二次創作小説(旧・映像)

「黒子のバスケ〜キセキに出会えた奇跡〜」
日時: 2019/01/05 11:28
名前: 朝日奈 紗葉


  こんにちは、朝日奈紗葉です。
 黒子のバスケのオリジナル小説を書くことにしました。
 できれば読んでみてください。

 この小説に出てくるキャラクターの性格は、原作通り(できるだけ)にしていきます。

  小説オリジナルキャラ
  『白宮あずみ』
  身長150cm、体重?
  大人しい性格。そして極度の人見知りで、特に男子が苦手。
  とてつもなくモテるけれど男子嫌いのため初恋はまだ。
  慣れた人にはふんわりとした笑顔をよく見せる。
  だがバスケでは本物の力をもっており、天使の眼「エンジェルアイ」という、目を合わせたら
  力が抜けてしまう目をもっている。

 「黒子のバスケ〜キセキに出会えた奇跡〜」

  第一Q 【部活が楽しい! あずみside 】

  私の名前は白宮あずみ。
  帝光中学校2年生でバスケ部のマネージャー。
  キセキの世代と同い年です。
  キセキの世代は、一時期強すぎるゆえに悩んでしまったこともあったけれど、私と白金監督により
  今は収まっています。
  半年に一回、アメリカの強豪校と練習試合を組むことによって練習をちゃんとやっています。
  
  ここまで来るのにほんっと長かったなぁ〜。
  生き生きと練習に励むキセキの世代を眺めながら少しだけ息を吐いた。
  同じマネージャーのさつきちゃんも色々心配してたけど、今は笑顔が増えているように見える。
  そして唯一強すぎて悩む、ということがなかったキセキの世代の一人、黒子テツヤくん。
  黒子君も練習に励むキセキの世代を見て口角をあげていた。

  「よし、今日はここまでだ。」
  バスケ部のキャプテン、赤司君の号令でドリブルを衝く音がピタッと止まる。
  「マジできっち〜!」
  「お疲れ様、青峰君」
  「ああ、わりぃな」
  「みや、テーピングをもっていないか?」
  「持ってるよ、はい」
  「ありがとう」
  「どういたしまして」
  白宮のみやという字をとって皆からは「みや」と呼ばれています。
  最初は変な感じしかしなかったんだけどね…。
  
  「いやぁ〜、部活が楽しい!」
  心底楽しい、と満面の笑顔で言うさつきちゃん。
  「この前までは、大変だったからね。」
  「そうだよ、だから今は楽しくって仕方ないよ!」
  「あずみっち!ちょっといいスっか?」
  「?どうしたんだろう、ちょっと行ってくるね」
  「うん、いってらっしゃい」
  さつきちゃんの笑顔に見送られてマネージャー室を後にした。
  「どうしたの?」
  「ワンオンワンしねっスか?」
  「正直にこたえてもいいの?」
  「でた、あずみっちの「正直にこたえてもいいの?」これ、必ず断られるやつじゃないっスか」
  「あずみっちってよぶの辞めてくれたらいいよ?」
  「嫌っス、それだけは譲れないんスよ」
  「意味わかんないなぁ〜」
  「みや!ワンオンワンやるぞ!」
  「あれ?青峰君は拒否権なし?」
  「ったりめーだろ!早く来いよ」
  「しょうがないなぁ」
  口ではそう言っておきながらもこの会話が日常って感じがして、クスッと笑って
  私は駆け出した。

  第一Q【部活が楽しい! あずみside】を読んでくださってありがとうございました。
  第二Q【バスケ部でよかった さつきside 】もよろしくお願いします。

Page:1



Re: 「黒子のバスケ〜キセキに出会えた奇跡〜」 ( No.1 )
日時: 2019/01/07 00:09
名前: 朝日奈紗葉


 こんばんは。朝日奈紗葉です。
 受験生のため、なかなか更新できませんが、よろしくお願いします。
 できれば、読んでくださった方、コメントしてくれると嬉しいです。
 アドバイスやご要望などお願いします。

Re: 「黒子のバスケ〜キセキに出会えた奇跡〜」 ( No.2 )
日時: 2019/01/07 00:19
名前: 朝日奈紗葉


 第二Q 【バスケ部でよかった さつきside 】

Re: 「黒子のバスケ〜キセキに出会えた奇跡〜」 ( No.3 )
日時: 2019/01/07 00:54
名前: 朝日奈紗葉

                                                 こんばんは、朝日奈紗葉です。またご視聴よろしくお願いします。
                                      
 第二Q 【バスケ部でよかった さつきside 】

  私の名前は桃井さつき。帝光中学バスケ部のマネージャーをしています。
  一緒にマネージャーをしているのが白宮あずみ。私は「あずみん」って呼んでる。
  この世でほんっとに比喩なしで一番かわいいんじゃないかっていうくらいの美少女。
  それでね、また自覚がないのがかわいいんだよ〜!

