二次創作小説(旧・映像)

数取団(プリキュア編)
日時: 2019/02/11 12:17
名前: いくちゃん

こんにちはいくちゃんです!

この企画は前々からやろうと思っていたものです。
しかし、一気に1つを投稿するのは難しいかつ面倒なので、いくつか分けて投稿したいと思います。
なので、相撲も基本は負けるため割愛します。
相撲内容が書かれてるときは、ちょっとした名勝負か相撲以外のことをやらされると思ってください

あとブンブンも省略するため、皆さんの心の中で音頭を取ってください。
※ブンブンアウトの時は表示します。

現時点ではは6人設定で光役がいない状況です。
候補が出てきた場合、すぐに入れます。

あと正直ツッコミ役はいません。

これはキャラクターの特性の話で、一応ツッコミはしますが違和感はあります。

本作品は、めちゃイケでやってた通りにはいきません。
完全オリジナル、しかし時々ゲストキャラで少しネタを入れます。

ゲストはプリキュアじゃない人達も入れていきます。

自分の作った作品からも入れます。

Page:1 2



Re: 数取団(プリキュア編) ( No.3 )
日時: 2019/03/17 12:47
名前: いくちゃん

ヨロシク3

せつな「っていうか、どっちがどっちだか分らないわよ!」

愛「基本あたしのハートは『ハ』を強調させるよ」

せつな「それでも無理よ!」

ことは「じゃあさあ、愛じゃないハートは手で作るとか?」

愛「いいね!それで分けよう!」

せつな「ではハートは手で表現したときは個なんでヨロシク!」

全員「ヨロシク!」

せつな「ガンガン飛ばしていくんでヨロシク!」

全員「ヨロシク!」

せつな「せーの!」

ブンブンブブブン!

せつな・ハート↑!

ことは・1人

   ・プリキュア

さあや・2シリーズ

   ・役者

いつき・3人

   ・道場

愛・4部屋

 ・ホーム

あゆみ・5番線(GOOD)

   ・カラス

せつな・6羽

   ・タコ

ことは・7匹

7匹?

愛「ストップ!」

ことは「どうしたの愛?」

いつき「はーちゃん、今なんて言った?」

ことは「タコって言われたから7匹って答えたけど・・・」

せつな「アウトよ!」

ことは「ええ!何で?タコは生き物なんだから匹でしょう」

さあや「タコやイカやカニなどは籠に入れて数えることから1杯、2杯と数えるのが正解です」

あゆみ「ていうかこれ常識だよね?」

ことは「ええ〜!!」

花海ことは(初土俵)

愛「いっけ〜、はーちゃん!」

せつな「私たちの敵を討って!」


相撲後


ことは「無理だよ!」

いつき「まあ、この中では1番軽そうだもんね」

4人「ああ〜〜・・・」

ことは「納得しないでよ!それよりもなんでたこさんやイカさんは匹じゃないのさあ!」

愛「あたしらに文句言われても・・・」

いつき「漁師さんか魚屋さんが決めたことだと思うし・・・」

さあや「昔からあるものだもの、少なくとも私たちが生まれる前から・・・」

ヨロシク4

ことは「タコやイカは杯!ヨロシク!」

全員「ヨロシク!」

ことは「せーの!」

ブンブンブブブン!

ことは・イカ

さあや・1杯

   ・ダンス

いつき・2ステップ(GREAT)

   ・箪笥

愛・3棹(GOOD)

 ・逃走中

あゆみ・第4回

   ・逃走中

せつな・第5回

   ・逃走中

ことは・第6回

   ・逃走中

さあや・第7回

   ・戦闘中

いつき・第8回

第8回?

