二次創作小説(映像)※倉庫ログ

逃走中ファイナルレジェンド〜Cブロック編〜決着!
日時: 2019/11/09 08:05
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI (ID: Uc2gDK.7)

逃走中ファイナルレジェンド〜Cブロック編開幕!
ここは第6回「少女たちの冒険家と王国」が行われた「とある王国」
本戦進出8人は一体誰なのか!?

〜逃走者〜
1 イカ娘(侵略!?イカ娘)4
2 稲森明日人(イナズマイレブン アレスの天秤)初
3 大垣千明(ゆるキャン△)初
4 小原鞠莉(ラブライブ!サンシャイン!!)2
5 金丸信二(ダイヤのA)初
6 神崎左門(忍たま乱太郎)初
7 キーボ(ニューダンガンロンパV3)初
8 如月桃(メカクシティアクターズ)2
9 桐間紗路(ご注文はうさぎですか?)2
10 小泉花陽(ラブライブ!)5
11 コマさん(妖怪ウォッチ)3
12 桜木花道(SLAM DUNK)初
13 沢村栄純(ダイヤのA)6
14 白雪ひめ(ハピネスチャージプリキュア!)3
15 しゅんぽこ(募集参加)7
16 迅宗(募集参加)7
17 茶柱転子(ニューダンガンロンパV3)初
18 剣城京介(イナズマイレブンGo!)2
19 ドラえもん(ドラえもん)4
20 苗木誠(ダンガンロンパ)3
21 バッグス・バニー(ルーニー・テューンズシリーズ)初
22 速水凛香(暗殺教室)3
23 HIRO(募集参加)初
24 布田裕美音(ステラのまほう)初
25 星空凛(ラブライブ!)6
26 松浦果南(ラブライブ!サンシャイン!!)2
27 ゆうろ(募集参加)11
28 ゆの(ひだまりスケッチ)初
29 両津勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所)5
30 ルイージ(マリオシリーズ)4

見どころ
「とある王国で大逃走劇!」
「アメリカのスターウサギ、バッグス・バニー緊急参戦!」
「方向音痴のバニーと左門のピンチ!」
「主人公の苗木、いじりロボキーボ、男嫌いの茶柱の個性的な揃い」
「こちらも強豪揃いの逃走者たち!」
「王国で8人上がるのは!?」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Cブロック編 ( No.62 )
日時: 2019/10/26 05:43
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI (ID: rE1CEdls)

28:00

花道
「足が冷てえ・・・」

ハンターMH
「・・・・・・・!」タッタッ

花道
「ふぅ、何っ!?」タッタッ

桜木花道がハンターに見つかった・・・!

花道
「ちくしょう、こんなタイミングで来るとは・・・なんて卑怯なハンターだ!」

ハンターMH
「・・・・・・・」タッタッ

ハンターは神出鬼没、突如現れてもおかしくない・・・

花道
「だが、天才には捕まりはない!」タッタッ

急速に飛ばす花道・・・

まだ体力は余ってるようだ・・・!

花道
「フンフンフン!!」タッタッ

ハンターMH
「・・・・・・・」タッタッ

どちらも圧倒的な速さ、これは名勝負・・・!

花道
「ハッハハ、やるじゃないか!」タッタッ

ハンターMH
「・・・・・・・」タッタッ

明日人
「あっ、花道さんが追われてる・・・」

花道
「まだまだ捕まるわけにはいかないぞ!」タッタッ

バッグス
「なんか聞こえるんだけど・・・」

花道
「はぁはぁ、晴子さんのためにも予選突破!」タッタッ

花陽
「ちょっと待って、巻き込まれるよぉ!」タッタッ

花道
「うおおおぉぉぉ!!」タッタッ

茶柱
「まずいです、このまま立て続けに確保なんて絶対に嫌です!」タッタッ

花道
「はぁはぁ、まだまだ!!」

ルイージ
「ちょっと、大声出さないでよ!こっちもバレるから!」タッタッ

花道
「はぁはぁ・・・なっ!?」

花道が逃げた先には・・・!

















行き止まりだ・・・!

花道
「そんな!?ここ行き止まりなのか!?」

ハンターMH
「・・・・・・・」タッタッ

花道
「チッ、だがここから突破すれば問題ない!」

諦めないどころか強行突破を出る!

花道
「フンフンフンフンフン!!」シュシュシュ!

ハンターMH
「・・・・・・!?」

花道
「今だ!」タッタッ

フンフンフンディフェンスで突破!

と思ったが・・・

ハンターMH
「・・・・・・!」手を伸ばす

ポン!

花道
「なっ!?何っ!?」

ハンターは通用しなかった・・・

27:32
桜木花道 確保
残り15人

花道
「あの動きなら、突破だと思ったのに・・・そんな、晴子さんすみません」

行き止まりだったことあり、花道の運もみなされた・・・

花道
「くそっ、行き止まりがなかったから、逃げ切れたはずだ、絶対にそうだ!」

このゲームは、最後までどうなるか分からない・・・

プルルルル プルルルル

苗木
「確保情報、桜木クン確保、うわぁ、あの運動神経のいい桜木クンも捕まったんだ、」

両津
「あいつなら予選ぐらい突破するかと思ったんだけどな・・・」

迅宗
「花道があんな運動神経でも、捕まるって・・・ハンター本気出してきたの!?」

果南
「もうあれだけ人数もいたのに、もう半分も切ったか」

逃走者はもう15人も減ってしまった・・・

果南
「でも、私も負けるつもりはないから、」

しかし果南は負けないどころかやる気はますます出てきている・・・

ゆうろ
「ここから、最後は正念場なので、隠れます、最後のミッションのことあるので」

隠れ場所を見つけ、最後のミッションに備えるゆうろ・・・

ゆうろ
「こういうのは最後のミッションは全員参加だと思います、もう人数も減ってきてますし・・・」

15人でも全員ミッションに参加型は来るのか・・・?

ルイージ
「・・・異状なしね」

周囲を警戒しながら移動するルイージ・・・!

ルイージ
「5日後にはルイージマンション3が発売するからね、ここはなんとかしても予選突破したいし、」

10月31日はルイージマンション3が発売予定

ここで予選突破しイメージを良くするためだ・・・!

ルイージ
「これ言っていいかな?」

スタッフ
「もちろんいいですけど?」

ルイージ
「2作とも兄さん助けないといけなかったから、でも今回はピーチ姫に囚われたみたいだから、僕もようやく姫を助けることができるんだよね!本当それだけは実現してほしかったんだね」

スタッフ
「(あぁ、やっぱりこの人結構不満なことあったんだね)」

ルイージはなぜか姫を助けることが出来なかったが3作目はようやく姫を助けるという実現を果たした・・・!

