二次創作小説(映像)※倉庫ログ

けものフレンズTSF小説集
日時: 2019/07/27 21:33
名前: スカル

一人称視点で話が進みます。
主人公は・・・・あなたです。
この小説はry………あれ?
電波がt……おかs……ん?

『みなさん!数々のフレンズさんに
会いたいですよね?
そんなフレンズさんに
会える場所こそ『ジャパリパーク』
です。
是非いろんなフレンズさんに
触れ合って楽しんでいってください』

ザザザザザ………。

あ、やっと戻った、まぁ説明は、省きますが
とある特撮のナレーションで例えますと
『この、数分間あなたの目はあなたの身体
を離れ不思議な空間へとお送りいたします』
それでは楽しみにお待ちください。

Page:1



Re: けものフレンズTSF小説集 ( No.1 )
日時: 2019/07/29 06:36
名前: スカル

1話〜まいぺーすふれんずと〜

ぼくは、今、お父さんとお母さんと
『ジャパリパーク』
にきている………
けど・・・・・

〜とあるえりあ内の森の中〜

「どうしようパパとママ
どこに行ったんだろう」

そう、迷子になってしまった
ぼくは、とりあえず
森の中を歩いて行った
でもどこまで行っても
どこまで行っても森が続くだけ
だんだんぼくは怖くなってきた。

「どうしようううっ………
パパ〜ママ〜」

するとそこに

?「やーやー、どうかしたの?」

耳が大きなフレンズさんが、
やってきた。

「おねえちゃんだれ?」
フェネック「フェネックギツネの
フェネックなのさー」

今ぼくの目の前にいるおねえちゃんは
『フェネック』って言う名前らしい

フェネック「で?どーかしたのー?」
「実はパパとママとはぐれちゃったの」
フェネック「あーなるほどねー
わたしは『ある子』を
探してるんだけどねー」
「ある子?だれ?」
フェネック「わたしの大事な友達
なんだよー・・・・でもねー」
「でも?」
フェネック「この前せるりあんに
食べられちゃったんだよねー」
「え」
フェネック「でも、その時に
なんとか回収したサンドスター
があるんだよねー
・・・・・ねぇきみに
お願いがあるんだよー」
「なっ…なに?」

ぼくは、さむけがした。
そしてフェネックのおねえちゃんは
こう続ける

フェネック「きみー
新しいアライさんになって
くれないかなー?」
「やっやだ」

ぼくは、すぐに逃げようとした
しかしすぐさま取り押さえられる

「はっはなして」
フェネック「やだよー、
せっかく新しいアライさんに
なってくれそうな子が見つかったんだから
……ね!」

そう言うと、フェネックのおねえちゃんは
ぼくの口になにかを無理矢理詰め込んだ。

「んんん?!」

ゴクッ

ぼくはそれを飲み込んでしまった。

フェネック「今飲み込んだのはねー
アライさんのサンドスターなんだよー
きみはもう少しでアライさんに
なるからねー」
「いっいやだ絶対にいや」

そうこうしてると
ドクン、とぼくの体の
中で何かが

「あっあが」
フェネック「おーなかなか
はやいねーもう少しだよー
アラーイさーん」
「いっいやだぁぁあ!!!」

ぼくは、フェネックおねえちゃんを
おしのけとにかく遠くへ
行くことにした。
それでもフェネック声は
すぐ近くで聞こえる気がした。

?「はぁはぁ……あ」

そこにパパとママがいた。

パパ「まったく、どこいったんだか」
ママ「あの子ったら心配ね」

?「パパ…マm」

ガ!っとぼくの肩を誰かが掴む
そこには………

フェネック「アラーイさーん
そんなに急いでいったらダメだよー
転んじゃうよー」

ママ「あら〜カワイイ〜
ね?、パパ」
パパ「ああ、そうだな」

フェネック「フェネックギツネの
フェネックなのさー」
?「パp」
フェネック「わたしのとなりにいるのが
アライグマのアライさんなのさー」
アライグマ「え?」
ママ「わぁーほんとにアライグマ
そっくりね〜」
アライグマ「あっああ……ちが」
フェネック「楽しんでいってねー」

と手を振りフェネックは
見送った………

アライグマ「行っでじまっだのだ」
ガク
フェネック「まぁまぁ元気だしなよー
アラーイさーん
それにもう少しでアライさんになれる
からねー」

〜それからしばらくたち〜

アライグマ「フェネック〜!
あっちにお宝のにおいがあるのだ!」

今日もフェネックと一緒に
いろんなところへ
お宝探しなのだ!
次はどんなお宝が見つかるのか楽しみ
なのだ!

