二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

逃走中~起動、エイノス社~
日時: 2019/06/16 16:17
名前: エイジア

どうも、エイジアです。
旧の方で松島凌太でやってましたが、今日から此処で活動する際に改名しました。
それではエイジア版逃走中第1弾をご視聴ください。

舞台は「エリア01」・・・!本家でも使われたこのエリアで様々なキャラクター達がハンターから逃げまくる!
記念すべき最初の逃走中に呼ばれたのは世界の人気者やアイドル、何の変わりも無い一般人やロボットに異世界の住民達など49人!
180分間を最後まで逃げ切り216万円を獲得するのは誰だ!

(注意)
・拙いかもしれない文章力
・キャラ崩壊の恐れ
・グダグダの恐れ

逃走者一覧

マリオ(スーパーマリオシリーズ)
ルイージ(スーパーマリオシリーズ)
ワリオ(スーパーマリオシリーズ)
高坂穂乃果(ラブライブ)
園田海未(ラブライブ)
南ことり(ラブライブ)
リンク(ゼルダの伝説シリーズ)
ソニック・ザ・ヘッジホッグ(ソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズ)
シャドウ・ザ・ヘッジホッグ(ソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズ)
アクア(この素晴らしい世界に祝福を!)
佐藤和真(この素晴らしい世界に祝福を!)
鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎 6期)
猫娘(ゲゲゲの鬼太郎 6期)
犬山まな(ゲゲゲの鬼太郎 6期)
ドラえもん(ドラえもん)
野原しんのすけ (クレヨンしんちゃん)
野原みさえ(クレヨンしんちゃん)
初音ミク(VOCALOID)
ナツキ・スバル(Re:ゼロから始める異世界生活)
エミリア(Re:ゼロから始める異世界生活)
レム(Re:ゼロから始める異世界生活)
ラム(Re:ゼロから始める異世界生活)
エックス(ロックマンXシリーズ)
ゼロ(ロックマンXシリーズ)
ミカミ・リク(ガンダムビルドダイバーズ)
刹那・F・セイエイ(機動戦士ガンダム00)
島村卯月(アイドルマスターシンデレラガールズ)
渋谷凛(アイドルマスターシンデレラガールズ)
本田未央(アイドルマスターシンデレラガールズ)
水瀬伊織(アイドルマスターシリーズ)
如月千早(アイドルマスターシリーズ)
上条当麻(とある魔術の禁書目録)
御坂美琴(とある科学の超電磁砲)
愛乃めぐみ(ハピネスチャージプリキュア!)
天ノ川きらら(Go!プリンセスプリキュア)
調辺アコ(スイートプリキュア♪)
孫悟空(ドラゴンボールZ)
ベジータ(ドラゴンボールZ)
ピッコロ(ドラゴンボールZ)
剣桃太郎(魁!!男塾)
博麗霊夢(東方Project)
霧雨魔理沙(東方Project)
魂魄妖夢(東方Project)
レオン・エストマン(トラウマトラウム)
konakun.さん(募集参加)
ウィオさん(募集参加)
しゅんぽこさん(募集参加)
ゆうきさん(募集参加)
モンブラン博士さん(募集参加)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22



Re: 逃走中~起動、エイノス社~ ( No.102 )
日時: 2019/09/14 10:28
名前: エイジア


卯月「もう残り時間半分を切りましたね。」

卯月は残り時間を確認していた。

卯月「最後まで頑張りませんと!」

(駐車場)

ベジータ「大分進んできてるな。」

ベジータも残り時間を確認していた。

ベジータ「俺は賞金などどうでもいい。カカロットよりも逃げ切ってみせる。」

ライバルの孫悟空よりも逃げ切る事を優先するベジータ。その近くに

ハンターC「・・・・・・」

ハンター。

ベジータ「さてと、何所に行くか・・・」

ハンターC「・・・・・・!」

見つかった。

ベジータ「なっハンターか!」





































































ベジータ「こっちだ!」

ハンターC「・・・・・・」

曲がり角を上手く使い逃げるベジータ。しかし逃げた先には

ハンターA「・・・・・・!」

別のハンター。

ベジータ「何!?」

ポン

79:16

ベジータ 確保

残り26人

ベジータ「クソォーーーー!!」

サイヤ人の王子、無念の確保。

プルルルル

きらら「メールだ。「ベジータ確保。残り26人」あれっあの人捕まったの?」

ゆうき「また逃げ切りそうな人が捕まった。」

孫悟空「ベジータも捕まっちまったのか!?やっぱハンターって速いんだな」

(デポアイランドE前)

