二次創作小説(映像)※倉庫ログ

逃走中ファイナルレジェンド〜Bブロック編〜決着!
日時: 2019/08/17 17:26
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI

逃走中ファイナルレジェンド〜Bブロック編開幕!ここは第9回「忍者と三色争奪戦」が行われた「とある村」
こちらも本戦出場は8人!究極サバイバル戦で逃げ切れるのは誰だ!?

〜逃走者〜
1 アイスドラコン(募集参加)初
2 相田マナ(ドキドキ!プリキュア)4
3 アシュリー(メイドインワリオ)初
4 泉こなた(らき☆すた)2
5 猪名寺乱太郎(忍たま乱太郎)2
6 川上憲史(ダイヤのA)初
7 倉橋陽菜乃(暗殺教室)7
8 国木田花丸(ラブライブ!サンシャイン!!)3
9 左近寺竜之介(こちら葛飾区亀有公園前派出所)2
10 志摩リン(ゆるキャン△)初
11 ジャスダーク(募集参加)4
12 善法寺伊作(忍たま乱太郎)初
13 園田海未(ラブライブ)5
14 高尾和成(黒子のバスケ)2
15 滝本ひふみ(NEW GAME)2
16 津島善子(ラブライブ!サンシャイン!!)2
17 東條希(ラブライブ!)6
18 波野ノリスケ(サザエさん)初
19 野比のび太(ドラえもん)2
20 乃莉(ひだまりスケッチ)初
21 日向創(スーパーダンガンロンパ2)2
22 日向順平(黒子のバスケ)2
23 洋輝(募集参加)2
24 ヘキサ(募集参加)12
25 松風天馬(イナズマイレブンGo)4
26 松野チョロ松(おそ松さん)2
27 村上椎奈(ステラのまほう)初
28 緑谷出久(僕のヒーローアカデミア)初
29 百木るん(Aチャンネル)初
30 モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)4

見所
「とある村が大騒ぎ」
「アルティメットレジェンドプレイヤーヘキサ、本気の逃走劇!」 
「実績揃いの過酷のBブロック」
「世界一のかわいいアシュリー!」
「予選ブロック自首現れる!?」
「のび太、汚名返上!?」
「キツイBブロック勝ち残るのは!?」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Bブロック編 ( No.79 )
日時: 2019/08/13 20:24
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI

14:00

高尾
「やべぇ!」タッタッ

ハンターAX
「・・・・・・!」タッタッ

見つかった・・・!

高尾和成がハンターに見つかった・・・!

高尾
「やべぇって!いきなり来るかよ!」タッタッ

ハンターAX
「・・・・・・・」タッタッ

またもホークアイ(鷹の目)使い逃げ続けるか!?

高尾
「こっちは確か行き止まり、ならこっちだ!」

すぐに見分け、行き止まりじゃない方向に・・・!

ハンターAX
「・・・・・・・」タッタッ

高尾
「さすがに1回だけじゃ無理か、だったら何度もやってやるぜ!」タッタッ

何度も曲がって逃げる高尾・・・

ハンターAX
「・・・・・・・?」キョロキョロ

何度も曲がり角使ったため、ハンターの視界から外れたようだ・・・

高尾
「危ねえ・・・これしばらく動かない方がいいな、」

ひとまず、休憩してすぐにミッションに行くようだ・・・

天馬
「一応、来たら投げよう(ワープボム)」

ヘキサ
「持ってるよね?だったらお願い!」


「天馬君ならきっと行けるちゃう?」

ヘキサ
「2回ぐらいGKしたことあるもんな・・・」

天馬
「でもあれほとんど蹴ってるばっかりだったので、」

ヘキサ
「あぁ、そうか・・・」

乱太郎
「でもそれでも、近くても投げれますよね?」

天馬
「まぁ、近かったら、大丈夫だけど・・・」

海未
「ではお願いしますね・・・」 

ワープボム持ちの天馬・・・

来てもボムさえ投げればハンターは強制的にワープされる・・・

天馬
(残したいけど、でも俺以外被害されるのは出来ない・・・)

他の逃走者たちに確保されるのはごめんのようだ・・・

だが1人でも確保しなければゲームは永久に続く・・・

自分以外心を鬼にするか?それても他の逃走者たちに協力するべきか?

花丸
「マルも早く行かないとだめずらだよね?」

認証装置に向かう花丸・・・

その近くに・・・

デク
「学園長!早くしてください!」

学園長
「年寄りを扱いせいかい!」

学園長を引っ張っているデクだ・・・

花丸
「あっ、緑谷君ずら!」

デク
「あっ、花丸さん!」

花丸
「これから認証装置に?」

デク
「うん!学園長を連れてきたから、」

学園長
「全く用事あるとはいえ、わしを無理やり詰め込むとはどういうことじゃ、まだ学園長のコレクションだって持ってきてないのに」

花丸
「そんなのどうでもいいずら、早く行くずら、学園長さん、デクくん、」

デク
「うん、(デクって呼ばれた〜!でもなんでさっき緑谷って言ったんだろう?)」

それはただの・・・

花丸
「(もうこの際デクくんの方が呼びやすいずら))

簡単に呼びやすいのだ・・・

ルフィ
「もうそろそろじゃね?」

倉橋
「もうちょっとなんだっけど・・・」

ドクタケの殿
「もう着くのか?」

ドクタケの殿を連れていきルフィと倉橋は認証装置にもう近くに来ているはず・・・

ヘキサ
「あっ、来たぁ!」

海未
「ルフィさんと倉橋さんが来ましたよ!」


「あとは学園長だけやな・・・」

乱太郎
「うぅ・・・ドクタケ殿様はあんまり会いたくなかったな・・・」

ドクタケの殿
「ぬぬ?おまえは忍たまの乱太郎か?」

乱太郎
「いえ,人違いですよ!」

ドクタケの殿
「そうか・・・」

ヘキサ・海未・希
「この人信じ込むタイプだな(ですね)(やな)」

ルフィ
「それより早く認証しろよ!」

ドクタケの殿
「そうじゃった!ではやるぞ!」

ピタッ

ピッ、ピッ、ピッ!