フェネック「(ずっと一緒だよー
アライさんずーっとこれからも
永遠にねー)」

アライグマ「フェネック〜!
早くくるのだー!」

フェネック「はいよー」
タッタッタッ

Re: けものフレンズTSF小説集 ( No.2 )
日時: 2019/08/13 17:43
名前: スカル

2話〜あらたな百獣の王〜

俺は今、『ジャパリパーク』
にきているのだが、

〜へいげんちほう・付近〜

オーロックス「止まれ!!」

「え?」

アラビアンオリックス「お前に用がある
ついてこい!」
グイッ!
「ちょっちょっと!」

俺はこの二人のフレンズに
腕を引っ張られ
なぜか、城まで連れてこられた。

〜城・内部〜

ツキノワグマ「?、そいつは」
オーロックス「せるりあんに
食べられて、いなくなっちまった
大将の代わりとして
『ライオンのフレンズ』
になってもらうやつだ」

「え?、今なんて言ったんだ?」

アラビアンオリックス「あんたは、
今から『ライオンのフレンズ』
になるんだよ」

俺の聞き間違いではなかった
このままでは、まずい

「冗談じゃない!、そんな勝手に
フレンズにされてたまるか!」

と逃げようとしたが、すぐさま
取り押さえられる。

オーロックス「冗談じゃねぇ!」
アラビアンオリックス「やっと新しい大将に
なってくれる奴が見つかったんだ
みすみす逃してたまるか!」
ツキノワグマ「大人しく、フレンズ
になって貰うよ」

と、俺の口に無理矢理
何かを詰め込まれた。
なんだこの変な味がするやつは
とすぐに吐き出そうとするが

ツキノワグマ「おっとそうはいかないよ」

と手で口を塞がれる。

「んん!?」
アラビアンオリックス「もう少し
もう少しだ」
オーロックス「また、大将に会える」
ツキノワグマ「この時をどれほど待った
ことか、早く大将に会いたい!」
「んん!?んぐぐ!」

すると徐々に俺の身体に変化が起きる
服装もどんどん変わってくる
履いていたジーパンが、スカートになったり
上着なんかは白いポロシャツのような見た目になっている。
胸も膨らみ始めてきた。
もはや、おれは………おれ?
………あれ?自分のことをおれなんて言ってたっけ?…………確か自分のことはわたしって
言ってた気が

〜数日後〜

オーロックス「大将、近くを見回り
をしましたが特に異常はありませんでした」
アラビアンオリックス「同じく」

ライオン「ご苦労だった、
下がっていいぞ」

二人「はっ!」
スッ
パタン

ライオン「ふぅ〜大将も
楽じゃないね〜は〜やっと
ごろごろできる〜」
ごろ〜ん


〜城・廊下〜

アラビアンオリックス「大将が戻ってきて
よかったな」
オーロックス「ああ、これでやっと
安心できるな」
ツキノワグマ「そうだな」


ライオン「〜♪」
コロコロ(手毬で遊んでいる

なーんか忘れてる気がするけど・・・
まぁ、いっか〜♪

Re: けものフレンズTSF小説集 ( No.3 )
日時: 2019/08/14 15:50
名前: スカル

3話〜新たな姫騎士〜

俺は、連休を利用し
『ジャパリパーク』に来ているのだが

ハシビロコウ「・・・・(ジーッ」

「おわ!?」

真横に多分だが、ハシビロコウの
フレンズが立っていた。

ハシビロコウ「あ、ごめんなさい」
「あ、いや大丈夫だよ」
ハシビロコウ「驚かせてしまったお詫びに」
「え?」

と俺は、なんか古びた屋敷のような
場所に連れて行かれた。
これが、俺の運命が決まった瞬間
だった。

「なんか、すごいところだな」

パンサーカメレオン「誰でござるか?」
アルマジロ「お客さんかな?」
ヤマアラシ「どうかしたんですかぁ?」

とゾロゾロとフレンズ達が出てきた。
俺は、少したじろいだ。

「え……と」
ハシビロコウ「じゃあ、お詫びするね」
ガシッ
「へ?」

突然背後から押さえつけられて
情けない声が出てしまった。

ヤマアラシ「私達と同じフレンズ
にしてあげるですぅ」
「は?、はぁ?!
いやだ!なるわけないだろ!!!」

と俺はハシビロコウの腕を振り払おうとした
しかし、時すでに遅しだった。
カモフラージュをしなおかつ
気配を消したカメレオンが
俺の口になにかをねじ込んだ。

アルマジロ「これで、
ヘラジカ様も喜ぶね」
ヤマアラシ「シロサイさんを失った
日からずっと落ち込んでいましたから
やっと元気になってもらえるですぅ〜」

「(まずい、非常にまずい
早くはき出さねば!)」

しかし吐き出そうにも
カメレオンに口を押さえられて
吐き出せなかった。
そして、体の変化が、始まった
フクがどんどん鎧のような
ものに変わっていき
手には、ランスのような武器を持っていた。