ルイージ
「でも、そのために予選突破したいな!」

まずは予選通過を目指したい・・・!

逃走者15人対ハンター3体
27:00 1,116,000円
〜逃走者〜
稲森明日人 桐間紗路 小泉花陽 沢村栄純 迅宗 茶柱転子 苗木誠(忍)
バッグス・バニー 速水凛香 星空凛(透明の薬×3) 松浦果南 ゆうろ ゆの 両津勘吉(無敵サングラス) ルイージ

Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Cブロック編 ( No.63 )
日時: 2019/10/26 03:31
名前: ロレン (ID: x1YwoWnh)

ロレンです。

苗木が忍、凛ちゃんが透明カプセル・・・・・恐ろしいモノや〜!
確実に予選行けそうやね!
後、シャロちゃん・・・・・テンション上がるにゃ〜!
あっ、凛ちゃんの口癖が・・・・・すいません。
ルイージマンション・・・・・実はゲーセンでアーケード版があるのですが知ってました?


さてさて、先週の水曜のTOKYOMXで最終話を迎えたキラプリですが、僕はこれにてシリーズを視聴を終了することにしました。
前からこの程度で締めに決めましたから。
余談ですが、仮面ライダービルド&ジオウもご覧になってました。理由は後日で話しますんで・・・・・

それでは

Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Cブロック編 ( No.64 )
日時: 2019/10/26 05:50
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI (ID: rE1CEdls)

To.ロレンさん

苗木が忍で凛が透明の薬、言っておきますけどカプセルではないですからね、(両さんも忘れずに)
これで予選も出場する可能性は高くなりました、
シャロは突然、コーヒーを飲んだため、カフェイン酔いとなり、ハイテンション状態、
あなたもハイテンションッスね・・・
4日後にはルイージマンション3が発売します、アーケード版・・・知っています、ですけどまだ未経験、金欠なので、

プリキュアシリーズももう見るのはやめるんですね、まだハグプリもスタプリもありますけど、
仮面ライダー、最近見てませんね、アニメやゲームのスマホに夢中になってますので、
では理由をあとにしましょう、

では次回も見に来てください、

Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Cブロック編 ( No.65 )
日時: 2019/10/26 07:59
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI (ID: rE1CEdls)

27:00

苗木
「忍、こっち大丈夫?」

忍(苗木)
「・・・・・・p」

苗木
「これパートナーが出来たから嬉しい、これ行けるかもしれないけど、油断さえしなければ」

忍を持っている苗木・・・


「かよちん、どこにいるかな?」スタスタ

花陽をどうしても透明の薬を渡したい凛・・・


「だってあのメールがあったから、凛もゲットしたから、どうしてもかよちんに渡したいにゃ」スタスタ

あのメールがなければ、他の逃走者たちにアイテムに取られちゃったかもしれない・・・

両津
「これいざ、ハンター来るか分からんからな、でも本戦進出もあるから、できる限り本戦まで残したい!」

無敵サングラスを持っている両津・・・

こちらは本戦進めたいため、とっておきまで残したい両津・・・

両津
「挟み撃ちとか鉢合わせだけはしたくない、そうならないためにはハンターを見つけなければならないな」

挟み撃ちや鉢合わせや出会い頭だけは避けたい・・・

いくら金の亡者と言われている両津も至近距離や2体では敵わない・・・

ハンターLS
「・・・・・・・」スタスタ

そのアイテムを持っている3人がハンターに迫る・・・!

苗木
「指揮は取りたくないけど、でも使わないわけにはいかないからね」


「来ても、3つはある、だから追われても飲めば大丈夫にゃ」

両津
「一応、シュミレーションしとこう、備えるために、やらんとやるとは違うからな」

ハンターLS
「・・・・・・・」スタスタ

苗木
「忍、ハンター来てる?」

忍(苗木)
「・・・・・・!」

ハンターLS
「・・・・・・!」タッタッ

見つかったのは苗木だ・・・!

苗木
「あっ!ハンター来たんだ!忍!」

忍(苗木)
「・・・・・・・」投げる体勢

ここは逃げず、バトルボールを投げる体勢を取る忍・・・

ハンターLS
「・・・・・・・」タッタッ

苗木
「よし!今だ!忍!」

忍(苗木)
「・・・・・・!」ビュン!

ハンターLS
「・・・・・・!?」バシッ!

ハンターLS
「・・・・・・・」ピタッ

苗木の忍がハンターに当てた、これより一時停止となった・・・

ハンターLS
行動不可 26:19〜21:19

苗木
「忍、ナイス、そうだ回収しないと(バトルボール)」

バトルボールを回収しなければ、他のみんなに取られてしまう・・・

投げたバトルボールは何回でも可能だ・・・!

苗木
「良かった、そんなに遠くは飛んでなかった、」

バトルボールを見失えば、当然忍を丸腰、ハンターを捕まればならなくなる・・・

苗木
「はい、忍」

忍(苗木)
「・・・・・・・」コクっ

これを忍をうまく使えば、本戦進出どころか逃げ切れる可能性はまた高くなる・・・!

苗木
「このまま行けば、でもまだまだ予選だから油断しないようにいかないと」

シャロ
「あれ?わたし何やってるのかな?」

カフェイン酔いをさみ、普通のシャロとなった・・・

シャロ
「全然覚えてない・・・」

記憶はあんまりない方だ・・・

シャロ
「そういえば、これ銀貨残ったままだけど・・・」

あの冷凍コンテナのミッションでまだ銀貨を残したままのシャロ、どうやらあのあと鞠莉はシャロを渡してようだ・・・

シャロ
「それに鞠莉もよく渡したわね、私も迷ったんだけど・・・」

当然ながら、自首も銀貨を渡すことも出来る・・・!

シャロ
「いやいや、銀貨払って自首はしたくないよ」

悪いイメージなるため、銀貨で自首はしたくないようだ・・・

沢村
「あっ、船じゃん・・・」 


「・・・・・・・」

船の近くにいた沢村・・・

これを乗れば、自首成立し、その時点で賞金は獲得となる・・・!

沢村
「けど、ここで自首するも悪くないと思うけど、でも1年生たちの奥村や由井少年たち見ているからな、自首なんてかっこ悪いだけだし」

ここまで、ほとんど沢村が巻き込まれたケースもあり、十分にかっこ悪いが・・・

沢村
「・・・やっぱやらねえ!こんな形で自首は絶対に嫌だ!ここまで来て予選通過しないでなるのはさすがに俺でもダメになる」

最後の逃走中のことあり、自首はしたくないようだ・・・!