さあや「STOP!」

愛「さあや、どうしたの?」

さあや「戦闘中は第1回、第2回ではなく、第1陣、第2陣と数えるのが正しいと思います!」

いつき以外「ああ〜〜・・・」

さあや「それに、番組欄にも『陣』と書いてあります」

愛「それなら・・・」

せつな「番組がそうしてるなら・・・」

あゆみ「文句言えないね」

いつき「そうだね」

明堂院いつき(初土俵)

愛「いっけー!」

せつな「関取団なんて、自慢の武道でやっちゃいなさい!」


相撲後


あゆみ「どうして武道をしなかったんですか?」

いつき「いやあくまで相撲だし、やったらこっちが殺されそうだし・・・」

愛「賢明な判断だね」

ヨロシク5
いつき「聞くけど、この回で終わり?」

愛「うん、一旦ね」

あゆみ「それよりもまだ10すら行ってないよ」

いつき「よ〜し、せめて10は行くんでヨロシク!」

全員「ヨロシク!」

いつき「最後なんで気合い入れていくんでヨロシク!」

全員「ヨロシク!」

いつき「せーの!」

ブンブンブブブン!

いつき・戦闘中

愛・第1陣

 ・タイヤ

あゆみ・2本(GOOD)

   ・ダイヤ

せつな・3カラット(GREAT)

   ・ダイヤ

ことは・4カラット

   ・ダイヤスタイル

さあや・5種類(COOL)

   ・ダイヤモンド

いつき・6人

   ・ダイヤモンド

愛・7人

 ・トーナメント

あゆみ・8回戦

   ・総当たり戦

せつな・9戦目

   ・タコ

ことは・10杯

   ・九九

さあや・11の段

   ・九九

いつき・12の段

   ・算数

愛・13教科

 ・国語

あゆみ・14教科

   ・英語

せつな・15教科

   ・社会

ことは・16教科

   ・理科

さあや・17教科

   ・陸上トラック

いつき・18レーン

   ・プール

愛・19コース

 ・プル

あゆみ・20個

   ・お風呂

せつな・21L(COOL)

   ・お風呂

ことは・22L

   ・温泉

さあや・23施設

   ・温泉旅館

いつき・24か所

   ・葡萄

愛・25房(GOOD)

 ・ケーキ

あゆみ・26切れ

   ・約分

せつな・27回

   ・ループ

ことは・28回

   ・テスト

さあや・第29回

   ・部活

いつき・30種

   ・くじ

愛・31本

 ・ロシアンルーレット

あゆみ・32本

32本?

愛「STOP,ロシアンルーレットだよ」

あゆみ「えっ?本じゃないの?」

せつな「まさか物騒な奴じゃないわよね?」

愛「普通、ロシアンルーレットは何分の1って数えるのが普通じゃない?」

5人「えっ?」

愛「だって、ロシアンルーレットやるとき、この中に一つだけはずれがあるってやるから」

5人「ああ〜〜・・・」

坂上あゆみ(2戦目)

愛「いっけ〜!あゆみちゃん!」

相撲後

あゆみ「無理!」

愛「せめて、もっと粘って!」

あゆみ「それもそうだけど、愛ちゃんの後ろも嫌だ!」

愛「なんで?」

あゆみ「どんなの来るかわかんないし、分からないのが沢山来たら私ばっか相撲になるし・・・」

愛「そんなあゆみちゃんに朗報です!」

あゆみ「何移動できるの?」

愛「うんうん、次からゲストが来るよ!
  しかも人数によってはあゆみちゃんの前に来るかもしれないから・・・」

あゆみ「なるほど!」

ことは「ゲストか誰が来るんだろ?」

愛「最初はプリキュア勢が来るんだって!」

せつな「じゃあ、みんなに笑われないように精一杯頑張らないとね!」

全員「おー!」

というわけで、次回から早くもゲストが来るんでヨロシク!

Re: 数取団(プリキュア編) ( No.4 )
日時: 2019/04/07 14:16
名前: いくちゃん

夜のスナックに集まる6人

数取団ツッコミ総長・愛
愛「数取団ツッコミ総長の愛だけど今日からゲスト来るけど、
  油断せずに行くんでヨロシク!」

全員「よろしく!」

妖精と一心同体・せつな
せつな「数取団乱闘生のせつなだけど、この世で1番好きなのはラブじゃなくてアカルン!        ヨロシク!」

全員「ヨロシク!」

唯一3回だけの変身・あゆみ
あゆみ「数取団乱闘生のあゆみだけど、今日朝グレルに『あゆみはスマイルの仲間だよな!』
    って言われたけど、無視しました!馬鹿野郎!pixvの集合絵だけで
    公式からは認められてねーよ!
    でも入るならスマイルの番外戦士なんでヨロシク!」