「わたくし、どうなってしまいますの?!」

ヤマアラシ「もうすこしですぅ!」
アルマジロ「ヘラジカ様が喜ぶ顔が
眼に浮かぶね」

「いやだァァアアア!!!」
ブン!
ダッ!
パンサーカメレオン「うわっ!!」
ハシビロコウ「あ、にげた」
ヤマアラシ「おいかけるですぅぅう!!!」
アルマジロ「まってよ〜!」

わたくしは必死になって
森の中を突き進んで行くが
鎧が重いせいでどんどんスピード
が落ちてきた、そして背後からは
わたくしを追ってくるフレンズ達の
声が聞こえてくる。

・・・・・・・・・・・・

「ここまでくれば」

?「!、シロサイか?!」

「え?」
バッ

わたくしが振り向くと
そこには、またフレンズがいた。
だが、なぜか見覚えがある

ヘラジカ「こんなところでなにをしている
んだ?お前はセルリアンに」

ちがう、わたくしはわたくしは
あ……れ?、思い出せない
わたくしはあれ?何から
逃げてたんでしょうか?
そんなことよりもヘラジカ様が
わたくしのことを心配してくれて
るんですから何か言葉をかけなければ

シロサイ「大丈夫です、ヘラジカ様
わたくしは、ここにおります」
ヘラジカ「ああ、よかった
本当によかった!」

と、わたくしを抱きしめてくれました。

・・・・・・・・・・・・・

ヘラジカ「よーし!、今度こそ
ライオン達を倒すぞぉ!」

四人「おー!!!」

ヤマアラシ「ヘラジカ様元気が出てよかったですぅ」
アルマジロ「そうだね」
ハシビロコウ「……うん」

こうしてこの『へいげんちほう』は、
また、活気溢れる場所となりました。

Re: けものフレンズTSF小説集 ( No.4 )
日時: 2019/08/15 20:55
名前: スカル

〜妹的フレンズを失ったキツネ〜

どのくらい経っただろう?
暗い部屋に閉じ込められてから
ずーっと入れられている。
そしてじゃぱりまんを毎日のように
食べている。いい加減これにも飽きて来た。
あの日からずっと

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

わたしは、ここに旅行に来た。
まぁ、独り者だし自由に羽を伸ばすために
ここに来たのだそしてここにある
温泉旅館に来て暇だったので、
ゲーセンでアーケードゲームをしてる
時だった。

?「あなた、
いつまでやってるの?」

と、不意に背後から声をかけられる。
振り返るとそこには一人の
キツネのフレンズがいた。

「えーと」
「あたしは、ギンギツネ
ここで温泉の管理を任せられているの」
「は……はぁ」

と自己紹介された後にこう続けられた。

ギンギツネ「さっきから見てたけど
あなた、四時間もやってたわよ」
「え?!」

と、時計を見ると確かに四時間経っていた。

「あ」
ギンギツネ「全く、これは『指導』
ね」
「し、指導?」
ギンギツネ「ええ、付いて来なさい」

と言われ付いていった結果がこれだ………

「ぼくは、このままどうなるんだろう?」

……………あれ?………
ぼくこんな暗いところにいるんだろ?

ギンギツネ「ご飯持って来たわよ〜
………あ」

キタキツネ「暗いよ……
怖いよ…………ギンギツネ?」

ギンギツネ「キタキツネ………会いたかった」
ギュッ
キタキツネ「うわ!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

