二次創作小説(旧・映像)

ナンバーズ8
日時: 2019/07/27 16:34
名前: いくちゃん

どうもいくちゃんです!
このお話はナンバーズの末っ子八期を主人公にしたお話のスピンオフです!
彼は長男・二に近い存在ですが、性格はほとんどを自分に入れております。
二の方も、ある程度自分の性格や考えを入れております。
あと彼にはちょっとした秘密が!
ナンバーズにちょいだしで出てきたあの人やこの人が、
一気にヒロインとして出てくるかも!
それでは始まり始まり!











僕はものすごく運が悪いと思っていた。
僕はみんなから嫌われていると思っていた。
僕はみんなより自慢できるものはないと思っていた。
そして、そんな僕を好きなってくれる人なんて、いるとも思っていなかった。
さらに、お兄ちゃん、お姉ちゃん達のような、ことになるなんて、
子の時の僕は、想像もしていなかっただろう。
僕を救ってくれた、僕を守ってくれた、僕を助けてくれた
そして、僕の気持ちを分かってくれた、
そんな人たちと過ごした僕の逆転人生のような人生!
その全貌を語ろう!

Page:1 2 3 4



Re: ナンバーズ8 ( No.7 )
日時: 2019/10/03 21:52
名前: いくちゃん

7話・最悪なハロウィン

今日はハロウィン
何人かは仮装するなか・・・

楓花「二、八期?いいの?」

二「どうでもいいし・・・」

八期「なりたいお化けないし・・・」

一「じゃあ、私が似合うものに変えてあげるよ!」

二「俺はパス」

八期「どんなの?」

数分後

八期以外「おお!似合ってる」

八期「本当?」

一「鏡見ないで、一回外歩いたら」

歩いてみた

女性陣「かわいい!」

八期「トリックオアトリート」

しばらくして・・・
?「ねえ、そこの君?」

八期「僕?」

?「ああ、君さ!もしよけれ一緒に回らない?」

希「あっ、八君!」

?「八君?」

希「誰この人?」

八期「知らない」

希「もしかして、八君のあまりの可愛いさに驚いて、女の子と間違えてナンパしに来た男?」

?「君、男なのか?」

少女「あ、兄貴またナンパ失敗したの?」

少年「なんたる屈辱」

希「そっちが間違えたんでしょ!」

少年「いや、違う君が紛らわしいことをしたからだ」

八期「えっ?」

少年「だって、君の走り方は女子そのものじゃないか!」

希(そういえば、八君左腕横に振るよね)

少年「走るときに腕を横に振るのは女子くらいだ!」

八期「そんなこと言われても・・・」

少女「あっ、あなたは、姉御だよね?」

Re: ナンバーズ8 ( No.8 )
日時: 2019/10/04 23:32
名前: いくちゃん

8話・ヘンゼルとグレーテル・・・@
鶴「えーっと、どちらさん?」

少女「俺だよ、俺!」

八期「オレオレ詐欺?」

少女「そう、今大怪我で金が必要って違う!」

少年「鶴姉ちゃんじゃん!」

鶴「本気であんたら誰?」

少年「本気で覚えてねえの?弟のヘンゼルだよ」

少女「俺は、妹のグレーテル」

鶴「ヘンゼルとグレーテル?そんな弟妹いたかしら?」

ヘンゼル「なんで、覚えてないんだよ!今日は散々だ!」

グレーテル「俺達は命からがら逃げて来て、やっとの思いで、姉御に会えたと思ったのに・・・」

鶴「ちょっと待って、それはどういうこと?」

ヘンゼル「俺達は例え貧しくても一緒に楽しく過ごして来たじゃないですか!」

グレーテル「それを忘れたとでも言うの?」

鶴「待って、私確かお父さんに連れられて・・・、ああヘンゼルとグレーテルね!
あなた達何があったの?」

ヘンゼル「本当に大変だったんだ」

グレーテル「姉御に会えて良かったよ!」

Re: ナンバーズ8 ( No.9 )
日時: 2019/10/05 14:19
名前: いくちゃん

9話・ヘンゼルとグレーテル・・・A
お父さんに連れられて、私は新しいお義母さんと一緒に住むことになった。
お父さんと新しいお義母さんの間に産まれたのがヘンゼルとグレーテルだった。
しかし、貧しい生活だったためお義母さんは物凄く荒れていた。

9年前

鶴(7才)「ただいま」

ヘンゼル(5歳)・グレーテル(3歳)「お姉ちゃん、お帰り!」

鶴「お義母さんは?」

ヘンゼル「かえってないよ」

グレーテル「またどこかほっつき歩いてんじゃない」

そう、新しいお義母さんは私のことなどほったらかしだった

鶴「仕方ないわね、今ご飯作るからね」

幼い子ども3人だけの生活、あり得ない話かもしれないが、私にとっては楽しい生活でもあったしかし、その生活も長く続かなかった
なぜなら私は、飛び級で大学に行くことが決まり、お父さんに連れられ、二人とは離れることになったからだ。

鶴「ここまでが私の記憶だけど、その後
二人は何があったの?」

ヘンゼル「思い出したくないほどひどい経験だよ」

グレーテル「本当、私は人まで殺したんだから」

Re: ナンバーズ8 ( No.10 )
日時: 2019/10/06 15:03
名前: いくちゃん

10話・ヘンゼルとグレーテル・・・B
9年前
俺達はなぜここにいるのだろう?
お母さんに車で連れられて大型スーパーに来たが、いつの間にかお母さんの姿はなく、
車もなかった

グレーテル「兄貴?どうする?」

ヘンゼル「これじゃ帰れないし、帰ってもお母さんにまた遠くへ連れて行かれるだけだ、もうこのまま逃げよう」

グレーテル「うん」

何分歩いただろう?

ぐー

グレーテル「お腹すいた」

ヘンゼル「でもお金ないしなあ・・・」

グレーテル「あっ!」

ヘンゼル「どうした?」

グレーテル「あんなところに、お菓子の詰め合わせが!」

ヘンゼル「でも食べていいのか?」

グレーテル「見て、ご自由にだって」

食べていると・・・

お婆さん「これこれ、それは試食用だよ」

グレーテル「ええっ!」

ヘンゼル「俺ら親に捨てられて・・・」

お婆さん「それなら、うちの孫にならないかい?」

グレーテル「なる!」

しかし、この時の俺らは自ら地獄に入ってしまったと思いもしなかった。

Re: ナンバーズ8 ( No.11 )
日時: 2019/10/08 09:21
名前: いくちゃん

11話・ヘンゼルとグレーテル・・・C
なぜこんなことになってしまったのか?

指導者「ほら、さっさと働け!」

社長(またいいかもが手に入った)

俺らはお菓子工場で強制的に働かされてる。

パタリ

指導者「ほら、立ち上がれ!働け!」

牢屋のような部屋
グレーテル「お兄ちゃん、もうこんなところ嫌だ!」

ヘンゼル「でも、逃げるとしてもどこに?」

そんな会話が何度続いただろう
厳しい労働は5年も続いた
そんなある日ついにここを出るきっかけができた

社長「おい!グレーテル、お前にやってもらいたい仕事がある」

グレーテル「おう、なんだよババア!」

パシーン

社長「生意気な奴ね、口には気をつけな!さあ、行くわよ」

釜戸

社長「ここをあんたの担当にする、力仕事ならお前に適してるだろうしね」

グレーテル「死ねババア!」

社長「な、何を・・・」

ドン!かちゃ!

グレーテル「お前ら逃げるぞ!」

こうして俺らはお菓子工場から抜け出した。

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。