全員「ヨロシク!」

かわいいものに目がない武闘家・いつき
いつき「数取団乱闘生のいつきだけど、ポプリのことで怒られたゆりさんに一言!
    原因はポプリのわがままです!あとそんなに怒ってません!ヨロシク!」

全員「ヨロシク!」

天使のような学級委員長・さあや
さあや「数取団乱闘生のさあやだけど、ひなせ君?はなのことなら私が相談に乗ってあげようか?
    ヨロシク!」

本名・花海ことは
ことは「数取団乱闘生はーちゃん!好きなスポーツはサッカー!ヨロシク!」

全員「ヨロシク!」

なぎさ「初代プリキュアキュアブラックのなぎさだけど、一応ラクロス部のキャプテンだったので、
    リーダーシップは自信あるのでヨロシク!」

ほのか「同じく、初代プリキュアキュアホワイトのほのかだけど、
    ピンクのサポートは誰よりも詳しい名相棒なんでヨロシク!」

ひかり「同じく初代マックスハートの追加戦士のひかりだけど、
    私のバリアは1度も破られていない、鉄壁なんでヨロシク!」

6人「イイェーイ!」

今回のゲストは初代・マックスハート

愛「さあ、最初は初代だけど、強いんですか?」

なぎさ「いきなり何失礼なこと言ってるのよ!」

ほのか「プリキュアの原点よ!強いに決まってるじゃない!」

愛「あっ!何か来ました
  ん?何々プリキュアチームランキング?」

あゆみ「なんですかそれは?」

愛「これに、初代の順位が書いてあるんだろうね」

なぎさ「絶対1位に決まってる」

ほのか「そうそう」

愛「発表します!初代は13チーム中(HUGっとまで)・・・・
























  8位です!」

ほのか「うそー?」

なぎさ「ぶっちゃけ、ありえな〜い!」

いつき「本当に?」

愛「うん」

さあや「意外・・・」

愛「理由・初代の長所はスタミナがいいこと、鉄壁の守護神がいること」

なぎさ「そうそう!それが私たちのいいところじゃない!」

愛「短所・二人同時出ないと変身できなかったり、技を出せなかったりと単独では戦えない」

ほのか「それはそうね」

ひかり「私のバリアはともかく、お二人は二人でないと何も始まりませんよね」

なぎさ「痛いとこ突かれたなあ〜、まあ仕方ないか・・・」

愛「まだあります!二人同時変身のチーム内では最強!っと」

なぎさ「良かった」

ほのか「良くないわよ!そんなんで喜んじゃダメでしょう!」

Re: 数取団(プリキュア編) ( No.5 )
日時: 2019/04/14 10:59
名前: いくちゃん

愛「単位上等!」

全員「数取団!ヨロシク!」

愛「今日は初代が来たけど、油断せずにぶっこんでいくんでヨロシク!」

全員「ヨロシク!」

愛「ガンガン行くんで、ヨロシク!」

全員「ヨロシク!」

愛「あのなぎささん?大丈夫ですか?」

なぎさ「大丈夫なわけないでしょう!
    なんで、愛の後ろなのよ!」

なぎさは愛の後ろ

愛→なぎさ→あゆみ→せつな→ことは→ひかり→さあや→ほのか→いつき 以降一周

愛「ほら良かったね、あゆみちゃん」

あゆみ「はい!」

なぎさ「良くない!ぶっちゃけありえな〜い!ほのか変わって〜!」

ほのか「いいけど、私の後ろさあやさんよ!なぎさ大丈夫?」

愛も怖いがさあやも怖い

なぎさ「じゃあ、このままで」

愛「じゃあ、せ〜の!」

ブンブンブブブン

愛・ビル

なぎさ・1件

1件?

愛「ストップ!」

なぎさ「何?」

ほのか「なぎさ、ビルは棟よ!」

なぎさ「そんなの知らない!」

美墨なぎさ(初土俵)

さあや「なぎささん、頑張ってください!」

ほのか「落ち着いてなぎさ!」

相撲後・・・

パン!