2人目 認証成功

ドクタケの殿
「うむ、やったぞ、」

ルフィ
「そうか、もういいよ・・・」

ドクタケの殿
「ではさらばだ!パカラパカラパカラパカラ」タッタッ

天馬
「あれ、振り子の馬になりきっているのかな?」

ヘキサ
「でなきゃ、言わないよ;」

乱太郎
「相変わらずドクタケの殿様は無茶ぶりだからね八方斎の気持ち分かるな・・・」 

ハンターAX
「・・・・・・・」スタスタ

そこに高尾が追われたハンターが7人の逃走者に接近・・・

倉橋
「あれー?誰か来た?」


「うん?後ろ?」

ハンターAX
「・・・・・・!」タッタッ

見つかった・・・!

ルフィ
「おい!ハンターだぞ!」

海未
「大丈夫です!」

天馬
「よし!」

ハンターAX
「・・・・・・・」タッタッ

天馬
「行けぇぇ!」シュ!

バン!

ハンターAX
「・・・・・・!?」

乱太郎
「うわっ!?光り始めた!」

ハンターAX
「・・・・・・・」シュ!

倉橋
「消えちゃった!」


「もうどこかにワープしたんや・・・」

ルフィ
「うおおお!!すげぇぇ!!」キラキラ

ヘキサ
「さすがだな、アカノス社は良く出来ている、」

天馬
(どうしよう・・・残ってるのはあと1個なんだよね、使いたくない)

ワープボムも残り1個・・・

ハンターLS
「・・・・・・!」タッタッ

しかし背後に別のハンター・・・!

ヘキサ
「よしあとは1人!(認証)」


「これで認証すれば阻止出来るんやな」

ルフィ
「お前ら覚悟しろよ?すぐに阻止してやるからな!」

別のハンターに気づいていない逃走者たち・・・!

天馬
(ヤバイ・・・どうしよう)

しかし天馬は気づいていた・・・!

ここで使えば、他の逃走者は助かるが、ワープボムがなくなる!

果たして?ここで使うのか!?それとも温存するのか!?

ミッションC 決着!

逃走者12人対ハンター7体(赤のハンター2体 黒のハンター1体)
(赤4 青4 黒4)
12:00 1,296,000円
〜逃走者〜
赤チーム
川上憲史 倉橋陽菜乃 松風天馬(ワープボム×1) モンキー・D・ルフィ
青チーム
猪名寺乱太郎 国木田花丸 ヘキサ 緑谷出久
黒チーム
アイスドラコン(バトルランチャー×3)園田海未 高尾和成 東條希
本戦進出
志摩リン 

Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Bブロック編 ( No.80 )
日時: 2019/08/13 20:25
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI

12:00

ハンターLS
「・・・・・・・」タッタッ

別のハンターが見つかった7人の逃走者たち・・・!

天馬
(ここで使うのは、もったいない・・・でもみんなが、)

ワープボム使えば、6人が助かるがワープボムがなくなってしまう・・・!

倉橋
「天ちゃん?どうしたの?」

天馬
(倉橋さんが話しかけてきた・・・ここで言わないと、)

もう迷っている暇はない・・・!

天馬
(・・・みんなごめん!)

天馬
「来た!ハンター!」タッタッ

6人
「えっ!?」

ハンターLS
「・・・・・・・」タッタッ

乱太郎
「えぇぇ!?いつの間に!?」

ルフィ
「おいおい1体来ていたのかよ!」

ヘキサ
「ヤバい!」


「うわぁぁ!」タッタッ

倉橋
「背後から来るなんて!」タッタッ

海未
「完全に油断した・・・!」タッタッ

天馬
「みんなごめん!やっぱりここで使うのは俺としてもったいない!」タッタッ

ルフィ
「ヤベェェェ!!」タッタッ

ポン!

???
「捕まった!」

逃げ遅れ、捕まったのは・・・!?


















「はぁはぁ、ちょっと油断したわ・・・」

東條希だ・・・!

11:42
東條希 確保
残り11人


「はぁはぁ、みんな逃げてや!みんなさっきのワープしたハンターにちょっと安心してしまったから、警戒ちょっと誤ったわ・・・最悪やな」

乱太郎
「危なかった・・・危うく捕まるでしたよ」

ルフィ
「はぁはぁ、あのやろう急に来やがったよ・・・」

ヘキサ
「はぁはぁ、誰か捕まったな、だって追われてないから、捕まったからすぐにハンターは追われないから」

プルルルル プルルルル

倉橋
「希ちゃんも捕まっちゃったよ、」

海未
「希、あなたの命無駄はしませんよ、」

天馬
「これ絶対に俺のせいだよね、ごめん希さん・・・」

デク
「学園長!早くして下さい!」

花丸
「そうずら!」

学園長
「焦るではない!焦ったら隙を連れてきたから生まれるぞ!」

デク
「分かってます!でも時間がないですよ!」

花丸
「早くするずら!」

学園長
「こら、背中を押すではない!」

学園長を認証すれば、ハンター放出は阻止し、本戦も引き継がれることもなく安全に出来る・・・!