明日人
「終わってから、もうブームも終わっちゃったね」

イナズマイレブンアレスの天秤やオリオンの刻印のアニメ終わってからもう4週間も過ぎている・・・

明日人
「でも、なんかすごく批判されてるみたいだからね、ゲームもずっと延長続くし、」

イナズマイレブンの3作目はどこか不調になっていた・・・

ハンターBE
「・・・・・・・」スタスタ

その明日人の近くにハンター・・・

明日人
「絶対に不調を快調しないと!このままみんながイメージしたくないから」

ハンターBE
「・・・・・・・・」スタスタ

明日人
「あっ!来た!」

ハンターBE
「・・・・・・・」タッタッ

ほぼ同時に気づいた・・・!

稲森明日人 逃げ切れるか・・・!?

逃走者15人対ハンター3体
25:00 1,140,000円
〜逃走者〜
稲森明日人 桐間紗路 小泉花陽 沢村栄純 迅宗 茶柱転子 苗木誠(忍)バッグス・バニー
速水凛香 星空凛(透明の薬×3) 松浦果南 ゆうろ ゆの 両津勘吉(無敵サングラス) ルイージ


Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Cブロック編 ( No.66 )
日時: 2019/10/30 04:47
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI (ID: rE1CEdls)

25:00

明日人
「あっ!来た!」タッタッ

ハンターBE
「・・・・・・!」タッタッ

ほぼ同時に気づいた明日人とハンター・・・!

明日人
「伊那国のみんなに喜ばたい!」タッタッ

伊那国のイレブンたちのためにもハンターを振り切りたい明日人・・・!

ハンターBE
「・・・・・・・」タッタッ

明日人
「はぁはぁ・・・こっち!」タッタッ

建物の横道に逃げる明日人・・・!

ハンターBE
「・・・・・・・」ピタッ

ピーーーー

ハンターBE
「・・・・・・?」キョロキョロ

なんとか視界から外れた・・・

明日人
「はぁはぁ、横道逃げて良かったよ・・・」

ゲームやアニメが不調になろうと、主人公の明日人はまだまだ健在だ・・・!

明日人
「円堂さんや天馬にはやっているから、俺も負けるつもりないから!」

茶柱
「気配が全くしません・・・」

周囲を気配し、移動している茶柱・・・

茶柱
「あと女性も7人ですか・・・」

逃走者も残りあと15人、男性が8人、女性は7人・・・

茶柱
「足してもあと7人しかいません!」

つまり全員の女性予選通過はなくなった・・・

茶柱
「こうなったら仕方ありません、男死でも構いません、出来れば作者の方が・・・」

もはや男性でもいいから、予選通過したい・・・

茶柱
「自分との戦いですから、ハンターに捕まったら恥ですから」

超高校級の合気道、茶柱転子、ハンター捕まれば間違いなく合気道の恥だ・・・

茶柱
「ここまで来たら、予選通過したいです、」

目指すは予選突破だ・・・!

ゆの
「なんか、落ち着かない・・・」

ここまで、隠れ場所から離れなかったゆの・・・

ゆの
「ちょっとでも動こう!あまり鈍ると走ってるとき動きが変になっちゃうから」

鈍るのは走るときの影響が起きる、少しでも身体を鈍らないようにしたい・・・

ハンターBE
「・・・・・・・」スタスタ

その身体をほぐしたいゆのに明日人が追われたハンターが迫る・・・!

ゆの
「ここ行ってみようかな?」スタスタ

スタッフ
「どこですか?」

ゆの
「噴水のところに、」

ハンターBE
「・・・・・・・」スタスタ

ゆの
「あっ!来ちゃった!」タッタッ

ハンターBE
「・・・・・・!」タッタッ

見つかった・・・!

ゆの
「はぁはぁ・・・」タッタッ

ハンターBE
「・・・・・・・」タッタッ

ゆの
「はぁはぁ、曲がり角!ここに!」タッタッ

曲がった先には・・・




















速水
「えっ!?何!?」

速水だ・・・!

ゆの
「はぁはぁ、速水さん、ごめんなさい!」

速水
「ちょっと!ゆのさん!?」タッタッ

ハンターBE
「・・・・・・・」タッタッ

ハンターはゆのから速水に変更された・・・!

速水
「はぁはぁ・・・」タッタッ

[HAYAMI]
[LOCK ON]

速水
「くっ、ここまで・・・」ポン!

23:35
速水凛香 確保
残り14人

速水
「はぁはぁ、急にゆのさんからハンターに連れこれその上巻き込まれて捕まった、最悪、よりによって」

この予選は巻き込まれるケースが多い・・・!

速水
「悔しい」

プルルルル プルルルル

沢村
「速水確保、残り14人か・・・」

ゆの
「速水さん、ごめんなさい、まさかいるなんて思わなかったから・・・」

両津
「あと6人、その6人捕まれば、予選終了、早く終わってくれ、誰か諦めてくれ」

ゆうろ
「もうそろそろ、最後のミッション来てもおかしくないけど・・・」

カンカン・・・!

ゆうろ
「えっ!?何!?鐘?」

住人
「海賊が来たぞ!」

ゆうろ
「えっ!?海賊!?」

シャロ
「ちょっと待って、海賊なんているの!?」

住人たち
「うわぁぁぁ!逃げろ!海賊に殺される!」タッタッ

バッグス
「殺される?ちょっと縁起でもないこと言わないで、」

ルイージ
「ちょっと待って、海賊なんて聞いてないよ〜!怖い〜!」

両津
「海賊が来るとは、警察官のわしが黙っていられるか!」

突如海賊が現れた、果たして?逃走者たちにさらなる試練が待ち受けていた!

逃走者14人対ハンター3体
23:00 1,164,000円
〜逃走者〜
稲森明日人 桐間紗路 小泉花陽 沢村栄純 迅宗 茶柱転子 苗木誠(忍)バッグス・バニー
星空凛(透明の薬×3) 松浦果南 ゆうろ ゆの 両津勘吉(無敵サングラス) ルイージ



Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Cブロック編 ( No.67 )
日時: 2019/10/30 04:48
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI (ID: rE1CEdls)