なぎさ「いった〜、もう嫌!」

ほのか「もうこれで全プリキュアのリーダーなの?」

6人「えっ?」

なぎさは全プリキュアのリーダー?

ほのか「えっ?私変なこと言った?」

ことは「全プリキュアのリーダーって・・・」

いつき「今は愛だよね?」

愛「うん、なぎささんがクビになって、あたしがゆりさんを説得して・・・」

さあや「そして現在に至って・・・」

せつな「そもそも、愛じゃないとリーダーなんて誰も務まらないしね」

愛じゃないと務まらない

なぎさ「何でよ!」

ほのか「でもそれは事実なのよね・・・」

なぎさ「もっと慰めてよ!」

ひかり「でも、愛さん本当に頼りになりますよ!要会議も順調に進みますし・・・」

6人(あっ、追い打ち・・・)

愛「それより、なぎささん?何か貼られましたよ」

あゆみ「マル秘って、本家で言う恥ずかしい写真だよね?」

マル秘・本人には誰にも知られたくない情報や恥ずかしい写真があったり、書かれたりしている
    レギュラーメンバーは3敗、5敗、8敗、10敗・・・してから、
    ゲストは1敗するたびに1枚ずつ貼られる
    内容は話の間でやってしまった失敗など、
    もしくはその中で起きたことのその後のネタいじり、
    通称プリキュア裏の出来事のどちらか

なぎさ「何それ?っていうか普通はレギュラーメンバーから貼られるんじゃないの?」

愛「ルールですから」

せつな「っていうことは、私とあゆみやばいんじゃない」

現在2敗中のせつなとあゆみ

愛「まずはなぎささんだけで」

なぎさ「そりゃそうよ」

マル秘を見るなぎさ

なぎさ「ああ〜、なるほど」

ほのか「どうしたの?」

ひかり「大丈夫ですか?」

なぎさ「大丈夫、大丈夫、これだれでもあることだから」

全員なぎさのマル秘を見る

愛「ああ〜」

いつき「これは」

さあや「意外ですね」

ひかり「私も信じられません」

ほのか「私達だって、喧嘩の一つや二つあるわよ!」

初代無印8話の喧嘩回

なぎさ「そもそも、私とほのかはたまたま同じ学校でたまたま同じクラスになって、
    たまたま、導かれてプリキュアになったから・・・」

ほのか「この回までは、私達も名字で呼び合ってたのよ」

ことは「へ〜」

いつき「意外だね、二人はこんなに仲がいいのに」

愛「で、喧嘩の原因は?」

ほのか「私のおせっかいなの!なぎさが藤P先輩のことが好きで、
    二人を近づけてあげようと考えたら・・・」

なぎさ「だって、私だって自分で思いを伝えなきゃ意味がないっていうプライドがるし・・・」

愛「でも結局、ほのかさんや他の人がいないと、うまいとこまで行ってないんじゃないですか?」

なぎさ「いや、いいところであいつらが来たりとか・・・」

ほのか「なかなか報われないのよ・・・」

さあや「は〜・・・」

Re: 数取団(プリキュア編) ( No.6 )
日時: 2019/04/20 10:02
名前: いくちゃん

ヨロシク2
なぎさ「ビルは棟!ヨロシク!

全員「ヨロシク!」

なぎさ「せ〜の」

ブンブンブブブン!

なぎさ「え〜っと」

なぎさ・×

ほのか「ちょっとなぎさ!」

せつな「アウトでしょう!」

なぎさ「まって、まって!」

愛「いいですよ!」

あゆみ「いいの?」

愛「さすがに可哀そうだし、2回目はないですよ!」

なぎさ「愛〜、ありがとう」

あまりにもかわいそうなので、愛の好意で今回だけ見逃し

なぎさ「というわけで、仕切り直しでせ〜の!」

ブンブンブブブン!

なぎさ・ブラック!

あゆみ・1人

   ・ホワイト

せつな・2人

   ・ルミナス

ことは・3人

   ・エール

ひかり・4人

   ・アンジュ

さあや・5人

   ・アムール

ほのか・6人

6人?

