二次創作小説(旧・映像)

青い鋼の戯言
日時: 2019/03/13 02:21
名前: 日に日

遥か未来、人口減少が続き無人となった土地にジャパリパークが出来て数年。

パーク内の火山から発見された物質から迷惑生物セルリアンが発生し、人類はセルリアンとの戦争を開始した。


まーこの声が聞こえている奴は結果がどうなったか知っているだろうけど。

まあ端的に言やあ僕達頑張ったけどさ、上がダメだったんだよなぁ

あいつは独り善がり、そっちは病弱、どっちもいなくなって、唯一僕らを上手く使ってくれたあの人も煙に消えて、人類はそらの人たちを除いて消えたのさ。

Page:1



Re: 青い鋼の戯言 ( No.1 )
日時: 2019/03/13 02:29
名前: 日に日

言っとくがセルリアンに滅ぼされたんじゃないから。セルリアンすら滅ぼす寸前に追い詰めたびーすとってのにみんなやられちゃったのさ。
それも只の獣のそれじゃない、コードFっていう金色の鳥さ。
そいつに皆やられちゃったのさ
まあいい気味だよ。
それからはそいつはどっかに飛んでいっちゃって残ったのは僅かなサンドスターだけ
そっからまたフレンズやセルリアンが出来てきたのさ

そういうお前はなんだって?
よくぞ聞いてくれました。
ぼくのなまえh


バッテリーが切れたようだ。

Re: 青い鋼の戯言 ( No.2 )
日時: 2019/03/13 02:49
名前: 日に日

そうさ、アレを止めなきゃ話は出来ない。
どんな誰がいくら僕達を素敵な所に導いてもあの羽の光一つで無かった事にされるんだ。
幸い僕のこの体は別の世界と繋がっていて、あの光を浴びても大丈夫らしい。
だから見つけなければいけないんだ。
バッテリーが切れる間隔が短くなっている
あまり長く残って無いんだ。
早くプロトSとコードUを見つけて、コードFを倒さないと。
そうでなければあの天の川の果てのあの人に合わせる顔が無いんだもん、この星をもとどりにして、あいつを倒して、それからー。


あれ、おkしうn 体が動かない。
寒い 寂しい でm 暖かくような ーd
F! 何故ここにいる? そうか 伝えに
そうか、これが死ぬって事なんだ。
そして君も、おんなじなんだね
恨んでいてごめん。
すぐになかなお
李デッキる
ようにg
ばるか
らちょっとだけ
眠らせて




結構時が流れて

わーなにこれなにこれー?
あなたはなんに

To be contineu

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。