ヘキサ
「もういいです、行くとまた鉢合わせになりそうですから(ハンター)」

ルフィ
「もう役目終わったら、あとは他の奴らに任せるか、」

海未
「他の皆さんに任せます、」

役目は終わり、あとはハンター放出を阻止すること祈るだけ・・・

川上
「もう時間がない・・・」

乱太郎
「学園長〜!出てきて下さい!」タッタッ

高尾
「これ間に合わねえぞ・・・」

時間もそろそろ少なくなり、焦り出す逃走者たち・・・!

デク
「はぁはぁ・・・」タッタッ

花丸
「はぁはぁ・・・」タッタッ

学園長
「まだ着かんか?」タッタッ

アイスドラコン
「クソ、ハンターも認証装置も見つからない・・・」

バトルランチャーを持っているアイスドラコン・・・

これをハンターを撃てば、一時停止となる・・・

アイスドラコン
「こういう時に限って見つからないもんな、大事な時に・・・」

ミッション終了まであと1分だ・・・!

倉橋
「えぇぇ!?もうヤバくない!?」

ヘキサ
「さすがに焦るな、もう残り時間これだと・・・」

ルフィ
「誰でもいいから早く止めてくれ〜!」

デク
「はぁはぁ・・・あっ!」

花丸
「あったずら〜!!」

認証装置
「・・・・・・・」

ようやく認証装置にたどり着いたデクと花丸・・・!

学園長
「あれがそうなのか?」

デク
「そうです!」

花丸
「ほら早く行くずら!」

学園長
「はぁはぁ、若い頃から体力も自信あるのに・・・」

天馬
「ヤバイ、もうそろそろ放出時間が・・・」

アイスドラコン
「これ覚悟決めた方がいいかな?」スタスタ

デク
「はぁはぁ、よしあとは学園長先生!手を出してください!」

学園長
「これを出せばいいじゃな」

花丸
「3秒そのまましていて下さいずら」

学園長
「分かった、ではやるぞ!」

ピタッ!

ピッ、ピッ、ピッ!

3人目 認証成功

ハンター×10
「LOCK」

10:23
ミッションクリア

デク
「ふぅ、間に合った・・・」

花丸
「良かったずら〜」

学園長
「もういいのか?わしの役目は?」

デク
「あぁ、もういいですよ」

花丸
「お疲れ様でした〜」

学園長
「全く年寄り扱いしようって!」

デク
「すみません、」

花丸
「焦ったもんで、申し訳ないずら・・・」

学園長
「まぁよい・・・」

学園長
「では、わしは帰るぞ・・・」スタスタ

デク
「行ったみたいだね、じゃ僕たちも・・・」

花丸
「うん、一緒に逃げ切るずら!」

プルルルル プルルルル

ーーーーーーーーーー

チョロ松
「来た!メール!」

牢獄全員
「ゴクッ」

チョロ松
「『ミッションクリア!すべての認証を成功し10体のハンターを阻止に成功した!」

牢獄全員
「おぉぉぉぉ!!!」パチパチ

ーーーーーーーーーー

ヘキサ
「はぁぁ・・・良かった、」

アイスドラコン
「もう覚悟決めてましたよ、ハンター10体放出することを」

天馬
「あとは逃げるだけ・・・!」

ルフィ
「よしー!ラストスパートも頑張って逃走王に俺はなる!」

残る逃走者は・・・
赤チーム
川上憲史 倉橋陽菜乃 松風天馬(ワープボム×1) モンキー・D・ルフィ
青チーム
猪名寺乱太郎 国木田花丸 ヘキサ 緑谷出久
黒チーム
アイスドラコン(バトルランチャー×3)園田海未 高尾和成

あと11人となった!

最後のミッションクリアし、これであとは逃げるだけ・・・!
果たして最後まで逃げ続けるのは誰だ!?


逃走者11人対ハンター7体(赤のハンター2体 黒のハンター1体)
(赤4 青4 黒3)
10:00 1,320,000円

Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Bブロック編 ( No.81 )
日時: 2019/08/14 21:35
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI

ーーーーーーーーーー

学園長
「はぁ、全く」スタスタ

シュッ!

学園長
「山田先生、どうじゃった?」

山田伝蔵
「学園長先生、それが・・・」




















学園長
「何っ!?今までの仕業は牧之介だったのか!?」

山田伝蔵
「はい、」

ー数分前ー

牧之介
「にひひひ、これで戸部新左ヱ門も私の勝ちだな、」

???
「牧之介さん・・・」ガクッ

牧之介
「うん?どうしたんだ!?お前ら!?」

???
「あの忍術の先生たち強すぎます・・・」

???
「私達じゃ倒しませんよ・・・」

牧之介
「くそっー!誰だ!?こんなことするやつは!」

シュッ!

牧之介
「?」

牧之介
「なっ!?なんだこれは鎖に巻き付いてやがる!」

山田伝蔵
「牧之介・・・どうやらお前の仕業だったな、」

昆奈門
「・・・どうやら事件はお前だったようだな、」

八方斎
「まさかこんなやつに仕掛けていたとは・・・」 

牧之介
「山田伝蔵!雑渡昆奈門!稗田八方斎!」

山田伝蔵
「どういうことかな?」

牧之介
「俺は知らないぞ!俺はただこいつら助けるためにやってるんだ!」

昆奈門
「そうか、ならこいつらが言うべきかな?」

八方斎
「貴様ら一体何者なんだ?」

一般人A
「普通の一般人なんです、」

山田伝蔵
「なるほど、どうりで隠れるのが下手なわけだな・・・」

一般人B
「これにはわけがあるんです、」

ー3日前ー

食い逃げ
(・・・・・・・)タッタッ

一般人A
(こらぁ!食い逃げ!待ちやがれ!)