キタキツネ「〜♪」
(カチャカチャ

ギンギツネ「こら!、
またゲームばかりして!
ほら、お風呂行くわよ」
キタキツネ「え〜、もうちょっと
遊んでから〜」
ギンギツネ「まったくも〜」

スタッフ「ここら辺で行方不明になった
観光客の人見つかってないんでしょ?」
スタッフ2「ええ、
どこに行ったんだろうね?」

カピバラ「・・・・・」

ただ一人その光景を
見ていたフレンズがいた。

ギンギツネ「ほら、はやく!」
キタキツネ「はーい」

黙っておくことにした。
幸せを壊すわけにはいかないから。

カピバラ「知らない方が幸せなことも
あるんだよねねね」

Re: けものフレンズTSF小説集 ( No.5 )
日時: 2019/08/19 22:42
名前: スカル

〜姉的フレンズを失ったキツネ〜

俺は、お盆を利用してジャパリパークに
来ている。もちろん墓参りは済ませている。
色々なエリア見て周り今は、
『ゆきやまちほう』に来ている
そこにある旅館に泊まる手続きをして、
部屋に荷物を置き旅館の中を
少し見て周る事にした。
温泉は勿論だがまさかゲーセンまであるとは
と入ってみるとそこに一匹…いや一人の
フレンズがいた。
一人で黙々とアーケードゲームをしている
見た感じキツネのフレンズだろう
俺は声をかけた
「そのゲーム面白い?」
キタキツネ「うん、面白いよ」
「へぇ〜………きみずっとここにいるの?」
キタキツネ「うん」
「一人で?」
キタキツネ「ううん、ギンギツネと
一緒にいた」

いる、ではなく、いた……つまり
今は一緒にいないと言うことだ。

「その子はどこに行ったの?」
キタキツネ「せるりあんに
食べられたんだよ」
「そうなんだ」

少ししんみりした空気が漂う
なんとかこの空気を変えないと

「そうだ、君は温泉に入らないの?」
キタキツネ「え?」

やっと出た言葉がこれだ
なんと言うか、というより
なぜこの言葉が出たのかも
わからない。

キタキツネ「そう言えば、
ずっとげーむをしてて
忘れてた」
「え?、いつから入ってないの?」
キタキツネ「・・・・1週間くらい」
「駄目だよそれじゃあ!、
早くお風呂に入らないと!」
キタキツネ「え〜〜
もう少し遊んでから〜〜」
「ダメだよ!はやく!」

と俺は半ば強引に温泉の入り口のところに
連れて行き、取り敢えず温泉に入るよう
諭すが

キタキツネ「じゃあぼくと一緒に入るなら
いいよ?」

というよくわからない提案をされた。
俺はなぜか渋々混浴の風呂に入る
当然だがなかはガラガラで、
俺たち二人しかいなかった。

「ふぅ」

俺は温泉に入り一息ついた
すると

キタキツネ「背中流すよ?」

と言われ最初は断っていたが
まぁ、せっかくの好意に甘えることにした。

キタキツネ「痒いところない?」
「ああ、うん大丈夫」

俺は少し恥じらいを感じながら
少しぼーっとする

キタキツネ「終わったよ」
「ありがとう」

とお礼を言い
引き続き頭、体の前の方を洗う
洗い終えた頃、
すごく肌がスベスベになり
髪がサラサラになっていた
まるで女性みたいに、どうやら
ここの温泉はシャンプーとか
色々こだわっているのだろうと思った。
俺は再び温泉に浸かり少し眠ってしまった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

起きて

わたしは、誰かに揺すられていた
誰だろう?
そう思い目を開けると

キタキツネ「あ、やっと起きた」

隣にはキタキツネがいた。
どうやら眠ってしまったようだ。

ギンギツネ「ごめんなさいね、少し
眠くなっちゃって」
キタキツネ「寝顔可愛かったよ」
ギンギツネ「な!、みてたのね
全くほら、上がるわよ」
キタキツネ「はーい、上がったら
げーむしよ〜」
ギンギツネ「その前に頭を乾かす!
風邪ひいちゃうでしょ!」
キタキツネ「はーい」

こうしてこの『ゆきやまちほう』の
旅館にいつも通りの日常が戻った。

Re: けものフレンズTSF小説集 ( No.6 )
日時: 2019/08/25 21:20
名前: スカル

〜ハムハムパニック〜

「はぁ、はぁ……まだきてるか?」

『どこに行ったんだ最後の一人は』
『こっちには、いねぇぜ』
『こっちもだ』

「ちくしょう、なんでこんなのに
参加しちまったんだ………」

・・・・・・・・・・・・・・

俺は、一人旅行が好きだ。
そして今回は、あの『ジャパリパーク』
に来ている。
一人ぶらぶらとパークを周っていると
ある、廃墟的な建物が見えてきた。
多分演出だろう
そこには『ハムハムパニック』
と言う看板があり、その下には
『限定四名様』
と書かれていた。
俺は、