ーーーーーーーーーー

王様
「ぬっ、」

王妃様
「うっ、」

その頃王様と王妃様は出会ってしまった・・・

王様
「フン!お前の顔なんて見たくもない!」

王妃様
「それはこっちセリフだわ!」

王様
「大体お前はいつも自分勝手なんだよ!」

王妃様
「なんですって!?あなたの方こそ余計なこと言うからだめなのよ!」

王様
「余計なこと言って何が悪い!」

王妃様
「悪いわよ!自分勝手の私よりはマシの方よ!」

王様
「うおっ!お前ってやつは!」

王妃様
「何よ!あなたの方こそ!」

「いい加減してくれないか!?」

王様・王妃様
「あっ、お前(あなた)」

王子
「こんなくだらない喧嘩してこんなことしているから最近は住人たちや家来たち呆れているんだよ!」

王様
「いや、元はといえばコイツが・・・」

王妃様
「何よ!指を刺さないでよ!あなたのこそよ!」

王子
「どっちも悪い!いい加減に仲良くしてやれよ!ヤヨーイが可哀想だよ!」

王様・王妃様
「あっ、」

お姫様
「・・・・・・・」

王子
「もっと親の自覚をしてくれよ!このままじゃ、王国が転落になるんだよ!」

王様
「・・・それは」

王妃様
「わかってるわ、そんなこと、けど・・・」

王子
「あんたたちやってたら、この国がめちゃくちゃなる!」

王子
「俺が王様をやる!」

王様
「なっ、何を勝手なこと!」

王妃様
「そうよ!まだ決まったわけじゃないのに!」

王子
「もうすでに兵士たちや家来たちは俺に立候補してくれたんだ、だからあなた達が喧嘩している間な・・・」

王様
「まって、話を」

王子
「もう聞く耳はない!」

王妃様
「分かったわ、私達が悪かったから、だから取りやめして!」

王子
「そう何回もやって、結局何にも変わってなかった。あなた達に頼ってたら、本当にこの国が終わる!」

王様・王妃様
「・・・・・・・」

カーン、カーン・・・!

王子
「なんだ?この音は・・・?」

兵士
「王子様!大変です!」タッタッ

王子
「どうしたんだ!」

王子
「はぁはぁ、海賊が現れました!」

王子
「何!?」

王様
「なんだと!?」

王妃様
「えっ!?」

兵士
「もうすでに海賊たちが到着しております!」

王様
「どうしたらいいんだ!」

王妃様
「このままじゃ、王国が・・・」

王子
「すぐに兵士たちを集めろ!海賊を倒しに行く!」

兵士
「王子様・・・はい!」タッタッ

王様
「ちょっとまって、海賊だぞ!とても敵わない相手だぞ!」

王妃様
「そうよ!いくらなんでも、無謀すぎる!」

王子
「・・・あなた達はここで諦めろと言うわけ?」

王様
「そうじゃない、海賊たちはお宝を狙っているはず、それを渡れば、」

王妃様
「そうよ、そうすれば解決なるわ!」

王子
「・・・やっぱあんたたちに頼った俺がバカだった、」

王様・王妃様
「えっ・・・」

王子
「ふざけるな、この国は大切な故郷なんだ、海賊たちに宝を渡したって何にも解決ならないんだよ!!!」

王様
「だが、戦って勝てる相手ではないぞ!?」

王子
「この国を滅ぼすつもりはないから、俺は海賊たちを倒しに行く!あんたたちはそこで反省しろ!」タッタッ

王妃様
「まって・・・」

タッタッ・・・

王様・王妃様
「・・・・・・・」

ーーーーーーーーーー

兵士
「王子様!全員揃いました!」

王子
「よし、我々はこの国を守ると使命がある!海賊たちを倒しに行くぞ!」

兵士たち
「おぉぉぉぉぉぉ!!!!」

お姫様
「お願い、お兄ちゃん、この国を救って・・・!」

一方海賊船を到着した・・・

船長(ニューダンガンロンパv3・王馬小吉)
「みんな〜!宝も財宝も全部奪っていいからね〜!」

海賊たち(マリオシリーズ・ワリオ、ONE PIECE・バギー、スマブラシリーズ・ガノンドロフ、バカとテストと召喚獣・根本)
「イェーイ!!」

船長
「行くぞー!!」タッタッ

ーーーーーーーーーー

ユウスケ
「では、いよいよCブロックも最後のミッション発動しますか!」ピッ!

ーーーーーーーーーー

シュ!

ヘリコプター
「・・・・・・・・」ペラペラペラ

1機のヘリが表れ、さらに・・・

シュ!

古い建物
「・・・・・・・」

ボロ建物が1ヶ所も出現した・・・

ーーーーーーーーーー

23:00

花陽
「どうしよう、海賊が来たって・・・」

プルルルル プルルルル

花陽
「ピャア!もう急に来るから・・・もう慣れない、」

迅宗
「来ました、最後のミッション」

茶柱
「『ミッションB、50人の海賊たちが王国エリアに現れた、』分かってます、内容をもっと詳しくしてください!」

苗木
「『そして1機にヘリコプターも出現した、』えっ?ヘリコプター!?」

果南
「あれじゃない?」

ヘリコプター
「・・・・・・・」ペラペラペラ

果南
「ぜったいにそうだよね?まさかと思うけど、急に降りて来ないよね?」

ルイージ
「『残り5分まで、海賊たちを全員倒さなければ、本戦にもヘリコプターが引き継がれることになる、』えっ!?ちょっとまって、」

両津
「おいおい、冗談じゃないぞ、本戦進出しても、ヘリコプターが現れたら、シャレにならないぞ!」

明日人
『それを阻止するには、バトルボールを使い、海賊たち50人を倒すしかない』バトルボール?そんなの持ってないって」

沢村
「『バトルボールを手に入れるには、武器屋に行けばバトルボールを貰えることが出来る、ただし銅貨必要』これだ!」

シャロ
「『なお、持ってない銅貨の逃走者たちは、住人に無料で貰えることが出来る』じゃ、銅貨持ってない人もちょっと加勢になるのね、良かったわ、ってほっとしてる場合じゃないわ!」

ミッションB 海賊たちを全員退治せよ!

エリア内に50人の海賊たちが現れた、
残り5分まで海賊たちを全員倒さなければヘリコプターは本戦進出にも引き継がれる
阻止するには海賊たちを退治しなければならない!
なお、海賊を倒せるにはバトルボールが必要になる!
武器屋に行けば、銅貨を交換することでバトルボールを手に入れることができる!
なおヘリコプターは上空から監視されている、当然ながら逃走者が見つかれば、地上のハンターたちに通報されてしまう!

ルイージ
「うわぁ、上空からも注意しないといけないか・・・」

ゆうろ
「武器屋?どこ?それを手にいれれば、攻撃出来るんだよね?」

ゆの
「銅貨持ってない人いるかな?そうしないと、本戦引き継がれるもん!」

スタッフ
「行きますか?」


「もちろん!行くにゃ!」

両津
「海賊たちにほったからして、悪用するのはわしが許さん!行くぞ!」

沢村
「やるしかないだろ!海賊たちを止めるにはやるしかないだろ!」

バッグス
「いや〜、これはさすがにやらないとね」

茶柱
「もちろん、海賊たちにあれこれ暴れたら、転子が倒しに行きます!」

最後のミッションあって、次々とミッションに動く逃走者たち!