タッタッ・・・

一般人B
(はぁはぁ、なんて早い逃げ足の食い逃げなんだ・・・)

一般人C
(そういえばこの最近5回ぐらいあったよな・・・)

一般人A
(このままじゃ、店が潰される、なんとかしてあの食い逃げを捕まえないと・・・)

???
(話は聞かせてもらった!)

一般人たち
(なんだ!?誰だ!?お前!)

牧之介
(天下の花房牧之介はこの俺のことだ!)

牧之介
(あの食い逃げの正体は忍者だ!最近では良く隠れて忍者しているからな、)

一般人B
(そうかだからあんなに早いのか・・・)

牧之介
(そこであの食い逃げを捕まえるために君たちも忍者なろうじゃない!)

一般人たち
(えっ!?俺たちも!?)

牧之介
(そうすれば、食い逃げもすぐに見つけ出せるし、君らも足が早くなれるぞ!) 

一般人A
(どうする?)

一般人B
(そうだな、これ以上食い逃げに好き勝手するわけにはいかないからな)

一般人C
(それに俺たちも忍者憧れてるしな)

一般人たち
(分かった!忍者してやるよ!)

牧之介
(よしあの食い逃げ忍者を捕まって平和をしてやろうぜ!)

牧之介・一般人たち
(おぉぉぉ!!)

ー現在ー

一般人
「というわけなんです、」

八方斎
「3日前に食い逃げする客を逃げていたのか・・・」

昆奈門
「それも逃げ足の早い奴か・・・」

一般人B
「だからこの食い逃げ奴を捕まえないと・・・」

一般人C
「俺たちの店が潰されるんだよ・・・」

牧之介
「そうだ!だからこそ俺はあの店が潰されないようにやったんだ!」

山田伝蔵
「うーん・・・」

昆奈門
「どうしたんだい?山田先生・・・」

山田伝蔵
「いや、なんか変だなって・・・」

一般人たち
「えっ?」

きり丸
「山田先生、絶対に変だと思いますー」

しんべヱ
「僕もそうですー!」

山田
「うわぁ!?きり丸!しんべヱ、お前らいつからそこに!?」

きり丸
「牧之介が鎖で捕まったときぐらい・・・」

しんべヱ
「僕、うどん屋で食べたくて・・・」

山田伝蔵
「全くお前ら・・・」

八方斎
「おい、今変ってどういうことだ?」

きり丸
「牧之介が手を貸すなんて絶対に変だとおもう!」

しんべヱ
「第一、もしも手助けしても、大抵はろくでもないから!」

牧之介
「バカ言え!私はあの店が潰せないようにするために・・・」

きり丸
「ねぇ、おじさん」

一般人A
「なんだ?」

きり丸
「逃げ足の早いの外見とか見ましたよね?」

一般人A
「あぁ、確か太っていて、後ろは確か髪は結んでいたから・・・あれ?」

しんべヱ
「どうやら気づいたようですね・・・」

一般人A
「・・・まさか牧之介さんが犯人?」

牧之介
「ちょっと待ってコイツらの推理は全く当てにならないぞ!」

きり丸
「牧之介、上着を上げて」

牧之介
「なな、何を言って・・・」 

きり丸
「しんべヱ」

しんべヱ
「うん!任して!」

ズバッ

牧之介
「だぁぁ、私の上着を上げされるな!」

ドババババ・・・

一般人たち
「あぁぁぁ!!!」

牧之介の変装する面が出てきた・・・

山田伝蔵
「やはりな・・・」

八方斎
「これ以上付き合ってられん・・・」スタスタ

昆奈門
「私も・・・」シュ!

一般人B
「見ろ!この面3日前の面かぶった客だ!」

牧之介 
「ガブガブ・・・」

一般人たち
「お前が犯人なのか・・・」

牧之介
「はっははは・・・許してくだちゃい♪」

一般人たち
「許すわけねえだろうがぁぁぁ!!!」

コボコボ・・・

山田伝蔵
「はぁ・・・きり丸、しんべヱ、帰るぞ」スタスタ

きり丸・しんべヱ
「はーい・・・」

ー現在ー

山田伝蔵
「というわけなんです・・・」

学園長
「全く懲りん奴じゃ、どうせ戸部先生倒すために計画したんじゃろ・・・」

山田伝蔵
「どうします?」

学園長
「アホらしいから、もうやめじゃ、こんなことしていると牧之介に乗ったみたいもんじゃから・・・」スタスタ

山田伝蔵
「それが一番いいですよ・・・」 

甚兵衛
「もうやめい・・・」

ドクタケの殿
「これ以上やると我々が弱く見えてしまう・・・」

牧之介の計画は終わり、これ以上バカバカしい判断だしやめたようだ・・・

こうしてこの三角対決はあっけなく終わりを告げた・・・

きり丸
「一方計画失敗した牧之介は・・・」

一般人A
「こら!早く皿洗い早くしろ!」

牧之介
「はーい!トホホホホ・・・」

しんべヱ
「一般人にもバレて10日間タダ働きになったってわけだよ、やれやれだよ、」

戸部
「全く、アイツといるとろくでもない・・・」

これで忍者学園もドクタケ城とタソガレ城も平和となった・・・

牧之介
「結局こうなるのか・・・だが終わったわけじゃないぞ!いつか必ずt」

庄左ヱ門
「だがゲームはまだ終わらないですよね!」

庄左ヱ門、ナレーションのセリフ取らないでくれ・・・

庄左ヱ門
「あっ、すみません、つい・・・」

Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Bブロック編 ( No.82 )
日時: 2019/08/15 16:48
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI

ーーーーーーーーーーー

牢獄DEトーク

チョロ松
「もう残り10分だよ!」

ノリスケ
「伊作君がハンター放出された時はどうなるかと思ったよ、」

伊作
「うん、ちょっとこればかりは罪悪感感じるよ」

日向創
「けど、乱太郎のおかげでUハンターは停止となり」

マナ
「おかげで楽になったよね!」

こなた
「でもカラーハンターも居て、合計で7体キツイね〜」

ひふみ
「・・・でも本戦引き継がれるハンターを阻止したから」

ジャスダーク
「さすがに本戦引き継がれるハンター10体はヤバかったな・・・」

るん
「本当だよー、」

日向順
「残ってるメンバーは赤チームは倉橋とルフィと天馬と川上か・・・」

善子
「で、青チームは乱太郎とヘキサさんとずら丸とデクだったかな?」

のび太
「こっちは黒チームは海未さんと高尾さんとアイスドラコンさん、3人しかいないよ」

左近寺
「だが約1名は本戦進出したからな・・・」

アシュリー
「リンだったかな・・・?」

ー別のルームー

リン
「ふぅ・・・快適だ、動きたくない」

スタッフ
「そろそろ時間も終わりそうなので、すぐにBIGルームに移動して下さい」

リン
「、あっ、はい、そうだ、その上にBIGルーム!よし」 

ーーーーー

チョロ松
「あと3人捕まったらもう終わりなんだよね」  

洋輝
「もうすぐこの予選Bもクライマックスなってきましたね」

ーーーーーーーーーー

10:00

デク
「良かった・・・ギリギリあたりで間に合ったよ」

花丸
「あとは逃げるだけずら!」

倉橋
「もう時間もあと1桁になったね!」

ヘキサ
「あとはこの10分間の間だけ、油断しなければ、行けるはず!」

アイスドラコン
「もうこれがある限り絶対に逃げ切れるはず!絶対に間違いない!」スタスタ

高尾
「もうここまで来たら、予選突破するしかねえだろう・・・」

川上
「この終盤が1番危ないんだよな、特に確保ペースが多いからな・・・」

天馬
「まだ1個だけど・・・でも本戦進出したいから、出来れば、残したい!(ワープボム)」

ルフィ
「ここからがもう本当の敵なんだよな、上等だ!」

海未
「さすがに足が震えてきました・・・」

乱太郎
「もう不運小僧とはお別れです!」

11人の思いは予選突破のみだ!

ハンター×4
「・・・・・・・」スタスタ

カラーハンター×3
「・・・・・・・」スタスタ

ハンターの数は7体、カラーハンター含め、ハンター遭遇率も高い・・・

時間過ぎれば、サバイバル戦となる・・・!

乱太郎
「せっかくここまで来て、捕まるのはごめんですから!」

高尾
「よし、逃げるルートは完璧だぜ、ここから行って、こっちに行けば、大丈夫だ」

捕まれば、予選落ち、今まで逃げ切った分、水の泡となる・・・!

高尾
「よし、いざと来たら、トップスピードで逃げてかわせば、行けるはず・・・」

逃げるルートは範囲し、あとはハンター来れば完璧だ・・・

高尾
「もし、2体来てもすぐに立ち直せるはず・・・」

ハンターMH
「・・・・・・・」スタスタ

早速ハンターだ・・・

高尾 
「おっ、早速来たな、いきなりだな・・・」スタスタ

ハンターMH
「・・・・・・・」スタスタ

[TAKAO]
[LOCK ON]

ハンターMH
「・・・・・・!」

高尾
「おっ!?気づかれたか!?」タッタッ 

見つかった・・・!

高尾
「けど逃げるルートはあるんでね!」タッタッ

ハンターLS
「・・・・・・・!」タッタッ

さらに別のハンターにも見られた・・・!

高尾
「こっちもかよ!?けどこっちは大丈夫!」タッタッ

高尾VSハンター2体 勝つのは!?

逃走者11人対ハンター7体(赤のハンター2体 黒のハンター1体)
(赤4 青4 黒3)
09:00 1,332,000円
〜逃走者〜
赤チーム
川上憲史 倉橋陽菜乃 松風天馬(ワープボム×2) モンキー・D・ルフィ
青チーム
猪名寺乱太郎 国木田花丸 ヘキサ 緑谷出久
黒チーム
アイスドラコン(バトルランチャー×3)園田海未 高尾和成
本戦進出
志摩リン

Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Bブロック編 ( No.83 )
日時: 2019/08/16 13:44
名前: ヘキサ

ヘキサです!

ミッションクリアし10体ハンター放出阻止は成功しましたね!

ゲーム終了まで残り9分ですが、ハンターのスペックは恐ろしいですからね・・・
10秒もあれば確保されちゃいますから。

そしてハンターに見つかった高尾は、バスケで鍛えた脚力を武器に逃げ切れるのか!?
次回も楽しみにしています!


あと僕が完結させたサーターアンダギー編の本家パターンを教えます!

U字工事福田さん・2700ツネさん・山田親太朗さん・ジャニーズWEST神山さん・
ブラックマヨネーズ吉田さん・武田真治さん・ジャルジャル後藤さん・オアシズ光浦さん・
よゐこ濱口さん・丸山桂里奈さん・アンジャッシュ児嶋さん・
ウーマンラッシュアワー村本さん・小椋久美子さん・インパルス板倉さん・
あばれる君さん・高橋みなみさん・アンガールズ田中さん・入山杏奈さん。

復活ゲームのパターンもあります。
たんぽぽ白鳥さん・X-GUN西尾さん・木村了さん・おのののかさん・井岡一翔さんです!

Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Bブロック編 ( No.84 )
日時: 2019/08/16 18:23
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI

To.ヘキサさん

最後のミッションもクリアし、ハンター10体は阻止に成功出来ました、

ゲーム終了もあと9分となり、この終盤はかなり確保ペースも早いので、油断しているところが多いですから、この逃走中は、

そんな中高尾がハンターに見つかり、脚力もありますが、ホークアイ(鷹の目)持ちの全体コート見られる目が持っています、
2つの武器に2体のハンターを振り切れることが出来るんでしょうか!?

サーターアンダギー編確保集、
真姫がU事工事福田さん、俺はアンガールズ田中さん、穂乃果は入山杏奈さん、
すみません、これしか浮かびませんでした、

では次回も見に来てください!

Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Bブロック編 ( No.85 )
日時: 2019/08/16 21:03
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI

09:00

高尾
「負けるもんかよ!」タッタッ

ハンター×2
「・・・・・・・・」タッタッ

2体のハンターに追われる高尾和成!

高尾
「はぁはぁ、ここさえ行けば・・・!」タッタッ

逃げるルートを予想通りに行く・・・!

ハンターMH
「・・・・・・・」タッタッ

ハンターLS
「・・・・・・・」タッタッ

高尾
「はぁはぁ・・・チッ、結構しつこいっての!」タッタッ

黒のハンター
「・・・・・・・」スタスタ

しかし逃げた先にカラーハンター・・・

高尾
「持ってくれ!俺の脚を!」タッタッ

黒のハンター
「・・・・・・!」タッタッ

見つかった・・・!

高尾
「げっ!?3体目だって!?」

三つ巴で挟まれた・・・!

高尾
「かわすしかねえ!」タッタッ

強行突破を出る!

高尾
「うおりゃ!」タッタッ

黒のハンター
「・・・・・・!」スッ!

スカッ

ギリギリにタッチをかわした高尾!

ハンターLS
「・・・・・・・」タッタッ

しかし追われているハンターは見逃すはずない・・・

高尾
「はぁはぁ・・・やべぇー!」タッタッ

ポン!

08:38
高尾和成 確保
残り10人

高尾
「くそっ・・・さすがに3体は来るとは思わねえよ・・・」

カラーハンターはかわしたが通常のハンターはかわしきれない・・・

高尾
「あとちょいだったのに・・・」

逃げるルート作っても、ハンターの速さは桁違い・・・

高尾
「ちくしょうー!!!」

プルルルル プルルルル

天馬
「高尾さん確保・・・」

デク
「ホークアイ(鷹の目)の持つ高尾君でも逃げられないんだ・・・」

海未
「もう黒チームは私とアイスドラコンさんしかいません・・・」

アイスドラコン
「絶対に捕まらないようにしないと・・・」

黒チームはあと2人だ・・・

ハンターTK
「・・・・・・・」スタスタ

デク
「もうここまで来たら・・・やっぱり予選通過したい!かっちゃんにも負けたくないし、」

憧れのオールマイトを目指しているデク・・・

デク
「本戦進出して、ヒーローなれるかもしれないし・・・」 

ここまで来たら、あとは逃走者たちの我慢比べだ・・・

花丸
「もう隠れた方いいずら・・・」

建物の裏に隠れる花丸・・・

花丸
「多分だけど、みんな最後動いているかもしれないずら、マルはあえて隠れた方がいいずら、」

この判断が吉と出ると凶と出るのか・・・?

ルフィ
「早く諦めろよ・・・」

他の逃走者たちに確保を祈るルフィ・・・

ルフィ
「俺だって本当はみんなと一緒に行きてぇ、けどルールなった以上は俺もこんなところで諦めたくもねえよ!」

このゲームは情け無用、自分以外全員敵・・・

倉橋
「いたよ・・・」スタスタ

赤のハンターB
「・・・・・・・」スタスタ

倉橋の近くにカラーハンター・・・

倉橋
「ここ離れた方がいいかも。」

しかし慌てず、ゆっくり移動する・・・

赤のハンターB
「・・・・・・・」スタスタ

倉橋
「大丈夫だよね?」

ここ来て、冷静が出来ている・・・

倉橋
「だって、これ以上ウキウキしてなれないもん!」

7回出場倉橋、もうベテラン言っても過言ではない・・・

乱太郎
「確かにこのゲームかなり緊張しますよ、特に終わり時のこの緊迫したゲーム落ち着いてられませんよ・・・」

乱太郎もこの緊迫したゲームも慣れない・・・

ハンターAX
「・・・・・・・」スタスタ

その近くにハンター・・・

乱太郎
「うわぁ!来たぁ!」タッタッ

ハンターAX
「・・・・・・!」タッタッ

見つかった・・・!

乱太郎
「はぁはぁ、まだまだ私の脚は衰えてないですよ!」タッタッ

終盤なっても、まだまだ乱太郎の脚は健在・・・!

ハンターAX
「・・・・・・・」タッタッ

乱太郎
「もう不運小僧とは言わせない!」タッタッ

ハンターAX
「・・・・・・?」キョロキョロ

また振り切った乱太郎・・・

これで3回目だ・・・

乱太郎
「はぁはぁ・・・さすがに疲れてきた・・・」

しかし走力はあっても、体力は出来ていない・・・

乱太郎
「また来られたら、次無理かも・・・」

川上
「なんか走ってきたような・・・」

偶然にも乱太郎の近くにいた川上・・・

川上
「・・・嫌な予感するな、」

ハンターAX
「・・・・・・・」スタスタ

予感的中・・・!

川上
「!?マズイ!」タッタッ

ハンターAX
「・・・・・・!」タッタッ

気づかれた・・・!

川上 逃げ切れるか!?

