二次創作小説(旧・映像)

パークの歴史家の摩訶な手記
日時: 2019/03/14 22:24
名前: 日に日

これはジャパリパークのある出来事。
パークのある一角の小さな小屋。そこにはライガーという不思議なけものがいた
彼女はパークの出来事を日記助けるのが趣味で、いつか世界の謎を解き明かそうと頑張っている
体は大きくけれど強くはない、けど優しい、ヒトに造られたけm
「って、なんなのこれ⁉」
(天の声という奴ですよ)

そして今日も、新たな不思議を解き明かすべく西に東に駆け回るのだった。


その果てに、大事件に巻き込まれようとも

Page:1 2 3 4



Re: パークの歴史家の摩訶な手記 ( No.15 )
日時: 2019/03/23 00:18
名前: 日に日

(よし!アブノマリアンはこの辺だ!)
(では、ウチコマの戦術予報。雨が降っていたので地盤が緩くなる可能性大。又目的地は樹海で磁場が不安定。よって電脳通話は不能、連携を密に、距離離さない様に。)
HAWとウチコマの二人が作戦を立てている時、ロジコマがドアを開けた。
「二人ともーぜろってなんですか?」
((ぜろ?))
「はい、自己診断してたら、[えぐざむ」や[はです]等対ビーストプログラムに入っててです。」
(自己診断なら良くやるけど、そんなの無いよ、気のせいじゃ?)
(まあ、ロジコマは私たちより旧世代機、私たちでオミットされた何かがあるのかも、今度調べる。)
「はーい、ロジコマはラッチに砲弾とオイル詰め込んどくです」
ロジコマの言い出したコレは、後に最期の希望になるとは誰も知らなかった。

Re: パークの歴史家の摩訶な手記 ( No.16 )
日時: 2019/03/23 00:47
名前: 日に日

その日の晩、ジャパリまんに埋もれる夢を見ていたライガーはパピの通話着信音で現実に引き戻され、目をこすりながら応対した。
「もしもし、HAWちゃん?夜中に何?」
(いや、ロジコマがぜろって何って言い出して、お前の部屋に私たち思考戦車のフレンズの資料なかったっけ?それ有ったらしらべて欲しいんだけどさ。)
「いいよ、でも眠いから朝何って💤

(途中で寝落ち、か。)

HAWは自分のゴーストに自己診断スキャンをかけて、自分に[ぜろ]が無いことを確認していた
タチコマやウチコマも、やはり同じでそんなものはなかったそうだ。
頭を悩ませつつ、明日のフォーメーションを考えるHAWだった

Re: パークの歴史家の摩訶な手記 ( No.17 )
日時: 2019/03/23 00:56
名前: 日に日

対ビースト及びセルリアン用コンバットシステム。それはこのパークに警備員として配備されたタチコマたちにインストールされた特殊システムで、内容はセルリアンのコアの発見方法、野性解放を機械的に模倣した[EGUZAMU]野性暴走を機械的に模倣した[HADESU]の三つから成り立つ長大なソースコードだ。
ライガーの書斎には本人が見つけたコレのデータ記録があり、それらにはこれら機密情報まであった。
おそらく重要だったが、閉園のドサクサで、ここに置き去りにされたのだろう。

ライガーは朝からこの本とにらめっこして、[ぜろ]を探り当てようとしていた。

そしてビーストキラーズは、アブノマリアン退治のため、樹海へ、足を踏み入れたのだった。

Re: パークの歴史家の摩訶な手記 ( No.18 )
日時: 2019/03/23 02:07
名前: 日に日

「これ以上は[ぜろ]のデータは無いなあ」ライガーは書斎で一人呟いていた。
[ぜろ]が何なのか書斎の資料を全て引っ張り出して、しんごじさんにも手伝って貰って精査したが、有益な事とかは何もなかった。しんごじさんは、無理しない、とそのまま二人で昼寝で仮眠をとる事にした。(ちなみに火の鳥は危険察知で逃げた。)
「[ぜろ]って一体全体何なんだろう?」
ライガーの意識はまどろみへ消えていった。

Re: パークの歴史家の摩訶な手記 ( No.19 )
日時: 2019/03/23 02:16
名前: 日に日

ライガーは誰かの手に抱かれていた、ライオンを見下ろすぐらい身長の高い自分がどうして、と手に目をやると、そこには猫の手。これは夢と覚った時、ふと視線が上に向く。自分を抱きかかえているのは軍服姿の男。優しい顔つきで、こちらを見つめている、フレンズになる前の、まだ生まれて少し位しか経っていない、その時の記憶。




(おーい、もうおやつの時間)
そんな声で目覚めたライガーは、
(怖い夢見たの?)
懐かしさで、少し涙を浮かべていた、その時、〔ごめん!助けて!〕
目をやるとそこには、口から煙を吹くロジコマをタチコマが担いでやってきた所だった。

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。