さあや「ちょっと待ってください!」

ほのか「何?」

さあや「アムールはアンドロイド、ロボットですよ!」

アムールはロボット

ほのか「それがどうしたんですか?」

さあや「いや、ほのかさんも知ってますよね!その前に本人も認めてますから人ではなく体です!」

アムールはロボットなら体!それは本人も認めてること

ほのか「そういえばそうだったような・・・」

なぎさ「そうだったよ!」

雪城ほのか(初土俵)

愛「いっけ〜」

せつな「関取団を倒して!」

相撲後

パンッ!

あゆみ「弱っ!」

ほのか「仕方がないじゃない!なぎさほど体力は自信ないんだから!」

いつき「それより貼られましたよ」

愛「まずはほのかさんだけで・・・」

マル秘を見るほのか

ほのか「ちょっと!これ誤解受けるじゃない!」

全員「何が載ってるの?(んですか?)」

ほのか「別に他意はないからね」

無印時代ほのかの家のベッドで一緒に寝て仲良くなれたことが奇跡と話す二人

なぎさ「ああ、あったね!」

あゆみ「これ男の人だったら、大変なことになってますね」

さあや「今の時代だったら確実に炎上ね」

Re: 数取団(プリキュア編) ( No.7 )
日時: 2019/04/21 08:17
名前: いくちゃん

ヨロシク3
ほのか「アムールはアンドロイドなんでヨロシク!」

全員「ヨロシク!」

ほのか「ロボットの単位は体なんでヨロシク!」

全員「ヨロシク!」

ほのか「せ〜の」

ブンブンブブブン

ほのか・アムール

いつき・1体

   ・ポプリ

愛・2体(COOL)

 ・ロシアンルーレット

なぎさ・3分の1(GREAT)

   ・ロシアンルーレット

あゆみ・4分の1

   ・2人はプリキュア

せつな・5作品

   ・2人はプリキュア

ことは・6作品

   ・マックスハート

ひかり・7シリーズ!

7シリーズ?

ことは「ストップ!」

ひかり「何ですか?」

なぎさ「今のあってるんじゃないの?」

愛「2人はプリキュアは作品名なので作品ですけど、マックハートは初代のチーム名になるので、
  単位はチームです!」

ひかり「ええっ!」

九条ひかり(初土俵)

なぎさ「がんばれひかり!」

ほのか「落ち着いて!」

相撲後

パン!

ひかり「強すぎますよ!」

なぎさ「まあ、この中では力ないもんね」

ほのか「それよりさっきのことなんだけど・・・」

整理すると、プリキュア→シリーズ、頭のタイトルまたは語尾のみ→チーム
タイトル全体→作品

愛「ということになります」

ほのか「つまりさっきのは語尾に値するからチームなのね」

愛「はい」

ことは「それよりひかりのマル秘気になるね」

なぎさ「ああ、確かにひかりって真面目だからないかと思ったけど・・・」

愛「もしかしたら裏情報かもしれないよ」

さあや「まずはひかりさん自身で・・・」

ひかり「は、はい・・・」

マル秘を見るひかり

ひかり「ああ〜、なるほど・・・」

ひかり以外「何々?」

ひかり「ぶっちゃけて言うと、私のやらかした出来事です」

なぎさ「ええ!何々!」

全員ひかりのマル秘を見る

なぎさ「ああ〜、あったねそんなことも・・・」

ほのか「ごまかすのも大変だったからね・・・」

いつき「あのひかりちゃんが・・・」

さあや「意外・・・」

愛「まあ、人間誰だって思い切ったことをしてしまうよ」

なぎさとほのかの修学旅行に付いて来たひかり

なぎさ「他修学旅行に行ったのってどこだっけ?」

せつな「私とラブの学校!アカルンがいたからかな?」

あゆみ「スマイルのメンバーも関西に行ったと聞いています」

愛「まあ、あそこはみんな同じクラスだったしね」

プリキュアで修学旅行に行ったのは初代の他はフレッシュのラブとせつなとスマイルメンバーくらい

Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。