逃走者10人対ハンター7体(赤のハンター2体 黒のハンター1体)
(赤4 青4 黒3)
06:00 1,368,000円
〜逃走者〜
赤チーム
川上憲史 倉橋陽菜乃 松風天馬(ワープボム×1) モンキー・D・ルフィ
青チーム
猪名寺乱太郎 国木田花丸 ヘキサ 緑谷出久
黒チーム
アイスドラコン(バトルランチャー×3)園田海未
本戦進出
志摩リン

Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Bブロック編 ( No.86 )
日時: 2019/08/17 09:14
名前: ヘキサ

ヘキサです!

高尾は結局捕まりましたか。やっぱり3体ハンターでは分が悪いですね・・・
乱太郎もさすがの脚力を見せていますが、体力的にヤバいかも?
偶然近くにいた川上が見つかってしまいましたが、果たしてどうなる!?

次回も楽しみにしています!


ではサーターアンダギー編の答え発表します!3人は正解です!
2700ツネさんは根本、山田親太朗さんは浜千鳥さん、ジャニーズWEST神山さんはエレン、
ブラックマヨネーズ吉田さんはPHANTOMさん、武田真治さんはDDデビルさん、ジャルジャル後藤さんは絵里、
オアシズ光浦さんは花陽、よゐこ濱口さんはいちご、丸山桂里奈さんはハルヒ、
アンジャッシュ児嶋さんは凛、ウーマンラッシュアワー村本さんはあかり、小椋久美子さんはキョン、
インパルス板倉さんは希、あばれる君さんはのび太、高橋みなみさんはたけだだです。
あと忘れていましたが響はチュートリアル福田さんパターンです。

復活ゲームのパターンは・・・
たんぽぽ白鳥さんはにこ、X-GUN西尾さんは出木杉、木村了さんは新太、おのののかさんは海未、井岡一翔さんはことりです。


トラップ・ザ・ワールド編の本家パターンの答えは・・・
トド松ははるな愛さん、僕はHIKAKIN、レムレスはサバンナ高橋さん、はじめは鈴木奈々さん、
李衣菜は山田親太朗さん、ゆかりはゴールデンボンバー樽美酒さん、小泉は流れ星ちゅうえいさん、
リコは小藪千豊さん、しゅんぽこはアレクサンダーさん、青葉(1回目)は高橋みなみさん、シエルは鈴木奈々さん、
木吉(1回目)はキャイ〜ンウド鈴木さん、百合子(1回目)は佐藤仁美さん、フェーリはゴールデンボンバー鬼龍院さん、
テムジンさんは片岡愛之助さん、朝日奈は清水宏保さん、あきらは魔娑斗さん、
木吉(2回目)はゴールデンボンバー樽美酒さん、ゆんはハイキングウォーキング鈴木さん、
デルタさんは東国原英夫さん、黒子は叶美香さん、九頭龍はパンサー向井さん、
百合子(2回目)ははるな愛さん、みくはよゐこ濱口さん、青葉(2回目)は梅宮アンナさん、
ヤードさんはロッチ中岡さん、日向はアンガールズ田中さんと予想します!

Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Bブロック編 ( No.87 )
日時: 2019/08/17 13:20
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI

To.ヘキサさん

高尾も懸命にハンターをかわしきれましたが、やはり3体目は対象が大きく、捕まりました、
逃げるルート作ってもさすがにハンター数では勝てませんから、
そして乱太郎は自慢の俊足もあって、逃げ切れましたが、体力はそんなにないので、これで見つかれば、かなりヤバいと思いますが、しかし運悪く、川上に近くにいたため、追われたハンターは、川上にターゲット変更された、
果たして?川上は逃げ切れるのか!?

良かった、正解全部で、でもこんなにもあったとは・・・
ヘキサさんすごいと思います・・・

こちらも全部正解です!
でも、こちらからヒント出さないと分かりません、いくら逃走中ファンの俺でもさっぱりでしたので・・・
名前だけではなく、逃走者の名前もしないとよく分かりませんので・・・

では、次回も見に来てください!

Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Bブロック編 ( No.88 )
日時: 2019/08/17 15:06
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI

06:00

川上
「!?マズイ!」タッタッ

ハンターAX
「・・・・・・!」タッタッ

乱太郎が追われたハンターが川上に見つかった・・・!

川上
「はぁはぁ・・・」タッタッ

ハンターAX
「・・・・・・・」タッタッ

川上
「はぁはぁ、裏に隠れよう!」タッタッ、スッ

ハンターの視界を外すため、建物の裏に隠れる・・・!

ハンターAX
「・・・・・・?」キョロキョロ

川上
「・・・疲れても、声を出すと反応しちゃう」小声

ハンターAX
「・・・・・・・」スタスタ、

うまく撒、

川上
「・・・・・・・」

ハンターAX
「・・・・・・・」スタスタ

川上
「うわぁ!?こっちからか!」タッタッ

ハンターAX
「・・・・・・!」タッタッ

いてなかった・・・!

川上
「はぁはぁ、まさか逆の方に行くとは・・・」タッタッ

ハンターAX
「・・・・・・・」タッタッ

川上
「はぁはぁ、うわぁ!?しまった!行き止まり!」タッタッ

逃げた先には運悪く行き止まりだ・・・

ハンターAX
「・・・・・・・」タッタッ

[KAWAKAMI]
[LOCK ON]

川上
「ここまでか・・・」ポン!