「まぁせっかくだし、入ってみるか」

とその建物内に入って行った。
受付の人にまだ大丈夫ですか?
と尋ねると

「ええ、あなたは、運がいいですね
あなたで最後の一人でしたよ」

と言われ、中に通された
そこには俺の他に三人いた。
子供から俺くらいの大人までだ
するとこんなアナウンスが流れる

『皆さまようこそハムハムパニックへ
これから皆さまはハブのフレンズさんと
鬼ごっこを始めます。
捕まってしまったら、あ〜ら大変!
あなたもハブのフレンズさんに
なってしまいま〜す!』

「は?」

と俺の頭の中は『?』で頭がいっぱいに
なった。
そんなわけがと思ったが、
流石に怖くなり俺もどこかに隠れることに
した。
少ししたら遠くのほうで
ハブのフレンズと思われる者の声と
子供の叫び声が聞こえた
多分いや、絶対やられたのかもしれない。
それから次々と叫び声や逃げ惑う足音が
聞こえてきた。

・・・・・・・・・・・・・

「くっそ、足が震えて動かねぇ」

『おい、声が聞こえるぞ!』
『あっちからだ!』

「まっまずい」

と俺は這ってでも逃げようとしたが
無意味だった。

ハブ「捕まえたぞ」
ガシッ
「はっ離せ!」
ハブ2「お前もハムハムさせろぉ!」
ハブ3「ハムハムだぁ!」
ハブ4「いくぜぇ!」

『『『『ハムハムハムハムハムハム
ハムハムハムハムハムハムハムハムハムハム
ハムハムハムハムハムハムハムハム』』』』

どんどん俺の体に変化が起こる
服装が変わり背は少し縮み
声も高くなり胸も少し出てきた。
俺が俺で無くなっていく………………。

ハブ「ふぅ、これでお前も俺様と同じ
ハブのフレンズだぜぇ!」

俺は自分自身が消えてしまう中で
この言葉が聞こえ自分は消えた。

Re: けものフレンズTSF小説集 ( No.7 )
日時: 2019/09/16 09:02
名前: スカル

〜天才建築家の監禁〜

あれから何日経っただろうか、
スマホは電池切れだし
無論カレンダーなんかもない
というか暗くて見えない
ずっとこの暗闇の中に閉じ込められている。
全てはあの日が原因だった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

俺は今ジャパリパークの
みずべエリアに来ている。
ここにはビーバーという
俺が一番興味がある動物
いやフレンズがいる。
自分でダムを作ったりと
とにかく凄いと、
会える事を楽しみにしながら
歩いていると、意外と
早く会えたでも、なんだか様子が変なので
声を掛けた。

「どうかしたの?」
ビーバー「あ、いえ、
大丈夫っ……す」

と明らかに元気がないようなので
その理由を聞いた。
彼女が言うには、
セルリアンという奴に
友達を食べられてしまったらしい

ビーバー「おれっちが、ちゃんと
守れていればあんな事には」

すかさず俺は
「いつまでもそんな風に
クヨクヨしてたらいなくなった
友達も悲しんでるよ?」
と言った
ビーバー「そうすっね
プレーリーさんに申し訳ないっす!
ありがとうございますっす」
「いやいや、どういたしまして」
ビーバー「お礼に見せたいものがあるので
こっちに来てほしいっす」

と、言われるがままついて行ってみると
そこには木の扉があり開けると
つい最近まで誰かがいたであろうという
雰囲気を漂わせた
地下へと続く場所へと案内された。

ビーバー「ここはよくプレーリーさんの
お気に入りの場所っす」
「へぇ〜そんなんだ」
と言った次の瞬間
俺は、背中を押されて暗い地下へと
落ちていった。
そして素早く扉を閉め
鍵を閉められた完全に閉じ込められた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「・・・?」

俺は自分の体の変化にようやく
気づく、背が少し低くなり
声も高く服装も変わっていた。
このままではまずいと思い
穴を掘り始めた。
とにかく上へ上へと
掘り進めなんとか
外に出た…………?

ビーバー「あ、プレーリーさん
よかったっす心配してたんすよ
突然いなくなって」

え?俺は………あれ?
おれ?いや自分はおれなんて
使わないであります、
それよりビーバー殿に
心配かけてしまったであります。

プレーリー「ごめんなさいであります
プレーリー式の挨拶で許して
ほしいであります!」
ビーバー「わかったっす許すっす!」
プレーリー「じゃあ、行くでありますよ!
〜〜〜〜〜〜っぷは!」
ビーバー「もうおれっちの
側から離れてはいけないっすよ
プレーリーさん」
プレーリー「わかったであります!」

Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。