エックス「・・・」

刹那「・・・」

デポアイランドE前では遭遇したエックスと刹那が共に居た。

エックス「なぁ」

刹那「何だ?」

エックス「お前も争いが無い世界の為に戦ったんだよな?」

刹那「あぁ」

エックスはこう思った。刹那は争いが無い人が繋がる世界を作る・・・エックスは自分と同じ物を感じたのだ。

エックス「何所でも同じ事を願う人は居るもんだな。」

刹那「あぁ・・・これは誰もが願う事でもあるから」

エックス「・・・確かにな」

78:08

Re: 逃走中~起動、エイノス社~ ( No.103 )
日時: 2019/09/14 15:56
名前: エイジア


美琴「周りはどうなっているのかしら?」

物陰に隠れ、周りを見渡す美琴。

美琴「来てないわよね・・・」

残念ながら・・・

ハンターB「・・・・・・」

来ている。

美琴「やっぱり来た!」サッ

いち早く気づき、再び隠れる。

ハンターB「・・・・・・」

美琴「・・・・・・」

ハンターB「・・・・・・」

いち早く気づいた事で難を逃れた。

美琴「助かったわ。」

(カーニバルパークミハマ内)

カズマ「良し、ハンターは来てないな」

こっちにはハンターに警戒しながら移動するカズマが居た。

霊夢「あっカズマ」

そこに霊夢が訪れた。

カズマ「あっ霊夢か」

霊夢「此処に居たのね。」

カズマ「まぁな」

霊夢「所であの水色の髪の子の事だけど」

カズマ「アクアの事か?」

霊夢「うん、今度神社に来てもらってお互い信仰を深めてようと思ってるのよ。」

カズマ「・・・それは止めといた方が良い。」

霊夢「何で?」

カズマ「あいつは駄女神だ。問題は起すは空気読めんしおまけにお調子者で役に立たない。手を借りた所で意味は無いぞ。」

霊夢「本当なのそれ?」

カズマ「あぁ」

霊夢「分かった止めとくは・・・しかし良くそれで女神でいられるよね。」

カズマ「全くだ。」

76:35

Re: 逃走中~起動、エイノス社~ ( No.104 )
日時: 2019/09/14 20:05
名前: エイジア


鬼太郎「・・・」

鬼太郎は未だにモンブラン博士が自分を助けた事に疑問を感じていた。

鬼太郎(何で助けてくれたんだ・・・僕を・・・はっ!)

鬼太郎はある事を思い出した。

鬼太郎(そう言えばまなと一緒に・・・まさかまなが・・・)

(メイクマン美浜店内)

めぐみ「時間はもう半分も無い。このままで頑張らないと!」

ゲーム後半になって気合いを入れ直すめぐみ。その近くに

ハンターD「・・・・・・」

ハンター。

めぐみ「次は何所に行こうかな」

ハンターに気づかないめぐみ、そして

ハンターD「・・・・・・!」

見つかった。

めぐみ「わぁ!ハンター!」
































































めぐみ「はぁ、はぁ、はぁ、」

ハンターD「・・・・・・」

ポン

75:13

愛乃めぐみ 確保

残り25人

めぐみ「そんな~」

気合いを入れ直すも、あっけなく捕まってしまった。

プルルルル

孫悟空「メールか「愛乃めぐみ確保。残り25人」また誰か捕まっちまったのか」

穂乃果「半分になっちゃった。」

きらら「ていう事は・・・プリキュアは残り私だけ?」

(ビレッジハウス内)

卯月「・・・」キョロキョロ

卯月はビレッジハウス内に隠れていた。

卯月「う~ん・・・はぁ!」

卯月の目に映ったのは

ハンターA「・・・・・・」

ハンターだ。

卯月「・・・・・・」コソコソ

ハンターA「・・・・・・」

ハンターを避けながら移動する卯月。

卯月「どうしよう」

ハンターA「・・・・・・」

卯月(一からバチか行ってみようかな・・・)

ハンターA「・・・・・・」

卯月「それ!」タッ

卯月は入り口からダッシュで逃げるが、

ハンターA「・・・・・・!」

見つかった。

卯月「はぁ!?」

果たして、逃げ切れるか!?

