無理難題だよな・・・」


赤い悪魔からの要望であるハンターの正面の写真を狙う雄二・・・




雄二
「まず自らハンターに近づくってのが本末転倒だからな・・・そもそもまずハンターを見つけねぇと・・・!」



ハンターの正面写真は、まずハンターを見つけなければ話が始まらない・・・!





雄二
「だからハンターを見つけなければ・・・あ、いたぞ・・・!」




ハンター
「・・・・・」



お望みのハンターだ・・・!

ハンターの正面からの写真を撮れれば悪魔の要望は達成となる・・・!





雄二
「良いタイミングで撮るしかねぇな・・・」




ハンター
「・・・・・」






雄二
「くそっ! 正面撮れねぇじゃねぇか・・・!」


しかし、良いアングルが撮れない・・・






雄二
「もっと近づかなきゃダメか・・・!」




危険を承知でハンターに近づく・・・!






ハンター
「・・・・・」




雄二
「よし、ここからなら・・・!」











ハンター
「・・・・・!」 ダッ



雄二
「やべっ!!」 ダッ



攻めすぎた・・・!








[SAKAMOTO]




雄二
「うぐ・・・!」 ポン




83:10

坂本雄二 確保
残り23人




雄二
「そりゃそうだ、無理があるもんな・・・」


ハンターの正面写真は失敗するとただの自滅だ・・・



ピリリリ ピリリリ

ウスター
「[坂本雄二を確保、残り23人]・・・ちゃくちゃくと減ってってるな・・・」


明久
「雄二、絶対悪魔の所行ったでしょ・・・」




これで赤い悪魔の要望を知る逃走者はいなくなってしまったが・・・




???
「もしかして、悪魔?」


赤悪魔
「そうよ!」


その悪魔に別の逃走者が接触していた・・・!
果たして、誰・・・!?


82:50
残り23人

Re: 逃走中3〈Desire of Monster Roulet〉 ( No.48 )
日時: 2019/03/23 23:30
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

赤悪魔
「私の要望を聞いてくれるんだな!」


赤い悪魔の要望を聞きに来たのは・・・














スバル
「で、何をすればいいんだ?」



スバルだ・・・!



赤悪魔
「よろしい!私の要望はだな・・・」


スバル
(まぁ、恐らく他に聞いてるヤツいるだろうな・・・)





〜割愛〜


赤悪魔
「割愛すんじゃないわよ!!」


スバル
「だろうな・・・しかし、ハンターの正面からの写真・・・しかもポラロイドカメラって正味見ないぞ・・・; 」


赤悪魔
「叶えられたら褒美はもちろんやるぞ!」


スバル
「ま、やるだけのことはやってやるぜ!」



赤い悪魔の要望はハンターの正面の写真・・・!
失敗すると即確保となるが、スバルは果たせるのか・・・?





アクア
「言っておくけど、報酬は私の物だからね!! カズマは邪魔しないでよ!!」

カズマ
「は!?んなもん早い者勝ちだろうが!!」


橙の悪魔からの要望である、他の逃走者の確保の瞬間の写真を狙うアクアとカズマ・・・




アクア
(まぁ、最悪カズマをなんとかして捕まえさせればミッション達成ねw)



カズマ
「チッ、どうやって撮影すっかだな・・・」







ハンター
「・・・・・」



2人の近くにハンター・・・





カズマ
「しかし、自分からハンター探すなんて酷だな・・・」




アクア
「!! 私、あっちの方へ向かうわ!」



カズマ
「おい! どこいくんだよ!」


ハンターに気が付いたアクア、カズマには何も伝えずに別れる・・・





アクア
「これでカズマの無様な確保シーンを撮影できるわ・・・!」





カズマ
「何なんだよアイツ・・・」






ハンター
「・・・・・!」 ダッ


見つかった・・・!






カズマ
「! ハンターかよ!!」



ハンターの接近に気付いたカズマ・・・!