苗木
「あっ!バトルボール!忍持ってる!」

バトルボールを持っていた苗木・・・

だがこのミッションにはある条件が・・・

苗木
「えっ、何か書いてある、『このミッション中には、ハンターに倒すことは出来ないため、つまり投げても一時停止は出来ない、』そうきたか・・・」

このミッション中にもかなり悪い条件でもある・・・

苗木
「でも今更、悩んでもしょうがないから、海賊を探さないと!」

今は悩んでる暇はない・・・!

迅宗
「これは、行ったほうがいいでしょうか?」

まだ庭園にトンネルのところにいる迅宗・・・

迅宗
「まだ、ミッションやっていませんし、でも動くにはリスキーなんですけど、」

まだ行くか行かないか迷っている作者・・・

迅宗
「凛ちゃんが来たら、もちろんバリバリやりますけど・・・」

凛の状況次第だ・・・!

果南
「銅貨使っちゃったから、住人たちの銅貨渡したいけど・・・」

すでに銅貨使っている果南、住人たちを探さなければならない・・・

ゆの
「あっ、あれって、」

住人
「はぁはぁ、いやぁ〜!!」タッタッ

ゆの
「あの!すみません!銅貨貸してくれませんか?」

住人
「はぁ?何よ!図々しいわよ!」

ゆの
「銅貨が必要なんです!海賊たちを倒したいんです!」 

住人
「海賊たちを倒す?、いいわ!お金よりも命が大事だわ!その代わりに倒してきなさいよ!」

ゆの
「あっ、ありがとうございます!」

ゆの 銅貨
獲得!

ゆの
「これで、バトルボールが買える!」

いざ、バトルボールを買いに行く!

両津
「まずは銅貨を持っている奴らを探さないと行けないからな」

銅貨手に入れ,バトルボールを獲得したい!

ハンターLS
「・・・・・・・」

その両津が停止しているハンターが・・・

ハンターLS
「・・・・・・!」タッタッ

動き始めた・・・

再開だ・・・

両津
「あれだけ、悲鳴とか出したのに人が全然いない?どこに行った?みんなは!?」

ハンターLS
「・・・・・・・」スタスタ

ハンターLS
「・・・・・・!」タッタッ 

早速捉えた・・・!

両津
「うおっ!?いきなりかよ!」タッタッ

両津 振り切れるか!?

逃走者14人対ハンター3体
21:00 1,188,000円
〜逃走者〜
稲森明日人 桐間紗路 小泉花陽 沢村栄純 迅宗 茶柱転子 苗木誠(忍)バッグス・バニー
星空凛(透明の薬×3) 松浦果南 ゆうろ ゆの 両津勘吉(無敵サングラス) ルイージ



Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Cブロック編 ( No.68 )
日時: 2019/10/30 04:48
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI (ID: rE1CEdls)

21:00

ハンターLS
「・・・・・・!」タッタッ 

銅貨獲得を目指す両津にハンターに見つかった・・・!

両津
「うおっ!?いきなりかよ!」タッタッ

ハンターLS
「・・・・・・・」タッタッ

両津
「ここで使うべきか?」

無敵サングラスを持っている両津、使えば助かるが・・・

両津
「まだ本戦もある!本戦で逃げきるにはサングラスが必要!だったら自力で逃げる!」タッタッ

予選で無敵サングラスを使いたくない両津、自力で振り切るようだ!

ハンターLS
「・・・・・・・」タッタッ

両津
「賞金かかってるわしには強いんだ!しかも最終回はな!」タッタッ

驚異のスピードでハンターを開く!

両津
「うぉぉぉぉぉ!!!」タッタッ

ハンターLS
「・・・・・・・」タッタッ

[]
[]

ハンターLS
「・・・・・・?」キョロキョロ

なんと!無敵サングラスを持ったまま自力で振り切った・・・

両津
「どうだ!わしの実力は!」

さすが、賞金になると、怒涛の力を出る・・・

両津
「はぁはぁ、住人も大金持ちの人は一体どこにいるんだ?」

ハンター振り切っても、住人や農民たちを探す両津、その辺はさすがだと思う・・・

両津
「さすがに休んだら、ロスタイ厶なってしまうからな・・・」


「あのー?すみませんけど?海賊倒したいので、銅貨もらいませんか?」

住人
「いいわ、どのみち私には荷が重いわ、でも絶対に倒せに来てね!」


「もちろんにゃー!」

このあと凛は銅貨を手に入れた・・・!

ルイージ
「あっ、ここかな?武器屋」

武器屋に到着したルイージ・・・

ルイージ
「失礼します〜、」

クロウ
「・・・・・・・」

ルイージ
「うわぁ、クロウ、何度見ても不気味だね・・・」

クロウ
「・・・・・・・」手を出す

ルイージ
「あっ、銅貨?ちょっと待ってて・・・」

ルイージ
「あったあった、はい銅貨、バトルボール貰うね」

クロウ
「・・・・・・・」ペコッ

ルイージ バトルボール
獲得

ルイージ
「よし、あとは海賊たちを探すだけだね」

ゆうろ
「あっ、ここか、ルイージ?」

ルイージ
「ゆうろくん?バトルボール?」

ゆうろ
「もちろん、これでもらえるんですね?」

ルイージ
「うん、そうだよ」

ゆうろ
「失礼します、すみませんバトルボール買いたいので、銅貨を渡します」

クロウ
「・・・・・・・」ペコッ

そしてゆうろも着き、バトルボールを手に入れた・・・

ゆうろ バトルボール
獲得

ゆうろ
「あとは海賊を探すだけ、でも海賊はどこにいるのかな?」

これで海賊たちを倒せる人数が増えた・・・

苗木
「・・・せめて忍も生きるようにしないと、捕まるから」

忍を持っている苗木、しかしハンターに投げられないこと知り、忍も大事にしている・・・

苗木
「海賊はこっちかもしれない、こっち行ってみよう!」タッタッ

部下
「うぉぉ!金をくれ!」

女性
「いやぁぁぁ!!!」

苗木
「悲鳴が聞こえる!忍!あっち!」タッタッ

悲鳴を聞こえ、すぐに向かう苗木・・・

苗木
「あっ、あれだ!忍!やって!」

忍(苗木)
「・・・・・・・」タッタッ

部下
「あぁん?なんだぁ?殺しに来たのか?」

苗木
「武器持ってる、でもバトルボールさえ当たれば!忍やれ!」


「・・・・・・!」ビュン!

バシッ!