73:28

Re: 逃走中~起動、エイノス社~ ( No.105 )
日時: 2019/09/14 22:28
名前: エイジア


ハンターA「・・・・・・!」

卯月「はぁ!?」

ハンターに見つかった卯月。果たして逃げ切れるか!?





































































卯月「はぁ、はぁ、はぁ、」

ハンターA「・・・・・・」

卯月「もうダメ」

ポン

72:40

島村卯月 確保

残り24人

卯月「凛ちゃん、しゅんぽこさん・・・後はお願い・・・」

後はしぶりんとしゅんぽこに託した様だ。

プルルルル

ミク「メール?「島村卯月確保。残り24人」卯月ちゃんが捕まった!?」

しゅんぽこ「しまむーまでもが」

凛「卯月・・・」

(カーニバルパークミハマ内)

リンク「・・・」

リンクはカーニバルパークミハマ内に居た。

マリオ「あっリンク!」

リンク「マリオ!」

するとマリオと遭遇した。

リンク「お前も此処に居たのか」

マリオ「あぁ」

リンク「終わりが近づいて来てる、お互いスマブラレギュラーとして逃げ切らなきゃな!」

マリオ「もちろんだぜ!」

一方その頃指令室では

エイジ「そろそろミッションを出しますか」

アスナ「次はどんなミッションを出すのですか?」

エイジ「次は賞金関係のミッションを出します。」

アスナ「賞金関係?」

エイジ「彼らも賞金を欲している。増やせるなら増やし、減るならそれを止めるだろう。」

リュウスケ「今から出すミッションをどっちだ?」

エイジ「今から出すミッションは戻る。リセットです。」

リュウスケ「リセットだと?」

エイジ「見れば分かります。それでは」

ピッ

エイジによりエリア内に5つの装置が設置された。

プルルルル

エックス「メールか『エリア内に5つの装置が設置された。』」

ゆうき「『残り50分になると現在の賞金はリセットされ、また1からアップする事になる。』はいぃ!?」

魔理沙「『阻止するには5つの装置を探し出して停止ボタンを押し停止させるしかない。』」

ミッション④ 賞金リセットを阻止せよ!!

エリア内に5つの装置が設置された。残り50分になると現在の賞金はリセットされ、また1からアップする事になる。阻止するには5つの装置を探し出して停止ボタンを押し停止させるしかない。

スバル「ここで今までの苦労が水の泡になるミッションを出してきた。」

桃「これはやらないとマズイな。」

70:35

Re: 逃走中~起動、エイノス社~ ( No.106 )
日時: 2019/09/15 16:12
名前: エイジア


霊夢「冗談じゃないわよ!ここまで頑張って賞金が安めなんて!!」

霊夢はこのままでは賞金が減る事に怒っていた。

霊夢「やるは!何が何でもクリアするわよ!」

霊夢はミッションに向かった。

(デポアイランドE前)

エミリア「早くしないと賞金が減っちゃう。でも何所にあるのかな?」

エミリアもミッションに向かおうとしていた。

エミリア「とりあえず、何所に行くか決めようかな」(地図を見る)

地図を見るエミリアの近くに

ハンターD「・・・・・・」

ハンター。

エミリア「どうしようかな?」

ハンターD「・・・・・・」

エミリア「ん、あっ!」

いち早く気づき、逃げるも

ハンターD「・・・・・・!」

見つかった。

エミリア「追ってきた!?」



















































エミリア「はぁ、はぁ」

ハンターD「・・・・・・」

ポン

69:06

エミリア 確保。

残り23人

エミリア「ここまで頑張って終わりなの・・・」

残念ながらここで終わりだ。

プルルルル

カズマ「メール「エミリア確保。残り23人」エミリアも捕まったか」

スバル「オイィーーーー!!嘘だろぉーーーー!!エミリアたーーー-ん!!」

(シーサイドスクエア)

刹那「俺も行くか」

刹那もミッションに向かっていた。

刹那「取りあえず先ずはあっちに、はっ!」

刹那の目の前には

ハンターC「・・・・・・」

ハンターが居た。

刹那「チィ」タッ

ハンターC「・・・・・・」キョロキョロ

刹那「・・・・・・」

ハンターC「・・・・・・」

上手くやり過ごした様だ。

刹那「良し、先を急ぐか。」

67:48


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。