アクア
「ちょっ! 何でこっちに逃げてくるのよ!!」



カズマ
「うおおおおおおおおおおおお!!!」



迷わずアクアの方へ逃げる!!





[SATO]





アクア
「でも残念ね! 私の方が前にいる分捕まるのはカズマの方よ!」





カズマ
「よっしゃ、今だ!! 無敵サングラス!!」


アクア
「はぁ? 何よそのサングラス・・・」








ハンター
「・・・・・!」 スッ


カズマ
「・・・へっ!」



アクア
「な!?」




無敵サングラスは1分間、ハンターからの追跡を逃れられるアイテム・・・!


直前までハンターのターゲットだったカズマは無敵サングラスによって、ハンターアイから除外され、素通り!


つまり・・・









[AQUA]



アクア
「な、何で!? 何でカズマ捕まえないの!? ねぇ!!」



前方にいたアクアにターゲットが移り変わった!!





カズマ
「悪いな、俺は自分が当てたアイテムをより有効に使わせてもらったぜ!」



アクア
「何で!?何で!? って、カズマ!? そのカメラは何!?」




カズマ
「あばよ!駄女神!!」 カシャ




アクア
「ぶざけんじゃないわよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」 ポン


81:04

アクア 確保
残り22人




アクア
「おかしいでしょ!! 女神の私が捕まるなんて有り得ないでしょ!! というかカズマ! よくも裏切ったわね!!」


カズマ
「裏切るも何も、悪魔の要望聞いた時からこれを狙ってたんだよ! 要望は叶えられるしお前に天誅喰らわせれるし一石二鳥だ!」


アクア
「何なのよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」




ピリリリ ピリリリ

ターニャ
「[アクアを確保、残り22人] 遂にアイツ捕まったか!!」


浜千鳥
「言い方悪いかもしれないッスけど、自業自得ッスよね」



[牢獄]

みほ
「アクアさん確保です!」

全員
「「いぇーーーーーーい!!」」

みほ
「いぇいはおかしいでしょ・・・; まぁ、いいか」


このゲームの行いのせいで誰からも惜しまれない女神・・・





カズマ
「よし! これをまたあの悪魔の所に持っていけばいいな! それまでに現像されてっかな・・・」



アクアの確保の瞬間を写真で捉えたカズマ
これを橙の悪魔の所へ持っていけば、要望完了だ!



ハンター
「・・・・・」



しかし、アイテムはもう無いため、ハンターに見つかれば水の泡だ・・・!




花名
「牢獄ってまだ遠いな〜・・・」


青悪魔
「焦らずゆっくりでいいのよ?」


青い悪魔からの要望である道案内をする花名・・・




花名
「つい返事しちゃったけど、あそこから牢獄って最長距離なんじゃないかな・・・?」



青い悪魔が居た所はエリアの端の端・・・
牢獄近くの建物は反対方向の端にあるため、かなりの距離がある・・・





花名
「これ時間内に間に合うかな・・・」


悪魔の要望なので、そう甘くは無い・・・





ハンター
「・・・・・」


そんな花名の近くにハンター・・・!





花名
「あ、ごめんなさい! ちょっと隠れます!!」

青悪魔
「え? どうしたのよ?」



ハンターに気付いた花名、悪魔を置いて隠れる・・・




花名
「こんな時に来ないでよ〜・・・!」




ハンター
「・・・・・」


花名、再び凌げるか・・・!


80:00
残り22人

Re: 逃走中3〈Desire of Monster Roulet〉 ( No.49 )
日時: 2019/03/25 23:52
名前: 骨眼鏡 ◆/iCLgdCiEk

花名
「来ないで来ないで・・・!」



ハンター
「・・・・・」



青い悪魔の要望に挑戦中の花名にハンターが接近・・・





花名
「お願い・・・」



じっと隠れてやり過ごせるか・・・?