部下
「ぐはっ!?何っ・・・!?あのボールで負けるなんて」ガクッ

女性
「ありがとうございます!」

苗木
「いいえ、その前に早く逃げて下さい、また来るかもしれませんから!」

女性
「はい!恩にきります!」タッタッ

苗木
「やっぱ、この風に助けてあってやるのはいいことなんだよね」

住人を助けることが出来た苗木、ちょっと安心する苗木・・・

茶柱
「早く急がないと、あちらも上空から捉えられますから・・・」

上空を気にしながら武器屋に向かう茶柱・・・

茶柱
「ボールはそこまで投げるのは得意ではないですけど、海賊たちをめちゃくちゃするようなことは絶対にさせませんから!」

海賊たちを倒さなければ、この国がめちゃくちゃになる・・・

沢村
「武器屋、この辺あたりか?けど全くねえな・・・」

武器屋に向かいたい沢村だが、武器屋に地図がまだ読んでいない・・・

沢村
「早くしねえと、本戦もやばいことになるぞ、」

残り5分まで、海賊たちを全員倒さなければヘリコプターは本戦にも引き継がれてしまう・・・

沢村
「俺も本戦進出したら、ずっと監視されるんだろ?だったら阻止しねえと!」

本戦は出来れば、リスクのないままで状態にしたい・・・

ハンターMH
「・・・・・・・」スタスタ

沢村
「・・・絶対にこの辺だと思うけどな、」

ハンターMH
「・・・・・・・」スタスタ

沢村
「バトルボール早くもらわn・・・!」タッタッ

ハンターMH
「・・・・・・・」スタスタ

沢村
「・・・・・・・」

ハンターMH
「・・・・・・・」スタスタ

沢村
「危ねえ〜・・・完全に不意打ちされたよ」

危機一髪、あと2秒遅かったら、捕まっていた・・・

茶柱
「!、来ました!」タッタッ

茶柱もすぐに柱のところに隠れる・・・!

ハンターMH
「・・・・・・・」スタスタ

茶柱
「本当は正々堂々と走りたいですけど、今はこの状態ですから、そんなことしている場合ではないですから」

ハンターMH
「・・・・・・・」スタスタ

茶柱
「今のうち!行きましょう!」タッタッ

タッタッ・・・

ハンターMH
「・・・・・・・!」クルッ

足音に察知された・・・!

茶柱
「なんですって!?」タッタッ

茶柱 逃げ切れるか!?

逃走者14人対ハンター3体
19:00 1,212,000円
〜逃走者〜
稲森明日人 桐間紗路 小泉花陽 沢村栄純 迅宗 茶柱転子 苗木誠(忍)バッグス・バニー
星空凛(透明の薬×3) 松浦果南 ゆうろ ゆの 両津勘吉(無敵サングラス) ルイージ


Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Cブロック編 ( No.69 )
日時: 2019/10/31 05:45
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI (ID: rE1CEdls)

19:00

茶柱
「・・・・・・・」

うまく隠れて潜んでいる茶柱・・・

ハンターMH
「・・・・・・・」スタスタ

茶柱
「今のうち!行きましょう!」タッタッ

タッタッ・・・

ハンターMH
「・・・・・・・!」クルッ

足音に気づかれてしまった・・・!

茶柱
「なんですって!?」タッタッ

ハンターMH
「・・・・・・・」タッタッ

茶柱
「はぁはぁ・・・きゃぁ!」ポン!

18:52
茶柱転子 確保
残り13人

茶柱
「はぁはぁ、完全に焦りました・・・」

ミッションにクリアしたいと必死になりすぎたため、足音にすくわれてしまった・・・

茶柱
「はぁはぁ、早すぎます・・・あんなに早いんですか、侮れていました・・・」

プルルルル プルルルル

ゆの
「茶柱さんも捕まったよ〜」

ゆうろ
「あの子、合気道なのに・・・さすがハンターだね」

両津
「けど、正直あいつ男嫌いだろ?なんか捕まって安心した・・・」

果南
「銅貨探さないと・・・でも人がいないんだよね、」

海賊たちに恐れられた住人たちはすぐに避難のところに向かっている・・・

果南
「だから、銅貨手に入れないと、バトルボールが買えないのは嫌なんだけど・・・」

バトルボールをどうしてもゲットしたい果南・・・

果南
「海賊たちを悪さするのは、私が許せないんだよね・・・」

こちらも海賊たちを悪さするのは見たくないようだ・・・

迅宗
「凛ちゃん、まだかな?」

電話を待っている迅宗・・・


「武器屋あっちかにゃ?」スタスタ

その凛は武器屋に向かっている・・・

迅宗
「来てくれたら、もちろんやりますよ・・・」

凛がいつ電話してくるか、待つ迅宗・・・

しかし待っても、時間は止まらない・・・

ハンターBE
「・・・・・・・」スタスタ

もちろん、ハンターもだ・・・

???
「ちょっと何やってるんですか?」

迅宗の近くに・・・















果南
「そんなところを居て・・・」

果南だ・・・

迅宗
「果南さん、ミッションやってるんですか?」

果南
「もちろん、迅宗さんは?」

迅宗
「ちょっと悩んでる中です・・・」

果南
「迅宗さん、悩んでも時間は止まりませんよ?」

迅宗
「分かってます、ですけどリスキーなんですよ?」

果南
「それは分かってるけど、引き継がれるんだよ?(ヘリコプター)」

迅宗
「確かに、本戦進出しても,ヘリコプターはキツイけど・・・」

果南
「だったら、やろ?大勢いた方がいいから、行きましょう・・・」迅宗の腕を引っ張る

迅宗
「あぁぁ、果南さん・・・そんなに強く引っ張らないので」

結局、果南に無理やりミッションに行かせる・・・

ルイージ
「どこかな?」スタスタ

バトルボールを持っているルイージ・・・

ルイージ
「早くしないと、時間が短くなるよ、けど全然いないな・・・」

早くしなければ、海賊たちが王国をめちゃくちゃになってしまう・・・

部下
「おぉぉ!人はどこだ!?」タッタッ

ルイージ
「うわぁ!早速見つけたよ!」

その願いが通じたか、海賊が現れた・・・

ルイージ
「気づいてないかな?よし先手必勝!」タッタッ

背後から、攻撃を食らう・・・

ルイージ
「いけ!」ビュン!

バシッ!

部下
「ぐはっ!?」

海賊部下 撃破
残り48人

ルイージ
「OK、まだ一人だから早く見つけないと!」タッタッ

このあと・・・

沢村
「バトルボールくれ!銅貨払うから!」

ゆの
「すみません〜!バトルボール下さい!」

明日人
「あの、バトルボール欲しいですけど、いいですか?」

沢村、ゆの、明日人の3人はバトルボールを獲得した・・・

バトルボール持存中
苗木 ルイージ ゆうろ 沢村 ゆの 明日人
銅貨持存中、バトルボール不獲得
凛 バッグス シャロ 迅宗
銅貨とバトルボール不存中
果南 花陽 両津

このようになっている!
果南、花陽、両津はまだ銅貨手に入れてない、早くしなければクリアは非常に難しくなる・・・!