05:37
川上憲史 確保
残り9人

川上
「あぁ、もう少しだった・・・」

乱太郎の不運に取り憑かれてしまったようだ・・・

川上
「裏に(建物)隠れてやり過ごしてやったんだけど、まさか逆にこっち側来るとは、しかも最悪にも行き止まりとは、非常に悔しい、」

抑えのエースも、悔しい予選落ちとなった・・・

プルルルル プルルルル

ヘキサ
「川上も捕まっちゃったか・・・」

天馬
「抑えのエースだから、最後の終盤抑えきれなかったのかな?」

上手に上手い・・・

ルフィ
「川上には悪いけど、もうこれであとは1人捕まれば・・・!」

アイスドラコン
「終わる!早く誰か捕まってくれ・・・」

倉橋
「もう終わりたい・・今すぐでも早く終わって、」

花丸
「頼むずら、来ませんように〜」

デク
「ここまで来たら、もう勝ちに行きます!最後まで!」

海未
「もう、残りは9人、絶対に負けません!」

乱太郎
「頼む、お願い、みんな諦めて!」

あと1人捕まれば、このゲームは終わる!

ハンターLS
「・・・・・・・」スタスタ

ハンターTK
「・・・・・・・」スタスタ

ハンターAX
「・・・・・・・」スタスタ

ハンターMH
「・・・・・・・」スタスタ

赤のハンターA
「・・・・・・・」スタスタ

赤のハンターB
「・・・・・・・」スタスタ

黒のハンター
「・・・・・・・」スタスタ 

ハンターは7体・・・

もうゲームも残り5分切ろうとしている・・・!

ゲーム終了まであと5分・・・!

ルフィ
「ぜってぇ、負けねえ!」スタスタ

アイスドラコン
「もう来ても、これがありますので、心配なく(バトルランチャー)」

花丸
「はぁはぁ、隠れてもなんか気が抜けないずら・・・」 

ヘキサ
「おっと・・・ハンター」

ハンターTK
「・・・・・・・」スタスタ

終盤なっても、冷静に行動するヘキサ・・・

やはりベテランとアルティメットレジェンドプレイヤーの実力は上だ・・・!

ヘキサ
「平気、慌てなきゃ、大丈夫!」スタスタ

熱くなる作者も、顔は笑顔だ・・・!

デク
「なんか隠れてると、捕まりそうだから、動こう!」スタスタ

隠れるのは捕まると判断し、動き出すデク・・・!

ハンターMH
「・・・・・・・」スタスタ

しかしハンターが近くにいる・・・

デク
「なんか周囲警戒って、大変です・・・」

ハンターMH
「・・・・・・!」タッタッ

見つかった・・・!

デク
「うわぁ!?」タッタッ

デク
「やばい!」タッタッ

ハンターMH
「・・・・・・・」タッタッ

デク
「はぁはぁ・・・」タッタッ

倉橋
「あっ・・・」

その近くに倉橋もいた・・・

倉橋
「・・・・・・・」

柱に隠れ、ハンターの視界は入っていない・・・

デク
「はぁはぁ・・・もう体力が、」

[MIDORIYA]
[LOCK ON]

デク
「うわぁぁぁ・・・」ポン!

4:29
緑谷出久 確保

デク
「はぁはぁ・・・最後まで頑張ったのに、」

すべてのミッション活躍見せたが、最後の最後でヒーローになれなかった・・・

デク
「もう少しだったのに・・・」

倉橋
「デク君捕まった、でも私たちにとっては!」

プルルルル プルルルル

乱太郎
「『緑谷出久確保、これより予選Bはゲーム終了!』えっ!?ということは!?」

海未
「『アイスドラコン、猪名寺乱太郎、国木田花丸 倉橋陽菜乃、園田海未、ヘキサ、松風天馬、モンキー・D・ルフィ、本戦進出!』やりました!」

アイスドラコン 猪名寺乱太郎 国木田花丸 倉橋陽菜乃
園田海未 ヘキサ 松風天馬 モンキー・D・ルフィ
本戦進出!

ヘキサ
「よし!まずは予選突破!」

アイスドラコン
「よっしゃ!バトルランチャー3個持ってるから、これかなり有利ですよ!?」

倉橋 
「やったぁ!デク君には悪いけど、良かった〜」

花丸
「やったずら、マルが本戦進出なんて未来ずらぁ〜!ルビィちゃんと一緒に逃げ切れるずらぁ〜!」

ルフィ
「うおおおぉ!やったぜ!逃走王に近づいてきたぞ〜!!」

天馬
「ワープボムもあるから、これなら本戦でもなんとかなるさ!」

乱太郎
「本当に終わってよかった・・・もう走れません」

海未
「ここからが本当の勝負です!本戦も頑張ります!」

ーーーーーーーーーー

チョロ松
「『アイスドラコン、猪名寺乱太郎、国木田花丸 倉橋陽菜乃、園田海未、ヘキサ、松風天馬、モンキー・D・ルフィが本戦進出!』」

牢獄全員
「うおお・・・」パチパチ

マナ
「凄い激戦だったね!」

左近寺
「あぁ、予選Bも、凄い戦いだな、」

ジャスダーク
「陽菜乃ちゃんおめでとう!君だけでも本戦したのは嬉しい!」

ノリスケ
「約1名はすごい喜んでいるよ、」

ひふみ
「もう終わり・・・良かった、」

こなた
「でも、私達はまだ役目があるからね、」

るん
「えっ?どういうことですか?」

こなた
「大牢獄に行かないと・・・」

日向順
「あぁぁ、そうか・・・」

乃莉
「あそこに行くのは嫌だよ!暗いから」

アシュリー
「アシュリーはあそこに好き・・・」

伊作
「こっちも牢獄嫌いな人はいないみたいだよ、」

椎奈
「私は牢獄には入れませんよね?」

スタッフ
「自首した人、牢獄は入らなくてもいいですから」

日向創
「まぁ、とにかく行こう、他の奴らも待っているだろうし・・・」

のび太
「嫌だな・・・」

これより予選Bは終わり、本戦進出したのはこの9人だ・・・!
続いて予選Cが始まる・・・!

その前に次ファイナルレジェンドに移動する・・・!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。