ハンター
「・・・・・」



花名
「・・・」








ハンター
「・・・・・」




またしても凌いだ・・・!




花名
「気づかれてない・・・? 良かった〜・・・あ、でもまだ油断できないか・・・」


意外と抜け目の無い少女・・・





雄介
「ミッションやってる人いるのかな・・・? これがもし天使の要望とかだったらやるかもしれないけど・・・」

ミッションを怪しみ、悪魔の所へは行かない雄介・・・




雄介
「もしも良い事だと確信できるならやるけど、たぶん要望も結構難しいことなんだろうな・・・」





リン
「あ、あそこにいるの作者さんじゃないか・・・?」



その近くにリン・・・




雄介
「あ、リン! ミッションどうする?」


リン
「ミッション? やりませんよ・・・これ目的がわからなさすぎますもん・・・」


雄介
「やっぱりそうか・・・」


2人も謎のミッションには行かない様子・・・






ハンター
「・・・・・」

しかし、2人の近くにハンター・・・!





雄介
「せめて何があるのか書いてくれたらな・・・」


リン
「言えないことなんでしょうね・・・」





ハンター
「・・・・・」










[YUSUKE] [SHIMA]



ハンター
「・・・・・!」 ダッ


見つかった・・・!




リン
「うわっ! ハンターだ!!」


雄介
「えっ!? やばい!!」




ハンターの接近に気付き、バラバラに逃げる!







ハンター
「・・・・・」 タッタッタッ



ハンターが視界に捉えたのは・・・










リン
「やばいやばいやばいやばい!」


志摩リンだ・・・!








雄介
「うわ、リンの所行ったぞ・・・!」







[SHIMA]



リン
「くぁwせdrftgyふじこlp」 ポン



78:42

志摩リン 確保
残り21人





リン
「ハァ・・・ハァ・・・捕まっちまったじゃねぇかこのやろー・・・」



ミッションに行かなくても危険はある・・・





ピリリリ ピリリリ

恵那
「あちゃ〜 [志摩リンを確保、残り21人] リン捕まっちゃったか・・・」


なでしこ
「リンちゃん捕まっちゃったよーーーーー!!」



「やっぱり油断できない・・・悪魔の所行くのやめる」


確保ペースが早まるのを見て、ミッションを断念した冠・・・





「とりあえず、隠れる所探す」


隠れ場所を探す・・・






「あ、ここいいかも」






ハンター
「・・・・・!」




「! しまった」 ポン


78:19

千石冠 確保
残り20人





「・・・ハンター居た」


確保は突然だ・・・



ピリリリ ピリリリ

当麻
「え、早っ!! [千石冠を確保、残り20人]!? この短時間で何があったんだ・・・?」


花名
「か、冠ちゃん捕まっちゃったの!? え!? 私だけ!?」


ヴィーシャ
「残り20人・・・だいぶ減りましたね・・・」




カズマ
「確かこっちだったな・・・!」


アクアの確保の瞬間の写真を撮影したカズマ・・・
写真を橙の悪魔に渡すため、エリアを駆ける・・・!





カズマ
「・・・っ危ねぇ!」




ハンター
「・・・・・」


カズマ
「危ねぇ・・・ここで捕まったら意味ねぇ・・・!」


間一髪、ハンターを回避した・・・!







カズマ
「こっちに逃げれば・・・あっ、いた! 見つけた!」



橙悪魔
「貴方は・・・先程の方ですね」



逃げた先に橙の悪魔・・・!



カズマ
「あんたが言ってた写真撮ってきたぜ! ちょうど現像されたみたいだ!」


橙悪魔
「どれどれ・・・ほう、素晴らしい! これこそ私が求めていた代物ですね!」


カズマ
「おっ! ってことは、要望は叶ったってことでいいか?」


橙悪魔
「もちろんです! では、約束通り報酬を差し上げましょう・・・!」



果たして、橙の悪魔からの報酬とは・・・!?


77:30
残り20人

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。