花陽
「はぁはぁ、一体みんなどこかな?」

銅貨を持っていない花陽・・・

わぁぁぁぁ・・・

花陽
「あれ?鳴き声?」

少女
「わぁぁぁぁ・・・」(大泣き)

花陽
「子供がいたんだけど・・・助けた方がいいかな?」

花陽
「どうしたの?」

少女
「足が擦りむいちゃったよ、痛いぁ〜・・・」

花陽
「ちょっと待ってて、この水なら大丈夫かな?」

花陽
「ちょっと痛いかもしれないけど、我慢してね、」

パチャ

少女
「!?」ピクッ

花陽
「大丈夫?痛かった?」

少女
「ううん、大丈夫、染みちゃったけど、お姉ちゃんのおかげで・・・」

花陽
「ふふっ、ありがとう、あとは絆創膏を貼って、」

花陽
「はい、大丈夫?たてる?」

少女
「うん!ありがとうお姉ちゃん!」

花陽
「良かったよ、ところでどうして足擦りむいちゃったの?」

少女
「さっき悪い人追いかけて、そうしたら転んでちゃって、」

花陽
「そう,怖かったんだね、」

少女
「うん、でもお姉ちゃんが来てくれたから、痛いはどこかに行っちゃったよ!」

少女
「そうだ!お礼にあげるね!お姉ちゃんおかげだから!お願い!」

花陽
「銅貨!?あげられないよ!こんなの!」

少女
「うんうん、いいのよ!お姉ちゃんが来てくれなかったから、私危なかったもん、お願い!」;;

花陽
「そんなこと言われたら、受け取るしかないよ・・・」

花陽 銅貨
獲得

少女
「じゃ、ママのところに向かうね、お姉ちゃん頑張って〜!」

花陽
「なんか、嬉しい・・・こんなこと今までなかったから」

あまりにも感激なことに花陽も少し涙目・・・

花陽
「あの子のためにもやらないと!」

海賊たちを倒し、王国を救いたい・・・!

逃走者14人対ハンター3体
17:00 1,236,000円
〜逃走者〜
稲森明日人 桐間紗路 小泉花陽 沢村栄純 迅宗 茶柱転子 苗木誠(忍)バッグス・バニー
星空凛(透明の薬×3) 松浦果南 ゆうろ ゆの 両津勘吉(無敵サングラス) ルイージ

Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Cブロック編 ( No.70 )
日時: 2019/10/31 21:39
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI (ID: rE1CEdls)

17:00

沢村
「海賊はどこにいるんだ?」スタスタ

バトルボールを手に入れ、海賊たちを探す沢村・・・

沢村
「これ持ってると、すげぇ安心するな、ピッチャーだとボール持つと安心するからな、」

投手はボールを持てば、安心感をする・・・

沢村
「だって、やっつけるんなら、なおなさすげぇ爽快するしな、」

部下たち
「どこだぁ?」

沢村の近くに海賊の部下たち・・・

沢村
「早速来たな、しかも2人か・・・」

2対1は圧倒的に不利だが・・・

ピッチャーである、沢村は不利などない・・・

沢村
「よし!倒すぜ!」タッタッ

部下たち
「おっ?来たか?」

沢村
「行くぜ!フン!」ビュン!

バシッ!

部下
「ぐはっ!?なんて力だ・・・」

部下
「嘘だろ?あんなに早いのかよ!?」

沢村
「今頃、怖気づいても遅いんだよ!」バトルボールを拾う

部下
「やべぇ!にげよう!」タッタッ

沢村
「逃がすかよ!」ビュン!

バシッ!

部下
「うわぁ!?なんて威力ある玉なんだ・・・」

沢村
「背中がら空きだぜ、逃げても逃さねえよ・・・」

1年生だった時は、動くボールというムービング使いだったが、2年生は球速も早くなり、変化球も多少増えてきた、ボールを持てば沢村は強い・・・!

沢村
「これで2人は撃破、あと何人いるんだ?」スタスタ

海賊部下2人 撃破
残り46人

まだ4人、まだまだ時間はかかる・・・

ゆうろ
「僕、そんなに肩は強くないので、奇襲攻撃します・・・」

肩が弱いと言う、奇襲攻撃をすることになったゆうろ・・・

ゆうろ
「これも戦法です、海賊たちを奪われるぐらい(バトルボール)」

なお海賊たちは受け止めることもある、つまり奪ってしまうと返せない・・・

ゆうろ
「とにかく、背後に奇襲、見つけました・・・」

海賊部下
「くそっ、宝も住人もいねえな・・・」

海賊の背後にゆうろ・・・

ゆうろ
「気づかないように行きます」小声

海賊部下
「いねえな・・・どこかに隠れているのか?」

ゆうろ
「・・・・・・・」

海賊部下
「この中には、いねえか・・・」

ゆうろ
「・・・よし!撃破!」チョン

バシッ

海賊部下
「えっ!?いつの間に・・・背後から」

ゆうろ
「・・・あんな攻撃低い、ちょっとしただけ倒れるなんて、弱っ」 

(演出だから、そうなっているからだ)

ゆうろ
「まぁ、とりあえず、早く次の海賊見つけないと!」

両津
「おっ!人がいる!」タッタッ

住人
「何っ!?海賊!?殺さないで〜」

両津
「いやいや、殺したりせんから、それにわし海賊じゃないから、悪いが銅貨貸してくれないか?必要なんだ、」

住人
「はい〜!海賊を言うこと聞くんなら、銅貨を渡しますから、見逃してください〜!」

両津
「いや、だから海賊じゃないから・・・」

住人
「失礼します〜!」タッタッ

両津
「あいつ、本田と同じビビりだな・・・」

両津
「別に脅したわけじゃないし・・・」

多分、海賊の顔が見えただと思う・・・

とはいえこれで両津も銅貨を手に入れた・・・

ゆの
「え〜い!」ビュン!

部下
「げっ!?」バシッ!

ルイージ
「発売したルイージマンション3を買ってください〜!!」ビュン!

部下
「何を言っているんだ〜!?」バシッ!

苗木
「忍,やって!」

忍(苗木)
「・・・・・・!」ビュン!
 
バシッ

部下
「ぐはっ、なんて正確なコントロールのボールなんだ・・・」ガクッ

ゆの・ルイージ・苗木は1人ずつ撃破残りまだ43人もいる・・・

このままではヘリコプターは本戦にも引き継がれてしまう・・・

ヘリコプター
「・・・・・・・」ペラペラ 

バッグス
「ヤバいな、武器屋どこかな?」

全く違う方向に行っているバッグス・・・

実はこのうさぎは方向音痴・・・

バッグス
「うーん、こっちに来ちゃったか、やはり噴水のところ行けばよかったな・・・」

ヘリコプター
「・・・・・・・」ペラペラ

【BUGS】
【LOCK ON】

ヘリコプター
「・・・・・・!」

ヘリがバッグスを捉えた・・・!