  でもあずみんにはあずみんも知らない秘密がある。

  それをあずみんが知るのはもう少し先の話…‥。


  「青峰君!黄瀬君も!練習しすぎだよ!あんまりオーバーにしないでねって言ったじゃん!」
  「あ?うっせーよ、さつき」
  「あずみっちが強いからついついやっちゃうんスよね〜」
  「ほらもう、あずみん見てよ。あんなによれよれになっちゃって」
  あずみんはバスケこそ強いけど、体力があるわけじゃないから青峰君と黄瀬君とワンオンワンしてしまったらすぐに疲れてしまうのだ。
  「ったく、だらしねーな、みやは」
  「青峰君たちがワンオンワンに誘わなかったらこんなことにはならないんだけど?」
  少し恨めしそうに顔を上げるあずみん。
  「そりゃ無理だ」
  「それは無理っス」
  見事にハモる二人に私とあずみんは顔を見合わせて微苦笑をうかべた。
  「さあ、早く帰る準備しよう。赤司君がお怒りかも…‥。」
  「げっ!」
  二人は顔を引きつらせるとドタバタと体育館を出ていった。
  「お疲れ、あずみん」
  「うん、ありがとう」
  「ねえ、あずみん」
  「ん?」
  「私ね…バスケ部でよかった!」
  今、ふと思ったのだ。きっかけは、青峰君が入ったからだった。
  特にバスケに意欲もなく、幼なじみが入ったからっていう単純な動機。
  でも今はバスケ部以外には考えられないから、私の選択は間違っていなかったと改めて思った。
  「なあに?いきなり?さつきちゃんてば変なの」
  そしてクスリと笑い合って私たちも体育館を後にした。

  「話とは何なのだよ、赤司」
  「みやちん、お菓子もってない〜?おなかすいたー」
  今ちょうど終礼が終わって、私、あずみん、赤司君、テツくん、青峰君、きいちゃん、ミドリん、ムッくんというメンバーが中庭に集まっていた。
  なんでも赤司君が話があるそうで…。なんだろう?
  

Re: 「黒子のバスケ〜キセキに出会えた奇跡〜」 ( No.4 )
日時: 2019/01/07 01:16
名前: 朝日奈紗葉


  「唐突だが、今週の日曜日このメンバーで遊園地に行かないか?」
  「はあ?」
  「なんだ、青峰不服か?」
  「いや、いきなりすぎて」
  た…確かに。本当に唐突だ。その発言をしたのが赤司君だからなおさら驚くよ…。
  「いいじゃん、遊園地、楽しそう!」
  顔をキラキラさせながら言うあずみんを見て少しだけ赤司君が言った意味が分かったような気がした。
  「まあ、みやと赤司が言うのなら行ってやらんこともないのだよ」
  「ほ〜んと、素直じゃないっスね、緑間っちは」
  「だまれ、黄瀬」
  「いいと思います。僕も行きたいです」
  「うおっ!テツ…。いつからそこに?」
  「最初からいました。」
  「青峰君、気付いてなかったの?テツくんは青峰くんよりも早くからそこにいたんだからね」
  「マジかよ…。いつまでたっても慣れねーな。」
  「赤司君。もうこれは青峰君も行くってことで」
  「ああ、分かった」
  「おい、さつき勝手に決めんなよ」
  「え?じゃあ青峰君はいかないの〜?」
  「…。」
  「よしっ、行くってことで」
  「あはは、青峰君とさつきちゃんの会話って本当に面白いね。息があってるっていうか」
  クスクスと笑うあずみんに「うっせーよ」と青峰君が怪訝そうに顔をしかめた。
  「それじゃ、今週の日曜日決定だ」
  『おう』

  第二Q 読んでいただきたきありがとうございました。
  第三Qもよろしくお願いします。

Re: 「黒子のバスケ〜キセキに出会えた奇跡〜」 ( No.5 )
日時: 2019/01/07 19:55
名前: 朝日奈紗葉


 こんばんは。朝日奈紗葉です。
 またご視聴よろしくお願いします。

  第三Q【見ていられなかっただけ さつきside 】

  今週の日曜日に遊園地に遊びに行くことが決定してから二日後の放課後のこと。
  
  「まったくもう!青峰君はともかく、赤司君まで部活来なかったら部活始まんないじゃん!」
  もうホームルームはとっくの昔に終わっているはずなのに、二人が全然部活に現れないのだ。
  「まったくもう!冗談じゃないんだから!」
  私はきょう何回目かわからないくらいまったくもう!、を繰り返しながら一つ一つ教室をのぞいていく。
  「どこにいるのよ〜!」
  私は盛大にため息をつくと、次のクラスを覗き込んだ。
  ……あ、いた。
  ちょっと二人とも!って言おうとしたのに声は出なかった。
  「悪いな、赤司」
  「気付いていたのか、青峰」
  「ああ、だから遊園地にしてくれんだろ」
  「そうだな、また期末テストが終わればあの水族館にも誘うつもりだ」
  「ほんと恩に着るぜ、赤司」
  「いや、……ただ……」
  「?」
  少し言葉を濁した赤司君は静かにフッと笑みを落とすと
  「見ていられなかっただけだ。」
  そういうと赤司君は、部活に行く準備をし始めた。
  教室のドアのところで盗み聞きしていた私は事情も知っているから涙が止まらなかった。

  第三Q いかがでしたか?
  第四Qもよろしくお願いします。




Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。