ハンター×3
「・・・・・・!」

すぐに3体のハンターを伝え、

ハンター×3
「・・・・・・・」タッタッ

確保に向かう・・・!

バッグス
「次こっち行こうか、早くしないとね・・・」

まだバッグスはヘリやハンターに気づいていない・・・!

バッグス 気づかけるか!?

逃走者13人対ハンター3体
15:00 1,260,000円
〜逃走者〜
稲森明日人 桐間紗路 小泉花陽 沢村栄純 迅宗 苗木誠(忍)バッグス・バニー
星空凛(透明の薬×3) 松浦果南 ゆうろ ゆの 両津勘吉(無敵サングラス) ルイージ

Re: 逃走中ファイナルレジェンド〜Cブロック編 ( No.71 )
日時: 2019/11/02 04:54
名前: 雄介 ◆wRfaivNNtI (ID: loE3TkwF)

15:00

バッグス
「ちょっと待って、こっち大丈夫?」スタスタ

ヘリに通報されたバッグス・バニー!

ハンター×3
「・・・・・・・」タッタッ

その3体のハンターは確保に向かっている・・・!

バッグス
「ここ大丈夫かな?」

バッグス
「うわぁ!?」タッタッ

ハンターLS
「・・・・・・・・」

現れた・・・!

バッグス
「気づいてない!よーし!大丈夫!」タッタッ

ハンターBE
「・・・・・・!」

バッグス
「あっ・・・」ポン!

14:48
バッグス・バニー 確保
残り12人

バッグス
「いやぁ、あんな急に現れたら、逃げられないよね・・・」

バッグス
「もしかして,僕通報されたの?(ヘリ)」

そういうことだ・・・!

バッグス
「だよね、だって2体も来たんだもん、それは急に来られたら、さすがの僕もアウトだよ」

プルルルル プルルルル

沢村
「なんだ?また確保か?バッグス・バニー確保、うわぁ、有名なハリウッドキャラも捕まるとは・・・」

両津
「マジか・・・中川でもあの人は敵わないって言ったのに、」

キーボ
「バッグス・バニーさん確保」

牢獄全員
「えぇぇ!?」

千明
「マジか!?ちょっと予選落ちなんて考えられないぞ!」

やはりバッグスの確保は驚きが止まらない・・・!

シャロ
「ちょっと安心した・・・」

約1名は一安心していた・・・

果南
「迅宗さん、早く行こう!」

迅宗
「分かってますから、そんなに引っ張らないので下さい、」

果南に連れ出さえ、やるハメになった迅宗・・・

迅宗
(この際果南さんに銅貨渡せば、いいだけど・・・)

果南
「まだ銅貨使ってないって言うけど、持ってなくても、やるされるつもりだから!」

迅宗
「見抜いて・・・これじゃ逆らえないな」

圧を感じる・・・


「あっ、ここにゃ・・・」

武器屋を発見した星空凛・・・


「失礼しますにゃ〜」


「銅貨貸すから、バトルボールもらうにゃ!」

クロウ
「・・・・・・・」ペコッ

星空凛 バトルボール
獲得


「よーし、退治に行くにゃ〜!」

クロウ
「・・・・・・・」スッ


「えっ?なんかまだあるの?」

クロウ
「・・・・・・・」何かを出す


「・・・・・・・」

クロウ
「・・・・・・・」上からあげる

箱の中身は・・・?

凛のバースデーケーキ

凛のバースデーケーキだ・・・


「えぇぇ!?こんな迎え形あるの!?なんか嬉しいにゃ!!」

思わぬ形でサプライズとなった・・・


「食べていいにゃ!?」

クロウ
「・・・・・・・」バツの形


「そうだよね・・・よーし!本戦進出したら食べるにゃ!」

ただし、予選落ちなら最悪の迎えた形になる・・・

沢村
「おっ?なんか戦ってるような、」

沢村が見つけたのは・・・?

兵士
「くそっ・・・」

部下
「へっ、大したことねえな・・・」

兵士と海賊の部下と戦ってるシーンだ・・・

沢村
「なんか兵士もヤバいな、早く助けてに行かねえと!」

沢村
「喰らえ!」ビュン!

バシッ!

部下
「ぐはっ・・・!?」

パタッ

兵士
「すまない、助かった・・・」

沢村
「いやいや、大丈夫ですか?」

兵士
「あぁ、だがまだ海賊がいるんだ、こんなところでへばっている場合ではないからな」

沢村
「そうですか、俺もついてきていいですか?」

兵士
「構わないぞ、だが気をつけろよ、特に船長は強い・・・」

沢村
「船長か強いか・・・なんかもしかしたらきっと船長倒せば他の部下たちも逃げるじゃないか?」

何かを裏を察知した沢村・・・

このあと・・・

苗木
「やれ!」

忍(苗木)
「・・・・・・!」ビュン!

ルイージ
「とおりゃ!」ビュン!

ゆの
「せーの!」ビュン!

ゆうろ
「撃破!」ビュン!

部下×4
「ぐわぁ!?」

これで5人も倒し、残るはあと38人だ・・・!

シャロ
「ここじゃない?」

シャロも武器屋に到着・・・!

シャロ
「すみません・・・バトルボール貰いたいんだけどいいですか?払いますので」

クロウ
「・・・・・・・」ちょっと待ってというサイン

シャロ
「えっ?これじゃない?」

クロウ
「・・・・・・・」フルフル

シャロ
「じゃ、何なの?」

クロウ
「・・・・・・・」ザワザワ

クロウ
「・・・・・・・」バトルボールの2つ持っている

シャロ
「えっ!?バトルボール2個も!?」

どうやら武器屋には、銅貨と銀貨や金貨とは全然違うことになるようだ・・・

銅貨→バトルボール1個
銀貨→バトルボール2個
金貨→バトルボール3個

シャロ
「えっ?ちょっと予想外だったよ・・・」

これも思わぬ形となった・・・

シャロ
「でも、攻撃増えたから、いいかな?」

シャロも迷っている暇はない・・・!

これで両津・果南・迅宗・花陽以外全員バトルボール攻撃体勢が出来た・・・

しかし残り時間はあと8分・・・

全員海賊たちを倒せることが出来るのか・・・?

逃走者12人対ハンター3体
13:00 1,284,000円
〜逃走者〜
稲森明日人 桐間紗路 小泉花陽 沢村栄純 迅宗 苗木誠(忍)
星空凛(透明の薬×3) 松浦果南 ゆうろ ゆの 両津勘吉(無敵サングラス) ルイージ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9